CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

森岡昭雄ー福祉プラットホーム

「プラットホーム」とは「駅で線路の横に築かれた乗降に便利な構造物」のことです。これは様々な分野で「仕事をするための土台」という意味で使われています。「複雑化を続ける医療や福祉や介護の制度」の世界で、皆様と行政と福祉サービスとの複雑な関係を整理して、質の良いハッピーな暮らしができますよう「福祉プラットホーム」と称して、株式会社まかせてが活動しています。


フォーカスド・ファクトリー [2016年11月09日(Wed)]
20世紀末に製造業やサービス業を一変させた経営手法があります
フィーカスド・ファクトリーという方法です。
今世紀初めに、アメリカでは競争が激しい医療の世界で
「医療フォーカスド・ファクトリー」というものが提唱されました。
その結果、多くの医療機関の経営が改善されたということです。

フィーカスド・ファクトリーとは
専門的な技術や技能を発揮する施設に特化して
社会的医療貢献をしながら発展する医療経営の方法なわけです。
脳卒中の治療に特化した高度医療施設は
「脳卒中フォーカスド・ファクトリーの施設」というわけです。

専門分野に特化したサービス提供ができる組織は
この方法を用いれば、ニーズを持つ方々から信頼され
そのエリアでの確固たる地位を築きながら安定した経営ができます。

我々の福祉経営コンサルティングの主軸は
USP(Unique Selling Proposition)を
お客様と構築することですが
その活動の中身は
介護におけるフォーカスド・ファクトリーの概念になっています。

お客様から
「大抵の要介護者には、複数のサービス事業所が絡むでしょ」
「周囲はフォーカスド・ファクトリーだらけじゃないですか」
「当組織でいろんな事業所を揃えて競争に勝つわけですか」
と言われます。

どのお客様も、誤解をされがちです。
「フォーカスド・ファクトリー」は
サービス提供者の専門性で構築するものではなく
ニーズを持つ方々(要介護者)によって編成されるものなのです。

必要とされる資源が揃っている環境の中から
専門的なサービスをいかに提供できる体制にするか
USPを構築するかが、当社コンサルティングの真骨頂なわけです。
Posted by 森岡昭雄ー福祉プラットホーム at 19:15 | 組織運営 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

まかせてさんの画像
https://blog.canpan.info/makasete295/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/makasete295/index2_0.xml