CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

「クリーン&ウオーク特別回」実施報告

2021年10月10日(日)  本日、お知らせしておりました、まちぴあ主催のボランティア体験プログラム「クリーン&ウオーク特別回」を実施しました。  本来ですと、10月10日のこの日は、まちぴあで実施している年に一度の交流イベント「まちぴあまつり」の開催予定日であったのですが、緊急事態宣言が明けたとはいえ、解除後すぐのタイミングであることと、直前まで施設利用や参集が難しく、  皆さんに協力いただいての準備もできなかったため、今年も思うように実施できない悲しい日でございました。  しかしながら、参集しても各自散会して活動するゴミ拾い系ボランティアであれば、屋外でもあるし、主催する側も参加する側も安心してできるのではないかということで。急遽企画した活動となりました。  個人的には「代替え」という言葉があまり好きではないので。従来ならば11月から開始する冬季ボランティア体験を、一足早く実施するということも併せて、 「特別回」  と銘打って参加者募集をさせて頂きました。えぇ、せめてもの抵抗です。  そんな特別回のクリーン&ウオークですが、今年度は前述の「まちぴあまつり」の他、まちぴあの立地している今泉地域の自治会や子供会の皆さんの行事にお手伝いで、高校生等若い世代の皆さんが関わる「コミュニティボランティア」(以下:コミボラ)も、感染症の影響で夏・秋の行事が中止され、活動機会が激減してしまったこともあり、  コミボラに参加下さっている学生の皆さんにも声をかけ、当ブログを中心とした情報発信の他、宇都宮市の「まちづくり活動応援事業」、宇都宮青年会議所の「宮ringプロジェクト」といったウェブ利用のボランティアマッチングシステムを通じて参加募集をしたことで、  高校生、大学生の若者たちだけでなく、ご家族や会社人、外国人の方など様々な立場・所から19名の参加を集めることができ、小さいですけども世代間交流を実現できたボランティア活動となりました。
PA100015.JPG
(・・・天祐ですが)まさに特別回!  秋晴れのすっきりとした空気の中、意気揚々と地域美化のプチ体験をすることができました。 ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★  さて。集合時間の10:00になりますと、市内外から時間に合わせて皆さん続々と参集下さいまして。まずは、まちぴあよりも広い、お隣の駅東公園に集まりました。
PA100008.JPG
 ここを中心に、東西南北。好きな方角に往復で約1時間(最長で12:00まで)を散策しながら、発見したゴミを回収しながらウオーキングしていきます。  昨年の実績からいうと、大体片道30分で3キロ〜4キロくらいの距離を歩くことになるクリーンウオーク。ゴミ拾いがちょっとした屈伸運動も兼ねる感じで、支給された小さいポリ袋から油断していると、案外次の日筋肉痛になりますなボランティアの開始です。
IMG_0926.JPG
 今回は、駅東公園内の各所から、園外外周の歩道を歩いたり、まちぴあ周辺の除草作業をしたりと近隣散策の皆さんが多かったようですが、中には、
PA100012.JPG
「おかわり下さい」  と、30分もしない間にゴミを回収下さり、2週目をされる熱心ボランティアさんもあったりと、それぞれのやりかたで、皆さんクリーン&ウオークを満喫くださった様子でした。
PA100018.JPG
 燃えるゴミ、空き缶。ペットボトル(・・・特に飲み物系が多かったかな?)とゴミが回収できちゃったのは、喜ぶべき点ではないですが、きれいにできたことは良かったと思います。  皆様、お疲れ様でした。  行楽もってこいな陽気だったので。思いのほか汗ばんだこととも思いますから。間違ってもお風邪を召さないようにお気を付けください。  また、最後になりますが。今活動でまちぴあとしてお伝えしたいことは、ゴミ拾いボランティアをしたからといって、日常的にゴミ拾いができるような聖人君子になりましょうってことではなく、  ゴミを拾うことで、やっぱまずいことだよなポイ捨てってみたいなことを確認してもらって、ゴミはゴミ箱に捨てようという、 「当たり前のことを当たり前にする」  という習慣づけのために行っている活動です。ゴミを捨てちゃう人が少なくなれば、ゴミのポイ捨ても少なくなるということと。「当たり前のことを当たり前にできる人」ってのも、なかなかにイカした存在だよねと。思うところから実施しています。  そんなことで、ボランティアや社会貢献というと、もっと社会的な感じもするかもなので。活動やり込み型の皆さんには物足りないかもしれませんけども。  個人的には全然「当たり前」な人ではないと自覚しているので。この気持ちをご理解いただけたなら、次回以降もぜひご参加下さると幸いです。 ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★  次回は、11月13日(土)10:00〜12:00の実施を予定しています。  今後も、  ◆宇都宮市まちづくり活動応援事業   (※活動ごとに100ポイント付与される、宇都宮市の募集システム)  ◆宮ringプロジェクト   (※LINEを利用した、募集システム。参加ごとに様々な協賛品がゲットできます)  も通じて、皆様にお知らせさせて頂きますので、今ブログやホームページの他、ウェブ経由でのお申込みもよろしくご活用下さい♪ (記事投稿:O)

戻ってきました!?「まちぴあクリーンウオーク」参加者募集

2021年9月26日(日)  多少の増減はあるものの、コロナウイルス感染状況も減少傾向が続いていますね。先日も9月30日以降の方針が議論されたとのニュースもあり。  相変わらず、何かと気遣いをせざるを得ない期間が続くと思われますが、これまで得た感染注意の気持ちと対策を保ちつつ。なるべく元気に過ごして参りましょう。  さて。きたる10月は、まちぴあ(だけではありませんが)でも「まちぴあまつり」をはじめ、イベントやらが賑わしい季節となります。しかしながら、準備期間であるはずの夏からこれまでにかけて、中々思うように動けなかったこと。  また、緊急事態宣言が明けたからといって「じゃあ、そういうことで」と気軽に集まれるかというと、心情的にも環境的にもそぐわないというのは周知のことと思います。  そんなことで、思いつきました。 「イベントが重荷なら、ボランティアをしよう」と。  昨年、ボランティアっていうよりも「運動不足を解消しよう」ということから思い付き、意外に好評だったゴミ拾いボランティア 「クリーン&ウオーク」  を、前倒しで行うこととしました。一瞬みんなで集まりますが、広いスペースでゆとりをもって集まり。その後は、お友達や家族、もちろんお一人でも。好きな少人数単位になって散会し、互いに気を付けながら地域美化をしてみましょう。  10月は、「釜川コケ落とし大作戦」(年度最終回:10月16日予定)も計画しています。ボランティアいっぱいです。無理なく楽しみましょう。  まずは、呼びかける側も集まる側もリハビリということで。クリーン&ウオーク特別回を開催します!! ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★ ボランティア体験プログラム 特別回「クリーン&ウオーク」
cleenwark-tokubetu.jpg
■日 時:2021年10月10日(日)10:00〜12:00       ※実働1時間程度を予定しています。12:00には完全終了。 ■集合場所:宇都宮市まちづくりセンター ■活動地域:駅東公園とその周辺        ※コースは決めません。         公園内や外周など歩きたいところのゴミを回収しましょう。         集まったゴミは、まちぴあで回収し処理します。 ■参加費:無 料 ■持ち物:動きやすい服装、軍手・飲物(任意)      その日の天候を考慮し服装にはご注意下さい。 ■定 員:20名程度 ■その他 ・密防止の人数把握のため、事前に申し込みをお願いします。 ・お好みですが、お友達と連れだっての参加をおススメします。バラバラに清掃しますので。 ・軍手、ゴミ拾い用ミニポリ袋は、まちぴあで準備します。  マイ軍手などの持参も歓迎です。 ・雨天の場合は中止です。個別に連絡はしませんので無理なく各自で判断下さい。  時間になったら開始しますので、ご了承下さい。 ・「宇都宮市まちづくり応援事業」でも発信しております。パソコンやスマホで応援事業に登録し、このボランティアに参加申込みした場合には、当日ポイントを付与できます。(18歳以上の市民が対象)ぜひ、ご利用ください。 ・民間のボランティアマッチングアプリ(LINE)「宮ringプロジェクト」でも情報を掲載しています。こちらからの応募できますので、ご活用下さい。 【問合先】  ・宇都宮市まちづくりセンター(担当:小倉、澤田)    TEL:028-661-2778

コロナに負けるな!団体紹介(34)〜絆翔H・Y(ばんとえいちわい)

2021年1月31日(日)  新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う非常実態宣言が発出して3週間ほどが経過したのでしょうか。栃木県も含めた対象地域の状況は、楽観視はできませんけども、少しずつ減少傾向もみられるようになってきました。  感染防止に注意を払うことで、気ままに過ごし辛いことはありますが、必要な外出の際には自分以外の皆さんのことを踏まえて慎重に行動することがある種の習慣化になるなど、他への配慮・考慮を意識するようになったという意味では、悪いことばかりでもないと思うなど、  少しでもこの期間中に学べたことを、これからに活かしていきたいと思えるようになってきた昨今です。  さて。まちぴあ登録団体の皆さんを紹介する「コロナに負けるな!」ですが、今回は、二人組のよさこいチーム、 「絆翔H・Y」(ばんとえいちわい)  の皆さんをご紹介します。  施設利用や出演イベントの制限・減少など、ダンス、歌、音楽、大道芸など実演をもってその場を盛り上げて下さる活動をされている方たちも、困難な期間が続いておりますが、こんな時だからこそ、コツコツと鍛錬に打ち込むお二人をご紹介させて頂きます。 ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★ 【団体名】  絆翔H・Y 【活動概要】  こちらの皆さんは、2人組のよさこいチームです。よさこいといえば、複数人で一斉に踊る様子を想像しますが、ダンス的といいますか、通常のイメージと一風変わったスタイルでの実演が持ち味です。  歴史上の人物をモチーフにした物語性のある演舞を披露されるなど、創作的なよさこいを県内各地で実演されてきました。各地・・・という中には、まちぴあも入っており、コロナ前に実施された「まちぴあまつり」にも出演希望を下さるなど、とても気さくな雰囲気かつ幻想的な雰囲気で会場を盛り上げて下さいました。
banto.jpg
【感染症の影響と現在】  絆翔さんは、例年お正月に日光市の寺社で「奉納舞」をされているそうで、緊急事態宣言発出前のタイミングであったことから、今年も何とかできたそうです。とはいっても、昨年ほぼ一年続いた自粛ムードの中で、満足に練習に打ち込むことも困難であったそうです。  そんな中での年始の活動を充実させるために、年末の休館期間に入る直前まで、まちぴあでよさこいの練習に励んでおられました。絆翔さんに限らず、何かしらの芸を披露する活動をされている皆さんにとっては、発表の場が減少することによる練習へのモチベ―ジョンの低下や、利用制限のために練習自体ができにくくなるという日々がどうしても続いています。  施設利用が再開されたとしても、時間をなるべく短く、より効率的に練習することで無駄な時間や外出しないといけないタイミングを減らすなど、練習を含めた活動の見直しも行いながら、踊るチャンスを逃さずに、
DSC01602.JPG
 より良い環境を自分たちで作ろうと努力なさっている様子が伝わってきました。  これから少しづつ暖かくなり、雨も降って季節が進むとそれにそってコロナが終息していくことを願うばかりではありますが。早く安心して、演舞を披露でき。制限なくその様子を観覧できる機会が普通に戻ってくることを願ってやみません。  もう少し!と信じながら、負けないで過ごして参りましょう。  絆翔のお二人も、そんな日がやってきた時に存分に舞えるように、できる範囲での鍛錬を続けていらっしゃるとのことでした。 (記事投稿:O)

あそび初め2021〜実施:ルークス「アソビワークショップ」

2021年1月24日(日)  新型コロナウイルス感染拡大の影響により、一番影響を受けたのはお正月そのものだったかもしれませんね。まちぴあでは、例年、スタッフさんが持ってきて下さる門松を玄関に飾り、新年の雰囲気を演出しつつ、
P1240008.JPG
 成人式が終わった20日前後の少し落ち着いたタイミングで、「あそび初め」を実施し、新年の元気と活気を登録団体、地域、ボランティアの皆様と交流することで培い、気持ちを新たにするという感じで過ごしてきました。  その意味において、どーもお正月らしくなかったなぁと思ってしまうあたりが、正しく感染症の影響ということなのでしょう。  これまでのブログでもご紹介したように、お餅つきをはじめとした昔遊びの交流イベント「あそび初め」は、感染症の影響を鑑み、昨年のかなり早い段階で変更実施を予定していました。  12月から、複数の登録団体の皆さんにご助力頂いて「福袋」を手作りし、配布を開始するなど対応してきました。  そんな中で一点課題として残ったのが、イベント実施のために空けておいた研修室利用。どうしようかと思っていたところで、協力を申し出て下さったのが登録団体の「一般社団法人ルークス」さんです。  小学生などを対象にしたIOTデバイスの使い方、スクラッチを利用したプログラミングの教室など、情報化社会に育つ子ども達の教育支援を行っています。 「アソビワークショップ」  という、学んだ技術を応用しながら、新しい遊び(プログラム)を子ども達の発案によってつくる定例活動を、まちぴあを会場に行っておられます。
P1240017.JPG
 そのワークショップの中で、発案されたのがマイクロビットを使った「宝探しゲーム」だそうで、会員の子ども達の中で出来上がったゲームを他の子ども達に伝え、説明し、楽しんでもらう場をつくりたいという団体さんからの相談を頂き、  今回の場を開くこととなりました。  しかしながら当日の1月24日は、緊急事態宣言中でありかつ悪天候。本来であれば、近隣の子ども達に周知をする予定でしたが、できず。ルークスさんのお友達など、連絡の取りあえる皆さんで実施するという縮小版での開催となったのでした。
P1240006.JPG
 ゲームを主催する子ども達は、この日のために色々と試行錯誤を重ねた模様で、プログラミングもマイクロビットも分からない大人(スタッフ)相手に、ゲームの説明をばっちりしてくれました。  頭の中で考えたことを形にし、伝え、体験してもらい、結果が出る。その一連の流れは、プログラミングでも現実でも同じ流れであることを理解する学びになっており、体験した人の反応をみて、次の企画に活かすということも含めて、
P1240013.JPG
 遊びながら学ぶというワークショップの場を体験させてもらいました。  子ども達の頑張りもあり、手作りの宝探しゲームはかなり面白かったです。お友達と一緒にできたらもっと盛り上がったことでしょう。  とても残念ではありましたが、子ども達は自分達以外の人に発信することを学び、また、今回の企画でも改善点があったみたいなので次回の活動に活かしていくことと思います。そんなサイクルを、親の世代の皆さんがそっと支えているルークスさん。  コロナが終息し、まちぴあまつりなどイベントの企画ができた際には、ぜひとも再チャレンジしてもらいたい!!そんなことを願ってやまない機会となりました。

まちぴあぷちまつり報告(4)〜学生達の活躍〜

2020年10月18日(日) まちぴあぷちまつり報告(4)〜学生達の活躍〜  これまで全体の振り返り黄ぶなちゃん復活当日の各場所の動画まとめを掲載してきました。今回の報告part4(ラスト)ではまちぴあぷちまつりのプログラムに協力してくれた学生達の活躍について報告します。  例年センターでは学生達が気軽にボランティアに関われるように団体と交流をする「学生ボランティア交流会」と地域の催事に学生が参加する「コミュニティボランティア」の2つを行っております。その中でもコミュニティボランティアは3つの地域催事に関わっていますが今年はコロナ禍のこともありすべて中止という形になってしまいました。 【参考URL】 ・八坂神社例大祭 神輿渡御及び休憩所手伝い夏の夕べ・盆踊り バルーンアートのプレゼント子ども会連合会 秋祭り 学生達が企画・準備・当日参加(2019年度は中止) puchigakusei.JPG まちぴあぷちまつりで何を行うか会議  その中でセンターができることはないかと担当スタッフと考え始めたのが「ぷちまつり」。9月末時点で周辺にある高校生や過去コミュニティボランティアに参加してくれた専門学生など計7名(当日10名)が会議に参加。新聞紙などを使って子どもたちが喜びそうなことは何か、ルールをどのように決めておくか、整理券の代わりにもなるポイントカードのデザイン案を2時間程度考えました。 puchigakusei2.JPG 当日フォトボード作成  前日準備段階で完成を目指す予定だったフォトボードですが、台風がどのように来るか読めなかったこともあり、当日作成しようという流れになりました。スタッフが事前に準備していたデザイン一覧から学生にこのイラストを大きく印刷してもらいたいといった要望を受けながら綺麗に切って貼るという作業をひたすら行いました。 puchigakusei3.JPG 風船おばけ工作コーナー  こちらも前日準備で作成してフォトボードで一緒に写真を撮ってもらおうと考えていた「風船おばけ工作」。目や口など子ども達が好きなように書いてもらうということを学生がサポートしながら進めていきました。約6〜8人の子どもたちが体験してくれました。元々準備していたのは50セットなので終了後に学生達が頑張って作ってくれました。 puchigakusei4.JPG 和室にて新聞ゲーム体験  細く長くちぎる競争と輪っかを作ってやぶらずにくぐる競争の2つを実施しました。協力してくれた学生達が見本を見せたり、サポートをしながら楽しく遊んでくれていました。 puchigakusei5.JPG 的当てゲーム  何か段ボールなどの的を作って当てるゲームだと子どもたちは楽しいのかという所から、新聞紙でできたボールをスタッフや学生に当てようと変更しました。実際小さなお子さんだと的当てが難しかったり、中々距離が届かないということがあったので学生達が近づいて遊びました。 puchigakusei6.JPG お菓子袋や風船お化けを近くのコミュニティセンターへ  3時間という短い時間ではありましたが15組40名の皆さんにご参加いただいたのはとても嬉しく思います。余ったお菓子や風船お化けはセンター近くの今泉コミュニティセンターへ。来てくれた子どもたちに配ってもらうことにしました。  参加した学生達からは初めてボランティアに参加して楽しかったという声をもらうことができました。コロナ禍の中で、どのように企画を行うか、昨年の台風で実質中止になった「まちぴあまつり」がとても参考になり、学生達が協力してくれたことで館内も賑わいができたように感じました。来年は例年通りの「まちぴあまつり」が開催できることを願います。 (記事作成:小松)

できました♪「まちぴあぷちまつり」♪♪

2020年10月12日(月)  新型コロナ感染症拡大の影響を受け、企画や関係者についても分散などの工夫を凝らしての実施を目指していた、 「まちぴあぷちまつり」  が、10月11日(日)に、まちぴあ全館内を会場に開催できました。離島など台風災害があった地域もありますので、単純に良かったとすることはできませんが、心配された台風の影響も少なく。  無事に楽しい時間を過ごせたことを改めて感謝したいところです。  さて。おまつりのレポート第1弾を更新いたします。まずは、全体の振り返りです。  従来ですと、10月のこの時期は、登録団体の皆様にお声がけをし、20ほどの団体の皆様に出展・協力を頂きながら「まちぴあまつり」を開催しています。が、子どもからシニアの皆さんまで多世代が集まり、飲食をはじめとした大交流会を催していたわけですが、  今年はそうはいかず。かといって、人との交流を全くなくした形での開催は、やる方にも参加する方にも、なかなか充実感を味わってもらうことは難しいことから。限定的になってしまうものの何とか現場でのイベント開催も含めた形での交流事業が出来ないかと、  事務局で音頭をとらせて頂きながら、材料提供や一堂に会さない分散型参加企画も含めた「ぷちまつり」を企画し、実施の運びとなったのです。  そんな中で、まつりの中心である現地版のまつりを行ったのが、10月11日でした。  今回のおまつりは、主な参加対象を小学校低学年くらいまでのお子さんとし、現地で協力下さるボランティアの皆さんも高校生を中心とした若い皆さんと世代を分けてご参加頂く形で行いました。  換気、消毒、体温等体調管理を徹底するために、新聞紙を使った工作遊びの会場を、まちぴあ館内において比較的スペースの取れる1階及び2階の研修室と、1階の和室に分散する形で行いました。  1階では、新聞紙を使った競技系工作遊びと、登録団体「おしゃべり交流会」さんが担当下さった、らくがき遊びが展開されました。
IMG_1984.JPG
 工作遊びは、「一枚の新聞をどれだけ長くつなげてきれるか!?」や「一枚の新聞をくりぬいて、破らずにくぐれるか!?」といった内容の競技を高校生達が企画してくれ、
IMG_1986.jpg
 当日は、たくさんの子どもたちに寄り添いながら遊んでくれました。  いい感じの競技名が欲しかったところですが、競い合いの効果は絶大で。パパさん・ママさんたちと一緒になって、子どもたちも楽しんでくれた様子でした。
DSC01048.JPG
 お隣のミーティングルームAを会場に行われた「らくがき遊び」は、普段禁じられている!?落書きを思う存分やって下さい!というコーナーです。
PA110013.JPG
 大き目な紙や巨大なキャンバスを手作りし、小さな画伯たちがいっぱい作品を作ってくれました。らくがきだからそのまま放置・・・とも思っていましたが、記念にお持ち帰りのご家族も続出し、予想外の展開もありましたね♪  2階の会場では、距離をとって遊べる系の体験コーナーを行いました。  新聞紙で作ったボールでの「まとあて」と、ステッキ状にした新聞紙と風船で、風船を落とさないで動き回る「バランスゲーム」を行いました。
PA110043.JPG
 子どもたちがなるべく遊び回れるように、広いスペースを確保したり、距離をとって遊べる内容を用意しまして。  高校生のお兄さんたちが、無尽蔵のスタミナを有する子どもたちを相手に大いに遊んでくれました。こちらは多少動きのある盛り上がりを提供してくれましたね♪
DSC01070.JPG
 こうした体験の最後には、イベントにこれなかった施設利用団体の子どもたちが、ハロウィン期間中に楽しめるようにと作成した「フォトブース」と、遊んでくれた子どもたちにプレゼントするお菓子の配布がありまして。  一連の体験系まつりが賑々しく行われたのでした。人数規模的には15組40名ほどの皆さんが遊びにきてくれました。例年よりも限られた規模となりましたが、  子どもたちの元気な声が、ほぼ響き渡った日中。台風一過も合わさって、秋らしい清々しさのもと楽しい時間が過ごせたのでした。  来場下さった皆さんも、滞留しそうなコーナーを避け合って遊んでくれたり、マスクをつける世代の皆さんはちゃんとマスクをしてくれて。各コーナーに設けた消毒もちゃんとして。遊んで下さいました。  お互いがお互いのことを思いやる気持ちで、無事にできた今年のまちぴあまつり。「ぷち」でしたが、充足感や賑わいは例年通りのひと時となりました♪  ・・・次回以降は、当日ボランティアで協力下さった学生さんたちの活躍や、分散型企画で現場にいなくても協力下さった皆さんについて、御礼も兼ねてご紹介していきますね。 (事務局:O)

「まちぴあぷちまつり」は、屋内のみでの実施となります。

2020年10月8日(水)  コロナ下における開催となった今年の「まちぴあまつり」。  本来であれば、登録団体を中心とした、日頃まちぴあをご利用下さっている皆さんが一堂に会し、年に一回の交流と親睦、情報交換を含めた集いとして賑々しく開催しているところでございますが、新しい生活習慣を取り入れ、工夫を凝らしての開催を目指すべく、 「まちぴあぷちまつり」
putimaturi.jpg
 と題して、今年は、まちぴあ事業の関連でボランティア協力を希望下さっている高校生はじめの若い皆さんと、利用団体のお子さんや近所の子どもたちを対象に、  工作や距離を取っての手作りアトラクションで遊ぼうという形に変えて実施を計画しているところです。  本来の形ができないのは大変悔しいところでございますが、宇都宮市においても「宮っこフェスタ」など、この時期の季節を彩る祭典も、動画投稿等の工夫を凝らしての実施を目指していることも、  コロナに負けないを市全体で表現する意味でも大切なことかなと思っています。  ・・・しかしながら、次なる天災である台風が迫っているとの一報があり。なんともはやというところでございます。
taihuu.JPG
 まつり開催については、当日楽しめる工作遊びがありつつ、子どもたちが分散して楽しめる、お菓子プレゼントやフォトブースの設置なども予定していましたので。  とりあえず、イベントとしては中止することなく、まずは屋内開催を基本線に準備を進めて参ります。  これに伴い、一部の遊び内容が変更になることありますし、3密等防止のため交通整理をさせて頂くこともあるかと思いますが、プチっとだったとしても楽しいハロウィンを、皆さんで満喫できるように。  まだまだ、予断は許されませんが・・・。  台風さんがすんなりと通過して下さることを祈っております。 (事務局:O)

令和2年度第1回「まちぴあ(ぷち)まつり実行委員会」(兼 第2回役員会)実施報告

2020年9月28日(火)  例年、登録団体の皆様や様々な世代の地域の皆様との交流と親睦を目的にした「まちぴあまつり」を、イベントに関わる参加団体や、まちぴあで組織している登録団体を中心とした利用者協議会が協力して行っていますが、  今年は、新型コロナウイルスの影響により、多世代の不特定多数の皆さんに集まって頂くという、従来の醍醐味が発揮できない状況が続いております。  そんな中ではありますが、「だからやらなくていいじゃないか」となってしまうと、コロナ下での企画立案のチャンスも逃すという何重ものマイナスを生じさせるだけになってしまうということで、感染症防止に配慮したできる限りの対策を講じつつ、  規模縮小ではなく、臨機応変に対応したイベントとして、 「まちぴあぷちまつり」  の開催を企画してから、早いもので後2週間弱で本番の10月11日を迎えるというところまでやってきました。  今回のおまつりは、遊びに来てもらう対象を小学校低学年くらいまでの子どもと、同伴されるご家族に絞りつつ、対応するメンバーも高校生を中心とした若いメンバーに協力を呼び掛け、事務局主導で調整できる形として進めています。  先日も、まつりの分散型企画である「黄ぶなちゃんメッセージボード」を開始し、来館者を中心にもうすぐ復活♪というところまで、黄ぶなちゃんが出来上がってきていたりと、催し実施にむけて静かではありますが進捗を続けています。  そんな、まちぴあぷちまつりの本体である、11日のまちぴあ全館を開放しての、工作や外遊びをメインにした、体験まつりを行うにあたり、9月27日(日)に、企画にボランティアとして協力を申し出てくれた高校生など若者の皆さんと事務局、10名で実行委員会を行いました。
P9270002.JPG
 議案の中心は「何をやるか?」  ・・・おまつりの概要としては、利用者の皆さんに回収の声掛けをさせてもらっている新聞紙を使って、チャンバラや的あて、らくがき遊びなどのさわぎ系催しと、季節的にせっかくなので、ハロウィンをテーマにしたフォトボードの設置や、帰って食べられるお菓子の配布などを説明し、ここに加える形で、高校生たちのアイデアを寄せてもらいました。  アイデアとしては、「ゲーム感覚で競い合えるもの」をということで、新聞紙をわっか状に切ったもので、切らずに通せるか?や、びろーーんと長く切れるかなど、簡単にできるゲームが提案されました。
P9270005.JPG
 簡単にできるものなので、「そんなもんで楽しいのか?」と疑問を持ちつつも。実際に作ってみて、時間制限を設けたら意外に大人でも熱くなることが判明したりと、学生たちのアイデアがそのまま生かされる可能性大の実行委員会となりました。  分散型企画の目玉でもあるフォトボードについては、ハロウィンを模したボードの作成に加え、バルーンのカボチャやおばけもあしらって彩り添えよう!などなど、案が持ち上がり、 「ぷち」
P9270007.JPG
 とはいいつつ、中々楽しそうなイベントになりそうな予感となってきました。  今回のぷちまつりは、いろいろと制限や見通しが難しい中での開催なりますが、まず第一は「現地でやってみる」ことに主眼を置いています。こうした、取り組み自体を発信することで、こうしたイベント情報に接した方が、また違った工夫で、何かしらの催事を考える元にもなればとの想いもこめて行っています。  今年度の現地集会は、集まる世代や人数を調整したりすることによって、直接顔を合わせなくても協力下さる形も模索してます。主催でもある役員会の皆さんには、個人・または団体のSNSでの情報拡散や、新聞紙など回収への協力など、  離れている中での様々な形でのご協力によって、ぷちまつりが形になりつつあります。  本当にありがたい限りです。ぜひ、近所近在の子ども達には、せっかくのハロウィンを楽しんでもらえればと思います。  そんなことで、学生をはじめ、陰ひなたにご協力下さっている皆様。10月11日のぷちまつりをどうぞよろしくお願い致します♪

コロナに負けるな!団体紹介(23)〜栃木県健康管理士会

2020年9月28日(火)  新型コロナウイルスの感染拡大とその防止のための対策は、私たちの日常生活に様々な影響を及ぼしています。特に個人個人の健康・体調面については、従来の生活習慣を変化させることで、  いろいろな部分での「ちょっといつもと違う」が重なってくることで、少なからずストレスを感じることも多いでしょう。また、溜まったストレスを吐き出す方法も、少し違うことで、中々自分のスタイルを見つけるのに苦労されている方もあるかもしれません。  さて、今回ご紹介させて頂く団体さんは、「栃木県健康管理士会」さんです。  健康管理士は、生活習慣病や疾病、老化に伴う生活困難などを日常生活の管理することで、これらの予防・改善する指導員の方をいいます。予防医学に基づき、健康科学を幅広く学習し、得た知識によって生活習慣に対する助言を行う方々です。  栃木県健康管理士会さんは、有資格者の方を中心に、健康促進、病気予防など医療とは違った側面から様々な情報を伝え、アドバイスする活動を行っています。 ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★ 【団体名】  栃木県健康管理士会 【活動概要】  団体は、有資格者の方を含めた健康維持、促進に関心のある市民の方々で組織されている活動団体です。県内各地の自治体や老人会などの地域組織、学校などからの依頼に応え、老若男女に関わらず、人々の健康に役立つお話しやアドバイスを行っています。  講演やアドバイスは有資格者の方が行い、集会やイベントに向けた準備を皆さんで協力して取り組まれています。  まちぴあオフィス(貸し事務所スペース)にも入居下さっており、「まちぴあまつり」等のイベントにも積極的に協力下さっています。
キャプチャ.JPG
【活動の現状】  新型コロナウイルス感染拡大の影響で、健康管理士会さんの活動もかなりな部分に変更や中止があったそうです。「まちぴあまつり」をはじめイベントも縮小・中止になり、集会型の講演・セミナー活動も感染防止の観点から中止が相次ぎました。  感染が爆発的ではなくても続いている栃木県内において、ウイルスとの共生を目指しつつも、人が集まる場である施設側が慎重にならざるを得ないのは仕方のないことだと理解し、健康に関わる情報や知見を蓄える時間に充てているそうです。  食事・運動といった生活習慣の改善から健康面の維持管理の大切さを伝える皆さんは、生活習慣の乱れによる健康不安を懸念されているとことです。生活習慣の改善とよい習慣の維持は、自分が自分のために行うことですが、  何のために健康を保つのか、自分なりの目標を設定し、その目標を達成するために日々努力を重ねられる人は意外に少なく。今回の新しい生活習慣のように、半ば強制的に生活習慣が変わってしまった場合には、中々軌道修正できない方も多いそうです。  そこで現在は、「自分の健康は自分で守る」ということを自身のSNSなどで発信することに注力しています。朝の散歩の気持ち良さや、健康に役立つ情報を自分の身近なところから発信することで、 「自分もやってみようかな」  と、思えるようなきっかけ情報として発信し続けています。先日も、ミヤラジ(地元もりあげ隊)にもご出演され、自己免疫をはじめ、生活習慣の改善の大切さとコツをお話しされていました。  最終的には、やっぱりその方個人の頑張る!力と気持ちが大切なわけですが、そんな頑張りを少しでも長続きさせ、また「日常」にすることで、健康維持に役立ててもらおうと活動されているとのことでした。 【追 伸】  ※団体名の部分に、健康管理士会(代表さん)が更新しているブログとリンクしました。   ご興味のある方は、ぜひご参照下さい。 (事務局:O)

今年は「ぷちまつり」を開催します!

2020年9月2日(水)  9月に入り、暑い時間帯もありますが、か雨も多くなり、さすがに気温も少し落ちつた感がありますね。  その分、台風の影響が心配される季節になったということで、今年の秋は新型コロナウイルス感染拡大の問題に加え、何かを気を付けないといけない事柄が多そうですが、何とか9月、10月そして年末へとすすんでいきたいところです。  さて。例年この初秋の季節になりますと、利用者協議会の皆さんをはじめとした登録団体の皆様にもご協力・ご出展頂き「まちぴあまつり」を開催しています。  ・・・が、今年は感染症のこともあり、「多世代の皆さんが集まって」「飲食も含めた楽しいおまつり」という、当たり前のイベントの姿を実現することが困難となりました。そもそも、できるのかどうなのかも不透明な時間があり、  関心のある皆様からは、どうなったとのお声も頂戴しているところでございます。こんな小さな催事を楽しみにして下さっているということは、とてもありがたいことです。  そんなお声に完璧に答えるわけではありませんが、今年の「まちぴあまつり」のお知らせを致します。  感染症の問題が発生してから、新しい生活習慣が提唱され、新習慣にもとづきながら、皆さんの日常生活が取り戻されている最中でありますが、各団体の皆さんにお話しを聞いても、気持ちの面でも世情的にもなかなか足並みがが揃わない実情があるそうです。  そんな折でもありますので、今年のまつりは、前向きにとらえた縮小版として 「まちぴあぷちまつり」
putimaturi.jpg
 を企画しました。今年は、特に臨機応変な対応と、3密防止などイベントに関わる面々にしっかりとした連絡事項を徹底しないといけないこともあり、まちぴあ事務局を中心に開催を計画しています。  イベントの内容としては、小学校低学年くらいまでの子ども達を対象にした、工作遊びのイベントです。施設内外の広いスペースで存分に遊んでもらえるように考えています。  季節柄もありますので、ハロウィンをモチーフにし、子ども達の相手をしてくれるのは、当センターで行っている「ボランティア体験プログラム」に参加下さっている高校生など若い世代の皆さんです。  従来の多世代交流とはいきませんが、子ども達と学生達がわずかな時間であっても、遊びあえる空間を作ろう。それが、今年の「ぷちまつり」となります。  そんなことで、当日は、少し限られたイベントになってしまいますが、シニア世代をはじめとした団体の皆さんのお力もぜひ協力頂きたいのです。  ハロウィンと同じく、工作の素材にした「新聞紙」。チャンバラあそびや的あて、大きな工作など新聞紙を存分に使って盛大に催したいと思っているのですが、ここで難問。
P9020002.JPG
 材料となる新聞紙をたくさん欲しいのです。そんなことで、まちぴあ利用者及び登録団体の皆様には、ぜひともこの材料・新聞紙回収にご協力下さい。皆さんのご協力を得て、地域の子ども達がより楽しく遊べる場を一緒に作って頂けたらと思います。  また、今回の「ぷちまつり」は、規模的には縮小しますが、複数の分散型企画も考案中です。こちらは世代を問わず、当日以外にまちぴあに来所しただけで関われる内容を予定しています。近日中にこちらの分散型企画も随時お知らせしていきますので、  今年の「まちぴあまつり」もよろしくお願い致します! (事務局:O)

コロナに負けるな!団体紹介(20)〜 遊布の会

2020年8月29日(土)  ・・・残暑ってこんなに暑かったっけ??と思うほど、暑い日がまだまだ続いている昨今ですね。コロナウイルス感染防止の対策はもちろんですが、熱中症にも注意して・・・と、いろいろなものとの共存が必要になっているなと思うところです。 「残」という意味であれば、食品のロスを少なくし、循環型社会や福祉、子ども達の生活支援へとつなぐフードバンク活動のように、この暑さも何かに活かせないものかと切に思ってしまいます。  さて。更新者は少し暑さやらに負け気味ですが、まちぴあ登録団体の皆さんは相変わらず元気な姿を見せてくれています。そうした皆さんの様子を見るだけでも、自分も頑張ろう!と思わせてくれますね。  今回紹介させていただく活動団体さんは、ご家庭で使わなくなった布材や洋服のボタン、チャックなどを再利用するリサイクル手芸をされている「遊布の会」(ゆうふのかい)の皆さんです! ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★ 【団体名】  遊布の会 【活動紹介】  遊布の会さんは、宇都宮市内において、ご家庭で使わなくなった布材や、着なくなった洋服などを集め、布材だけでなく、ボタンやチャックなどの部品も分解しながら再活用して、ステキな手作りリサイクル小物を作成している団体です。  手芸が得意!好き!な皆さんが集まり、長年にわたって創作活動を行っておられます。主婦層の皆さんなど家事で鍛え上げられた手芸技術に磨きをかけて、仲間同士集まり情報交換をしながら、ポーチや小物入れなどのステキな作品を年間通して創作されています。
DSC07120.JPG
 こうしてできた作品は、市内の福祉施設に寄贈する他、「まちぴあまつり」や緑化を目的にした環境系イベントに出展して販売し、都市緑化を推進する活動団体へ寄付するなどの活動として継続されています。 【感染症拡大の影響】  新型コロナウイルス感染拡大の影響は、遊布の会の皆さんにも大きな影響を及ぼしました。まずは、外出禁止に練習会場として活用していた集会場の閉鎖など、定例会を行うこと自体が困難になりました。  さらには、現在も続くイベント自粛の影響により、せっかく作成した作品たちを市民の皆様に披露し、販売する機会もなくなってしまいました。そうしたことで、創作意欲があっても見せるところが・・・という辛い期間もあったそうです。創作自体は、定例会がなかったとしても各個人宅でできるので、コツコツと再開の機会を待っておられた皆さん。  5月以降は施設の利用が再開され、まずは定例会を再開してみよう!とメンバーが集まっての創作が始まりました。 【これからの活動】  先日、遊布の会の皆さんがご来所されて、新たなリサイクル作品を作っておられました。昨今、有料化で話題になった「エコバック」を使わなくなった傘を分解してつくる、リサイクル&美しい手作りエコバックです。
CIMG5875.JPG
 この創作は、手作りマスクに続き、市内で活動している手芸グループの中でもかなり盛り上がっている作品だそうです。まちぴあからも何故か引き取り手がなくなって長年?たってしまった傘を活用頂き、ステキなバックに復活させてもらいました。もともと風雨に耐えられる丈夫な素材を活用して作るエコバック。まさに、エコなバックですね!!
P8210006.JPG
 こうした、新しい作品づくりをスタートさせることで、寄贈や販売のチャンスが巡ってきた時にすぐさま対応できるよう整える活動を行っている。遊布の会の皆さんの「これから」を見据えた姿に、また大きな勇気をもらったところです。 ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★  登録団体の皆様に活用頂いている「ミーティングルーム」は、空いていればその日に来て使うことのできる、少し小さめのお部屋です。宇都宮市といっても広大な区域ですので、各地域で活動されている皆さんには、まだまだご存じない方もあるかもしれませんが、  コロナウイルス感染拡大の影響で、「先々の予定を立てること自体が困難」となってしまった皆さんにとっては、意外に使い勝手の良いお部屋なのかもしれません。遊布の会さんに限らず、ぜひ多くの団体の皆様にご活用頂きたいです。  さて。エコバックにある「エコ」。とても大切なことかと思います。昨今は、全世界的な通念としてSDGsが提唱され、リサイクルも含まれる循環型社会、持続的な資源活用は知とても重要な観点となっています。今回、遊布の会の皆さんの活動を紹介させてもらったことで、ある人にとってみれば不要となったものを活用できる皆さんもいて、そんな皆さんの活躍が広まれば、よりよい循環型社会が描けると思った一方で、  こうした皆さんがいてくれるんだから、どんどんものを使い、忘れても買えばいい。いらないから持ってくれば何とかしてくれるとなってしまうことは、残念な広がり方かと思います。遊布の会さんをはじめ、リサイクル団体の皆さんからは、 「プレゼントや販売につながっていくものなので、なるべくキレイな材料を探しています」とお聞きします。  そうなんですよね。やっぱりそこには、使っていた方、材料を提供する側にも「プレゼントする」ような気持ちが大切です。提供する側もされる側も大切なのは「心」。そんな心が育まれる中でのリサイクル活動が、メンバーの皆さんの楽しみとともに継続されることを希望します。 (事務局:О)

令和2年度まちぴあ利用者協議会全体会議 実施方法変更のお知らせ

2020年5月30日(土)  コロナの感染状況が日々変化している一方で、外出緩和等コロナとともに過ごす生活スタイルが試みられるなど、今後に向けた取り組みが進んでおります。  季節も初夏から梅雨時期へと移ろうとしております。6月からは栃木県内の小学校をはじめとした教育機関が再開される予定でいるなど、さらに生活環境が変わっていくと思われます。  気候の変化も含め、変わっていく環境に伴走するだけでも、日々知らず知らずの内に疲れをためてしまうかもしれません。無理をせず、でも、歩みを止めないで着実に進んでいきたいところですね。  さて、日頃より、登録団体の皆様をはじめ、市内を中心にご利用下さっている市民の皆様のご協力により、コロナ下であっても何とか平常通りの施設運営をさせていただいている、まちぴあでございます。  特に、外出規制が行われていた期間中におきましては、施設の利用はできなくなったとしても、「コロナに負けるな!団体紹介」をはじめ、活動団体の皆様からの情報をもとに、まちぴあ発の情報発信を継続することができました。  これもひとえに、コロナに負けないように様々なタイミングを見て、地域での活動を模索している皆様のおかげと思います。そんな皆様の微力ながらも応援を今後もしていきたいと思っています。 ★★★★  ★★★★  ★★★★  まちぴあでは、研修室等施設利用を希望下さった団体の皆様には、団体登録の手続きをお願いしております。そんな登録団体の皆様に、登録と同時に加入して頂いているのが、「まちぴあ利用者協議会」です。  この協議会は、まちぴあ主催事業や利用方法など運営に関わる部分について、協議会の中心を務めてもらっている役員団体(10団体)の皆様を中心にご意見を頂き、事業運営に利用者の皆様の声を活かす組織として行っています。 「まちぴあまつり」をはじめとした主催事業への参加・協力や、すっかり習慣づけて頂けるようになった年度報告書の導入など、この協議会を基礎として実施させて頂いています。  令和2年度も、6月6日(土)にまちぴあ研修室を会場に、まちぴあの今年度・前年度の事業号哭や団体同士の交流・情報交換を目的にした「全体会議」を催す流れでおりました。全体会議への参加、委任を含め、皆様からの意思表示も着々と集計し、会議開催に向けて準備しておりましたが、  6月上旬の開催であり、過密等感染症防止の観点からも皆様にお集まりいただく従来の会議実施は見送ることとさせていただき、資料送付でのご報告とさせて頂きます。  会議開催に加え、今年度は、「まちぴあまつり」をはじめとした集会・交流系の事業実施につきても、規模縮小や実施方法の変更など今後、変化が予想される環境に合わせて臨機応変に対応することも求められることから、事務局主導で事業展開を模索させて頂こうと思っております。  この中で、ご協力頂ける団体の皆様にお声がけをさせて頂き、一つでも多くの活動機会を確保していきたいと思っております。ぜひ、ご理解とご協力をお願い致します。  ちなみに、開催予定であった会議については、114団体の皆様から委任を頂いております。現在の全登録団体が192団体でありますので、会議開催に関わる定足数(全体の4分の1)は満たすことができております。こうした、実施変更の対応もとらせて頂けるのも、皆様のご協力のたまものと存じます。 (事務局:O) 

コロナに負けるな!団体紹介(5)〜NPO法人デックタイグループ

2020年5月16日(土)  栃木県内における各業種における営業再開等、コロナウィルス感染防止に配慮しつつの動きが進んでおります。日々、進展していく環境の中で、焦らずに油断せず、少しずつ前進していきたいところですね。  さて。今回の「コロナに負けるな!団体紹介」では、在日タイ人の皆さんを支援している、登録団体でもあり、まちぴあオフィス入居団体でもある 「NPO法人デックタイグループ」の皆さんをご紹介させて頂きます。  デックタイグループさんにつきましては、昨年度(令和元年)は、まちぴあ主催のシニア向け講座やイベントなどで大変お世話になりました。
CIMG5387.JPG
 いつも笑顔を忘れない、ステキな活動団体さんです。改めての部分も多いかもしれませんが、お話しをお伺いしましたので更新致します。 ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★ 【団体名】  NPO法人デックタイグループ ★団体の紹介★  デックタイグループは、仕事や様々な理由で日本で暮らすことになった在日タイ人の方々を支援しているNPO法人です。当事者の方や仕事でタイを訪れた経験をもった日本人の方などが中心となって組織され、運営されています。  まちぴあでは、在日タイ人や日本で育った子ども達を対象にした語学学習会を定期的に実施されています。また、「まちぴあまつり」をはじめとした交流イベントにも積極的に参加して、市民の皆さんとの交流を深めている他、こうしたイベントを行うことによってタイ人の皆さんも地域出る機会を作られています。  また、栃木県内外における「移動大使館」に協力し、各地で生活す在日タイ人の皆さんの行政手続き、生活支援等の活動も行っています。 ★現 状★  通常であれば、東京も含めた他地域のイベントにも参加し、積極的な活動を行っているはずだったのですが、イベントについては多くが中止となり、外出自粛が緩和されつつある昨今ですが、宇都宮市に限らず県内各地および県外からの問い合わせもあることから、現在は集会形式の活動を見送っておられます。環境の変化に応じて順次再開できるよう、準備をされているとのことでした。  そんな中においても、事務局を務める皆さんは、定期的に事務所に訪れたり、ご自宅でホームページを中心とした情報発信を定期的に続けておられるとのことです。元来、面談対応でなかった電話相談窓口の運営もしていることから、密集、密接を極力さける体制を続けながら対応に当たっておられます。  栃木県や、宇都宮市の国際交流協会とも連携し、タイ人の方を含めた外国人支援のための情報発信・拡散に協力し、注意喚起や不安解消に少しでも寄与するための活動を続けておられます。 ★参 考★  栃木県に住む外国人のための新型コロナウイルス 相談ホットライン  コロナウイルスに限らず、災害等が起きるとどうしても立場の弱い方や社会的ハンデを抱えている方々にその波が大きく押し寄せることとなります。  昨今、日本国内でも偏見・差別の問題が顕著化しているという問題もありますが、そんな時こそ冷静な対応が求められると思います。
DSC07273.JPG
 デックタイの皆さんの活動は、こうした外国人の方々を支え、また今の現状を乗り越えた先にある、より一歩進んだ共生社会の実現に寄与されていると感じ入った次第です。 【連絡先】  ・NPO法人デックタイグループ    TEL:090-7720-7575    メール:dekthaigroupnpo@yahoo.co.jp

新春恒例!「あそび初め2020」実施報告(1)

2020年1月28日(火)  1月26日(日)に、今年で8回目となる、まちぴあ主催の世代間交流イベント「あそび初め」が、まちぴあの施設内外全てを使って行われました。  この時期恒例!といっていいでしょう!!  お正月の雰囲気を残しつつ、シニア世代をはじめとした登録団体の皆さんが、ふくわらい、カルタ、竹馬、けん玉などの昔遊びのホスト役となって、地域の子どもたちやそのご家族の皆さんと一緒に楽しみます。  特に今年は、昨年秋に予定した「まちぴあまつり」や子ども会連合会のお祭りで実施予定だった出し物が、雨の影響で提供できず。あそび初めでの披露を心待ちにしていたこともあって。  晴れろ晴れろとの念願叶って、無事に開催できました。  来館者数は350名とのことでしたが、それ以上にも感じる熱気と賑わいがありましたね。そんな賑わいと子どもたちの歓声を生み出してくれたのは、総勢21団体もの協力団体の皆様です。  中には、来場者として遊びに来つつも、お知り合いの団体さんのお手伝いや、てんてこまいになりそうなスタッフのサポートをそっと支えて下さる登録団体関係者の皆さんもあって、数値にならない部分でも大いに皆さんのご協力を頂いて実施できました。  その成果もあって、特に内容盛りだくさん♪の今年の「あそび初め」。まずは全体的な振り返りからご報告致します。 ★★★ ★★★ ★★★ ★★★  あそび初めは、まちぴあの屋外駐車場(主に南側)と、建物全館を活用して行われました。まず、開催に先立ち行われたオープニングセレモニーでは、今泉・峰地域のお囃子団体「小松東雲流駅東お囃子会」さんのお囃子演奏から始まります!
IMG_0525.JPG
 正しく景気づけ!縁起物のししまいが今年も登場し、無病息災を願って子どもたちの賑わいが、新年・新春を思わせる演奏とともに膨らんでいきました。  屋外では、地域の皆さん、団体の皆さん、そんな「みんな」が集まると欠かせないある種の主役、
DSC09940.JPG
「お餅つき」  が、スタートしていきます。今年も、お餅つきを主に担当下さったのは、今泉自治会の皆さんです。お餅つきに欠かせないもち米は、近在の保育園「バンビー二ゆめ」の園児さんと皆さんが丹精込めて作られたもち米を提供頂きまして、  今回の盛大な振る舞いをすることができました。リズミカルにぺったんぺったんされるお餅。子ども達の体験コーナーも設けられ、楽しみながら美味しいお餅を楽しんでもらいました。  屋外では、「竹馬」「ベーゴマ」「羽根つき」に加え、自宅にある牛乳パックで作れる竹馬「ぽっくり」の工作体験や、地元・白楊高校をはじめとした高校生たちの「スライムづくり」やゲームコーナーなどがところ狭しと行われました。
DSC09963.JPG
 館内に目を戻すと、1階では、カルタ、ふくわらい、お手玉といった遊びコーナーや、国際交流団体「デックタイグループ」さんが担当下さった工作コーナー、児童対象の芸術振興活動を行っている「MOAインターナショナル」の皆さんが担当下さった、生け花体験コーナーなどが各所で行われました。  今年の館内1階の目玉企画としては、そりゃ皆さんのおかげをもって、みんな目玉ではありますけども。特出させていただくと、和室(研修室C)で公演されたおはなし会、
IMG_0572.JPG
「はらぺこあおむし」  ですね。こちらは、「読み聞かせボランティア・ほほえみ」の皆さんが担当下さり、30分ほどの公演を2回行って下さいました。  未就園児〜幼稚園・保育園くらいまでのお子さんとその家族さんたちが、2回とも30名の定員いっぱい集まって下さいました。
IMG_0576.JPG
 ほほえみさん流のはらぺこあおむしは、大型絵本の読み聞かせとともに、チョウチョさんになりたい子どもたちがあおむしからチョウチョになれる体験あそびも合わせたスペシャル版です。おはなし会では、たくさんの可愛いチョウチョさんがいっぱいになりました♪♪  一方、2階の会場では、けん玉遊びに加え、だがし、ポップコーン、わたがし、バルーンアートの販売が行われました。
DSC09898.JPG
 遊びながら、お菓子を少し食べるのも、子ども達は大好きですよね。こちらにもたくさんの子どもたちが遊びに来てくれて、大変な賑わいとなりました♪  ・・・この他にも、希望者を対象に着付けもあり、華麗な着物姿の皆さんもイベントに彩りを添えてくれました。  本当に、内容盛りだくさんでありまして。とても一回の更新では語りつくせません。今後数回に渡って、各コーナーで活躍下さった団体の皆様の様子をお伝えしていきますので、更新をお楽しみに!♪  最後に、今年の「あそび初め」に関わって下さった皆様に、改めて御礼申し上げます。このような盛大な集会を恒例行事として、例年通り開催でき、さらにはより盛り上げて下さったことについて、、、ありがとうございました!!! (記事投稿:小倉)

大掃除後の交流会にて

2019年12月13日(金) 「元気な人が集まると、まわりの人にも元気が伝わる」  そんな想いを新たにさせてくれた交流会が、12月13日の日中に行われた、まちぴあ大掃除に後に行いました。  この交流会には、18名の皆さんが集まって下さり、和気あいあいとお話を楽しんだり、情報交換をして下さいました。  今年は台風の影響もあり、雨もあり。10月以降のまちぴあ催事にも大きな影響がありました。「まちぴあまつり」をはじめ、地元・今泉自治会及び子ども会連合会とのコラボイベントも中止になってしまいました。
IMG_0688.JPG
 大掃除や今交流会は、まつりなどを支えて下さっている「利用者協議会」の年間活動としても予定しているものではありますが、前述のスケジュール変更により、こうした交流の場を設けることが中々かなわない中にあって、やっと予定通り実施できた交流会でありました。  交流会には、協議会の役員団体をつとめて下さっている「デックタイグループ」の皆様や、まつりに出展予定だったオフィス入居団体「日本技術士会」さんなど、協議会及び実行委員会にもご参加下さっている皆さんの参加もあり、  そういった意味でも開催できなかった、まつりの反省会及び役員会を兼ねた交流会にもなりました。  まちぴあ事務局からは、本日のご協力だけでなく、本年の皆さんのご活躍を顧みながらも新年1月26日に開催を予定している 「あそび初め2020」  の実施アナウンスもさせてもらいました。期せずしてですが、前述のデックタイさんにも館内で行う工作遊びを担当頂いたり、地域のイベントでお披露目できなかった高校生たちの出展(スライムづくり)もあるなど、  10月〜11月にかけて発揮しきれなかったアイデアを少しでも吸収した形で行うこともお話することができまして。 「来年(2021年)は、自分達も子どもたちの相手ができるように見学にこよう」  と、新たなモチベーションにして下さる皆さんもあって。色々な意味で元気をもらい、そして来年もいい年にしようと思える交流会となりました。  本当に団体の皆様からは、いろいろなご協力に加え、何よりも元気を頂いています。そのことを改めて実感し、来年も頑張って参ります。 (記事投稿:小倉)

ブロンズ世代から始めるアクティブライフ「タイを知ろう」開催報告

IMG_0542-1.jpg
2019年10月26日(土)、まちぴあセカンドライフ応援講座の第6回、「在日タイ人&タイ通が教える衣・食・住アレコレ『タイを知ろう』」を開催しました。 この企画は定年退職間近・退職されたばかりの方などを「ブロンズ世代」と題し、第2の人生についてのビジョンを考えてもらう機会とします。 今年度のテーマは、『微笑みの国』タイ。 まちぴあ貸しオフィス入居団体「NPO法人デックタイグループ」全面協力のもと、理事長ラタナポン タナノン氏を始め、グループの方に講師をお願いし、タイの魅力を紹介しました。50代〜60代の方を中心に、13名の方が参加してくださいました。 講座の中では、タイへの旅行経験談、駐在員夫人の体験談、現地のカルチャースクールで資格取得を目指すための渡航手続きやロングステイの体験談など具体的に「タイの生活」を紹介。
CIMG5571-0.jpg
英語での会話はどこまで通用するか、暑い国なのに鍋物をよく食す理由(気候柄、食中毒予防のために生ものは食べず、火を入れる習慣があるそうです)、ホテルの形態と相場など、通常のガイドブックではあまり掲載されていない話題満載でした。 また講座の途中ではデックタイグループメンバーの方々が調理したタイ焼きそば「パッタイ」 を参加者全員で試食させていただき本場の味を堪能。(開催中止した、まちぴあまつりで販売する予定でした。多くの方に食していただきたかったのですが…残念)
IMG_0533-3.jpg
○×クイズ「タイを知ろう」では、会場全体で大盛り上がり。日本より厳しい仏教の戒律や、飲酒についてなど、タイの国民性や習慣、文化等の違いを知ることができました。
IMG_0530-2.jpg
「移住」というとすごくハードルが高く、一大決心のようなイメージを持ちますが、趣味の幅を広げるために数か月滞在する。またはお試し生活でタイと日本を行ったり来たり出来るように1年間のビザを頑張って取ろう、という話には非常に現実味がありました。
IMG_0537-4.jpg
資格取得したという、カービングの作品も展示
今回の参加者のうち、3組は夫婦でご参加頂きました。セカンドライフを考える上では家族や周りの方の理解が大変重要なことかと思います。現役時代は忙しい日々で深い会話や意思の疎通が難しかった方も多いのでは。今回の講座が親しい方々と今後のライフスタイルについて話し合うきっかけになれば幸いです。 (記事作成:Y、投稿:鈴木) 【参考URL】 ・NPO法人デックタイグループ公式ホームページイベント・教室案内専用ホームページ(日本人向け)デックタイ公式Facebook  ・タイ料理教室Facebook  【これまでのアクティブライフ記事】 ・ブロンズ世代から始めるアクティブライフ「本格コーヒーと大人の座談会」開催報告ブロンズ世代から始めるアクティブライフ「男の料理教室」開催報告ブロンズ世代から始めるアクティブライフ「古賀志山ハイキング」開催報告ブロンズ世代から始めるアクティブライフ「ソーシャルフィットネスで地域・健康づくり」開催報告ブロンズ世代から始めるアクティブライフ「タイ料理教室」開催報告

まつり中止奮闘記〜皆さんに支えられていることを再確認

2019年10月15日(火)  連休中に栃木県を含めた関東及び東北や長野県などに甚大な被害をもたらした台風19号。  宇都宮市内でもJR宇都宮駅西口の田川沿いおよびその周辺の地域や、大谷地域において河川越水等による水害被害が徐々に明らかになっております。  現在、まちぴあでも災害ボランティアセンターの立ち上げを検討している宇都宮市社会福祉協議会をはじめ、県内各地の災害ボランティア及びセンターの情報を、まちぴあホームページでまとめておりますので、ボランティア活動などの情報については、  こちら をご参照下さい。  さて、10月14日(月・祝)は、そんなことで準備を進めていた「まちぴあまつり2019」が正式に中止となり、その一方で、まちぴあからもほど近い地域で泥だしなど片付けに追われている皆さんの応援をしようと、現地に向かう動きもあったことから、施設内外両面での対応となりました。  さて、まちぴあまつりについては、出展団体については前日中に中止のご連絡をし、できる限りで中止のご連絡を発信しておりましたが、せっかくのお休みであり且つ、こうした状況下であることからこそ、お子様連れのご家族さんなどある程度の皆さんが、おまつりをやっているかもといらっしゃって下さるかもという想定がありました。  とりあえず、まちぴあスタッフが担当する予定を立てていたバルーンやハロウィン系の企画については、プレゼントさせてもらおうと準備をしておりました。  おまつりは中止になりましたが、開館日ではありますので言ってしまえば開店休業のもぬけの殻状態。溜息ばかりが出てしまうところでした。  が。まつりに出展予定だった「子育てサークルこっころ」さんやこっころさんの出展に協力予定であった「おしゃべり交流会」さんなどの子育てサークルさんから、まつりは中止になったとしても、まちぴあを利用して子ども達の居場所をやりたいとの申し出があり、  どうぞどうぞと、施設(1階和室)を使って頂くことになりました。  サークル内でもおまつりに出展するから遊びに来てと声掛けをして下さっていたこともあり、お子さんを中心に続々と遊びに来てくれました。
DSC00299.JPG
 未就園児の子たちを中心に団体さん曰くの「むほうじょうたい」に、本当に良い意味でなりまして。おまつりが始まる予定の10時には、注力的に広報していた今泉小など近隣にお住まいの子どもたちがたくさん遊びにきてくれました。  これこそ予想外の人出がありまして。大変元気な声でにぎやかな空間ができました。
PA140007.JPG
 中止です看板も、団体さんが気づいて、会場奥に誘う形にしてもらったり。バルーン待ちしている子どもたちのお相手に「こっころ」さんの読み聞かせがあったりして。
DSC00300.JPG
 子ども達には笑顔になってもらえたし。こちらも気持ちを切り替えることができまして。改めて振り返ると感涙ものの一日となりました。  そんなことで、まちぴあの中だけではありましたが、それなりの奮闘があった10月14日。ここを乗り切って改めて思ったのは、 「団体さんのご協力が、まちぴあの生命線だ」  という一言。今回、子育てサークルさんからの発案がなければこんな状態を作ることはできませんでしたでしょうし。いなかったからこそ、出展予定だった団体の皆さんがご一緒下さっていれば、もっともっと楽しく、待ち時間もなしに回遊しながら過ごすこともできただろうと、  色々な出し物を考えて出展予定だった活動団体の皆さんの存在がよりクローズアップされた気持ちになりまして。まちぴあスタッフとして、より実感したところです。  そして、やはり次年度ですよね。  皆さんがご健勝で天気も良く。全国的にも災害その他の心配がないような状態で改めて。「まちぴあまつり2020」が開催できることを今から祈念するところでございます。  もうね。出来ますよ。その自信は改めて出来ました。今年よりももっとよい「まちぴあまつり」を来年実現できるように、関係団体の皆様、どうぞよろしくお願い致します。  最後に、交流会を実施下さった「こっころ」さん、「おしゃべり」さん。誠にありがとうございました♪ (記事投稿:小倉)

