CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 火災報知器設置促進事業 | Main | まいばらコラボチャレンジ事業»
カテゴリアーカイブ
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
【令和4年度ご近助活動スキルアップ講座を開催いたしました】 [2022年06月27日(Mon)]


こんにちは。地域支え合いセンターです。
先日6月4日、18日に自治会の活動者を招き、講座を開催いたしました。今回は、『コロナ禍での活動』と『災害時避難支援体制づくりのススメ』をテーマとし、コロナ禍だからこその福祉活動の必要性や、災害時助かる命を増やすため平常時からどう要支援者とかかわっていくのかを地域の実践事例を交えてお話しさせていただきました。AD5oJ5dh28pZiAtXJOkNETzHwUbxu7Lx0xdvHYGIJr3hc8Bu0OAdxpZ84CzuslOwV4iyR3df2f3bVT-It0BqMfEo0jvrMBrMnOjzedZeCcO7q9MRblfbbkWj8I5HNvQO.jpg
後半はグループに分かれ、現在の活動状況や課題について情報交換を行いました。いくつかのグループでは、「他の自治会活動を参考にしたい!」と熱い話が講座終了後も続いていました。
講座の中で初めてお会いされる方も多かったのですが、講座終了後それぞれ連絡先を交換し、「またわからなかったら電話するわな!」と仲間づくりの場にもなっていました。
講座を通して学んでいただくことも大切だと思いますが、同じ活動者としてつながるきっかけになることも大事な部分だと思います。
今後も「学び」と「出会い」がある講座を企画していきたいと思います。
最後にご参加いただきました皆様、ありがとうございました!
【令和4年度第1回スゴワザ講座「介護に関する入門的研修 今すぐ!将来!きっと役立つ!介護のい・ろ・は塾」受講生募集のお知らせ】 [2022年06月01日(Wed)]

米原市地域支え合いセンターからのお知らせです。

今年度も介護に関する入門的研修を開催いたします。

この講座では4日間で介護や認知症、障がいの基礎について演習を交えて学んでいきます。

開催日時
1日目:7月 2日(土) 9:15〜15:30
2日目:7月 9日(土) 10:00〜16:00
3日目:7月16日(土) 10:00〜16:00
4日目:7月23日(土) 9:30〜16:45

今回の講座では、外国籍の方の参加していただけるようポルトガル語の通訳さんも配置いたします。

また本講座はBIWA−TEKUのポイント付与対象イベントです。

詳しくは下記のチラシをご覧ください。

皆様のご応募をお待ちしております。

※新型コロナウィルス感染症拡大の状況により、開催を延期または中止する場合がありますのでご了承ください。

チラシ表.png

チラシ裏.png

チラシ表(ポルトガル).png

チラシ裏(ポルトガル)修.png
食品をご提供ください。〜フードロス削減に取り組みます。〜 [2021年11月04日(Thu)]

「フードロス(食品ロス)」は、本来食べられる食品なのに捨てられてしまうことです。フードバンクまいばらと米原市社会福祉協議会では、このフードロス削減を目的に皆さまのご家庭で眠っている余剰食品をご提供いただき、後日、食料支援を必要とされている方などへ配布したいと考えています。ぜひ、ご提供いただきますようよろしくお願いします。

【受付期間】12月1日(水)〜12月7日(火)まで
(受付時間:8:30〜17:30 ※山東地域福祉活動センターにおいては8:30〜17:15)

【受付場所】下記にてボックスを設置し受付いたします。
〇市役所山東支所内 山東地域福祉活動センター(米原市長岡1206)※(土)(日)休館
〇伊吹地域福祉センター愛らんど内 伊吹地域福祉活動センター(米原市春照56)※(日)休館
〇米原地域福祉センターゆめホール内 米原地域福祉活動センター(米原市三吉570)※(日)休館
〇近江地域福祉センターやすらぎハウス内 近江地域福祉活動センター(米原市顔戸21-2)※(日)休館

【提供いただきたい食品等】
・お米(白米・玄米)※2年以内
・パスタ、素麺などの乾麺
・缶詰・レトルト・インスタント食品
・お茶漬け・海苔・ふりかけ
・調味料(醤油、食用油など)
・お菓子 
・粉ミルク、離乳食 など
2022年1月10日より長く賞味期限が残っている常温保存可能なもの

【配布について】いただいた物は食料支援をはじめとして地域の方々へ配布します。配布は12月下旬を予定しています。

【実施主体】フードバンクまいばら、米原市地域支え合いセンター(米原市社会福祉協議会)

【お問合せ先】
社会福祉法人 米原市社会福祉協議会
担当:膽吹(いぶき)・今川
住所:米原市三吉56(米原地域福祉センターゆめホール)
 電話:0749−54−3100 FAX:0749−54−3115 メール:sasaeai@maibara-shakyo.or.jp
令和3年度 第3回スゴワザ講座(介護に関する入門的研修)を開催します。 [2021年10月02日(Sat)]

