• もっと見る

カテゴリアーカイブ
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
地域共生社会フォーラム(第17回米原市社会福祉大会)のお知らせ [2022年11月03日(Thu)]

 地域共生社会の実現に向けて、子どもから高齢者まで、障がいの有無にかかわらず、人と人、人と資源が世代や分野を超えてつながり、一人ひとりが輝ける場面があることの大切さを学び、今後の米原市の地域共生社会のあり方について考える機会として、『すべての人が認め合い ともに暮らせるまちをめざして』をテーマに、「地域共生社会フォーラム」を開催します。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日 時:令和4年11月27日(日)
    9:30〜12:30(受付:9:00〜)
会 場:滋賀県立文化産業交流会館(米原市下多良2丁目137)
参加費:無料

【当日プログラム】
9:30〜11:00 
全体会 ※手話通訳・要約筆記あり
『誰もがともに生きていけるまちづくり 〜フル・インクルージョンをめざして〜』
講 師:社会福祉法人西宮市社会福祉協議会 アドバイザー 玉木 幸則 氏

11:10〜12:30 分科会
第1分科会(企画:一般社団法人湖北医師会 長浜米原地域医療支援センター)
第1部 講演
テーマ:『コロナ禍における在宅医療〜自宅看取りの推移と検死から考えられること〜』
講 師:米原市地域包括医療福祉センター「ふくしあ」センター長 中村 泰之 氏
 
第2部 シンポジウム
テーマ:「最期まで家にいたい」という思いに寄り添って
 本人や家族の揺れ動く思いに寄り添う在宅医療・介護・看取りについて、事例を通し専門職とともに考えます。

第2分科会(企画:米原市聴覚障害者協会、社会福祉課)※手話通訳あり
テーマ:『手話で世界を知ろう』
講 師:韓国手話講師 桑原 絵美 氏(日韓・日朝手話通訳)

第3分科会(企画:健康づくり課)
テーマ:『ストレスと上手に付き合うヒント』
講 師:特定非営利活動法人ゲートキーパー支援センター 理事長 竹内 志津香 氏

第4分科会(企画:不登校親の会relief〜リリーフ〜)
テーマ:『成人期の生きづらさと環境調整の大切さについて〜発達障がいを中心に考える〜』
講 師:株式会社アットスクール代表取締役アットスクール高等学院 学院長 鈴木 正樹 氏
※オンライン講演であり会場ではパブリックビューイング方式。オンラインで自宅での参加が可能

9:30〜12:30 展示ブース 
福祉サービス事業所・福祉活動団体の紹介など

主 催:米原市・社会福祉法人米原市社会福祉協議会・米原市共同募金委員会
後 援:社会福祉法人滋賀県社会福祉協議会

本大会に関するお問い合わせ・お申し込みは、下記までご連絡下さい。

社会福祉法人米原市社会福祉協議会
TEL:54−3105 FAX:54−3115
E-mai:maibara@maibara-shakyo.or.jp
(担当/林・西田)

ちらしのダウンロードはこちら.pdf
Posted by 米原市社会福祉協議会 at 10:06 | イベント案内・報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【令和4年度第1回「地域の居場所づくり活動団体情報交換会」を開催しました】 [2022年08月26日(Fri)]

米原市地域支え合いセンターです。

8月1日に米原市内で活動されている方々の情報交換会を開催しました。

当日は23名の方がご参加くださり「どんなことをしているのか?」「これからやりたいこと」などぞれぞれの活動についてお話しいただく場となりました。

今回は伊吹山麓まいばらスポーツ文化振興事業団より講師をお招きして「モルック」「ボッチャ」「キャッチザスティック」のニュースポーツ体験会も行いました。

IMG_4457-thumbnail2.jpg

IMG_6593.JPG

IMG_4459.JPG

 参加いただいた皆様からは「ニュースポーツも取り入れながら、屋外での活動に取り組んでいきたい」といった声が聞かれました。
また、情報交換終了後には、参加者同士が連絡先の交換をされる場面も見られ、新たなつながりの機会ともなりました。