「まちぴあまつり2019」中止のお知らせ

2019年10月13日(日)  10月12日から本日未明にかけて、年間降水量の半分とも言われた雨が降った台風19号の影響を受け、宇都宮市内でも複数の被害がでました。  天候の予報では開催を計画しておりましたが、宇都宮市及び栃木県内各所で甚大な被害があったこともあり、  10月14日(月・祝)に開催予定としておりました 「まちぴあまつり」は、中止 とさせていただきました。  まつり参加者及び来場を予定下さっていた皆様については、急な予定変更をお知らせすることとなり、大変ご迷惑をおかけすることと思いますが、何とぞご理解ご協力をお願い致します。  被災された方々には心からお見舞い申しあげます。  1日でも早い日常が戻ることをお祈りいたします。 (記事投稿:小倉)

やりますよ!「まちぴあまつり2019」 

2019年10月10日(木)  さぁ、今週末っていうか週明けの3連休最後となる月曜日ってのがミソだったようですね。
tenki.JPG
 猛烈といわれている台風19号が接近中の昨今でございますが、開催自体が危ぶまれていた「まちぴあまつり2019」!!!  ※開催いたします!!!!!  ※この時開催という事でしたが中止となりました。  戦々恐々で天気予報とにらめっこしていた今週ですが、10月14日は通過の方向みたいなので、開催の方向で準備を継続していきます。 ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ 【まちぴあまつり2019 出展団体等紹介まとめ】
maturi2019-1.jpg
maturi2019.jpg
 ★1弾♪〜屋外駐車場出展団体:その1〜5  ★2弾♪〜屋外北側駐車場出展団体:その6〜11  ★3弾♪〜屋外南側駐車場出展団体:その12〜15  ★4段♪〜屋内出展団体:その16〜21 ★★★ ★★★ ★★★ ★★★  ・・・本番の10月14日までもう少しとなったわけですが、注意すべきは本番よりも会場設営など前日とさらに直撃が予想される10月12日(土)ですね。  10月13日の事前準備(テント設営、テーブルなどの機材配置)につきましては、台風の影響を考慮しながらできる範囲で安全を考慮しながら実施していく予定です。  主に室内を中心に当日の10月14日に、出展者の皆さんにもご助成いただく形で、できるところまでの準備を進めて参ります。  13日の時点で、まちぴあに物品を搬入される団体さんは特に、その時の天候の良しあしを各自考慮し、安全第一での行動をお願い致します。また、例年のようなテント設営等の準備が不十分であることは想像できますので、  出展者の皆様につきましては、10月14日(日)朝(※団体集合時間は8:00)から、バタバタすると思われますことから、ぜひぜひ、ご協力とお願い致します。  そんなことで、まつりについてはホッとしましたが、それもこれも台風さんの影響をなるべく受けないように、皆さんそれぞれで善処して頂いた末の話と思います。  ほんと、無理はしないで。まずは皆さんの身の回り、ご家庭を堅固にして頂き、みんな笑顔で10月14日を迎えられればと思っておりますので、宜しくお願いいたします!! (記事投稿:小倉)

「まちぴあまつり2019」参加団体のご紹介〜第4弾♪

2019年10月7日(月)  今年もやります!まちぴあまつり!!  第3弾に引き続き、もう一回の更新です♪♪  習慣天気予報では、14日月曜日は、一過のため晴れとなっておりますことから、気を取り直し。「まちぴあまつり2019」に出展予定の参加団体の皆様をご紹介を致します!  今回は、まちぴあ施設内に展開を予定している6団体の方々をご紹介します!  ※例によって、紹介文中の写真は事務局が撮影した、昨年のまちぴあまつり他、   団体さんが出展されたイベントでの様子です。参考までに!  ※団体さんに振ってある番号は、前回からの続きとなります。 ★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★ (16)子育て応援サークル「こっころ」  子育て中のママや親子の心から安心できて楽しめる居場所づくりを提供する団体です。0歳から小学生のお子さんや親子を対象にして活動をしています。
kokoro.jpg
 当初から現在に至るまで、育児サークルに参加しづらい方(転勤・人見知り・高齢ママなど)に居場所を提供したい想いを持ち、誰でも参加できる子育てサークルを目指しています。まつりでは子供向け工作やミニおはなし会を実施予定です。 (17)MOAインターナショナル栃木  全国的にも有名な美術館をもっている全国組織の栃木支部です。県内の子ども達を対象にした、絵画作品展の開催や、高齢者をはじめとした市民を対象に健康によい食生活の大切さを伝える教室を開催している社会貢献活動をしている団体です。  まちぴあまつりでは健康に良し、味良しのコンニャク手作り体験と一輪刺し工作をします。 (18)(特非)カラーコミュニケーションネットワーク北関東支部  心のストレス軽減に効果のある「色彩」の特徴を生かし、楽しく簡単にケア出来る方法や情報を提供し、色彩の持つ心理的効用を地域社会に役立てることを目的としているNPO法人の支部団体です。  色彩を取り入れた生活で人と人をつなぐ活動として本まつりで、パステルアート体験会と、色を使った癒しのワークショップを準備しています。 (19)(特非)宇都宮ピアノ研究会  市内でピアノ講師などをつとめておられる演奏者の方々などを中心に組織されたNPO法人です。栃木県民をはじめとするすべての人々に対し、地域に根差したコンサート事業を中心に音楽活動を行い、市内公共施設や高齢者施設からの依頼に応じた訪問演奏活動を行っています。
DSC07156.JPG
 こういった音楽に関する普及啓発を行い、人々の日々の充実と活性化を図り、県民文化の向上を目的とします。本まつりでは音楽相談室として、音楽に関する相談会を開き、またピアノ野外演奏を披露します。 (20)学びの映像舎  映像はあらゆる手段で多様な人に伝えることができ、人々への影響が大きく、生き方や国の在り方までも変える力を持っています。  そんな映像の世界を活動の柱にし、「学びを映像で、映像から学ぶ」をキャッチフレーズに活動している団体です。具体的に学びをテーマにした映像の企画・上映それに伴うイベント開催などをしています。まちぴあまつりでは海外事情に、目を向けて考えるきっかけとなるアフリカの教育支援を題材にしたビデオ上映をします。 (21)ハッピースマイル  シルバー大学の同級生からなるマジックを始めとした演芸ボランティア団体で、宇都宮市を中心に保育園や小学校やデイサービスや特別養護老人ホームを訪問して活動している地域のボランティア活動団体です。
DSC06941.JPG
 まちぴあまつりでは不思議がいっぱいマジックの実演や、児童を対象にした楽しいマジック工作、民話語りの披露を予定しています。  ★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★  ・・・次回更新が最終回となります。次回は、屋内会場に参加予定の6団体をご紹介します。  ちなみに、恐怖の大王こと台風情報につきましては、開催の有無を10月10日をめどに判断することと致します。天祐もあいまったご連絡ができることを祈りつつ、開催直前の準備にまい進していきます!! 【更新した「まちぴあまつり2019」出展者紹介記事】  ★1弾♪〜屋外駐車場出展団体:その1〜5  ★2弾♪〜屋外北側駐車場出展団体:その6〜11  ★3弾♪〜屋外南側駐車場出展団体:その16〜21 (記事投稿:小倉、本文作成:インターンKさん)

「まちぴあまつり2019」参加団体のご紹介 第3弾♪

2019年10月7日(月)  今年もやります!まちぴあまつり!!  朝のニュースを見た瞬間に氷つきましたけども・・・・。台風!!
taihu.JPG
 週末もさることながら、開催が予定されている10月14日の予報については、現段階では詳細ない状態でありますが、非常に不安にさせる台風の登場に戦々恐々しております。  習慣天気予報では、14日月曜日は、一過のため晴れとなっておりますことから、気を取り直し。「まちぴあまつり2019」に出展予定の参加団体の皆様をご紹介を致します!  今回は、まちぴあ屋外・南側駐車場に展開を予定している「わかもの企画」のスペースから4団体の方々をご紹介します!  ※例によって、紹介文中の写真は事務局が撮影した、昨年のまちぴあまつり他、   団体さんが出展されたイベントでの様子です。参考までに!  ※団体さんに振ってある番号は、前回からの続きとなります。 ★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★ (12)自然教室ネイチャーフレンド  宇都宮大学の学生さんや社会人の方々が組織している、自然と人とのつながりを大切に思う環境教育団体です。自然体験活動やレクリエーション活動を通して、子どもたちが自然に親しむ「キッカケ」をつくることを目的とした環境教育・野外教育活動を行いっています。
DSC07150.JPG
 その中で仲間と協力しながら、幅広い世代間交流を通して学校以外のこどもたちの大きな学びの機会となっています。今年のまちぴあまつりでも木材をつかった工作、自然をテーマにしたレクレーションゲームを実施予定です。 (13)KAKEHASEEDs  宇都宮大学の学生サークルとしても活動している「カケハシーズ」さん。主にネパールとバングラディッシュの手工芸品を販売し、適正な価格で売り上げを現地に渡すことにより途上国の人々の生活水準向上に貢献するフェアトレードを国際協力の一環として、推進する活動をしている学生団体です。
DSC06949.JPG
 今回まつりでは、途上国産のおしゃれでかわいい手工芸品と豊富なフリマ商品販売に加えて、国際交流をテーマにした、子どもたちが遊びながら外国を学べる楽しいゲームを準備して下さっているそうです!  ・・・昨年からスタートした「特別企画」は、学生など若い世代を中心とした活動団体の皆さんにご出展頂き、来場の多い子ども達を主なターゲットに、団体さんの活動を活かした体験など交流企画をそれぞれに行って頂くものです。  上記2団体の活躍があり、昨年は非常な盛り上がりを見せてくれまして。今年も継続!となった次第です。ネイチャーフレンドさん、カケハシーズさんも前回に引き続き出展下さる上に、今年のニューフェイスとして、こちらの団体さんが出展を予定下さっています。 (14)しめ飾りからサスティナビリティを考える会  宇都宮大学の地域デザイン科学部と宇都宮南高校の学生から構成された団体です。近年しめ飾りはプラスチック製のものが多いため、環境にやさしい材料を使ったしめ飾りを広めるプロジェクトに取り組んでいます。  まちぴあまつりは、エコしめ飾り作成のワークショップの初陣となります。環境にやさしい材料をつかった素敵な自分だけのオリジナルしめ飾りを一緒につくるましょう♪ (15)うつのみや大道芸フェスティバル実行委員会 「子ども達の記憶に残るまちづくり」をコンセプトに身近に芸術が感じられる場の提供を通じ、地域の活性化そして回遊性の向上を図る地域社会に貢献する団体です。  月1回程度、市内の市民センター等を会場に大道芸教室を開き、宇都宮市内で大道芸のイベントを開催しています。「うつのみや大道芸フェスティバル」は、オリオン通りなど市内中心部の各所で3月中旬に行われています。  今年初めてまちぴあまつりに参加し、本まつりでは子ども達が楽しめる、バルーン実演、体験を行う予定です。 ★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★  ・・・次回更新が最終回となります。次回は、屋内会場に参加予定の6団体をご紹介します。  ちなみに、恐怖の大王こと台風情報につきましては、開催の有無を10月10日をめどに判断することと致します。天祐もあいまったご連絡ができることを祈りつつ、開催直前の準備にまい進していきます!! 【更新した「まちぴあまつり2019」出展者紹介記事】  ★1弾♪〜屋外駐車場出展団体:その1〜5  ★2弾♪〜屋外駐車場出展団体:その6〜11 (記事投稿:小倉、本文作成:インターンKさん)

「まちぴあまつり2019」参加団体のご紹介 第2弾♪

2019年9月29日(日)  今年もやります!まちぴあまつり!!  2019年の開催日、10月14日(月・祝)が日々待ち遠しくなってきているところですけども、前回更新に引き続き、「まちぴあまつり2019」に出展予定の参加団体の皆様をご紹介させて頂きましょう♪  今回は、まちぴあ屋外駐車場に出展予定の皆さんの内、6団体の方々をご紹介します!  ※例によって、紹介文中の写真は事務局が撮影した、昨年のまちぴあまつり他、   団体さんが出展されたイベントでの様子です。参考までに!  ※団体さんに振ってある番号は、前回からの続きとなります。 ★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★ (6)ANIMAL CONTACT  無駄増やし、虐待、殺処分など、人間の身勝手から起こる不幸な動物をなくし、人と動物の幸せな共存生活のために署名活動などをはじめとした動物愛護に関する啓蒙事業を通して、宇都宮市をはじめとした地域に貢献する活動を行っている団体です。
DSC01615.JPG
 本まつりでも動物愛護啓発に関するパネル展示を行い、また動物をモチーフにしたかわいい雑貨販売を行います。 (7)(特非)デックタイグループ  宇都宮市をはじめとした地域に生活する在日タイ人の方々の悩み相談、支援をするとともに、移動大使館、医療相談への協力をしている、在日タイ人の方々にとって心強い団体です。また、日本とタイの国際交流を図るためにタイ文化を推進する活動をしています。  まちぴあオフィス入居団体でもあり、まちぴあまつりをはじめ、様々なセンター主催事業にお力添えを頂いています。
DSC07273.JPG
 今回も美味しいタイ焼きそばなどの本場タイ料理販売と、見て楽しい一緒に踊ってさらに楽しいタイのダンスを披露下さるそうです♪♪ (8)宮Friendly  年齢の垣根を超えてコミュニティを形成し、交流・ボランティアを通し、宇都宮をはじめとした栃木県の地域活性化や明るい未来に寄与することを目指す学生団体です。  具体的には一か月に一度の清掃活動(@宮ノ橋周辺)や、こどもが笑顔になる居場所づくりをしています。また最近は宇都宮の魅力再発見の動画づくりにも挑戦中です。今回初めてまちぴあまつりに参加し、フルーツティーを販売予定です。 (9)(一社)ヘルスフードマイスター協会  食習慣の変化が原因となって近年生活習慣病患者が増え、それに伴い、医療費が日本経済を圧迫する一因とも言われています。医療費の削減を目指すことはもちろん、薬を飲まずに健康で長生きできるように、日々の食生活を見直し、「食」の大切さを広める社会活動を行っている団体です。
DSC07280.JPG
 実際に料理できる人材を育成する「ヘルスフードマイスター講座」を主催しています。マイスターの皆さんも協力し、本まつりではカラダに良くておいしい、揚げそばや弁当などを販売します。 (10)中里保健研究所  自然治癒能力を生かした、身体の健康相談や花粉症対策についての指導、アドバイスを行なっている団体です。私達は日常の中で様々なマイナスな出来事に直面し、知らず知らずの内に心と身体にストレスを溜めてしまい、病気になってしまうことがあります。そこで本団体は皆様の心身が豊かになるようなサポートをしています。
DSC07223.JPG
 まつりでは、体調管理に関する無料体験や相談コーナーを実施します。 (11)(公社)日本技術士会栃木県支部  電気や機械といった分野の操作、管理、メンテナンスなどの技術・資格を持った方々で作られており、様々な分野の先進的内容を扱った講演会や、研修会などを開催されています。  専門的な分野を扱う団体ですが、小学生をはじめとした子ども達への科学への啓蒙活動についても熱心に取り組んでいます。
DSC07103.JPG
 本まつりでも遊びながら自然の原理学ぶ、風で飛ぶ種の紙模型工作や、巨大シャボン玉づくりを行います。 ★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★  ・・・今回の更新では、まちぴあ屋外・北側駐車場に出展下さる団体の内、6団体をご紹介いたしました。次回更新では、昨年実施して子ども達を中心に大変好評だった、  大学生など学生の皆さんたちが担当下さる「わかもの企画」を中心とした、屋外駐車場北側の団体さん達をご紹介します。  これから、まつり本番の10月14日にかけて、随時紹介記事を掲載していきますので、ご来場の際の参考にして頂ければ幸いです。 【更新した「まちぴあまつり2019」出展者紹介記事】  ★1弾♪〜屋外駐車場出展団体:その1〜5 (記事投稿:小倉、本文作成:インターンKさん)

「まちぴあまつり2019」参加団体のご紹介 第1弾♪

2019年9月27日(金)  開催まで約2週間あまりとなってきました、今年の「まちぴあまつり」。令和元年。2019年のまちぴあまつりにご参加下さる団体の皆さんをご紹介する記事をこれから少しずつ更新していこうと思っております。  すでにチラシやホームページではお知らせさせて頂いていますが、少しでも多くの皆様に、まつりに遊びにきて頂き、活動団体の皆様と有意義な時間を過ごしてもらえればという一念のもと、わずかではありますが、「まちぴあまつり2019」にご参加下さる皆さんをご紹介いたします!  ※掲載している写真はこれまでに団体さんが参加されたイベントでの様子です。   参考までに掲載しました。 ★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★ (1)プチプラリメイク「レース&リボン」  タンスのこやしになっている服やリサイクル店で買った材料を組み合わせて可愛い小物作りを行いバザーなどで販売し収益金をボランティア活動支援に寄付したり、自然と人が共生する循環型の暮らしづくりを目指す「トランジションタウン栃の木」さんと連携しての活動もしています。
DSC01673.JPG
 本まつりではフリマ販売とリメイク・リユース・リサイクルを生活の中に取り入れるきっかけになる、アクセサリーづくり体験ワークショップを予定されています。 (2)一般財団法人日本熊森協会栃木県支部  熊森協会さんは、熊や小動物たちと人間のよりよいつき合いを目指して、熊をはじめとした里山に住む動物たちを害獣として駆除するのではなく、里山から人里に降りてこなくても生活できる自然環境を取り戻そうと活動している環境保護団体の栃木県支部です。
DSC01633.JPG
 自然豊かな栃木県ですが、手入れが行き届かない里山や森林は荒廃しています。本まつりでも、熊などの大型野生動物の棲むべき奥山の実態を伝え、また自然環境啓発関連書籍やフリマ販売を行います。 (3)カンボジアっ子支援の会  カンボジアの子供たちの教育支援をするとともに、国内外の青少年の国際理解教育の推進を主な活動としている団体です。
DSC01700.JPG
 定期的に現地を訪問し、絵本や文房具を寄贈、学校で音楽や工作セミナー、レクリエーションの指導などを行い、国内でも現地の様子を伝える写真パネルやビデオを製作しています。本まつりでも活動写真のパネル展示と、カンボジアの布製品を販売し、販売益を現地の子ども達の教育支援に役立てます。 (4)遊布の会  家庭に眠っている、もともとキレイな着物などだけでなく、日常的にお馴染みのタオルやシーツといった材料がポーチやコサージュなどの細やかなリサイクル布製品へと蘇えらせて、バザー活動を行っている奥様たちの団体です。
DSC07119.JPG
 本まつりでも、一つ一つ真心を込めてつくったリフォーム作品を販売し、販売益は福祉施設などに寄付されます。想いのこもったあたたかな作品をお手元に是非どうぞ♪ (5)ぞうり・アミ  古い布(古着・タオル・シーツなど)や不用布を利用して、昔ながらの布ぞうりを作る事によって、「もったいない」のエコ精神を広げ、環境問題について考える機会をつくり、布ぞうり教室を開くことでリサイクルできる人材育成など社会貢献活動をしている団体です。
DSC07123.JPG
 本まつりでは布ぞうりの展示、販売と、ご家族連れの皆さんを始め幅広い年代で楽しめる、短時間できるストラップ用ミニぞうりづくり無料体験を行います。 ★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★  ・・・今回の更新では、まちぴあ屋外・北側駐車場に出展下さる団体の内、5団体をご紹介いたしました。今年のまちぴあまつりには、22団体(まちぴあ指定管理団体:宇都宮まちづくり市民工房含む)がご参加下さいます。  これから、まつり本番の10月14日にかけて、随時紹介記事を掲載していきますので、ご来場の際の参考にして頂ければ幸いです。 (記事投稿:小倉、本文作成:インターンKさん)

ご協力ありがとうございます! ハロウィン工作@まちぴあまつり2019〜材料募集終了できました!!

2019年9月17日(火)  10月14日(月・祝)に行われる「まちぴあまつり」。 「まちぴあ」は市内で活動しているボランティア・市民活動・CSRといった、まちづくり活動に関わる団体や個人の方の活動拠点です。  拠点である「まちぴあ」を会場に実施して、行っている年に一度の交流イベントが「まちぴあまつり」です。今年が6度目の開催となります。  さて、今年も20以上の活動団体の皆さんが集い、日々の活動紹介や日頃の特技を生かしての各種コーナーを展開下さるわけですが、主催である我々まちぴあのスタッフも、小粒ながら会場を盛り上げる企画を毎年実施しています。
DSC09400.JPG
 今年は、ハロウィンをテーマにしたトイレットペーパーの芯を使ったお人形作りを行います。  そこで、まちぴあ利用者の皆様に「ハロウィン工作に使用するトイレットペーパーの芯を100本を目標に集めたいので、捨てずに持ってきていただきたい」とお願いをさせて頂いておりましたところ、  10月4日(金)締切としてお声がけしてしましたが、皆様のおかげで予定していた100本を大幅に上回る本数を回収することができました!!!
IMG_0467.JPG
 皆様からいただいたトイレットペーパーの芯は、参加下さる子どもたちの手によって、まちぴあまつり当日にかわいいカボチャたちに生まれ変わります!  子ども達にたっくさん工作遊びをしてもらえるということで、今から子どもたちの楽しそうな顔が浮かびます。  皆さんの協力や励ましに支えられながら、今年もまつりの準備を進めていますので、10月14日(月・祝)のまちぴあまつりをご期待下さいませ♪  材料提供にご協力下さった皆様、ありがとうございました!  開催にむけて。これからも準備作業頑張って参ります!! (記事投稿:文ちゃん)

まちぴあまつり2019参加団体説明会 実施報告

2019年9月15日(日)  9月15日、開催まで約一か月ほどとなりました、まちぴあ登録団体が一堂に会すイベント「まちぴあまつり2019」の参加団体説明を行いました。  まちぴあ敷地内で恒例の開催となった「まちぴあまつり2018」には、屋外にて販売などのブース出展をして下さる11団体と、館内1階に4団体に、2階研修室の体験コーナーに2団体の皆さんがご出展下さる予定です。  昨年に引き続き、まちぴあ南側駐車場のスペースを使って、学生を中心した活動団体「自然教室ネイチャーフレンド」と「KAKEHASEEDs」が、自然活動や国際交流など日頃行っている活動を活かしながら、子ども達対象の工作やフリーマーケットを行う、「わかもの企画」を実施する計画でおりまして。  今年は、このエリアに宇都宮大学で環境にやさしい正月飾り(しめ飾り)を広めるプロジェクトに取り組んでいる学生グループ「しめ飾りからサステナビリティを考える会」さんに加わって頂き、和紙や自然物を使った手作りしめ縄づくりのワークショップも実施する運びとなっている他、  これまでは、ウシさんことまちぴあスタッフ1名で頑張っていたバルーンアート他の会場盛り上げをを登録団体「うつのみや大道芸フェスティバル実行委員会」の皆さんが担って下さるなど、昨年のまつりを元に明らかに厚みを増しております。
DSC09540.JPG
 この日の説明会には、参加22団体中、12団体(17名)の皆さんが集まり、屋外出展のブース位置や、ステージの出演順、火器・食品などの注意事項や、前日&当日のスケジュールの確認を行いました。  実行委員会の皆さんにもサポートいただいて、今日まで構築してきた「まちぴあまつり2019」も、今日の説明を経てより準備万端になってきました。これからは、看板などの備品や、許可関係の準備、近隣小学校や子ども施設への広報活動をして参ります。  小粒ですが、まちぴあ版の協働活動といった風が、一層濃くなってきている今回のおまつり。 「何か落ちつくんですよね」  と参加団体の皆さんに言ってもらえるようになった「まちぴあまつり」。おまつりのモットーである「であい、きづき、つながる」イベントに仕上がりそうで、担当者としましては、利用団体、参加団体の皆様にお礼の言葉もございません。  広報も含め、当日、みんなで楽しめるように参加団体の皆さんに負けないように準備を頑張りたいと思った説明会となりました。  ちなみに、この会議にご参加になれなかった参加団体の皆さまには、ブース位置や出演順を事務局で構成した資料を近日中にお送りする予定です。説明会参加団体の皆さんも含め、不明な点がありましたら、事務局:小倉までご連絡下さい。  そんなことで、「まちぴあまつり2019」は10月14日開催です。  あとは、台風をはじめとした天候の心配だけですかね?? 皆さま、今後とも宜しくお願いします! (記事投稿:小倉)

まちぴあインターン体験記(2) ぞうりアミさんの教室に参加♪

2019年9月6日(金)  9月2日〜6日の期間にかけて、まちぴあにてインターン研修をして下さっている大学生Kさん。9月5日の話題になりますが、この日は登録団体「ぞうり・アミ」の皆さんが、まちぴあ研修室を会場に開催している、 「やさしい布ぞうり教室」  に参加してみました。大学生Kさんは、日本語もペラペラで日本語の文章も書ける留学生さんということもありまして、今回の教室参加を体験してもらうことにしました。  外国の方にとって日本の有名なキーワードに「もったいない」という言葉があると思います。まちづくりやボランティアという広い意味での社会貢献活動を、モノづくり、リサイクル、リユースといった観点を取り入れて、宇都宮市全体でも取り組んでいる「もったいない」の意識醸成に関わる活動をされているのが、
IMG_0388.JPG
 ぞうり・アミさんをはじめとした、リサイクル材を活用した創作活動を行っている皆さんだということも紹介したくて、仲間に飛び入り参加してもらっちゃいました♪  ・・・さてさて、「人生初」??だったらしい、ぞうりづくりの様子は如何(以下)に! ★★★ ★★★ ★★★  今回のまちぴあに登録団体「ぞうりアミ」の取材から体験授業に参加しました。これまでの日常生活でぞうりを見たことないので、伝統文化を知るきっかけとして、参加させて頂きました。  参加者の皆さんは、女性の方が多く、和気あいあいとした雰囲気でした。             人生初編み物の体験でしたが、鼻緒の作りをはじめとした準備して、編み台をつかい、セロテープで形を固定させ、
IMG_0418.JPG
 ぞうりのベースづくりを、バスタオルを素材で繰り返し編んで作っていきました。みんなでお話をしながら、交流してもらいつつ、編んでいきます。
IMG_0424.JPG
 初めての私は、途中アミ方分からなくなりましたが、先生たちのアドバイスをもらいながら、作っていくことができました。すぐ指導していただき、全然心配する必要がないので、ご安心して参加することができました。
IMG_0439.JPG
 先生が、ぞうりづくりの見本として見せてくれた、布ぞうり。               生徒の皆さんの作品も見学させてもらいながら作っていきましたが、どれもとても上手な作品ばかりでしたね。
IMG_0453.JPG
 作業とお話の途中で見せてもらった「ミニサイズぞうり」。かわいいぞうりもつくれます。子どもにも人気がありそうだなと思いました。
IMG_0455.JPG
 作品づくりの最後は、みんなでお片付けをして参加の感想を話し合いました。初めての作成で大変でしたが、皆さんと楽しい時間を過ごせました♪ ★★★ ★★★ ★★★  ・・・だったそうです。Kさん初のマイ布ぞうりの出来栄えは・・・・。カギ編みも放り出した担当官から見ての評価ではありますが、中々の出来栄え。センスを感じましたね。  いやぁ、器用なもんです。ぞうり・アミの皆さんのおかげで、編み物という趣味の技を市民に伝える、リサイクルの活動に応用することで、宇都宮市のもったいない運動の振興に関わっている団体の皆さんの様子を実体験してもらうことができました。  編み物に限らず、絵、運動、音楽といった分野でもボランティアやまちづくりといった貢献活動につなげている皆さんと、話を聞くだけでは、ただただ「えらいことなんだな」と感心しっぱなしになってしまうこともある、  社会貢献活動というものが、意外に身近にあることも感じてもらい、またこちらも実体験を経た紹介をすることができました。ぞうり・アミの皆さん、まことにありがとうございました。  さてさて。次回のまちぴあでのぞうり編み教室は、10月11日開催とのことです。また、今年も開催を予定している「まちぴあまつり2019」にも、販売・体験ブースとして出店下さる予定のぞうりアミの皆さん。  ミニぞうり無料体験に予定下さっているとのことなので、皆様のご参加お待ちしております。 (記事投稿:小倉)

第2回まちぴあまつり2019実行委員会 実施報告

2019年8月27日(火)  毎年恒例の「まちぴあまつり」を開催すべく、6月末に第一回目となる実行委員会を開催しました。そこから時間が過ぎるは早いもので、8月お盆明けには、出展希望団体の皆さんからのエントリーが取りまとめられ、  8月26日、第2回目となる実行委員会を開催しました。  今回の実行委員会には、実行委員のメンバーの皆さんに加え、屋外に出展予定の団体の皆さん12団体14名が集まって下さりました。  今年は、昨年「わかもの企画」で協力出展下さった、学生中心の「自然教室ネイチャーフレンド」、国際協力団体「カケハシーズ」の皆さんも続けて参加下さることも決まり、総勢22団体で実施する運びとなっています。  実行委員会では、飲食出展など施設の設備を利用する団体の皆さんの配置や、まちぴあ側で今回の目玉イベントとして予定している、宇都宮大学の学生や宇都宮南高校の学生たちによる「エコしめなわづくり体験」などの実施場所を定めるなど、会場レイアウトを検討しました。
DSC09395.JPG
 エコしめなわづくりは、市販されているお正月のしめ縄飾りは、プラスチックや金属など様々な素材が用いられ装飾されているものも多く、地域のお炊き上げや、どんど焼きといった地域行事で季節の節目を迎えることが意外に難しいこともあるそうで、  そんな現状を耳にした学生たちの発案による「環境に優しい、自然物を使ったしめ飾りを提案しよう」というところからスタートした取り組みだそうです。  10月ではかなり早いタイミングと思われるかもしれませんが、まちぴあまつりでは、子どもさんを中心に、作り方を家族で覚え、手作りのしめ飾りを作れるようにとの意味も込めたワークショップを実施してもらうことになっています。  この日の会議には、学生たちのサポートをしておられる先生に加わって頂き、ワークショップに使う和紙の素材を探しているなど、学生たちのおまつりに向けた状況などをお伝え頂きました。  また、お申込頂いた団体出展内容が出揃ったこともあり、チラシも完成していることから、参加団体の皆さんは早くも広報協力を打診させていただきました。  さらには、イベント当日に様々な出し物を検討中の皆さんから、飲食のメニューや工作の内容など、各団体で進めてもらっている内容の詳細の把握もすることができました。  次回の会議は、9月15日(日)にまちぴあで予定している「参加団体説明会」となります。この会議では、出展の際に必要となる机・イスなどの物品の確認と、テント設営や飾りつけをはじめとした前日準備に関するご協力を呼びかける予定となっています。  8月後半に入り、夕方からは一気に秋の空気も迫ってきたところ。本番の10月14日(月・祝)も、間もなくやってくるのですしょう。  参加団体の皆様、今後ともよろしくお願い致します! (記事投稿:小倉)

令和元年度第1回「まちぴあまつり2019実行委員会」 実施報告

2019年6月26日(水)  今年もこの季節がやって参りましたね!  今年10月14日(月・祝)に開催を計画している「まちぴあまつり2019」の第1回実行委員会を行いました。  まちぴあまつりの実行委員会は、利用者協議会の役員団体を勤めて下さっている10団体の皆さんと、過日開催された「まちぴあ利用者協議会」にて、実行委員に参加希望を下さった登録団体のの方々で組織しています。
IMG_9868.JPG
 初回の実行委員会は、役員団体に加え、3団体5名が集まり開催することができました。  今回は、発表希望の出展団体が10分程度の間隔で、発表したい皆さん同士がその場で順番などをきめながら、演奏・ダンス・実技披露など、各団体がテントや研修室の出展スペースでは表現しにくい得意技をどんどん披露していく「自由ステージ」の実施や、  大学生などの若い世代を中心とした団体の皆さんによる、子ども達を対象にした遊び、工作などの体験コーナーなどの展開を行うことができ、ここ数年の中では、いろいろな意味で、 「よかったね!!」  と、みんなで言いあえる、まちぴあまつりとなりました。そんな昨年の武勇伝を振り返りながら、おまつりの基本となる、ブースの設定や今年も設置しようとなった、ステージの運営など、登録団体の皆さんに近日中にお送りする、募集要項などの案を煮詰めました。  今後の予定としては、7月上旬までに募集要項を登録団体の皆さんのお手元にお届けできるようにし、お盆前までを目処に募集を受け付けたいと考えています。  その後、8月末にレイアウトなどを決める会議を行い、9月15日(日)には例年行っている説明会を行い、10月14日のイベントに備えるとの一連のスケジュールも確認しました。  そんなことで、今年も走り出した「まちぴあまつり」。今年度もまちぴあで開催予定ですので、昨年以上のイベントにできるよう、皆さんと頑張っていきたいと思います。  ちなみに、実行委員会は、8月26日(月)18:00〜19:00で、まちぴあで行おうと予定していますので、今後とも宜しくお願い致します。 (記事投稿:小倉)

令和元年度まちぴあ利用者協議会全体会議 実施報告

2018年6月9日(日)  6月8日、まちぴあを会場に、「令和元年まちぴあ利用者協議会全体会議」を開催しました。  年度4月1日現在でのまちぴあ団体登録数は、178団体(6月1日現在:209団体)であり、これら登録団体の皆さんが一堂に会す場として行っているのが、利用者協議会全体会議です。
DSC08055.JPG
 今年の全体会議には、事前に頂いていた116件の委任に加え、19団体21名の皆さんが集まって下さり、行うことができました。  議事では、団体の活動に参加している一般利用者の方々にも参加頂けるように工夫した「まちぴあまつり2018」の様子や、昨年度から実施している、学生やシニア向けの主催講座の状況などを説明しました。  特に、利用者協議会のコアメンバー10団体で組織している役員会が中心となった「まちぴあまつり実行委員会」が発案した、2018年のまちぴあまつりにおける、 「自由ステージ」  ※まつり会場である、まちぴあ北側駐車場の出展スペースに設けた簡易ステージ。   「大体10分くらい」を一団体の上演目安とし、参加団体同士で運営する。 「子どもひろば」  ※まつり会場の南側駐車場スペースに展開した、工作など体験コーナー。   「ネイチャーフレンド」「国際交流学生団体カケハシーズ」担当による、   ネイチャークラフトや、外国の遊びを知れるゲームコーナーなどを展開。  といった、工夫点が大変来場者、出展社の皆さんに好評であったことなどを報告することができました。  また、令和元年度の活動計画についても発表し、まちぴあまつりだけでなく、日々の活動現場をもっている登録団体の皆さんと、ボランティア活動希望の学生(高校、専門、短大、大学など)とをつなぐ「ボランティア交流会」など、  団体の皆様にご協力頂きながら運営される予定のまちぴあ事業についてもご紹介させていただきました。  センターとしての貸館業務、活動に役立つ講座・研修の実施に加え、大小様々な登録団体の皆様との交流事業を行っていくことが、多様な世代、多様な志をもった市民の皆さんに、社会貢献やボランティアといった活動に触れる貴重なきっかけになっていることから、  改めて、利用者協議会に加わって下さっている登録団体の皆様の存在のありがたさを痛感した、今年の全体会議となりました。  全体会議が終わると今年度の事業も本格的にスタートしていきます。団体の皆様につきましては、今後とも緩やかなつながりの中で、まちぴあへのご助力を頂ければ幸いです。  本日のご参加ありがとうございました! (記事投稿:小倉)

あそび初め2019開催レポート(4)〜館内1階編〜

2019年2月1日(金)  1月20日に晴天・盛況のもと開催された「あそび初め」。  今年も大盛況となったイベントを支えて下さった出展者・協力者の皆さんの活躍の様子をレポートしていきましょう♪  今回は、1階の様子です!  1階では、生け花体験、お手玉、かるた、福笑い、万華鏡づくりの各コーナーが行われました。  まず、生け花体験を行ってくれたのは「MOAインターナショナル栃木」の皆さんです。  MOAさんは、日本の文化・芸術教育に関する活動を行っています。平成30年度内においては、宇都宮市民活動助成事業の交付も受けて、市内を含めた小学校の児童を対象にした「児童絵画・書道作品展」を開催されるなど長年に渡る活動を行っています。
DSC09119.JPG
 あそび初めでは、宇都宮市が実施している「もったいない運動」にも寄与する一環の取り組みとして、ペットボトルやラップの芯といったリサイクル材を使った一輪挿し手作り教室を行ってくださいました。  子供たちだけではなく、外国人の方々も楽しそうに体験している姿が見られましたね!  そのお隣で行われた工作コーナーでは、万華鏡作り教室が行われました。まちぴあを拠点に活動下さっている子育て支援団体の皆さんによる工作遊びは、10月のまちぴあまつりでも大人気でしたが、キレイなものが大好きな子ども達が、それぞれに、世界に1つしかない自分だけの万華鏡が作れたようです♪
DSC09165.JPG
 ちなみに、こちらの皆さんには、あそび初めの館内会場の入口(玄関)にかかげるオリジナル看板も作って頂きました。  館内入ってすぐのスペース(情報展示スペース)では、お手玉、かるた、福笑いが行われました。昔あそび、お正月のあそびとしては、昔ながらの楽しさがありますよね。あそび初めでもお馴染みのコーナーでしたが、毎年変わらずの盛り上がりを見せていました。
D5C_5443.JPG
 お手玉とかるたを担当してくださったのは「織炎灯」「青空ノート」「栃木県国際交流員」の皆さんです。
D5C_5462.JPG
 「織炎灯」さんは、家庭で眠っているリサイクル布材などを活用し、手芸品を作成。地域で行われるバザー等で販売し、その売上げは社会福祉法人等に寄付する活動を行っています。今回は、作品づくりで培った指先の器用さと、熟練した技をもって、子どもから大人まで幅広い年代の方が夢中になって楽しんでいるのが印象的でした。  福笑いは、「読み聞かせの会ハリー」、および県内で英語教師をしている外国人ボランティアの皆さんが担当してくださいました。 聴覚に障がいを持つ方への要訳筆記を行うなどの支援を行っている団体です。
DSC09365.JPG
 この福笑い、起源は分からないものの、江戸時代後期から遊ばれ始め、明治時代ごろにはお正月遊びとして定着していたそうです。最近では、ご家庭であまり登場しないかもしれませんが、たっさんのお客さんが集まる、あそび初めではとても人気のコーナーです。  小さいお子さんでもでき、ご家族で大笑い福笑いの溢れる、そんな遊びを体験できるのもこのあそび初めの魅力ですね!  また、あそび初めを見ていて、外国人の方々もたくさん足を運んでくださっていたなと思いました!前回紹介のお餅やコーナーを楽しんだり、わたあめやゲームのお相手など、ホスト側でも活躍して下さった外国人の皆さんも大勢あり、国際交流という視点でも、盛り上がりました。  ・・・次回は、今年の特別企画としてお招きした「影絵光」さんによる、あそび初め特別の影絵上映についてです!次回の更新もお楽しみに♪ (記事作成:文ちゃん、投稿:小倉)

第4回まちぴあまつり2018実行委員会(振り返り) 実施報告

2018年10月29日(月)  10月29日、今月8日(月・祝)に開催した「まちぴあまつり2018」の振り返りを兼ねた実行委員会(第4回:最終回/平成30年度第3回利用者協議会役員会)を実施しました。  会議には、役員団体を含めまつりの実行委員として関わって下さった6団体8名が集まって下さいました。
DSC07931.JPG
 今年のまちぴあまつりは、登録団体22団体が参加し、まちぴあ利用者の皆さんや地域住民方々、近隣小学校の皆さんなど約420名が来場し、盛大に行うことができました。  振り返りでは、今年「ものの試し」で設置し、切り盛りも全て出演団体の皆さんにお願いした参加団体自主運営の「自由ステージ」が好評であったことや、「自然教室ネイチャーフレンド」「KAKEHASEEDs」の大学生主体2団体による、 「特別企画〜若者企画」(まちぴあ南側駐車場)  が、たくさん来館下さった子どもたちの関心と興味をひきつけ、お姉さんお兄さんの活躍で、子ども達と遊んでくれたこともあって、会場内が更に盛り上がり、とても良い雰囲気を演出できたと高評価がありました。こうした、子ども達や若者を巻き込む取り組みは、まつりとしても継続していこうという意見が多数出ました。  また、まちぴあという限られた敷地でのコンパクトなお祭りであることを活かすために、発表や販売など従来の出展形式に加え、工作遊びや体験コーナーなど「参加型」であり、市民活動・まちづくりの特徴でもある「みんなで作る、手づくりのイベント」を目指していこうという次回の目標もおぼろげながら描くことができました。  具体例としては、昨今人気のハロウィンにのっかりながら、まつり会場内で「仮装ワークショップ」など参加型の変身コーナーを設け、簡単に作れるプチ仮装に参加してもらいながら、まつりも楽しむといった案が出されるなど、幼児〜小学低学年と家族連れ、また高齢者の皆さんが気軽に楽しんでくれる姿が見えた今回のまちぴあまつり。 「気軽に」「楽しく」「手作り」で、あたりを背景としたまつりの開催を通じて、出展者も来場者も参加できる敷居の低いイベントの純度を高めていこうと、改めて思えた振り返りとなりました。  まちぴあが行う、まちづくり。登録下さっている団体の皆さんが行う、まちづくり。その姿を表現する場として、来年のまちぴあまつりも開催を目指したいと思える会議でした。 (記事投稿:小倉)  

まちぴあまつり2018 開催レポート(5)

2018年10月17日(水)  10月8日(月・祝)に、まちぴあ登録団体の皆さんと協力し、盛大に行った「まちぴあまつり2018」。最終回の更新となる今回は、まちぴあ館内にご出展下さった皆さんをご紹介します。  館内には、丁度時期もののハロウィンをモチーフにした、カボチャ柄の袋が隠してあったりして。その中には、お菓子が入っていました。このアイデアも担当スタッフと前日お手伝い下さった出展団体のボランティアさんたちによって、手作りしてもらったものです。
DSC06887.JPG
 会場に遊びにきた子ども達は、みんなゲットしてしましたね♪  ブース出展や、ステージで賑々しく盛り上がった屋外エリアとともに、まちぴあ館内の研修室などでは、ステージにもご出演下さった「宇都宮ピアノ研究会」の皆さんや、よさこいを披露下さった「絆翔〜H・Y〜」さんの他にも、4つの団体がご出展下さいました。 【MOAインターナショナル栃木】 「MOA」さんは、全国的にも有名な美術館をもっていたりする全国組織の栃木支部です。まちぴあには、団体の本来の事業ではなく、社会貢献事業として取り組んでいる芸術文化の活動団体として登録下さっています。
DSC07238.JPG
 MOAさんが行って下さったのは、子ども達を主な対象とした食育と芸術に関する体験コーナーです。食育の部分では、昨年も出展下さって大変好評だった「ごはんピザ」づくりを通しての食の体験コーナーです。添加物を使わない自然食の素材を、ご家族でピザにして多くの皆さんから好評でした。  また、同じ場所ではペットボトルなどのリサイクル材を活用した、花瓶づくりもして下さいました。こちらは女の子たちを中心に多くの来場者が楽しんでいました。MOAさんでは、例年、市内の小学校を対象にした「児童絵画・書道作品展」を開催しています。こうした団体のPRもして下さいました。 【おたすけClubぴあかん】 「ぴあかん」さんは、精神障がいなどに悩む方を対象にした当事者同士の支援の会です。ピアサポートという相談会形式の集いを定期的に開催されています。  今回のまちぴあまつりでは、その相談コーナーをまちぴあで出張版として展開下さり、他団体のブースを楽しみながら相談者の方々が憩える場を提供下さいました。 【仕事と子育て両立支援センター】 「両立支援センター」さんは、エンジェルラインの愛称でも親しまれている、子育て支援活動のNPO法人です。産後ケアやイベント時の保育対応など子育てに関する様々な場面での活動を行っています。まちぴあまつりをはじめとしたイベントにもよく参加されており、
DSC06939.JPG
 今回のまつりでは、「万華鏡づくり」の工作コーナーを展開下さいました。キレイなものが大好きな女の子だけでなく、男の子や大人まで熱心になって参加できる、本格的な工作コーナーだったようで、子ども達の真剣な様子が伝わってきました。 【共楽マジッククラブ】  シルバー大学の卒業生の皆さんを中心に作られ、小学校や保育園、高齢者施設などで訪問型のマジックショーを展開されている団体さんです。本格的なマジックの披露から、「共楽」の名前らしい、ちょっとしたアクシデントも盛り込みながらのマジックは、子ども達に大人気!
DSC06942.JPG
 子育て支援センターの皆さんと一緒に出展していただき、工作の息抜きにマジックで遊んでみたり、実際にマジックの道具を工作してみたりと、とても賑やかなコーナーを展開して下さいました。  ・・・以上、今年のまちぴあまつりにご参加下さった団体の皆様をご紹介致しました。これに加えて、まちぴあ運営団体でもある「宇都宮まちづくり市民工房」も出展させてもらって、日光三依地区の畑で栽培している大根を販売するなど、主催者の一人でもありましたが、皆さんの輪に混ざって、まつりを堪能することができました。  改めて、参加団体の皆様。遊びに来て下さった市民の皆様には御礼申し上げます。  今後は、10月下旬に「まちぴあまつり反省会」を催し、関わった皆さんとともに振り返りを行います。今年のまつりに満足せず、少しずつですが、よりよい「まちぴあまつり」にできるように、頑張ってまいりますので、どうぞ宜しくお願いいたします!

まちぴあまつり2018 開催レポート(4)

2018年10月16日(火)  10月8日(月・祝)に、まちぴあ登録団体の皆さんと協力し、盛大に行った「まちぴあまつり2018」。今回は、開催レポート第四弾として、まちぴあ施設屋外、北側駐車場に設置したステージにご出演下さった皆さんをご紹介します。  改めて、「まちぴあまつり2018」には、まちぴあ登録団体の中から出展希望を下さった21団体の皆さんがご参加下さいました。その参加団体の有志の皆さんと、まちぴあまつりをはじめとした主催事業について、アドバイスや意見交換をさせてもらっている、まちぴあ利用者協議会の皆さんを中心に、毎年組織しているのが、 「まちぴあまつり実行委員会」です。  まちぴあまつり開催にあたっては、もちろん主催であるまちぴあ事務局が奮起するのはもちろんですが、それでも行き届かない部分が多々あります。そんな部分を補完し、支えてくれているのが「実行委員会」の皆さんです。  まちぴあまつり2018に話を戻すと、今年は事務局側の提案企画として、ボランティア体験プログラムなどで活躍が著しい大学生たちをはじめとした、若い世代の方たちに施設南側のエリア(開催レポート(1)を参照下さい)を行うことを提案し、実施しましたが、もう一つ目玉??的に話題になったものが、 「屋外ステージの設置」でした。  これまでも、踊りや歌、音楽といった活動団体の皆さんが出演するステージ的なコーナーを館内2階に設けていましたが、予定した時間に来場者の方々が移動しなければならず、かといって、天候に左右されるし、費用的にも負担の大きい屋外ステージを設置することは難しいとなっておりまして。ここ数年のまちぴあまつりにおける大きな課題でもありました。  そんなおり、市役所(みんなでまちづくり課)さんが、簡易ステージ(平台)をお持ちだということから、 「あるんだったら使ってみよう」 「とりあえずおいて置いて、出展団体さんたちが好きに実演すればいい」 「ホワイトボードだけを置いておいて、スケジュールもその場で決めよう」  と、話がまとまっていき、「自由ステージ」と名のついた、参加団体の皆さんが約10分の持ち時間で自由に出演できるステージが試みられたのでした。  そんなことで、試行ということで行ったのが今回のステージでしたが、とても大きな成果がありました。実行委員会さんからのアドバイスもあり、スタッフは事前にステージ台の設置とホワイトボード、一応のストップウォッチの用意をして皆さんの様子を見ています。
DSC07333.JPG
 すると、屋外ブースで活躍して下さった「デックタイ」の皆さんが、タイのメンバーさんたちと一緒にタイの舞踊を披露して下さったのをきっかけに、タイの名物技でもあるカービングの実演が行われました。
DSC07270.JPG
続々と自分たちのテントや活動をPRする方々も現れ、それがよいBGMになって会場を盛り上げてくれました。  特に、屋内出展の2団体「宇都宮ピアノ研究会」さんと、「絆翔H・Y」さんの2団体は音楽や踊りの披露が活動のメインでもあり、とても有効に使って下さいました。 【宇都宮ピアノ研究会】 「ピアノ研究会」は、市内でピアノ講師などをつとめておられる演奏者の方々などを中心に組織されたNPO法人です。30年近い実績をもつ「スプリングコンサート」をはじめとしたコンサート事業を中心に、市内公共施設や高齢者施設からの依頼に応じた訪問演奏活動を行っておられます。
DSC07156.JPG
 まつりでは、屋内1階・情報展示スペースに出展し、ピアノなどの演奏技術についての相談や、音楽をテーマにしたサロンを展開してくれながら、電子ピアノを屋外に移動させて、声楽と合わせての音楽ミニコンサートを行って下さいました。  クラシックを中心に、なんとも贅沢なBGMにもなり、生音の素晴らしさに、まちぴあまつりの深みもより一段と増したところでした。 【絆翔H・Y】 「絆翔H・Y」さんは、2人組のよさこいチームであり、宇都宮市だけでなく、日光市や野木町など、県内各地で行われるイベントに出場し、自分たちで創作したよさこいを披露されています。
DSC07285.JPG
 近年では、歴史ものをモチーフにした物語を彷彿とさせる舞的なよさこいも実演されており、まちぴあまつりでも披露下さいました。また、多くの子ども達が集まっていたこともあり、宇都宮の餃子をテーマにしたダンスを踊るなど、楽しい時間を創出下さいました。  ・・・以上のように、「もののためし」として行った自由ステージがとてもいい効果を生み出した今回のまちぴあまつり。ブース出展して下さった団体の皆さんの特典的なものとして運営したことが結果的に良い方向に行ってくれたものと思います。  この試行については来年のまつりでも前向きに検討しながら、よりよい工夫を団体の皆さんと作っていきたいと思います。  そんなことで、まちぴあまつり2018開催レポートも次回更新が最後となります。最終回の第五段は、屋内の研修室各部屋にご出展下さった皆さんをご紹介します。 (記事投稿:小倉)

まちぴあまつり2018 開催レポート(3)

2018年10月16日(火)  10月8日(月・祝)に、まちぴあ登録団体の皆さんと協力し、盛大に行った「まちぴあまつり2018」。今回は、開催レポート第二弾として、まちぴあ施設屋外、北側駐車場にご出展下さった、活動団体の皆さんの続きをご紹介します。  まちぴあまつり2018には、レポート(2)でご紹介した国際交流やリサイクル活動団体の他にも6団体がご出展されました。 【学びの映像舎】  学びの映像舎さんは、宇都宮市を中心に地域で行われている行事や各種団体が行っている活動、資料映像として保存したいというニーズなどに応えながら、様々な取り組みを映像に残す活動を行っています。
DSC07183.JPG
 今回のまつりでは、昨今、テレビなどを中心によく撮影された映像を目にするようになった「ドローン」を紹介しながら、安全に操作する体験コーナーを行いました。操作を含めた安全性に不安も多い機器ですが、子ども達と中心に興味津々となりまして、多くの参加者がドローンの飛行や機能の紹介を熱心に聴いていました。 【日本技術士会栃木県支部】  日本技術士会さんは、デックタイグループの皆さんと同じ、まちぴあオフィス入居団体でもある活動組織です。電気や機械といった分野の操作、管理、メンテナンスなどの技術を持った方々で作られており、様々な分野の先進的内容を扱った講演会や、研修会などを開催されています。
DSC07103.JPG
 専門的な分野を扱う団体ですが、小学生をはじめとした子ども達への科学への啓蒙活動についても熱心に取り組んでおり、毎年12月に行われる「ECOテック」や、5月の「フェスタmy宇都宮」などにも継続的に参加されており、自動車が動く様子を、工作を交えて学ぶ工作教室などを行っています。  まちぴあまつりでは、植物の種が飛ぶ仕組みを説明しながら、ヘリコプターのように飛翔する科学工作コーナーを担当下さり、多くの子ども達が楽しみながら学んでいました。 【日本熊森協会栃木県支部】  熊をはじめとした里山に住む動物たちを害獣として駆除するのではなく、里山から人里に降りてこなくても生活できる自然環境を取り戻そうと活動している、環境保護団体が熊森協会です。
DSC07116.JPG
 今回は、会員の方々が参加して、紹介パンフレットを配布するなど活発な交流と情報交換を行って下さいました。 【NPOせせらぎ】 「NPOせせらぎ」さんは、花粉症や腰痛など生活に密接な関係と影響がある病理を中心に、医療とは別の観点から自分でできる対処法をアドバイスする活動を行っている団体です。
DSC07223.JPG
 まちぴあまつりでは、健康相談に加えて、リラックスできる姿勢や花粉対策のコツなどを実演を交えてレクチャーするコーナーを展開下さいました。 【パーソルキャリアコンサルティング(株)】 「パーソル〜」さんは、市内に営業所をもつ人材派遣等の事業を展開している企業さんです。再就職を目標にした就労支援プログラムを運営しており、その一環として、まちぴあが実施しているボランティア活動に参加下さることも多い登録団体です。
IMG_9473.JPG
 また、ボランティアとは別に就労支援事業の中で、管理運営している自社農場があり、そちらで取れた、さつまいもやネギといった野菜を収穫して販売して下さった他、採りたてのサツマイモをスティック状に加工して、その場で食べることもできる出展をしてくれました。お野菜は、近所の奥様を中心とした皆さんに、お芋スティックは子ども達に大人気でしたね♪ 【ヘルスフードマイスター協会】 「ヘルスフードマイスター協会」さんは、人生100年とも言われる現代において更に重要性を増してきている健康維持・増進といった問題に、日々の食生活から見直すことで、薬や医療に頼り過ぎない社会づくりをすすめる事業を行っています。  具体的には、もっとも日常生活に関連する「食」の大切さを学びつつ、実際に料理できる人材を育成するヘルスフードマイスター講座を主催し、様々な年代の方々へ食の大切さを伝えています。
DSC07280.JPG
 今回のまつりでは、講座を修了し、資格を得たマイスターのメンバーも集まり、そばやチヂミといった食品を販売して下さいました。普通に食事をする中で、素材や調理法をより深く理解することの大切さを、おいしい料理を楽しみながら市民の皆さんに伝えてくれていました。  ・・・以上、今回と前回のブログでは、屋外出展12団体の様子を簡単にご紹介しました。  次回更新では、まちぴあまつり実行委員会の中で「やってみよう!」と試みた、屋外の「自由ステージ」に登場して下さった皆様をご紹介します! (記事投稿:小倉)

まちぴあまつり2018 開催レポート(2)

2018年10月14日(日)  10月8日(月・祝)に、まちぴあ登録団体の皆さんと協力し、盛大に行った「まちぴあまつり2018」。今回は、開催レポート第二弾として、まちぴあ施設屋外、北側駐車場にご出展下さった、活動団体の皆さんをご紹介します。
DSC07317.JPG
【まちなかせかいネット&シャプラ二ールとちぎ架け橋の会】  宇都宮市内を中心に、栃木県内の国際交流・協力の団体と連携しながら、国際協力事業を長年にわたり行っている団体です。前回の学生団体「KAKEHASEEDs」の皆さんも、一緒に活動することの多い団体です。
DSC07190.JPG
 近年、特に力を入れているのが「フェアトレード(=FT)」の県内への推進啓蒙活動です。FTは、発展途上国などで生産される農作物や手工芸品などを、正規の価格でやり取りすることによって、買い物をすることが直接、生産国の支援につながるという取り組みです。諸外国では、こうした理念を広め「フェアトレードタウン」として地域体そのものが、国際協力・社会貢献として取組んでいる事例もあるそうで、宇都宮市でもこうした動きを強めたいと日々活動されています。  まちぴあまつりでは、フェアトレードコーヒーの販売や民族衣装サリーの試着体験など、大人から子どもまで国際貢献を感じられる出展をして下さいました。 【とちぎYMCA】  市内で活動している、公益財団法人の皆さんです。福祉・国際など様々な事業を展開しながら、組織内の有志が集まったボランティアグループとしても活動しています。連携している「まちなかせかい」「シャプラ二ール」の皆さんと一緒に、国際交流・協力分野の活動に取組んでいます。
DSC07189.JPG
 今回のまつりでは、インドネシアやフィリピン、北タイなど各国の民芸、手芸品を扱うフェアトレードマーケットを実施して下さいました。  この3団体を含め、学生団体「KAKEHASEEDs」など国際交流団体の皆さんは、これまで独自のイベントを開催するなどフェアトレードを広める活動を行ってこられました。今年からは、地域で行われるイベントに自分たちが参加していくとともに、交流会や勉強会といった理解を深める集いを展開することで、「宇都宮をフェアトレードタウンに!」の目標に向って頑張っているそうです。 【デックタイグループ】  まちぴあ登録団体でもあり、まちぴあの貸しオフィスにも入居下さっているNPO法人です。その名の通り、宇都宮市をはじめとした地域で生活している在日タイ人の方々を支援する、当事者・支援者の会です。
DSC07273.JPG
 例年、まちぴあまつりにも参加して下さり、本場の味をうまい具合に日本人向けにアレンジしてくれたグリーンカレーをはじめ、タイの料理を販売してくれました。デックタイの皆さんは、こうしたイベントでの交流活動に積極的に参加しているだけでなく、仕事などの理由で日本に来られたタイの皆さんの生活支援、行政手続きのサポートなど、生活に密接した活動も行っています。  先日は、タイ大使館の方々が入居しているオフィスに視察にくるなど、本国からも期待される活動を行っておられます。 【遊布の会】  家庭に眠っている、様々な布材を用いて、ポーチやコサージュなどリサイクル布製品に蘇えらせて、バザー活動を行っている奥様たちの団体です。もともとキレイな着物などだけでなく、日常的にお馴染みのタオルやシーツといった材料が、とても細やかな作品に変わってしまうのは、手品を思わせる驚きがあります。
DSC07126.JPG
 こうして販売した販売益は、市社会福祉協議会など福祉関連の活動や団体に寄付しているとのことで、自分たちのできるワザを用いて活動を楽しんでおられる皆さんですね♪ 【ぞうり・アミ】 「遊布の会」の皆さんと同じ、リサイクル布材を用いた創作活動を行っている団体です。同じ分野の団体さん同士、今年も隣り合わせて出展下さった、まちぴあまつりとなりました。  ぞうり・アミさんは、その名の通り、布材を使ったぞうりづくりを広めている皆さんで、作品の販売だけでなく、まちぴあをはじめとした市民センターなどで布ぞうり作り教室を展開するなど、リサイクルをできる人材育成にも取組んでおられます。
DSC06955.JPG
 まちぴあまつりでは、販売と併せて、短い時間でできる「布ぞうりストラップ」(超小型のぞうり型飾り)の工作教室を開いて下さり、ご家族連れの皆さんをはじめ幅広い年代の皆さんと楽しい時間を過ごして下さいました。  ・・・以上、今回のブログでは、屋外出展6団体の様子を簡単にご紹介しました。皆さん、販売だけでなく、様々な体験を盛りこんで、まつりにご参加くださったことで、食べながら、遊んで、学んで、交流できるコーナーを展開下さいました。  次回更新では、屋外出展下さった残り6団体の皆さんの様子をご報告いたします!! (記事投稿:小倉)

