CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


燃えた槐の木 [2008年05月04日(Sun)]
小千谷市から旧山古志村に向かう幹線道路に面していた棟梁の焼けてしまった家は見るも無残な状況でした。中越地震の年、荷頃の被災現場に入る時に目にしたその光景は今でもはっきり覚えています。
そしてこの春、その跡地に、大きな牛小屋が建ちます。本当に楽しみです。

地震の悲惨さを思い出させる棟梁のおじいさんが植えたエンジュ(槐)の木です。猛火によって焼け焦げてしまったエンジュですが、地震から3年半が過た今でも立ち枯れしながらも凛として立っていました。

小千谷から旧山古志村に入る岩間木集落の右手に大きな牛小屋を見たら、それは棟梁が立てた牛小屋です。是非根性で立っているエンジュにも目をやってください。

こちらは棟梁っちの角突き牛「黒若」です。黒毛の強そうな牛ですが、実は性格が優しいのかあまり争いは好きではありません。

黒若:「雄牛はどの牛も角突きが好きだとあんたら人間は勝手に思っていますが、実は俺、ケンカはあまり好きくないです」と言っている目でした。目もなんとなく優しい黒若です。

角付きはモウ勘弁してください!