 なかなか収束しないコロナ禍ですが、こんな時だからこそ「支え合える活動」が必要だと思います。
米原市社会福祉協議会としても、皆さんと一緒に取り組んでいきたいと思っています。

 活動に関するご相談や、新たに活動をはじめたい、参加したいという方は、お気軽に、各地域福祉活動センターまでお問い合わせください。
【令和4年度第1回スゴワザ講座「介護に関する入門的研修 今すぐ!将来!きっと役立つ!介護のい・ろ・は塾」を開催しました!】 [2022年08月26日(Fri)]

米原市地域支え合いセンターです。

今回は7月2日・9日・16日・23日の4日間、合計21時間にわたって『介護に関する入門的研修』を開催しました。

18名の方が受講され、介護や認知症、障がいの基礎について講義や演習を交えて学ばれました。

IMG_4195.JPG

IMG_4256.JPG

IMG_4417.JPG

近年は介護職員不足が課題になっています。そこで今回は、新たな担い手としての活躍につながればと思い、ポルトガル語の通訳さんを配置し、日頃日本語以外を使われている方々も参加しやすい環境を整えました。結果13名の日本語以外を使われる方の受講につながりました。

「介護の仕事に就きたい」「地域で役立てたい」など受講目的は様々でしたが、今回の講座をきっかけに、次のステップに進んでいただければと思います。

受講された皆様、お疲れ様でした。

米原市地域支え合いセンターでは今後も、皆様の役に立つ講座を予定しております。

情報については、本会のSNSや各地域福祉活動センター窓口にてお知らせいたします。ぜひ、ご確認いただき、ご参加いただければと思いますので、よろしくお願いいたします。
【令和4年度ご近助活動スキルアップ講座を開催いたしました】 [2022年06月27日(Mon)]


こんにちは。地域支え合いセンターです。
先日6月4日、18日に自治会の活動者を招き、講座を開催いたしました。今回は、『コロナ禍での活動』と『災害時避難支援体制づくりのススメ』をテーマとし、コロナ禍だからこその福祉活動の必要性や、災害時助かる命を増やすため平常時からどう要支援者とかかわっていくのかを地域の実践事例を交えてお話しさせていただきました。AD5oJ5dh28pZiAtXJOkNETzHwUbxu7Lx0xdvHYGIJr3hc8Bu0OAdxpZ84CzuslOwV4iyR3df2f3bVT-It0BqMfEo0jvrMBrMnOjzedZeCcO7q9MRblfbbkWj8I5HNvQO.jpg
後半はグループに分かれ、現在の活動状況や課題について情報交換を行いました。いくつかのグループでは、「他の自治会活動を参考にしたい!」と熱い話が講座終了後も続いていました。
講座の中で初めてお会いされる方も多かったのですが、講座終了後それぞれ連絡先を交換し、「またわからなかったら電話するわな!」と仲間づくりの場にもなっていました。
講座を通して学んでいただくことも大切だと思いますが、同じ活動者としてつながるきっかけになることも大事な部分だと思います。
今後も「学び」と「出会い」がある講座を企画していきたいと思います。
最後にご参加いただきました皆様、ありがとうございました!
【令和4年度第1回スゴワザ講座「介護に関する入門的研修 今すぐ!将来!きっと役立つ!介護のい・ろ・は塾」受講生募集のお知らせ】 [2022年06月01日(Wed)]

米原市地域支え合いセンターからのお知らせです。

今年度も介護に関する入門的研修を開催いたします。

この講座では4日間で介護や認知症、障がいの基礎について演習を交えて学んでいきます。

開催日時
1日目:7月 2日(土) 9:15〜15:30
2日目:7月 9日(土) 10:00〜16:00
3日目:7月16日(土) 10:00〜16:00
4日目:7月23日(土) 9:30〜16:45

今回の講座では、外国籍の方の参加していただけるようポルトガル語の通訳さんも配置いたします。

また本講座はBIWA−TEKUのポイント付与対象イベントです。

詳しくは下記のチラシをご覧ください。

皆様のご応募をお待ちしております。

※新型コロナウィルス感染症拡大の状況により、開催を延期または中止する場合がありますのでご了承ください。

チラシ表.png

チラシ裏.png

チラシ表(ポルトガル).png

チラシ裏(ポルトガル)修.png
【山東池下のお茶の間へお邪魔しました】 [2022年05月20日(Fri)]

