CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
"愛・技術・忍耐"の法人理念のもと、市民の皆様に寄り添った活動を心がけています。
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まごころサービス松江
梅雨は晴れてても洗濯物が乾きませんね・・・ (07/01) まごころサービス松江
秋の夜長には・・・ (10/09) 山田
神在月 島根 (10/03) まごころサービス松江
私の元気の源はなんといっても焼肉 (09/28) まごころサービス松江
やっぱり食欲の秋(^◇^)かな? (09/27) まごころサービス松江
リフレッシュ (09/27) まごころサービス松江
リフレッシュ (09/27) まごころサービス松江
日曜日は… (09/25) まごころサービス松江
お彼岸 (09/25) まごころサービス松江
今日も楽しい一日 (09/25)
コロナ+長梅雨[2020年07月29日(Wed)]
 コロナ感染の拡大が収まらす、島根県も少しづつ感染者が増えつつあります。施設内にコロナウィルスを持ち込まない為に、日々マスクの着用で利用者様のケアをさせて頂いておりますが、皆さんも実感しておられる方もいらっしゃると思いますが、とても息苦しいですよね。梅雨独特な湿気の中でのマスクの着用の介助は大変ですが、大切な利用者様のの笑顔と安全の確保のため職員一同日々頑張っております。私たちでさえ、自粛生活はかなりのストレスを感じますが、利用者様も外へ出られない、ご家族の面会も制限されてストレスに感じておられると思います。職員同士協力して施設内でも利用者様に楽しんで頂けるよう努力しております。手作り餃子を一緒に作ったり、今月は七夕があり短冊にお願い事を書いて頂き、笹の葉に飾り付けをして頂いたり、フラワーアレンジメントに瓜漬け(奈良漬け)など、利用者様と一緒に行いました。梅雨明けは近いようですが、コロナも一日も早く収束することを願っております。
【まごころの家 こしばらの最新記事】
Posted by まごころサービス松江 at 18:40 | まごころの家 こしばら | この記事のURL | コメント(0)
いつもと違う夏[2020年07月26日(Sun)]
 梅雨も明け、夏本番です。今年は何となくいつもと違う夏に戸惑っています。いつもなら山代神社のカラオケ大会の練習をしたり、イベントの際もご家族様を招待して皆さんと一緒ににぎやかに過ごしたりしていましたが、スタッフと入居者様だけの会話にさみしさを感じています。
せめて皆様がホームでイベントを楽しんでいらっしゃるご様子や普段の生活を写真に残し、ライン等で送らせて頂き、ご家族様にも安心して頂けるよう努めています。
気が付くと写真がいっぱいになりました。早く「あの時は大変だったね」と言える日が来るといいですね。
Posted by まごころサービス松江 at 11:41 | まごころの家 こしばら | この記事のURL | コメント(0)
七夕[2020年07月22日(Wed)]
 七月は七夕の行事があり、ホームでも笹を飾りました。皆様と一緒に願い事を短冊に書き、色とりどりの飾りや短冊が笹に結び付けられました。
私は担当入居者様と一緒に「また一年元気で過ごせますように」と願いを書かせて頂きました。私自身も先月から体調を崩してしまいましたので、皆さまと同じく健康に過ごせるようお願いをし、また、コロナが早く終息することも付け加えました。
なかなか外へ出かけて頂くことができませんので、ホーム内でできる行事を計画し、今後も楽しく過ごして頂きたいと思います。
Posted by まごころサービス松江 at 16:37 | まごころの家 こしばら | この記事のURL | コメント(0)
コロナ いろいろ[2020年07月20日(Mon)]
 毎日毎日、ニュースはコロナで始まり、専門家の解説もイロイロで…いつになったら安心して暮らせるのでしょうか? お盆に毎年帰省する弟夫婦にも、今年は遠慮してもらおうと思っています。やっぱり、あれだけ叩かれるのを見ると介護に携わっている分、自分が原因になってしまうと迷惑をかけるどころの騒ぎではないですもんね。お互いに我慢、我慢です。
 ストレス解消は、レコーダーに貯まった番組を編集しつつ、ジャンルごとにBLにダビング!!あとはインコと遊ぶことるんるん 年齢制限が来るまでに、早くジェットコースターに乗りたいわぴかぴか(新しい)
Posted by まごころサービス松江 at 18:32 | まごころの家 いんべ | この記事のURL | コメント(0)
健診[2020年07月16日(Thu)]
こんにちは。みなさん、暑い中マスクをしなきゃいけなくて辛いですよね。いつまで、この状況が続くのでしょうあせあせ(飛び散る汗)でも、自分を守るため、人に感染させないためにも我慢ですね。この前、健康診断を受けたのですが、また体重が増えていました。食欲旺盛でダイエットしようにも食事量を減らすこともできない私ですふらふらあ〜、20代の頃の体重がウソのようだわ。毎回、次の健診までには少し減らそうと思うのですが、美味しいものを目の前にすると食べちゃう私でした。
