CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

森岡昭雄ー福祉プラットホーム

「プラットホーム」とは「駅で線路の横に築かれた乗降に便利な構造物」のことです。これは様々な分野で「仕事をするための土台」という意味で使われています。「複雑化を続ける医療や福祉や介護の制度」の世界で、皆様と行政と福祉サービスとの複雑な関係を整理して、質の良いハッピーな暮らしができますよう「福祉プラットホーム」と称して、株式会社まかせてが活動しています。


有料老人ホームのご老人の骨折 [2018年01月17日(Wed)]
年末年始で3人の入居者様の骨折があって
2人入院しているんです
職員不足で
入居者様をしっかり観ていられないのです
お知り合いの方で
働いていただけそうな方はいませんか
という
住宅型有料老人ホームの管理者さんが
相談にきました

そこの老人ホームは
とても楽しい
アットホームな雰囲気で
ノーマライゼーションを実践している処です
「寝てて、寝てて」とか
「勝手に立ち上がらないでください」とか
全然言わない
とても自由な雰囲気だったので
私は好きでした
親を
ここなら入居させたいなって
思っていたくらいです

なので
職員の合理的に動ける配備について
可能な提案させていただきました
このアドバイスで
日勤者に少し余裕が出ます
職員が充足するまで
時間を稼ぐことができます

たしかにご高齢者は骨が脆いです
骨折を怖がっていると
寝たきり老人製造所になってしまいます
無理やり寝させて
無理やり車イス生活をさせて
ご老人をつまらない顔にさせないでくださいね
Posted by 森岡昭雄ー福祉プラットホーム at 22:03 | 組織運営 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
良い老人ホームの見分け方 [2018年01月01日(Mon)]
あけましておめでとうございます

新年早々
良い老人ホームの見分け方を教えてほしいと
お電話をいただきました

こういったご相談には
いつも
レモンマーケットについてお話ししています

レモンという言葉は
欧米では
お行儀の悪い
女の子の意味で使われるそうです

経済学では
購入してみないと
中身が判らない商品のことを言いまして
外見は良いけど中身がいまいち
買って失敗っていう商品を言います

レモンは買ってから切るまで
中身がわからないから
ちょうどこういった商品の市場を
レモンマーケットって言っています

こういった商品ってけっこう多くて
中古車なんかは、外見はピカピカだけど
故障ばっかりっていう物もあるし

大きい商品だと
ゴージャスな高層マンションとかは
住んでから手抜き工事が発覚しちゃった
っていうのもあります

ものすごく大きくて立派な病院なんだけど
医療ミスがやたらと多かったり

老人ホームも外見がゴージャスで
利用料金もそこそこなんだけど
職員は忙しくしてて全然来てくれないし

車イスへ移るときは
むりやり介助するもんだから
いろんなところにアザができたり

オムツ交換をまめにしてくれないから
おしりがただれちゃったり

会話もないし
職員は鬼の顔で働いているし

老人ホームもレモンなわけです

良い老人ホームの見分け方は簡単です
・玄関先の整理整頓
・職員の顔つき
・施設内の臭い
この3点を確認するだけです

清潔に暮らしてもらおうって
考えている老人ホームは
玄関先の整理整頓はバッチリです

楽しく暮らしてもらおうって
考えている老人ホームは
職員の顔つきも朗らかです

健康的に暮らしてもらおうって
考えている老人ホームは
身体の清拭や排泄介助は完璧です
だから
排泄臭や老人臭は全然しません

老人ホームを経営している方々には
自分の施設が
レモンになっていないか
気を付けてくださいね
Posted by 森岡昭雄ー福祉プラットホーム at 11:15 | 介護 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

まかせてさんの画像
https://blog.canpan.info/makasete295/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/makasete295/index2_0.xml