こんにちは。

米原市地域支え合いセンターの膽吹です。

10月16日(土)から4回にわたり、スゴワザ講座 介護に関する入門的研修 『今すぐ!将来!きっと役立つ!介護のい・ろ・は塾』を開催します。
地域で支え合い活動を行っておられる方や、介護に興味のある方が、基本的な介護の知識や技術について学べます。

【日時】
第1回10月16日(土)9:15〜15:30
第2回10月23日(土)10:00〜16:00
第3回11月6日(土)10:00〜16:00
第4回11月13日(土)9:30〜16:45
※修了者には修了証明書を交付します。

【会場】
米原地域福祉センターゆめホール(米原市三吉570番地)

【内容】
介護に関する基礎知識や、基本的な介護の方法について学びます。

【定員】
20名程度

【受講料】
無料(テキスト付)

【問合せ・申込み先】
米原市社会福祉協議会 米原市地域支え合いセンター
電話:0749-54-3100    FAX:0749-54-3115
メール:sasaeai@maibara-shakyo.or.jp

詳しくはチラシ(申込書あり).pdfをご覧ください。

【近江地域 福祉推進員等情報交換会を開催しました】 [2021年08月25日(Wed)]

こんにちは。地域支え合いセンターです。
先日、8/21(土)近江地域の福祉推進員の皆様にお集まりいただき、各地域での福祉活動の現状と課題や福祉推進員の役割について情報交換を行いました。

冒頭、社協から地域福祉活動の目的や必要性、福祉推進員(コーディネーター)の役割について説明後、それぞれのグループで話し合いました。

福祉推進員の経験がある方から今年初めて福祉推進員になられた方、旧集落から新興住宅地の福祉推進員等様々な方にご参加いただきました。

それぞれの地域の活動状況等をお話しいただき、「見守り活動を参考にしていきたい」「他の地域の状況が知れて良かった」と同じ立場で情報交換することへの前向きなご意見をいただくことができました。

中でも、印象的だったことは、「コロナ禍で活動がしにくい中でも工夫をしながら、今だからこそ出来る活動があるのではないか」「こんな工夫で私たちの地域は活動をしています」というコロナに負けない皆さんの力強い思いを共有できたことです。

社協としても、今回の情報交換会でいただいたご意見を今後につなげていけるようにともに考えさせていただければと思います。
些細なことでも何でもお気軽に近江地域福祉活動センターまでご相談ください
よろしくお願いいたします。

暑い中ご参加いただきありがとうございました。
IMG_8213.jpgIMG_1610.JPG
令和3年度 第1回スゴワザ講座を開催しました。 [2021年08月16日(Mon)]

こんにちは。

米原市地域支え合いセンターの膽吹です。

第1回スゴワザ講座を開催しました。
今回は、「LINEを活用した福祉活動研修会」です。

タイトルなし.jpg

コロナ禍で交流や、活動者同士で会議をするにも
集まりをつくるのが難しい・・・

と言った活動者の声をお聞きしていました。
そこで、今、身近となってきたLINEを使った
福祉活動の方法をご提案させていただきました。

参加の動機は、すでにLINEを活動者同士の情報共有で使用されており
さらに便利に使いたいと思われている方や、今後、使用されることを検討するために受講された方など様々です。

IMG_3951.jpg

スケジュール調整機能やビデオ通話機能など
スマートフォンとインターネット環境さえあれば
無料で使用できるLINE。

遠方にいるご家族とをつないでサロンの様子をうつしたり
見守り訪問の代わりにLINEで安否確認をしたり
使い方次第で福祉活動に活かせます。

今回だけではなく、興味のある自治会や団体からご希望があれば、
出前講座をさせていただきます。

詳しくは、下記までお願いします。

米原市地域支え合いセンター
住所:米原市三吉570 米原地域福祉センターゆめホール内
電話:0749―54−3100
第1回 地域の居場所づくり活動団体 情報交換会を開催しました。 [2021年08月16日(Mon)]

こんにちは。
米原市地域支え合いセンターの膽吹です。

今年度、1回目の情報交換会を開催しました。
 
今回、はじめてオンラインで視察ができる
「オンライン居場所ツアー」を開催しました。

これまでの情報交換会では実際の居場所づくりの現場に行って
視察を兼ねて情報交換をおこなっておりましたが、

コロナ禍であるため、外部からの受け入れがしにくい状況です。
しかし、活動者の方々は、実際、他の居場所活動はどのようにされているのか
聞きたいというご希望もあり、ZOOMでのオンライン視察の開催を考えました。

