CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


水害での資機材 [2007年09月27日(Thu)]
今回の秋田豪雨水害での救援活動で私たちが持ち込んだ資機材を、今後の参考のためにご紹介します。

【1】特別作業用
◇チェーンソー4台(混合油タンク&チェーンオイル)(流木の処理とフローリングのカット)
◇充電式丸ノコ(フローリングのカット)
◇エンジンポンプ(洗浄用)
◇水中ポンプ&ホース10m(汚泥汲みあげ)
◇充電式インパクト(家具の分解などなど)
◇発電機(水害は通電まで時間がかかります)
◇バール数本(床板剥がし)
◇大ハンマー(ブロック塀などの粉砕)
◇アルミ製リアカー(路地の移動用)
◇U字溝蓋あけハンドル(側溝の泥だし)
◇鳶口(流木処理)
◇林業用フェリングレバー(流木処理)
◇スカシ(重量物の移動)
◇鍬(泥浚い用)
◇鉄筋カッター(鉄筋や破損シャッターのカット)
◇無線機(スタッフ連絡用)
◇その他(水、寝袋、誘導棒、蛍光ベスト、救急セット、ゴミ袋、延長コード、投光器、クーラーBOX、ガムテープ、工具箱、ロープ、結束バンド、ヘルメット、ゴーグル、防塵マスク、ゴム手袋、皮手袋、タオル、石鹸ほか)
※災害慣れした与一隊長はさらに、カゴに入ったシャンプー・リンス・垢こすりタオルといった地元おやじ風お風呂キットが加わります。

【2】一般ボランティア用
土嚢袋、スコップ(角・剣)、デッキブラシ、たわし、アイボン、消毒液、鋤簾(泥掬い)、鍬、水切り(スクレーパー)、バケツ、タオル、一輪車、ヘルメット、防塵マスク、ゴム手袋ほか

洗浄に大活躍した風組さんの小型エンジンポンプ。小ぶりの割には水圧も十分。

あちらこちらで引っ張りだこだったU字溝の蓋あけ。軽くてコンパクトで蓋の形を選ばないグレーチングにも対応可能と、いいとこだらけの優れものです。そして尚且つ、濡れたクソ重たい畳も楽々。ただし、見た目からするとやや高価ですが、その機能性は十分元を取れます。
◇問合せは、東京建築サービス(045-911-3321)まで


消防団が用意したこちらの蓋あけは構造上斜めに持ち上げるため、厚みのある蓋には殆ど使えなく、値段もそれなりに高そう。貴方ならどちらを用意しますか?