CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

森岡昭雄ー福祉プラットホーム

「プラットホーム」とは「駅で線路の横に築かれた乗降に便利な構造物」のことです。これは様々な分野で「仕事をするための土台」という意味で使われています。「複雑化を続ける医療や福祉や介護の制度」の世界で、皆様と行政と福祉サービスとの複雑な関係を整理して、質の良いハッピーな暮らしができますよう「福祉プラットホーム」と称して、株式会社まかせてが活動しています。


在宅介護事業の開設計画書を拝読しました [2018年09月11日(Tue)]
在宅介護事業の
開設を考えている方が
ご相談に来られました

事業計画を読ませていただきましたが
融資額についての根拠は良いとして
融資後の活動について
強烈な頑張りが感じ取れませんでした

群馬県の通所介護事業は
大小合わせて1,050施設もあるので
特徴あるサービスをどう浮き彫りにするか

あと、必ず邪魔が入るものなので
競合者や災害などの外部の邪魔と
人材の流出や職員間のいさかいなど
内部の邪魔が
気分が悪くなるほど湧き出します

金融機関からの
厳しい質問がくる前に
多様なリスクに対する対策を
事業計画に盛り込んでおくべきです

2時間ご説明して無料というのは
気分はいいですが
ちょっと辛いものがあります
Posted by 森岡昭雄ー福祉プラットホーム at 11:39 | 組織運営 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

まかせてさんの画像
https://blog.canpan.info/makasete295/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/makasete295/index2_0.xml