CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

森岡昭雄ー福祉プラットホーム

「プラットホーム」とは「駅で線路の横に築かれた乗降に便利な構造物」のことです。これは様々な分野で「仕事をするための土台」という意味で使われています。「複雑化を続ける医療や福祉や介護の制度」の世界で、皆様と行政と福祉サービスとの複雑な関係を整理して、質の良いハッピーな暮らしができますよう「福祉プラットホーム」と称して、株式会社まかせてが活動しています。


リスクマネージメント [2016年11月23日(Wed)]
医療福祉現場での研修で
リスクマネージメントの話をすると
誰もが眠そうな顔になるので
マーフィーの法則を絡めて
興味津々の雰囲気で話をしています
マーフィーの法則は
「失敗する可能性があるなら失敗する」という
リスクマネージメント論なのですが
世の中で知られているのは
若者たちの都市伝説のような
笑えるアクシデントの内容ばかりです
たとえば
「洗車したとたんに雨が降る」とか
「子供は掃除した場所から散らかし始める」
「一度認めた例外は次から当然の権利となる」
とか、職場での事例では
「口達者な職員ほど文章表現が稚拙である」
「少しの感動でお客は集まり
少しの嫌気でお客は去っていく」などです
じつは、マーフィーの法則には
方程式があります
ブリティッシュガス社が
千人の学者を集めて完成させた説があり
「緊急性」「複雑性」「重要性」
「技術性」「頻繁性」「腹立たしさ」
といった変数を組み合わせて
正弦関数なんかを加えて
完成された方程式があるのです
この式を用いれば
最悪の事態が数値で得られるわけです
そんなマーフィーの法則を
世界中の様々な組織が
リスク推計の重要なアイテムとして
用いているらしいです
Posted by 森岡昭雄ー福祉プラットホーム at 18:55 | 組織運営 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

まかせてさんの画像
https://blog.canpan.info/makasete295/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/makasete295/index2_0.xml