第45回釜川コケ落とし大作戦 実施報告

2018年10月13日(土)  10月13日、4月〜10月までの約半年に渡り、月に1回開催しているボランティア体験プログラム「釜川コケ落とし大作戦」を実施しました。今年度第7回(通算45回目)となる河川清掃活動を行いました。  清掃活動に携わる主催者も参加者もありがたいと思う、釜川清掃日和こと「くもり」でもあり、暑かった頃と比べると秋の気配が一気に強まった昨今らしい気温で、肌寒さも心配しておりましたが、そんなこともなく無事に行うことができました。
DSC07462.JPG
 実のところ、今回の2018年度第7回活動をもって、今年度の最終回となるコケ落とし大作戦ではありましたが、今回も10名のボランティア希望者の皆さんが集まって下さいました。  特に今回は、「まちぴあまつり」も含め、当センターの各種事業に色々と参加下さっている「テンプスタッフキャリアコンサルティング(株)」の皆さんのように、リピート参加の皆さんだけでなく、  10名の内半分以上が、高校生・大学生といった若い方たちのご参加で。さらにその半数も、これまでのコケ落としに参加しながら、改めて希望を下さったリピーターさんでした。人数うんぬんのではなく、こうした世代の子達が、自分たちで参加を決めて、また来てくれたということが、最大の喜びだった今年度最終回となりましたね。  さて、活動ですが、前回は清掃日以前に降った雨、台風などの影響からか、かなりな増水じゃぶじゃぶ池となっておりましたが、今回は更に下流の2層河川合流地点の清掃も施されていたこともあって、普通の水かさの釜川でした。 「今日は作業しやすいですね!!」
DSC07429.JPG
 と、前回やこれまでの活動を体験している高校生たちからは、意気揚々とした声があがりまして。また、これまで月1回の清掃の成果か、いつもの半分くらいの人数ではあったものの、とてもスムーズに活動することができました。  経験者とはじめての学生たちが半々だった今回。経験者の子達が率先して、清掃ポジションを実践してくれたこともあり、いつもと同じ、親水スペース(じゃぶじゃぶ池)とその下流の同じ箇所でしたが、テキパキと活動をすることができました。
DSC07455.JPG
 活動時間は1時間たらずだったと思いますが、クオリティはいつものとおり。これも今年度の活動の成果と言えると思えます。いやぁ、今回に限ったことではないですが、参加下さった皆様、まことにありがとうございました。  さて、そんなことで、無事に今期の活動を全うできたコケ落とし大作戦。自然災害も色々話題になった今年ですが、釜川コケ落としに限っては、全7回の活動を全て実施することが出来ました。  おかげ様で、延べ参加人数も178名と、何回か中止になった昨年度よりも30名以上多い結果となりまして。この点についても主催者として有難い限りです。 「釜川はやっていて楽しいので」  と、今回ご参加下さった学生さんたちからも言ってもらえた、コケ落とし大作戦。こうしたお言葉を直接いただけるのも、この活動の醍醐味でございます。また、来期、春4月から再開(再開)できるように、本日は活動終了後にデッキブラシ他、来期に向けての備品を充実させました。  そんなことで、「気軽に」「ゆるく」できることをテーマに、変わらないスタイルで10年以上続けているコケ落とし大作戦。来期もあまり期待しないで、気が付いたら募集しているね、くらいの絶妙な存在感でやっていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。  最後に、今期これまでも。そして今回もご参加下さったボランティアの皆様。まことにありがとうございました!!! (記事投稿:小倉)

「まちぴあまつり2018」開催レポート(1)

2018年10月11日(木)  今年も「まちぴあまつり」の季節がやってきました!  10月8日(月・祝)に行われた今年のまちぴあまつりは、台風の進路が非常に心配された開催日でしたが、暑くもなく寒くもない最高のコンディションの中実施することができました。
DSC07320.JPG
 今年のまつりには、まちぴあ登録団体の中から22団体が出展して下さいました。子育て、高齢者福祉、国際協力、外国人支援、環境保護、文化芸術と今年も特色ある活動を日々行っている団体の皆様が一堂に会し、  年に一度の活動を交えての団体間交流と、会場である、まちぴあに遊びに来て下さった利用団体の皆さんや、近隣小学校や地域の皆さんなどとの交流を深めました。  これから数回にわけて、まちぴあブログでは「開催レポート」を更新して参ります!  まずは、屋外。施設南側のスペースで行われた「特別企画」をご紹介しましょう。今年は、大学生など若いメンバーが中心となって活動している「自然教室ネイチャーフレンド」さんと、「KAKEHASEEDs」の2団体に協力頂き展開しました。
DSC07275.JPG
 子ども達を対象にした、体験コーナーを運営してほしいと事前にまちぴあ事務局と一緒になって企画を練って下さった2団体。双方のブースともにとても盛況でしたね。
DSC07234.JPG
 小学生を対象とし、大学生をはじめとした大人メンバーが自然とのふれあいや遊び方を学ぶ体験学習活動を行っている「ネイチャーフレンド」さんでは、秋の季節をテーマにしたネイチャー工作を中心に会場を盛上げてくれました。
DSC07313.JPG
 男の子にも女の子にも人気だった、松ぼっくりを使ったデコレーション工作は、大人でもうなりそうな本格的な自然芸術工作で、細かい作業を大学生のメンバーが手際よく教えてくれることもあり、大盛況でした!!  一方、国際協力の一環としてフェアトレードを推進する活動を行っている「KAKEHASEEDs」の皆さんは、フリーマーケット形式で途上国の産品を販売してくれたほか、タイのトリ笛の絵付け体験など工作コーナーも行ってくれました。
DSC07216.JPG
 また、遊びながら外国を知る体験コーナーも展開してくれて、一定のスペースを使って行う「ブラジル鬼ごっこ」が大人気!!特に男の子を中心に、お兄さんたちが遊んでくれたことも、子ども達の満足度をメキメキと上げてくれたのかと思います。
DSC07250.JPG
 今年のまちぴあまつりは、子ども連れのご家族を中心にたくさんの方々が遊びに来てくれました。約420名の来場があったことも嬉しい成果ですが、スタートの10:00から14:00の終了に至るまで、存分に楽しんで下さった皆さんが多かったことも、とても嬉しい結果でした。  こうした成果の一因に、特別企画を担って下さった2団体の活躍があったことはもちろんですが、他の出展団体の皆さんも、大いに会場を盛上げてくれました。そんなことで次回のパート2の更新に続きたいと思います。 (記事投稿:小倉)

2018年10月度「まちぴあ研修室調整会議」実施報告

2018年10月6日(土)  更新記事としては、3ヶ月に一度のまちぴあ研修室の利用希望を調整する「調整会議」の実施報告がメインでございますが、それよりも何よりも、来る10月8日(月・祝)に迫りました、 「まちぴあまつり2018」  の開催について、改めて宣言いたします。台風の影響で戦々恐々だった開催の有無ですが、これから台風に備えねばならない地域の方々には申し訳ないことではありますが、栃木県を含めた関東に直撃することはないらしいとのことでもありますので、  10月8日(月・祝)まちぴあまつり開催します!!  10:00〜14:00までの実施です!!!  まちぴあ屋内外敷地全てを使いますので、お車でお越しの方は、乗り合わせをしていただきながら、白楊高校の臨時駐車場(校内を直進し、グラウンド北側の砂利のスペース)に駐車下さるようにお願い致します。  はい、担当としましては安心して本日の調整会議に望めました。そんなことで、今回も朝早くからお集まり利用団体の皆様にお集まり頂いた会議の様子を報告いたします。 ・・・・・・・   ・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・  本日、定期的にセンターの研修室を利用している登録団体の皆さんが、研修室の予約をおさえる「研修室調整会議(2019年1〜3月分)」を行いました。  今回の調整会議は登録団体52団体、60名ほどの皆さんにご参加いただきました。
DSC07046.JPG
 8月以降から年度末にかけて、庭園のあったまちぴあ施設南側スペースでのLRT関連工事がすすむ中ではありますが、大きな混乱もなく、とてもスムーズに話し合いや利用希望の調整をさせてもらうことができました。  今回も一時間かからない時間でのコンパクトな会議にすることができ、まちぴあまつり直前のスタッフにとってもとても助かった会議となりました。  さて、次回の調整会議は、2019年1月12日(土)に行う予定です。  まことに早いもので、平成最後といわれる期間もカウントダウン的な時期に入ってきてしまう新年スタート後の会議開催となりますので、よろしくお願いします。  研修室の利用希望を先に調整しておく、「事前エントリーシート(4月〜6月)」の配布開始は、2018年12月1日(土)からとなります。締切は12月28日(金)までとなっております。年末年始休館(12月29日〜1月3日)もあり、少しだけ募集期間が短めとなっておりますので、ご注意頂きながら、ご来館下さい。  また、今回の会議参加の皆様には改めてお声がけいたしましたが、最近、研修室キャンセルをしない(忘れてしまう?)団体さんが少なからず見受けられます。まちぴあは、事前に予約下さった皆様と、当日、空室があれば即座に使いたいとされる方々の両方にお使い頂いている施設です。  キャンセル忘れのままにしておくと、当日使用の団体さんが使えはずの研修室が使えないということも生じてしまいます。今後、寒い時期に入ってくることもあり、急な体調不良や予定していなかった出来事があることもあると思いますが、そんな際にも慌てずに、まずは、まちぴあ研修室のキャンセルについても早めのご対応、ご連絡をいただけると幸いです。  まちぴあまつりに限らず、こうした皆様のご協力によって運営されている「まちぴあ」でございますので、よろしくお願いいたします!! (記事投稿:小倉)

参加団体の皆様へ!「まちぴあまつり2018」開催有無の連絡について

2018年10月3日(水)  先ほど、更新させていただきました「まちぴあまつり2018」。  実施は10月8日(月・祝)と、もう少し寝れば・・・の段階に入っております。準備も着々としておりますがしかし!  南(南東?)からやってくる台風。気になって仕方がありません。Yahoo!の週間天気によりますと、10月3日夕方現在、栃木県を含めた関東地方は晴れ/曇り。
tennki-1.JPG
 気温も天気もいい感じなのですが、ネットニュースを散見するに、「急激な方向変化」「急速な発達」も予想されるとのことで。
tennki-2.JPG
 ともかくヤキモキしております。  そういうことですので、飲食を含めた出展団体の皆さんの準備も考えて、少し早いタイミングかもしれませんが、開催の有無については、10月5日(金)17:00の時点で発表したいと思います。  参加団体の皆様については、申し込み時の連絡担当者様に、雨が降っても晴れてもご連絡致しますので、皆様よろしくお願い致します。 (記事投稿:小倉)

「まちぴあまつり2018〜であう・きづく・つながる〜」開催のお知らせ

2018年10月3日(水) まちぴあまつり2018〜であう・きづく・つながる〜  「まちぴあ」は市内で活動しているボランティア・市内活動・CSR活動(社会貢献に取り組む企業の活動)・自治会・協議会といった地域における、まちづくり活動に関わる団体や個人の方の活動拠点です。 拠点である「まちぴあ」を会場に実施して、今年が5度目の開催となります。 machipiamaturi.jpg machipiamaturi2.jpg ※クリックすると拡大します。 宇都宮市内を中心に、各地域で活躍される様々な分野の活動団体が集います。 イベントを通じて、活動団体の皆さんと出会い、まちのために「できること」をみつけましょう。 ●日 時: 2018年10月8日(月・祝)10:00〜14:00 ●会 場: 宇都宮市まちづくりセンター まちぴあ  ※白楊高校に臨時駐車場を設けておりますが、駐車台数には限りがありますので、公共交通機関をご利用頂くなど、ご協力をお願いします。 【屋外駐車場ブース】 ・シャプラニールとちぎ架け橋の会まちなか・せかいネット -とちぎ海外協力NGOセンター- とちぎYMCA 3ブース合同によるお買い物でできる国際交流 「フェアトレードタウン」の実施 ・遊布の会:リサイクル布材を使った作品販売 ・日本技術士会栃木県支部:紙コプターなどの科学工作 ・ぞうり・アミ:布ぞうりワークショップ&販売 ・学びの映像舎:ドローン体験 ・日本熊森協会栃木県支部:自然環境活動のPR&販売 ・NPO法人デックタイグループ:タイ料理販売 ・ヘルスフードマイスター協会:食品販売&ヘルスフードの紹介 ・パーソルキャリアコンサルティング(株): 自社農園直送野菜とふかし芋など食品販売 【館内1F】 ・宇都宮ピアノ研究会:ピアノ演奏などの音楽に関するよろず相談 ・MOAインターナショナルとちぎ: 食育をテーマとした料理体験と食育活動の紹介 ・おたすけclubぴあかん:ピアサポート相談会の実施 ・絆翔〜HY〜:よさこい実演&体験 【館内2F】 ・共楽マジッククラブ:マジック体験&工作遊び ・仕事と子育て両立支援センター:子ども対象の工作遊び 【特別イベント〜若者企画】 特別ブース.JPG自然教室ネイチャーフレンド:ネイチャークラフトなど ・KAKEHASEEDS:フェアトレードに関する販売やゲームなど ≪まちぴあスタッフによる体験≫ ハロウィンカボチャ飴.jpg ☆バルーンのウシさんプレゼント ☆まちぴあに隠されたハロウィンかぼちゃを見つけ出せ 【参考URL≪昨年の様子≫】 ・『まちぴあまつり2017』実施レポート part1『まちぴあまつり2017』実施レポート part2『まちぴあまつり2017』実施レポート part3『まちぴあまつり2017』実施レポート part4 【問合せ】 主催:まちぴあまつり2018実行委員会・宇都宮市 宇都宮市まちづくりセンター“まちぴあ” (〒321-0954 宇都宮市元今泉5-9-7) TEL: 028-661-2778 FAX: 028-689-2731

「まちぴあまつり2018参加団体説明会」実施報告

2018年9月17日(月・祝)  9月16日、開催まで約3週間ほどとなりました、まちぴあ登録団体が一堂に会すイベント「まちぴあまつり2018」の参加団体説明を行いました。  まちぴあ敷地内で恒例の開催となった「まちぴあまつり2018」には、屋外にて販売などのブース出展をして下さる11団体と、館内1階に4団体に、2階研修室の体験コーナーに2団体の皆さんがご出展下さいます。
DSC06634.JPG
 今年は、まちぴあ南側駐車場のスペースを使って、学生を中心した活動団体「自然教室ネイチャーフレンド」と「KAKEHASEEDs」が、自然活動や国際交流など日頃行っている活動を活かしながら、子ども達対象の工作やフリーマーケットを行う、 「わかもの企画」  を実施する計画でおります。  この日の説明会には、参加19団体中、13団体の皆さんが集まり、屋外出展のブース位置や、ステージの出演順、火器・食品などの注意事項や、前日&当日のスケジュールの確認を行いました。  実行委員会の皆さんにもサポートいただいて、今日まで構築してきた「まちぴあまつり2018」も、今日の説明を経てより準備万端になってきました。これからは、看板などの備品や、許可関係の準備を進める段階に入ってきました。  小粒ですが、まちぴあ版の協働活動といった風が、一層濃くなってきている今回のおまつり。 「何か落ちつくんですよね」  と参加団体の皆さんに言ってもらえるようになった「まちぴあまつり」。おまつりのモットーである「であい、きづき、つながる」イベントに仕上がりそうで、担当者としましては、利用団体、参加団体の皆様にお礼の言葉もございません。  広報も含め、当日、みんなで楽しめるように参加団体の皆さんに負けないように準備を頑張りたいと思った説明会となりました。  ちなみに、この会議にご参加になれなかった参加団体の皆さまには、ブース位置や出演順を事務局で構成した資料を近日中にお送りする予定です。説明会参加団体の皆さんも含め、不明な点がありましたら、事務局:小倉までご連絡下さい。  そんなことで、「まちぴあまつり2018」は10月8日開催です。あとは、台風をはじめとした天候の心配だけですかね?? 皆さま、今後とも宜しくお願いします! (記事投稿:小倉)

宇都宮ピアノ研究会主催「ティーサロンコンサート2018」 取材報告

2018年9月4日(火)  去る9月2日(日)に、まちぴあ登録団体でもあり、まちぴあで開催する「まちぴあまつり」をはじめとした事業に関って下さっている、NPO法人宇都宮ピアノ研究会さん主催による、音楽コンサートが、栃木県総合文化センター音楽練習室を会場に行われました。 「ティーサロンコンサート」  は、生の楽器演奏による音楽の素晴らしさをもっと身近に感じてもらおうと、ピアノ研究会の皆さんが、初秋と12月ごろの年2回行っているサロンコンサート活動です。今回の実施にあたっても、まちぴあに前日までの広報協力と当日取材の協力依頼を頂いたこともあり、まちぴあスタッフ1名が参加させて頂きました。  サロンコンサートが開始されて以来、毎回まちぴあでの取材を申し込みいただいており、そのつど、素敵な演奏ともう一つのメインである喫茶を堪能させてもらっています♪
IMGP6301.JPG
 素敵な楽器の生演奏と、お茶、コーヒーなどを喫するひと時は、こうしたサロン形式のコンサートでしか味わえない豊かな時間ですね。  さて。今回のコンサートは、「クラシック〜タンゴ・幅広いヴァイオリンの魅力」と題して、法人代表さんと何十年来の親交があり、小学校時代を栃木市大平町で過ごすなど、栃木県ともゆかりのある、ヴァイオリン奏者・志村 洋子氏と、  数々のリサイタルやテレビなどのメディアでも活躍されている、ピアニストの松村 雅子氏を迎え開催されました。  会場には、これまでの音楽活動で研究会さんのファンになった皆さんをはじめ60名以上の皆さんが集まっておられました。その世代や子どもから大人までいらっしゃいまして。ピアノに興味をもちはじめたという3歳のお子さんが、一番前の席で真剣に聞き入っている姿も印象的でした。
IMGP6289.JPG
 曲目は、モーツァルト作曲の「ヴァイオリンソナタ 第4番 ホ短調」をはじめとしたクラシック音楽に加え、「情熱大陸」などの聞き馴染みのある楽曲など全9曲が奏されました。  ティータイムをはさんだ後半には、タイトルにもあるタンゴの曲「真珠採りのタンゴ」や「リベルタンゴ」といった楽曲が奏され、ヴァイオリンソロとは思えない情熱的で迫力のある演奏と、ヴァイオリンを包みながら、音の魅力を伝えてくるピアノ演奏がありました。  元来が音楽に疎いブログ更新者ですので、文章に限界を感じながらも、この空間の素晴らしさに圧倒されたところでございました。  毎回取材にお邪魔させて頂いているのに、本当に進歩がないと思いつつも、こうしたものでも音楽を楽しみきてほしいというピアノ研究会の皆さんのお気持ちは、よくよく理解できます。こうした思いがあるからこそ、  毎回おいしいお菓子を提供している「食事サービスさくら草」(市内で高齢者などを対象に食事サービスの活動をされている団体)さんなど、他の活動団体とつながった企画が、続けられているのだと思いました。  ・・・今回も、素晴らしけども、日常の生活をいつも通りに送っていては中々触れることのできない音楽の世界に触れさせてもらって、ありがとうございました。会を主催された研究会の皆様、出演者の皆様、お疲れ様でございました。  さて、NPO法人宇都宮ピアノ研究会さんでは、この度、まちぴあブログと同じく、公益活動のポータルサイト「CANPAN」を利用して、NPO法人の公式ブログを開設されました。  まだまだ、開設されたばかりだそうですが、まちぴあブログではとてもでないけど紹介できない音楽の世界や、会員の皆さんが取組む演奏ボランティアなど日々の活動を見て、コンサートへの参加や協力・応援につながって行ってほしいと思います。 「宇都宮ピアノ研究会ブログ」  も、ぜひ、ご覧下さい。また、毎年の流れですと、12月にはクリスマスバージョンのティーサロンコンサートが予定されています。これまでメインの会場であった、栃木県総合文化センターが改修工事に入るため、今後の予定は分かりませんが、ティーサロンをはじめ、春に行われている「スプリングコンサート」などのピアノ研究会の皆さんの音楽活動に、今後もご期待下さい。 (記事投稿:小倉)

第2回まちぴあまつり2018実行委員会 実施報告

2018年8月28日(火)  毎年恒例の「まちぴあまつり」を開催すべく、6月末に第一回目となる実行委員会を開催しました。そこから時間が過ぎるは早いもので、8月お盆明けには、出展希望団体の皆さんからのエントリーが取りまとめられ、  去る8月27日、第2回目となる実行委員会を開催することができました。  今回の実行委員会には、実行委員のメンバーの皆さんに加え、屋外に出展予定の団体の皆さん19団体中、9団体13名が集まって下さり、行ないました。
DSC06460.JPG
 飲食出展など施設の設備を利用する団体の皆さんの配置や、まちぴあ側で今回の目玉イベントとして予定している、若者たちが中心となって活動している「自然教室ネイチャーフレンド」さんと「国際協力団体KAKEHASEEDS」がおくる『特別イベント〜わかものきかく』の実施場所を定めるなど、会場レイアウトを検討しました。  また、お申込頂いた団体出展内容が出揃ったこともあり、チラシも完成していることから、参加団体の皆さんは早くも広報協力を打診させていただきました。さらには、イベント当日に様々な出し物を検討中の皆さんから、飲食のメニューや工作の内容など、各団体で進めてもらっている内容の詳細の把握もすることができました。  屋外ブースの出展団体の皆様については、活動内容が同種であったり以前から親交のあった団体さん同士でゾーニングしたいなどの意見もあり、次回開催予定の説明会にむけての準備につなげることも出来そうな実行委員会となりました。  次回の会議は、9月16日(日)にまちぴあで予定している「参加団体説明会」となります。この会議では、出展の際に必要となる机・イスなどの物品の確認と、テント設営や飾りつけをはじめとした前日準備に関するご協力を呼びかける予定となっています。  8月後半に入り、夕方からは一気に秋の空気も迫ってきたところ。本番の10月8日(月・祝)も、間もなくやってくるのですしょう。  登録団体の皆様、今後ともよろしくお願い致します! (記事投稿:小倉)

第1回まちぴあまつり2018実行委員会 実施報告

2018年6月27日(水)  毎年恒例になりました、「まちぴあまつり」ですが、今年も10月の開催に向けて、実行委員会がスタートしました。去る、6月25日(月)に、「まちぴあまつり2018」の第1回実行委員会を行いました。  今年は、毎年お借りしている駐車場の関係もあって、10月8日(月・祝)の開催となることがきまり、今回の実行委員会では、参加を呼びかける募集要項の検討を行いました。  会議には、まちぴあ利用者協議会の皆様をはじめとした実行委員団体の皆さんが、3団体5名参加して下さり、屋外駐車場スペースに展開するテントブースの個数や、  館内で出展いただく、各部屋の募集数などを検討しました。  また、まちぴあまつりのテーマとして設定している「出逢う・気付く・つながる」をどんな形で各参加団体が表していくのか、募集の際の申込内容に盛り込むなど、より団体や地域の皆さんと交流を深められる事柄について議論を頂きました。
DSC05360.JPG
 おかげをもちまして、募集要項の骨子を今回の会議でつくることができ、7月中旬には登録団体の皆さんに送付できるよう準備をすすめていこうと思います。  ちなみに、次回の実行委員会は、あらかた募集希望団体が出揃う、8月27日(月)18:00から開催します。第2回目の実行委員会では、ブース・出展団体の皆様にもお集まり頂き、当日のまつりを盛り上げるためのアイデア会議にしたいと考えています。  そんなことで、今年もまちぴあまつりが始まりました!  登録団体の皆様、今後ともよろしくお願い致します! (記事投稿:小倉)

KAKEHASEEDS(カケハシーズ)「フェスタmy宇都宮」取材報告

2018年06月14日(木) KAKEHASEEDS(カケハシーズ)「フェスタmy宇都宮」取材報告  先日20日、宇都宮城址公園を中心に「フェスタmy宇都宮2018」〜ときめいて今!この街が好き〜が開催され、まちぴあもまちぴあひろばとして登録15団体の皆さまと共に活動を行いました。 kakehaseed.jpg 「KAKEHASEEDS」のフェアトレード商品 その中でとちぎYMCA&タラと世界を考える会、宇都宮大学の国際協力サークル「リソースネットワーク」と共に活動を行ったのが、宇都宮大の国際協力サークル「KAKEHASEEDS」です。  KAKEHASEEDSは国際協力NGOシャプラニールの地域連絡会であるとちぎ架け橋の会と協力してイベント(まちぴあまつり含め)に参加したり、『フェアトレード=お買い物でできる身近な国際協力』としてバングラデシュ・ネパールの手工芸品を販売や体験型ワークショップ(チョコレートデコレーション体験やオリジナルの外交ゲーム)などの活動を行っています。 kakehaseed2.jpg  ここでまずフェアトレードとは?貧困のない社会をつくるため途上国の生産者と先進国の消費者が対等な立場で行う貿易のこと=生産者の生活向上を支える運動。  食品の大手を海外から輸入(コーヒー、紅茶、チョコレートなど)ほとんどが途上国で生産される生産者への適切な賃金の支払いを保証するものが、フェアトレードであり、そのような課程で生産されたものをフェアトレード製品といいます。  フェスタmy宇都宮2018では、フェアトレードをより身近に感じてほしいという想いを込め、市民の方から募集したデザインを学生がアレンジしたオリジナル包装のフェアトレードチョコレート“まちチョコ”」やバングラデシュの手拭い、ノクシカタポーチ付きティッシュ、手織布の小銭入れ、ネパール産コーヒー“太陽とヒマラヤの恵み”などフェアトレード商品の販売を行っていました。 小さなお子さんや高校生、フェスタmy宇都宮出展者の方も足を止めてメンバーの方々と話合ったり、フェアトレード製品を購入していました。  今年度まちぴあ新規主催事業で6月30日(土)10:00〜12:00に行われる「学生ボランティア体験プログラム説明会」にご参加いただき、学生の皆さんに活動紹介や後日行なわれる活動予定についてお話していただく予定になっております。  まちぴあまつりグローバルセミナー2018、オリオン通り内ACプラザで行われるイベントを行う予定になっており、興味関心のある学生さんが積極的に自ら企画に協力していただくようプログラムを考えていただいています。 フェアトレードって言葉は聞いたことはあるけど深くは知らない、メンバーはどのような想いで活動しているのかなど参加しながら感じてみてはいかがでしょうか。 (記事投稿:小松)

平成30年度まちぴあ利用者協議会全体会議 実施報告

2018年6月9日(土)  6月9日、まちぴあを会場に、「平成30年度まちぴあ利用者協議会全体会議」を開催しました。  平成30年度4月1日現在でのまちぴあ団体登録数は、204団体(5月31日では、218団体)であり、これら登録団体の皆さんが一堂に会す場として行っているのが、利用者協議会全体会議です。
IMGP5819.JPG
 今年の全体会議には、事前に頂いていた105件の委任に加え、12団体14名の皆さんが集まって下さり、行うことができました。議事では、団体の活動に参加している一般利用者の方々にも参加頂けるように工夫した「まちぴあまつり2017」の様子や、昨年度から実施している、学生やシニア向けの主催講座の状況などを説明しました。 「まちぴあまつりの工夫」については、同じく昨年度から実施した「飾りづくりワークショップ」の発展版として企画した「大型フラッグアート」の作成などの報告を行い、まつり当日にも、来場した子ども達に体験してもらった成果をお伝えできました。  また、今年度の活動計画についても発表し、毎年一番の事業目標でもある「まちぴあまつり2018」の実施についても活動予定を発表し、6月25日(月)から「まちぴあまつり実行委員会」を皮切りに、はじめられることとなりました。  今年度は、まちぴあ登録団体の皆様にも協力いただき、高校生や大学生を対象にした「ボランティア体験プログラム」で、活動先の受け皿となってもらうとともに、前述したまつりでも、大学生を中心とした団体の皆様に、子ども達が楽しめる企画を考案してもらい、実施するなどといった大まかな流れをご紹介することができました。  平成30年度の事業展開については、利用者協議会の役員団体や登録団体の皆様に、積極的に関っていただく事業を行なうことができることとなり、まちぴあ事務局としても、ますます頑張ろうと気持ちを新たにできました。 ・・・・・・・・・  議事終了の後には、「交流会」と題してご参加下った皆様と情報交換する時間も設けられました。
IMGP5828.JPG
 昨今、まちぴあでは、ホームページや当ブログの情報をきっかけにボランティア参加のご相談を頂くケースが増えております。そこで、団体の活動情報を、チラシやメールなど何かしらの形にして、まちぴあに頂くことで、ボランティア募集やイベントへの協力など、一般市民の皆さんにどんどん情報を伝えていけるように、  今後ますます情報発信・収集の重要性を集まった皆さんと共有することができました。  このようなことで、今年も無事に全体会議を終了することができました。毎年のことでございますが、全体会議が終わると今年度の事業も本格的にスタートしていきます。団体の皆様につきましては、今後とも緩やかなつながりの中で、まちぴあへのご助力を頂ければ幸いです。  本日のご参加ありがとうございました! (記事投稿:小倉)

NPO法人宇都宮ピアノ研究会主催「第29回スプリングコンサート」開催のお知らせ

2018年04月08日(日) NPO法人宇都宮ピアノ研究会主催 「第29回スプリングコンサート」開催のお知らせ 0414spring.jpg ※クリックすると拡大します。 ●日 時: 2018年04月14日(土)13:30開演〜16:30終演予定(13:00開場) ●会 場: 栃木県総合文化センター サブホール(栃木県宇都宮市本町​1-8) 【参考URL】 ・第28回スプリングコンサート 取材報告まちぴあまつり2017実施レポート 宇都宮ピアノ研究会 ●入場料: 無料 ≪プログラム≫ ◇鈴木 雅子(ピアノ) ・ラフマニノフ:前奏曲第五番 ト短調 ◇塩澤 恵美(メゾ・ソプラノ)、金澤 玲子(ピアノ) ・江間 章子作詞 團伊 玖磨 作曲「花の街」 ・山村 暮鳥作詞 中田 喜直 作曲「たあんきぽーんき」 ・高野 辰之作詞 岡野 貞一 作曲「朧月夜」 ◇金澤 玲子(ピアノ)、塩澤 恵美(朗読) ・黒柳徹子:作 小森昭宏:作曲 飯沢匡:構成 「窓際のトットちゃん」より ・テーマ ・新しい学校は電車の学校 ・ボロ学校 ・友達の紹介 ・大冒険 ・エンドテーマ ◇品田 紀子(ピアノ) チャイコフスキー:「四季」より ・1月炉ばたで  ・4月松雪草 ・11月トロイカ 〜〜〜〜〜  休  憩〜〜〜〜〜 ◇柳田 茜(ヴァイオリン)・内海久惠(ピアノ) ・アラサーテ:チゴイネルワイゼン ◇橋 惠子(ピアノ) ・シューベルト:ソナタ 20 イ長調D.959 第1楽章 ◇鈴木 里香(ソプラノ)・内海久惠(ピアノ) ・ヴェルディ:歌劇「椿姫」より ああ、そはかの人か ◇稲垣 禮子(ピアノ) ・バッハ:3声のシンフォニアより   第9番 第11番 第13番 第14番 第15番 〜〜〜〜〜  休  憩〜〜〜〜〜 ◇品田 紀子(ピアノ)・橋 惠子(ピアノ) プロコフィエフ:「ピーターと狼」より Op.67 ・狼をつかまえた ・狩人のおじさんたち ・狼を撃たないで ・さあ、動物園に出発だ! ・とことであひるは? ◇齊藤 愛未(ピアノ) ・ドビュッシー:バラード ◇塚越 弘子(ピアノ) ラヴェル:「クープランの墓」より 1.前奏曲 2.フーガ 5.メヌエット 6.トッカータ ◇内海久惠(ピアノ)・江面文彦(ヴァイオリン)・江面順子(チェロ) ・シューベルト:ピアノトリオOp.100 第1楽章 Allegro ≪NPO法人宇都宮ピアノ研究会について≫ 宇都宮ピアノ研究会は結成25年​を機にNPO法人として新しく歩​き出しました。 「皆様と一緒に音楽を楽しみたい​!!!」という熱意のもと、音楽の輪を拡​げるプロジェクト活動を展開中​です。   公共施設や、学校、地域の催事など、小さな規模でも演奏ボランティアで訪問できます。ぜひ、お気軽にご連絡ください。※訪問活動等、法人の活動継続のため、交通費や楽譜購入代など必要経費についてはご協力をお願いします。 ●後 援: 栃木県教育委員会、宇都宮市教育​委員会、下野新聞社、(株)上野​楽器 ●協 力: 宇都宮市まちづくりセンター 【問い合わせ】 NPO法人宇都宮ピアノ研究会 TEL: 028‐627‐1796  代表者(高橋): 080-5446-1796

来年度開催「学生ボランティア体験プログラム説明会」参加団体紹介

2018年03月30日(金) 「学生ボランティア体験プログラム説明会」参加団体紹介  まちぴあが来年度から行う「学生ボランティア体験プログラム」を行うにあたり、初めにご協力していただく7団体のご紹介をさせていただきます。 学生ボランティア体験プログラムとは高校生、大学生、専門学生、短期大学生を対象に今まで経験したことのないことに挑戦・体験するプログラムです。  2018年6月30日(土)10:00〜12:00、宇都宮市まちづくりセンターを会場に団体と参加者がつながる説明会を行います。 今後ともまちぴあブログでは説明会開催までに、どんな雰囲気でどんなことを行っているのか各団体取材を行っていきます。また申込募集に関しましてはチラシが完成する4月中旬頃から行っていきます、学生の皆さんのご参加お待ちしております。 ◇寺子屋 学生主体で運営している学童保育です。小学生への勉強サポート等を行っております。 gakuseibora.jpg 【参考URL】 ・まちぴあブログ「寺子屋」での見学研修 ・まちぴあ情報誌まちぴあ登録団体紹介(6ページ目)こっころ ママや親子の居場所づくり活動、親子向けのワークショップ等の活動を行っています。 gakuseibora2.jpg 【参考URL】 ・まちぴあブログ 夏休み企画第1弾『造形ワクワク体験』活動見学報告 ・まちぴあブログ『まちぴあまつり2016』実施レポート ・まちぴあ情報誌話題人(5ページ目)MCFオーケストラとちぎ 栃木県出身やゆかりのあるプロの音楽家によるオーケストラ演奏会を企画・運営しています。 gakuseibora3.JPG 【参考URL】 ・まちぴあブログ「マロニエール・クラシック・フェスティバルコンサートvol.3」取材報告 ・まちぴあブログ「キッズコンサートVol.1」取材報告 ◇みらい・ともに・すすむ 障がいがあってもなくても幸せに暮らせる社会づくりを目的に活動しています。 gakuseibora4.jpg 【参考URL】 ・まちぴあブログとちぎバリアフリー上映会「さとにきたらええやん」開催のお知らせ ・まちぴあブログとちぎ共生フォーラム“ダウン症のある人の支援セミナー”学生団体みらとち 栃木県の未来を学生の力で明るく発展向上させることを目的とし、ボランティア活動や各種イベントへの協力などの活動をしています。 gakuseibora5.jpg 【参考URL】 ・まちぴあブログ「とちぎハイスクールフェスティバル2017」取材報告 ・まちぴあブログ新春昔あそび&世代間交流イベント「あそび初め」協力自然教室ネイチャーフレンド 自然教室ネイチャーフレンドは、人と自然とのつながりを大切にする環境教育団体です。市内の小中学生を対象に月に一度オリジナルの環境・野外教育プログラムを実施しています。 gakuseibora6.JPG 【参考URL】 ・まちぴあブログまちぴあまつり2017 実施レポート ・まちぴあブログ「若者アイデア会議〜私たちがこの街をつくる〜」開催報告 ・まちぴあ情報誌ほっとねっと(4ページ目)KAKEHASEEDS 宇都宮大学の国際協力サークル『KAKEHASEEDS』。国際協力NGOシャプラニールの地域連絡会であるとちぎ架け橋の会と協力してイベントに参加したり、『お買い物でできる身近な国際協力』としてバングラデシュ・ネパールの手工芸品を販売したりしています。 gakuseibora7.jpg 【参考URL】 ・まちぴあブログ「学生×地域づくり実践事例発表会」取材報告 ・まちぴあブログフェスタmy宇都2017「まちぴあひろば」実施報告 フェアトレードブース ・まちぴあ情報誌特 集:身近にできる国際協力のかたち〜フェアトレード座談会〜  他まちぴあが行ってるボランティア体験プログラムのご紹介をさせていただきます。また今後まちぴあでは『学生ボランティア情報局』として学生がボランティアをしている様子や募集情報をブログ上に掲載していきますのでぜひご覧ください。

協力事業「四つ葉お楽しみ会2018」 取材報告

2018年3月19日(月)  3月18日(日)に、とちぎ健康の森・講堂を会場に、シルバー大学OB&OGで組織されているのクラブと、クラブの皆さんが行っているダンスの指導やボランティア活動などで出会った、子ども達のグループが共演する、 「四つ葉お楽しみ会2018」  が行われました。  4回目の今回は、まちぴあ登録団体でもある「共楽マジッククラブ」をはじめ、「ハーモニカ虹」「アフリカンダンスOB会」といったシルバー大学出の皆さんに加え、
IMGP5282.JPG
 アフリカンダンスの指導を受けている「五代小宮っこステーション」の児童たちや、音楽練習と発表の活動を行っている「どれみふぁクラブ」、「アフリカンZ」といいった障がいを持ちながらも演奏やダンスの活動に取組んでいる皆さん発表されました。  障がい児・者とその家族など支援ボランティアの皆さんで活動している「どれみふぁクラブ」の皆さんによる演奏で今年も賑やかに発表会がはじまり、「もののけ姫」や「風になりたい」などの演奏を披露下さいました。
IMGP5299.JPG
 発表会前半戦は、子ども達の発表が続きまして。今年はアフリカンダンスに取組んでいる「五代小宮っこ」と「アフリカンZ」のチームが合同で発表し、昨年よりもパワー漲るダンスを披露してくれました!  後半は、「あそび初め」や「まちぴあまつり」でもお馴染みの「共楽マジッククラブ」の皆さんによるマジックの披露や、「ハーモニカ虹」の皆さんによる演奏が行なわれ、
IMGP5291.JPG
 最後は、まだまだ現役!!元気いっぱいのシニアの皆さんによるアフリカンダンスで、熱気と気力がほとばしる発表会に今年もなったようです。会場には、200名ほどの皆さんが集まってくださっており、子ども達の様子や元気なシルバー世代の皆さんから、パワーをもらったことと思います。  今年も取材させて頂き、シルバー大学在校&卒業の皆さんの芸達者なことに感心しました。この感想は毎年のことですが。今年も変わらないのがすごいことです。  また、発表会の存在は、学校や施設でダンスなどの活動に取組んでいる子ども達にとって、学校外の人たちの前で発表できる貴重な機会にもなっているそうで、このお楽しみ会をきっかけに他のイベントへの協力を打診されたこともあり、子ども達のモチベーションにもなっているとのお話しも伺うことができました。  継続していくことで、発表する以外の部分にも新しい芽を芽生えさせている「お楽しみ会」。今年も盛況な開催、大変お疲れ様でした。 (記事投稿:小倉)

平成29年度第3回まちぴあ利用者協議会役員会 実施報告

2017年12月12日(火)  本日、平成29年度第3回目(通算18回目)となる、まちぴあ利用者協議会・役員会を開催しました。  利用者協議会は、まちぴあオフィス入居団体や研修室を利用されている登録団体の皆さんで構成され、役員会には、その内参画を了解下さった10団体が集まり、まちぴあの運営や企画づくりなどに提案、検討を頂いている組織です。  今回は、平成29年最後のタイミングで開催された会議ということもあり、協議会の皆様にも多大のご協力を頂いた「まちぴあまつり」をはじめ、主催事業の振り返りを行いました。  また、今後の予定についてもおぼろげながら見えてきている時期でもあることから、1月13日の「あそび初め」や、1月29日の「宇都宮市助成金説明会」などのまちぴあ事業を紹介させていただきながら、参加団体の皆さんの活動状況もお伺いしました。
DSC01861.JPG
 今回の役員会に参加下さったのは、5団体8名の皆さんでした。  各団体ともに、主催講座やコンサート、作品展示会などそれぞれの活動を行なっておられ、また来年もすでに大まかな活動予定を策定中とのことで、各団体の皆さんの前向きな事業計画を知ることができました。  昨今は、まちぴあだけでなく、宇都宮市をはじめ各地の若者がボランティアをきっかけに地域に出る取組みが盛んに行なわれている一方で、若者たちが参加できるボランティア活動の情報収集に苦慮していることも知ることができました。  そこで、今回の会議でも各団体の皆さんがイベント参加などで力を必要とする機会の情報を頂くことで、まちぴあを介して情報を発信し、また施設と活用して出会いの場を設けていくことで、若者のボランティア活動をより促進していく取組みが出来る方向性が見えてきました。  会議では、役員会をはじめとした団体の交流会や意見交換の場で得た募集情報を、まちぴあホームページなどで広報することで、実際に活動に協力して下さる学生をはじめとしたボランティアの方々とのつながりができたとの意見も頂くことができました。  活動団体の方々が日頃から近い位置に居てくださる利点をより活用して、情報を届け、橋渡しの役割を強めていくことも今回の役員会では話し合うことができ、こうした取組みが、まちぴあももちろん、まちぴあに登録くださっている団体の皆さんの利点になっていくと思われます。  様々な事業が行なわれる次年度ですが、こうした団体との連携をより強める運営の工夫も視野に入れながら今後のセンター事業を、団体の皆さんとともに運営していきたいと思いを強めることのできた役員会となりました。 (記事投稿:小倉)

第4回まちぴあまつり実行委員会(まつりの振り返り) 実施しました

2017年11月6日(月)  毎年恒例の「まちぴあまつり」を10月9日に無事実施して、本日第4回目となる実行委員会を開催しました。  今回は、まつりに参加した皆さんや団体の皆さんへ向けて実施したアンケートの集計結果をもとに、振り返りを行ないました。  今回の実行委員会には、実行委員のメンバーの皆さん3団体5名が参加下さいました。
IMG_8571.JPG
 今年のまちぴあまつりは、結果的に雨の多かった10月にしては天気の良いタイミングで行なうことができ、まちぴあ周辺3つの小学校に注力して広報を行なったこともあり、昨年(来場者300名程度)よりも多い、350名ほどの参加があり、  飲食販売や工作コーナーなどの体験をメインにした出展ブースを中心に、賑わいがあった様子でした。一方、安全面も考えて駐車場を近隣高校に一括したこともあり、催事展開ができるスペースが多く、使いきれなかったことなど課題もありました。  また、昨年からはじめた「ガーラントづくりワークショップ」などのまつり開催前の準備も兼ねた取り組みが、出展団体、参加団体の皆さんにとても好評だったことを受けて、来年は、事前準備の期間をもっと設け、登録団体や来館者の皆さんと、時間をかえてじっくりと作っていく方式で計画することなどが提案されました。  このような様子で、皆さんと意見交換をしていると、来期へ向けたアイデアが湧いてきて、とてもよい会議となりました。  まつり実行委員会は、今回で最終回となりますが、今後は、まちぴあ利用者協議会役員会などでも議論を深めていこうと思います。  そんなことで、実行委員の皆様。スタートからすると6月末から約5ヶ月の長丁場のお付き合いありがとうございました! (記事投稿:小倉)

まちぴあまつり2017 実施レポート(4)

2017年10月18日(水)  10月9日(月・祝)に開催された、今年の「まちぴあまつり2017」。参加いただいた団体の皆さんをご紹介するこの記事も、第4弾の最終回となりました。  最後の更新は、まちぴあ館内2階にて、デモンストレーションと工作などの交流企画をあわせた「たいけんひろば」を開催し、3団体の皆さんが出演下さいました! 19)絆翔〜H・Y〜(ばんとえいちわい)  二人組みのよさこいユニットで、宇都宮市をはじめ県内や県外でもよさこいを披露して、様々なイベントを盛り上げている団体です。近年は、戦国時代など時代物をモチーフにした創作よさこいをつくり実演するなど、オリジナリティ溢れる創作活動をされています。
CIMG2218.JPG
 まちぴあまつりでは、宇都宮の餃子など名物をモチーフにした創作よさこいを踊ってくれるとともに、会場の皆さんと一緒によさこいを満喫させてくれました! 20)宇都宮古武術稽古会  古武術の型や動きを学び、武道とおしての研鑽を深める一方で、日本古来から伝わる進退運動法を学ぶことで、身体に負担の少ない身のこなしや、介護などへの応用を伝える活動を行なっている団体です。
IMG_8436.JPG
 この日は、日頃鍛錬している演武披露に加え、居合いなど古武術に関する動きをご披露いただくとともに、古武術を応用した身体の動かし方や、体験を踏まえて実演下さいました。 21)共楽マジッククラブ  シルバー大学卒業生を中心にした、マジッククラブです。まちぴあでは、利用者協議会の役員団体を長年務めて下さった他、「まちぴあまつり」「あそび初め」などの主催事業にも積極的に協力下さるとともに、福祉施設や学校からのマジック実演依頼のこなしながら、他のシルバー大学出身団体の方々と協力して開催している「四つ葉お楽しみ会」などにも参加しています。
IMG_8385.JPG
 今回のまちぴあまつりでは、子ども達を主な対象に、マジックグッズの手づくり工作コーナーを構えて下さった他、作った作品を実際に使いながら披露してくれるデモンストレーションを開催して下さり、笑いと賑わいを届けてくれました。  ・・・・・  ・・・・・・  ・・・・・  このような様子で、全21団体の皆さんがご参加・ご協力くださって開催することのできた「まちぴあまつり2017」は無事に終了することができました。  まちぴあでは、大型フラッグの作成をはじめ、バルーンを利用したポイントラリーを行なうなど会場内の回遊性向上にむけた企画を行なうなど、イベント盛り上げにつながる取り組みも行ないましたが、やはり一番の目玉は、参加団体の皆さんの出展と活躍でした。  まちぴあの登録団体数は250(2017年9月末時点)を超えておりまして、今回のようなイベントには実際に参加して下さった皆さんはその一割にも満たないわけですが、来場下さった皆さんの中にもまちぴあ団体関係者が多くあり、  事前に作成を行なった、ガーラントづくりにも当日参加できない利用者の皆さんのご協力が多大にありました。イベント的には小粒な催しですが、であるがこそ、団体同士の交流もでき、実行委員会をはじめ、自分達の考えた企画の実施や工夫が活かせるイベントでもあると思います。
DSC01078.JPG
「であい、きづき、つながる」  というテーマをもとに、今後も、登録団体の皆様と一緒に作り上げていく「まちぴあまつり」を行なって行きたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します!!  今年のまつり開催にあたっては、関係各者、団体の皆様に多大なご尽力をいただきました。改めて御礼と感謝の気持ちを綴らせていただきます。皆様、ありがとうございました。 (記事投稿:小倉)

まちぴあまつり2017 実施レポート(3)

 2017年10月17日(火)  前回レポート(2)に引き続き、「まちぴあまつり2017」に参加下さった、団体の皆様をご紹介して参りましょう!  まつりでは、まちぴあの施設内にある各研修室を会場に、21団体中、4つの団体の皆さんが、それぞれの活動を活かした出し物で、来場された地域の皆さんと交流を楽しんでくれました。特に館内出展の皆さんは、工作やプチ料理教室など、体験できる出し物をメインに出展してくれました。
IMG_8433.JPG
15)NPO法人宇都宮ピアノ研究会  クラシックをはじめとした演奏活動を行なっている団体です。年2回の「ティーサロンコンサート」や30年近く続けている「スプリングコンサート」などを通じて、ピアノなど音楽に携わる方々の活躍の場作りをするとともに、市内の福祉施設やイベントなどで、生演奏を行う訪問型の演奏活動を行なっています。  今回のまつりでは、ピアノ演奏と合唱を通して市民の皆さんと交流し、特に合唱では参加者と一緒になって音楽を楽しむ時間を作ってくれました。
IMG_8422.JPG
16)NPO法人仕事と子育て両立支援センター  子育て中のご家庭を応援する、訪問型保育や送迎、イベントでの託児など、小さいお子さんに関する事業を行なっている団体です。まちぴあオフィスを拠点に活動しており、今回のまつりをはじめ、様々なイベントで活躍くださっています。  今回のまつりでは、いつも子ども達に大人気の工作教室を開催してくれました。ペットボトルのフタを利用した、「ジャンピングカエル」のようなおもちゃづくりを行なってくれました。
IMG_8381.JPG
17)トランジションタウン栃の木  農業や自然物を利用した製品づくりなどを通して、持続可能な地域社会の構築に資する活動を行なっている団体です。リサイクルや循環型社会の構築に向けた事例の勉強会などミーティング活動を行なっております。まつりでは、そういった活動の紹介や、作成した竹細工製品の展示などとともに、まつり会場内で憩えるスペースを展開してくれました。
CIMG2203.JPG
18)(一社)MOAインターナショナル栃木  県内の子ども達を対象にした、絵画作品展の開催や、高齢者をはじめとした市民を対象に健康によい食生活の大切さを伝える教室を開催している団体です。まちぴあでも、コンニャクづくり教室を展開して下さるなど、大いに協力下さっている団体です。  今回のまつりでは、ごはんを使った「ごはんピザ」を作る部分も含めた体験教室として実施してくださり、たくさんの子ども達をはじめご家族の皆さんに大人気でした!  ・・・・天気のよい日だった、10月9日。お休みも兼ねてたくさんの方々が、館内にも足を運んで下さいました。まちぴあまつりの開催を続けるたびに、館内で交流を深めて下さる来場者の方々を増えているように見受けられまして、まことにありがたいことです。  こうしたことは、出展下さった各団体の皆さんの頑張りに尽きるなぁと思うところでございます。そんなことで、次回更新では、館内2Fに出展下さった皆さんを含め、まちぴあまつりの総括を更新いたします。 (記事投稿:小倉)

まちぴあまつり2017 実施レポート(2)

2017年10月14日(土)  10月9日(月・祝)に、当センターにて「まちぴあまつり2017」が開催されました。『まちぴあまつり2017』実施レポート(2)に引き続き実施レポート2を更新します!
IMG_8396.JPG
 今回は、屋外出展7団体の様子をご紹介いたしましょう。 8)カンボジアっ子支援の会  女性中心の国際交流系ボランティア団体として発足し、長年に渡ってカンボジアの発展支援を続けています。ピアニカなどの楽器や文房具などを宇都宮市民の皆さんに呼びかけ回収・修理して、現地の子ども達に届ける活動などを行なっています。今回は、カンボジア製の小物やメンバーの皆さんで育てた野菜などを販売してくれました。
IMG_8369.JPG
9)ぞうり・アミ  お家に眠っているタオルやてぬぐいなどの布製品を再加工して、オリジナルの布ぞうりをつくる活動を行なっています。つくった作品は、まちぴあまつりなどのイベントで販売されています。まちぴあをはじめ、市民活動センターなどでつくり方講座を開催し、布ぞうりをつくれる方を増やしながら、楽しくリサイクルを伝えています。 10)テンプスタッフキャリアコンサルティング(株)  公共セクターからの委託を受け、職業訓練や就労支援プログラムを行なっている会社さんです。企業団体として、まちぴあに登録下さり、まちぴあが主催するボランティアプログラムなどにも参加くださってます。まちぴあまつりでは、昨年同様、就業支援プログラムの一環で運営している、畑で作った野菜の数々を販売下さいました。 11)シャプラニールとちぎ架け橋の会  宇都宮大学の学生などを中心にした、国際協力の活動を栃木県内で行なっている団体です。まちぴあまつりなどの市内で行なわれるイベントに、途上国で作られた物産を販売するなどの活動を行なう一方で、買い物をすることで国々を支援する「フェアトレード」を広める主催イベントなどを行なってます。
CIMG2190.JPG
12)(公社)日本技術士会栃木県支部  『科学技術講演会』『児童向け理科実験体験教室』等の活動をされている(公社)日本技術士会栃木県支部です。様々な技術で社会に貢献している皆さんで組織されている団体でもあり、行なう工作体験も、浮力や力学を踏まえた、学べる工作を実施されています。今回は、紙飛行機と紙コプターづくりを実施下さいました。
CIMG2194.JPG
13)とちぎポールウオーキング協会  シニア世代に広まっている、歩行用のポールを用いたウオーキング方法を広める活動をされている皆さんです。季節を楽しみながら歩く講座などを展開されていますが、今回のまつりには子ども達がたんさん遊びにきてくれたので、平衡感覚を養う器具などで、遊びながらバランスチェックをして下さいました。
IMG_8397.JPG
14)粟野移動動物園  鹿沼市・粟野のご自宅で飼育している動物を通じて、宇都宮市などの小学校で動物とふれあう活動を行なっておられます。今回は、「ケゾリリクガメ」を連れてきてくれました。餌やり体験などを行なって下さり、子どもから大人まで大人気でしたね!  ・・・このような皆さんの出展と一緒に、今年のまちぴあまつりでは、「大きなフラッグづくりをしよう!」を実施しました。  昨年は、屋外を飾るガーラント(万国旗みたいな飾り)を、まちぴあ利用者の皆さんにご協力頂き作成しました。今年はガーラントづくりを継続しながら、大きな旗に思い思いの手形を施す大きなフラッグづくりを開催しました。
IMG_8402.JPG
 会場に遊びにきた子ども達が、楽しみながら色付けをしてくれるとともに、子ども達のサポートをしてくれたのは、ボランティアで参加してくれた白楊高校の生徒さんたちでした。お兄さん、お姉さんと一緒に、小さな子も安心して体験下さいました♪  はい、そんなことで次回更新では、屋内出展の皆さんをご紹介しますね。 (記事投稿:小倉)

まちぴあまつり2017 実施レポート(1)

2017年10月13日(金)  10月9日(金)当センターにて「まちぴあまつり2017」が開催されました。  今年のまちぴあまつりでは登録団体である屋外14団体、屋内7団体の計21団体による出展・活動発表が行われ、地域や近隣小学校の子ども達をはじめ、約350人の方々が来場しました。
CIMG2107.JPG
 まずは、まつり開会をつげるセレモニーが行われ、出展団体の皆さんも勢ぞろいの中、利用者協議会・まつり実行委員会の会長団体もつとめて頂いている「デックタイグループ」さんが高らかに開催宣言をしてもらい、スタートしました!
DSC01069.JPG
 屋外では、14団体がテントブースで出展下さり、飲食や物販の販売や小物作りなどのワークショップを展開してくれました。  さてさて、出展団体の皆さんのご紹介をして参りましょう♪ 1)NPO法人デックタイグループ  NPO法人デックタイグループさんは、まちぴあの「オフィス」にも入居下さり、入居団体同士の共同企画(料理教室)を開催するなど、協議会以外の活動でも、まちぴあに、宇都宮市に積極的な協力を下さっています。料理教室などのタイ文化を伝える講座の他、在日タイ人の生活支援相談、医療通訳、移動大使館、語学講座等を行い、宇都宮市で生活しているタイ人の皆さんの強い味方となっています。今回は、スパイスの効いたタイ風炒めご飯「パッガパオ」を販売しながら、おまつりにもってこいな陽気な風を起こしてくれました!
IMG_8391.JPG
2)宇都宮高校生まちづくりプロジェクト「宮つく」  高校生主体で宇都宮市を盛り上げる為、イベントへの開催・出展を行っています。商店街などで開催されているイベントに、高校生発案の商品を出品するなど活躍しています。今年は、まちぴあ主催の「若者アイデア会議」にも関って下さり、活動の幅をさらに広げております。今回ポップコーン・ヨーヨーつりを行ない、来場した子ども達に大人気でしたね♪ 3)一般社団法人ヘルスフードマイスター協会  まちぴあオフィスの入居団体でもあり、今回の実行委員にも関って下さいました。「食生活から病気予防を推進する」ことを目的に、ヘルスフードマイスター養成講座の開催をを中心に、資格取得者の皆さんが活躍できる、料理教室やイベントへのコーディネートなどにも取組んでおられます。今回は、身体に良い素材で作られたカレーライスをメインに出展下さり、食欲のそそる香りとともに、健康と食の大切さを伝えて下さいました。
CIMG2184.JPG
4)NPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク  起業や社会参加、貢献活動など若者に関する支援活動を様々な切り口から行なっているNPO法人さんです。今回のまちぴあまつりでは、ユースの応援を受けながら活動している「とちぎ手仕事プロジェクト・FukFuk」の皆さんが参加下さいました。  「FukFuk」さんは、東日本大震災をきっかけに震災支援の一環で、被災地の素材をはじめとしたこだわりの材料で、タオルや小物など色々な手芸商品をつくり、販売している団体です。初参加となるまつりでは、震災支援を目的にした手作り小物の数々を販売下さいました。 5)遊布の会  リサイクル布を活用した作品の作成やイベント、バザーなどでの作成品の販売している、元気なシニア世代の皆さんが中心になった団体です。販売益は社会福祉協議会に寄付するなど、自分達の趣味を深めながら地域に貢献しています。まつりには、昨年から参加して下さっており今年で2回目の参加でした。主婦の技を随所に活かしたリサイクル布製品で、「もったいない」を華麗に発信してくれました。 6)NPOせせらぎ  高齢者の健康についての対策や様々な疾病の予防法などの勉強会やアドバイスや花粉症予防やダイエット、肩・腰痛その他に関する健康相談・指導を行っている団体です。「フェスタmy宇都宮」にも例年参加するなど、市内を中心に活動しています。今回も、肩こり、腰痛が楽になるツボ療法体験を行っていただき、自分でもできる癒し法を伝授下さいました。
CIMG2189.JPG
7)自然教室ネイチャーフレンド  子どもたちを対象とした環境教育、自然体験活動、レクリエーション活動を行っている自然教室ネイチャーフレンドさん。例年、まつりに参加下さっている他、主催している子ども対象の自然体験教室の運営のに加え、大学生をはじめとしたメンバーで組織されていることから、まちぴあ主催の若者イベントにも協力下さいっています。  今回は自然物を利用した工作やゲームをコーナーを設けてくれて、お兄さん・お姉さんたちが子ども達と楽しい交流をいっぱいしてくれました!!  ・・・次回更新では、屋外出展団体残りの7団体をご紹介しますね♪ (記事投稿:小倉)

あぜみち×ヘルスフードマイスター協会「ベジベジキッチン」開催のお知らせ

2017年10月06日(金) あぜみち×ヘルスフードマイスター協会「ベジベジキッチン」開催のお知らせ 私の養生は肺を補うこと〜旬の食材、温かい食事、のどをいたわる料理〜 ≪まちぴあ貸しオフィス団体:ヘルスフードマイスター協会について≫ ※10月9日(月・祝)まちぴあまつり参加 食と健康に関する様々なことを社会普及させることを目的としています。食と健康に関する講座、セミナーの開催、マイスターの講師派遣、食育サポート、アドバイス等の活動を行っています。 healthfood.jpg ※クリックすると拡大します。 ●日 時: 2017年10月16日(月)14:00〜16:30 ●場 所: あぜみち上戸祭店 調理室(宇都宮市上戸祭町3031-3) ●講 師: ヘルスフードマイスター 落合里子マイスター ≪料理メニュー≫ ○デトックスウォーター ○野菜の重ね煮スープ ○ゆり根とらっかせいの炊き込みご飯 ○三層サラダ ○かぼちゃの焼きコロッケ ○山芋と厚揚げのみぞれ煮 ●参加費: 3,000円  ●定 員: 16名  ※先着順で定員になり次第〆切らさせていただきます。 ●主 催: あぜみち ●共 催: ヘルスフードマイスター協会 【申込み】 協会HPもしくは電話申込み: 070-6999-8311(事務局 横塚) 【参考URL】 ・まちぴあブログ協働企画:デックタイ&ヘルスフードマイスター協会「ヘルシータイ料理教室」 ・まちぴあブログフェスタmy宇都宮2017「まちぴあひろば」実施報告その3

