CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


日本初の3万人マラソン [2007年01月27日(Sat)]
2007年2月18日(日)に開催されるアジア最大級の3万人の大都市マラソン「東京マラソン2007」。世界中から大勢のランナーや観光客が訪れ、都内の観光名所や関連イベントに触れてもらうことで、スポーツと文化が融合した東京の魅力を実感する大会開催を目指して開催されます。

このマラソンのボランティア部門を担う「笹川スポーツ財団」(日本財団グループ)が募集したスポーツボランティアリーダーに応募。持ち場はTOKYOのど真ん中、数寄屋橋・銀座・日本橋の第5ブロック。花の5ブロックのブロック長として銀座周辺での給水所・給食所や救護所にてランナーのサポートしていただく500人を越えるボランティアの皆さんと一緒に頑張ります。

世界のトップアスリート、市民ランナー、車イスランナー、総勢3万人が新都心のお台場めざして駆け抜けます。

数寄屋橋から銀座四丁目を左折、花の銀座・京橋を抜け、お江戸日本橋へ、老舗デパート高島屋前を過ぎ、旧白木屋デパートを右折、証券会社がひしめく茅場町に至る、正に「花の第5ブロック」。そしてランナーは浅草を折り返し、再び銀座四丁目を左折、晴海方面へ方向を変え、そしてゴールのお台場を目指します。

海外のシティマラソンでのボランティアの様子



このマラソンは約1万人のボランティアが運営を支えます。この試みも日本初。
災害被災地での仲間、IVUSAの皆さんもボランティアに登録いただきました。花の5ブロックで一緒に汗を流す予定です。