CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
"愛・技術・忍耐"の法人理念のもと、市民の皆様に寄り添った活動を心がけています。
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まごころサービス松江
梅雨は晴れてても洗濯物が乾きませんね・・・ (07/01) まごころサービス松江
秋の夜長には・・・ (10/09) 山田
神在月 島根 (10/03) まごころサービス松江
私の元気の源はなんといっても焼肉 (09/28) まごころサービス松江
やっぱり食欲の秋(^◇^)かな? (09/27) まごころサービス松江
リフレッシュ (09/27) まごころサービス松江
リフレッシュ (09/27) まごころサービス松江
日曜日は… (09/25) まごころサービス松江
お彼岸 (09/25) まごころサービス松江
今日も楽しい一日 (09/25)
コロナ+長梅雨[2020年07月29日(Wed)]
 コロナ感染の拡大が収まらす、島根県も少しづつ感染者が増えつつあります。施設内にコロナウィルスを持ち込まない為に、日々マスクの着用で利用者様のケアをさせて頂いておりますが、皆さんも実感しておられる方もいらっしゃると思いますが、とても息苦しいですよね。梅雨独特な湿気の中でのマスクの着用の介助は大変ですが、大切な利用者様のの笑顔と安全の確保のため職員一同日々頑張っております。私たちでさえ、自粛生活はかなりのストレスを感じますが、利用者様も外へ出られない、ご家族の面会も制限されてストレスに感じておられると思います。職員同士協力して施設内でも利用者様に楽しんで頂けるよう努力しております。手作り餃子を一緒に作ったり、今月は七夕があり短冊にお願い事を書いて頂き、笹の葉に飾り付けをして頂いたり、フラワーアレンジメントに瓜漬け(奈良漬け)など、利用者様と一緒に行いました。梅雨明けは近いようですが、コロナも一日も早く収束することを願っております。
Posted by まごころサービス松江 at 18:40 | まごころの家 こしばら | この記事のURL | コメント(0)
いつもと違う夏[2020年07月26日(Sun)]
 梅雨も明け、夏本番です。今年は何となくいつもと違う夏に戸惑っています。いつもなら山代神社のカラオケ大会の練習をしたり、イベントの際もご家族様を招待して皆さんと一緒ににぎやかに過ごしたりしていましたが、スタッフと入居者様だけの会話にさみしさを感じています。
せめて皆様がホームでイベントを楽しんでいらっしゃるご様子や普段の生活を写真に残し、ライン等で送らせて頂き、ご家族様にも安心して頂けるよう努めています。
気が付くと写真がいっぱいになりました。早く「あの時は大変だったね」と言える日が来るといいですね。
Posted by まごころサービス松江 at 11:41 | まごころの家 こしばら | この記事のURL | コメント(0)
七夕[2020年07月22日(Wed)]
 七月は七夕の行事があり、ホームでも笹を飾りました。皆様と一緒に願い事を短冊に書き、色とりどりの飾りや短冊が笹に結び付けられました。
私は担当入居者様と一緒に「また一年元気で過ごせますように」と願いを書かせて頂きました。私自身も先月から体調を崩してしまいましたので、皆さまと同じく健康に過ごせるようお願いをし、また、コロナが早く終息することも付け加えました。
なかなか外へ出かけて頂くことができませんので、ホーム内でできる行事を計画し、今後も楽しく過ごして頂きたいと思います。
Posted by まごころサービス松江 at 16:37 | まごころの家 こしばら | この記事のURL | コメント(0)
たこ焼きパーティー[2020年06月27日(Sat)]
 もうすぐ6月も終わり。そして、少しづつコロナの方も落ち着いてきているようですね。
 ホームではコロナの影響でなかなか外出が出来ないため、何か中で皆で楽しめることがないかと考え、先日たこ焼きパーティーを行いました。様々な具材を用意し、出来立て熱々のたこ焼きを皆様に召し上がって頂きました。皆様、次々にたこ焼きを召し上がられとても喜んで下さいました!
