CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

森岡昭雄ー福祉プラットホーム

「プラットホーム」とは「駅で線路の横に築かれた乗降に便利な構造物」のことです。これは様々な分野で「仕事をするための土台」という意味で使われています。「複雑化を続ける医療や福祉や介護の制度」の世界で、皆様と行政と福祉サービスとの複雑な関係を整理して、質の良いハッピーな暮らしができますよう「福祉プラットホーム」と称して、株式会社まかせてが活動しています。


看取り士の方との会話 [2017年02月11日(Sat)]
「看取り士」の方とお話しをしました

じつは
「看取り士」っていう
お仕事を初めて知ったのです

看取り看護とか看取りケアについては
それなりに知っていましたし
看取りとは、終末期医療を受けている方の
臨終までのステージで活躍する
崇高で大切なものだと思っていたのです

それが
看取り士さんたちの活躍するステージは
臨終から体温消失までのお仕事なのです

自分が望む場所で
自分が望むように
旅立つ方の傍にいて
その方の想いや愛を受け止めて
お見送りをする方々に受け渡すシーンに
寄り添うお仕事なのです

看取り看護や看取りケアの
マニュアル化された業務よりも
はるかに崇高で勇壮で真摯なものでした

看取りについての考えを
大きく成熟できた気持ちになりました

Posted by 森岡昭雄ー福祉プラットホーム at 19:17 | 社会福祉を楽しんでいます | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

まかせてさんの画像
https://blog.canpan.info/makasete295/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/makasete295/index2_0.xml