まちぴあまつり2017〜ボランティア・まちづくりとであう・きづく・つながる〜開催のお知らせ

2017年10月04日(水) まちぴあまつり2017〜ボランティア・まちづくりとであう・きづく・つながる〜開催のお知らせ  「まちぴあ」は市内で活動しているボランティア・市内活動・CSR活動(社会貢献に取り組む企業の活動)・自治会・協議会といった地域における、まちづくり活動に関わる団体や個人の方の活動拠点です。 拠点である「まちぴあ」を会場に実施して、今年が4度目の開催となります。  20171009-machipiamaturi.jpg 20171009-machipiamaturi2.jpg ※クリックすると拡大します。 宇都宮市内を中心に、各地域で活躍される様々な分野の活動団体が集います。 イベントを通じて、活動団体の皆さんと出会い、まちのために「できること」をみつけましょう。 ●日 時: 2017年10月9日(月・祝)10:00〜14:000 雨天中止 ●会 場: 宇都宮市まちづくりセンター(〒321-0954 宇都宮市元今泉5-9-7) ※白楊高校に臨時駐車場を設けておりますが、駐車台数には限りが  ありますので、公共交通機関をご利用頂くなど、ご協力をお願いします。 【屋外駐車場〜お食事ブース】 NPO法人デックタイグループ:パッガパオ販売 (一社)ヘルスフードマイスター協会:ヘルシー料理販売 宇都宮・高校生まちづくりプロジェクト「宮つく」:ポップコーン、ヨーヨーつり 【屋外駐車場〜お買い物&体験ブース】 遊布の会:布系リフォーム作品販売 とちぎポールウォーキング協会:ポールウォーキングの体験、体力チェックの実施 自然教室ネイチャーフレンド:ネイチャーゲーム、工作 シャプラニールとちぎ架け橋の会:小物、雑貨、古着などのフリーマーケット テンプスタッフキャリアコンサルティング(株):無農薬野菜の販売 カンボジアっ子支援の会:支援活動のパネル展示、カンボジア製品の販売 NPOせせらぎ:マッサージ、健康相談 (公社)日本技術士会栃木県支部:紙コプター&紙飛行機の工作遊び ぞうり・アミ:布作品販売、布ぞうりづくり体験 粟野移動動物園:ケゾメリクガメとふれあい NPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク: (手仕事プロジェクトFukuFuku)災害復興支援を目的とした、手づくり手芸品販売 【館内1F〜工作と交流コーナー】 NPO法人宇都宮ピアノ研究会:アカペラ合唱、音楽相談 (一社)MOAインターナショナルとちぎ:ご飯ピザづくり教室 NPO法人仕事と子育て両立支援センター:洗濯バサミを利用した工作あそび トランジションタウン栃の木:竹製品販売、活動PR等 【館内2F〜実演と体験コーナー】 共楽マジッククラブ:マジックの実演&体験 絆翔〜H・Y〜:よさこいの実演&体験 宇都宮古武術稽古会:古武術の形披露&体験 ≪まちぴあスタッフによる体験≫ ☆毎年恒例:バルーンのウシさんプレゼンツの、ポイントラリーも行います。 参加下さったお子様には、特製バルーンをプレゼントしちゃいます!(無料) ☆みんな集まれ〜♪一緒にに大きなフラッグアートを作ろう!(*^д^*)ノ ●主 催:まちぴあまつり2017実行委員会・宇都宮市 【問合先】宇都宮市まちづくりセンター“まちぴあ” TEL: 028-661-2778 FAX: 028-689-2731 【参考URL≪昨年の様子≫】 ・『まちぴあまつり2016』実施レポート part1『まちぴあまつり2016』実施レポート part2『まちぴあまつり2016』実施レポート part3

『まちぴあまつり飾り作りワークショップ』実施報告・まつり当日特別企画

2017年10月03日(火) 『まちぴあまつり飾り作りワークショップ』実施報告・まつり当日特別企画  『まちぴあ飾り作りワークショップ』とは10月9日(月・祝)10:00〜14:00に予定されている「まちぴあまつり2017」に向けて館内飾り作りを行うものです。 登録団体:「手仕事サークル“いろいろ"」さんには相談を、「織炎灯」さんには子どもが使う「無地のフラックガーランド(三角の旗)」の作成手伝いをしていただきました。 50枚のフラッグガーランド作成し9/10〜27にかけてワークショップの開催を行いました。 kazaridukuri.JPG 登録団体の活動に来ている子ども達にも作成してもらいました。  ワークショップは、昨年同様小学生までを対象に、無地のフラックガーランド(三角の旗)に手形やスタンプを押したり・好きな絵を書いたり、無地シールを切って貼ったりと好きなように作成してもらいました。 全6日間33人の子ども達が参加し46枚完成しました。まつり当日館内に飾り、当日もしくは後日持ち帰ってもらうことになります。 ≪まつり当日特別企画≫ フラッグアート3.jpg ※当日作成するフラッグアートイメージ  また当日特別企画として大きな(2m×3m)フラッグアートを作成をします、当日遊びに来てくれた方に手形や色を付けてもらい、最後にまちぴあのマークを剥がして完成、最後に写真撮影も行います。  さらに毎年恒例:ウシさんによるバルーンアートポイントラリー(特製バルーンプレゼントあり)・バルーンプレゼントも行います。皆さんの来場お待ちしております。

第3回まちぴあまつり2017実行委員会 実施報告

2017年10月2日(月)  毎年恒例の「まちぴあまつり」を開催すべく、本日第3回目となる実行委員会を開催しました。前回の実行委員会から、9月末の参加団体説明会を経て、今回が実施前の最終打合せとなりました。  今回の実行委員会には、実行委員のメンバーの皆さん3団体7名が参加下さいました。  今回の会議は開催前の最終会議ということで、これまでの過程において参加団体の皆様と色々と調整させていただいたおかげもあり、前日・当日のスケジュールなどを確認したほか、火気や、事故などに注意することなどを確認しました。
IMGP4092.JPG
 早いもので、来週の今日、10月9日(月・祝)がまちぴあまつり2017当日となります。10月8日(日)は、10:00から前日準備を行い、13:00からテントの設営を行なう予定です。  準備についても、皆さんと力を併せて行ないたいと思いますので、よろしくお願いします。そんなことで、まつり本番までもう少し。事務局でも佳境に入った準備をすすめていこうと思います。 (記事投稿:小倉)

ピアノ研究会主催「ティーサロンコンサート2017秋」取材報告

2017年9月26日(火)  9月24日(日)、登録団体「NPO法人宇都宮ピアノ研究会」さんが主催する、年2回のコンサート企画「ティーサロンコンサート」が、栃木県総合文化センター・リハーサル室を会場に行われました。  クラシック音楽を中心に、ピアノや室内楽系の生演奏を通して、県内の音楽文化醸成に関わる活動を行っている研究会の皆さんが、「気軽に聞きに来られるコンサート」を目指して定期的に開催している企画が今回のコンサートです。  今回は、「歌 その心をもとめて〜日本歌曲を中心に〜」  と、題して催され、メゾソプラノ歌手・大塚道子氏とピアノ奏者・福田とも子氏を招聘して行われました。会場には、子どもから大人まで幅広い世代の市民、約80名が集まっておりました。  歌曲とは、クラシック音楽における独唱声楽曲(または小人数の重唱声楽曲)のジャンルの代表的なもののことだそうで、日本歌曲とされる作品の歴史は、戦前から戦後以降の約100年足らずのものだそうですが、明治・大正・昭和の詩や文学作品から派生した楽曲が多く、格調高い深みを伝えてくれます。  ブログ筆者自身が、ほぼ歌曲・日本歌曲というものの知識がなかったわけですが、大道氏が歌唱の合間に作品の紹介をはじめ、日本歌曲についてもさわりを適度にレクチャーしながら進めて下さったおかげで、音楽を楽しみながらも、日本が培ってきた文化・文芸作品の一端を知りながら楽しめたコンサートとなりました。
IMGP3955.JPG
 コンサートでは、『ふるさとの』(三木露風:詩、石桁真礼生:曲)や、『きつねがだまされた話』(川崎大治:詩、猪本隆:曲)をはじめ7曲が奏されました。  ♪♪♪♪♪♪  ♪♪♪♪♪♪  ♪♪♪♪♪  後半のコンサートに入る前には、ティーサロンコンサートお馴染みのブレイクタイムがあり、この企画を開始されたはじめの頃から協力している、
IMGP3968.JPG
「さくら草」の皆さんが提供して下さったシフォンケーキやバナナケーキとともに、コーヒー、紅茶が振る舞われ、お友達同士で歓談を楽しみながらのティタームがありました。
IMGP3973.JPG
 ピアノ研究会の皆さんと、高齢者を対象にした食事サービスの事業を行っておられる「さくら草」さんの協働もすっかり定着したものとなりましたね。  ♪♪♪♪♪  ♪♪♪♪♪♪  ♪♪♪♪♪  一時のティータイムが過ぎると、コンサートの後半部分が始まりました。  後半は、ピアノ奏者・福田とも子氏によるソロ演奏からスタートしました。シリベウスやチャイコフスキーの楽曲3曲が奏された後、大道氏の歌唱とあわせて、クラシックや「赤とんぼ」などの馴染みのある楽曲が演奏されました。  約2時間のコンサートでしたが、集まった皆さんの満足度は高かった様子でした。コンサート開始から4年ほどが経過した、ティーサロンコンサートの活動も、年々参加者が増えております。2014年のコンサートから比べると、倍以上の集客を集めるようになっており、コンサート活動をはじめ、市内の施設やイベントで生の音楽を届ける活動をしているピアノ研究会さんの着実な活動の成果の一面を感じたコンサートとなりました。  宇都宮ピアノ研究会の皆様。今回のコンサート開催お疲れ様でした!!  そんな研究会の皆さんも、来月10月9日にまちぴあで開催を計画している「まちぴあまつり2017」にも出展予定でありまして、まちぴあ館内1Fの会場で、ミニミニのティーサロン風音楽発表会&ピアノ体験会を企画下さっています。  音楽演奏の他に、希望があれば簡単な演奏指導も体験できる様子ですので、ぜひ、ピアノ研究会ファンの市民の皆様にも遊びにきて頂きたいところですね。 (記事投稿;小倉)

まちぴあまつり2017参加団体説明会 実施報告

2017年9月23日(土)  本日、開催まで約2週間ほどとなりました、まちぴあ登録団体が一堂に会すイベント「まちぴあまつり2017」の参加団体説明を行いました。  昨年に引き続き、敷地内での開催を予定している「まちぴあまつり2017」には、屋外にて販売などのブース出展をして下さる14団体と、館内1階に4団体に、2階研修室の体験コーナーに、ご出演いただく3団体の皆さんがご出展下さいます。  今年は、北側駐車場スペースの出展スペースを拡充し、過日、8月28日に行った第2回目の実行委員会において、屋外ブースの配置レイアウトなどを検討する会議を行い、参加全団体が参加する説明会の本日を迎えました。
IMG_8326.JPG
 この日の説明会には、参加21団体中、14団体の皆さんが集まり、屋外出展のブース位置や、ステージの出演順、火器・食品などの注意事項や、前日&当日のスケジュールの確認を行いました。  今年も3団体ほどの皆さんが殺参加ということもあり、日頃別々の活動で活躍されている団体さん同士の顔合わせも兼ねての説明会となりました。  実行委員会の皆さんにもサポートいただいて、今日まで構築してきた「まちぴあまつり2017」も、今日の説明を経てより準備万端になってきました。これからは、看板などの備品や、許可関係の準備を進める段階に入ってきました。  また、まつり関連の試みとして、イベント当日の10月9日をより盛り上げる工夫として実施している「ガーラント(旗)づくりワークショップ」を行ないつつ、当日はさらに大きなガーラント作りにチャレンジするワークショップを行なう予定でおります。  小粒ですが、まちぴあ版の協働活動といった風が、一層濃くなってきている今回のおまつり。規模を比べれば、栃木市や鹿沼市にまだまだ適いませんが、おまつりのモットーである「であい、できづき、つながる」れるイベントに仕上がりそうで、担当者としましては、利用団体、参加団体の皆様にお礼の言葉もございません。  広報も含め、当日、みんなで楽しめるように参加団体の皆さんに負けないように準備を頑張りたいと思った説明会となりました。  ちなみに、この会議にご参加になれなかった参加団体の皆さまには、ブース位置や出演順を事務局で構成した資料を近日中にお送りする予定です。説明会参加団体の皆さんも含め、不明な点がありましたら、事務局:小倉までご連絡下さい。  そんなことで、「まちぴあまつり2017」は10月9日開催です。あとは、台風をはじめとした天候の心配だけですかね?? 皆さま、今後とも宜しくお願いします! (記事投稿:小倉)

まちぴあまつりに向けた「飾り作りワークショップ(子ども向け)」開催のお知らせ

2017年09月09日(土) 宇都宮市まちづくりセンター主催 まちぴあまつりに向けた「飾り作りワークショップ(子ども向け)」 2017飾りワーク.jpg ※クリックすると拡大します。 今年のまちぴあまつりもオリジナルガーランド(旗)を作るよ!! ガーランドはまちぴあまつり(10/9)施設内に貼るから探してみてね♪ 【参考URL】 昨年「飾り作りワークショップ」の様子 machipiagarland.JPG ※昨年はこのようなオリジナルガーランドを作り飾りました。 【日 時】 ※要申込み(作業:30分程度) 対象:小学生まで ・10日(日)10:00〜12:00 13:00〜15:00  ・13日(水)10:00〜12:00 13:00〜15:00 ・14日(木)10:00〜12:00 13:00〜15:00 ・18日(月・祝)10:00〜12:00 13:00〜15:00 ・21日(木)10:00〜12:00        ・24日(日)10:00〜12:00 13:00〜15:00 ・27日(水)10:00〜12:00   ●会 場: 宇都宮市まちづくりセンター まちぴあ 情報展示室 ※参加希望の方は下記TELより、名前、電話番号、参加したい日・時間などをお伝えください。 【持ち物】 汚れてもいい服装、付けたいスタンプ等他       ※布用クレヨンや手形スタンプは用意しています。 【参加費】 無料 まちぴあまつり当日!! 『巨大なフラッグアートづくり開催』 フラッグアート3.jpg ※イメージ(2m×3mほどのフラッグアート作成予定)。 みんな集まれ〜 一緒に大きな芸術作品を作ろう(*^д^*)ノ だれが来てもOK!! 最後に写真撮影行うよ!!                      【問合せ・申込み】 宇都宮市まちづくりセンターまちぴあ(担当:小松・松井) TEL: 028-661-2778  メール: info@u-machipia.org

第2回まちぴあまつり2017実行委員会 実施報告

2017年8月29日(火)  毎年恒例の「まちぴあまつり」を開催すべく、6月末に第一回目となる実行委員会を開催しました。そこから時間が過ぎるは早いもので、8月お盆明けには、出展希望団体の皆さんからのエントリーが取りまとめられ、  去る8月28日、第二回目となる実行委員会を開催することができました。  今回の実行委員会には、実行委員のメンバーの皆さんに加え、屋外に出展予定の団体の皆さんも加わって下さり、12名で行ないました。
IMGP3822.JPG
 飲食出展など施設の設備を利用する団体の皆さんの配置や、まちぴあ側で今回の目玉イベントとして予定している「大きなフラッグづくりワークショップ」の実施場所を定めるなど、会場レイアウトを決定することができました。  また、お申込頂いた団体出展内容が出揃ったこともあり、チラシも作成をすすめることができており、印刷や配架のスケジュール、団体の皆さんへの協力などまつり開催にむけて着々と準備をすすめることができました。  参加団体の皆様からは、SNSを利用したイベントPRについてもご助言を頂き、早速フェイスブックでイベントページを立ち上げるなど、広報態勢を強化することもできました。  次回の会議は、9月23日(土・祝)にまちぴあで予定している「参加団体説明会」となります。この会議では、出展の際に必要となる机・イスなどの物品の確認と、テント設営や飾りつけをはじめとした前日準備に関するご協力を呼びかける予定となっています。  8月後半に入り、夕方からは一気に秋の空気も迫ってきたところ。本番の10月9日(月・祝)も、間もなくやってくるのですしょう。  登録団体の皆様、今後ともよろしくお願い致します! (記事投稿:小倉)

第1回まちぴあまつり2017実行委員会 実施報告

2017年6月27日(火)  毎年恒例になりました、「まちぴあまつり」ですが、今年も10月の開催に向けて、実行委員会がスタートしました。去る、6月26日(月)に、「まちぴあまつり2017」の第1回実行委員会を行いました。  今年は、毎年お借りしている駐車場の関係もあって、10月9日(月・祝)の開催となることがきまり、今回の実行委員会では、参加を呼びかける募集要項の検討を行いました。
IMGP3287.JPG
 会議には、まちぴあ利用者協議会の皆様をはじめとした実行委員団体の皆さんが、4団体7名参加して下さり、屋外駐車場スペースに展開するテントブースの個数や、  館内で出展いただく、各部屋の募集数などを検討しました。  また、まちぴあまつりのテーマとして設定している「出逢う・気付く・つながる」をどんな形で各参加団体が表していくのか、募集の際の申込内容に盛り込むなど、より団体や地域の皆さんと交流を深められる事柄について議論を頂きました。  おかげをもちまして、募集要項の骨子を今回の会議でつくることができ、7月中旬には登録団体の皆さんに送付できるよう準備をすすめていこうと思います。  ちなみに、次回の実行委員会は、あらかた募集希望団体が出揃う、8月28日(月)18:00から開催します。第2回目の実行委員会では、ブース・出展団体の皆様にもお集まり頂き、当日のまつりを盛り上げるためのアイデア会議にしたいと考えています。  そんなことで、今年もまちぴあまつりが始まりました!  登録団体の皆様、今後ともよろしくお願い致します! (記事投稿:小倉)

平成29年度まちぴあ利用者協議会全体会議 実施報告

2017年6月11日(日)  6月10日(土)、まちぴあを会場に、「平成28年度まちぴあ利用者協議会・全体会議」を開催しました。  利用者協議会は、まちぴあの利用を希望する団体が登録時に加入して頂いている組織で、「まちぴあまつり」をはじめとした主催事業へのサポートや、利用促進に関する事柄をスタッフと一緒に取り組んで下さっています。  2013年にスタートした利用者協議会も今年で5年目に入りました。これまでも利用希望が年々増えている研修室の円滑な使用についてご意見を頂いたり、団体の年間活動を分かりやすく公開する活動報告書の導入など、事務局が抱えるセンターの課題について貴重なご意見を頂き、実際の業務に反映してまいりました。
IMGP3191.JPG
 全体会議は、216団体(2017年4月1日現在の全登録数)のうち、117団体の委任を頂き、無事に開催することができました。会議には、18団体25名の参加があり、平成28年度及び29年度の活動報告と計画について発表しました。  平成28年度の活動成果については、2016年10月16日に開催した「まちぴあまつり」の際に、限られたスペースに出展する以上、出展団体がどうしても限られてしまうわけですが、より多くの団体や利用者の皆さんにも関ってもらいたいということで、 「まつり会場に飾るガーラント(旗)を作ろう」という取組みを実施しました。利用者の皆様から、使っていない布材を寄付頂き、手形やイラスト、メッセージなどを書き入れて、オリジナルの旗をつくってもらう、 「飾り作りワークショップ」  を開催し、イベント開催2ヶ月前から、多くの団体や子ども達と一緒に作成することができました。この活動では、材料の寄付呼びかけやワークショップ時のサポートなど、センタースタッフだけでは困難な部分に助言と助力を頂き、特に、週末はお出かけしてしまうことの多い、小さいお子さんをお持ちの子育てサークルの皆さんなど、イベントに参加しにくい方々へ、とてもよいアプローチになりました。  この企画は、平成29年度のまちぴあまつりに向けても実施する予定でありますので、まちぴあ事業の一つとしても新しい取組みを生み出せたことになりました。  また、今回の全体会議では、任期2年(最長2機:4年)でお願いしている協議会役員団体の皆さんの多くが改選の年となりました。こちらについても案を提示し検討していただき、下記10団体の皆さんで構成することを決めることがっできました。 【平成29年度まちぴあ利用者協議会役員団体】  ・NPO法人デックタイグループ(新:会長団体)  ・NPO法人宇都宮ピアノ研究会(留:副会長団体)  ・一般社団法人ヘルスフードマイスター協会(新:副代表団体)  ・NPO法人仕事と子育て両立支援センター(新)  ・一般社団法人MOAインターナショナルとちぎ(新)  ・NPO法人とちぎ生涯学習研究会(新)  ・自然教室ネイチャーフレンド(新)  ・遊布の会(新)  ・子育て応援サークル「こっころ」(新)  ・宇都宮高校生まちづくりプロジェクト「宮つく」  おかげを持ちまして、平成29年度も本格的に動き出す準備が整いました。これから年度一杯になりますが、無理のない範囲で、お互いに協力しつつ、まちぴあをはじめ宇都宮市の地域活動・まちづくり活動の振興に寄与していければと思います。 ・・・・・・・・・  議事終了の後には、「交流会」と題してご参加下った皆様と情報交換する時間も設けられました。今年は、まちぴあの事業としても高校生、専門学校生、大学生といった若い世代を対象にした企画の実施を計画しており、  交流会に参加下さった団体の中で、実際に学生を受け入れて活動した成果や受入れ時の留意点などについて意見交換を行いました。
IMGP3214.JPG
 清掃活動など、参加する世代を問わない多世代交流型のイベントや活動では、世代の違いが使っている言葉や意味の解し方で全く異なることも多く、その点、しつこくない範囲で細かく分かりやすく伝えていくことが大切になるといった、実体験を元にしたご意見や、  小学生などもっと下の世代を対象にした活動やイベントでは、子ども達も大人よりも若い方たちと遊ぶことに夢中になりやすいこともあり、とても頼りになるといった意見があがりました。  まちぴあでは、学生達のグループ活動を応援する企画や、自治会など地域組織で活動する機会を設けるなど、いくつかの事業を予定しています。今後の事業展開についても、とても貴重なご意見を頂く機会となりました。  今回の協議会全体会議にご参加くださった皆様、委任を下さった団体の皆様、また、役員団体を引き受けて下さった皆様。まことにありがとうございました。  今年度も、そうした皆様のご協力を頂きつつ、活動していこうと思いますので、よろしくお願い致します。 (記事投稿:小倉)

平成28年度まちぴあオフィス入居団体事業報告会 実施報告

2017年03月24日(金) 平成28年度まちぴあオフィス入居団体事業報告会 実施報告  先日22日宇都宮市まちづくりセンターまちぴあ主催「平成28年度まちぴあオフィス入居団体事業報告会」が行われました。オフィス選考委員、宇都宮市みんなでまちづくり課の職員の方々、オフィス9団体(1団体欠席)20人にご参加いただきました。 officehoukoku.JPG オフィス入居団体事業報告会の様子  “まちぴあ”では、地域で市民活動やボランティアなどのまちづくり活動に取り組んでいる団体の皆さんを対象に、団体の組織運営の自立や活動の活性化を支援するための事務用スペースとして、「まちぴあオフィス」を設置しております。 28年度は10団体のご利用がありました。 この報告会では、入居団体の皆さんの今年度の活動内容やオフィスの利用効果、来年度の予定などについてお話しいただきました。  TNJ在日タイ人ネットワークさんは、在日タイ人への非営利での人道的支援、タイ・日本両国にあるタイ人相互扶助グループと、政府機関や市民団体との連携を橋渡し、タイ人と日本人の友好と理解を深める活動を行っています。 今年度はHOTLINE(電話相談)、タイフェスティバルでの料理の販売、東京タイ大使館でのセミナー参加などを行い、今後とも日本で生活する上でのサポートを公共機関と連携し仲介役として問題解決の為の援助をしていきますと発表していただきました。  NPO法人デックタイグループさんは、主に在日タイ人の相談窓口、医療通訳、移動大使館、語学講座、タイ料理教室等を行っています。 今年度は通常の活動を行う中でオフィス団体である栃木県健康管理士会、一般社団法人ヘルスフードマイスター協会と連携しヘルシータイ料理教室も開催し団体同士の連携を行いました。今後とも生活面でのサポートを継続に行っていきますと発表していただきました。 【まちぴあブログ】協働企画:デックタイ&ヘルスフードマイスター協会「ヘルシータイ料理教室」 取材報告  とちぎセルフヘルプ情報支援センターさんは、主に病気や障がい、生きづらさを抱えた人同士のつながりづくり(自助グループ)の設立相談支援や情報提供の活動を行っています。 今年度は他団体と連携したオープンセミナー(当事者による経験談)、電話相談、ワンコイン講座等を開催しました。 今後も当事者やそのご家族との連携強化やセルフ・ヘルプ・グループガイドの再発行を目指していきますと発表していただきました。 【まちぴあブログ】『まちぴあまつり2016』実施レポート part1  栃木県健康管理士会さんは、主に県内各地で健康セミナー、地域自治会・貸オフィス団体『一般社団法人ヘルスフードマイスター協会』との連携活動を行っています。 今年度はまちぴあ登録団体と顔を合わせる機会が増え、3団体と連携して健康セミナーを行いました。今後ともオフィス団体・登録団体の皆様と連携しながら活動の場を広げていきたいと思いますと発表していただきました。 【まちぴあブログ】『まちぴあまつり2016』実施レポート part1  一般社団法人ヘルスフードマイスター協会さんは、食と健康に関する様々なことを社会に普及させることを目的に『ヘルスフードマイスター養成講座』や『農産物直売所あぜみち』での料理教室などを行っています。 今年度はヘルスフードマイスター養成講座東京校開校や他団体との協働料理教室を行いました。 今後とも、講師養成や食育サポートを通じて地域の方々へ健康をテーマに発信をしていきますと発表していただきました。 【まちぴあブログ】ヘルスフードマイスター協会「健康カフェ夢工房」  NPO法人仕事と子育て両立支援センターさんは、仕事と子育て両立支援に関する活動や必要な基盤整備として子育てサポート活動、サポーター養成講座、スキルアップ研修会などの活動をされています。 今後とも、子育てに対するニーズが多種多様に変化してきているのでサポーターのスキルアップをしていきますと発表していただきました。 【まちぴあブログ】『まちぴあまつり2016』実施レポート part3  とちぎ思春期研究会さんは、子どもたちの成長発達に伴うこころや身体の変化・引き起こされてくる諸問題について研究協議を行っており、思春期ピアカウンセラーの養成、ピア・カウンセリング手法による性の健康教育の実施などを行っています。 今年度は薬物やHIVに関するイベント開催を行いました。 今後、以前実施していた個別相談活動(メール相談)を再開させたいと考えていますと発表していただきました。 【まちぴあブログ】「栃木県とピアリンクinとちぎの世界エイズデーイベント」取材報告  NPO法人宇都宮市ウオーキング協会さんは、宇都宮ウオーキングフェスタの開催協力支援やウオーキング地域団体の育成、ウオーキングに関する広報・啓発などの活動をされています。 今後とも、行政等と更に連携を深め、安心安全な街づくり等市民憲章による情報発信にも傾注していきたいと発表していただきました。 【まちぴあブログ】「宇都宮ウオーキングフェスタ2015」取材報告  とち木木の会さんは、里山整備の伐採竹を使って幼児が乗れる竹馬作り親子教室、学童保育施設への出前炭焼き体験、小学校などで竹囲いに落ち葉を集めて森の生物多様性を校庭で観察など自然新遊運動プログラムの活動をされています。今後、宇都宮市内の活動を増やしていきますと発表していただきました。 【まちぴあブログ】まちぴあ新春企画『あそび初め2017』実施報告part2  報告会後には、普段会わない方もいらしていた事もあり、名刺交換会が行われました。 今年度オフィス団体同士の連携・協力が多く聞くことができました。 入居団体の皆様、お忙しい中での報告会お疲れさまでした。 また現在3つの空き区画があり都度募集を行っております。 ブースの見学を含め、参考までにオフィス機能についてお尋ねの際には、事務局までお問い合わせ下さい。

「第10回社会貢献活動支援助成活動報告会」取材報告

2017年03月20日(月・祝) 「第10回社会貢献活動支援助成活動報告会」取材報告  先日18日(土)宇都宮大学峰キャンパス大学会館多目的ホールにて(公社)栃木県経済同友会“第10回社会貢献活動支援助成活動報告会”が行われました。 昨年第10回社会貢献活動支援助成第二次プレゼンテーションから一年が経ち助成を受けた団体の助成金の使途・成果を含めた活動報告が行われました。 20170318-keizaidoyukai.JPG 開会の挨拶の様子 会場には交付を受けた15団体と審査員・観覧者の計50名ほどが参加されました。 ☆【花水木の会】  発達障害の子を持つ親の支援活動をしています。 専門医を招いた相談会や勉強会、おしゃべりサロンなどの活動をされています。 助成金を受け、子どもの料理教室など新たな取り組みもできましたと発表していただきました。 ☆【キャロットの会】  小山市で親子の居場所づくり活動をしています。 年間22回の居場所活動を行うほか、月1回ワークショップや講座を行い、毎回30組以上の親子が参加されます。 助成金を受け、これまで1種類しかなかった人形劇のバリエーションを増やすため、人形とパペットの購入、人形舞台・紙芝居舞台の作成を行うことができ、親子から喜びの声を聞くことができましたと発表していただきました。 ☆【大平ウィルチェアダンス研究会】  ダンス用車いすを使い、障がいや高齢の方々の健康維持・増進を図るために高齢者施設訪問や啓発活動をされています。 助成金を受け、ダンス用車いすのメンテナンスや修理、介護について知識や技術を学ぶため研修会に参加することができ、スキルアップや啓発に繋がりましたと発表していただきました。 ☆【特定非営利活動法人生涯発達研究所】  発達障がいの子どもとその家族が安心して暮らせる社会づくりを目指し、児童発達シンポジウム、ありのままサロン(お茶会)、発達相談支援事業、教材開発普及事業(発達チェックシートの開発)などの活動を行っています。 助成金を受け、保護者の不安解消、認定発達しょうがいアドバイザーセミナー開催による理解・啓発に活かすことができましたと発表していただきました。 ☆【認定特定非営利活動法人 もうひとつの美術館】  廃校となった校舎を利用しハンディキャップを盛る人の芸術活動をサポートすることを目的に活動されています。 障害を持った人たちによる芸術作品を収集し、創作を支援、また障害を持った人たちによる作品の広報「出前美術館」等の開催を行なっています。 助成金を受け、チラシ・ポスターの作成や公開製作材料費に充てましたと発表していただきました。 20170318-keizaidoyukai2.JPG 子育て応援サークルこっころによる活動報告 ☆登録団体:【子育て応援サークル こっころ】  孤立しがちなママや親子の居場所づくり活動、親子向けのワークショップやズンバ・フィットネスフラ教室を行っています。助成金を受け、「帝王切開講座&帝王切開ママの会」「造形ワクワク体験」「まちぴあまつり2016」等で使った衣装の購入など行うことができましたと発表していただきました。 ☆登録団体:【とちぎ思春期研究会】  思春期における諸問題の研究協議と支援者間のネットワークづくり活動をされています。 活動では研修や情報交換、ピアカウンセリング事業、調査研究、ピアカウンセラー養成講座を行っています。 助成金を受け、「栃木県とピアリンクinとちぎの世界エイズデーイベント」の開催や、NPO法人栃木DARC の方を講師に薬物などの健康問題に対する学習会など行いましたと発表していただきました。 ☆【みんなだれかの、仲良しの世界】  地域に密着した活動(親と子のふれあいの場、地域のゴミ拾い・清掃活動への参加)を核に子ども達に関する事業(いじめ、虐待、施設で暮らす子ども、進路相談、発達障害者支援、親のサポート)などの活動をされています。 相談会、HP開設、かたり場、ふれあいの場としてのイベントに充てましたと発表していただきました。 ☆【なつかしの童謡会 おやま】  童謡・唱歌、愛唱歌の学習を通して、地域の文化芸術の交流を深めると共に青少年育成と生涯学習活動、文化活動の振興発展を目的に活動しています。 特別養護老人ホーム・介護老人ホーム・ディサービス・いきいきふれあいセンター(小山市)・自治会敬老会等に出向きボランティア活動を行っています。 来年度開催される童謡フェスティバルの会場費やポスター作成、Tシャツ作成購入ができ、今後も童謡・唱歌を次世代継承していけるよう活動を継続していきたいと思いますと発表していただきました。 20170318-keizaidoyukai3.JPG みらい・ともに・すすむ(障がい児者支援とちぎ)による活動報告 ☆登録団体:【みらい・ともに・すすむ(障がい児者支援とちぎ)】  特別支援学校・養護学校などの先生によるボランティア支援活動、被災地障がい児者支援に携わっている方を招いての講演「とちぎ防災フォーラム」、ダウン症セミナーの開催や特別支援学校卒業生による読み聞かせボランティアの支援、バリアフリー映画会(FM音声ガイドや手話通訳や字幕のある映画会)などの活動をされています。 助成金を受け、支援を行っている「読み聞かせサークルわたの実隊」で絵本の購入や研修費に充てましたと発表していただきました。 ☆【マジック 小山】  小山市・下野市を中心に年間45回、マジックによるボラアンティア活動(老人ホーム、老人会での慰問活動や各自治体のイベントやこども育成会への出張公演)をされています。 助成金を受け、マジック用具6種、30cmシルクの購入をすることができ、バリエーションが増えましたと発表していただきました。 ☆【ビレッジ収穫祭実行委員会】  ビレッジ収穫祭(農作物を活用した自然体験や調理体験交流、地域の伝統芸能を通じた世代交流)の開催、障がい児者施設・高齢者施設・児童施設でお互いに施設訪問などの活動をされています。 助成金を受け、ビレッジ収穫祭のチラシ・ポスターの作成などに充て、多くの方々に来場していただくことができましたと発表していただきました。 ☆登録団体:【学びの映像舎】  映像づくりサポートの事業を行い地域社会等に加わる問題の改善や解決を図ることを目的に活動、役に立つ映像とお話の会等の活動をされています。 助成金を受け、デイケアなどを利用される高齢者の方々に旅気分を味わってもらいたいとDVD「癒しの旅シリーズ」の作成を行っておりレンタル提供をする予定ですとお話していただきました。 ☆【食事サービス さくら草】  健康で長生きしたいと願う高齢者・障害者の在宅生活を食事の面から支援、食事サービス、カフェさくら草の活動で地域の人が安心して集える場などの活動を行っています。 助成を受け、フードプロセッサーや食器などの購入、研修、チラシ作成等に充てることができ、今後も継続的に活動していきたいと発表していただきました。 ☆登録団体:【横川地区こどもとふれあう会】  防犯、コスモスの花植え、環境美化を中心に地区内の小・中学生と地域のつながりを目標に協力団体との居場所づくり(下栗寺小屋)などの活動をされています。 助成金を受け、イベントで使う簡易トイレ・冷凍庫・簡単テーブルなどの購入に充てることができましたと発表していただきました。  以上15団体による活動報告が行われました。 これまで10年間187団体に社会貢献活動支援助成を行ってきた(公社)栃木県経済同友会ですが、来年度から助成事業が無くなるということで今回が最後の取材となりました。 まちぴあでも団体交流事業「まちぴあ座談会」で社会貢献活動支援助成について説明していただくなど多大なご協力をいただいてきました。まことにありがとうございました。 (記事投稿:小松)

まちぴあ利用者協議会役員会(通算:15回目) 実施報告

2017年3月9日(木)  3月6日(月)に、3ヶ月に1回のペースで開催している、「まちぴあ利用者協議会役員会」を行いました。今回で通算15回目の会議となりました。  今回の役員会に参加下さったのは、4団体7名で、新年度を控えて年度内最後の役員会となり、年末から開始している団体更新や6月に予定している全体会議の進捗状況などについて情報交換を行ったほか、  5月21日(日)に開催が控えている「フェスタmy宇都宮2017」において、まちぴあ登録団体の皆さんが出展する「まちぴあひろば」の様子についてなど今後の予定についての意見交換を行いました。
IMG_7373.JPG
 また、役員団体の皆さんからは3月〜4月に予定されている各団体の主催イベントについて情報提供を受け、3月19日にとちぎ福祉プラザにて、役員団体「共楽マジッククラブ」ほか、シルバー大学出身の4団体が協働で開催している「四葉お楽しみ会」についてや、  今年で28回目を迎える「宇都宮ピアノ研究会」さんが主催する「スプリングコンサート」(4月28日:とちぎ総合文化センター)の情報を頂きました。  その他にも、今回の役員会には参加できませんでしたが、3月5日には、役員団体「歌と朗読のグループ虹色」さんによる復興支援コンサートが開催されるなど、団体の皆さんの活発な活動状況を知ることができました。  まちぴあでも、各団体の行事については取材や情報発信を行い、このブログでも様子をお伝えしていく予定です。  さて、まちぴあが開所し初の利用者協議会の役員団体としてこれまで長い団体で4年間の任期をつとめて下さった皆さんですが、次年度6月の全体会議をもって、多くの役員団体の皆さんが任期満了の運びとなります。  これまで、まちぴあまつりをはじめ、センターの運営についてのご意見やイベントなどで多大なご協力をいただいていた役員団体の皆様。まことに名残惜しいところではありますが、次の役員団体の皆さんへ引き継ぐタイミングとなりました。  次年度の役員団体については、現在、新しい候補団体の皆様へお声がけをさせていただいております。次年度は、若者、子育て支援活動などの団体の皆様にお声がけさせていただき、また、新しい役員会を組織すべく準備しております。  改めて、これまで役員を務めて下さった団体の皆様には、感謝の気持ちを伝えつつ、今後も皆様の活動とともに、まちぴあの活動についてもご指導・ご鞭撻頂けることを願っております。まことにありがとうございました。 (記事投稿:小倉)

「オリスクひなまつり」登録団体:宮つく参加取材報告・次回参加予定のお知らせ

2017年03月03日(金) 宇都宮・高校生まちづくりプロジェクト「宮つく」参加 「オリスクひなまつり」取材報告・次回参加予定のお知らせ  先日26日(日)オリオンスクエア会場で行われた「オリスクひなまつり」にまちぴあ登録団体である宇都宮・高校生まちづくりプロジェクト「宮つく」が参加し取材を行いました。 「宮つく」では高校生ならではの視点で、宇都宮が抱える課題を発見し、高校生によるまちづくり活動(イベント開催・出展)を行い、宇都宮市を盛り上げる活動を行っています。 これまでに「宇都宮カクテルナイト」でオリジナルのノンアルコールカクテルの販売やララスクエア11F「ララ・ステージ」で高校生バンドフェスタを開催してきました。 hinamaturi.JPG オリスクひなまつり  現在、宇都宮北高校生と宇都宮短期大学附属高等学校生の計15人とサポーター3名で構成されており、まちぴあまつりあそび初めに参加・協力していただきました。 hinamaturi2.JPG 宮つくメンバー写真  「オリスクひなまつり」会場では「栃木の郷土料理であるしもつかれに若い人たちがもっと親しみを持てるようにしよう!」を目的にしもつかれコロッケを考案、しもつかれは毎年日光市で行われている「全日本しもつかれコンテスト」で第16代鉄人に選ばれた宇都宮市にある大森商店さんのしもつかれを購入、販売前日しもつかれにじゃがいもとひき肉を合わせて、食べやすいように加工してありました。 hinamaturi5.JPG 当日販売したしもつかれコロッケ  11:00〜15:00の間テント内やオリオンスクエア内で「いらっしゃいませ!しもつかれコロッケいかがですか?」と高校生達の元気ある声で呼び込みを行いながら老若男女の方々が購入していました。 hinamaturi4.JPG 来てくれたお客さんにしもつかれコロッケを渡す様子  栃木県の郷土料理であるしもつかれ、スタッフ自身小学校の頃に食べたしもつかれはあまり良い印象ではなかったことから不安に感じた所もありましたが、食べてみると「美味しい!!」と声が出てしまうほど、しもつかれが苦手という方でも美味しく食べれます。販売していた高校生に話を聞いてみると前日に準備を行っていた時には売れるか不安に感じていましたが沢山の方に購入していただき嬉しいですと話してくれました。「オリスクひなまつり」では200個全て完売することができたそうです。 hinamaturi3.JPG 「オリスクひなまつり」で大道芸フェスティバル開催PRブース  次回「しもつかれコロッケ」販売は3月18日(土)19日(日)同じくまちぴあ登録団体である「うつのみや大道芸フェスティバル実行委員会」主催による「第10回うつのみや大道芸フェスティバル」にて1日目・2日目と約200個ずつ計400個が販売予定になっております。 宮つくによる「しもつかれコロッケ」の購入はこのイベントで最後になります。 興味のある方はぜひご購入ください。  また、宇都宮・高校生まちづくりプロジェクト「宮つく」では活動を一緒に行ってくれる高校生メンバーや広報・協力してくれるサポーターの募集も行っております、話を聞いてみたいという方はまちぴあが仲介して相手側とお繫ぎします。 【参考URL】 ・下野新聞記事:高校生考案の「しもつかれコロッケ」販売の様子

「子ども&大人のための健康リフレッシュサークル」開催のお知らせ

2017年01月09日(月・祝) ポリリズムSmilefitこっころ 育児中のママ 子連れ参加大歓迎 『子ども&大人のための健康リフレッシュサークル』開催のお知らせ 20170110-0330-kodomootona.jpg ※クリックすると拡大します。 ≪プログラム≫ 『ベビーセラピー(ベビーマッサージ)&親子エアロビクス』 →生後1ヶ月の赤ちゃんから参加OK!ママも体型戻しに汗を流そう! ●日にち: 2/7(火),3/27(月)  ●時 間: 10:30〜11:30 ●参加費: ベビーセラピー500円、親子エアロビクス500円 『骨盤調整(大人のみ)』 →姿勢改善・体の不調(肩こり・腰痛など)をゆっくり  和らげていくクラス。痩せない理由は骨盤が原因!? ●日にち: 1/10(火),16(月),23(月),2/6(月),14(火),20(月),3/6(月),13(月),21(火) ●時 間: 10:30〜11:30 ●参加費: 600円〜 『産後の骨盤調整(子連れOK)』 →ママの体型戻し、育児の疲れをふきとばそう!  骨盤のゆがみを放っておくと、あとから体に影響が・・・ ●日にち: 1/17(火),30(月),2/13(月),27(月),3/28(火) ●時 間: 10:30〜11:30 ●参加費: 700円 『ピラティス&アロマリラックス』 →モデルにも大人気!本来もつ自然治癒力を高めよう!  体の奥の筋肉をゆっくり鍛えてリバウンドしにくい体をGET! ●日にち: 1/11(水),3/30(木) ●時 間: 10:30〜11:30 ●参加費: 800円〜 『ZUMBA』 →パーティーのような雰囲気で音楽とダンスを  楽しみながら脂肪燃焼しましょう! ●日にち: 1/10(火),24日(火)  ●時 間: 10:00〜11:00 ●参加費: 500円 『フィットネスフラ(ママ向け)』 →フラダンスのステップを使った有酸素運動  ハワイアンソングに合わせてフラを楽しみましょう!! *こちらのみ申込先は・・・メール: ponpoko-ponko@dog.plala.or.jp(西谷まで) ●日にち: 1/27(金),2/3(金),17(金),3/3(金) ●時 間: 10:30〜11:30 ●参加費: 800円 ●主 催: ポリリズム(佐藤)・Smilefit(阿部)・こっころ(西谷) 【問合せ&申込み】 ポリリズム(代表:佐藤) メール: a29.s63.n19@gmail.com 【参考URL】 ・まちぴあ情報誌 Smile fit代表『うつのみや発の話題人』掲載 ・現:ポリリズム『Pilates & Aroma取材報告』 ・こっころ『まちぴあまつり2016』実施レポートpart3 ステージ発表

「ティーサロン・コンサート≪クリスマス・コンサート≫」開催のお知らせ

2016年12月20日(火) NPO法人宇都宮ピアノ研究会 『ティーサロン・コンサート≪クリスマス・コンサート≫』 20161225-piano.jpg ※クリックすると拡大します。 ●日 時: 2016年12月25日(日) 午後2:00開演(午後1:30開場) ●会 場: 栃木県総合文化センター 3階「音楽練習室」 ≪Program≫ 『クリスマスメドレー』 連弾 『アヴェヴェルムコルプス』他 混声合唱 『ヴァイオリンソナタ Op.1-No.13』 ヘンデル作曲 『14ひきシリーズ』 連弾 『私が町を歩くとき』 ソプラノ独唱 『プレリュード「瞳」 Op.3-No.2』 ラフマニノフ作曲 『夢』 ドビュッシー作曲 他 『子供たちによる演奏』 クリスマスメドレー(連弾リレー) 小平啓介・小平千華・上山莉乃 運動会メドレー(グループ演奏) 藤原明咲・浅野夏佳・横山日和子 ≪出     演≫ ・稲垣 禮子  ・内海 久惠  ・漆原 啓子  ・大岡 昌子 ・金澤 玲子  ・品田 紀子  ・菅井 綾子  ・鈴木 雅子 ・鈴木 里香  ・高橋 惠子  ・塚越 弘子  ・中島 優子 ・山田 紀子  ・混声合唱「たんぽぽ」 他 ≪料 金≫ 全席 自由席(お菓子・お茶付き)※前売り券のみの販売 小中学生1,000円 高校生以上一般2,000円 ≪入場券取扱≫ ・栃木県総合文化センタープレイガイド  TEL: 028-643-1013 ・宇都宮市文化会館プレイガイド TEL: 028-634-6244 ・下野新聞NEWS CAFE(オリオンスクエア隣) TEL: 028-637-8111 ・(株)上野楽器 本店orジープラザ TEL: 028-633-4286 or 028-633-2122 ・鏡池堂(MEGAドン・キホーテラパーク宇都宮隣) TEL: 028-634-9868 ・宇都宮ピアノ研究会 事務局 ●主 催: NPO法人宇都宮ピアノ研究会 ●後 援: 栃木県教育委員会、宇都宮市教育委員会、下野新聞社、(株)上野楽器 ●協 力: 宇都宮市まちづくりセンター、(株)上野楽器、食事サービスさくら草 【問合せ・申込み】  NPO法人宇都宮ピアノ研究会 事務局 TEL: 028‐627‐1796 携 帯: 080‐5446‐1796 【参考URL】 ・まちぴあまつり2016 実施レポートpart3 ステージ発表ピアノ研究会@マクドナルドハウスとちぎ「オープンハウスコンサート」参加レポート

ピアノ研究会@マクドナルドハウスとちぎ「オープンハウスコンサート」参加レポート

2016年12月18日(日)  去る12月10日(土)、下野市自治医科大学前にある「マクドナルドハウスとちぎ」において開催された「オープンハウス」に、まちぴあ登録団体であり、利用者協議会役員団体も勤めて下さっている「NPO法人宇都宮ピアノ研究会」の皆さんが、参加されました。  その際の様子をご報告いただいたので、ブログでもご紹介いたします! ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★  難病などの病気と闘う子どもをもつ家族が、病院から近く、安価に宿泊できる施設として全国・全世界的に活動しているマクドナルドハウスでは、年に何回か活動応援をPRするとともに日々の施設運営や管理などに関っているボランティアの方たちが集うオープンハウスを開催しています。  今回は、このイベントの中で、リレーコンサートという企画が催され、楽器を持参して訪問型演奏会の活動を行っているピアノ研究会の皆様も登場されました。
PC100597.JPG
 研究会の皆さんによるピアノや楽器演奏、声楽などの構成で、15分という限られた時間だったそうですが、「まちぴあまつり」などでもご披露いただいた、素晴らしい演奏が展開されたことでしょう。  オープンハウスでは、コンサートの他、ビンゴ大会やドナルドショーなどが催され、大勢の関係者・ボランティアの方をはじめとした参加者の方で盛り上がっていたそうです。  短い時間ではあったものの、ハウスの皆さんとの交流や、ピアノ研究会の皆さんが、12月25日(日)に企画している「クリスマスティーサロンコンサート2016」のPRもできたそうで、今後も両団体の親睦が図られ、活動をつうじて協力体制がつくれるように、まちぴあでも応援していきたいと思います。  マクドナルドハウスとちぎさんも、ピアノ研究会さんもまちぴあにご登録下さり活発なして下さっている皆さんです。今後の活躍にも期待です。 (記事投稿:小倉)

平成28年度第3回まちぴあ利用者協議会役員会 実施報告

 2016年12月6日(火)  12月5日(月)に、3ヶ月に1回のペースで開催している、「まちぴあ利用者協議会役員会」を行いました。今回で通算14回目の会議となりました。  10月に開催した、まちぴあまつりを無事終了し、実行委員会も兼ねて開催する形式でない通常版の会議となりましたが、師走の忙しい中、6名の皆さんと意見交換を行うことができました。
DSC05540.JPG
 今回の会議では、年末から年始、年度末にかけて団体登録の更新や、年度内の活動報告書の提出の御願いなど、団体の皆さんにご協力いただくことが多い時期でもありますので、そのあたりの情報提供を行なうとともに、  ここ最近の活動状況などについてもお聞きすることができました。現在、まちぴあでは、企業や行政を含め、他の活動団体と協力して活動を行なう「協働」について情報収集をしていることもあり、年末から年明けにかけてこうした協働事例や、活動予定などをシェアしました。  クリスマスやお正月が近いということもあり、音楽活動の団体が福祉関係の団体に招かれ活動を行ったり、室内でできる運動教室の講師として、企業からのご依頼があるといったような皆さんの活発な活動状況を知ることができました。  そして、今回の会議で最大の議題は役員の改選です。これまで利用者協議会発足から4年が経過し、役員を務めて下さった団体の皆さんについては、来年6月の全体会議をもって任期が終了となることもあり、  今後の役員改選についても意見交換を行ないました。昨今は、高校生をはじめとした若者のまちづくりへの参画も盛んであることや、地域との連携がより重要性を増していることもあり、まちぴあ利用者協議会としても、若い世代の方々の協力や地域とのつながりを強めていけるような構成にしたらどうかといった意見もあり、  来期へ向けての役員団体の編成作業についてアドバイスを頂きました。  まちぴあまつりをはじめ、施設利用や活動報告書の導入など、役員団体の皆様には本当に多くのご助言をいただきながら事業を展開できていると感じます。今後とも皆さんとの交流を楽しみながら、「より良いまちぴあ」をともに作っていきたいと改めて思えた役員会となりました。  ちなみに次回役員会は、3月6日(月)に予定しております。役員団体の皆様、今後ともご協力を宜しくお願いいたします。 (記事投稿:小倉)

登録団体協働企画「健康ストレッチ教室」 実施報告

2016年11月20日(日)  去る11月17日(土)、まちぴあ登録団体の「NPOせせらぎ」さんと、企業組織としてご登録下さっている「テンプスタッフ宇都宮オフィス」の皆さんが、協働した企画をご報告下さいました。  NPOせせらぎさんは、花粉症や腰痛、肩こりといった症状を和らげる健康法をアドバイスしたり、実際に体験してもらうことを通して、市民の健康づくりに寄与する活動を行っている団体です。まちぴあ利用者協議会の役員団体も勤めて頂くなど、センター利用だけでなく様々な面でご協力下さっている団体です。  テンプスタッフさんは、人材派遣業の企業活動を行う中で、宇都宮市から生活保護受給者の支援プログラムを委託され運営しています。まちぴあとは、プログラム内の体験メニューとして、地域に出てのボランティア活動を取り入れ、  これまでも、釜川コケ落とし大作戦などにプログラム参加者の皆さんとともに積極的に参加・協力下さっています。  そんな2つの登録団体さんが、出逢うきっかけになったイベントが、10月に行った「まちぴあまつり2016」。このイベントにおいて、せせらぎさんは健康相談やストレッチ体験のブースを出展され、テンプスタッフさんは、自社が運営している農園で、プログラム参加者の皆さんとともに育てた農作物を販売して下さいました。  この時に、健康指導を行っていたせせらぎ(代表:中里さん)に、テンプスタッフの皆さんが、支援プログラムの一つとして、健康体操の講師を依頼され、今回の企画が実現しました。
IMG_3385.JPG
 テンプスタッフ宇都宮オフィスさんの研修室にて、20名ほどの対象者の皆さんと、「ゴム」を使ったストレッチを行いました。  わっか状になっているゴム紐を、肩に回して身体を動かしたり、腕の筋肉を使った運動をしたり、座ったままでもできる健康運動をいくつもレクチャーしてくれたそうです。
IMG_3392.JPG
 支援プログラムを行っているテンプスタッフの皆さんによれば、生活リズムを作ったり、身体を整える意識を培うことも、生活力を自分の力で高め、社会復帰していくには欠かせない部分でもあるそうで、参加された皆さんも楽しみながら学んでおられたそうです。  健康づくりに関係する団体と、生活支援を行っている企業との協働企画が実現した背景に、まちぴあがあったことを嬉しく思います。こうした、協力関係がもっと促進されるように、まちぴあとしてもしっかりと活動していこうと思いました。  せせらぎさん、テンプスタッフの皆様、今回健康セミナーお疲れ様でした。 (記事投稿:小倉)

「第28回MOA美術館栃木児童作品展表彰式」取材報告

2016年11月19日(日) 「第28回MOA美術館栃木児童作品展表彰式」取材報告 moajidou.JPG 開会の様子  本日まちぴあ登録団体MOAインターナショナル栃木も関わる「第28回MOA美術館栃木児童作品展表彰式」が行われました。 会場となった栃木県総合文化センターサブホールには賞に選ばれお子さんたちと保護者350名程度の方々が来場されていました。 moajidou2.JPG NPO法人ピアノ研究会による演奏  表彰式開会後、同じくまちぴあ登録団体NPO法人宇都宮ピアノ研究会によるピアノ演奏が行われました。 演奏後は表彰式の手伝いを行われていました。 また12月25日(日) 午後2:00開演(午後1:30開場)同総合文化センター3階「音楽練習室」にて行われるティー・サロン・コンサート〜クリスマス・コンサート〜のチラシも表彰式のプログラムと共に配られていました。  ピアノ演奏後、MOA美術館栃木児童作品展実行委員長である船田元氏から来場された皆さんに挨拶が行われました。 児童作品展はMOAが行っている美術館活動の中で、子ども達が取組んでいる創作活動を奨励することで「生命を尊ぶ心」「心ゆたか人間」形成を目的として、全国ネットで取組んでおり家庭・地域・学校と連携して行われています。 今回栃木会場では宇都宮会場と日光会場が合併して行われたこともあり出展校83校、絵画1,944点、書写416点の出展がありました。 moajidou3.JPG 賞状授与の様子 moajidou4.JPG 金賞・銀賞・銅賞賞状授与の様子  実行委員長挨拶・来賓挨拶後、絵画・書写賞状授与ではMOA美術館奨励賞、栃木県知事賞、栃木県議会議長賞、栃木県教育長賞、宇都宮市長賞、宇都宮市議会議長賞、宇都宮市教育長賞、日光市長賞、日光市教育長賞、産経新聞社賞、下野新聞社賞、栃木放送賞、とちぎテレビ賞、金賞、銀賞、銅賞に選ばれた100名程のお子さん達に表彰状が渡されました。  賞状授与後、審査員による受賞作品への講評が行われ、絵画・書写の審査のポイント・理由、審査過程をお話していただきました。 『まちぴあブログ 「MOA美術館児童作品展 審査会」サポートボランティア 協力報告』同様、作品数が毎回多いことから選ぶのに毎回審査員同士で話合うことも行っているとお話されていました。  毎回MOA美術館栃木児童作品展を行うにあたり、多くのボランティアが関わっているようで、今回も高校生〜大人の方が場内整理等のボランティアを行っていました。 また登録団体であるMOAインターナショナル栃木さんでは「まちぴあまつり」にも参加いただいており、花による「コミュニティづくり」や親子で楽しめる「食育セミナー」を行っております。 今後もまちぴあ登録団体として活動を支援していければと思います。

登録団体:テンプスタッフさんからの物品寄贈

2016年11月9日(水)  10月16日に、たくさんの団体の皆様や来場者の皆様の協力を得て行なうことができた「まちぴあまつり2016」において、  今年はじめてご出展下さった、テンプスタッフキャリアコンサルティング(株)宇都宮オフィスの皆様から、物品寄贈を頂きました。  テンプスタッフ宇都宮オフィスの皆さんは、市からの委託事業を通じて生活保護などの方々へ向けて再就職プログラムを業務として行なっておられます。まちぴあには、企業としてご登録いただき、まちぴあが行なっている釜川コケ落とし大作戦などのボランティア活動や、イベントの設営サポートなどに積極的にご協力いただいています。  そんなテンプスタッフさんが、自社のプログラムの中で数年前からスタートしたのが、自社が所有する農園での畑作業だそうで、これまでもプログラム参加者の皆さんと試行錯誤の上、様々な野菜を栽培されてきたそうです。  これまでも、作った野菜を子ども支援や障がい者支援などの活動を行なっている施設、団体などに届けていたそうですが、今年は、「販売も体験してみよう」とのことで、まちぴあまつりへの参加となったそうです。  まつり当日は、「まちぴあまつり2016実施レポート1」にも掲載させてもらったとおり、朝採りの野菜は大人気で、売り子を担当した皆さんも、販売を通しながら、接客やまつりを楽しみやすくするために、買ってもらった野菜を出展テントで預かるといった工夫をこらすなど、自発的に活動する機会となったとのことでした。  そんな皆さんの野菜販売で得た利益を、さらに役立ててほしいとのことで、今回まちぴあへの物品寄贈の申し出を頂いたのでした。
IMGP1174.JPG
 寄贈いただいたのは、まつりをはじめとした屋外などのイベントで使える「折りたたみ椅子」と「CDラジカセ」。双方とも、登録・利用団体の皆さんから貸してほしいとの要望も多い物品であり、まことにありがたいことです。  テンプスタッフ・宇都宮オフィスの皆様。このたびはまことにありがとうございました。今後とも、宜しくお願いいたします。 (記事投稿:小倉)

第4回実行委員会〜まちぴあまつり2016反省会 実施報告

2016年11月4日(金)  去る11月1日(火)、10月16日に無事開催することができた「まちぴあまつり2016」の反省会を行いました。  今回の会議には実行委員会の団体5団体6名(スタッフ3名:計9名)が集まりました。  今年のまちぴあまつりは、広報も兼ねた「飾りづくりワークショップ」(まつりに飾る旗などの創作教室)など材料や作成について、まちぴあ利用団体の皆さんに声をかけさせてもらい、多くの協力を得ながらできたことや、 IMGP1087.JPG  これまでまつりに参加していなかった新規参加団体が10団体あったことなど、新しい成果を生み出せたイベントとなりました。  一方で、市内外を問わず多くのイベントが行なわれる中で、どうしても広報不足が否めないという課題は克服が難しく、さらなる検討と工夫の必要性が再確認されました。  今年のまつりでもっとも大きかった成果は「出展団体・利用団体の皆さんからの協力」という部分だったと思います。会議では、スタンプラリーや抽選会の実施などが提案されましたが、これまでは、限りあるスタッフの中でどう運営したらよいかという部分で実施したくても考えてしまうところでしたが、  賞品も利用者に協力して集めたらどうか、屋外に受付ブースを設け、ラリーなどの実施を各出展団体からも人員を出してもらって行なってはどうかといった提案をいただき、主催・運営しているまちぴあスタッフを励ますお声を多数頂くことができました。 「協働の環を広げていくためのおまつり」  といっては、硬い表現かもしれませんが、まちぴあが中心になりつつ、団体の皆さんそれぞれの得意分野を出し合ってつくる年に1回のまちぴあでのイベント。  そんな機会に「まちぴあまつり」をしていければいいなと思い直した反省会となりました。  広報や会場レイアウト、統一テーマの設定など宿題もいろいろと残された今回のまちぴあまつりですが、宿題ではなく「もっと良くなる可能性を秘めている」と捉えて、今年よりもよりよい「まちぴあまつり」を目指して、来年も実行委員団体の皆さんとともに進めて生きたいと考えています。  そんなことで、お声がけから数える約半年に渡っての実行委員会。この反省会をもって一連の活動は終了となります。ご協力いただいた団体の皆様、まことにありがとうございました。今後とも、よろしくお願いいたします。 (記事投稿:小倉)

