CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


竹林の整備研修 [2007年12月07日(Fri)]
明日は横浜にある「こどもの国」の竹林の整備を行うボランティア活動に「美ら海の里」さんと参加します。主催するのは竹林専門のボランティア団体「日本の竹ファンクラブ」さんです。が、今回の参加の目的は、災害救援仲間の学生NPO「国際ボランティア学生協会(IVUSA)」さんの冬合宿のためのリーダー研修を兼ねて、竹林整備のノウハウを習得していただくためのものです。

IVUSAさんは毎年冬合宿をしていますが、合宿の機会を通して何か社会に貢献できることはないかと考え、そこで日本各地の荒れた竹林の現状を知り、その整備をすることに決まったのです。その合宿前に安全に整備作業が遂行できるようにリーダーを対象に作業研修が企画されたのです。

日本中で荒れた竹林が社会問題となっています。

整備された竹林は気持ちがいい。市民の手によって見事に甦り、そして保全されている横浜市都筑区の烏山公園。ちょっと前までは荒れ放題の竹林でした。

こどもの国について
1959年(昭和34年)4月の皇太子殿下(現天皇陛下)のご結婚を記念して、全国から寄せられたお祝い金を基金に、1965年(昭和40年)5月5日のこどもの日に開園しました。旧日本陸軍田奈弾薬庫補給廠跡の国有地が米軍から返還されたのを受けて、国費をはじめ多くの民間企業や団体・個人の協力で整備されました。児童福祉法に基づく児童厚生施設です。