Posted by まごころサービス松江 at 21:04 | この記事のURL | コメント(0)
給付金[2020年07月16日(Thu)]
コロナウィルス感染症による特別給付金が松江市は他よりかなり遅くに給付されました。何に使おうかと色々考えていましたが〜日頃お世話になっている来年、米寿になる母と還暦になる姉のお祝いに使おうと思いつき早速羽根布団、母の靴をプレゼントしました。二人共、凄く喜んでくれ久々の親孝行が出来たかな〜自己満足ですがわーい(嬉しい顔)6月に10歳になった孫には今はやりのピレ(かなり高額)を買いました。でも〜結句自分の物は自分で買わずに終わりました。しかし、先日娘が出雲まで連れていって財布を買ってくれました。良い事もあるもんだと思い嬉しい一日でした。黒ハート
Posted by まごころサービス松江 at 10:16 | この記事のURL | コメント(0)
グランドゴルフ開催[2020年06月30日(Tue)]
 今年は町内の体育部長をさせて頂いていますが、コロナの関係で体育行事は中止になると思っていたのに、7月5日(日)に開催の方向になりました。個人競技なので、参加選手各自でマスクをしたり、3密を避けるよう要綱には書いてありました。昨日参加人数の情報が入ってきましたが、50人程度の見込みらしいです。今回は当番自治会なので、弁当、飲み物の手配をしなければなりません。週間天気予報も晴れマークがついていたので、延期にはならないと思いますが・・・
 9月の町民体育祭までは、すべての体育行事が中止になっている中で、そこまでしてしなければならないものなのでしょうか?
Posted by まごころサービス松江 at 15:50 | まごころの家 いんべ | この記事のURL | コメント(0)
[2020年06月30日(Tue)]
  6月も今日で終わり、明日からは7月に入ります。梅雨独特のじめじめした蒸し暑い日が続いて梅雨明けが待ちどおしく感じられます。今年はいまだに台風の情報が少なく7月も例年に比べ発生数は少ない模様です。現在はコロナ禍という災いが猛威を振るっています。これ以上の災害は避けたいものです。ホームでは先日「たこ焼きパーティー」や「ソーメン流し」と言ったイベントを行っています。特に人気があったのはたこ焼きパーティーでしょうか、出来上がるや否や我先にと口の中に消えていきます。コロナ禍と言う言葉にはうんざりしますが自分で自分の身を守るしかありません。当分はホーム内で楽しめるイベントを沢山見つけ皆さんと楽しめるようにしたいと思います。
Posted by まごころサービス松江 at 01:19 | この記事のURL | コメント(0)
たこ焼きパーティー[2020年06月27日(Sat)]
 もうすぐ6月も終わり。そして、少しづつコロナの方も落ち着いてきているようですね。
 ホームではコロナの影響でなかなか外出が出来ないため、何か中で皆で楽しめることがないかと考え、先日たこ焼きパーティーを行いました。様々な具材を用意し、出来立て熱々のたこ焼きを皆様に召し上がって頂きました。皆様、次々にたこ焼きを召し上がられとても喜んで下さいました!
 まだ、お出かけに行くことは出来ませんがホーム内で楽しめるような行事を考えて皆様に参加して頂きたいと思いますわーい(嬉しい顔)
Posted by まごころサービス松江 at 11:02 | まごころの家 こしばら | この記事のURL | コメント(0)
母の日、父の日を終えて[2020年06月24日(Wed)]
 先月はホームで母の日、今月は父の日のイベントを行いました。父と母が生きていたら同じ歳くらいの方がいらっしゃり、両親の事を思い出していました。
今日は母の命日です。生前、母は母方の祖母が亡くなった時こう言いました。「親というものはね、生きていてくれるだけで自分の味方だからね、いなくなると心細いもんだわ」祖母は認知症を患い施設に入っていました。母の実の父は29歳で病気で亡くなりました。親の代わりに面倒をみてくれた祖母、そこには打算などなく、認知症で私の事も分からなくなった姿は受け入れがたい気持ちでした。
その後両親共に75歳で他界し、自分の味方であるはずの親がいなくなり、心細さと共に母の言葉を思い出しました。きっと、私がいなくなった時も子供たちは同じように思うのでしょう。親は子供の事をいつまでも思っています。自分が楽しんで生きることが恩返しと思い、自分を励ましています。天国で安心してくれているといいなと思いながら。
Posted by まごころサービス松江 at 10:33 | まごころの家 こしばら | この記事のURL | コメント(0)
プロフィール

特定非営利活動法人まごころサービス松江センターさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/magokoromatue/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/magokoromatue/index2_0.xml