『まちぴあまつり2016』実施レポートpart3

2016年10月20日(木) 『まちぴあまつり2016』実施レポート part3  2016年10月16日(日)当センターにて「まちぴあまつり2016」が開催されました。 『まちぴあまつり2016』実施レポートpart1実施レポートpart2part2に引き続き実施レポートpart3を更新します。 maturi201610.JPG NPO法人仕事と子育て両立支援センターの様子 【NPO法人仕事と子育て両立支援センター】 年度報告書  会員制ベビーシッター、ハウスキーパー、ベビーシッター、体調不良児保育、産前・産後のサポートを行っているNPO法人仕事と子育て両立支援センター。 子育てサポーター研修会開催やフェスタmy宇都宮2016に参加していただいています。 今回自然物を使ったフォトフレーム作り工作体験を行いました。 maturi201611.JPG こくら工房の様子 【こくら工房】 平成27年度活動報告  学童やイベントでバルーン活動を行っているウシさん。 ウシブログ★まちづくり応援ブログ等ではこれまでの活動記事や今後の予定が掲載されています。 今回午前中は会場を歩きながらバルーンプレゼントを行い、午後は(要事前予約)のバルーン教室を行いました。 ≪2階ステージ団体動画(まちぴあFacebookページ)≫ maturi201612.JPG 子育て応援サークル「こっころ」の様子 【子育て応援サークル「こっころ」】 平成27年度活動報告  転勤や人見知りなどで孤立しがちなママや親子の尾場所づくり活動をされています。 『第10回社会貢献活動支援助成』交付や夏休み企画第1弾『造形ワクワク体験』夏休み企画第2弾『教えて!アメリカの小学校のこと』や親子向けのワークショップやズンバ・フィットネスフラ教室の開催を行っています。 今回フィットネスフラの披露を行いました。 maturi201613.JPG ヒッポファミリークラブ宇都宮グループの様子 【ヒッポファミリークラブ宇都宮グループ】 平成27年度活動報告 英語をはじめとした多言語の学習を通して、小さな子どもと親御さんの居場所活動を行っているヒッポファミリークラブ宇都宮グループ。『ワークショップ「7ヵ国語で話そう。」』開催やまちぴあ情報誌NO.15(秋号)にも掲載されています。 今回外国の音楽、言葉を使ったクイズ&ゲーム大会を行いました。 maturi201614.JPG 共楽マジッククラブの様子 【共楽マジッククラブ】 平成27年度活動報告 高齢者の介護施設や幼児・学童施設へのマジックの披露ボランティアを行っている共楽マジッククラブ。 合同イベント「四つ葉お楽しみ会2016」を開催しました。 今回マジック実演と参加体験マジックを行いました。 maturi201615.JPG NPO法人宇都宮ピアノ研究会の様子  【NPO法人宇都宮ピアノ研究会】 平成27年度活動報告 「ティーサロンコンサート」「舘野泉ピアノ・リサイタル」の開催や各地のイベントで音楽を広める活動を行っております。 宇都宮市市民活動助成金を平成26年度にはスタート支援として平成27年度にはステップアップ支援が交付され、電子ピアノ等を購入後、ボランティア活動(ケアセンターや介護福祉施設等)も行っています。 今回ピアノ演奏・独唱、参加型歌唱体験を行いました。 maturi201616.JPG フォークダンスサークルイエメナイトの様子 【フォークダンスサークルイエメナイト】 平成27年度活動報告 様々な世代の皆様とフォークダンスを通じて交流活動を行っているフォークダンスサークルイエメナイト。今回フォークダンス実演と参加体験を行いました。 maturi201617.JPG 絆翔〜H・Y〜の様子 【絆翔〜H・Y〜】 平成27年度活動報告 市内高齢者施設やイベント等に赴きよさこいの披露を行っている絆翔〜H・Y〜。今回よさこいの披露を行いました。 以上実施レポートpart3として館内2団体、ステージ6団体の活動報告を行いました。 maturi201618.JPG まちぴあまつり終了後 交流会の様子  まちぴあまつり閉会式後テントや机イスの片付け作業を行い、その後行われた交流会ではお茶やお菓子を食べながら、それぞれの団体ごとに団体紹介や話合いを行いました。 普段まちぴあで活動している同士なかなかお互いを知る機会もないことから長くお話されている方々が見られました。   今年初の取組みである飾り作りWSなど行うこともできより多くの団体さんからご協力していただくことができました。 まちぴあまつり前からご協力いただいた団体・個人ボランティアの皆様、参加された団体の皆様ありがとうございました。 (記事投稿:小松)

『まちぴあまつり2016』実施レポート part2

2016年10月19日(水) 『まちぴあまつり2016』実施レポート part2  2016年10月16日(日)当センターにて「まちぴあまつり2016」が開催されました。 『まちぴあまつり2016』実施レポート part1に引き続き実施レポート2を更新します。 maturi2016-1.JPG 遊布の会の様子 【遊布の会】  リサイクル布を活用した作品の作成やイベント、バザーなどでの作成品の販売(※販売益は福祉施設などへ寄付しています。)などの活動をされている遊布の会。今回リサイクル布作品の販売を行いました。 maturi2016-2.JPG とちぎYMCAの様子 maturi2016-3.JPG シャプラニールとちぎ架け橋の会の様子 【とちぎYMCA】 平成27年度活動報告シャプラニールとちぎ架け橋の会】  第6回フェアトレードまつり開催・参加やフェスタmy宇都宮2016参加していただいています。 今回フィリピンなどで作られたフェアトレード品の販売や「もったいない」で国際協力をテーマにしたフリマを行いました。 maturi2016-4.JPG NPOせせらぎの様子 【NPOせせらぎ】 平成27年度活動報告  高齢者の健康についての対策や様々な疾病の予防法などの勉強会やアドバイスや花粉症予防やダイエット、肩・腰痛その他に関する健康相談・指導を行っているNPOせせらぎ。 フェスタmy宇都宮2016参加していただきました。 今回肩こり腰痛も楽になるツボ療法体験を行っていただきました! maturi2016-5.JPG (公社)日本技術士会栃木県支部の様子 【(公社)日本技術士会栃木県支部】 年度報告書  『科学技術講演会』『児童向け理科実験体験教室』等の活動をされている(公社)日本技術士会栃木県支部。 昨年度『まちぴあまつり2015』でも行った子どもたちに向けての紙ヘリコプター作成教室・体験が行われました。 maturi2016-6.JPG 自然教室ネイチャーフレンドの様子 【自然教室ネイチャーフレンド】  子どもたちを対象とした環境教育、自然体験活動、レクリエーション活動を行っている自然教室ネイチャーフレンド。 『自然教室ネイチャーフレンド一日体験』開催やフェスタmy宇都宮2016参加していただきました。 今回は自然物を利用した工作等が行われました。 maturi2016-7.JPG MOAインターナショナル栃木の様子  【MOAインターナショナル栃木】 平成27年度活動報告 美育(児童絵画展)、食育(コンニャク作り) 、健康法(菜園の作り方教室)などの事業を行っているMOAインターナショナル栃木。 フェスタmy宇都2016にも参加していただきました。 今回簡単に作れるコンニャクづくり教室が行われました。 maturi2016-8.JPG プチプラリメイクレース&リボンの様子 【プチプラリメイクレース&リボン】 タンスのこやしになっている服やリサイクル店で買った材料を組み合わせて小物を作りを行いバザーなどで販売し収益金をボランティア活動支援に寄付しています。今回リメイク衣作品の展示・手芸体験(くるみボタン作成)が行われました。 以上実施レポートpart2として屋外6団体、館内2団体の活動報告を行いました。 実施レポートpart3をお楽しみに! (記事投稿:小松)

まちぴあまつり2016実施レポート part1

2016年10月18日(火) 『まちぴあまつり2016』実施レポート part1 IMG_7287.JPG 開会式の様子  2016年10月16日(日)当センターにて「まちぴあまつり2016」が開催されました。 今年のまちぴあまつりでは登録団体である屋外14団体、屋内4団体、ステージ6団体の計24団体による出展・活動発表が行われ約300人の方々が来場されました。 始めに行われた開会セレモニーでは出展・活動発表団体の皆様にもご参加いただき快晴の中、『まちぴあまつり2016』がスタートしました。 IMG_7298.JPG ハッピーテイルズの様子 【ハッピーテイルズ】  みやシニア活動センター情報誌attivoまちぴあ特集号(第2弾)』にも掲載されたこともあるハッピーテイルズ。 保護した犬猫たちのケアや里親探しを行っています。 まちぴあボランティア情報(その他)にも「どうぶつのお世話ボランティア」として掲載しております。今回犬グッズの販売を行いました。 DSC05127.JPG テンプスタッフキャリアコンサルティング(株)の様子 【テンプスタッフキャリアコンサルティング(株)】  まちぴあ主催『釜川コケ落とし大作戦』に参加する他、自社の社会貢献として生活保護者の再就職支援や自社運営農園作業などを行っているテンプスタッフキャリアコンサルティング(株)。 今回農園で取れた野菜の販売を行ないました。 IMG_7297.JPG (一社)ヘルスフードマイスター協会、栃木県健康管理士会の様子 貸しオフィス団体:【一般社団法人ヘルスフードマイスター協会】 年度報告書 貸しオフィス団体:【栃木県健康管理士会】 年度報告書  貸しオフィス団体同士であり同じ分野の活動を行っていることから協働企画:デックタイ&ヘルスフードマイスター協会「ヘルシータイ料理教室」 などのイベントを共に行うことが多い2団体。 ヘルスフードマイスター協会はヘルスフードマイスター養成講座を中心に食と健康に関する様々なことを社会に普及させることを目的に活動されています。 栃木県健康管理士会は健康セミナーやシニア世代の地域デビュー講座に講師としても活動されています。 今回ヘルスフードマイスター協会は野菜を活かした飲食販売を行い、栃木県健康管理士会さんは健康相談などを行いました。 IMG_7294.JPG (一社)日本熊森協会栃木県支部の様子 【一般財団法人 日本熊森協会 栃木県支部】  自然保護の実践を目的に植樹活動や勉強会等に参加されています。 フェスタmy宇都宮2016「まちぴあひろば」にも参加していただいております。 また『森づくりでエコな暮らし』等の後援も行っています。 今回フリーマーケットを行いました。 CIMG1484.JPG NPO法人デックタイグループの様子 貸しオフィス団体:【NPO法人デックタイグループ】 年度報告書  主に在日タイ人の生活支援相談、医療通訳、移動大使館、語学講座、タイ料理教室等を行っているNPO法人デックタイグループ。 『とちぎグローバルセミナー2016』や先ほど紹介しました協働企画:デックタイ&ヘルスフードマイスター協会「ヘルシータイ料理教室」 等も行いました。 今回カレー販売を行ないました。 IMGP0859.JPG 宇都宮高校生まちづくりプロジェクト「宮つく」の様子 【宇都宮高校生まちづくりプロジェクト「宮つく」】  高校生主体で宇都宮市を盛り上げる為イベント開催・出展を行っています。これまでに『宇都宮カクテルナイト』参加や『高校生バンドフェスタ』開催を行ってきました。 また『地域を楽しく創る若者のトークセッション』にも参加しています。 今回ポップコーン販売・ヨーヨーつりを行ないました。 IMGP0851.JPG とちぎセルフヘルプ情報支援センターの様子  貸しオフィス団体:【とちぎセルフヘルプ情報支援センター】 年度報告書  主に病気や障がい、生きづらさを抱えた人同士のつながりづくり(自助グループ)の設立相談支援や情報提供の活動を行うとちぎセルフヘルプ情報支援センター。 とちぎセルフヘルプセミナーどん底大会などを行っています。 今回わたあめ販売を行ないました。 以上実施レポートpart1として屋外8団体の活動報告を行いました。 次回実施レポートpart2、実施レポートpart3をお楽しみに! (記事投稿:小松)

『まちぴあまつり当日パンフレット・前日準備と飾り付け作業』

2016年10月15日(土) 『まちぴあまつり当日パンフレット・前日準備と飾り付け作業』 001.JPG まちぴあまつり前日準備後の様子  本日行われた『まちぴあまつり前日準備』ではまちぴあ駐車場に全14張のテントを設置する作業をまちぴあスタッフとテント出展団体の方々を含めた約10人程度で活動を行いました。 『まちぴあまつり飾り付け作業』ではまちぴあスタッフと出展団体の方々を含めた計5人で活動を行いました。館外の様子は明日お楽しみに。  また『まちぴあまつり2016』開催にあたり当日来所される皆様にお渡しする『まちぴあまつり当日パンフレット』データが出来上がりました。当日まちぴあまつりでどんな団体がどんなことを行うのか詳しい内容が書いてあります。 DSC05032.JPG 10/10飾り付けワークショップの様子  また10/10に行われた第5回目『まちぴあまつり飾り付け作業』では一般の方1名とスタッフ1名の計2名で活動を行いました。 『書心の会』の子ども達に作ってくれた横向き旗をまちぴあ玄関付近に設置した他『まちぴあまつり』の型と水性ペンキを使っておどり旗3枚を作りました。 貴重なお時間をいただきありがとうございました。 DSC05050.JPG 10/12飾り作りワークショップの様子  また10/12に行われた飾り作りワークショップでは『Miya Kids English Club』『Ichigo Kids English Club』の方々と『新聞ちぎり絵サークル』の方にご協力いただきフラッグガーランドを作成しました。貴重なお時間をいただきありがとうございました。 皆さんの来所お待ちしております。 (記事投稿:小松)

『まちぴあまつり2016』開催のお知らせ&団体紹介

2016年10月10日(月・祝) 主催:まちぴあまつり2016実行委員会・宇都宮市 『まちぴあまつり2016』〜であう・きづく・つながる〜 20161016-machipiamaturi.jpg ※クリックすると拡大します。  「まちぴあ」は市内で活動しているボランティア・市内活動・CSR活動(社会貢献に取り組む企業の活動)・自治会・協議会といった地域における、まちづくり活動に関わる団体や個人の方の活動拠点です。 拠点である「まちぴあ」を会場に実施して、今年が3度目の開催となります。 宇都宮市内を中心に、各地域で活躍される様々な分野の活動団体が集います。 イベントを通じて、活動団体の皆さんと出会い、まちのために「できること」をみつけましょう。 ●日 時: 2016年10月16日(日)10:00〜15:00 ※雨天中止 ●場 所: 宇都宮市まちづくりセンター まちぴあ ※臨時駐車場: 宇都宮白楊高校(宇都宮市元今泉8丁目2番1号) ≪まちぴあまつり2016出展案内≫ 【屋外駐車場】 ★テンプスタッフキャリアコンサルティング(株) 出展内容:就労支援プログラム内自社運営の農園で取れた野菜等の販売 ★ハッピーテイルズ ペットの里親探しや犬・猫の保護活動を行っています。 出展内容: 犬服・グッズの販売とパネル展示 ★(一社)ヘルスフードマイスター協会 出展内容: 健康に良い食材や食品の販売 ★栃木県健康管理士会 出展内容: 農産物販売と会の広報 ★(一社)日本熊森協会栃木県支部 出展内容: 関連書籍・物品販売、会の広報 ★デックタイグループ 出展内容: タイ料理の販売、会の広報 ★宇都宮・高校生まちづくりプロジェクト「宮つく」 出展内容: ポップコーン、ヨーヨー釣り、会の広報 ★とちぎセルフヘルプ情報支援センター 出展内容: わたあめの販売、会の広報 ★遊布の会 出展内容: リフォーム作品(小物)の販売、会の広報 ★とちぎYMCA 出展内容: フェアトレード手芸品の販売、会の広報 ★シャプラニールとちぎ架け橋の会 出展内容: フリーマーケット、会の広報 【屋外庭園】 ★自然教室ネイチャーフレンド 出展内容: 自然物を生かした工作、ネイチャーゲーム ★日本技術士会栃木県支部 出展内容: 紙コプター工作、体験 ★NPOせせらぎ 出展内容: リラクゼーションコーナー 【館内2F(ミニステージ)】 ★子育て応援サークル「こっころ」 ステージ内容: フィットネスフラダンス披露、参加体験 ★ヒッポファミリークラブ 宇都宮グループ ステージ内容: 外国語を使った参加型ゲーム&クイズ ★共楽マジッククラブ ステージ内容: マジック披露、参加体験 ★宇都宮ピアノ研究会 ステージ内容: ピアノ〜クラシック音楽実演〜 ★フォークダンスサークルイエメナイト ステージ内容: 参加型フォークダンス ★絆翔〜HY〜 ステージ内容: よさこいの実演、参加体験 【館内1F】 ★MOAインターナショナル栃木 出展内容: コンニャクづくり教室の実施 ★プチプラリメイクレース&リボン 出展内容: 手芸・小物づくりワークショップ ★仕事と子育て両立支援センター 出展内容: 木の実を使ったフォトフレーム手作り教室 ★こくら工房 出展内容: 午後ウシさんのハロウィンバルーン教室 ※要事前予約       午前はバルーン遊び ●入場料: 無料 ●問合せ: 宇都宮市まちづくりセンター“まちぴあ” TEL: 028-661-2778 / FAX: 028-689-2731 【参考URL】 ・まちぴあまつり2015 実施レポートpart1まちぴあまつり2015 実施レポートpart2まちぴあまつり2015 実施レポートpart3

『第4回まちぴあまつり飾り作りワークショップ』実施報告

2016年10月07日(金) 『第4回まちぴあまつり飾り作りワークショップ』実施報告 kazari-1.JPG 10/2飾り作りワークショップの様子  第4回目『まちぴあ飾り作りワークショップ』が行われ、登録団体『影絵光』『英語絵本ワークショップ』とスタッフ1名の計5名で活動を行いました。おどり旗に付ける輪部分の作成やフラッグガーラントを作りました。  『まちぴあ飾り作りワークショップ』とは10月16日(日)に予定されている『まちぴあまつり2016』に向けて飾り作り(館内・屋外)を行うものです。 大人の方には布と糸と針を使って「フラックガーランド(三角の旗)」作成や折り紙を使った飾り作りを行い、小さいお子さんには「無地のフラックガーランド(三角の旗)」を使って手形やスタンプを押す・好きな絵を書くなど多くの方のご協力のもと活動しております。 まちぴあまつり当日は作った物を飾り、後日作ったガーランドやおりがみ飾りは記念に持ち帰り可能となっております。 また別日に行われたワークショップ(計3回)では kazari-2.JPG 登録団体の方の協力  1回目には新規登録団体『新聞ちぎり絵サークル』さんから1名が参加し、新聞をちぎったものをフラックガーランドに付けたり、手形・足型を付けたりと楽しく作ってくれました。貴重なお時間をいただきありがとうございました。 kazari-3.JPG 一般の方の協力  2回目には一般の方に参加していただき子ども用フラッグガーランドの数を増やしていただきまいた。貴重なお時間をいただきありがとうございました。 kazar-4.JPG 登録団体の方の協力  3回目には前回も協力してくれた登録団体『寺子屋』に参加している子ども達と先生(大学生)にも協力いただき、手形やスタンプ、布用クレヨンなどを使ってオリジナルのフラックガーランドを作ってくれました! 貴重なお時間をいただきありがとうございました。 kazarikyoryoku.jpg 団体紹介ポスターの作成  参加協力していただきました「登録団体の皆様」にはまちぴあスタッフが『A3版の団体紹介ポスター』を作成しております。 作成したポスターはまちぴあ館内にて掲示しております。 今後の予定→『まちぴあまつり飾り作りワークショップ』では10月10日(月)に飾り付けの作業を行っていきますがまだまだ飾りの数が足りないことから飾り作りも行います。皆さんのご参加お待ちしております。 (記事投稿:小松)

ウシさんのバルーン教室@まちぴあまつり2016!〜ハロウィンバルーンを作ろう♪参加者募集

2016年9月23日(金)  過日9月17日に参加団体説明会を行い、登録団体や個人ボランティアの方など、多くの皆さんにご協力を頂きながら行っている、ガーラントづくりワークショップなど、来月10月16日(日)に迫った、 「まちぴあまつり2016」  の準備が着々とすすんでおります。その、まちぴあまつりの中で、一昨年は子ども達と妖怪体操を踊り完全燃焼し、昨年は館内で風船プレゼントをして日々の活動の成果を見せた、バルーン活動屋さんこと「ウシ」。  今年は、もう少し踏み込んで、一登録団体として来場者の皆さんと楽しい時間を過ごす催しを企画しております。以下に詳細を記載しますので、ぜひ、お申込み下さい♪   ★★★★★   ★★★★★   ★★★★★  はい、どうも。ウシです。今年の「まちぴあまつり2016」では、下記の予定でハロウィンの季節に役立つ!?バルーン工作教室を開催します。ご家族で遊びにきて下さい♪
barunchirasi.jpg
【タイトル】  ウシさんのバルーンアート教室   〜ハロウィンバルーンを作って遊ぼう〜 【日 時】  ・2016年10月16日(日)    13:30〜15:00 【会 場】  ・宇都宮市まちづくりセンター「まちぴあ」    研修室C(1階) 【定 員】  ・20名(先 着) 【参加費】  ・無 料 【問合先】  ・宇都宮市まちづくりセンター「まちぴあ」    TEL:028-661-2778(担当:小倉) 【その他】  ・材料に限りがありますので、事前のお申込みを御願いします。  ・また、まちぴあまつりは雨天中止となりますが、雨天の場合であっても   工作体験は実施する予定です。ですが、台風の場合には中止もありますので、   必ず事前申込みを御願いします。  ・まつり当日は、敷地内駐車場に駐車することはできません。白楊高校に特設   駐車場を設けておりますので、そちらをご利用下さい。 【参 考】  ・ウシってどんな人?と思った方は、こちらをクリック下さい。    ウシが運営しているブログにジャンプします。   ★★★★★   ★★★★★   ★★★★★  ・・・ですね。教室は、午後から行いますが、午前中は教室会場となる、まちぴあ研修室Cにたくさんの風船をつくっておいて、会場内のどこかにいる「ウシさん」をみつけて、ご希望の作品をつくってもらおうというゲーム的なこともしようと考えています。  まつり自体を担当していたりもしますが、スタッフとしても一団体としても、まちぴあに遊びにきた皆さんを楽しんでもらい、出店いただいている皆さんを盛り上げたいと思っております。  そんなことで、多くの方のご参加をお待ちしております!!  ちなみに、「教室ではどんなものを作るの??」とお思いの方もいますでしょうから、案の写真を掲載しておきます。まずは、「ハートステッキ」。幼児〜小学校低学年くらいまでの女の子たちには絶大な人気を誇っております。
IMGP0550.JPG
 ハートも、棒(ステッキ部分)も基本的な作り方を応用して組み合わせれば完成です。ハロウィン的なカラーにすれば、雰囲気もあってよかろうと思っています。
IMGP0551.JPG
 それから、チラシにある「カボチャ」。実物は、丸い風船を組み合わせた直径30センチくらいの大きなカボチャですが、これも基本作品「イヌ」のつくり方を応用して、小さいタイプのカボチャも作れます。例の写真はステッキ型ですが、色々な作品と組み合わせることもできます。
IMGP0553.JPG
 カボチャのステッキもね。いいもんですね。  もちろん、大きいカボチャを作れるように、材料を準備しておりますよ。ぜひとも挑戦してみて下さい♪  それ以外にも、ハロウィンに限らず、いろいろ作って遊んでしまいましょう。教室の基本線としてはハロウィンがテーマですが、一番の目的は「楽しむこと」。  思うに、お子さんのお相手をすることが多いのはママさんだったりしますが、パパさんお手製のハロウィンバルーンで今年のハロウィンを迎えるというのもねぇ。宜しいのではないでしょうか?
IMGP0554.JPG
 そんなことで、ぜひ、たくさんの皆さんと「まちぴあまつり」にてお会いできることを楽しみにしております!!! (記事投稿:小倉=ウシ)

『第3回まちぴあまつり飾り作りワークショップ』実施報告

2016年9月22日(木) 『第3回まちぴあまつり飾り作りワークショップ』実施報告  先日18日まちぴあ情報展示室にて第3回目『まちぴあ飾り作りワークショップ』が行われ、登録団体『影絵光』からボランティア3名とスタッフ1名の計4名で活動を行いました。 『まちぴあ飾り作りワークショップ』とは10月16日(日)に予定されている『まちぴあまつり2016』に向けて飾り作り(館内・屋外)を行うものです。 DSC04970.JPG 飾り作りワークショップの様子  大人の方には布と糸と針を使って「フラックガーランド(三角の旗)」作成や折り紙を使った飾り作りを行い、小さいお子さんには「無地のフラックガーランド(三角の旗)」を使って手形やスタンプを押す・好きな絵を書くなど多くの方のご協力のもと活動しております。 当日作ったガーランドやおりがみ飾りは記念に持ち帰り可能となっております。 DSC04968.JPG 折り紙で飾り作り   今回13:00〜16:00に時間が変更になりましたが、フラックガーランド作成と折り紙を使った飾りづくりなどを行いました。 秋をイメージしたリスやどんぐり、ハロウィンをイメージしたかぼちゃやふくろうなど作成しました。  DSC04980.JPG 登録団体の方の協力  また本日、登録団体『寺子屋』に参加している子ども達と先生(大学生)にも協力いただき、手形やスタンプ、布用クレヨンなどを使ってオリジナルのフラックガーランドを作ってくれました! kazarikyoryoku.jpg 団体紹介ポスターの作成  参加協力していただきました「登録団体の皆様」にはまちぴあスタッフが『A3版の団体紹介ポスター』を作成しております。作成したポスターはまちぴあ館内にて掲示しております。 今後の予定→『まちぴあまつり飾り作りワークショップ』ではスタッフのタイミングが良ければ平日も開催いたします。問合せ・申込みはまちぴあへ。 (記事投稿:小松)

まちぴあまつり2016「参加団体説明会」 実施報告

2016年9月16日(土)  本日、開催まで一か月となりました、まちぴあ登録団体が一堂に会すイベント「まちぴあまつり2016」の参加団体説明を行いました。  昨年に引き続き、敷地内での開催を予定している「まちぴあまつり2016」には、屋外にて販売などのブース出展をして下さる14団体と、館内1階の会場で体験などのコーナーを展開下さる4団体に、
IMGP0507.JPG
 2階研修室のミニステージにご出演いただく6団体の皆さんがご出展下さいます。  今年は、「もっと多くの団体が参加できるように」と、これまで出展者の搬入車駐車場に使っていた北側駐車場スペースの一部も出展スペースとして設け、過日、8月29日に行った第2回目の実行委員会において、屋外ブースの配置レイアウトなどを検討する会議を行い、参加全団体が参加する説明会の本日を迎えました。  この日の説明会には、参加24団体中、15団体の皆さんが集まり、屋外出展のブース位置や、ステージの出演順、火器・食品などの注意事項や、前日&当日のスケジュールの確認を行いました。  今回は、全参加団体の内ほぼ半数にあたる10団体が初参加ということもあり、日頃別々の活動で活躍されている団体さん同士の顔合わせも兼ねての説明会となりました。
IMGP0509.JPG
 実行委員会の皆さんにもサポートいただいて、今日まで構築してきた「まちぴあまつり2016」も、今日の説明を経て具体的なものになってきました。これからは、看板などの備品や、許可関係の準備を進める段階に入ってきました。  また、まつり関連の試みとして、イベント当日の10月16日をより盛り上げる工夫として実施している「ガーラント(旗)づくりワークショップ」においても、材料集めから旗作り作業まで、団体として出店は予定していないけれども、まちぴあ利用団体として多くの団体の皆さんにご協力を頂きながら、すすめております。  小粒ですが、まちぴあ版の協働活動といった風が、一層濃くなってきている今回のおまつり。規模を比べれば、栃木市や鹿沼市にまだまだ適いませんが、「小粒でピリリ」としたイベントに仕上がりそうで、担当者としましては、利用団体、参加団体の皆様にお礼の言葉もございません。  気がつけば、今年の「まつり」まで一ヶ月を切る時期となり、もう秒読みな感じになりつつありますね。  広報も含め、当日、みんなで楽しめるように参加団体の皆さんに負けないように準備を頑張りたいと思った説明会となりました。  ちなみに、この会議にご参加になれなかった参加団体の皆さまには、ブース位置や出演順を事務局で構成した資料を近日中にお送りする予定です。説明会参加団体の皆さんも含め、不明な点がありましたら、事務局:小倉までご連絡下さい。  そんなことで、「まちぴあまつり2016」は10月16日開催です。あとは、台風をはじめとした天候の心配だけですかね?? 皆さま、今後とも宜しくお願いします! (記事投稿:小倉)

『第2回まちぴあまつり飾り作りワークショップ』実施報告

2016年9月7日(水) 『第2回まちぴあまつり飾り作りワークショップ』実施報告 201609041.JPG 飾り作りワークショップの様子  先日4日まちぴあ情報展示室にて第2回目『まちぴあ飾り作りワークショップ』が行われ、ボランティア7名とスタッフ1名の計8名で活動を行いました。 『まちぴあ飾り作りワークショップ』とは10月16日(日)に予定されている『まちぴあまつり2016』に向けて飾り作り(館内・屋外)を行うものです。 201609042.JPG 子ども用フラックガーランド作成    大人の方には布と糸と針を使って「フラックガーランド(三角の旗)」作成を行い、小さいお子さんには「無地のフラックガーランド(三角の旗)」を使って手形やスタンプを押す・好きな絵を書くなど。 当日作った飾りは記念に持ち帰り可能となっております。   今回10:00〜11:30の間、簡単な作業ではありますが約50枚ほど完成することができました。来ていたお子さん2人も楽しみながら飾りに絵を書いたり手形を付けてくれました。 次のワークショップでは、フラックガーランド作成含めおどり旗の作成や折り紙を使った飾りづくりなども行っていきます。 kazarikyoryoku.jpg 団体紹介ポスターの作成  また、参加協力していただきました「登録団体の皆様」にはまちぴあスタッフが『A3版の団体紹介ポスター』を作成しております。 作成したポスターはまちぴあ館内にて掲示しております。 今後の予定→『まちぴあまつり飾り作りワークショップ』ではスタッフのタイミングが良ければ平日も開催いたします。問合せ・申込みはまちぴあへ。 (記事投稿:小松)

NPO法人宇都宮ピアノ研究会『舘野泉ピアノ・リサイタル』開催のお知らせ

2016年9月7日(水) NPO法人宇都宮ピアノ研究会『舘野泉ピアノ・リサイタル』 〜奇跡のピアニスト 左手が織りなす命の音楽〜 20160914-piano.jpg ※クリックすると拡大します。 20160914-piano2.jpg ※クリックするとお拡大します。 ●日 時: 2016年9月14日(水)開演19:00(開場18:30) ●場 所: 栃木県総合文化センター メインホール(宇都宮市本町1-8) 奇跡のピアニスト: 舘野 泉 ≪プロフィール≫  1963年東京生まれ。 1960年東京藝術大学主席卒業。 1964年よりヘルシンキ在住。 1968年メシアン・コンクール第2位。 演奏会は世界各地で3500回以上。 リリースされたCD・LPは130枚にのぼる。 1981年よりフィンランド政府の終身芸術家給与を得て演奏活動に専念。 1996年外務大臣表彰受賞。 人間味溢れ、豊かな叙情をたたえる演奏は、世界中の幅広い層の聴衆から熱い支持を得る。 2002年脳出血により右半身不随となるが、不屈の精神で2004年「左手のピアニスト」として復帰。 その左手のために第一線で活躍する作曲家より数多の作品が献呈される。 2006年「シベリウス・メダル」授与。 同年、左手作品の充実を図るため「舘野 泉 左手の文庫(募金)」を設立。 以降、積極的に委嘱作を発表し続けている。  2008年旭日小緩章受章、文化庁長官表彰受賞。 2010年演奏生活50周年を迎え各地で記念公演を行う。 2012年NHK大河ドラマ「平清盛」テーマ曲のソリストをつとめる。 ≪プログラム≫ ・J.Sバッハ(ブラムース編曲):シャコンヌ ・スクリャービン:左手のための2つの小品 作品9(前奏曲・夜想曲) ・光永 浩一郎:サムライ(舘野 泉に捧ぐ) ・吉松 隆:NHKドラマ『平 清盛』より<遊びをせんとや><海鳴り> 〜〜〜〜〜〜〜 休憩 〜〜〜〜〜〜〜 ・トーク・コーナー ・ティエンスー:Egeiro(舘野 泉に捧ぐ・舘野 泉『左手の文庫』助成作品) ・coba:記憶樹(舘野 泉に捧ぐ・舘野 泉『左手の文庫』助成作品) ●チケット:一般販売/6月4日(土) S席¥4,000/A席¥3,000 全席指定(税込) ≪チケット販売≫ ・栃木県総合文化センタープレイガイド  TEL: 028(643)1013 ・宇都宮市文化会館プレイガイド  TEL: 028(634)6244 ・下野新聞NEWS CAFE(オリオンスクエア隣)  TEL: 028(637)8111 ・(株)上野楽器 本店/ジープラザ  TEL: 028(633)4286/TEL: 028(638)2122 ・アンザイピアノテクニカル  TEL: 028(638)3900 ・鏡池堂(MEGAドン・キホーテ ラパーク宇都宮隣)  TEL: 028(634)9863 ・セブンイレブン チケットぴあ  Pコード: 301-087 ・宇都宮ピアノ研究会会員及び事務局  TEL: 028(627)1796/携 帯: 080(5446)1796 【主 催】 NPO法人宇都宮ピアノ研究会 【後 援】 栃木県教育委員会・宇都宮市教育委員会・下野新聞社・朝日新聞社 宇都宮総局・読売新聞 宇都宮総局・とちぎ朝日・(株)上野楽器・とちぎテレビ・エフエム栃木・栃木放送 【協 力】 宇都宮市まちづくりセンター・(株)上野楽器 【問合せ】NPO法人宇都宮ピアノ研究会 TEL: 028(627)1796 携 帯: 080(5446)1796 【参考URL】 ・まちぴあブログ宇都宮市市民活動助成金交付団体・事業発表会まちぴあブログまちぴあまつり2015 ステージ団体

宇都宮ピアノ研究会主催「ティーサロンコンサート2016」 取材協力

2016年8月30日(火)  去る8月28日(日)に、まちぴあ登録団体でもあり、まちぴあで開催する「まちぴあまつり」をはじめとした事業に関って下さっている、NPO法人宇都宮ピアノ研究会さん主催による、音楽コンサートが、栃木県総合文化センター音楽練習室を会場に行われました。 「ティーサロンコンサート2016」  は、生の楽器演奏による音楽の素晴らしさをもっと身近に感じてもらおうと、ピアノ研究会の皆さんが、夏ごろと12月ごろの年間2回行っている主催コンサート活動です。今回の実施にあたっても、まちぴあに前日までの広報協力と当日取材の協力依頼を頂いたこともあり、まちぴあスタッフ1名が参加させて頂きました。
IMGP0274.JPG
 今回のコンサートは、ピアノの演奏に加え、クラリネット、ホルン、ファゴットが加わってのコンサートとなり、子ども達にもお馴染みの「ピーターと狼」から始まり、朝の連続ドラマでお馴染みの楽曲などが奏され、生演奏の深い音色を楽しむことができました。  クラシックメインのコンサートと違い、音楽に親しみたいという思いを持ちながら、あまり生の演奏に触れることが少ないといったような初心者の方でも、安心して生演奏を楽しめるコンサートであったように感じ、
IMGP0267.JPG
 集まった約60名の皆様からは、演奏終了のたびに大きな拍手がありました。  そして、このコンサートの特徴でもある、1部2部の間のティータイム。生の演奏を堪能したあとで、ピアノ研究会さんたちが用意下さったお茶や飲み物とともに、
IMGP0295.JPG
 市内で高齢者などを対象に食事サービスの活動をされている「食事サービスさくら草」さんが提供下さったお菓子とともに楽しみながら過ごす時間も、なんとも優雅なひと時でした。
IMGP0297.JPG
 テータイムの後には、「悲愴」をはじめとしたクラシックが奏され、ほぐれた気持ちの中にしっとりとした音楽をつづける構成で、とても内容のあるコンサートになったと思われます。  これまで数年にわたり継続している気軽なコンサートの機会「ティーサロンコンサート」。毎回それぞれに、ピアノ研究会さんの努力も垣間見れて、参加されたお客様たちと一緒に場の空気を作っておられると感じました。  ちなみに、ピアノ研究会さんでは、来月9月14日(水)に、左手のピアニスト・舘野泉氏を招聘してのリサイタルコンサートを、栃木県総合文化センター大ホールで開催予定です。  80歳という年齢と病に負けないで演奏活動を続ける舘野氏から、生きる喜びや生きがいを音楽とともに考えてもらおうと企画されたコンサートだそうで、こうした音楽を通しての活動を行っている研究会さんを支えるためにも、知って頂くためにも、1人でも多くの方にご来場いただければ、ピアノ研究会さんを登録団体として応援している、まちぴあにとってもありがたいことです。  ぜひ、皆さんご来場頂き、深く、それぞれの人にしみる音楽の世界を堪能してみて下さい。 (記事投稿:小倉)

『まちぴあまつり2016 第2回実行委員会』報告

2016年8月29日(月) 『まちぴあまつり2016 第2回実行委員会』報告 DSC04877.JPG まちぴあまつり2016 第2回実行委員会の様子  今年10月16日(日)に開催を計画している「まちぴあまつり」2016年度実行委員会の第2回を本日行いました。 まちぴあスタッフ2名とみんなでまちづくり課1名、実行委員会である10団体の皆様の計13名が参加しました。 今年の実行委員会は、イベント開催までのアイデアや検討などを、主催であるまちぴあ事務局とともに行っています。  第2回では、屋外で使用するテントの数をもとにテント位置の検討をしました。 昨年のまちぴあまつりの反省をふまえ、南・北駐車場(11点と)及び庭園(3テント)の位置について話し合いを行いました。 『まちぴあまつり2016チラシ』が 20161016 まちぴあまつり2016.jpg 20161016 まちぴあまつり20162.jpg 本日届き先に実行委員会の皆様に配布いたしました。今後まちぴあ館内・HPにも掲載いたしますのでぜひご覧ください! 初参加となる9団体含め当日は24団体が各ブース・ステージに参加します。   ちなみに次回、『まちぴあまつり団体説明会』はまちぴあを会場に9月17日(月)「13:00〜14:00:ブース&屋内出展団体説明」「14:30〜15:30:ステージ団体説明」を予定しています。「まちぴあまつり」に参加される団体の場所や時間決めを行います。宜しくお願いします。 (記事投稿:小松)

第48回まちぴあオフィス意見交換会 実施報告

2016年8月25日(木)   昨日の8月24日、当センター2階の「貸オフィス」を利用されている団体の皆様にお集まりいただき、今年度第5回目(通算:48回目)のオフィス意見交換会を開催いたしました。  「貸オフィス」は、熱心に活動をされている市民活動団体さんの発展と自立を支援する当センターの事業です。今年度からは、これまで継続で利用してくださっている団体の皆さんも含め、審査で選ばれた11団体の方々に、ご入居・ご利用をいただいています。
IMGP0240.JPG
 今回は「TNJ在日タイ人ネットワークとちぎ支部」「デックタイグループ」「栃木県健康管理士会」「ヘルスフードマイスター協会」「とち木木の会」「仕事と子育て両立支援センター」「宇都宮市ウオーキング協会」の7団体:8名がご参加くださり、行うことができました。  今回は、去る8月20日に参加団体募集を締め切らせていただいた「まちぴあまつり2016」の進捗状況を説明するとともに、活動年度半期ごとに提出いただいている活動報告書(中間報告)についての提出スケジュールをお知らせするなど、まちぴあ事務局からのお知らせをするとともに、  参加団体の皆さんの近況を情報交換しました。  今年で22回を迎える『宇都宮市ウオーキングフェスタ』に協力されている、ウオーキング協会さんからは、10月30日(日)に開催されるウオーキングフェスの情報提供と、宇都宮市と協働で取り組んでいる開催までの準備などの現状についてお知らせいただきました。  健康に配慮した食生活を広める活動をされている「ヘルスフードマイスター」さんと、事業に協力されている「栃木県健康管理士会」さんからは、宇都宮市の産直施設を会場に行っているヘルシー料理教室の情報や、小山市でも行うこととなった料理教室の情報などを頂きました。  現在は、真岡市の里山で保全活動を行っている「とち木木の会」さんからは、保全活動の様子や今後の活動展開についてお話し頂きました。  在日タイ人支援の活動を行っている「デックタイグループ」及び「在日タイ人ネットワーク」の両団体からは、8月27日に開催を予定している「グローバルフェス」において、非常に好評な参加希望があったことを報告頂いたり、オフィスで行っている相談活動についてなども、可能な部分において紹介いただきました。  子育て支援事業を行っている「仕事と子育て両立支援センター」さんからは、会のメンバーとして活動してもらう「サポーター養成講座」の開催を企画しているなど、今後の事業展開をお話し頂きました。  いずれの団体の皆様も、この夏の機関においても活発に活動されており、それぞれの特徴的な活動がまとめられた報告書や、まちぴあまつりへの出店で活躍下さることを期待したくなる意見交換会となりました。 (記事投稿:小倉)

『まちぴあまつり飾り作りワークショップ』実施報告

2016年8月23日(火) 『まちぴあまつり飾り作りワークショップ』実施報告  本年度から始まった『まちぴあまつり飾り作りワークショップ』。 先日21日に初回となる第1回目まちぴあ情報展示室にて行われ、スタッフ1名とボランティアでの活動となりました。  10月16日(日)に予定されている『まちぴあまつり』に向けて飾り作りを行うものです。 大人の方には布と糸と針を使って「フラックガーランド(三角の旗)」を行い、小さいお子さんには手形や好きな絵を「無地のフラックガーランド(三角の旗)」に書いてもらう。 当日作った飾りは記念に持ち帰り可能となっております。 布は登録団体の皆様から提供していただきました。 CIMG1302.JPG 作ったフラックガーランド  10:00〜11:30の間、簡単な作業ではありますが約10枚ほど完成することができました。  今後まちぴあまつりに向けて300枚ほど作り上げていこうというものです。 kazarikyoryoku.jpg 団体紹介ポスターの作成  また、参加協力していただきました「登録団体の皆様」にはまちぴあスタッフが『A3版の団体紹介ポスター』を作成しております。 作成したポスターはまちぴあ館内にて半年間程度掲示予定です。 今後の予定→『まちぴあまつり飾り作りワークショップ』ではスタッフのタイミングが良ければ平日も開催いたします。問合せ・申込みはまちぴあへ。 (記事投稿:小松)

『まちぴあまつり飾り作りワークショップ』開催のお知らせ

2016年8月11日(木) ボランティア体験プログラム 『まちぴあまつり飾り作りワークショップ』開催のお知らせ 20160821-kazariworkshop.jpg ※クリックすると拡大します。 ボランティア体験プログラム『まちぴあまつり飾り作り体験ワークショップ』は今年初めてとなる取り組みです。これまで前日準備として行ってきた飾り作り・飾り付けの作業を2ヶ月前から沢山の方の協力のもと行おうというものです。 kazari.JPG 昨年のまちぴあまつり ガーラントを張りました。  布や紙を使って飾りを作り、作ったものはまちぴあまつりに飾ります! 大人も子ども達も作った飾りに手や型でスタンプしたり、絵を描いたり、折り紙を使った飾り作りなどを考えています。  ※作った飾りはまちぴあまつり終了後持ち帰りも可能です。 参加してくれた登録団体には・・・ kazarikyoryoku.JPG スタッフが『団体紹介ポスター』を作成します。 協力してれくれた登録団体にはA3版の『団体紹介ポスター』作成します。まつり当日から2017年3月まで掲示予定です。団体広報にもご協力ください。希望のある方はスタッフまで 『ワークショップ』 ※平日参加希望の方はお問合せ下さい。  8月 21日(日) 10:00〜11:30   9月 4日(日) 10:00〜11:30  9月 18日(日)  10:00〜11:30  10月2日(日) 10:30〜11:30 ※飾り作りは基本日曜日開催ですが、平日参加希望の方はお問合せください。 『飾 り 付 け』 10月 10日(月・祝)10:00〜11:30  10月15日(土) 13:00〜14:30 【場 所】 宇都宮市まちづくりセンター 情報展示室 【参加費】 無料 ※各回先着約10名 ≪作るもの≫ ガーラント、クラフト、のぼり旗 ≪持 ち 物≫ まちぴあで準備しますが、スタンプしたい積み木や野菜       (汚れてもいいもの)など持ってきてください。 ≪問合せ&申込み≫ 宇都宮市まちづくりセンター まちぴあ (担当:小松・小倉) TEL: 028‐661‐2778 FAX: 028‐689‐2731 メール: info@u-machipia.org

第47回まちぴあオフィス意見交換会 実施報告

2016年7月21日(木)  昨日の7月20日、当センター2階の「貸オフィス」を利用されている団体の皆様にお集まりいただき、今年度第4回目(通算:47回目)のオフィス意見交換会を開催いたしました。  「貸オフィス」は、熱心に活動をされている市民活動団体さんの発展と自立を支援する当センターの事業です。今年度からは、これまで継続で利用してくださっている団体の皆さんも含め、審査で選ばれた11団体の方々に、ご入居・ご利用をいただいています。  今回は「TNJ在日タイ人ネットワークとちぎ支部」「デックタイグループ」「栃木県健康管理士会」「ヘルスフードマイスター協会」の4団体:5名がご参加くださり、
DSCF5506.JPG
 丁度、本日7月20日から募集受付がスタートする「まちぴあまつり2016」についてのお知らせや、各団体の活動状況などを情報交換しました。 「デックタイグループ」さんからは、オフィス入居団体の「ヘルスフードマイスター協会」さんと協働を企画している、ヘルスタイ料理教室の進捗状況を紹介いただき、10月上旬にオフィス入居団体同士としては初となる協働企画についてお話しいただきました。 「栃木県健康管理士会」さんからは、まちぴあ登録団体でもあり、利用者協議会役員団体も努めていただいている「影絵光」さんと協力し、宇都宮市御幸が原地域で企画している、児童を対象にした夏休み影絵上映会の実施を8月下旬に計画していることなど、ホットな活動状況について紹介いただきました。  何かと活動が活発になる夏本番を迎えようとしている今、それぞれの団体の皆さんが開催に向けて活動されているということで、とても参考になる情報交換を行なうことができました。    次回は、8月24日(水)に開催を予定しています。お集まりくださった皆様、ありがとうございました! (記事投稿:小倉)

第1回まちぴあまつり2016実行委員会 報告

 2016年6月28日(火)  今年もこの季節がやって参りました!  今年10月16日(日)に開催を計画している「まちぴあまつり」の2016年度実行委員会の第1回を昨日行いました。  まちぴあまつりの実行委員会は、利用者協議会の役員団体を勤めて下さっている10団体の皆さんと、過日開催された「まちぴあ利用者協議会」にて、実行委員に参加希望を下さった登録団体のの方々で組織しています。  今年の実行委員会は、役員団体に加え4団体が参加くださることとなり、イベント開催までのアイデアや検討などを、主催であるまちぴあ事務局とともにしていきます。
DSC04626.JPG
 今回の第1回では、屋外ブース、屋内1Fの各部屋、2Fの上演スペースの募集数などを検討しました。昨年の実施を踏まえて、区画数を決定し、今年度は全体で「23団体」の募集を行うこととしました。  今後の予定としては、7月上旬までに募集要項を登録団体の皆さんのお手元にお届けできるようにし、お盆前までを目処に募集を受け付けたいと考えています。  その後、8月末にレイアウトなどを決める会議を行い、9月17日(土)には例年行っている説明会を行い、10月16日のイベントに備えるとの一連のスケジュールも確認しました。  そんなことで、今年も走り出した「まちぴあまつり」。今年度もまちぴあで開催予定ですので、昨年以上のイベントにできるよう、皆さんと頑張っていきたいと思います。  ちなみに、実行委員会は、8月29日(月)18:30〜19:00で、まちぴあで行おうと予定していますので、今後とも宜しくお願い致します。 (記事投稿:小倉)

第46回まちぴあオフィス意見交換会 実施報告

2016年6月22日(水)  本日、当センター2階の「貸オフィス」を利用されている団体の皆様にお集まりいただき、今年度第3回目(通算:46回目)のオフィス意見交換会を開催いたしました。  「貸オフィス」は、熱心に活動をされている市民活動団体さんの発展と自立を支援する当センターの事業です。今年度からは、これまで継続で利用してくださっている団体の皆さんも含め、審査で選ばれた11団体の方々に、ご入居・ご利用をいただいています。
DSCF5241.jpg
 今回は「TNJ在日タイ人ネットワークとちぎ支部」「デックタイグループ」「宇都宮市ウオーキング協会」「とち木木の会」の4団体:5名がご参加くださいました。  6月末から実行委員会がスタートする「まちぴあまつり2016」についてのお知らせや、各団体の活動状況などを情報交換しました。  ウオーキング協会さんからは、7月や9月に開催を予定の日光市でのウオーキングイベントへの協力活動についてや、  デックタイグループさんからは、オフィス入居団体の「ヘルスフードマイスター協会」さんと協働を企画している、ヘルスタイ料理教室の進捗状況をはじめ、今年から、タイ国からも貢献活動を行っているNPO法人であると正式に認められたとの嬉しいニュースを伝達頂きました。  とち木木の会さんからは、9月に協力を求められている小山市商業施設でのネイチャークラフトイベントなど、各団体の活動についてお話し頂きました。10月のまちぴあまつでも、参加について、とても前向きに考えていただいた様子で、心強い限りです。  何かと活動が活発になる夏直前の今、それぞれの団体の皆さんが開催に向けて活動されているということで、とても参考になる情報交換を行なうことができました。    次回は、7月20日(水)に開催を予定しています。お集まりくださった皆様、ありがとうございました! (記事投稿:小倉)

平成28年度まちぴあ利用者協議会・全体会議 実施報告

2016年6月12日(日)  6月11日(土)に、まちぴあを会場に、「平成28年度まちぴあ利用者協議会・全体会議」を開催しました。  平成28年度4月1日現在でのまちぴあ団体登録数は、216団体(5月31日では、234団体)であり、これら登録団体の皆さんが一堂に会す場として行っているのが、利用者協議会です。
DSC04405.JPG
 今年の全体会議には、事前に頂いていた85件の委任に加え、25団体37名の皆さんが集まって下さり、行うことができました。議事では、昨年度からセンター敷地内で開催した「まちぴあまつり2015」の様子や、昨年度から導入を始めた「活動報告書」の公開状況などについて報告を行いました。  活動報告書については、6月1日現在で90件以上の登録団体の皆さんによる平成26年度の活動成果が届いており、改めてスタッフが団体の皆様の活動の様子を理解するとともに、公開用の概略版を今夏にホームページ上に掲載する方向で進めています。  提出呼びかけ初年の昨年度に比べると、報告書を提出下さる団体が増えたました。報告書をはじめ、今後も利用団体の皆さんの情報を含めた広報力向上に勤めていくことなどをお話しできました。  また、今年度の活動計画についても発表し、毎年一番の事業目標でもある「まちぴあまつり2016」の実施についてと、まつりを参加団体を含めたより多くの利用団体・市民の方々に関ってもらう機会を作るために、  10月16日のイベント本番に向けて、会場内を飾るガーラントなど飾りの材料を募集させてもらい、家庭内に眠っているタオルなどの布材を集め、夏ごろから参加者を募って、一緒に飾りを作成するワークショップを行なうことを提案させて頂きました。  材料募集とワークショップの実施については、協議会や役員会の皆さんからのアドバイスも頂きながら、多くの方が関れる企画として立ち上げていこうと思います。  これら議事については、無事に承認を頂くことができ、改めて協議会としての今年度活動も動き出すこととなります。役員団体、登録団体の皆様には改めて御礼申し上げます。 ・・・・・・・・・  議事終了の後には、「交流会」と題してご参加下った皆様と情報交換する時間も設けられました。交流会の盛り上がりにと、昨年に引き続き「プレゼン発表」を行い、3団体の皆さんにスライドや、団体PRチラシなどを使っての活動紹介をしてもらいました。  プレゼン発表には、まちぴあ利用者協議会の役員団体もつとめていただいている、「宇都宮ピアノ研究会」をはじめ、難病の子どもとその家族を支える活動をしている「ドナルド・マクドナルド・ハウス とちぎ」、死別などの喪失体験(グリーフ)をされた方に寄り添う活動を行っている「YORISOIBITO(よりそいびと)」の3団体に発表頂きました。
DSC04420.JPG
 最初に発表いただいた「宇都宮ピアノ研究会」さんからは、訪問型の演奏ボランティアや、誰もが参加できる歌唱グループの活動などに加え、9月14日に開催予定の「左手のピアニスト・館野泉氏」の主催コンサートについてのPRを頂きました。
DSC04434.JPG
「ドナルド・マクドナルド・ハウス とちぎ」さんからは、施設のある下野市以外の地域でも支援の環を広げたいと各地の会員・ボランティアの方々が、各地域にある、まちぴあのような支援センターなどで、活動PRをされているということもあり、宇都宮市民の皆さんに向けて、ハウスでの活動についてお話し下さいました。
DSC04436.JPG
 3団体目の「YORISOIBITO」さんからは、まだまだ啓蒙も必要とされている「グリーフ」についての紹介やその支援の動きに加え、終活講座など主催・計画されている事業についてコンパクトにプレゼン頂きました。  各団体5分の紹介でありましたが、その後は全体会議に参加された皆さんを交えての交流会となりまして、発表いただいた皆さんへの質問などからはじまり、団体同士の交流や情報交換を行ないました。
DSC04465.JPG
 初のまちぴあ内での開催となった、今年度の利用者協議会全体会議ですが、アットホームな間隔で交流会を行なうことができ、市域全体からすると小さな「まちぴあ」の施設かもしれませんが、今回のように利用団体の方々と協力を深めながら、  ピリッと輝く、まちづくりの拠点として、運営していければと思いを新たにした今年度の全体会議となりました。  ご参加いただいた皆様、お忙しい中のご参加ありがとうございました。改めまして、今年度もよろしくお願い致します。 (記事投稿:小倉)

平成28年度第1回まちぴあ利用者協議会役員会 実施報告

2016年6月6日(月)  6月3日(金)に、3ヶ月に1回のペースで開催している、「まちぴあ利用者協議会役員会」を行いました。今年度第1回(通算12回目)の会議となりました。  会議には役員6団体:9名が参加くださいました。  今回は、6月11日に開催を予定している「まちぴあ利用者協議会・全体会議」の進捗状況と、6月末くらいから例年スタートする「まちぴあまつり実行委員会」のスケジュールなどについて役員団体の皆さんと情報共有を行ないました。
DSCF5132.JPG
 全体会議については、6月3日現在で、25団体の参加と84団体の委任を頂いていることから、会議開催用件の全登録団体の4分の1の了解を得られていることや、会議後に行なう予定の交流会において、  チラシやパワーポイントを使って団体紹介プレゼンをして下さる3団体(NPO法人宇都宮ピアノ研究会、YORISOIBITO、ドナルドマクドナルドハウス・とちぎ)からのエントリーがあったことなどを報告することができました。  また、今年も10月16日に開催を計画している「まちぴあまつり」の実行委員会についても、出展団体だけでなく、日頃利用下さっている団体の皆様にも協力いただける企画の提案や、今後の会議スケジュールを調整することができ、  今年度第1回の実行委員会は、6月27日(月)に開催することで予定を立てることができました。今後は、役員団体に加えて実行委員に関ってくれる方々を全体会議で声がけるなど、協力を仰ぎつつ、進めていこうと考えていますので、  今後ともよろしく御願いいたします。 (記事投稿:小倉)

フェスタmy宇都宮2016「まちぴあひろば」実施報告その2

2016年05月18日(水) フェスタmy宇都宮2016「まちぴあひろば」実施報告その2  昨日5月15日(日)に宇都宮城址公園を中心とした会場にて『フェスタmy宇都宮2016』が開催されました。 第29回目となる『フェスタmy宇都宮』は各種団体や企業が、日頃の活動や練習の成果を発表するとともに、来場者のみなさんとコミュニケーションを深め、宇都宮の素晴らしさを認識・再発見する場として、多くの市民の参加により実施されています。 ☆フェスタmy宇都2016「まちぴあひろば」実施報告その1に引き続き、その2を更新します。 ブースF『日本熊森協会 栃木県支部』 festamachipia-kumamori.JPG 活動説明や販売の様子  ブースでは、『里山を守る活動を伝えます』環境などに関する本販売を行ないました。 普段の活動は絶滅しそうな熊を森と共に守る活動を行っており、主に奥山・里山での植林、熊の保護、啓発活動、自然保護活動を行っています。 ブースG『学びの映像舎』 festamachipia-manabi.JPG 撮影時に使う機械の説明  ブースでは、編集サポート、撮影、DVDづくりなど日々行っている活動について紹介を行ないました。 普段の活動は、映像制作サポートや『役に立つ映像とお話会』の開催をされています。 映像づくりを行っていく上で、地域社会の問題の解決や改善図られています。 ブースH『株式会社サニクリーン』 festamachipia-sanicreen.JPG 風ぐるまづくり体験の様子  CSR活動でもある、お掃除教室他の事業を知っていただきたいと今回初出展をされました。今回、親子で風ぐるまづくりを行いました。 普段捨ててしまうペットボトルを再活用して小さな風ぐるまを作りました! 普段の活動は「きれいにしたい、あしたのために」をキャッチコピーに行っているCSR活動。 小学校などでの「おそうじ教室」、おそうじマイスターによるお掃除に関する知識及び技術の提供を行っています。 まちぴあ座談会参加時にはおそうじ教室を行っていただきました。 ・ブースI『小松東雲流駅東子どもお囃子会』 festamachipia-ohayasi1.JPG 子ども体験での様子 festamachipia-ohayasi2.JPG 演奏の様子  ブースでは、お囃子の実演と体験を行なっていただきました。 小さなお子さんでも気軽に体験できるよう実演しいていた子供達が一緒に太鼓バチを持って補助をしていました。 普段の活動は「ふるさと宮まつり」、「菊水祭火焔太鼓巡行」などのお祭りやイベントでお囃子の披露を行っています。 ブースJ。『とちぎヒーロー愛好会』 festamachipia-hero1.JPG ステージ発表 festamachipia-hero2.JPG ブースでグッズ販売の様子  ブースではとちぎヒーロー愛好会のグッズ販売を行ないました。また、まちぴあひろば他ステージ、「ヒーローショー」、オリオンスクエア「クイズショー」などが行われました。 普段の活動は、キャラクターの魅力を生かしイベント参加などの活動を行っております。まちぴあまつりひろのカフェ等の活動にも参加されています。  次回更新も引き続き参加団体さんの紹介を行なっていきます。  (記事投稿:小松)

