CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


車で避難する危険 [2007年09月30日(Sun)]
小型乗用車の構造は卵の殻のようにモノコック構造なっている。気密性や密封性が高くそのため水の上では浮いてしまう。洪水などで道路に水かさが増えた場合、重量のあるトラックが走行できても乗用車が走行できるとは限らない。
秋田豪雨で行方不明となっている方も前方のトラックを追って走っていて、自分の車は濁流に負けて流されたようだ。運悪く豪雨に合ってしまい避難する場合には乗用車より生身の身体のほうがはるかに助かる確率が高いといわれている。電信柱によじ登ったり、浮遊物に掴まったり九死一生の話はいくらでもある。

04年台風23号。この水害によっても車で避難する途中の方が亡くなりました。

秋田水害で行方不明者の捜索をカヌーで川面から行っていた、HS神戸の助さんの阿仁川と米代川の画像がアップされました。
http://chikyunikki.spaces.live.com/

努力の甲斐なく行方不明者の発見は出来ませんでしたが、延べ60キロにもおよぶ捜索活動、お疲れ様でした。



行方不明者の捜索から被災地区での泥だしと、その行動力にはいつも驚かされる助さんです。ルーフのオールドタウンは山形のカヌー仲間スターンさんから借用艇。このネットワークも凄い。