CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2020年06月 | Main | 2020年08月»
カテゴリアーカイブ
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
第10回米原まるごと交流会を開催しました [2020年07月11日(Sat)]

こんにちは、地域支え合いセンターです。

昨年度末から今年度にかけて延期していた米原まるごと交流会。
ようやく7月11日に開催することができました。

今回は参加者を限定し、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から外出自粛要請のあった期間、地域や活動団体、関係機関の方々はどのような対応や取り組まれた活動、感じられた課題などについて情報共有を行い、これからの『つながり』のあり方についてアイディアを出し合う場として『あなたとつながり続けるために 〜これからの『つながり』を話し合おう〜』と題し開催しました。

スライド.jpg

参加者それぞれの立場から当時をお話しいただき

『学校休校に伴い、地域内で子どもの居場所づくりに取り組んだ』
『訪問から、手紙や電話、インターネットという手法に変えてつながり続けた』
『団体でマスク作成を呼びかけ、600枚も集まった』

といった、新たな活動に取り組まれたというお話を聞かせていただく一方で

『住民交流の居場所が開設できず、認知症が進行した方がいる』
『体力が落ちて、外出しづらくなった方がいる』
『話す機会が減ったせいなのか、お会いすると長時間お話される様子があった』
『気軽に相談できる場面がなく不安になる、誰かと話したいという声があった』

など、外出自粛による影響と、やはり人同士のつながりを求めておられるといった声をお聞かせいただきました。

IMG_6722.JPG

普段何気なくある「つながり」というものの大切さをあらためて感じられたとともに、状況に合わせた対策をし、これまで以上につながる場面づくりを大切にすること、『つながり』に活用できるITなどの新たなツールについても積極的に使っていくことや、活用するために学ぶ機会が必要などと言ったアイディアを聞かせていただくことができました。

今回お話しいただいた内容をふまえ、今後当センターとして参加者の方や関係機関と連携協働しながら『つながり』を絶やさないための手法や仕組みづくりを進めてまいりたいと思います。

参加いただきました皆様、貴重なご意見をお聞かせいただき、誠にありがとうございました。

〜今回参加いただいた活動者・団体・関係機関の皆様〜(順不同・敬称略)

・ケアセンターいぶき(医療機関・福祉事業所)
・米原市民生委員児童委員協議会連合会
・ケアプランセンター米原市社会福祉協議会(居宅介護支援事業所)
・社会福祉法人 ひだまり(福祉事業所)
・米原市議会
・ほおずき作業所(障がい者作業所施設)
・まいはらっ子クラブ(放課後児童クラブ)
・子ども食堂 リエゾン(子ども食堂)
・米原市更生保護女性会(福祉活動団体)
・米原市健康推進員会(福祉活動団体)
・米原市老人クラブ連合会(福祉活動団体)
・大野木長寿村まちづくり会(地域福祉活動団体)
・米原市赤十字奉仕団(福祉活動団体)
・伊吹山中学校(教育機関)
・マコトヤ(地元衣料品店)
・米原市ボランティア連絡協議会(福祉活動団体)
・米原市子ども会育成連合会(福祉活動団体)
・米原市くらし支援課・地域包括支援センター(行政機関)
・朝妻自治会(地域福祉活動団体)
・堂谷自治会(子どもの居場所づくり実践者)
・relief 〜リリーフ〜(当事者活動団体)
・傾聴ボランティアよろこび愛(ボランティアグループ)

※当日は3密を防ぐ観点から、参加者同士適切な距離を取り、マスク着用のうえ、1グループ8名程度3グループに分かれ情報交換を行いました。
「安心して暮らせるまちづくりに向けての意見交換会」を開催しました! [2020年07月07日(Tue)]

「安心して暮らせるまちづくりに向けて…」7月7日(火)、米原市議会との意見交換会を開催しました。

健康福祉常任委員会の6名の議員のみなさんにご出席いただき、米原市における「地域共生社会」の実現に向けて、地域や暮らしの実態や課題を共有しながら、今後求められる取組について意見交換を行いました。

DSCN0160.JPG

特に今回、新型コロナウイルスに関連して、市民の暮らしや地域の活動にも影響が出ており、長期化、あるいは第2波、第3波の拡大も懸念されていることから、今後もその状況に応じて、暮らしを守る支援を継続していく必要があることを確認しました。

また、個人や世帯が抱える生活課題の中には、属性別や対象別の制度では対応が難しいものがあることや、市内の多くの地域で今後も人口減少や高齢化が進み、自治会活動など地域の活動が停滞する恐れがあること、さらに充足されない福祉ニーズへ対応しなければならないなどの状況があることを踏まえ、米原市におけるこれからの地域づくりをどのように進めるかについて意見を交わしました。

今回の意見交換を通じて、あらためて市内の現状を確認しました。本会では、包括的な支援のあり方を見定めながら、これからも多様な主体に参加と協働を働きかけ、「地域共生社会」の実現に向け取り組んでいきます。
Posted by 米原市社会福祉協議会 at 18:30 | 米原市社協について | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第1回スゴワザ講座「市民のための福祉車両運転講習会」 [2020年07月02日(Thu)]

暮らしを支える活動団体のためのスキルアップ講座・スゴワザ講座
福祉車両の操作方法、運転のコツをプロから学ぼう!

お買い物や通院での送迎支援に便利なワザです。福祉車両は「福祉車両貸し出し事業」により、個人・団体の皆様にお貸しできます。利用方法についても説明します!

○日時:令和2年7月30日(木)13:00〜15:30 (受付:12:30〜)
○場所:近江地域福祉センターやすらぎハウス(米原市顔戸21番地2)
○内容:福祉車両の操作方法に関する講義・車両を用いた実技講習
○講師:関西STS連絡会 柿久保 浩次 様
    ※国土交通省大臣認定 福祉送迎運転者講習の講師です。
○参加費:500円(テキスト代)
※当日、福祉車両の操作説明は外で行いますので、暑さ対策として、帽子、水分補給できる飲料等ご持参ください。
※講義に加え実技講習も行いますので、運転免許証、運転時必要なもの(眼鏡等)を必ずご持参ください。
○対象:テーマに関心のある市民、特に地域福祉活動を行っている方 
○定員:10名
○申込・問合せ先
社会福祉法人米原市社会福祉協議会
(TEL:58-1770 FAX:58-2231 メール:m-shakyo-s.ishi@zb.ztv.ne.jp)   
へ電話またはFAX・メールで7月27日(月)までにお申し込みください。

 チラシのダウンロードはこちら チラシ.pdf

20200702150348552_0001.jpg
Posted by 米原市社会福祉協議会 at 14:39 | イベント案内・報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
布マスクあります! [2020年07月01日(Wed)]

本会では、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、市内の方々から多くの布マスクのご協力をいただきました。本当にありがとうございました。
ご寄附いただいた布マスクは、現在70枚程度お預かりしております。
市内の福祉活動をされている方・団体様で、布マスクの提供を希望される方は下記にて申込みを受付けております。
なお、布マスクご寄付の受付は6月末日をもって終了しておりますので、現在お預かりしているものがなくなり次第終了とさせていただきます。
ご了承ください。


<問い合わせ・申し込み>
米原市社会福祉協議会 米原市ボランティアセンター
電話)0749-54-3100
Fax)0749-54-3115


布マスクラスト応募.JPG

Posted by 米原市社会福祉協議会 at 16:20 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)