IMG_3601.jpg

写真は、野一色みまもりたいさんがされている居場所と情報交換会の会場とをオンラインでつないている様子です。コロナ禍でも感染症対策等、工夫しながらの活動をご紹介いただきました。

また、居場所でいつも介護予防でされている体操を画面越しにみんなで行いました。遠隔でのコミュニケーションでしたが、一体感をもって体操ができました。

参加された方の感想のなかには、オンライン居場所ツアーがよかったという声をたくさんいただきましたし、聞いた内容をご自身の活動に活かしていきたいという声もありました。

今後も方法を変えながら、みなさんの活動が活発になるような講座や情報交換をしていきたいと思います。

コロナ禍だけど、工夫しながら福祉活動をしている等の声をよかったら下記までお聞かせください。もし、活動に関する課題があれば解決に向けて支援していきますので気軽にご相談ください。

 米原市地域支え合いセンター
 住所:米原市三吉570 米原地域福祉センターゆめホール
 電話番号:0749−54−3100
【山東地域 福祉協力員情報交換会を開催いたしました】 [2021年08月09日(Mon)]

231905247_390446015764681_1791727442608399766_n.jpg皆さん、こんにちは地域支え合いセンターです。
先日山東地域の福祉協力員の方々に来ていただき、福祉協力員の役割について意見交換を行いました。
IMG_1296.JPG
冒頭、社協から地域の現状と福祉協力員(コーディネーター)の役割や必要性について説明後、それぞれのグループで意見交換を行いました。
参加者では、すでに調整役として他の活動者と連携をとりながら地域活動を進めておられる方や、最近福祉協力員になられた方など様々でしたが、お互い活動状況等をお話しすることで「他の地域の活動を参考にしたい」「負担がかかっていたので、分担することを必要」などの前向きな意見がたくさん出ていました。
233498613_546369103448263_6501913469810438630_n.jpg
また、話の中で出ていたのはコロナ禍での活動でした。
ある地域ではコロナ禍であるため活動の一切を中止にしているとのことでしたが、参加者からは「サロンがなくて寂しい。」「サロンを再開してほしい」との声を聞く中でどうしたらいいのか…と悩んでおられました。他の地域でコロナ禍でもサロンなどを開催しておられた地域の方もおられ、お話しを詳しく聞かれていました。

そんな中で「社協に聞いたら色々教えてくれるで!」の一言を言ってくださり、とてもうれしく思いました。
しかし、「活動で悩んだら社協に聞いたらよかったんや…」の声も同時に聞いたので、まだまだ地域に発信ができていないことも痛感しました。

この情報交換を通じて、活動者の情報交換はもちろん、社協としてもどのように関わりも持つことが必要か教えていただいた情報交換会でした。

また、改めて山東の地域に積極的に出向いていきますので、よろしくお願いいたします!!

暑い中ご参加いただき、ありがとうございました。
【第11回まいばらまるごとオンライン交流会 開催】 [2021年03月24日(Wed)]

第11回まいばらまるごとオンライン交流会 開催】

こんにちは、地域支え合いセンターです。
先日の18日(木)にまるごと交流会を開催いたしました。
前回の交流会でITなどを活用した新たな『つながり』の仕組みづくりの必要性などの意見をいただき、今回の交流会は初の“オンライン交流会”として、地域の活動者の方にオンラインで参加していただきました。
まるごと7.jpg
Zoomの指導には、暮らシフト研究所の藤田さんをお招きし、Zoomの基本的な使い方を教えていただきながら3つの団体から活動紹介をしていただきました。
まるごと8.jpg
まるごと4.jpg
まるごと3.jpg
その後ブレイクアウトルームに分かれそれぞれの団体と意見交換を行いました。
コロナ禍であり、大勢が集まって意見交換することが難しくなっている中、参加者からは、「たくさんの人と久しぶりに話せてよかった」「意外とZoomも慣れたら難しくないね。また活動にも取り入れてみようかな」など、今後の活動につながりそうなお話しがたくさん出ていました。
他にも活動紹介を通じて、団体同士がつながった場面もありました。
そして今回は、米原市長も交流会に参加してくださいました!!ありがとうございました。
また、お忙しい中たくさんの方が交流会に参加していただき、ありがとうございました。
まるごと5.jpg
地域支え合いセンターではいただいたご意見を元に新たな活動につながるお手伝いを行ってまいります!!

【まいばらまるごと交流会で活動のPRをしませんか?】 [2021年03月08日(Mon)]

こんにちは、地域支え合いセンターです。
3月18日(木)18時30分からまるごと交流会をオンラインで開催いたします。
今回、情報交換をするだけでなく、後半には活動をPR(宣伝)する時間を設けています。
「活動や事業、取り組みを宣伝したいな〜」と思われる活動者や事業所がおられましたら、ぜひまるごと交流会にご参加ください!
ご連絡お待ちしています。
チラシ(修正).jpg
| 次へ