宇都宮ピアノ研究会主催「第27回スプリングコンサート」取材報告

2016年4月30日(土)  今年も、まちぴあの登録団体でもある「NPO法人宇都宮ピアノ研究会」さん主催による、「スプリングコンサート」が、4月29日に栃木県総合文化センター・サブホールにて行われました。
DSCF4587.JPG
 今回で27回目になるこのコンサートは、法人化するずっと以前より、ピアノ研究会さんたちが自らの発表の場として定期的に入場無料で開催しているものです。
DSCF4489.JPG
 会場には200名以上のお客様が集まった様子でした。  受付ロビーには、平成27年度は宇都宮市民活動助成金の交付を受け、コンサートなど音楽を通してのボランティア活動を行ってきた皆さんの成果も、ピアノ研究会さんがまとめたパネルで紹介され、
DSCF4491.JPG
 フランクな雰囲気で音楽をみんなで楽しむ「ティーサロンコンサート」の様子や、昨年から本格的に参加型で活動をスタートした「混声合唱たんぽぽ」の活動風景をはじめ、高齢者施設などへの慰問活動や、昨年10月に出演協力をして下さった「まちぴあまつり」などの年間を通しての活動が紹介されていました。  こうした活動の継続を呼びかける団体への募金活動も行われており、音楽の環を広めようと努力されている様子みて、活動を支えようとする市民同士の交流も見ることができました。
DSCF4585.JPG
 そうした、交流の中で始まったコンサートでは、モーツァルト、ドビュッシー、ショパンなど楽曲や、北原白秋の曲目など、音楽の授業などでも触れたことのある、馴染み深い作品もちりばめられた素敵な旋律が流れました。
DSCF4525.JPG
 ピアノ演奏を中心に、バイオリンや声楽の演奏も行われ、ピアノの伴奏に合わせて、より深みのある音楽が次々に演奏されました。  今回のコンサートも素敵でした。今後の活動も楽しみです。  さて、今後の活動では、8月28日には栃木県総合文化センター・リハーサル室にて、「ティーサロンコンサート」を予定されているとともに、  9月14日には、世界的に活躍されている「左手のピアニスト」こと、館野泉氏を招いてのピアノリサイタルを計画しています。身体にハンディをもっていたとしても、果敢に、穏やかに立ち向かい、音楽への情熱を更に燃やすことで、活き活きと活動されている館野氏の 「命の音楽」を栃木県、宇都宮市の皆さんに聞いてもらい、様々なことがある中で懸命に生きていくということについて考える機会を作りたいという想いから、数年前から計画していた大きな取組みだそうです。  ぜひ、市民の皆さんにもご来場いただき、こうした音楽による表現の場をつくり、考え、体験する場を提供しつづける、研究会の皆さんの姿もご覧頂きたいと思います。  まちぴあとしましても、広報などで微力ながらの応援を今後ともしていきたいと考えていますので、研究会の皆様、今後も大いに活躍下さい。 (記事投稿:小倉)

平成27年度宇都宮市市民活動助成金交付団体・事業発表会 報告

2016年4月14日(木) 『平成27年度宇都宮市市民活動助成金交付団体・事業発表会』報告  去る、4月9日、平成27年度に「宇都宮市市民活動助成金」の交付を受け、市内を中心にさまざまな活動をされた、まちづくり団体の皆さんによる、平成27年度一年間の活動発表会が、宇都宮市の14階大会議室にて行われました。 「宇都宮市市民活動助成金」まちぴあブログ 宇都宮市市民活動助成金 取材ブログ一覧  は、活動発足間もない団体が応募できる「スタート支援コース」と、何年間かの活動を経て新規事業などを行うために応募できる「ステップアップ支援コース」に加え、まちづくり・市民活動団体が主体となり、その他2団体以上の団体と協働して行う事業のために応募できる「連携支援コース」の3コースがある助成プログラムです。 20160409-jyoseikinhaltupyoukai.JPG NPO法人宇都宮ピアノ研究会による発表  平成27年度は、9団体の皆さんに交付が決定し成果を発表頂きました。  その様子を簡単にご紹介いたします。  始めに、スタート支援コースの団体さんを紹介します。  まずは、「Tochigi未来カフェ」さん。 「Tochigi未来カフェ」さんは、福祉・介護・医療をメインテーマにした情報交換の場の提供,地域福祉の向上を目的に、隔月ペースで専門家を招いての勉強会や「栃木県の地域」をきっかけとした交流会の実施。 福祉・介護・医療に関連したイベント、団体の支援活動を行われています。  昨年度の活動は、まちぴあブログでも取材させていただいたTochigi未来カフェ 設立2周年記念講演会や通常会等の活動をされてきました。 助成金は備品などの購入、イベント資料代として活用されました。 助成金交付により多職種多世代の方々に来ていただき参加人数に繋がったと活動の発表をして頂きました。  スタート支援コース最後の報告となったのは、「遊月流酬月会伝承の会」の皆さん。 「遊月流酬月会伝承の会」さんは、吟剣詩舞道を多くの人に知ってもらうために,文化芸術などの各種地域活動へ参加や子供達への体験・発表会等をサポートすることを目的に活動をされています。  昨年度の活動では、年間練習日20回、無料体験会2回、無料体験教室10回、イベントへの参加などの活動を行いました。 助成金交付により5名分の衣装代の購入に充てることができ、子どもたちが伝統文化に触れる機会を創出できたと報告下さいました。  続いては、ステップアップコースの団体を紹介します。  まずは、「NPO法人古賀志山を守ろう会」さん。 「NPO法人古賀志山を守ろう会」さんは古賀志山の登山者に必要な条件整備を通した地域づくりへの寄与することを目的に、山名板・コース案内標識の設置、群生植物の保護、民有林保護の啓発の活動をされています。  昨年度は、助成金の交付により登山道標の設置18ヶ所、御嶽山に山座同定盤の設置、登山道の倒木除去・整備、HPによる情報掲載、会報誌による情報発信などの活動を行うことができた。 一昨年のスタート支援コースから活動実績を目の当たりにして、登山者から入会希望の会員が増えたと報告下さいました。  続いては、「NPO法人宇都宮ピアノ研究会」さん。 「NPO法人宇都宮ピアノ研究会」さんは地域に根ざした音楽活動による県民文化の向上を目的に、ボランティアや身近なコンサートを通して,音楽の輪を拡げる活動をされています。  昨年度は、スプリングコンサート、歌う会、ティーサロンコンサートなどの活動が行われました、その他にまちぴあまつりのステージにて電子ピアノとヴァイオリンによる演奏を行っていただきました。 助成金で他の音楽合唱団と連携、紹介パンフレットの作成、コスチュームの作成に充てることができたと報告下さいました。  さらに発表いただいたのは、「栃木県BBS連盟」さん。 「栃木県BBS連盟」さんは、少年の更生を支援するなどの活動を通して、市の少年の健全育成に寄与することを目的に活動されています。  昨年度は、助成金の交付により「虐待と非行について」と「発達障害と非行について」をテーマに2回シンポジウムを開催し講師謝礼金として使った。ほかにも関係図書を購入することができた。情報共有や事例を聞くことができましたと報告下さいました。  また続いての発表は、「まちなかメディカルカフェin宇都宮」さん。 「まちなかメディカルカフェin宇都宮」さんはがんを始めとして病気で悩まれている患者さんが安心して前向きに生きることができるよう市民主体で支援する活動をされています。  昨年度はまちなかメディカルカフェ計9回、リレー・フォー・ライフとちぎへ参加、がん患者集会とちぎへ参加など活動されました。 助成金の交付を受けて「まちなかメディカルカフェ」のチラシ(充分な数を印刷)やクールダウン(演奏や合唱を行う)の謝礼金に充てることができたと報告下さいました。  そして続いての発表は、東下ヶ橋の天祭を復元・開催する会さんです。 「東下ヶ橋の天祭を復元・開催する会」さんは宇都宮市東下ヶ橋地区にある指定文化財「東下ヶ橋天棚」を舞台にした、地域に伝わるおまつり「天祭」を復活させたいとのことで集まった有志のグループです。  昨年度は、衣装・祭用具等の作成、参加者募集・PRや天棚の一般公開などの活動が行われました。助成金はお囃子教習や一般公開で行われた講習会の謝礼、解説パンフレットの作成などに充てることができたと報告下さいました。  最後の報告となったのは、ボランティア楽笑会さんです。 「ボランティア楽笑会」さんは、歌や踊り,手品を通した健康増進と社会貢献を目的に活動をされています。  昨年度は、アフリカダンス・歌謡・剣舞詩舞・マジックショー、クイズなどのデイサービスなどの福祉施設で活動を行われました。助成金交付により音響や備品の購入を行い、出演内容の質が向上し、依頼も以前より増えたと報告下さいました。    最後に、連携支援コースの団体を紹介します。  最後の連携支援コース団体である、「宮のにぎわい・山車復活プロジェクト」さんです。 「宮のにぎわい・山車復活プロジェクト」さんは戦中を含めた戦火の影響などから消失してしまった文化財「火焔太鼓」の復活を目標に山車・屋台の復活と文化財を復元することによる、文化伝承の活動を継続して行っておられる団体です。  昨年度は、宮まつりや子どもお囃子連との連携を行うことができ、山車存在のPRと山車屋台文化の次世代継承になった。また、桃太郎山車の地元地区お囃子との連携や地区連合自治会との連携により桃太郎山車復活巡行を決定することができたと報告下さいました。 20160409-jyoseikinhaltupyoukai2.JPG 団体さん同士の意見交換  以上、9つの団体の皆さんからの事業発表を頂いた今回の助成金事業発表会では、発表の後に、8団体の事業報告をまとめたポスター掲示もあり、年度を終えた団体さん同士の意見交換の場も設けられました。  最後に、27年度一年間において活動を展開された団体の皆様、大変お疲れ様でした。今後とも、まちぴあもご活用いただき、皆さんの活動を応援させて頂ければ幸いです。 (記事投稿:小松)

平成27年度まちぴあオフィス入居団体事業報告会 実施報告

2016年3月18日(金) 本日3月18日(金)、宇都宮市まちづくりセンターまちぴあにて、 「平成27年度まちぴあオフィス入居団体事業報告会」が行われました。 office2016.JPG オフィス入居団体事業報告会の様子  “まちぴあ”では、地域で市民活動やボランティアなどのまちづくり活動に取り組んでいる団体の皆さんを対象に、団体の組織運営の自立や活動の活性化を支援するための事務用スペースとして、「オフィス」を設置しております。27年度は11団体(うち1団体は昨年6月に新事務所移転のため退去)のご利用がありました。  この報告会では、入居団体の皆さんの今年度の活動内容やオフィスの利用効果、来年度の予定などについてお話しいただきました。オフィス選考委員、宇都宮市みんなでまちづくり課の職員の方々、オフィスや団体活動に関心のある方々を含め、22人にご参加いただきました。 office-1.JPG NPO法人KHJとちぎベリー会による報告 NPO法人KHJとちぎベリー会さんは、主に、引きこもり等の方々の相談・居場所支援、学習会を行っています。来年度からは別事務所を構えることが決まり、卒業となります。 今後、まちぴあ等を会場にした「若者の居場所」を継続させていきつつ、他関連機関と連携を図りながら活動をしていくそうです。 office2016-2.JPG Social Innovation Labによる報告 Social Innovation Labさんは、社会問題・課題にそった学び場の提供を行っています。今年度は、「少子高齢化をみんなで考えよう」をテーマとした『プレゼンツ講演会』の開催や『アラビア語講座』『スペイン語講座』等を開催してきました。来年度は退去されますが、まちぴあでの活動は継続されるそうです。 office2016-3.JPG 一般社団法人ヘルスフードマイスター協会による報告 一般社団法人ヘルスフードマイスター協会さんは、食と健康に関する様々なことを社会に普及させることを目的としています。今年度は、『ヘルスフードマイスター養成講座』や『農産物直売所あぜみち』での料理教室など開催されました。 今後、企業と連携をさらに進め、地域の方々へ健康をテーマに情報発信をしていくそうです。 office2016-4.JPG NPO法人デックタイグループによる報告 NPO法人デックタイグループさんは、主に在日タイ人の生活支援相談、医療通訳、移動大使館、語学講座、タイ料理教室等を行っています。 今年度は通常の活動を行うほか、タイフェスティバルでの料理担当を行ったそうです。  office2016-5.JPG とちぎセルフヘルプ情報支援センターによる報告 とちぎセルフヘルプ情報支援センターさんは、主に病気や障がい、生きづらさを抱えた人同士のつながりづくり(自助グループ)の設立相談支援や情報提供の活動を行っています。 また、『とちぎセルフヘルプセミナー』『どん底大会』『ワンコイン講座』等の活動を行われました。 今後とも、当事者やその家族との連携を強化しながら活動をしていくそうです。 office2016-6.JPG 一般社団法人MCFオーケストラとちぎによる報告 一般社団法人MCFオーケストラとちぎさんは、栃木県出身・在住の方々が集まるプロの音楽団です。主に小、中、高等学校、自治会、企業、団体からの依頼や主催演奏会『マロニエール・クラシック・フェスティバル』を行ってきました。 また、今回初めてとなる『 MCFキッズコンサート』等も開催されました。 今月に引越しを済まし、無事卒業されました。今後ともボランティアスタッフを広く募集しながら、栃木の音楽教育や、県内のクラシック文化向上を図っていくそうです。 office2016-7.JPG 栃木県健康管理士会による報告 栃木県健康管理士会さんは、主に県内各地で健康セミナーを行っています。 ほか、地域自治会、貸オフィス団体『一般社団法人ヘルスフードマイスター協会』との連携活動、『まちなかメディカルカフェ』での講演もされています。 今後は、食と健康・病気予防を中心に、健康寿命を延ばすために、他の団体と協働を促進してくそうです。 office2016-8.JPG NPO法人仕事と子育て両立支援センターによる報告 NPO法人仕事と子育て両立支援センターさんは、主に仕事と子育て両立支援に関する活動、必要な基盤整備の事業を行っています。主な活動は『子育てサポート活動』『サポーター養成講座』『スキルアップ研修会』の活動をされています。 今後、地域のすべての人が安心して暮らせるように貢献していきながら、活動を展開していくそうです。 office2016-9.JPG NPO法人宇都宮市ウオーキング協会による報告 NPO法人宇都宮市ウオーキング協会さんは、主にボランティアによる市内各地の『交通安全ウォーキング』、『宇都宮ウオーキングフェスタ』など多数の大会を開催・協力、支援をしてきました。 今後とも、行政等と更に連携を深め活動をしていくそうです。 office2016-10.JPG 公益社団法人日本技術士会 栃木県支部による報告 公益社団法人日本技術士会 栃木県支部さんは、主に『科学技術講演会』『児童向け理科実験体験教室』等の活動をされています。今年度はまちぴあまつりにも出展していただきました。 今後は、理科体験教室の充実・拡充や近隣自治体とのコラボをしていくそうです。  報告会後には、普段会わない方もいらしていた事もあり、名刺交換会が行われました。 今年度末で3団体が卒業され、年度明けには新規3団体の入居が決定しています。 4月以降のまちぴあオフィス団体同士のコラボなど、今から楽しみです。 入居団体の皆様、お忙しい中での報告会、お疲れさまでした。 【参考URL】 ・宇都宮市まちづくりセンター 貸しオフィス昨年度のオフィス事業報告会 (記事投稿:小松)

まちぴあ利用者協議会役員会(通算:第10回) 実施報告

 2015年12月9日(水)  本日、3ヶ月に1回のペースで開催している、「まちぴあ利用者協議会役員会」を行いました。今回で通算10回目の会議となりました。  10月に開催した、まちぴあまつりを無事終了し、実行委員会も兼ねて開催する形式でない通常版の会議となりましたが、師走の忙しい中、7名の皆さんと意見交換を行うことができました。
DSCF3063.JPG
 今回の会議では、年末から年始、年度末にかけて団体登録の更新や、年度内の活動報告書の提出の御願いなど、団体の皆さんにご協力いただくことが多い時期でもありますので、そのあたりの情報提供から始まりました。  また、年をあけて2月に入ると5月に宇都宮市が開催している「フェスタmyうつのみや」の募集開始が行われなど、慌しく事業のお知らせが続いていきます。フェスタに関しては、今年も、登録団体の皆さんを対象にした「まちぴあひろば」を開催予定でもあることから、イベントに関しての情報を共有しました。  役員改選を行った今回の役員団体の皆さんとは、来年1年間も活動を共にしていただくわけですが、会議の後半では、主な活動として行っている、まちぴあまつりへの協力の他、役員団体の皆さんからの意見を受けた事業の実施を検討してみようといったことが上げられました。  交流会や名刺交換会、地域の皆さんとの親睦を深める企画など、アイデアが出されまして、今後の検討課題として内容を深めていこうということになりました。  利用者協議会発足から、センターの利用を色々と検討いただいた役員団体の皆様。今年度は、ソフト的な部分の議論を重ねつつ、来期の活動としていきたいという、おぼろげながらの目標を作ることのできた役員会となりました。  ちなみに、今年度最終になる次回役員会は、3月2日(水)にまちぴあにて開催予定です。気の早い話しではありますが、役員団体の皆様、今年1年ありがとうございました。来年もぜひ、宜しく御願いいたします! (記事投稿:小倉)

『ティーサロン・コンサート≪クリスマス・コンサート≫』開催のお知らせ

2015年12月07日(月) 『ティーサロン・コンサート≪クリスマス・コンサート≫』 20151220-pianotea.jpg ●日 時: 2015年12月20日(日) 午後2:00開演(午後1:30開場) ●会 場: 栃木県総合文化センター 3階「音楽練習室」 ≪Program≫ 『くるみ割り人形』 チャイコフスキー作曲 『岩の上の羊飼い』 シューペルト作曲 『ババールの冒険』 ピエール・ヴェロンヌ作曲 『無言歌集』より メンデルスゾーン作曲 『ヴァイオリンソナタ第4番』 ヘンデル作曲 『小泉八雲の会談によるバラード』 ノルドグレン作曲 『8つの小品 Op、99』 シベリウス作曲  他 ≪出     演≫ ・漆原 啓子   ・大岡 昌子 ・岡田 奈々   ・金澤 玲子 ・内海 久惠   ・小太刀 薫 ・鈴木 里香   ・柳田  茜 ・品田 紀子   ・高橋 惠子 ・塚越 弘子   ・稲垣 禮子 他 ≪料 金≫ 全席 自由席(お菓子・お茶付き)※前売り券のみの販売 未就学児・身障者500円 小中学生1,000円 高校生以上一般2,000円 ≪入場券取扱≫ ・栃木県総合文化センタープレイガイド ・宇都宮市文化会館プレイガイド ・チケットぴあ (FKDショッピングプラザ宇都宮店・宇都宮インターパーク店) ・上野楽器・アンザイピアノテクニカル ・鏡池堂(MEGAドン・キホーテラパーク宇都宮隣) ・宇都宮ピアノ研究会会員 ●後 援: 栃木県教育委員会、宇都宮市教育委員会、下野新聞社、(株)上野楽器 ●協 力: 宇都宮市まちづくりセンター、食事サービスさくら草 【主催・問合せ】  NPO法人宇都宮ピアノ研究会 TEL: 028‐627‐1796 【参考URL】 ・助成金事業取材「NPO法人宇都宮ピアノ研究会・クリスマスコンサート」の様子 ・『NPO法人宇都宮ピアノ研究会』平成26年度活動報告 ・宇都宮市市民活動助成金交付 平成26年度27年度まちぴあまつり2015ステージ発表の様子

「まちぴあまつり2015反省会」実施報告

2015年11月12日(木)  去る、11月10日(火)に、10月18日で初のセンター敷地内での開催となり、賑々しく行うことができた「まちぴあまつり2015」の反省会を行いました。  会議には、イベントの中心でもある「まちぴあ利用者協議会」の皆さんをはじめ、まつり実施のために設置した「実行委員会」や出展者の皆さん、8名がご参加下さり行うことができました。  イベント開催の基本線としては、「センターの所在地を知ってもらう」ことも含め、このまちぴあ敷地内でもって行うことを再確認し、今年初めて活用した庭園を体験型の出展団体にメインで募集するスペースにするなど、新しい提案がありました。
DSCF2765.JPG
 屋外全体のレイアウトとしては、搬入車駐車場として設けてあったスペースを活用してメイン会場にし、北側の出入口からもイベントをやっていると分かるようにPRすることなどが提案されあした。  また、ステージについては、安定的に開催時間中来館者の方々に楽しんでいただけたものの、お昼を過ぎると参加者が減ってしまうという部分は改善がかなわなかったこともあり、来年は、お昼前後の休憩時間をなくすなどして、団体の皆さんが出演する時間を繰り上げた上で、  子ども達を中心に楽しめる工作遊びなどを行い、午後からまつりに参加したくなるような内容を考案することなどもアイデアとして挙げられました。  スタッフからの意見も提案しつつ、皆さんから頂いたアイデアをもとにしながら、来年のイベント開催に向けてあらたな目標を定める機会になりました。  そんなことで、お集まりいただいた実行委員、役員団体の皆さま。誠にありがとうございました。皆さんのおかげもあって約半年にわたる、まちぴあまつり実施までこぎつけることができました。また、皆さんと来年も楽しい「まちぴあまつり」が出来るようにスタッフも努力致しますので、今後とも宜しくお願い致します。 (記事投稿:小倉)

『子どもと接するひとのLGBT基礎講座』開催のお知らせ

2015年11月02日(月) S‐PEC講演会のご案内 『子どもと接するひとのLGBT基礎講座』 20151107-s-pec-lgbt.jpg 今回で10回目となります講演会。講師に遠藤まめたさんをお迎えします。 現在の日本における「LGBTと教育」の概要についてお話していただきます。 LGBTとは…レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー(性同一性障害)の 頭文字を取ったもので、性的マイノリティの総称として使われているもののひとつです。 ●講 師: 遠藤 まめた氏 ≪講師プロフィール≫ 1987年生まれ 横浜育ちトランスジェンダー当事者として自らの体験をもとに10代後半よりLGBT(性的マイノリティ)をテーマに啓発活動を始める。 主にLGBTの若者支援や自殺予防に関わる。 毎年5月17日に「多様な性にYES!の日」全国キャンペーンを行なう「やっぱり愛ダホ!idaho‐net」呼びかけ人代表。 ◇会場での写真・ビデオ撮影、録音はお断りいたします。 ●日 時: 2015根円11月7日(土)午後2時(受付13時半) ●会 場: 宇都宮大学ゆうゆうプラザ(宇都宮市峰350) S-PECとは…Sexuality Peace Equality Communityの略。 性同一性障害を持つ当事者はもちろん、家族が抱える悩みや問題は様々です。 それらを共有し、ともに支えあえる団体として、また、より多くの方々に性同一性障害への理解を深めていただくと同時に、誰でも生きやすい社会になることを願って活動していきたいと2006年に結成しました。 ※2〜3ヵ月に一度交流会を開催しています。 ●資料代: 500円 ●主 催: S‐PEC ●共 催: 性と人権ネットワークESTO、宇都宮大学艮研究室 ●後 援: 栃木県教育委員会、宇都宮市、宇都宮市教育委員会 ◆申込み・問合せ◆ 事前に電話でのお申込みをお願い致します。 090-4540-9529(佐藤) 080-1025-5576(加藤) *当日、空席がある場合には、ご入場いただくことができます。 【参考URL】 ・まちぴあブログ『まちぴあまつり2015』の様子

『平成27年度貸しオフィス前期報告書』

2015年10月28日(水) 『平成27年度貸しオフィス前期報告書』 blog-office.jpg New平成28年度「まちぴあオフィス」入居団体募集(11月30日(月)募集締切) ・宇都宮市まちづくりセンター 貸しオフィス “まちぴあ”では、地域で市民活動やボランティアなどのまちづくり活動に取り組んでいる団体の皆さんを対象に、団体の組織運営の自立や活動の活性化を支援するための事務用スペースとして、「オフィス」を設置し、その入居団体を募集しています。 ★【NPO法人KHJとちぎベリー会『前期報告』『平成26年度活動報告』 ・引きこもり・不登校・精神障がい者の当事者及び当該家族に対し、いろいろな支援によりメンタルヘルスケアにあたる。 ◆まちぴあブログによる活動等:まちぴあまつり2015『ひきこもり大学 KHJ全国キャラバン 栃木』フェスタmy宇都宮2015「まちぴあ広場」 ★【一般社団法人ヘルスフードマイスター協会『前期報告』 ・食と健康に関する様々なことを社会普及させる。 ◆まちぴあブログによる活動紹介:まちぴあまつり2015とちぎ健康フェア ★【NPO法人デックタイグループ『前期報告』『平成26年度活動報告』 ・在日タイ人の生活支援およびタイの文化を世間に発信することで地域に貢献する。 ◆まちぴあブログによる活動等:NPO法人デックタイグループ「タイ語教室」内閣府「平成26年度チャイルド・ユースサポート章」まちぴあまつり2014 ★【Social Innovation Lab『前期報告』『平成26年度活動報告』 ・多様な人々の交流の場を地域社会に提供し、すべての人々が相互に高めあうことで「新たな公共」の形成に貢献する。 ◆まちぴあブログによる活動等: まちぴあまつり2015Social Innovation Lab講演会『少子高齢化をみんなで考えよう。』 ★【とちぎセルフヘルプ情報支援センター『前期報告』 ・県内外の様々なセルフヘルプグループ(なんらかの生きづらさを抱えた当事者同士の自発的な集まり)の情報提供と支援を行う。 ◆まちぴあブログによる活動等: まちぴあまつり2015ワンコイン講座(通称「渡邊ゼミ」とちぎセルフヘルプセミナー ★【一般社団法人MCFオーケストラとちぎ『前期報告』『平成26年度活動報告』 ・栃木県においてクラシック音楽文化を根付かせるため、栃木県にゆかりあるプロ演奏家による演奏会を開催していく。 ◆まちぴあブログによる活動等: 「マロニエール・クラシック・フェスティバルコンサートvol.3」まちぴあまつり2014 ★【栃木県健康管理士会『前期報告』『平成26年度活動報告』 ・病気をつくらない予防医学の広報・実践により、国の医療費半減を目指す。 ◆まちぴあブログによる活動等:フェスタmy宇都宮2015「まちぴあ広場」とちぎ健康フェア ★【NPO法人仕事と子育て両立支援センター『前期報告』 ・性別に関わらず、すべての人が職業生活と家庭生活を両立するための支援と基盤整備を行い、安心して暮らせる地域社会をつくる。 ◆まちぴあブログによる活動等:保育サービス講習会(保育サポーター養成研修会)サポーター スキルアップ研修 ★【NPO法人宇都宮市ウオーキング協会『前期報告』『平成26年度活動報告』 ・宇都宮市民へのウオーキングの普及推進を通して、健康増進、自然愛護、自然に親しみ明るい社会づくりに貢献する。 ◆まちぴあブログによる活動等: 共催「宇都宮ウォーキングフェスタ20​15」「第21回宇都宮歩け歩け大会 宇都宮ウオーキングフェスタ2015」 ★【公益社団法人日本技術士会栃木県支部『前期報告』『平成26年度活動報告』 ・地域の人と文化と技術をつなぎ、技術研鑚、国際交流、地域活性化を目指す。 ◆まちぴあブログによる活動等: まちぴあまつり2015平成26年度主催講演会平成27年度主催講演会 【参考URL】 ・まちぴあブログ貸しオフィス意見交換会 ・まちぴあブログまちぴあオフィス入居団体事業報告会

まちぴあまつり2015 実施レポートpart3

2015年10月22日(木) まちぴあまつり2015 実施レポートpart3  10月18日(日)に開催された『まちぴあまつり2015』 今回はまちぴあまつり2015 実施レポートpart2に引き続き、屋内・ステージ団体の紹介と当日の様子を更新いたします。  屋内3団体及びステージ5団体です。 blog-maturi101817.JPG (影絵光 上演中) 【屋内:研修室C】 blog-maturi101818.JPG影絵光】 平成26年度団体活動紹介  影絵の上演・製作の活動をまちぴあ等で行い、市内各地の施設等で公演活動をされています。  2014年度「社会貢献活動支援助成」により「影絵光」7周年記念公演を行いました。 公演前には「影絵光」公演練習等も行われています。  他、まちぴあNPO連続講座等にも来ていただいております。  今回は子ども達オリジナルの影絵シルエット作り等の影絵遊びワークショップ&影絵の上演をしていただきました 【屋内:ミーティングルームA】 blog-maturi101820.JPG株式会社サニクリーン宇都宮】  お掃除に関する知識や技術の提供を通じて、地域社会とのコミュニケーションの円滑化を目指しCSR活動(「目指せ!クリーンキッズ」等の活動)を小学校等で行っています。 他、まちぴあ座談会〜サニクリーンさんのお掃除講座として窓をキレイにするテクニック講座を開いていただきました。   今回は、上記でと同じ「目指せ!クリーンキッズ」の活動(ペットボトルの中からサニエルを見つけようゲーム、ぞうきん絞りゲーム等)をしていただきました。  【ミーティングルームB】 blog-maturi101819.JPGMOAインターナショナルとちぎ】  健康づくりを目的に、お花を健康法にいかす、健康増進セミナー等の活動をされています。 和紙で牛乳パックや空き缶を花瓶に変えるなど環境を考えた活動もされおり、今回はラップの芯を活用した器作りといけばなの体験活動をしていただきました。   「あそび初め2015」フェスタmy宇都宮2015「まちぴあ広場」への参加、他『とちぎ健康フェア』にも参加される等、他団体さんと協力しながら活動をされています。  【屋内:ステージ5団体】 blog-maturi101821-1.JPG blog-maturi101821-2.JPG宇都宮古武術稽古会】  剣術、居合、柔道などの古武道に関する稽古活動をされている古武術稽古会さん、今回披露されたた介護に応用できる古武術講座等もまちぴあ座談会「今月の名人」にて披露されています。  上記と合わせて生徒さんたちの居合演武の披露を行いました。 blog-maturi101822-1.JPG blog-maturi101822-2.JPG北京語研究会】 平成26年度団体活動紹介  北京語の向上を目指し、宇都宮市の国際交流として市内に観光に訪れた中国人の方をサポートする活動を、会員個人の活動としても役立てることを目的としています。  今回は漢詩の朗読(説明あり)や詩の披露(日本語含め)の活動をしていただきました。 blog-maturi101823-1.JPG blog-maturi101823-2.JPG特定非営利活動法人宇都宮ピアノ研究会】 平成26年度団体活動紹介  「クリスマスコンサート」「スプリングコンサート」「ティーサロンコンサート」や各地のイベントで音楽を広める活動を行っております。 他、宇都宮市市民活動助成金を平成26年度にはスタート支援として平成27年度にはステップアップ支援を交付され、電子ピアノ等を購入後、ボランティア活動(ケアセンターや介護福祉施設等)。 他団体と協力し、イベントの開催を行っています。 今回はピアノとヴァイオリンによるクラシック演奏を披露していただきました。 blog-maturi101824-1.JPG blog-maturi101824-2.JPG共楽マジッククラブ】 平成26年度団体活動紹介  高齢者の介護施設や幼児・学童施設へのマジックの披露ボランティアを行っています。  まちぴあでは 「あそび初め2015」等の主催事業に参加していただいております。 他、とちぎ福祉プラザで他団体と協力のもと 「四つ葉お楽しみ会」も行っております。  今回は、活動の中でも子ども〜大人までが楽しめるようなマジックを披露していただきました。 blog-maturi101825-1.JPG blog-maturi101825-2.JPG扇翠流吟詠剣詩舞 扇乃会】 平成26年度団体活動紹介  芸術・文化振興を目的に吟詠剣詩舞のボランティア活動をされています。 活動範囲は市内のみならず県内各地の施設や地域活動に出演しています。  他、まちぴあ座談会「今月の名人」としても参加していただきました。  今回は、扇と袴姿での詩吟、詩舞、剣舞の披露をしていただきました。  ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ blog-maturi101826.JPG  10:00〜15:00の間の2時間が過ぎ閉会となりました。昨年同様、参加された団体の方々が研修室ABに集まり、お疲れ様会を開きました。  part3まで続きました「まちぴあまつり2015」実施レポート。 沢山の方に参加・来場していただき、誠にありがとうございます。  また参加された団体の皆様、一日大変お疲れ様でした。前日準備(机・テント等運び、飾り付け)から当日準備(テント設営)など沢山の方にご協力頂きありがとうございました。 【参考URL】 ・まちぴあまつり2015 実施レポートpart1まちぴあまつり2015 実施レポートpart2 (投稿:小松)

第39回かおる会(貸オフィス意見交換会)実施報告

2015年10月21日(水)  本日10月21日(水)、当センター2階の「貸オフィス」を利用されている団体の皆様にお集まりいただき、今年度第7回目のかおる会(貸オフィス意見交換会)を開催いたしました。  「貸オフィス」は、熱心に活動をされている市民活動団体さんの発展と自立を支援する当センターの事業です。審査で選ばれた10団体の方々に、現在ご入居・ご利用をいただいています。 DSC03496blog.jpg  今回は4団体(ヘルスフードマイスター協会デックタイグループ仕事と子育て両立支援センター日本技術士会栃木県支部)の皆さんがご参加くださいました。  10月18日に開催した「まちぴあまつり」に関するご報告や、まちぴあ主催講座情報と行事予告、各団体のイベント広報等についてお話・意見交換をしました。  まちぴあまつりの報告では、来場のお子さんの年代や屋内外の人のバランスが昨年と違っていたことから、その理由の考察や、来年に向けての企画の工夫についての話が広がりました。  今の時期はそれぞれにかかわるイベントが多く、大変だった話や好評だったことなど、参考になる話を色々情報交換させていただけました。   ご参加いただいた入居団体の皆様、お忙しい中ありがとうございました! (記事投稿:U)

まちぴあまつり2015 実施レポートpart2

2015年10月21日(水) まちぴあまつり2015 実施レポートpart2  10月18日(日)に開催された『まちぴあまつり2015』 今回はまちぴあまつり2015 実施レポートpart1に引き続き、屋外・屋内団体の紹介と当日の様子を更新いたします。  屋外7団体の紹介と屋内1団体です。 blog-maturi10189.JPG (技術士会による紙ヘリコプター作成) blog-maturi101810.JPG 貸しオフィス団体:【一般社団法人ヘルスフードマイスター協会】  健康づくりを目的に食と健康に関するイベントや講座を開催しております。 フェスタmy宇都宮2015「まちぴあ広場」『とちぎ健康フェア』にも参加される等、他団体さんと協力しながら活動をされています。 今回はスムージーやさつまいも等の販売を行いました。 blog-maturi101811.JPG 貸しオフィス団体:【公益社団法人日本技術士会栃木県支部】 平成26年度団体活動紹介  栃木県在住の国家資格を有する専門技術士らによる団体、学術振興を目的に児童を対象をした理科実験教室や技術士会講演会の開催をされています。 今回は1番目の写真にあるように子どもたちに向けての紙ヘリコプター作成教室、遊びが行われました。 blog-maturi101812.JPG特定非営利活動法人ほっとスペース・ひだまり】  障がい者の自立支援事業の活動として、中華料理「ふくふく亭」の運営、相談事業、老人ホームの洗濯、清掃、軽作業等の活動をしております。 また、関連として宇都宮市障がい者優先調達推進方針の策定により、『宇都宮市内障がい者支援施設等製品・役務カタログ』にも『ふくふく亭』の商品が掲載されています。 blog-maturi101813.JPGダ・ヴィンチ工房】 平成26年度団体活動紹介  各イベントやフェスタmy宇都宮2015「まちぴあ広場」等でシャボン玉遊びボランティアの活動をされています。 今回もまちぴあ庭にてシャボン玉遊びを行い、親子連れが中心に体験してくれました。 blog-maturi101814.JPGS‐PEC】  人権擁護を目的に性同一性障害への理解を深めていただくための啓蒙活動をされています。 昨年の「まちぴあまつり2014」等にも参加していただいております。 今回も昨年同様、赤飯や炊き込みご飯の販売、フリーマケットを開きました。 『屋内:情報展示スペース』 blog-maturi101815.JPG 貸しオフィス団体:【とちぎセルフヘルプ情報支援センター】  セルフヘルプ(特定の困難や問題、心の傷を抱えた当事者たちが、自らの現状を自らで修正、改善する意思をもって集い、活動をするもの)グループの情報提供と支援を行うセルフヘルプグループ。 「2015年ワンコイン講座(通称「渡邊ゼミ)」『第20回とちぎセルフヘルプセミナー』等の講演会を行っております。 今回はわたあめの販売(子どもたちの体験を含め)を行いました。 『屋内:情報展示スペース』 blog-maturi101816.JPG 【宇都宮市まちづくりセンター まちぴあ】 宇都宮市まちづくりセンター「まちぴあ」は、宇都宮市における市民の皆さんによる地域での様々な取り組みである「まちづくり活動」が、より一層活性化するための支援を行うセンターです。 今回はポップコーン販売を行いました。 時間のすれ違いで中々話す機会のない団体さんとの交流になるということもあり出展団体さんと共に参加しております。 次回も今レポートに引き続き、団体さん及び当日の様子を更新してまいります。 (投稿:小松)

まちぴあまつり2015 実施レポート part1

2015年10月20日(火) 『まちぴあまつり2015』実施レポート part1 blog-maturi1018.JPG  2015年10月18日(日)当センターにて「まちぴあまつり2015」が開催されました。 10:00〜15:00の間、300人程の方々が来場されました。  開会に先立ち行われたセレモニーには、出展団体の皆様にもご参加いただき快晴の中、『まちぴあまつり2015』がスタートしました。   今回のまちぴあまつりでは屋外12団体、屋内4団体、ステージ5団体の計21団体が出展・発表されました。 blog-maturi10182.JPGシャプラニールとちぎ架け橋の会】  フェアトレードまつりやフェアトレードタウンを目指した諸活動をされています。 11月8には「第6回フェアトレードまつり」まちなか・せかいネット とちぎ海外協力NGOセンター主催のもと行われます。 今回はフリーマーケット(洋服・雑貨)を開かれておりました。 blog-maturi10183.JPGとちぎYMCA】  まちぴあ主催ボランティア体験プログラムである「釜川コケ落とし大作戦」留学生を受け入れ活動にも参加していただいております。 また、『とちぎ未来留学−若者地域づくりチャレンジ−』フェスタmy宇都宮2015「まちぴあ広場」等、様々なイベントに参加されています。 今回は「食べて海外協力」をテーマにアジアのカレー販売やシャプラニールとちぎ架け橋の会と同じくフェアトレード関連の商品の販売等を行いました。 blog-maturi10184.JPGNPOせせらぎ】  「豊かな健康づくり」を目的に健康対策、予防法など勉強会を実施しています。まちぴあ座談会フェスタmy宇都宮2015「まちぴあ広場」等まちぴあ主催事業に参加していただいております。 他、今年には『とちぎ健康フェア』にも参加される等、他団体さんと協力しながら活動をされています。 今回は運動等による日々の疲れの解消、リラックス体験の実践をされておりました。 blog-maturi10185.JPG一般財団法人 日本熊森協会 栃木県支部平成26年度団体活動紹介  自然保護の実践を目的に植樹活動や勉強会等に参加されています。 他、フェスタmy宇都宮2015「まちぴあ広場」にも参加していただいております。 今回は、フリーマーケット(炭や書籍等)を開かれておりました。。 blog-maturi10186.JPGとちぎヒーロー愛好会】  ヒーロー活動を行うことでの地域活性化を主に活動をされています。 まちぴあ運営団体『宇都宮まちづくり市民工房』が行っているひろのカフェにも参加していただきました。 blog-maturi10187.JPG 貸しオフィス団体:【特定非営利活動法人KHJとちぎベリー会平成26年度団体活動紹介  ひきこもりや不登校、不安障害者の当事者や家族に対し、『ひきこもり大学 KHJ全国キャラバン 栃木』 勉強会や相談、居場所の提供をされています。 フェスタmy宇都宮2015「まちぴあ広場」等様々な活動に参加していただいています。 今回は焼きそばや芋フライ等の販売を行いました。 blog-maturi10188.JPG 貸しオフィス団体:【Social Innovation Lab平成26年度団体活動紹介  文化、芸術、芸術、時事など分野を問わず興味関心のある事柄 を「 知る」機会 を提供する活動 を行っています。Social Innovation Lab講演会『少子高齢化をみんなで考えよう。』他まちぴあ主催事業に参加していただいています。 今回は焼き鳥やコーヒー等の販売を行いました。 次回も今レポートに引き続き、団体さん及び当日の様子を更新してまいります。 (投稿:小松)

『まちぴあまつり2015』当日準備

2015年10月18日(日) 昨日まちぴあまつりの前日準備が行なわれテントや机イスの準備、他 館内・館外の飾り付けがおこなわれました。 IMG_4521mini.jpg 館内・館外を含めた21の団体さんが盛り上げます。 まつりでの活動等につきましては まちぴあブログ団体紹介にて掲載されております。 そして本日10時〜15時、 「まちぴあまつり2015」開催となります。 スタッフ一同皆さまの来館お待ちしております。 ★駐車場★臨時駐車場として 宇都宮白楊高校の駐車場をお借りしております。 (栃木県宇都宮市元今泉8丁目2−1) 『屋外ブース出展団体』 屋外ブース出展団体(1) 【シャプラニールとちぎ架け橋の会】 「フェアトレード」 =お買い物で途上国支援に 屋外ブース出展団体(2) 【公益財団法人とちぎYMCA】 「食べて海外協力」アジアを感じる食品の販売が行なわれますよ〜 屋外ブース出展団体(3) 【NPOせせらぎ】 音楽と気功でリラックス体験を行ないます 屋外ブース出展団体(4) 【一般財団法人 日本熊森協会 栃木県支部】  奥山の保全・再生を目的に、森林・里山保全の理解促進、啓発活動を行っています。 屋外ブース出展団体(5) 【とちぎヒーロー愛好会】  ヒーロー達がまちぴあに参上!日々の活動PRを行ないます    屋外ブース出展団体(6) 【特定非営利活動法人KHJとちぎベリー会】 活動紹や焼きそば、おからドーナッツ、お好み焼きの販売 この美味しさ忘れられなくなるかも♪ 屋外ブース出展団体(7)  【Social Innovation Lab】  日々の活動紹介ややきとり、カレー、コーヒーなどの販売が行なわれます 屋外ブース出展団体(8) 【一般社団法人ヘルスフードマイスター協会】 日々の活動紹介やスムージーワークショップ体験や新鮮野菜の販売が行なわれます。   屋外ブース出展団体(9) 【公益社団法人日本技術士会栃木県支部】  幼児や小学生低学年向けの理科・科学実験の体験が行なわれますよ〜 屋外ブース出展団体(10) 【特定非営利活動法人ほっとスペース・ひだまり】   本格中華料理の弁当や惣菜の販売 あまりの美味しさにびっくりしますよ〜 屋外ブース出展団体(11) 【ダ・ヴィンチ工房】    子どもも大人も体験できるシャボン玉で遊ぼう〜 屋外ブース出展団体(12) 【S‐PEC】   活動紹介&フリーマーケット&からあげ、赤飯、おこわなどの販売 『屋内出展団体』 屋内出展団体(13) 【影絵 光】  子どもさんも一緒に影絵製作・上演体験しませんか〜  屋内出展団体(14) 【株式会社サニクリーン宇都宮】 親子で参加できるおそうじ体験講座の開催〜 屋内出展団体(15) 【MOAインターナショナルとちぎ】   ラップの芯で花器を作り花を飾ってみませんか? 屋内出展団体(16) 【とちぎセルフヘルプ情報支援センター】    活動紹介&綿あめの販売を行ないますよ〜 昨年に引き続き行列の予感!? 『ステージ発表団体』 ステージ発表団体(17) 【宇都宮古武術稽古会】   会員による居合演舞実演、講師による、介護等に応用できる古武術講座の実施 出演は11:00〜11:30です ステージ発表団体(18) 【北京語研究会】    漢詩の朗読や歌の披露が行なわれますよ〜 出演は11:30〜12:00です ステージ発表団体(19) 【特定非営利活動法人宇都宮ピアノ研究会】   ピアノ、ヴァイオリンによるクラシック演奏披露  出演は13:00〜13:30です ステージ発表団体(20) 【共楽マジッククラブ】   マジック披露や親子で一緒にマジック体験!  丁寧に教えてもらえますよ〜♪出演は13:30〜14:00です ステージ発表団体(21) 【扇翠流吟詠剣詩舞 扇乃会 】   詩舞や剣舞の実演  子どもから大人まで夢中になるかも〜   出演は14:00〜14:30です

宇都宮ピアノ研究会「ティーサロンコンサート2015秋」主催報告

2015年10月13日(火)  去る10月12日(月・祝)、まちぴあの登録団体であり、平成27年度宇都宮市市民活動助成事業として事業を行っている「NPO法人宇都宮ピアノ研究会」主催の、  ティーサロンコンサート
DSCF2471.JPG
 が、栃木県総合文化センター・リハーサル室を会場に開催されました。 「宇都宮ピアノ研究会」さんは、県内で活動しているピアノ講師やその生徒、音楽を愛するメンバーで構成された市民グループで、これまでに25年以上にわたり、年1回のピアノコンサートの開催を目的に活動されておりました。  一昨年から、会員やその関係者のみで行っていたコンサートを市民がピアノをはじめとした音楽に触れる機会を創出し、市の文化振興に寄与する活動をということで、NPO法人化し、音楽を通じた事業展開を始めました。  その一環として行っているのが、今回のティーサロンコンサートです。秋と冬の年二回開催されるもので、昨年度も開催されました。今回の秋のコンサートでは、今年度から法人メンバーや興味関心のある方たちとともに行う音楽研究事業として企画した「合唱活動」(実施チーム名:混声合唱たんぽぽ)の披露をメインとし、
DSCF2487.JPG
 活動開始に際してアドバイスや指導方法などにおいて協力関係を結んでおられた、東京都品川区で昭和42年から活動を行っている「品川混声合唱団」の皆さんをお招きしての合唱コンサートとして行われ、ピアノの華麗な伴奏と併せて、子どもに馴染みの曲、学校で習った曲、ドラマの主題課などで聞き覚えのある曲などが披露されました。  合唱を通して、会員の親睦や生きがいをつくりながら、依頼に応じて福祉施設や学校などでも出演を行っている、品川混声合唱団の皆さんとともに、会場に集まった50名ほどの参加者も一緒になって、
DSCF2484.JPG
「大きな古時計」や「花は咲く」といった楽曲を歌い楽しみました。  その後は、ティーサロンとの企画名らしく、紅茶・コーヒーなどを楽しみつつ、活動を行う中で新たに協力関係を築かれた「食事サービスさくら草」さんから提供をうけたお菓子を楽しみながら、過ごすコンサートとなりました。
DSCF2489.JPG
 このような様子で、ピアノ研究会さんが、市の助成も受けながら他の活動団体との関係も作りつつ展開されている様子をみることもできたコンサートとなり、今年12月20日にも、冬のティーサロン「クリスマスコンサート」を行われるとのお誘いも頂きました。  また、今週日曜日の10月18日に開催される「まちぴあまつり2015」にも、会場内のステージ(2階)にて、出演下さる予定です。今後とも、皆さんの小さいながらも音楽・文化を育む暖かい活動を応援していきたいと思いました。  ピアノ研究会の皆様、関係各者の皆様、イベントの開催お疲れ様でした。次回のコンサートの開催も期待しております。 (記事投稿:小倉)

Smilefit『ピラティスde女子力アップ』

2015年10月12日(月・祝) Smilefit『ピラティスde女子力アップ』 blog-smilefit.jpg 以前まちぴあブログ取材報告をさせていただきました。 Smilefit主催による『“Pilates & Aroma”』。 この度、チラシが届きましたので、広報させていただきます。 ピラティスってなに? 独自の呼吸法を用いて、主に体幹の深層部を鍛える運動です。 ピラティス初心者でも大丈夫。 行ったらきっと続けたくなります。 楽しみながら育児にも負けないからだ作り♪ 肩こり、腰痛予防にもおすすめです。 ※マットを使ってインナーマッスル、コアマッスルを機能させ本来もつ自然治癒力を高めていきます。 こんな方におススメです♪ ・運動したいけど子どもを預けられない ・肩こり、腰痛を緩和したい ・ストレス発散したい ・スポーツクラブには通えない *赤ちゃんの託児はありませんが、赤ちゃん〜幼児でも大丈夫です。 寝返りができないくらいのベビちゃんも来たりしますよ! 詳しくは下記【問合せ/申込み】まで 『ピラティス』 プレママ(妊婦さん)赤ちゃん〜幼児連れOK(託児なし) ●日 時: 10月13日(火) 10:30〜11:45 10月27日(火) 10:30〜11:45 11月10日(火) 10:30〜11:45 11月24日(火) 10:30〜11:45 12月 8日(火) 10:30〜11:45 ●持ち物: ・ヨガマットまたはピラティスマット ・動きやすい服装(普段着でもよいですが、仰向けで脚を上げる動作などあります) ・飲み物 ・タオル ●参加費: ・メンバー1,000円(初回登録料+300円)  ・一般(ビジター)1,200円 ●主 催: Smilefit 他『フィットネスフラ』 赤ちゃん〜幼児連れOK(託児なし) フラ(フラダンス)のステップやハンドモーションを使った有酸素エクササイズです。 ◇まちぴあブログ『まちぴあまつり2014 実施レポート パート3』の様子 ●日 時: 10月16日(金) 10:30〜11:45 11月 6日(金) 10:30〜11:45 11月20日(金) 10:30〜11:45 12月 4日(金) 10:30〜11:45 12月18日(金) 10:30〜11:45 【問合せ/申込み】 【ピラティス問合せ/申込み】 ◇E-mail: a29.s63.n19@gmail.com(担当:AI)  【フィットネスフラ問合せ/申込み】 ◇E-mail: diesel.happy.nao@docomo.ne.jp(代表:阿部) 【参考URL】 ・Smailfitブログまちぴあ情報誌「まちぴあ夏号14(話題人)」『Smilefit“Pilates & Aroma”』取材報告&インターン感想

『まちぴあまつり2015』団体紹介

2015年09月28日(月) 『まちぴあまつり2015』団体紹介 ついに来月開催される『まちぴあまつり2015』26日に行なった参加団体説明会も行い、後は前日準備及び当日開催のみとなりました。 今回は団体紹介として全21団体の方々の紹介を行ないます。 今回も『であう』『きづく』『つながる』をテーマに開催いたします。 blog-machipiamaturi20151018.jpg ■日 時: 2015年10月18日(日)10:00〜15:00 ■会 場: 宇都宮市まちづくりセンター まちぴあ (宇都宮市元今泉5−9−7) ※臨時駐車場として宇都宮白楊高校グラウンドをお借りしています(約100台) ■"まちぴあまつり"のご紹介 「まちぴあ」は市内で活動しているボランティア・市内活動・CSR活動(社会貢献に取り組む企業の活動)・自治会・協議会といった地域における、まちづくり活動に関わる団体や個人の方の活動拠点です。 拠点である「まちぴあ」を会場に実施して、今年が3度目の開催となります。 宇都宮市内を中心に、各地域で活躍される様々な分野の活動団体が集います。 イベントを通じて、活動団体の皆さんと出会い、まちのために「できること」をみつけましょう。 『屋外ブース出展12団体』 屋外ブース出展団体(1) 【シャプラニールとちぎ架け橋の会】 海外協力をもっと身近に!フェアトレード=買い物が国際協力に。 屋外ブース出展団体(2) 【公益財団法人とちぎYMCA】 フィリピンと北タイの手芸品、スパイシーカレーでアジアを感じて! 屋外ブース出展団体(3) 【NPOせせらぎ】 日々の疲れを音楽と簡単な運動でいやしましょう♪ 屋外ブース出展団体(4) 【一般財団法人 日本熊森協会 栃木県支部】  「くまもり」は熊に森を返そうとしている実践自然保全団体です。 屋外ブース出展団体(5) 【とちぎヒーロー愛好会】  ご当地ヒーロー「ライサマー」と、まちぴあまつりを楽しもう! 屋外ブース出展団体(6) 【特定非営利活動法人KHJとちぎベリー会】 野菜たっぷりの焼きそばを、ぜひお楽しみ下さい。 屋外ブース出展団体(7)  【Social Innovation Lab】  安価で、本物だけをお届けする「SILレストラン」においで下さい。 屋外ブース出展団体(8) 【一般社団法人ヘルスフードマイスター協会】 当協会は、食事で病気を予防し、健康に関する知識をお伝えしています。   屋外ブース出展団体(9) 【公益社団法人日本技術士会栃木県支部】  自分でてづくり!楽しい実験で理科の勉強をしよう! 屋外ブース出展団体(10) 【特定非営利活動法人ほっとスペース・ひだまり】   本格中華料理の弁当をご堪能下さい。 屋外ブース出展団体(11) 【ダ・ヴィンチ工房】    子どもも、大人もシャボン玉で遊びましょう! 屋外ブース出展団体(12) 【S‐PEC】   誰もが生きやすい社会を目指して! 『屋内出展4団体』 屋内出展団体(13) 【株式会社サニクリーン宇都宮】 お客様のキレイで快適な生活空間づくりのお手伝いをしています。 屋内出展団体(14) 【MOAインターナショナルとちぎ】   マイ花器に花を飾りましょう!ステキで簡単・楽しいですよ! 屋内出展団体(15) 【とちぎセルフヘルプ情報支援センター】    うつのみやには、セルフヘルプの情報発信の場がある。 屋内出展団体(16) 【影絵 光】  子ども達による影絵作成&上演を行ないますよ!  『ステージ発表5団体』 ステージ発表団体(17) 【宇都宮古武術稽古会】   会員による居合演舞実演、講師による、介護等に応用できる古武術講座の実施 出演は11:00〜11:30です。 ステージ発表団体(18) 【北京語研究会】    漢詩の朗読や歌の披露が行なわれますよ〜!  出演は11:30〜12:00です。 ステージ発表団体(19) 【特定非営利活動法人宇都宮ピアノ研究会】   ピアノ、ヴァイオリンによるクラシック演奏披露   出演は13:00〜13:30です。 ステージ発表団体(20) 【共楽マジッククラブ】   マジック披露や親子で一緒にマジック体験! 丁寧に教えてもらえますよ〜♪出演は13:30〜14:00です。 ステージ発表団体(21) 【扇翠流吟詠剣詩舞 扇乃会 】   詩舞や剣舞の実演  子どもから大人まで夢中になるかも〜 出演はラスト14:00〜14:30です ※当日の天候などによっては、一部出展内容が変更に なる場合がありますので、ご了承ください。 ■問合せ 宇都宮市まちづくりセンター まちぴあ TEL: 028−661−2778 FAX: 028−689−2731 【参考URL】 ・今年度「まちぴあまつり2015」参加団体説明会の様子 ・昨年度「まちぴあまつり2014」前日準備 ・昨年度「まちぴあまつり2014」実施レポート part1 ・昨年度「まちぴあまつり2014」実施レポート part2 ・昨年度「まちぴあまつり2014」実施レポート part3 ・昨年度「まちぴあまつり2014」実施レポート part4 ・昨年度「まちぴあまつり2014」実施レポート part5

宇都宮市市民活動助成事業『ティ​ー・サロン・コンサート《コーラ​ス》』開催のお知らせ

2015年09月27日(日) 宇都宮市市民活動助成事業 『ティ​ー・サロン・コンサート《コーラ​ス》』 blog-teasalon1012.jpg ●日 時: 2015年10月12日(月・休​)午後2:00開演(午後1:3​0開場) ●場 所: 栃木県総合文化センター 地下2階「リハーサル室」(宇都​宮市本町1−8) ◆Program: 【第一部】 ・混声合唱のための組曲『大志の​歌』〜森の校歌祭 安野 光雄:作詞 / 森ミドリ:作曲 ・みんなで歌いましょう『大きな​古時計』『花は咲く』 【第二部】 ・アラカルト『星に願いを』『J​upiter』他 ・品川混声合唱団&混声合唱『た​んぽぽ』 朗読:前田和子 ●料 金:  中学生以下・身障者500円/高​校生以上一般1,500円 ※全席 自由席(お菓子・お茶付き) 前売券のみの販売 ●入場券取扱: ・栃木県総合文化センタープレイ​ガイド ・宇都宮市文化会館プレイガイド ・上野楽器・アンザイピアノテク​ニカル ・鏡池堂(MEGAドン・キホー​テ ラパーク宇都宮店隣) ・宇都宮ピアノ研究会会員 ●主 催: NPO法人宇都宮ピアノ研究会 TEL: 028-627-1796 ●後 援: 栃木県教育委員会、宇都宮市教育​委員会、下野新聞社、(株)上野​楽器 ●協 力:  宇都宮市まちづくりセンター、食​事サービスさくら草、朗読サーク​ル木の実、混声合唱『たんぽぽ』 ■問合せ: NPO法人宇都宮ピアノ研究会 TEL: 028-627-1796 昨年度、今年度と宇都宮市市民活動助成金が交付されてる宇都宮ピアノ研究会さん、10月18日に開催される『まちぴあまつり2015』にステージ発表団体として参加していただきます。 ほか、昨日更新いたしました参加団体説明会にも参加していただきました。 【参考URL】 ・宇都宮市市民活動助成事業 ・まちぴあブログティー・サロン・コンサートの様子 ・まちぴあブログクリスマスコンサートの様子 ・まちぴあブログスプリングコンサートの様子

まちぴあまつり2015「参加団体説明会」 実施報告

2015年9月26日(土)  本日、開催まで一か月となりました、まちぴあ登録団体が一堂に会すイベント「まちぴあまつり2015」の参加団体説明を行いました。  昨年に引き続き、敷地内での開催を予定している「まちぴあまつり2015」には、屋外にて販売などのブース出展をして下さる12団体と、館内1階の会場で体験などのコーナーを展開下さる4団体に、
DSCF2199.JPG
 2階研修室のミニステージにご出演いただく5団体の皆さんがご出展下さいます。  今年は、これまで使っていなかった施設南側の庭園にも出展スペースを拡張し、少しでも多くの市民の皆さんが憩えるような休憩スペースを確保しつつ行うということで、去る8月下旬におこなった、第2回目の実行委員会において、屋外ブースの配置レイアウトなどを検討する会議を事前に設け、参加全団体が参加する説明会を迎えました。  この日の説明会には、参加21団体中、17団体の皆さんが集まり、屋外出展のブース位置や、ステージの出演順、火器・食品などの注意事項や、前日&当日のスケジュールの確認を行いました。  実行委員会の皆さんにもサポートいただいて、今日まで構築してきた「まちぴあまつり2015」も、今日の説明を経て具体的なものになってきました。これからは、看板などの備品や、許可関係の準備を進める段階に入ってきました。  気がつけば、今年の「まつり」まで一ヶ月を切る時期となり、もう秒読みな感じになりつつありますね。  広報も含め、当日、みんなで楽しめるように参加団体の皆さんに負けないように準備を頑張りたいと思った説明会となりました。  ちなみに、この会議にご参加になれなかった参加団体の皆さまには、ブース位置や出演順を事務局で構成した資料を近日中にお送りする予定です。説明会参加団体の皆さんも含め、不明な点がありましたら、事務局:小倉までご連絡下さい。  そんなことで、「まちぴあまつり2015」は10月18日開催です。イベントまでもう少し。皆さま、今後とも宜しくお願いします! (記事投稿:小倉)