こんにちは。協働推進課の伏谷です。
 先日ですが、山東地域の池下にあるお茶の間『ほっこり』へお邪魔しました。
unnamed (3).jpg
 『ほっこり』はコロナ禍で活動を一時お休みされていましたが、5月1日より活動を再開されました。久しぶりにお邪魔するとしっかりと感染対策をとられ、内装もリニューアルされておりとても過ごしやすい場所になっていました。
 代表の大橋さんからはコロナ禍で建物に入りにくい人もいるのでは…と外にテントを張って屋外スペースも作っておられました!!
 ペット連れの方の利用も多く、外でコーヒーが飲めると人気だそうです。
unnamed (1).jpg
 伺った時は天気もよく、窓からは三島池からくる心地よい風が気持ちよかったです。
 『ほっこり』は月曜日以外の朝10時から3時まで営業されています。コーヒーやジュース、軽食も用意されています。
 ロケーションもよく、ゆっくりできる場所ですので、ぜひ皆さん一度足を運んでみるのはいかがですか?
Posted by 米原市社会福祉協議会 at 11:05 | 地域福祉センター | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【災害ボランティアセンター運営訓練を行いました】 [2022年03月22日(Tue)]

こんにちは。協働推進課の伏谷です。
3月20日(日)に災害ボランティアセンターの運営訓練を行いました。
当日は2名の運営サポーターさんにご協力いただき、開設から運営、閉所までの流れをマニュアルに沿って確認しました。
IMG_3467.JPG
災害時にはマニュアルに記載のない予期せぬ事態が起こります。しかし、訓練を積み重ねていくことで予期せぬことでなく、想定内として判断ができるように引き続き訓練を重ねていきたいと思います。
IMG_3470.JPG
image6 (004).jpeg
また、米原市では災害サポーターも募集しています。
ぜひ私達と一緒に災害に強いまちづくりを進めていきましょう!!


米原市ボランティアセンター
滋賀県米原市三吉570
電話:0749-54-3100
Mail: sasaeai@maibara-shakyo.or.jp
Posted by 米原市社会福祉協議会 at 16:58 | 災害ボランティアセンター | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
まいばらまるごと交流会〜災害時に関する多職種・多分野交流会〜を開催しました。 [2022年03月22日(Tue)]

こんにちは。

米原市地域支え合いセンターの膽吹です。

まいばらまるごと交流会を開催しました。
(令和4年2月18日(金)実施事業)

チラシ.png

近年、全国的に災害が多発する中、災害に対応するためには福祉分野にとどまらない多様な主体との連携が必要であると考えられています。

そこで、市内の災害時の対応・検討をされている自治会や福祉団体、企業、そして災害時の施策を担当されている行政担当課の職員の皆様にご参加いただき、災害時の連携について考える機会を持ちました。

意見交換の内容として、

避難するときに助けが必要な方を誰がどのように避難を助けるか、どういった配慮が必要か等を記載する個別避難支援計画を作成する際、自治会と専門職が連携して情報共有しながら作成する仕組みはどうしたらよいか

施設や学校や企業等、災害時に避難所になる場所で、様々な主体が連携しながら避難所運営するために日頃から連携しておかなければならないことはないか

避難に助が必要な方は、平常時にもお困りの方という視点で、日頃から見守り活動を行う上で連携できることがないか

等、様々な災害時の連携に関する話題が出ました。
今回の意見交換では、連携する必要性を再確認した機会となり、今後、さらに具体的にどうするかを深める必要があるそれぞれの話題が生まれましたので、引き続き協議する機会をつくれればと考えます。

米原市地域支え合いセンターでは
こういった地域の福祉活動に活動者のネットワークづくりを行っております。

こんなネットワークが今後必要であるや、
こんな福祉のテーマで話す必要がある等
ご意見がございましたら
地域支え合いセンターまでご相談ください。

米原市地域支え合いセンター
住所:米原市三吉570 米原地域福祉センターゆめホール内
電話:0749―54−3100
Posted by 米原市社会福祉協議会 at 14:02 | イベント案内・報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
令和3年度 第3回地域の居場所づくり活動団体情報交換会を開催しました。 [2022年02月08日(Tue)]

