CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«【山東地域の福祉について語り合いました!】 | Main | 音訳ボランティア養成講座(視察研修&入門編)のお知らせ»
カテゴリアーカイブ
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
「これからの福祉活動を考える懇談会」を開催しました。 [2020年09月01日(Tue)]

こんにちは!
伊吹地域福祉活動センターの膽吹です。

「これからの福祉活動を考える懇談会」を開催しましたのでご報告します。
これまで「積雪」、「買い物支援」とった自治会を超えて伊吹地域で共通するテーマの懇談会を開催してきました。しかし、テーマである課題を解決するための取り組みを推進するにも、「担い手の高齢化、役員のなり手がいない」という声が多数あったため、今回は、これから地域で必要な福祉活動や、そのために必要な担い手を発掘するための課題、対応について皆様と協議を行いました。

 今回は、伊吹北部である甲津原、曲谷、甲賀、吉槻の4自治会、伊吹南部である杉澤、伊吹ヶ丘、村木、南川の4自治会に呼びかけ計2回開催させていただきました。参加いただいたのは、自治会長、民生委員児童委員、福祉委員といった福祉活動を主に担っていただいている方々です。

IMG_0040.jpg

伊吹北部では、少子高齢化によって人口減少しながらも、サロンや清掃活動といった少数でも住民が交流するための取り組みは、いざ暮らしの中で支え合え合うために必要な取り組みなので継続していきたいというご意見が出されました。また、役員ができる住民自体が少なくなりつつあるなかで、今後、自治会内で役員を担いやすくするためにも、役員の仕事を見直し、市や社協と共に負担のない運営方法を模索していく必要があるといったご意見も出されました。

IMG_0047.jpg

伊吹南部では、北部と同様に、歴史ある自治会ではサロンや伝統行事等の交流事業を大切にしたいという意見がある一方で、団地といった比較的新しい自治会では、伝統行事がなく交流の場が少ないことや、子どもは多いが集まれる場所が少ないといった意見が出され、高齢化する地域と子どもが多い新しい地域とで協働することの可能性が見える懇談会となりました。

 米原市社会福祉協議会としては、今回の懇談会の結果を受けて、これからも自治会の方々に話を聞きながら、それぞれの自治会で大切にしたい取り組みや、今後取り組みたい取り組みを進めるための方法を提案できればと考えております。

 また、これからも生活支援コーディネーターとして、単独の自治会を超えた、共通のテーマ(課題)を探し集めて、今回のように広域で課題について共有することや、解決するために協働するきっかけとなる懇談会を必要に応じて開催していきたいと考えておりますので、地域での困りごと等ございましたら気軽にご相談ください。

この取り組みに関するお問い合わせは、下記までご連絡ください。

社会福祉法人米原市社会福祉協議会
伊吹地域福祉活動センター
住所:滋賀県米原市春照56
電話:0749-58-1770
Mail: m-shakyo-s.ishi@zb.ztv.ne.jp
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント