CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


あれから4267日 [2006年09月23日(Sat)]
1.17希望の灯り
1997年1月17日5時46分 阪神淡路大震災

震災が奪ったもの
命 仕事 団欒 街並み 思い出

・・・たった一秒先が予知できない人間の限界・・・

震災が残してくれたもの
やさしさ 思いやり 絆 仲間

この灯りは
奪われた全ての命と
生き残った
わたしたちの思いを
むすびつなぐ


神戸市役所の港側にある公園に灯されている「希望の灯り」に刻まれれている言葉です。

兵庫県南部地震は未明暗闇の中で地震が起き、その闇でより怖さを感じ、そして夜が明けながらその状況を知り、やがて勇気を振り絞って救助活動がはじまりました。

また、中越地震は暗闇になりかけた頃に地震が起き、徐々に闇に包まれていきました。そして火を焚き、寒さの中、励まし合い助け合いがなされました。

この希望の灯りを守り続けて活動している「HANDS1.17希望の灯り」の白木さんは灯り(光り)が人間に与える勇気を静かに語ってくれました。

そして復光。再び光りを取り戻した神戸。

あの時、でこぼこにうねった道、大きく傾いたビル、平衡感覚が無くなる様な景色の中で、西宮から長田に向かって2号線を荷物を背負って歩いた。久しぶりの神戸。震災から12年目を迎えようとしている神戸を訪ね、人間の強さの部分と、未だに癒えない部分を感じることが出来ました。

袖さん、白木さん、案内ありがとうございました。
イリちゃん、仕事疲れのあとお付き合いありがとうございました。
のぶさんたち、東京早稲田のイベントご苦労様です。
吉さん、会えませんでしたがパソコン大丈夫でしたか?

《心を切り替えて》
南京町で見かけたオノボリ3人娘

あの神戸コロッケに舌鼓の木こり娘Iちゃん