第38回オフィス意見交換会&インターン感想 報告

2015年09月17日(木) 第38回オフィス意見交換会 報告 blog-38office.JPG 昨日の9月16日(水)、当センター2階の「貸しオフィス」を利用されている団体の皆様にお集まりいただき、第38回オフィス意見交換会を開催いたしました。「貸しオフィス」は、熱心に活動されている市民団体さんの発展と自立を支援する当センターの事業です。現在、審査で選ばれた10団体の方々に、ご入居・ご利用いただいています。 今回の意見交換会には、「ヘルスフードマイスター協会」「デックタイグループ」「栃木県健康管理士会」「仕事と子育て両立支援センター」「宇都宮市ウオーキング協会」「日本技術士会栃木県支部」の6団体がご参加くださいました。 「ヘルスフードマイスター協会」さんは、食と健康に関する様々なことを社会に普及させることを目的に活動されており、セミナーの開催や食育サポートなどをされています。 「デックタイ」さんは、在日タイ人の生活支援、及びタイの文化を世間に発信されており、日本語教室・タイ料理教室の開催や、国際交流系のイベントにも出展されています。 「栃木県健康管理士会」さんは、病気をつくらない予防医学の広報・実践により、国の医療費半減を目指して活動されており、出前健康セミナーなどを開催されています。 「仕事と子育て両立支援センター」さんは、すべての人が職業生活と家庭生活を両立するための支援と基盤整備を行われており、産前・産後のサポートなどをされています。 「宇都宮市ウオーキング協会」さんは、宇都宮市民へのウオーキング普及推進のための活動をされており、ウオーキング大会やウオーキング教室などの企画・運営及び指導、支援をされています。 「日本技術士会栃木県支部」さんは、地域の人と文化と技術をつなぐことを目的に活動されており、様々なイベントにも出展されています。  ============= ============= ============== 主な議題の内容としては、まちぴあまつり2015の進捗状況、中間報告書の提出の有無、豪雨災害による活動の状況や現在の活動状況などの意見交換について話し合われていました。 まちぴあまつり2015の進捗状況については、それぞれの団体のブース出展の様子や催し物を行うテントの設置場所、それぞれの企画の内容についての詳細な打ち合わせなどが話し合われていました。 また、細かい時間の調整などスケジュール管理についても綿密に話し合われていました。 中間報告書の提出状況については、提出している団体としていない団体がありましたが、 締切が今月末までとのことでしたので、それぞれの団体がしっかり準備していることが確認されました。 豪雨災害による活動の状況については、それぞれの団体での活動自体に影響はない とのことでしたが、主な活動場所が栃木県内であるため、団体が企画するイベントの参加者が少なかったり、参加者の中に被災された方がいたとのことでしたので、活動以外の場面で豪雨災害による 影響が出ているということを話し合われていました。  現在の活動状況などの意見交換については、それぞれの団体によるイベントや企画の日程の報告、開催されるイベントの内容についての確認、今までに開催した 講演会やイベントなどの様子、受講生や参加者の人数の報告などについて意見交換が行われていました。また、イベントや企画に対する講師の派遣などの サポートや宣伝活動に対する支援をより行ってもらいたいとのことでしたので、まちぴあの方も積極的に協力していきたいということを話し合われていました。 ============= ============= ============== << 大学生Yさん >> 今回の意見交換会を見学させて頂き、皆さんが楽しそうに、気軽に話されているのが印象的でした。お互いの団体の活動状況を報告し合うことで、新たな情報交換の場となっているのだと感じました。このような意見交換会を設けることで、団体同士の新しい繋がりが生まれ、今後一緒に活動をしてみたりと、様々な可能性を広げる場でもあるのだと思いました。 << 大学生N君 >> それぞれ異なる活動をされる団体が同じ場所で話し合いの場を設け、それぞれの活動について話し合いを行うという事はとても貴重なことであり、団体同士の交流の場としてもとても有意義なものになったのではないかと思いました。また、それぞれの団体がどのような活動を行っているのか、どのようなイベントや企画を中心に行っているのかを知ることができたのは良かったことだと思いました。さらに、淡々と議題の内容について話し合うのではなく、時折世間話や身辺状況などについて話されているのを見て、とてもアットホームな雰囲気を感じることができ、団体同士が気軽に話し合える仲だということが垣間見えたのはとても良かったと感じました。 ============= ============= ============== 以上、意見交換会及びインターン感想の報告でした。 15日の取材に引き続き、16日にオフィス意見交換会の見学をさせていただいた2人。 様々な団体さんがまちぴあで活動しているということ、貸しオフィスの団体さんの実態について詳しく学べた機会になったかと思います。 N君は明日までのインターンとなりますが、Yさんは19日釜川コケ落とし大作戦も体験していただきます。 (文章作成:インターンN&Y 投稿:小松)

『Smilefit“Pilates & Aroma”』取材報告&インターン感想

2015年 9月17日(金) 『Smilefit“Pilates & Aroma”』取材報告&インターン感想 blog-smilefit01.JPG 前回9月13日(日)に主催「Smilefit」によるチャリティーイベント「Dance de Fitness Party2015」に引き続き、15日に部屋を利用されていました「Smilefit」さんの活動があり、まちぴあでインターン実習を行なっている、大学生のN君とYさんにイベントの活動見学・体験をさせていただきました。 ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★ blog-smilefit02.JPG  9月15日(火)、まちぴあで行われていた「Smilefit」さんの活動を見学させていただきました。 地域の健康増進、スポーツ振興を目的にリズム体操やトレーニングなどの楽しく継続できるエクササイズの指導やイベントの実施をされています。 チャリティーイベント「Dance de Fitness Party2015」や今回の『Pilates & Aroma』ほかまちぴあまつり2014にも参加して頂きました。 ≪大学生N君≫ blog-smilefit03.JPG 本日、まちぴあ登録団体の「Smile fit」さん主催のピラティス体験会が宇都宮市まちづくりセンター“まちぴあ”の会場で開催されました。 このイベントは、健康増進を促すイベントとして実施されているもので、まちぴあも協力団体として、体験・取材をさせてもらいました。  主に親子で行われるイベントであるため、小さい子ども達が安心して過ごせる場所として提供することもでき、ママさんたちも安心して子どもの面倒を見ることができます。 今回は2組の親子が参加されており、講師の方たちも子供の面倒を見ることができるので、ママさんたちも気軽に楽しくピラティスを体験されておりました。 実際にピラティスを体験してみて、普段使わない筋肉を動かしたりするので、かなりの運動になると思いました。 また、腕や足など体を大きく伸ばしたりすることで、とてもリラックスすることができました。 今回のイベントを通して、地域の人々の交流の場を設けることの大切さ、子どもやママさんたちが安心して過ごせる場を提供し、楽しくピラティスなどのヨガを行うことができる大切さを改めて知ることができました。 また、「Smile fit」さんの今後の目標としては、ピラティス以外にも様々なヨガやマタニティに関する体験会や講習会を行い、より親子が過ごしやすい空間を提供したいとのことでした。 そのためにも、広報活動や宣伝をまちぴあを通して協力させていただきたくことがあると思いますので、今後ともよろしくお願いします。 ≪大学生Yさん≫ blog-smilefit04.JPG 本日、登録団体である「Smile fit」さんの取材をさせて頂きました。 「Smile fit」さんは、フィットネスダンス等を通して、様々な世代の方に身体を動かすことの楽しさを伝えているグループです。 今回はピラティスの講座が開かれ、私も一緒に体験させて頂きました。 ピラティスは、静かでゆっくりとした動きがメインですが、身体の隅々まで伸びて効いている感じがしました。 想像以上にハードで、途中で脚が疲れてしまい、思うように動かなくなる場面もありました。 ですが、静かな音楽を聴きながら気持ちよく身体を動かすことができ、とても良い経験をさせて頂きました。 ピラティスの体験後、代表の方にお話を聴くことができました。 Smile fitさんはエアロビやヨガ、フラダンス等を行っていますが、今後は妊婦さんやお母さん向けの講座も考えていらっしゃるそうです。 また、他の登録団体との繋がりも増やしていきたいとお話されていました。 ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★ 以上、インターン実習2名による文章です。  「Smilefit」による『Pilates & Aroma』の様子紹介をさせていただきました。 ・活動のスケジュールにつきましては下記『Smile fit ブログ』から確認することができます。 ☆楽しみながら育児にも負けないからだ作り♪ 肩こり、腰痛予防にもおすすめです。※ピラティスとは、体の深層部への意識を強く持ちながらエクササイズを行っていくものです。 マットを使ってインナーマッスル、コアマッスルを機能させ本来もつ自然治癒力を高めていきます。 お子さま連れOK。(託児なし) ●持ち物:ヨガマットまたはピラティスマット、動きやすい服装(普段着でもよいですが、仰向けで脚を上げる動作などあります)、飲み物、タオル ●参加費: ¥1,000(メンバー)、一般¥1,200、メンバー登録¥300(初回のみ) ●主 催:『Smile Fit』 ●問合せ: E-mail: ・me.ke.aloha.7053@gmail.com   ・diesel.happy.nao@docomo.ne.jp(代表:阿部) 【参考URL】 ・Smile fit ブログまちぴあ情報誌「まちぴあ夏号14(話題人)」 ・まちぴあブログ第2回「レッツフィットネス」イベント報告 ・まちぴあブログ第3回「チャリティフィットネス」 取材報告 ・まちぴあブログ第4回「チャリティダンスパーティ」取材報告 ・まちぴあブログ第5回「チャリティフィットネス」取材報告 (文章作成:インターンN&Y 投稿:小松)

「目指せ!クリーンキッズ@まちぴあまつり2015」 参加者募集のお知らせ

2015年9月15日(火)  来月10月18日(日)に、まちづくりセンター「まちぴあ」で開催を予定している、年に1回のおまつり「まちぴあまつり」!  2015年の今年度は、スペシャル企画として、まちぴあの登録団体でもある「株式会社サニクリーン宇都宮」の皆さんが社会貢献活動として行っている、
IMG_1887.JPG
「目指せ!クリーンキッズ!」  を開催します。子ども達が楽しみながらお掃除の大切さを学べる体験型ワークショップです。その他、お掃除に関するクイズやワークを予定しています。事前申し込み制となっておりますので、ぜひ、お子さんと一緒にお掃除の楽しさを学びたいご家族さんは、お気軽にお申込下さい。 ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★ 目指せ!クリーンキッズ!  〜親子で楽しむおそうじ教室 参加者募集のお知らせ 【内 容】  「子どもに楽しくおそうじすることを教えてあげたい」そんな悩みをお持ちの親御さんも多いかもしれませんね。今回のワークは、紙ごみとプラスチックの分別を子どもの視線から学習するなどの、親子で「おそうじの楽しさ」を学べる体験会です。
sanicrin-1.JPG
 小さいお子さんをお持ちのご家族さんは、子ども達の目線からみた「おそうじ」を学べる機会になるかもしれません。ぜひ、ご参加下さい! 【体験プログラム】  1)親子で楽しむ幼児向けおそうじ教室  2)おそうじクイズ  3)おそうじごっこ  4)サニクリーンさんのマスコット「サニエル」との記念撮影  等    ※その他、まちぴあまつり開催時間中には、おそうじをテーマにした     遊んで学べる体験イベントを企画中です。頑張ったお友達には、プ     レゼントも予定しています。 【おそうじ教室の実施日時】  ・2015年10月18日(日)10:00〜11:30 【募集人数】  ・10家族限定(事前申込みをお願いします) 【参加費】  ・無 料 【対象年齢】  ・3歳〜未就園児くらいまで    (兄弟・姉妹が一緒でもOKです) 【開催場所】  ・宇都宮市まちづくりセンター「まちぴあ」           1F ミーティングルームA 【申込先】  1)株式会社サニクリーン宇都宮本社    TEL:028−614−3290    FAX:028−614−3291 (担当:鍋谷)  2)宇都宮市まちづくりセンター「まちぴあ」     TEL:028−661−2778     FAX:028−689−2731 (担当:小倉)  3)FAXで申込みの際のチラシデータ    ※リンクをクリックすると、チラシのPDFデータにジャンプします。 【お申込みの際のご注意】  お電話でお申込みの際には「目指せ!クリーンキッズ参加申込」とお伝え下さい。また、「保護者氏名」、「参加するお子様の年齢」、「人数」、「連絡先」をお伝え下さい。この際頂いた情報につきましては、このイベント以外で使うことはありません。 ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★  「おそうじをたのしく♪」とても大切なことですよね。ぜひ、皆さんにご参加いただければと思います。また、当日の会場には、サニクリーンさんのマスコット「サニエル」も遊びに来てくれます。
sanicrin-2.jpg
 記念撮影だけでなく、「サニエル」とも楽しく遊んじゃいましょう♪
sanicrin-3.jpg
 記事にあります通り、まつり開催時間中は、午前中の体験会だけでなく、クイズやゲームなどでおそうじを体験する時間も企画されているようですので、たくさんのお友達のご参加をお待ちしています!! (記事投稿:小倉)

『まちぴあまつり2015』開催のお知らせ

2015年08月29日(土) 今年も早いもので、まもなく10月! 間近に迫った当センター主催イベント、 『まちぴあまつり2015』の開催のお知らせです! hp-machipiamaturi2015.jpg 今年もたくさんの方々のご協力をいただいて、現在準備を進めているところです。 みなさんもぜひ遊びに来てくださいね! ■日 時 2015年10月18日(日)10:00〜15:00 ■会 場 宇都宮市まちづくりセンター まちぴあ (宇都宮市元今泉5−9−7) ※臨時駐車場として宇都宮白楊高校グラウンドをお借りしています(約100台) ■"まちぴあまつり"のご紹介  「まちぴあ」は市内で活動しているボランティア・市内活動・CSR活動(社会貢献に取り組む企業の活動)・自治会・協議会といった地域における、まちづくり活動に関わる団体や個人の方の活動拠点です。 拠点である「まちぴあ」を会場に実施して、今年が3度目の開催となります。 宇都宮市内を中心に、各地域で活躍される様々な分野の活動団体が集います。 イベントを通じて、活動団体の皆さんと出会い、まちのために「できること」をみつけましょう! ■プログラム 【まちぴあ南側 駐車場】(屋外テント)  ★おいしい食べ物販売♪   ・わたあめ、ポップコーン、やきとり、カレー    手作りドーナツ、やきそば、中華弁当 などなど  ★やってみよう!体験コーナー   ・不思議なシャボン玉遊び、科学実験・クラフト    フェアトレード商品販売、野菜販売・加工体験    リラクゼーション体験・健康相談    ご当地ヒーローと遊ぼう! などなど  ★活動紹介   ・国際交流キャンプ活動の紹介   ・自然環境保護活動の紹介   ・健康づくり、生活習慣改善に関する啓発・PR   ・障がい者、不登校、若者、支援活動の紹介 【まちぴあ館内 1F】  ★幻想的!〜影絵上映会、影絵の創作体験  ★ママさんうれしい!?   「ちびっこがお掃除大好き!」になるワークショップ 【まちぴあ館内 2F】(ミニステージ)  ★居合演武実演・講座 ★マジックショー  ★吟詠剣詩舞の実演 ★漢詩・歌のコンサート  ★ピアノ・バイオリンコンサート ※当日の天候などによっては、一部出展内容が変更に なる場合がありますので、ご了承ください。 ■問合せ 宇都宮市まちづくりセンター まちぴあ TEL: 028−661−2778 FAX: 028−689−2731

第2回まちぴあまつり2015実行委員会 実施報告

2015年8月28日(金)  先日の8月26日(水)に、今年10月18日(日)に開催を計画している「まちぴあまつり」の2015年度実行委員会の第2回を昨日行いました。  今回は、今月15日に締切った、まちぴあまつりの参加団体さんの内、屋外出展を予定している12団体の皆さんを対象に、おまつりの実行委員も兼ねている利用者協議会の役員団体の皆さんも交えての会議を行いました。  今年度の役員会の活動として、「まちぴあ敷地内の未使用スペースを活用する」ことを掲げており、具体的には、屋外南側の庭園や2Fベランダの利用を検討しています。  これを受けて、今年のまちぴあまつりでは、屋外庭園にも出展ブースを展開するレイアウト案を考えておりますが、今回の会議では、出展団体・役員団体双方からのアイデアをもらいつつ、案を固める作業を行いました。
DSC03160.JPG
 会議にご参加下さったのは、13名で、晴天(日差しが厳しかった)のもと行うことができた、昨年のまちぴあまつりで、工夫点として上げられた、 「飲食スペースにも日陰を」 「飲食や滞留できるところを増やす」  といった部分も含めて、出店用テント以外のテントを休憩用として利用したり、メインとなる南側駐車場以外にも出店参加する団体の皆さんに出店いただくことについて剣検討を行いました。  出店テントについては、概ね事務局・役員団体の案を了承いただき、レイアウトの細かな点についての修正もアドバイスいただくことができました。  おかげさまで、案をさらに精査して決定案として次回の会議に望むことができます。  ちなみに、今後の予定は、まちぴあにて、9月26日(土)に13:30〜ブース&屋内出展者さん向けの、15:00〜ステージ参加さん向けの「参加団体説明会」を行います。説明会では、食品催事・火気などの必要書類の確認のほか、出展場所の決定や、駐車券の配布など参加団体の皆様に大きく関係する会議となりますので、ぜひ、ご参加をお願い致します。  9月中は、まちぴあ周辺の地域を中心に、新聞各社、関係機関などへの広報活動を行いつつ、まつりに向けて動いていきます。今後とも、参加団体・役員団体をはじめ、皆さんのご協力をお願いいたします! (記事投稿:小倉)

第37回かおる会(貸オフィス意見交換会)実施報告

2015年8月19日(水)  本日8月19日(水)、当センター2階の「貸オフィス」を利用されている団体の皆様にお集まりいただき、今年度第5回目のかおる会(貸オフィス意見交換会)を開催いたしました。  「貸オフィス」は、熱心に活動をされている市民活動団体さんの発展と自立を支援する当センターの事業です。審査で選ばれた10団体の方々に、現在ご入居・ご利用をいただいています。 CIMG0974 - コピー.JPG  今回は4団体がご参加くださいました。10月に開催する「まちぴあまつり」に関するお知らせ、イベントに関する注意点の情報共有、9月〜年末にかけての行事予告、マイナンバー制度のプチ勉強会、各団体のイベント広報等についてお話・意見交換をしました。  参加された皆さんが特に気にされていたのは、マイナンバー制度について。今回参加いただいた団体さんに運営状況を聞くと、4団体すべてで何らかの形でマイナンバーの取扱いが発生しそうです。  政府広報が発行しているリーフレットをもとに、かいつまんで概要を勉強しましたが、「こんな難しいことだったの?」「もっとCMとかで流してくれればいいのに!」という声が飛んでしまいました。  当面でできるのは、まず、団体メンバー全員がマイナンバー通知書を確実に受け取れるようにすること&無くさないことを団体内で情報共有すること(これは国民として)。そして、担当者・責任者の目星をつけておくこと。保管用のカギ付き金庫や廃棄用シュレッダーを買う場合、予算をつけておくこと、といったところでしょうか。  今回は、「まちぴあでもマイナンバーの導入準備中なので、一通りのやり方がはっきり固まれば、モデルとしてもう少し情報共有できると思います」ということで締めさせていただきました。  残暑の時期になり、秋のイベントの広報も増えてきました。楽しいことと大変なことが同時に押し寄せてくる時期ですが、助け合い励まし合って、この時期を乗り切っていければと思います。  ご参加いただいた入居団体の皆様、お忙しいなかありがとうございました! (記事投稿:U)

「まちぴあまつり2015」参加団体 募集締切のお知らせ

2015年8月15日(土)  今年の10月18日(日)に、センター敷地内を会場に開催を予定している、「まちぴあまつり2015」。昨年より、宇都宮市のまちづくり活動の拠点・まちぴあを会場に行っている、登録団体の皆様が一堂に会し、
machipiamaturi2015.jpg
 会場に来場される市民の皆さんとの交流や活動PRをはじめ、日頃の活動を活かした出品や食べ物、体験・ステージ発表などそれぞれの方法で表現する、年に1回のおまつりです。  先月中旬から、屋外のブース出展、屋内での出展、ステージへの参加と全20団体の枠を設け、参加団体を募っておりましたが、本日8月15日をもって募集が終了しました。  屋外ブースやステージなどでの出展を希望下さる皆さんがとても多く、キャンセル待ちの状態も多数あります。スペースや出演スケジュールの都合上、全ての団体の皆様にご参加いただけないことは大変残念でありますが、  数多くイベントが催される宇都宮市において、多方面で活躍される登録団体の皆様から、多くの出展希望をいただけたことは大変ありがたいことです。  改めまして、応募下さった皆様に御礼申し上げます。  また、今後は事務局において出展団体の皆様の調整を進め、本番に備えてまいります。  キャンセル待ちの団体の皆様については、空きが出来次第はもちろんのこと、9月中旬を目処に参加の可否を改めてお知らせさせていただきます。  近日中では、8月26日(水)に、ブース出展の皆様を対象にした、屋外レイアウト案を検討する「第2回まちぴあまつり実行委員会」を18:30〜20:00の時間、まちぴあで開催する運びとなっています。  さらには、9月26日(土)には、全参加団体の皆様を対象にした「説明会」を開催し、搬入・搬出、ステージの時間割、火気・食品などの必要許可の書類作成などといった大詰めの会合を予定しております。  会議の予定につきましては、登録団体の皆様へ、募集要項に同封させていただいた、書類においてお知らせさせていただいておりますので、関係団体の皆様は、改めてご確認下さいますよう、お願い申し上げます。  10月18日の「まちぴあまつり2015本番」の日まで、何卒今後とも宜しくお願い致します。 (記事投稿:小倉)

第36回かおる会(オフィス意見交換会) 報告

2015年7月16日(木)  7月15日(水)、当センター2階の「貸オフィス」を利用されている団体の皆様にお集まりいただき、今年度第4回目(通算:36回目)のかおる会(貸オフィス意見交換会)を開催いたしました。 「貸オフィス」は、熱心に活動をされている市民活動団体さんの発展と自立を支援する当センターの事業です。今年度からは、これまで継続で利用して下さっている団体の皆さんも含め、審査で選ばれた10団体の方々に、ご入居・ご利用をいただいています。  今回は5団体(「栃木県健康管理士会」、「仕事と子育て両立支援センター」、「ソーシャルイノベーション・ラボ」、「デックタイ」、「日本技術士会」)がご参加くださいまして、7月20日(月・祝)に開催予定の「健康フェア」についての進捗報告を中心に盛り上がりました。
DSCF0935.JPG
 入居団体でもある「栃木県健康管理士会」他、まちぴあ登録団体が協力して主体となって開催する、初めてのイベントも開催まであとわずか!今現在、心配されている台風の影響もないということで、マッサージや健康相談、講話といった細かな内容を特別にお知らせ頂きました。  また、10月18日に開催を予定し、丁度この日(7月15日)から募集を開始した「まちぴあまつり2015」ついてもお知らせをさせていただき、夏〜秋にかけて、イベントごともいよいよ盛んな時期を迎えるなと、改めて思ったところでございました。  こうして活動をしていきますと、あっという間に上半期(4月〜9月)が終了していきそうな流れでもありましたので、毎年提出をお願いしている「中間報告」も周知しました。  オフィスを利用いただきながら、入居団体の皆さんがどんな展開をされたのかについてご報告いただく報告については、後日、記載フォーマットを入居団体の皆様にお送りいたしますので、ぜひご提出をお願い致します。  このような様子で、「イベント盛りの前夜」的な意見交換は無事に終了しました。次回は、お盆明けの8月19日(水)を予定しておりますので、今後とも宜しくお願い致します。 (記事投稿:小倉)

第1回まちぴあまつり2015実行委員会 実施報告

2015年7月1日(水)  今年もこの季節がやって参りましたね。  今年10月18日(日)に開催を計画している「まちぴあまつり」の2015年度実行委員会の第1回を昨日行いました。  今年は、役員団体に加えて、オフィス入居団体でもある「ヘルスフードマイスター」さんが加わって下さり行いました。初回の会議は、7月上旬に登録団体の皆様へお送りする募集要項を作成するために、
DSC02857.JPG
 屋外ブース、屋内1Fの各部屋、2Fの上演スペースの募集数などを検討しました。昨年の実施を踏まえて、区画数を決定し、今年度は全体で「20団体」の募集を行うこととしました。  今後の予定としては、7月上旬までに募集要項を登録団体の皆さんのお手元にお届けできるようにし、お盆前までを目処に募集を受け付けたいと考えています。  その後、8月末にレイアウトなどを決める会議を行い、9月末には例年行っている説明会を行い、10月18日のイベントに備えるとの一連のスケジュールも確認しました。  そんなことで、今年も走り出した「まちぴあまつり」。今年度もまちぴあで開催予定ですので、昨年以上のイベントにできるよう、皆さんと頑張っていきたいと思います。  ちなみに、実行委員会は、8月26日(水)18:30〜20:00で、まちぴあで行おうと予定していますので、今後とも宜しくお願い致します。  

平成27年度まちぴあ利用者協議会・全体会議 実施報告

2015年6月14日(日)  6月13日(土)に、宇都宮市役所 14階大会議室を会場に、「平成27年度まちぴあ利用者協議会・全体会議」を開催しました。  平成27年度4月1日現在でのまちぴあ団体登録数は、195団体(5月31日では、222団体)であり、これら登録団体の皆さんが一堂に会す場として行っているのが、利用者協議会です。  今年の全体会議には、事前に頂いていた83件の委任に加え、20団体40名ほどの皆さんが集まって下さり行うことができました。議事では、昨年度からセンター敷地内で開催した「まちぴあまつり2014」の様子や、昨年度から導入を始めた「活動報告書」について報告を行いました。
DSCF0107.JPG
 活動報告書については、6月1日現在で80件以上の登録団体の皆さんによる平成26年度の活動成果が届いており、改めてスタッフが団体の皆様の活動の様子を理解するとともに、6月一杯を目処に、ホームページに特設のコーナーを設け、団体の活動状況をより広く市民の皆さんに見ていただくツールとして構成していくことなどもお話しすることができました。  また、前年度の報告に続いては、今年度の活動計画についても発表し、@まちぴあまつり2015の実施と、Aセンター未活用スペースの活用策を検討することを大きな2点の活動目標に掲げ、検討するだけでなく、まちぴあまつりをはじめとしたイベントの機会に、試行しつつ、センターのフル利用を模索していくことを行うこととなりました。  さらに、平成25年度・26年度の2年任期を経て改選することになった「役員団体」については、再任2年と協議会規約に設けられていることもあり、これまでの活動実績を活かしつつ、新たな団体の方にも参加をお願いし、会長団体に「栃木県健康管理士会」、副会長団体に「紙芝居ねんりん29の会」「NPOせせらぎ」をすえさせて頂くとともに、「花いちもんめ会」「共楽マジッククラブ」「日本熊森協会栃木県支部」「歌と朗読のグループ・虹色」「影絵光」「とちぎセルフヘルプ情報支援センター」「NPO法人ピアノ研究会」の10団体で構成することとなりました。  これら議事については、無事に承認を頂くことができ、改めて協議会としての今年度活動も動き出すこととなります。役員団体、登録団体の皆様には改めて御礼申し上げます。 ・・・・・・・・・  議事終了の後には、「交流会」と題してご参加下った皆様と情報交換する時間も設けられました。交流会の盛り上がりにと、今回企画したのは、4団体の皆さんによる写真とスライドを使っての「プレゼン発表」です。
DSCF0255.JPG
 このプレゼン発表には、まちぴあのオフィス入居団体でもある「公益社団法人日本技術士会・栃木県支部」から、技術士の有資格者の方々で組織される工学技術などの支援活動に加え、小・中学生の若い世代に技術を伝える「科学・工学体験」の様子などを伝えて伝えていただき、
DSCF0310.JPG
 同じくオフィス入居団体である「NPO法人デックタイグループ」さんからは、在日タイ人の方たちへの行政手続き支援をはじめ、文化・食を通した講座、イベントなどの交流活動の様子などを発表頂きました。
DSCF0346.JPG
 さらに、平成27年度からオフィスに新入居された「一般社団法人ヘルスフードマイスター協会」さんからは、薬に頼らない食事と生活習慣の見直しによる健康管理の大切さを広める、要請講座や取組みの様子を紹介頂きました。
DSCF0283.JPG
 そして、今年度から役員団体にも加わっていただいた「NPO法人宇都宮ピアノ研究会」さんにも、昨年に引き続き交付が決定した、宇都宮市民活動助成金を活用しての、音楽に親しむコンサート活動や、施設などでのボランティア活動の様子をスライド発表して頂きました。  こうした、他分野の皆さんの活動発表を経て行われた意見交換会は、とても盛り上がり、自分たちの取り組んでいる活動とのコラボや、協力してどんな活動が地域で出来るかなどが話あわれ、とても盛況に実施することができました。
DSCF0357.JPG
 以上のような様子で、無事に行うことのできた今年度の「全体会議」。6月30日からは、早速10月18日に開催を予定している「まちぴあまつり実行委員会」がスタートします。  今年度も、利用者の皆さんにお力添えを頂きながら、まちぴあの事業を進行していくとともに、皆様の協力が利用団体の皆さんのためにもなり、ひいては地域への貢献となるように、まちぴあも頑張って参りますので、宜しくお願い致します。  会議に参加下さった皆様、委任を下さった皆様。大変ありがとうございました。 (記事投稿:小倉)

まちぴあITお助け隊 個別相談「宇都宮ピアノ研究会 プレゼンテーション資料作成」

DSCF0052-1.jpg
IT支援「まちぴあITお助け隊」の本事業は事業見直しの為、現在休止中ですが、個別相談には対応しております。 先月の「HAPPY LIFE」さんに続き、またまたご相談が。 今回の相談者は「NPO法人宇都宮ピアノ研究会」さん。 NPO法人ピアノ研究会は「ティー・サロン・コンサート」を主催するなど、地域に根ざした音楽活動を実践しており、昨年の「まちぴあまつり」にも参加して頂きました。 平成26年度宇都宮市市民活動助成金の交付団体でもあります。平成27年度も「ステップアップ支援」での助成が決定しました。 宇都宮ピアノ研究会さんは本日、6月13日(土)に開催される「まちぴあ利用者協議会総会」の中で、登録団体の代表として活動発表をして頂くことになっております。 今まで、団体の活動紹介は口頭と実演で行っていたそうですが、この機会にプレゼンテーション用の資料を作成したいと、6月10日(水)に会員4名でご来所されました。 全員が女性の方で、企画会議やプレゼンテーションの場にあまり参加したことが無いとのことでしたので、まずプレゼンテーション編集ソフトで何が出来るのか、デモを見てもらいました。 今回は団体紹介が目的で、発表時間7分と決まっておりますので、ここから「シナリオ班」と「写真班」の2組に分かれて作業を行いました。 事業全体を把握している中心的な存在のお二人には、どんな内容のスライドが必要か、紙芝居のようにシナリオを考えてもらいます。 団体紹介ですと、「設立理由」「メンバー構成・会の概要」「事業内容」「個々の事業の詳細」などが必要ですよね、とまちぴあスタッフからアドバイスをもらいながら、必要事項をピックアップしていきます。
CIMG2258-2.jpg
このような白紙のコマ割り表を用意し、紙芝居のようにスライド構成を考えてもらいました
ここで疑問となるのが、「何枚スライドを用意したら良いのか?」ということ。 テレビCM1本15秒というのが一つの基準となりますが、発表に不慣れな方々の場合はスライドが多めですと焦ってしまう可能性もありますので、15枚〜20枚になるよう設定しました。 一方、比較的PC操作に慣れているお二方には膨大な画像データの中から、最適な写真を選別してもらいました。 音楽活動をしている団体ということで、ついつい演奏者のアップの写真ばかりを選んでしまいがちですが、外部の方からは違いが分かりにくいので、看板が一緒に収まっている写真や全景など、別会場・別講演であることが分かる写真も探してもらいました。 このような作業をしていると、つい撮影を忘れがちな準備風景や小物のアップ写真も団体紹介の際には重要であるという、良い「気づき」になりますね。 この一日で完成させる必要がありましたので、まちぴあスタッフが技術的なサポートに入り、体裁を整えて無事完成させました。 このプレゼンテーション資料は、これから「市民活動助成金活動発表会」などの際にも応用できることでしょう。 プレゼンテーション資料は作成するまでは一苦労ですが、一回作成したデータは助成金申請や活動発表の場など幅広く活用できます。 「パソコンは苦手」という会の代表の方、今回のようにアナログで前資料を作成し、PC操作が可能な方にお願いするとスムーズに進むかもしれないですよ。 「まちぴあITお助け隊」では、まちぴあで使用しているITソフトの範囲内で、相談・サポートを行っております。Word・Excel・PowerPoint操作方法やSNS活用(Twitter、Facebook、LINE@)、その他PC基本操作でお困りの団体はお気軽にご相談下さい。 日時:平日 9:00〜16:00    ※担当スタッフの手が空いていれば、当日でも対応可 対象:まちぴあ登録団体(個人のご相談はお受け出来ません) 費用:相談は無料、作業補助は1回500円(2h〜3h) 【参考URL】 ・まちぴあITお助け隊 個別相談「HAPPY LIFEチラシ作成」NPO法人 宇都宮ピアノ研究会(マッチングシステム)まちぴあブログカテゴリー「宇都宮市市民活動助成金」

宮ままブラスのおんがく会〜体で楽しむ音楽・心で楽しむ音楽〜

2015年06月12日(金) まちぴあ登録団体「宮ままブラス」。 子育て中のお母さんが中心に集まったブラスバンドグループとして活動されています。 まちぴあまつりや市内の保育園、育児サークル、老人保健施設での訪問活動もされています。 宮ままブラスのおんがく会〜体で楽しむ音楽・心で楽しむ音楽〜 blog-miyamama0620.jpg ●日 時: 2015年6月20日(日)開場13時30分 開演14時 ●場 所: 宇都宮市文化会館 小ホール(栃木県宇都宮市明保野町7−66) ●参加費: 無料(※お子様連れでお気軽にいらしてください) ≪プログラム≫ ♪テキーラ ♪ディズニーメドレーU ♪歴代プリキュア&戦隊シリーズ メドレー ♪ようかい体操第一 他 ●指 揮: 田村 和久 ●主 催: 宮ままブラス ■参考URL: ・まちぴあブログ「まちぴあまつり2012」の様子団体情報「宮ままブラス」

平成27年5月度「まちぴあ利用者協議会・役員会」実施報告

2015年5月25日(月)  本日、定期的に開催している「まちぴあ利用者協議会」(通算8回目)の役員会を行いました。  役員会は3か月に一度のペースで行っている協議の場ですが、今回は来月6月13日に迫った「利用者協議会全体会議」の進捗状況確認と、議事の後に予定している交流会をテーマに会議を行いました。  本格的に暑くなってきた昨今。相変わらずお忙しい中、7団体の皆さんがご参加下さいまして行うことが出来ました。
DSCF9835.JPG
 全体会議の交流会では、こちらからお声がけさせていただいた4つの登録団体の皆さんのプレゼン活動紹介に加えて、各傘下団体の合同意見交換会を企画しております。  意見交換の場では、参加された団体の皆さんが、一目でどんな分野の活動をしているか分かる「大型名刺」を作って、名刺をもとに活発に集まった皆さんと交流をしてもらうことを計画しております。そのアイデアを出して下さった役員団体の皆さんに、  作ってみた名刺を確認してもらいながら、宇都宮市役所14階の会議室で予定している全体会議に向け最終調整を行いました。  また、全体会議後の活動予定もお知らせし、6月末からは早々と10月18日(日)に開催を予定している「まちぴあまつり2015」の実行委員会を組織することなどを話し合い、今年度はより参加くださる皆さんの意見を反映できる工夫を考えました。  また、その他団体の皆さんが企画・計画している催事についても意見交換が行われ、ますますもって本格的に動き出そうとしている様相が伺えました。  取り敢えずは、6月13日(土)13:00〜@宇都宮市役所で予定している「全体会議」。ここへ向けて、さらに今年度も想いを新たにした役員会となりました。 (記事投稿:小倉)

宇都宮ピアノ研究会主催「第26回スプリングコンサート」取材リポート

2015年4月30日(木)  まちぴあの登録団体でもある「NPO法人宇都宮ピアノ研究会」さん主催による、「スプリングコンサート」が、4月29日に栃木県総合文化センター・サブホールにて行われました。
DSCF9358.JPG
 今回で、26回目になるというこのコンサートは、法人化するずっと以前より、ピアノ研究会さんたちが自らの発表の場として定期的に開催しているものです。
DSCF9371.JPG
 会場には150名以上のお客様が訪れ、ベートーベン、ショパン、ハイドンや滝廉太郎など和洋あわせての素敵な旋律が流れるコンサートでした。
DSCF9389.JPG
 会場ロビーには、平成25年度10月にNPO法人化し、ピアノなどの音楽を通じての社会貢献活動を開始した団体の様子を紹介するパネルも掲示されており、昨年度交付を受けた宇都宮市民活動助成金を活用して実施した、
DSCF9393.JPG
 フランクな雰囲気で音楽をみんなで楽しむ「ティーサロンコンサート」の様子や、高齢者施設などへの慰問活動をはじめ、昨年10月に出演協力をして下さった「まちぴあまつり」などの年間を通しての活動が紹介されていました。
DSCF9383.JPG
 来場された皆さんも興味深くご覧になっておられましたね。  今年度は、さらに音楽を通じて世代を超えた交流をしようと、混声合唱グループの設立を呼びかけつつ、歌う楽しみ、音楽に触れる楽しみを味わいながら、広く交流をするためのツールとして企画しているそうです。  今回のコンサートも素敵でしたが、今後の活動も楽しみです。NPO法人宇都宮ピアノ研究会の皆様。コンサート開催、お疲れ様でした♪ (記事投稿:小倉)

平成26年12月度「まちぴあ利用者協議会・役員会」実施報告

2014年12月9日(火)  本日、定期的に開催している「まちぴあ利用者協議会」の役員会を行いました。  役員会は3か月に一度のペースで行っている協議の場ですが、つい先月までは主活動でもある「まちぴあまつり」関連の会議が月に1回開催されておりまして。役員会だけの場としては久しぶりですが、暫くぶり感もあまりない雰囲気で行うことができました。  何かと忙しく、急激に寒くなっている昨今、役員メンバーの皆さんも体調を崩された方が何人かいらっしゃいましたが、それでも4団体5名の皆さんにお集まりいただき、打ち合わせをすることができました。
DSCF6953.JPG
 まことに有り難いことでございます。さて、今回の役員会で議題に上がったのは、年始からお知らせの始まる、まちぴあの登録・減免更新手続きのスケジュールについてや、年始から年度末くらいにかけて提出の導入をはじめる「まちぴあ登録団体活動報告書」についてでした。  活動報告書については、各団体でもっている報告書や年間の活動履歴がある場合には、それをまちぴあまで提出して頂くことと、報告書を持っていない団体には、フォーマットを作成し、記入いただく方式で情報を収集することを確認しました。  ちなみに、団体登録の更新や活動報告書提出のお知らせについては、年明け早々に登録団体の皆さまへ送付させて頂きます。  また、随分と先に話にも思えますが、時の流れは速いものですから。新年あけてから募集がかかる「フェスタmy宇都宮ーまちぴあひろば」の受付についてや、年度明け6月に予定している「利用者協議会全体会議」についても意見を交換しました。  特に、全体会議については昨年に団体間の意見交換会をメインに行い、今年は演芸系の発表ができる団体に舞台でアトラクションを行ってもらう発表会を交流会の内容として行いましたが、話すだけなく、見るだけでなく。  より、意外と出会うことの少なかったりする活動団体同士が意見交換したり、お互いの活動内容についてフランクに話し会える場づくりについて、これまでの経験を踏まえ意見を頂きました。  役員会の皆さまには、イベントの実施でもそうですが、こうしたソフト面での提言を頂けることで、より親近感のある催事が実施できるアイデアをもらえることがとても助かります。  全体会議での交流会については、次回3月2日(火)18:30からの役員会で再度、推敲と工夫を重ね、よりよいものにしていけるようにスタッフも努力したいと考えています。  次回、3月2日の役員会も、まちぴあで行う予定です。役員団体の皆さまには、この年の瀬を元気に乗り切って、今後ともご指導いただければと思います。今回も、ご参加いただきありがとうございました。 (記事投稿:小倉)

「まちぴあまつり2014反省会」実施報告

2014年11月13日(木)  去る、11月11日(火)に、10月19日で初のセンター敷地内での開催となり、賑々しく行うことができた「まちぴあまつり2014」の反省会を行いました。  会議には、イベントの中心でもある「まちぴあ利用者協議会」の皆さんをはじめ、まつり実施のために設置した「実行委員会」の皆さん、11名がご参加下さり行うことができました。  事前に参加団体アンケートを行っており、会場の手狭さやアクセスの不便さなどの課題は挙げられておりましたが、全体を通しては「登録している団体同士の交流ができた」「活動を知ってもらえる場になった」との意見も多く寄せられ、概ね好評であったことなどを報告しました。
DSCF6588.JPG
 この結果を踏まえて、反省会に参加下さった皆さんには、アンケートに加えてまちぴあまつりの感想を直接お聞きする場となり、広報、回遊性を高める工夫、2階ステージの工夫など多くの意見を頂きました。  イベント開催の基本線としては、「センターの所在地を知ってもらう」ことも含め、このまちぴあ敷地内でもって行うことを再確認し、狭い空間をどう有効活用するかといった、今後に向けての意見交換を行うことができました。  特に話題に昇ったのが、まちぴあ南側にある「庭園スペースの利用」と、館内2階東側にある「ベランダ」の有効活用についてです。  庭園については、庭先のスペースにテントブースを配置したことから、隠れたスペースになってしまったことが実際にテントを配置して分かったことでもあったので、庭園を使った自然体験系の催しや、庭園の中も出展スペースとして活用するレイアウトの案などが提言されました。  また、子どもさんの安全を考えてと解放しなかった「ベランダ」については、今回のまつりで機材や着替え用テントの場所として、関係者のみが出入りするスペースにしていましたが、ベランダの桟に網をかけて安全を確保したりした上で、大人の方がメインの対象となる、カフェブースの出展などを企画すればどうか・・・といったアイデアが出されました。  まちぴあまつりに限らず、このスペースは、センターが移転してからほぼ有効活用が出来なかった箇所でもあり、ポイントのイベントでの利用はもちろんのこと、年間を通して登録団体が主催するプチ企画(サロンなど)の会場として提供すると、外に向けて行える場所でもあり、  まちぴあを地域に知ってもらう機会としても活用できるのではないかといった意見で盛り上がりました。  スタッフのみではこうした企画の運営・立ち上げは難しいかもしれませんが、今回の会議では団体の皆さんも一緒になって、アレコレとやってみようという議論だったので、まつりに限らず、よりまちぴあを盛り上げる工夫を来年は、また違った形でできるかもしれないと思える反省会となりました。  そんなことで、お集まりいただいた実行委員、役員団体の皆さま。誠にありがとうございました。皆さんのおかげもあって約半年にわたる、まちぴあまつり実施までこぎつけることができました。また、皆さんと来年も楽しい「まちぴあまつり」が出来るようにスタッフも努力致しますので、今後とも宜しくお願い致します。 (記事投稿:小倉)

まちぴあまつり2014 実施レポート part5

2014/10/26 去る10月19日(日)に開催された まちぴあまつり2014pia-16.jpg 「まちぴあまつり2014 実施レポートpart4」に引き続き、 「交流の広場 野外ブース」の各団体紹介と様子をお伝えします。 pia-17.jpg「花いちもんめ会」「マジックホップの会」の馬場さんによる トルコ石などの宝石研磨を行っていただきました。 pia-12.jpg宇都宮トーストマスターズクラブ 英語を中心とした語学交流や研修を行っている 宇都宮トーストマスターズクラブさん。 今回はPCを 使った活動内容紹介からメンバーの方々による活動などが 行われ、来館者の方々から団体の方々との交流を行っていただきました。 pia-13.jpg特定非営利活動法人栃木県防災士会 今年からまちぴあオフィスに入居された 特定非営利活動法人栃木県防災士会さん。 身近に起こりうる災害。 未然に防ぐ方法、防災活動などを栃木県全域で行っています。 今回は、 ペットボトルを使っての液状化体験に来場された方々も興味津々でした pia-11.jpg公益社団法人日本技術士会栃木県支部 今年からまちぴあオフィスに入居された 公益社団法人日本技術士会栃木県支部さん。 社会貢献活動として 子ども達に理科をわかり易く説明するなどの活動をされています。 今回は、簡単にできる電気モーターコイルの模型の展示や サイエンス工作として良く飛ぶ紙飛行機づくりや2階では3D プリンターを行うなど来場されたお子さん達で大賑わいでした。 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ あっという間に時間も過ぎ、閉会式。 参加された団体の方々が研修室ABに集まり、お疲れ様会を開きました。 pia-15.jpg 皆様、一日大変お疲れ様でした。 part5まで続きました「まちぴあまつり2014実施レポート」。 沢山の方に参加・来場していただき、誠にありがとうございます。 前日準備から当日準備など沢山の方にご協力頂きありがとうございました。

まちぴあまつり2014 実施レポート part4

去る10月19日(日)に開催されました。 「まちぴあまつり2014」。 pia-10.jpg 前回、実施レポート part1  に引き続き、交流のひろば 野外ベース の各団体をご紹介と様子をお伝えします。 ■公益財団法人 とちぎYMCA 青少年育成から国際交流、国際協力など幅広く活動されている とちぎYMCAさん。 今回は、フィリピンなどの手芸品販売から フィリピンのスタミナ料理「アドボ」の販売を行っていただきました。 pia-09.jpgSocial Innovation Lab 今年からまちぴあオフィスに入居された Social Innovation Lab(通称:SIL)さん。 幅広い世代の方から初心者の方でも気軽に出来る手話教室など 生活・知識を豊かな学びの場を提供していただいています。 今回はやきとりやコーヒーなどの販売を行っていただきました。 pia-08.jpgNPO法人KHJとちぎベリー会 引きこもりや不登校などの当事者や家族に様々な支援や就労支援 などを行うNPO法人KHJとちぎベリー会さん。 今回は就労支援 で行っている「カフェ 苺屋」のカレーからおからドーナッツなどの 販売を行っていただきました。  pia-06.jpgS−PEC 性同一性障害への理解や啓蒙活動から相談、講師を呼んでの S-PEC講演会などの活動を行っております。 今回は赤飯やからあげなどの販売を行っていただきました。 pia-7.jpg さてpart1、part4と続いている交流のひろば「野外ベース」。次回もお楽しみに!!

まちぴあまつり2014 実施レポート パート3

パート2に続きまして10/19に行われました「まちぴあまつり2014」の様子をお伝えします! 今回は館内2階に設定された「文化のひろば」でのステージとオフィスでの体験コーナーをご紹介かわいい 【文化のひろば】扇翠流吟詠剣詩舞「扇乃会」(せんすいりゅう ぎんえいけんしぶ おうぎのかい) 詩舞や剣舞で観客を魅了した扇乃会さん。 活動範囲は市内のみならず県内各地の施設や地域活動に出演しています。 IMGP4319.JPG IMGP4335.JPG宇都宮古武術稽古会 まちぴあで月に二回の稽古を行っている古武術稽古会さん。 生徒さんたちの居合演武の披露と先生による「介護に応用できる古武術講座」が行われました。 IMGP4345.JPG IMGP4355.JPG ■休憩? 子ども達お待ちかねのウシさんタイム! 大人気の「ようかい体操第一」を元気いっぱいダンシング! IMGP4372.JPG IMGP4385.JPGスマイル・フィット 親子で楽しめるフィットネスなどを企画しているスマイル・フィットさん。 観客も一緒になってフラダンスを踊りました。 IMGP4393.JPG IMGP4391.JPGNPO法人宇都宮ピアノ研究会 ティーサロンコンサートや各地のイベントで音楽を広める活動をしているピアノ研究会さん。 ピアノトリオとソプラノの調べがまちぴあに響き渡りました。 キャプチャ.JPG IMGP4427.JPG一般社団法人MCFオーケストラとちぎ 定期演奏会の他、たくさんの人に生の音楽に触れてもらおうと活動をしていらっしゃいます。 マリンバ(木琴)とフルートにあわせてみんなで楽器を演奏しました。 IMGP4437.JPG キャプチャ2.JPG 【オフィス 体験コーナー】 ■一般社団法人MCFオーケストラとちぎ ステージにもご出演いただきましたMCFさん。 オフィスでは楽器演奏体験を開催。 プロに教えてもらえるなんてドキドキ! DSCF5994.JPG DSCF5995.JPG公益社団法人日本技術士会栃木県支部 今年からまちぴあオフィスに入居された日本技術士会さん。 なんと最新鋭の3Dプリンターの体験を行っていました。 30〜40分程度で生成されるカエルさん。中身を空洞にするか詰めたものにするか選択できるそうです。 IMGP4441.JPG IMGP4446.JPG まちぴあまつりレポ、まだまだ続きます!次回パート4にご期待ください!

まちぴあまつり2014 実施レポート Part2

2014年10月21日(火)  前回の更新に引き続き、去る10月19日に、まちぴあ屋外&屋内の全てを使って実施された「まちぴあまつり2014」の様子を更新します。
045.JPG
 今回は、屋内に出展いただいた各団体をご紹介しましょう。  館内1階のミーティングルームでは、「健康のひろば」と題して日々、健康づくりや相談、健康講座などの活動をされている「栃木県健康管理士会」さんと、「NPOせせらぎ」の2団体が出展下さいました。  「健康管理士会」さんは、民間資格である健康管理士を持つ方を中心に、日ごろの生活習慣を見直したり、小まめな運動、食習慣の改善を行うことで、自分や自宅でできる健康管理について、様々な規模の講演活動や集会を定期的に行っています。  今回の出展では、宇都宮市の他にも栃木市、鹿沼市で行っているセミナーのミニチュア版を展開しながら、健康についてのアドバイスを受け付けることも実施して下さり、来館者の皆さんと交流を深めておられました。
IMGP4207.JPG
 また、同じ健康分野の活動を行っている「NPOせせらぎ」さんは、五十肩や腰痛といった改善策を実際と電話でもアドバイスを行う活動をされている皆さんで、この日は、これら健康関係の話題にプラスして、心の健康もテーマにしたスピリチュアル診断を診断士の資格をもつメンバーの方と実施して下さいました。  双方のコーナーとも、シニア世代から女性、主婦層の方々まで興味深く参加されており、賑やかなイベントの中でもしっかりとした、日々の活動をPRされていましたね。 ★★★★★★  ★★★★★★  ★★★★★★  屋内の他の会場は、屋外と同じように来場された皆さんと、活動を通じて自由に親交を深める「交流のひろば」として展開しました。  1階研修室C(和室)では、「学びの映像舎」さんによる画像編集体験が行われました。「学びの映像舎」さんは、一般のテレビやメディアでは流れない貴重な映像や地域に密着した活動動画などを撮影されたり、最近は戦前・戦中・戦後といった昭和期の証言を集め、記録する活動を展開されています。
manabinoiezou.jpg
 この日は、そういった映像技術の一端である、画面へのテロップ挿入や画像加工を学ぶミニ講習会を展開して下さいました。
IMGP4261.JPG
 さらに、1階ミーティングルームBでは、シルバー大学の卒業生の皆さんで組織された、マジックグループ「共楽マジッククラブ」の皆さんがご出展下さり、子ども達に人気の高いボールを使ったマジック工作や、簡単に作れ安全に遊べる「カミ(紙)コプター」づくりにはじめ、
IMGP4266.JPG
 バルーンアートの実演とプレゼントとともに、作品をどんどん会場内に飾ってくれて、館内を盛り上げてくれました。 ★★★★★★  ★★★★★★  ★★★★★★  そして、そして。まちぴあの玄関を入ってすぐの情報展示コーナーでは、まちぴあスタッフが担当した「射的コーナー」「ヨーヨー釣り」(これは、すぐ脇の屋外)が行われました。
033.JPG
 このコーナーには、シルバー大学出のボランティアの皆さんと、登録団体「影絵光」>「にじいろ」の皆さんもサポートに入って下さり、
117.JPG
 お手製の輪ゴム銃を使ってのゲームや、根強い人気のお馴染みな、ヨーヨー釣りは子ども達がたくさん遊んでくれました。
111.JPG
 ゴム銃は、ゲームの景品にもなったりして、ちゃんとした遊び方の指導と組み立ててみるキッド一式が子ども達のハートをがっちりつかんでおりました!  そんなことで、館内も賑わっていた「まちぴあまつり2014」報告はパート3に続きます!

「まちぴあまつり2014」実施レポート part1

2014/10/19 本日、快晴の中「まちぴあまつり2014」が、 開催されました。10:00〜15:00までという 時間の中、総勢400人ほどの方に参加・来場していただきました。 pia-01.jpg 開会セレモニーではセンター長・みんなでまちづくり課柴田部長・ 実行委員の佐久間氏からの挨拶から始まりました。 ★交流の広場 野外ベース全11団体中     part1では、4団体のご紹介と活動PR。 ★【デックタイ グループpia-02.jpg ★今回の活動:  活動紹介と伝統小物の販売やフリーマーケット ◆活動PR : ・タイ文化の発信 ・在日タイ人への日本語教室 ・母国語を忘れない為にタイ語教室  ★【とちぎセルフヘルプ情報支援センターpia-03.jpg ★今回の活動:  活動紹介と綿あめ、ポップコーンの販売 ◆活動PR : ・栃木県内で活動しているセルフヘルプの情報提供 ・当事者に沿ったセミナーの開催 ★【まちなかせかいネットpia-04.jpg ★今回の活動:   活動紹介と洋服・食器などのフリーマーケット ◆活動PR : ・フェアトレード商品取扱い店の紹介(フェアトレードマップ) ・各イベントにて海外協力の普及活動 ★【青空ノートpia-05.jpg ★今回の活動:  活動紹介と洋服やぬいぐるみなどのフリーマーケット ◆活動PR : ・視覚障がい者の方を支援する ・要約筆記の活動 次回「まちぴあまつり2014」実施レポートpart2お楽しみに!! (投稿:K)

「まちぴあまつり前日準備」活動報告

2014/10/18 ★まちぴあまつり2014を明日に控える前日★ jyunbi-01.jpg 本日はまちぴあ南側にテント組立て、机・椅子などを運び入れる 作業を行いました。また、参加される団体の方々も各部屋の 準備が行われました。 jyunbi-02.jpg デックタイさん、セルフヘルプ情報支援センターさん、 MCFさんなど出展者の皆さん、計9名の方にお手伝いして いただきました。 jyunbi-03.jpg  無事に準備も終わり、  明日は「まちぴあまつり2014」。  スタッフ一同皆さまの来館お待ちしております。 ★駐車場★  臨時駐車場として  宇都宮白楊高校の駐車場をお借りしております。  (栃木県宇都宮市元今泉8丁目2−1) 【参考URL】  ブログ「まちぴあまつり2014」開催のお知らせ

第29回かおる会(貸オフィス意見交換会)

2014年10月18日(土)  先日10月15日(水)、当センター2階の「貸オフィス」を利用されている団体の皆様にお集まりいただき、今年度第7回目のかおる会(貸オフィス意見交換会)を開催いたしました。  「貸オフィス」は、熱心に活動をされている市民活動団体さんの発展と自立を支援する当センターの事業です。審査で選ばれた9団体の方々に、現在ご入居・ご利用をいただいています。 blog.jpg  今回は6団体がご参加くださいました。いよいよ明日に迫った当センター主催イベント、「まちぴあまつり」について最終打ち合わせをしました。みなさん、気合い充分です!!   ☆☆☆  本日10月18日も、事前準備と合わせて、館内飾り付け等のお手伝いもしてくださっているオフィスの皆さんです! DSC01647 - コピー.JPG    オフィス以外のまちぴあ登録団体さんにも多数ご協力をいただき、明日に向けて準備を進めています。飲食コーナー、遊べるコーナー、ステージの本番も楽しみです。ぜひ遊びに来てくださいね!  入居団体の皆様、お忙しい中ご参加いただき、ありがとうございました! 【参考URL】 ・まちぴあまつり2014平成26年度 まちぴあオフィス入居団体一覧(2014年7月1日現在)宇都宮市まちづくりセンター 貸オフィス(施設案内) (記事投稿:U)

「まちぴあまつり2014」開催のお知らせ

2014/10/13 10月19日まで残り1週間を切り、 当日は、晴れの予報が出ている 「まちぴあまつり2014」 -1019まちぴあまつり2014.jpg  宇都宮市 まちづくり団体の祭典! 「まちぴあまつり2014」”〜 あう、づく、つなが〜 【日 時】 2014年10月19日(日)      10:00〜15:00 【会場】 宇都宮市まちづくりセンター まちぴあ (宇都宮市元今泉5−9−7) ※臨時駐車場として宇都宮白楊高校の駐車場をお借りしています  ので宜しくお願い致します。(約100台) ■"まちぴあまつり"のご紹介 ★「まちぴあ」は市内で活動しているボランティア・市内活動 ・CSR活動(社会貢献に取り組む企業の活動)・自治会・協議会 といった地域における、まちづくり活動に関わる団体や個人の方の活動 拠点です。 今年のまつりは、宇都宮のまちをより良くしようと日々活動 されている皆さんのイベントとして、『宇都宮市民憲章』にうたわれている、 "健康で楽しく文化のあふれる"催しにしようと企画しました。 イベントを 通じて、活動団体の皆さんと出会い、まちのために「できること」をみつけましょう! ■プログラム 【野外ブース】(まちぴあ南側駐車場) ★おいしいものたくさん!飲食コーナー ・わたあめ、ポップコーン、やきとり、カレー、  スムージー、手作りドーナツ、お餅 などなど ★やってみよう!体験コーナー  ・マジック体験、クラフト・工作体験、 防災クイズ、液状化現象体験 などなど ★交流と出会いを♪フリマ&交流コーナー  ・タイ、フィリピンなどの雑貨販売、NPO活動の   ためのフリーマーケット、活動PR などなど 【健康のひろば】(まちぴあ館内1F) ★花粉症、腰痛、ひざ痛などの予防運動体験 ★健康ミニセミナー 【交流のひろば】(まちぴあ館内1F) ★子どもビデオ教室(画面加工、文字入れなど編集体験) ★マジック工作&体験、バルーン工作 などなど 【文化のひろば】(まちぴあ館内2F) ★居合演武実演・講座  ★吟詠剣詩舞の実演  ★子ども達も対象にしたダンス体験  ・19日お昼頃に巷で人気なダンスを披露   まちぴあスタッフも参加するかも!? ★器楽演奏(ミニコンサート)、楽器体験  など ※当日の天候などによっては、一部出展内容が変更に なる場合がありますので、ご了承ください。 【入場料】 無料 ★各団体が出展している飲食ブース、体験などには  それぞれ参加費が必要な場合があります。団体の活動            協力の意味も込めて、お求め下さい。 【問合先】 ・宇都宮市まちづくりセンター“まちぴあ”  TEL:028-661-2778 (記事投稿:K)

第4回まちぴあまつり実行委員会 報告

2014年10月9日(木)  去る10月7日(木)、第4回目となります、「まちぴあまつり2014」の実行委員会を開催しました。  今回の会議に参加下さったのは4団体6名の皆さんです。 「まちぴあまつり2014」は、年に一回、当センターの登録団体の皆さんが一堂に会し、ブース出展、活動発表、体験コーナーなど、各団体の日頃の活動を用いて、地域の皆さんや他団体の方々と交流を深める場として開催しています。
DSCF5740.JPG
 イベント約1週間前となった本日の会議では、関係機関への許可など申請も出そろい、イベント参加団体の調整も済んでの最終確認の回となりました。  前々日〜当日朝までの準備などを含めたスケジュールを確認したり、テントなど機材をお貸しくださる、宇都宮市役所みんなでまちづくり課さんとの調整も併せて行いました。  後は、当日の10月19日を目指して看板その他の備品を整備し、ただただ、「晴れ」であることを祈るのみという状態にまできました。聞くところによると、先週末に引き続き、ほぼ同じタイミング、同じ進路でもって台風の接近が予報されておりますが、  これまで築き上げてきた「まちぴあまつり」が無事開催されること祈りたいと思います。そんなことで、あと少しですね。  参加団体の皆さま、実行委員会の皆さま。今後とも宜しくお願いします! (記事投稿:小倉)

宇都宮白楊高校×ローソン 共同開発パン店頭販売

2014年10月7日(火)
IMG_1803-1.jpg
本日より、「まちぴあまつり」などまちぴあのイベントでよく駐車場をお借りしている宇都宮白楊高等学校の生徒さんとコンビニのローソンが共同開発したパンが発売されるということで、近くのローソンで店頭販売が行われていました。 宇都宮白楊高等学校は7学科からなる農業系の総合高校ですが、食品科学科の中で食品製造と微生物を専攻する学生がプロジェクトを結成して開発に当たったそうです。 今回販売されたパンは2種類。
IMG_1809-2.jpg
一つは「餃子王国復権」の想いを込めた餃子パン。 もう一つは校章にもなっているポプラをモチーフにした甘いデニッシュ。栃木県名産のいちごやミルクもふんだんに使われています。 台風一過の暑い日となりましたが、高校生らしい弾ける元気と笑顔で、昼時のOLさんやサラリーマンの方々に向けてPRをしていました。 開発から販売まで高校生がマーケティングに関わり、地元の若者のアイデアと力が社会へ発信される今回の取り組みがどんな波及効果を起こすのか、非常に楽しみです。 (記事投稿:S)

第28回かおる会(貸オフィス意見交換会)

2014年9月29日(月)  先日9月17日(水)、当センター2階の「貸オフィス」を利用されている団体の皆様にお集まりいただき、今年度第6回目のかおる会(貸オフィス意見交換会)を開催いたしました。  「貸オフィス」は、熱心に活動をされている市民活動団体さんの発展と自立を支援する当センターの事業です。審査で選ばれた9団体の方々に、現在ご入居・ご利用をいただいています。 DSC01549 - コピー.JPG  今回は6団体がご参加くださいました。前期報告書の提出と、来月10月19日に開催予定の、当センター主催イベント「まちぴあまつり」について話しました。「まちぴあまつり」の開催が間近のため、前日当日の準備や役割分担、用意する机やイスの数など、確認事項がたくさん出てきました。  また、毎年この時期には、入居団体の皆さんから半期(4〜9月)の「活動報告書」をご提出いただいています。今年は、この報告書を「まちぴあまつり」の会場にも掲示いたします。当日はセンター全体がにぎやかになると思いますが、オフィスブースは周りよりちょっと一息つけるスペースになる予定。市内県内で活躍されている団体さんとまちぴあ貸オフィスについて、より詳しく知ってもらえればと思います。  入居団体の皆様、お忙しい中ご参加いただき、ありがとうございました! 【参考URL】 ・平成26年度 まちぴあオフィス入居団体一覧(2014年7月1日現在)宇都宮市まちづくりセンター 貸オフィス(施設案内) (記事投稿:U)

「まちぴあまつり2014」開催のお知らせ

2014年9月29日(月) 今年も早いもので、まもなく10月! 間近に迫った当センター主催イベント、 「まちぴあまつり2014〜まちづくり団体の祭典」の開催のお知らせです! machipia_ページ_1.jpg 今年もたくさんの方々のご協力をいただいて、現在準備を進めているところです。 昨年は台風で中止になってしまいましたが、今年はきっといい天気になるはず! みなさんもぜひ遊びに来てくださいね! ■日 時 2014年10月19日(日)10:00〜15:00 ■会 場 宇都宮市まちづくりセンター まちぴあ (宇都宮市元今泉5−9−7) ※臨時駐車場として宇都宮白楊高校グラウンドをお借りしています(約100台) ■"まちぴあまつり"のご紹介 「まちぴあ」は市内で活動しているボランティア・市内活動・ CSR活動(社会貢献に取り組む企業の活動)・自治会・ 協議会といった地域における、まちづくり活動に関わる 団体や個人の方の活動拠点です。 今年のまつりは、宇都宮のまちをより良くしようと日々活動され ている皆さんのイベントとして、『宇都宮市民憲章』にうたわれている、 "健康で楽しく文化のあふれる"催しにしようと企画しました。 イベントを通じて、活動団体の皆さんと出会い、まちのために 「できること」をみつけましょう! ■プログラム 【野外ブース】(まちぴあ南側駐車場)  ★おいしいものたくさん!飲食コーナー   ・わたあめ、ポップコーン、やきとり、カレー、   スムージー、手作りドーナツ、お餅 などなど  ★やってみよう!体験コーナー   ・マジック体験、クラフト・工作体験、   防災クイズ、液状化現象体験 などなど  ★交流と出会いを♪フリマ&交流コーナー   ・タイ、フィリピンなどの雑貨販売、NPO活動の   ためのフリーマーケット、活動PR などなど 【健康のひろば】(まちぴあ館内1F)  ★花粉症、腰痛、ひざ痛などの予防運動体験  ★健康ミニセミナー、専門家が作るスムージー試食 【交流のひろば】(まちぴあ館内1F)  ★子どもビデオ教室(画面加工、文字入れなど編集体験)  ★マジック工作&体験、バルーン工作 などなど 【文化のひろば】(まちぴあ館内2F)  ★居合演武実演・講座 ★マジック実演・体験  ★園児による歌などの披露 ★吟詠剣詩舞の実演  ★子ども達も対象にしたダンス体験  ★器楽演奏(ミニコンサート)、楽器体験 ※当日の天候などによっては、一部出展内容が変更に なる場合がありますので、ご了承ください。 machipia_ページ_2.jpg ■問合せ 宇都宮市まちづくりセンター まちぴあ TEL: 028−661−2778 FAX: 028−689−2731 (記事投稿:U)

SIL「手ぶらで、ぶら〜っと 手話教室」開催のお知らせ

2014/09/28 認定手話講師による 手ぶらで、ぶら〜っと 手話教室 blog-syuwa.jpg   秋の夜長の月曜日、コーヒーを飲みながら気軽に手話で おしゃべりしませんか? 手話は身近なワールドワイドな言葉です。 初めての方も経験者も、学生さんもシニアの方も、みんなで仲良く 楽しみながら手話を学びましょう。 初心者大歓迎!! ・SIL(Social Innovation Lab.)はまちぴあの 貸しオフィス団体です。 来月10月19日のまちぴあまつり 2014では、活動紹介及び焼きおにぎりなどの食品販売を 行っていただけます。 ぜひ、ご参加ください。 ●受講日時(全10回) ・月曜日19:30〜21:00(開場19:00)  @10月 6日   E11月17日  A10月20日   F11月24日  B10月27日   G12月 1日  C11月 3日   H12月 8日  D11月10日   I12月22日 ●受講対象:  手話に興味がある若い人〜シニアまで ●定  員: 15名 ●受 講 料: 5,000円(全10回、テキスト料込み) ●開催場所:   宇都宮市まちづくりセンター まちぴあ2F 研修室 ●申込方法:  ハガキ、メールにて「お名前/住所/連絡先」をご記入のうえ、  お申込みください。9月末日(消印有効) ●主  催:  ソーシャル・イノベーション・ラボ[通称:SIL=知る]  担当:薄 井 携帯:090−2936−7444  MAIL:062usui1215@gmail.com 【参考URL】団体紹介 SocialInnovationLab.

