CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


災害VC看板シリーズ【7】 [2005年12月27日(Tue)]
災害によって災害救助法が適用になるほどの被害があった地域には救援に駆けつけたボランティアをコーディネートするための災害ボランティアセンターが立ち上がる。当然のことながら緊急に立ち上がったボランティアセンターでの規則やルールはなく、刻一刻と変化する被災地の状況に併せ走りながら作られ改善されてゆく。何もないところからスタートし閉鎖される頃にはルールや約束事ができあがり、それらが貴重な資料となり、また新たな被災地でのボランティア活動の道しるべとなる。

阪神大震災以降このことが繰り返されボランティアセンターの報告書の作成も被災地責任として果たされてきたように思う。災害年といわれた2004年、多くのボランティアセンターから良かったこと・・・失敗したこと・・・エキスの沢山詰まった報告書をいただくことができた。


ユーモア賞! 川口町災害ボランティアセンターにて