 まだ、お出かけに行くことは出来ませんがホーム内で楽しめるような行事を考えて皆様に参加して頂きたいと思いますわーい(嬉しい顔)
Posted by まごころサービス松江 at 11:02 | まごころの家 こしばら | この記事のURL | コメント(0)
母の日、父の日を終えて[2020年06月24日(Wed)]
 先月はホームで母の日、今月は父の日のイベントを行いました。父と母が生きていたら同じ歳くらいの方がいらっしゃり、両親の事を思い出していました。
今日は母の命日です。生前、母は母方の祖母が亡くなった時こう言いました。「親というものはね、生きていてくれるだけで自分の味方だからね、いなくなると心細いもんだわ」祖母は認知症を患い施設に入っていました。母の実の父は29歳で病気で亡くなりました。親の代わりに面倒をみてくれた祖母、そこには打算などなく、認知症で私の事も分からなくなった姿は受け入れがたい気持ちでした。
その後両親共に75歳で他界し、自分の味方であるはずの親がいなくなり、心細さと共に母の言葉を思い出しました。きっと、私がいなくなった時も子供たちは同じように思うのでしょう。親は子供の事をいつまでも思っています。自分が楽しんで生きることが恩返しと思い、自分を励ましています。天国で安心してくれているといいなと思いながら。
Posted by まごころサービス松江 at 10:33 | まごころの家 こしばら | この記事のURL | コメント(0)
久し振りの再会[2020年06月22日(Mon)]
 6月よりご家族様の面会制限が解除になり、居室対応ですがホームに来て頂けるようになりました。長い間入居者様も淋しい思いをしておられ心配していましたが、久し振りの再会に涙ぐまれる方もいらっしゃいました。そんなご様子を見て私自身も嬉しくなりました。もうこんなことにならないよう、感染の第二波が来ないよう願っています。
これからも入居者様が安心して過ごして頂けるよう気をつけて生活していきたいと思います。
Posted by まごころサービス松江 at 16:14 | まごころの家 こしばら | この記事のURL | コメント(0)
自粛ムードの中で[2020年05月29日(Fri)]
 緊急事態宣言も解除となりましたが、それまでは自粛ムードで外出も出来ず、ストレスの多い5月でした。その中でも、ホームの利用者様に喜んで頂けるよう職員同士相談し、ホーム内で出来る事を考えました。まずは5月と言えば「母の日」です。女性が多い施設ですので、皆様とても喜んでおられました。女性ですからお化粧をして頂き、お茶の時間に紅茶と一緒にケーキを召し上がられました。その後、カーネーションをお一人お一人に手渡しをして、記念撮影をしました。その様子をご家族様にご報告をしたり、写真を送らせていただきました。新型コロナウイルスの影響で外部からお招きする事が出来ず、職員が練習したハンドベルの演奏で楽しんでいただきました。曲は「春の小川」と「チューリップ」の2曲でした。皆様一緒に歌って下さいました。その後はお待ちかねの昼食です。メニューはなんと「握り寿司」です。しかも職員手作りの・・・ネタは境港産の「サーモン」に「マグロ」「ウナギ」脂ののった「アジ」ととても豪華な昼食でした。利用者様も職員も大満足な一日でした。今は一日も早く利用者様と外出が出来るように新型コロナウイルスの収束を願っております。
Posted by まごころサービス松江 at 20:40 | まごころの家 こしばら | この記事のURL | コメント(0)
外の風は気持ちいいですね[2020年05月28日(Thu)]
 新型コロナウイルスの影響でこの春は外出支援も難しく、入居者様にはホーム内でのイベントに参加して頂きました。先日、緊急事態宣言も解除となり、街も少しずつ落ち着きを取り戻してきました。入居者様も久しぶりに町内を車いすで散歩して頂きましたが、とてもいい気分転換になられたようで、「良かったわ」と喜んで下さいました。
まだまだ油断はできませんが、できる範囲で楽しみとなることを見つけ、皆様のストレスを軽減していきたいと思います。
Posted by まごころサービス松江 at 17:00 | まごころの家 こしばら | この記事のURL | コメント(0)
ことのは[2020年05月22日(Fri)]
 ソーシャルディスタンスという言葉もずいぶん有名になりました。新型コロナウイルスの影響により、他の人と物理的に距離を置かなければならなくなり、必要以上に人を避けたり、何だか心にまで距離感が出来そうです。でも気持ちだけはコロナに負けたくないですね。
嬉しい時、一緒に喜んでくれる言葉があり、辛い時、想いを共有してなぐさめてくれる言葉がある。ここ一番というとき、背中を押してくれる言葉があり、不安なとき、大丈夫だよと気持ちを軽くしてくれる言葉がある。言葉には人を傷つける力もあれば癒す力もある。特に「ありがとう」の一言は労うことの少ないこの時代、大切にしたい言葉です。
こんな世の中だからこそ、心が温かくなるような言葉を選び、不安を吹き飛ばして皆さんと元気に過ごしていきたいと思う今日この頃です。
Posted by まごころサービス松江 at 16:38 | まごころの家 こしばら | この記事のURL | コメント(0)
いつまで続く?[2020年04月30日(Thu)]
 毎日毎日、私たちの関心はすべてコロナウイルス関連です。最も気になるのが感染者の推移です。当日の感染者の数の発表につい一喜一憂してしまします。今日、安倍総理の緊急事態宣言に関し「5月7日から日常に戻るのは困難。」との発表がありました。もちろん今の現状で誰もが連休明けから日常に戻れるとは思っていませんが、いつまで続くのかという不安が付きまといます。仮にいったん収束したとしても北海道のように感染第2波が心配されます。先の見えない現状にいつまで我慢が必要なのでしょうか?ただ私たちは介護を職業とする職員です。入居者の皆様や同僚、そして家族に感染させることは絶対に避けなくてはなりません。その意識を高く持って行動したいと思います。
 そして余談ですが、早ければ今月から給付される一律10万円の給付金、貰えるのなら誰もが嬉しいのですが、まったく所得に影響のない公務員の方にも本当に必要なのでしょうか? とはいえ一日もはやい特効薬や、ワクチンの開発を願うばかりです。
Posted by まごころサービス松江 at 23:44 | まごころの家 こしばら | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
プロフィール

特定非営利活動法人まごころサービス松江センターさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/magokoromatue/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/magokoromatue/index2_0.xml