こんにちは。

米原市地域支え合いセンターの膽吹です。

米原市主催のご近所元気にくらし隊員フォローアップ講座との共催で
第3回地域の居場所づくり活動団体情報交換会を開催しました。

前半は、米原市から、筑波大学と株式会社タニタが共同で作成された「タニタ STOP!フレイル予防健康体操」を紹介し、体験いただきました。

IMG_8563 (002).jpg

チラシにあるように、「カロリージャンプ」というタニタオリジナルの消費カロリー計付きなわとびを使いました。
活動されているサロン、お茶の間に来られている方に向けて実践いただける内容でした。

IMG_8568 (002).jpg

後半の情報交換会では、社協から地域での支え合い活動における買い物代行活動をするときに役立つ情報提供をしたあと、買物支援をはじめ、日頃の居場所づくり活動等について情報交換を行いました。

参加された皆様には、スタッフの確保や、住民への周知方法、普段どんな活動をしているか等、様々な情報交換をしていただきました。

IMG_8565 (002).jpg

中でも買い物支援に関する情報交換も行われ、居場所の時間に合わせて移動販売業者の受け入れや、団体スタッフが地元スーパーに必要な物を買い出しに行って、居場所に来られる方に販売し購入してもらえるようにされている団体もありました。

IMG_8566 (002).jpg

参加された団体が、自分の団体でも実践してみたい!と
少しでも思ってもらえる情報交換になっていたとしたらうれしいです。

米原市地域支え合いセンターでは
こういった地域の福祉活動に活動者のネットワークづくりを行っております。

こんな役立つ情報提供をしてほしい等
ご意見がございましたら
地域支え合いセンターまでご相談ください。
内容によっては出前講座もしております。

米原市地域支え合いセンター
住所:米原市三吉570 米原地域福祉センターゆめホール内
電話:0749―54−3100
Posted by 米原市社会福祉協議会 at 11:53 | イベント案内・報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【伊吹地域 子どもの居場所づくり情報交換会を開催しました!】 [2022年02月02日(Wed)]

皆さん、こんにちは。
米原市地域支え合いセンターです!

寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか??

報告が遅くなりましたが、昨年12月4日に伊吹地域(旧伊吹町)で「子どもの居場所づくり」について情報交換会を行いました。

今回の情報交換会では、日ごろから子どもたちと関わっておられる関係者や専門機関の方々にお集まりいただいて、伊吹地域の子どもの現状や課題を共有や、伊吹地域の子どもたちにとって、今後どのようなことが必要なのか?できそうなことがないか?を話し合いました。

IMG_2723.JPG

ご参加いただいた皆様から、普段関わっていらっしゃるからこそ見えてくる部分や気づきなど本当にたくさんの情報をいただき、白熱した情報交換会となりました。

IMG_2714syou.JPG

IMG_2703小.JPG

IMG_2715小.JPG

伊吹地域ではこれまでも担い手不足、移動や買い物手段といった課題について協議する場を設けてきました。
大人だけでなく、今後の地域を担う子どもたちも生活しやすい、そんな町づくりにつながれば、そのためにも情報交換をして終わりではなく、今回の情報交換が動き出しのきっかけになればと考えています。

まだまだこれからですがそんな伊吹地域を目指して、皆様と共に考え、一緒に進んでいきたいと思います!

当日、ご参加いただいた皆様、お忙しい中ありがとうございました!

最後に、
このブログを読んでいただいている皆様や周りに、伊吹地域の子どもたちのために
何かやってみたい!
こんなことできたら面白そう!

など、そんな人やアイデアも大募集しています。

詳しくは
伊吹地域福祉活動センター(米原市伊吹地域福祉センター愛らんど内)までご連絡ください!

ぜひ一緒にコロナに負けず伊吹地域を盛り上げていきましょう!(^^)!

最後までお読みいただきありがとうござました。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by 米原市社会福祉協議会 at 16:01 | イベント案内・報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