CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


あくまで知識として [2007年11月24日(Sat)]
電気についての話です。この方法はいざというとき使えそうですが、あくまで知識としてのみ参考にしてください。
災害などで停電になり家に電気がこなくなることがあります。発電所や変電所が被災し復旧に何日間も要する時、そして緊急用としてエンジン発電機があるとします。その場合、家屋内の一つのコンセントを使ってそこから逆に電気を流し込むと家全体に通電された状態になります。
注意点は必ずブレーカーを切ることを忘れないこと。そして、そんな時便利なのがプラグとプラグ(オスとオス)をつないだ器具です。配線された既存の照明器具や電気製品がそのまま使えることになります。勿論、市販はされていません。


@外から電気が来ていないことを電気器具やテスターで確認する
Aブレーカーを切る
B発電機の容量(アンペア)と家屋内で使用する容量を考慮する
Cコンセントからプラグを差込み、次に発電機側へ差込む
※水害などの場合には漏電している可能性があるので十分な注意が必要
※災害現場に入る場合にはテスターなどがあると便利

注意くどい様ですが、あくまで知識としてのみ参考にしてください!

ちなみに仮設のコンテナハウスなどの緊急的応急措置としてこの方法を使うこともないこともないと聞いたことがあるようなないような・・・・・