まちぴあまつり2014「参加団体説明会」 実施報告

2014年9月16日(日)  昨日の9月15日、開催まで一か月となりました、まちぴあ登録団体が一堂に会すイベント「まちぴあまつり2014」の参加団体説明を行いました。  センター開設から3年目の今年、初となるまちぴあ敷地内での開催を予定している「まちぴあまつり2014」には、屋外にて販売などのブース出展をして下さる10団体と、館内1階の会場で体験などのコーナーを展開下さる4団体に、
DSCF5482.JPG
 2階研修室のミニステージにご出演いただく6団体の皆さんがご出展下さいます。  今年は、宇都宮市民憲章にある「健康で」「文化的な」「楽しい」まちを作る担い手とも言える団体の皆さんとともに、1階&屋外を「交流ひろば」、館内の一部出展を「健康のひろば」、2階ステージを「文化のひろば」とゾーニングして出展場所を構成しました。  この日の説明会には、参加団体21団体中、13団体の皆さんが集まり、屋外出展のブース位置や、ステージの出演順、火器・食品などの注意事項や、前日&当日のスケジュールの確認を行いました。  実行委員会の皆さんにもサポートいただいて、今日まで構築してきた「まちぴあまつり2014」も、今日の説明を経て具体的なものになってきまして。これからは、看板などの備品や、許可関係の準備を進める段階に入ってきました。  実行委員会の呼びかけが6月でしたので、早3か月が経過したわけですが、イベントまで一か月となり、もう秒読みな感じになりつつありますね。  初のまちぴあでの開催となる「まちぴあまつり」。広報も含め、当日、みんなで楽しめるように参加団体の皆さんに負けないように準備を頑張りたいと思った説明会となりました。  ちなみに、この会議にご参加になれなかった参加団体の皆さまには、ブース位置や出演順を事務局で構成した資料を近日中にお送りする予定です。説明会参加団体の皆さんも含め、不明な点がありましたら、事務局:小倉までご連絡下さい。  そんなことで、「まちぴあまつり2014」は10月19日開催です。イベントまでもう少し。皆さま、今後とも宜しくお願いします! (記事投稿:小倉)

NPO法人宇都宮ピアノ研究会「ティー・サロン・コンサート」取材報告

2014/09/14 本日14日にまちぴあ登録団体 主催『NPO法人宇都宮ピアノ研究会』 『ティー・サロン・コンサート』が 栃木県総合文化センターリハーサル室にて開催されました。 来場された方々にお菓子とお茶が振舞われました。 blog-piano1.jpg 今回の『ティー・サロン・コンサート』のテーマは 『ピアノトリオ&ヴォーカル』。ピアノトリオとは、 ピアノ、ヴァイオリン、チェロで編成されたピアノ三重奏のこと。                 blog-piano3.jpg 小さいお子さんから大人の方まで約30名程の方が来場されました。 ◆Program ★モーツァルト ・「ピアノ三重奏 ハ長調 K.548」 ・ 歌劇「フィガロの結婚」 ★ジーツィンスキー ・ウィーン我が夢の街 など全9曲が演奏されました。 聴いたことのない曲ばかりでしたが、 中にはどこかで聴いたことのある曲もありました♪ blog-piano2.jpg ピアノコンサートを初めて聴く自分にとって ピアノ、ヴァイオリン、チェロやソプラノの息の合った 演奏、足元から伝わってくる響き、時間さえ忘れてしまうほどでした。 ■宇都宮ピアノ研究会について ★宇都宮ピアノ研究会さんは25年前に始動した団体です。  沢山の方と一緒に楽しみたいとの気持ちから昨年NPO法人と   なり、「平成26年度宇都宮市市民活動助成金」が交付されました。 ★まちぴあまつり2014(主催:まちぴあ)に宇都宮ピアノ研究会さんが 参加されます。 ピアノ演奏や演奏体験など盛り沢山の内容です。 ★次回のイベントは「クリスマスコンサート」が12月21日(日)、 栃木県総合文化センター 3階音楽練習室での開催です。詳しくは 団体情報「NPO法人宇都宮ピアノ研究会」から (投稿:k)

まちぴあインターン生の実習風景 9月3日〜13日の様子

2014年9月14日(日)  先ほど更新した、「釜川コケ落とし大作戦」の他、9月3日から19日の期間中に、まちぴあには都合4名の大学生がインターン実習に訪れています。  9月3日〜14日までは、3日から引き続き10日間の期間で実習してくれているO君と、8日から参加しているSさんの2名が、まちぴあでのインターンに取り組んでいます。  先週末は、活動団体さんを一堂に会し、活動に役立つ助成金プログラムを7つまとめてご紹介する「助成金合同説明会」の運営をサポートしてもらったり、報告記事を作成してもらうなどの作業をスタッフと一緒になって行ってもらいました。
DSCF5420.JPG
 今週は、10月19日に開催を予定している「まちぴあまつり2014」(場所:まちぴあ)の準備作業として、会場内に掲示するイベントのための広報用看板の作成に取り掛かってもらいました。5mほどある巨大な横幕看板を作ってもらい、
DSCF5465.JPG
「まちぴあまつり」の文字の他、キャプションをあしらってもらったりしながら、立派な看板を作成してもらいました。また、こうした事務所内での作業の他、前述したボランティア体験の他、お昼も兼ねて、まちぴあのオフィス入居団体でもある 「NPO法人KHJとちぎベリー会」さんが4月から運営しているカフェ「苺屋」へお邪魔しました。その際の様子をO君にレポートしてもらったので、以下に記載します。  ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★  釜川の清掃が終了後、「ベリー会」さんが運営している、 「カフェ 苺屋」へいきました。
DSCF5460.JPG
 KHJとちぎベリー会さんでは、不登校やひきこもりに悩んでいる当事者や、それを支えている家族を支援する活動をされています。  悩みを打ち明けられる居場所活動や、定期的な相談対応、ボランティア活動やイベント参加などを通してのプログラムや、啓蒙・学びのための勉強会・講演会などを主宰されています。
DSCF5461.JPG
 今回の「苺屋」は、当事者の皆さんが実際に仕事をしてお客さんを迎え、対応するワークを行う中で、自立する気持ちややりがいを持つためのきっかけを作る場として今年4月から始めたお店で、説明会でも内容を説明いただいた、「中央ろうきん」の助成プログラムも活用して運営されているそうです。  看板メニューである、ベジタブルカレーを食べたのですが、野菜が本当に多く、ヘルシーで味がしっかりとしたカレーでおいしかったです。
DSCF5464.JPG
 こちらのカレーは、市内の人気店「2tree カフェ」の指導を受けたものだそうで、その後会のメンバーさんたちで試行錯誤を重ねた逸品だそうです。女性も食べやすいヘルシーで健康にもよいカレーであり、値段も500円と、おいしく、安く食べられます。  営業日は、毎週土曜日の11:30〜15:00で、売り上げは、今後の団体事業の活動資金にするということです。是非、一度足を運んでみてください♪  ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★  以上です。  インターンO君は、本日14日までの実習ということで、本日が最終日となります。NPOの活動にきょうみがあるということで、まちぴあのインターンを希望してくれたOくん。今後の勉学や進路選択にまちぴあでの体験を活かして下さいね♪  O君! 10日間、大変お疲れさまでした!  ちなみに、ベリー会さんを取材したこの日は、同じくまちぴあの登録団体であり、まちぴあの「オフィス」に入居頂いている「デックタイグループ」さんにも取材を行いました。  その様子は、後日、インターン生Sさんに更新してもらおうと思いますので、そちらの記事もお楽しみに! (文章作成:インターンO 構成&投稿:小倉)

第3回まちぴあまつり2014実行委員会 報告

2014年8月25日(月)  本日、第3回目となります、「まちぴあまつり2014」の実行委員会を開催しました。  今回の会議に参加下さったのは7団体10名の皆さんです。 「まちぴあまつり2014」は、年に一回、当センターの登録団体の皆さんが一堂に会し、ブース出展、活動発表、体験コーナーなど、各団体の日頃の活動を用いて、地域の皆さんや他団体の方々と交流を深める場として開催しています。 DSCF5058.JPG  以前にも記載しましたが、今回の「まつり」から、開催場所をまちぴあの敷地内&全館とし、20程の団体の皆さんにご参加して頂く予定となっております。  前回7月末の会議からここまで、出展者の内容が粗々出そろったことを受けて、イベントで団体の皆さんが提供下さる食品についてや、ブース出展の内、火器を使用する予定の皆さんへの事前の注意喚起について不安がないように、市保健所や消防署などへの事前確認を行ったことを報告しました。  飲食物については、ナマモノの扱いやおにぎりといった提供不可の出し物がないかといった確認や、調理態勢に関する細かい確認を行うなどの作業を行いました。  火器の使用についても消防体制を整え、出火が無いようにすることはもちろん、燃えやすいものを火の近くに置かないなどのアドバイスを頂きましたので、改めて実行委員の皆さんに周知する形となりました。  どちらかと言えば、コンパクトな敷地内でのイベント実施ですので、混雑も十分に想定されますことから、出店者・来場者が楽しく安心して楽しめるようにと情報の統一を行いました。  また、この日までに「まちぴあまつり」をPRするチラシも完成し、実行委員会の皆さんにもお渡しすることができました。参加団体の皆さんにも9月15日の説明会の際には、各地域への情報発信をお願いしますが、委員の皆さんには一足早くメッセンジャーになってもらうべく、協力をお願いしました。  このようなことで、秋の訪れとともに形も出来上がってきた「まちぴあまつり」。9月は、説明の他、本格的な準備がスタートしていきます。  参加団体の皆さま、実行委員会の皆さま。今後とも宜しくお願いします! (記事投稿:小倉)

第27回かおる会(貸オフィス意見交換会)

2014年8月23日(土)  先日8月20日(水)、当センター2階の「貸オフィス」を利用されている団体の皆様にお集まりいただき、今年度第5回目のかおる会(貸オフィス意見交換会)を開催いたしました。  「貸オフィス」は、熱心に活動をされている市民活動団体さんの発展と自立を支援する当センターの事業です。審査で選ばれた9団体の方々に、現在ご入居・ご利用をいただいています。 DSC01379 - コピー.JPG  今回は4団体がご参加くださいました。今年10月に開催予定の、当センター主催イベント「まちぴあまつり」についての打合せを中心に話しました。  今年のまちぴあまつりには、屋外・屋内でもオフィス入居の団体さんが多数ブース出展されます。各団体で来られる人数も限りがあるため、オフィスのスペースは主にパネル展示を多くして、屋内外のブースでの販売や体験コーナーに人を多く回して盛り上げることになりました。オフィスのスペースも、一部体験コーナーになる予定です。    また、一時使っていたメーリングリストを、物件の情報交換用に復活させることになりました。皆さんの物件探しがスムーズになればと思います。    入居団体の皆様、お忙しい中ご参加いただき、ありがとうございました! 【参考URL】 ・平成26年度 まちぴあオフィス入居団体一覧(2014年7月1日現在)宇都宮市まちづくりセンター 貸オフィス(施設案内) (記事投稿:U)

第2回まちぴあまつり2014実行委員会 開催報告

2014年7月29日(火)  本日、第2回目となります、「まちぴあまつり2014」の実行委員会を開催しました。 「まちぴあまつり2014」は、年に一回、当センターの登録団体の皆さんが一堂に会し、ブース出展、活動発表、体験コーナーなど、各団体の日頃の活動を用いて、地域の皆さんや他団体の方々と交流を深める場として開催しています。 DSCF4528.JPG  以前にも記載しましたが、今回の「まつり」から、開催場所をまちぴあの敷地内&全館とし、20程の団体の皆さんにご参加して頂く予定となっております。  前回6月末の第1回会議において、募集要項などの確認や作成を行い、7月上旬から約1ヶ月の期間での募集を開始しました。本日は、それらの進捗報告とイベント当日をより盛り上げるアイデアだしなどを行いました。  また、本日の会議にはオブザーバーとして、所轄課(みんなでまちづくり課)の方にもご参加頂きましたので、火器、食品催事などの注意点などを再度確認しました。  今年の「まちぴあまつり」は、屋外(施設南側駐車場)に、飲食や販売を含めた「ブース出展」を10団体募集し、館内は、1階を「健康のひろば」「交流のひろば」として3団体、2階を「文化のひろば」と題してミニステージとして出演下さる団体6団体募集していました。  本日現在までで、その全ての区画が埋まり、今現在はウェイティングでの受付となっておりますので、実行委員会としても募集の締め切りを決定しました。  今後は、各参加団体やボランティア協力者として関わって下さる皆さんとの調整を進め、参加団体説明会が予定されている9月15日を目途に整理していく予定を確認しました。  また、団体の出展が出そろったこともあり、広報用チラシの作成をすすめ、8月中にはイベントの告知を団体の皆さんと協力して行っていくことも確認しました。  次回の実行委員会は、8月25日(月)を予定しております。委員の皆さまにはまた改めてご連絡いたしますので、今後とも宜しくお願いします。 (記事投稿:小倉)

第25回かおる会(貸オフィス意見交換会)

2014年6月21日(土)  先日6月18日(水)、当センター2階の「貸オフィス」を利用されている団体の皆様にお集まりいただき、今年度第3回目のかおる会(貸オフィス意見交換会)を開催いたしました。  「貸オフィス」は、熱心に活動をされている市民活動団体さんの発展と自立を支援する当センターの事業です。審査で選ばれた6団体の方々に、現在ご入居・ご利用をいただいています。 DSC01118 - コピー.JPG  今回は5団体がご参加くださいました。先日のオフィス新規入居団体審査会の結果や、今年10月に開催予定の当センター主催イベント「まちぴあまつり」について話しました。  イベントをより盛り上げるため、また各団体の活動PRの場にもなるよう、それぞれの特色あるアイディアをいただきました。  来場されるお客さんにも、自分たちの活動に興味を持ってほしい団体さんにも有意義に楽しんでもらえる企画を、今後少しずつ形にしていきたいところです。    来月7月からは、新たに3団体が入居することになりました。新年度から少し静かになっていたオフィスが、これからまたにぎやかになっていきそうです。  入居団体の皆様、お忙しい中ご参加いただき、ありがとうございました! (記事投稿:U)

平成26年度まちぴあ利用者協議会全体会議&交流会 報告

2014年6月14日(土)  本日、宇都宮市東市民活動センター・多目的ホールを会場に、「平成26年度まちぴあ利用者協議会全体会議」を行いました。  平成26年度4月1日現在でのまちぴあ団体登録数は、204団体(5月31日では、235団体)であり、これら登録団体の皆さんが一堂に会す場として行っているのが、昨年立ち上げた「まちぴあ利用者協議会」です。
DSCF3467.JPG
 今年度の全体会議には、36団体70名ほどの皆さんがご参加下さり、ご都合の関係で参加できない皆さまからも委任を89団体分頂いており、無事に開会することができました。  会議では、「まちぴあまつり」や協議会の立ち上げといった、利用者協議会の平成25年度活動報告を行うとともに、新たに、センターの敷地内での開催を計画している「まちぴあまつり2014」の実施などといった、平成26年度の活動計画についてお話ししました。  また、年間いくつか行う大きな催しの他、センターの利用性向上のために3か月に一回開催している役員会では、昨年度は研修室利用時間(朝・昼・夜:3分割)を、(朝・午後@・午後A・夜間@・夜間A:5分割)に変更し、昨年度9月から試行したことなどの実績報告をさせていただき、また今年度は、より団体の皆さんの情報を市民に公開する仕組みとして、 「まちぴあ登録団体活動報告書の導入」を行うことなどを議題として提案致しました。活動計画については皆さまからの同意を得ることができ、今年度の方向性を定めることができました。  会議の後には、今年の協議会全体会議からスタートしてみることにした「アトラクション発表」を兼ねた交流会を開催しました。  初の試みとなった発表団体には、若手の団体から「ティーダ太鼓」(宇大の創作エイサーチーム)の実演と、
DSCF3478.JPG
 年齢を問わず体験できる運動指導をしている「スポーツサポートクラブ」さんによる、室内エクササイズとコミュニケーションを重視した出発力ゲームなどを実演&体験してもらいました。
DSCF3518.JPG
 シニアの世代から「紙芝居ねんりん29の会」さんによる、大型紙芝居&民話調劇の実演を頂き、3世代の活動団体に出演して頂きました。どの演目も、参加者の興味と関心を引き、交流をしながらも楽しめる会が展開できたと思います。
DSCF3530.JPG
 このようなことで、無事に終えることのできた「平成26年度利用者協議会全体会議」。来年も、楽しく他団体との交流を深められる工夫も凝らしながら実施していこうと思います。  今回の会議では、出演・参加に加え、役員団体やボランティアで駆けつけて下さった皆さんによる事前準備、後片付けの協力がありました。多大にご支援いただく中で実施できた全体会議でもあると同時に、まちぴあとしても、この関係性をより深め、少しでも皆さんのお力になり、ひいては宇都宮市のまちづくりに資する活動が、どんどん広がっていけるようなセンターになれるよう、活動を展開していこうと思いました。  本日は、ご協力下さった皆さま。大変ありがとうございました! (記事投稿:小倉)

第4回まちぴあ利用者協議会役員会 開催報告

2014年3月7日(金)  昨日の3月6日(土)、通算で第4回目となる「まちぴあ利用者協議会」の役員会を行いました。センターからの事務連絡の他、主に議題として挙がったのは、来年度6月14日に日にちが確定した、「利用者協議会全体会議」についてです。  昨年は、この利用者協議会の立ち上げを行い、まちぴあで初となる利用者協議会が利用者の皆さんたちをはじめ、役員団体となって下さった12団体の皆さんのご協力のもと行われましたが、今年度の全体会議では、事業報告や計画についての説明、承認に加えて、
DSCF1539.JPG
 何かやりましょうという意見がでました。  まちぴあには3月現在で260を超える団体が登録されておりますが、その一方で、団体の皆さんが一堂に会する行事・イベントがあったとしても、20〜30の団体の方にご参加いただくことが精いっぱいです。  そんな中において、「全体会議」では昨年も50近い団体の皆さんにご参加頂いたこともあり、まちぴあの登録団体がもっとも集う場でもあるということが言えます。  昨年も、談話をメインとした交流会を実施しましたが、話すだけでは物足りないということもあって、今年の全体会議では会場(東市民活動センター ホール)に大きな舞台もあることから、園芸団体などの芸事ができる団体の”アトラクション”を催してみたらどうか、  と、いうご意見をいただきました。折も良く(悪く?)今年度の利用者協議会の大きな活動でもある「まちぴあまつり2013」は、台風接近によって中止を余儀なくされたということもあって、その際のうっ憤を晴らすべく・・・!的な感覚も込みの全体会議象が提案されました。  こうしたご意見も頂いたので、事務局では皆さんからの提案も盛り込んでの素案をつくり、4月中には登録団体の皆さんへご連絡することとなりました。そんなわけで、今年(来年度)の「全体会議」は、普通の会議ではない様相が予感されます。  ちなみに、次回(第5回)の利用者協議会役員会は、全体会議の準備進捗を議論し、具体的な全体会議のスケジュールなどを調整する機会となります。役員団体の皆さまにつきましては、5月13日(火)の18:30〜20:00の予定で、役員会を開催予定ですので、ぜひ、ご参加いただくようにお願い申し上げます。  また、今回もお忙しい中ご参加いただきありがとうございました。皆さんと一緒に“楽しい全体会議”ができるように、まちぴあスタッフ頑張ります! (記事投稿:O)

第3回まちぴあ利用者協議会役員会 報告

2013年12月6日(金)  昨日の12月5日(木)、第3回目になる「まちぴあ利用者協議会」の役員会を行いました。  今回の主な議題は、台風の影響で残念ながら開催できなかった「まちぴあまつり2013」を受けて、来年のまちぴあまつりについての意見交換と、現在団体の皆さんが利用され、利用希望もありながら中々新しい団体の利用が難しくなっている、ロッカーについて、  さらには、栃木市や鹿沼市などの市町センターでも始めている「登録団体活動報告書」の導入について話し合いました。  今回は、12団体の役員団体の内、8団体がご参加下さり議論を行いました。まず、最初の議題「まちぴあまつり2014」については、来年の開催を他の会場ではなく、まちぴあにて行うことを提案し、意見交換を行いました。
DSCF0241.JPG
 昨年、今年と「まちぴあまつり」は、狭いセンターの敷地ではなく、宇都宮市中心部の会場で行っておりましたが、イベントが盛んな時期に開催するために利用日時に選択の幅が少ないことと、ブース出展をはじめ、実行委員会の皆さんの負担が大きいこと、駐車場の確保などが問題になっていました。  一方、狭いながらも近隣地域の皆さんなどに周知するためのイベントを細かに行なってきていたこともあり、馴れた場所での開催を検討しました。飲食・販売などのブースやステージについてなど、今後も詰める部分はありますが、 「まちぴあをPRイベントをまちぴあでやってみよう」  と、いう具合に大筋の方向性をつけることができました。  続いて、まちぴあの登録団体の皆さんが利用されている「ロッカー」の使用についても、意見交換を行いました。現在1団体2区画まで借りかれる(年度で更新)についても、増設が難しい中になって、使用している各団体の皆さんに、なるべく荷物を圧縮してもらいながら、余裕を作ることや、各団体の利用頻度を調査することなども試みていることなどが意見としてありました。  利用頻度を調べることなど、適格なアドバイスも頂いたことで、現在のロッカー利用団体の皆さんと、これから使いたい団体の皆さんの調整を進めて行こうと思います。  さらに、意見を交換したのが、栃木市の“くらら”や鹿沼市の“ふらっと”では、既に導入されている「活動報告書」の導入についてです。各団体の一年間の活動をまとめる書類の作成を、他のセンターではすでに登録団体の皆さんにお願いしていますが、  まちぴあでも、各団体からの活動報告を求めることで、各団体の皆さんの一年間の活動を知るとともに、何らかの方法で公開することで活動団体の情報発信を強めるツールとして活用することなどを話あいました。  役員会の団体の皆さんは、何かしらの方法で会員の皆さんに活動報告を行っていたり、ブログなどでこれまでの取り組みを公開している場合も多く、報告書を導入することについては前向きなご意見を頂くことができました。  今後は、なるべく記入しやすいフォーマットを試作するなどして、来年度の全体会議を目途に導入できるように準備を進めていきたいと思います。  このようなことで、非常にたくさんのご意見を議題の中でいただくことができました。役員団体の皆さんには、夜分の会議開催にも関わらず、ご参加頂き改めて御礼申し上げます。ちなみに、次回の役員会開催は、3月6日(木)を予定します。 (記事投稿:O)

まちぴあまつり2013 中止のお知らせ

2013年10月24日(木)  今週末の10月26日(土)に予定していました、「まちぴあまつり2013」の開催についてのお知らせです。  本日台風27号の接近に伴い、中止が決定いたしました。  以前より準備を進めて下さっていた、出展団体の皆さまをはじめ、関係される皆さまにつきましては、大変残念なお知らせとなってしまいました。また、来年の開催に期待して下さい。 (記事投稿:O)

前橋市民活動センターさんのまちぴあ訪問

2013年10月23日(水)  昨日の10月22日(火)に、前橋市市民活動支援センターさんのセンター視察を受け入れました。前橋市民活動支援センターさんでは、平成25年4月から、「NPO法人市民活動を支援する会」の皆さんが前橋市からの業務委託を受けセンターの運営をされております。  本日のセンター視察では、簡単な館内案内に加えて、当センターが今年から設立した利用者協議会や、まちぴあまつり実行委員会などの組織についてご質問をいただき、意見交換を行いました。
DSCF9502.JPG
 “まちぴあ”の前身である“さぽせん”にはなかった、利用者協議会などの組織ですが、何よりも センター運営に利用者をはじめとした市民の皆さんの意見を入れることで、より開かれたセンター運営を目指してスタートしたことなどをご説明しました。  また、まちぴあで日頃行っている団体間同士の意見交換会「まちぴあ座談会」についてなどもご質問を受け、どうしても固いイメージや空気になってしまう“意見交換会”をどんな風に楽しく、明るい雰囲気にして行っているかなど、  我々がこれまで取り組んできたことについてご説明し、座談会については、県内の違うセンターさんの取組みを参考に、単に話し合うだけでなく、各団体の特技を披露してもらう時間をつくったり、あえて全くジャンルの異なる団体の皆さんにお声掛けすることで、団体同士の新しい気づきを促すことなどに取組んでいる・・・などとご紹介させて頂きました。  こうしてご説明したこと記載すると、順風満帆にやっているようにも聞こえるかもしれませんが、“まちぴあ”でも、色々と失敗や工夫を重ねてやっているわけでして。  こうした工夫や変更の際に、センターに登録下さっている利用者の皆さんの意見やアドバイスが活かされていることは間違いなく、また、前橋市民活動センターさんでも同じことだとも思いました。  県は違いますけども、地域の資源である“市民活動”に関わる皆さんを応援する同じ分野のセンターとして今後とも宜しくお願いします。本日は、遠いところ、ご来館下さりありがとうございました。 【参考URL】  ・前橋市市民活動支援センター (記事投稿:O)

まちぴあまつり2013運営ボランティア募集

今週末、26日に行われるまちぴあ主催イベント「まちぴあまつり2013」のボランティアスタッフを大募集します!!
まちぴあまつり(表面)-1.jpg
★☆★☆★☆★☆★☆★☆
宇都宮を中心に活躍するまちづくり・ボランティア団体の皆さんによる祭典です。 各団体の活動紹介をはじめ、模擬店、フリマ、ステージ発表など、市内を中心に、国際、福祉、環境保全、芸術など様々な分野で活動している、個性的な団体が25団体ほど集まります。 ■活動内容  テント張りなどの会場設営・撤収  ポップコーンの配布  会場案内  など ■活動日時  2013年10月26日(土) 9:00〜16:00くらいまで ■活動場所  オリオンスクエア(宇都宮市江野町8番3号) ■駐車場  無し ■募集人数  数名 ■申込・問合せ先  宇都宮市まちづくりセンターまちぴあ(担当:小倉・松井)  宇都宮市元今泉5-9-7  TEL 028-661-2778・028-661-2779 ■受け入れ先からのメッセージ  参加できる時間だけでOK!お気軽にお問い合せください。

まちぴあまつり2013「参加団体説明会」 実施報告

2013年10月2日(水)  去る、9月29日(日)に、約1ヵ月後に迫りました、「まちぴあまつり2013」の参加団体説明会を実施しました。
DSCF8891.JPG
 今年度の「まちぴあまつり」では、これまでも報告記事で紹介しているように、実行委員会をまちぴあ登録団体の皆さんから募り、事務局と一緒になってイベント開催までの準備や会場レイアウトの策定などを行ってきました。  今年のまちぴあまつりには、昨年よりも多い25団体(昨年:21団体)の皆さんが参加してくださり、各団体の活動紹介やそれぞれの個性を活かした体験コーナーなどを展開してくださる予定になっています。
DSCF8910.JPG
 「参加団体説明会」には、ブース出展:13団体、ステージ発表:3団体の皆さんがお集まりくださいまして、イベント開催時のスケジュール調整や、火気、食品の扱いに関する注意事項、出演順のお知らせなどの連絡事項をお伝えしました。
DSCF8899.JPG
 ブース出展の皆さんに関しては、「出展ブース位置の確定」を行いまして、今年のイベントレイアウトは、会場となる”オリオンスクエア”のステージをぐるりと囲んだテント配置となっており、皆さんが出展したい位置を調整しながら、決定することができました。  早いものですでに10月に入り、もう少しでイベント本番を迎えようとしています。今回ご参加できなかった団体の皆さんに関しましては、近日中に説明会資料をお送りするとともに、ご不明な点があれば、個別に対応させていただきますので、お気軽にまちぴあ事務局(担当:小倉)までお問い合わせ下さい。  10月26日の「まちぴあまつり2013」を皆さんで楽しみましょう! (記事投稿:O)

第3回まちぴあまつり2013実行委員会 報告

2013年9月21日(土)  昨日の9月20日(金)、今回で3回目になる「まちぴあまつり2013実行委員会」を行いました。10月26日のイベント開催に向けて、参加団体の全容が固まり、イベントも形が作られてきた中での会議となりました。  会議には、実行委員の皆さん、6団体(10名)がお集まり下さいました。
DSCF8737.JPG
 去る9月14日に、「まちぴあまつり2013」の参加希望の募集が締め切られ、ブース出展:17団体、ステージ発表:8団体が確定しました。  ブースには、宇都宮市内を中心に活動されている、ボランティア・まちづくり活動団体の皆さんの活動PRに加え、物品販売や福祉、環境などの活動をゲーム感覚で楽しめる体験コーナーを設けるなど、各団体の皆さんがエントリーして下さった、参加内容を確認しました。  一方で、会場のオリオンスクエアにあるステージに出演下さる団体の皆さんも、出そろいまして、吹奏楽やウクレレなどの楽器演奏をはじめ、フラダンスや鼓笛隊、着物(和装)ファッションショーに、ゴスペル、マジックショーなどの演目のスケジュールを確認しました。  ステージは、主に11:30以降からスタートし、イベント開始(10:00)からの一時間あまりは、参加団体の皆さんによる自己PRタイムを設定するなど、隙間の時間を実行委員の皆さんで話あいました。  実行委員会の皆さんをはじめ、登録団体、まつり参加団体の皆さんのご協力もあって、非常に盛り上がりそうす様相を見せてきた「まちぴあまつり2013」。今度の日曜日10月29日は、参加頂く団体さん向けの「参加団体説明会」を予定していますので、ご参加になる皆さんは、お時間・場所を間違えないようにお集まり下さいませ。 ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★  まちぴあまつり2013 参加団体説明会  1)ブース出展 … 13:30〜(一時間程度)    ※ブース出展位置の確定、火器・食品催事など注意事項     駐車場、集合時間などのお知らせ  2)ステージ出演 … 15:30〜(一時間程度)    ※ステージ出演順の確定、ステージ備品・機材のお知らせ     駐車場、控室の確認など   ■会 場 … 宇都宮市まちづくりセンター“まちぴあ”                        研修室AB ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★ (記事投稿:O)

まちぴあまつり2013 参加団体募集締切のお知らせ

2013年9月15日(日)  8月下旬から、まちぴあ登録団体の皆さまにお声掛けさせていただいていた、「まちぴあまつり2013」の参加団体の募集期間が、昨日の9月14日(土)をもって締切となりましたので、お知らせ致します。  今年も昨年同様、会場を宇都宮市の中心商店街・オリオン通りにある「オリオンスクエア」を会場に、10月26日(土)に開催を計画している「まちぴあまつり2013」ですが、  呼掛けをしておりました、ブース出店(17団体)と、ステージ出演(7団体)が期日前に定員となり、ブースに至っては3団体ものキャンセル待ちを頂いている状態となりました。  今年は、同日に「第19回宇都宮歩け歩け大会」「サンセットマルシェ」が同じ中心部で予定されていることもあり、活気あふれる中での「まちぴあまつり」となりそうです。  今後は、参加団体の皆さんの「まちぴあまつり説明会」(9月29日:まちぴあにて)を経て、主催でもある”まちぴあまつり実行委員会”を開催する中で準備を整えイベントに備えることとなります。  参加団体の皆さんにあたっては、より安全に楽しくイベントを満喫できるようにと、消防関係の注意事項が強化されていたりしますので、食品販売の皆さんを中心に、細かな打ち合わせを随時行っていくことと思います。  ともかく、当センターのイベントにたくさんの団体の皆さんから参加希望を頂きありがたい限りでございます。説明会をはじめ、イベント当日まで、どうぞよろしくお願いします。 (記事投稿:O)

「夏フェス2013 in まちぴあ」開催報告E <閉会セレモニー編>

13時頃 さて!時間が経つのは早いもので、外では閉会セレモニーが始まりました。 トリを飾るのはフレンド鼓笛隊さんによる演奏とダンス、カラーガードです!
RIMG0189.JPG
RIMG0205.JPG
女の子達の可愛いダンス!男の子達によるキレのよいカラーガード!
RIMG0221.JPG
鼓笛隊も交えてみんなで演奏るんるん
RIMG0218.JPG
圧巻です! 締めは実行委員長からの挨拶ですぴかぴか(新しい)
RIMG0225.JPG
最後は拍手で解散となりました!
RIMG0229.JPG
☆★☆★☆★
後日ご参加いただいた方々に感想を伺いました。 ・親子連れの来場者の方から「バラエティ豊かで、魅力的なものばかりで、全部楽しめました。ありがとうございました。」という言葉をいただきました。 ・ボランティアの子ども達が一生懸命お手伝いをしてくれた。わたあめを作ったり、ポップコーンを売り歩いたり、お店屋さんができて楽しかったとのこと。 ・浴衣姿の美女達が素敵。 ・駄菓子屋さんに何度も足を運ぶ子ども達の姿がみられた。 ・子ども達は、自分のお財布を持ってそこから買い物したり、ゲームや工作をすることができ、楽しそうな様子だった。 ・外国人の参加者も多く国際色豊かだった。 ・ボランティアの方々からも「こちらも十分楽しませてもらいました」との感想をもらいました。 ・すべてを遊びつくすには時間が短すぎた。次回を楽しみにしています。子ども達も大喜びでした。 ・ゲームを教えてくれたおじさんおばさんがやさしかった。 有難いお言葉ばかり・・・皆様、ご来場誠にありがとうございました!ぴかぴか(新しい) そして前日からの準備、当日の運営などにご協力いただきました、ボランティアの皆様! 暑い中本当にありがとうございました!お疲れ様でした!ぴかぴか(新しい) 次回のまちぴあ主催イベントは10月26日(土)に開催されます 「第2回まちぴあまつり」です。 現在鋭意準備中です!お楽しみに!

第2回まちぴあまつり2013実行委員会 報告

2013年8月21日(水)  昨日の8月20日、第2回目となる「まちぴあまつり2013」の実行委員会を行いました。  今回は、6団体9名の皆さんのご参加頂き、去る8月12日から募集を開始した、「まちぴあまつり2013」の出店希望団体の進捗などを確認しました。  宇都宮市の中心部の商店街に立地する“オリオンスクエア”にて、10月26日(土)に開催を計画している今回の「まちぴあまつり」には、市内を中心に市民活動・ボランティアなどのまちづくり活動を行っておられる、まちぴあ登録団体の皆さんを対象に、  ブース出店を17団体、ステージ発表を7団体程度募集しております。
DSCF8268.JPG
 本日現在で、ブース出店は16団体、ステージ出演は5団体となったことなどを報告するとともに、この日の会議では会場レイアウトの案を詰め、チラシ作製などの際に欠かせない、イベントのテーマ(副題)も決定しました。  「出会う」「きずく」「つながる」の頭文字をとって「で」「き」「る」をテーマ(合言葉)として設定し、各出店団体の皆さんが、市民の皆さんに対し、「何ができるのか」ということをPRするイベントとしようということになりました。  こんなことで、約2か月後となった「まちぴあまつり」も着々と準備が進んでいます。ちなみに次回実行委員会は、9月20日(金)の18:30(会場:まちぴあ)にて予定していますので、実行委員の皆さんには、またご連絡させていただこうと思います。  また、出展を検討されている登録団体の皆さんは、お早目にお申込み下さい。ブース1団体、ステージ2団体となっていますので、どうぞ宜しくお願いします! (記事投稿:O)

第1回まちぴあまつり2013実行委員会 実施報告

2013年7月26日(金)  本日、今年10月26日(土)に予定している「まちぴあまつり2013」の第1回実行委員会を行いました。  この委員会は、年に一回秋ごろに行っている、“まちぴあ”登録団体の皆さんの団体同士の交流と市民の皆さんへの活動PRを大きな目的に開催しているもので、昨年も9月15日に実施したイベントです。
DSCF782011.jpg
 今年度は、利用者協議会も立ち上がったということもあり、利用者協議会の役員団体の皆さんをはじめ、今年初頭に行った「まちぴあまつり意見交換会」にご参加いただいた団体の皆さんにお声掛けする形で実行委員会を構成しました。  今回の会議には、6団体(11名)の参加があり、まつりの募集要項や、ブース出店数、ステージ出演団体数などを決め、今後の運営スケジュールなどを確認しました。  その他、食品催事、火器の扱いなどについても宇都宮市みんなでまちづくり課の職員の方からアドバイスを受けるなど、イベント実施に必要な基礎的な部分を固める会議を行いました。  募集要項については、8月上旬に発送し、お盆前から約1か月間の募集期間で、まちぴあ登録全団体に向け発送を行うことなりました。  ちなみに次回は、8月20日(火)に第2回目の実行委員会を行い、事務的な部分の調整を経て、イベントを通じどんなことを実行委員会として伝えていくかなどの“想い”の部分についての会合を行う予定です。 (記事投稿:O)

第2回まちぴあ利用者協議会役員会 報告

2013年7月5日(金)  昨日の7月4日(木)、先月6月16日に発足した「まちぴあ利用者協議会」の第2回目になる役員団体による役員会を開催しました。ご参加下さったのは、6団体の皆さんです。  今回の役員会では、6月に行った全体会議後の交流会を実施しての感想を団体間で共有することからはじまり、初となった登録団体間の交流会(40団体が参加)の反省点を出しあいました。これまで、登録団体が一堂に会すという機会が、イベントなど以外ではなかった、当センターでしたが、各団体もはじめて顔を合わせる場合も多々あり、会場の雰囲気の硬さをほぐす工夫があると良いという意見が多く聞かれました。
DSCF7225.JPG
 また、事前に各団体が「やれること」「やりたいこと」を控えた“紹介シート”を作成し、参加団体が各自に何を意見交換したらよいかを落ち着いて確認できるツールを用意すること…などの改善点も挙げられました。  団体同士が出会い、一度に意見を交換する機会を創れたことで、よりよい交流の場づくりを事務局ももちろん、当事者でもある団体の皆さんからのご意見をもとに作っていけるような形ができたと思います。  その他には、今年10月26日(土)に開催を企画している「まちぴあまつり2013」についても、実行委員会を形成し、団体主体で企画を出し合いイベントを作り上げていくことを確認しました。今回は、役員団体と以前にセンターの声掛けで行った「まちぴあまつり意見交換会」にご参加いただいた団体を中心に実行委員会を立ち上げ、  7月26日(金)に第1回目の実行委員会を開催することを決めました。その後は、4〜5回の委員会を開催する中で、会場レイアウトや募集要項を作っていき、イベント実施まで活動していくことを話あいました。  昨年の「まちぴあまつり」は、センター移転後初ということもあり、センター主導の中で開催したということもあり、今回のような団体の皆さんの協力を得ながらのイベント実施ということは非常に心強いことだと思います。  関係団体の皆さまには、近々、実行委員会への参加協力についての封書などもお送りする予定ですので、今後ともご協力を宜しくお願い致します。 (記事投稿:O)

まちぴあ利用者協議会準備会&まちぴあまつり意見交換会 報告

2013年1月27日(日)  昨日の1月26日(土)、来年度6月の発足を目指している「宇都宮市まちづくりセンター利用者協議会」(通称:まちぴあ利用者協議会)の第1回準備会を開催しました。  栃木市や鹿沼市、真岡市の中間支援センターではすでに立ち上がっている”利用者協議会”を当センターでも来年度から設立することとなり、今回はその発足に向けての準備をするための会議が「準備会」です。
DSCF4801.JPG
 利用者協議会は、市民に開かれたセンター運営を行うにあたり、センター利用者の皆さまからの意見や提案、センターが行う事業への協力など、利用者の方々のご意見を募り、事務局や委託機関(行政など)と協議し、よりよい施設運営を行うために設けられる組織です。  “まちぴあ”の場合は、「団体登録」をして下さっている利用団体(2013年1月現在:約270団体)の皆さんに事前にお声掛けをさせていただき、今回の「準備会」には、13団体16名の皆さんがお集まり下さいました。
DSCF4804.JPG
 ”まちぴあ”の前身でもある”さぽせん”の時から考えても、初の協議会設置ということで、初回の今回は、お集まり下さった団体の自己紹介にはじまり、協議会や今準備会の役割の説明や、検討内容などをご説明させて頂きました。 ★★★ ★★★ ★★★  また、「準備会」後に続けて、来年度(2013年度)に開催を予定している『まちぴあまつり2013』の意見交換会も会合を持ち、昨年に第1回目を実施した「まちぴあまつり」を踏まえ、来年度のまつりの骨格を考える機会となりました。  こちらの会議には、準備会の会議から引き続きご参加下さった団体の皆さんに加え、12団体、20名の皆さんがご参加下さいました。
machipiamaturi.jpg
 昨年は利用者協議会も発足しない中で、試行的に開催した「まちぴあまつり」でしたが、来年度は宇都宮市(みんなでまちづくり課)が担当されているウォーキングイベント『宇都宮歩け歩け大会』との同時開催の提案も受け、  開催日時の検討と、『歩け歩け大会』に参加され街中を散策される市民の皆さんに、どういった内容のイベントが興味関心を引いてもらえるのかなど、色々な案を提案いただきました。  会議の結果、「まちぴあまつり2013」の開催は、10月26日(土)で、会場をオリオンスクエアとする線で大方の方向性を決めることができ、今後はこのアウトラインに様々な工夫を凝らして開催まで準備をすすめることとなると思います。  「まちぴあまつり」では、先に会議を行った利用者協議会においても、具体的な協議会の活動の一つとして検討をしていくものになると思います。“まちぴあ”をよりよいプラットホームとし、よりよい活動が広がるようにとはじまった、大切な取組です。  利用者の皆さまには、今後ともお願いをしたり、お呼びかけすることも多数あるとは思いますが、まちぴあスタッフ一同も、センター運営をはじめ地域のまちづくりの振興に寄与すべく、懸命に努力していきますので、改めてご協力をお願い致します。  ちなみに、準備会第2回目の開催は、2月23日(土)の13:30〜を予定し、意見交換会は3月下旬くらいの開催を予定しております。関係団体の皆さまには改めてお知らせをいたしますので、宜しくお願い致します。 【参考URL】  ・宇都宮市まちづくりセンター”まちぴあ” (記事投稿:O)

第64回宇都宮大学峰が丘祭

2012年11月25日(日) 11月23・24日に開催された第64回宇都宮大学峰が丘祭に行ってきました。
IMGP0689.JPG
多くの人でにぎわっていますね。今回はただ学祭を楽しみに来たわけではありません!まちぴあに登録されている団体さんや関係のある団体さんが出展されているとのことで取材に行ってきました! NPO法人とちぎ生涯学習研究会さん まちぴあ登録団体さんで、小学生への学習支援や足尾銅山への植林活動などを行っている団体さんです。9月に行われたまちぴあまつりなどでもボランティアをしてくださったりとお世話になっています。
IMGP0705.JPG
からだが温まりそうな春雨スープの模擬店と、活動報告・植林の募金活動などをしていらっしゃいました。 自然教室ネイチャーフレンドさん
IMGP0702.JPG
まちぴあ登録団体さんです。子どもたちを対象に環境教育や自然体験活動などの活動をされていらっしゃいます。 KAKEHASEEDS(カケハシーズ)さん
IMGP0706.JPG
フェアトレードまつりを主催したりと大学の中だけでなく地域でも活動されている団体さんです。飲食の模擬店のほかに、フェアトレード商品販売、フリーマーケットを行っていました。 まちぴあスタッフも愛用しているガムチャをはじめ、バングラデッシュの女性が作ったフェアトレード商品たち。温かみがあってかわいらしいですね。フェアトレード商品の隣に、まけないぞうさんも販売されていましたよ。
IMGP0689.JPG
また、まちチョコを販売し始めたそうです。 「まちチョコ」とはまちの大学生が手掛けたフェアトレードのチョコレート。私が行ったときは売切れていてしまっていたのですが、まちチョコのパッケージは地域の小学校・中学校の生徒さんにデザインしていただいたそうです。宇都宮市内の店舗でも販売が始まるそうなので、見かけた際は手に取ってみてはいかがでしょうか? リソース・ネットワークさん 宇都宮大学を拠点に活動されている学生の国際協力団体さんです。KAKEHASEEDSさんと一緒に9月に行われたフェアトレードまつりを主催していらっしゃったり、宇都宮大学近くのコミュニティ・カフェ「ソノツギ」でカフェをだしていらっしゃる団体さんです。
IMGP0691.JPG IMGP0700.JPG
模擬店では、チャイやファイヤーチキンの販売、インドの女性が一つ一つ手作りした雑貨が販売されていました。この雑貨たちは、自分たちでインドへ買い付けに行っているそうです。 直接お話を聞くことができなかったのですが、この4団体さんのほかに 「BIGISSUE(ビッグイシュー)」を販売してホームレス支援や東日本大震災の復興支援を行っている模擬店さん
IMGP0728.JPG IMGP0718.JPG
地域の耕作放棄地を借りて農業を行っていらっしゃる農業サークルのさとびとさん
IMGP0716.JPG
対象となる定食や食品を買うと1職につき20円の寄付金が開発途上国の子どもの学校給食になる(20円=開発途上国の給食1食分の金額)仕組みづくりをしているtable for two(テーブルフォーツー)さん
IMGP0720.JPG
などがいらっしゃいました。 今回学園祭に取材に行ってみて、多くの学生さんがまちづくりや地域活性化、国際協力などに関わっていて、その行動力のすごさに驚きました。 【関連URL】 NPO法人とちぎ生涯学習研究会 自然教室ネイチャーフレンド まちに笑顔をくれるチョコ「まちチョコ」 リソース・ネットワーク さとびと TABLE FOR TWO (記事投稿:Y)

出張PR!「郡山市市民活動交流フェスタ」に参加しました

2012年10月14日(日)  昨日の10月13日(土)、福島県郡山市の中間支援センター「郡山市市民活動サポートセンター」さんからのお招きがあり、センターさんや郡山市内の市民活動・ボランティア団体の皆さんが集まって実施された、 『郡山市市民活動交流フェスタ    〜みんなのボランティアまつり〜』
DSCF2936.JPG
 に、“まちぴあ”と、まちぴあを指定管理しているNPO法人宇都宮まちづくり市民工房の事業を紹介するべく参加させていただきました。この機会の発端は、昨年3月の東日本大震災発生後、センターと情報誌などのやり取りのある東北各県のセンターの皆さんにあて、応援メッセージをお送りさせて頂いた中で、  郡山市のセンターの皆さんより、御礼のメッセージとともに今回のイベントへのご招待をいただいたのです。“まちぴあ”では、「市民工房」との協力で宇都宮市内に震災の影響で移ってこられた方々を支援する「ふぁいと福島」が、指定管理団体の「市民工房」では宇都宮大学との協力で出張カフェ「ひろのカフェ」を実施しています。
DSCF2950.JPG
 今回のイベントでは、それら支援の事業を紹介させてもらうと同時に、「ひろのカフェ」で展開している宇都宮大学の皆さんによる駄菓子販売と、登録団体「こくら工房」のウシさんによるバルーン遊びを併せて実施しました。
DSCF2962.JPG
 イベントには、宇都宮市からスタッフ2名と宇大生2名の計4名で参加し、会場となった郡山市役所北側駐車場および総合福祉センターに向かいました。  おまつりは、以前まちぴあで行った“まちぴあまつり”の拡大版のような感じで、郡山市内で活動している市民活動、ボランティア、大学などのグループをはじめ、
DSCF2943.JPG
 市民レベルで震災支援・復興に対する活動を行っている村町の団体の皆さんなどが、模擬店や体験コーナー、活動PRなど工夫を凝らした出展を行っておりました。  我々のブースでは、駄菓子屋さんとウシのバルーンプレゼントに合わせ、活動紹介をさせていただきまして、多くの郡山市民の皆さんと交流することができ、子どもたちを中心にたくさんのお客様が遊びにきてくれました。
DSCF2952.JPG
 また、”うつくしまNPOセンター”の皆さんなど、福島県での活動を仲介して下さったセンターの皆さんともお会いすることもできたり、郡山市の市民活動団体の皆さんとも情報交換をすることができ、大変貴重な機会となりました。  本当に、お声掛け下さった、郡山市市民活動サポートセンターの皆さまには改めて御礼申し上げます。宇都宮市からできることはわずかなことかもしれませんが、これからも活動を継続し、何かしらで皆さんと協力できる形を続けていきたいと思いました。 【参考URL】  ・郡山市市民活動推進センター  ・宇都宮市まちづくりセンター”まちぴあ”  ・NPO法人宇都宮まちづくり市民工房  ・こくら工房(ウシブログ) (記事投稿:O)

第3回フェアトレードまつり〜お買い物でできる国際協力〜

先日、9月30日に二荒山神社前のバンバひろばで「第3回フェアトレードまつり」が開催されました。主催はまちぴあ登録団体の「シャプラニールとちぎ架け橋の会」さん、共催は同じく登録団体の「まちなか・せかいネット―とちぎ海外協力NGOセンター」さんです。 皆さんは“フェアトレード”という言葉をご存じでしょうか? 直訳すると「公正貿易」。発展途上国の産品を買いたたかず、生産者が暮らしていける価格で直接取引する貿易。国際的な産地直送のしくみです。(チラシより引用) 今年で3回目となる今回、台風の影響でどうなるか心配でしたが、開催時間中は晴天に恵まれ、たくさんの方が買い物を楽しんでいました。学生主体の団体さんの出店も多く、お客さんも若い人が多いように思えました。 ブログ用11.jpg ブログ用8.jpg ブログ用4.jpg ブログ用9.jpg ブログ用2.jpg こちらはまちぴあ登録団体のデックタイさんのテントにお邪魔した時にパシャリ。グリーンカレーごちそうさまでした! ブログ用1.jpg そして、ステージではまちぴあまつりのステージにも出演いただいたフラママーズさんが! 暑さに負けずに、華麗なフラダンスを披露してくださいました。他にもアフリカの太鼓とダンスやタイダンス、みんなでうたおうコーナーなどが催されました。 ブログ用12.jpg 個人的な気づきはまちぴあ登録団体さんやまちぴあ情報誌で取材させて頂いた団体さんが多かったこと。世の中狭いですね! 近年若者の海外に対する興味が薄れつつありますが、こういったイベントを通して、自分の国だけでなく他の国にも関心を向けることが必要なのではないかと感じました。 今回は約1000人もの方が参加したそうです。来年も楽しみにしています!

まちぴあまつり反省会 実施報告

2012年10月5日(金)  昨日の10月4日(木)、去る9月15日に行われた“まちぴあまつり2012”の運営委員会反省会を行いました。
DSCF2821.JPG
 “さぽせん”から”まちぴあ”になって初の登録団体を募ってのイベントであり、会場も屋外になったということで、様々な変更点があった中での”まちぴあまつり”となりましたが、運営委員の皆さんには、イベント開催までのサポートから実際に出展団体として参加されるまでの一連の流れの中で、  スタッフと同じような目線もありつつ、イベントを経験していただきました。今回のおまつりを終えての感想としては、とにかく暑かったことと、雨の心配がぬぐえないという点が会場の課題として挙がりました。  また、今後にむけて内容の充実を図るために、募集数の増加やステージ出演団体の追加、園芸発表以外の企画などの実施など、様々な意見が出ました。  今年は特に、まちぴあ事務局主導でイベントを構築した部分もあったので、今回のご意見を少しでも実現する工夫として、「実行委員会」など、出展される団体の皆さんがより主体的に参加でき、アイデアもイベントの運営も、より事務局と一体となって行う、組織的な工夫なども議論されました。  とりあえずは、事故もなく終えることのできた“まちぴあまつり”ですが、第一回目の終了がすなわちスタート地点なのかもしれません。  ボランティア活動や市民活動といった、市民の皆さんによる地域をよりよくする”まちづくり活動”の発信の場としてのおまつりの姿を少しずつ皆さんと一緒に作っていければいいなぁと思いました。  そのためにも、今年度からの仕込み大切・・・ということもあり、実行委員会のような皆さんは集い、意見を反映できる場を近々設定するかもしれません。その際には、どうぞ、よろしくお願い致します。  ご参加いただいた、2012運営員会の3名の皆さま。誠にありがとうございました。 【参考URL】  ・宇都宮市まちづくりセンター”まちぴあ”    → http://u-machipia.org/ (記事投稿:O)

ソーシャルファームさんから“オバケかぼちゃ”

2012年10月2日(火)  先日、登録団体でもあり、“まちぴあまつり”にもご出展下さった、一般社団法人「ソーシャルファームとちぎ」さんから、大きなカボチャをたくさんいただきました。
DSCF2800.JPG
 10月に入ってハロウィンの季節にもなりましたので、まちぴあの玄関にもかざって、来館者の皆さんを楽しませてくれています。  9月の末には、まちぴあを指定管理している、NPO法人「宇都宮まちづくり市民工房」さんで取り組んでいる、福島県いわき市の仮設住宅支援「ひろのカフェ」でお邪魔しているいわき市湯本の仮設住宅にもお持ちして、
hirono-kabotya.jpg
 住民の皆さんが、素晴らしいオバケカボチャのランタンを作って下さったりしておりました。こちらのデキも素晴らしいですね。  この大きなカボチャですが、“まちぴあ”でも研修室のお部屋を利用されている子育てサークルさんなどといっしょにランタンづくりやデコレーションをする予定でいます。
DSCF2799.JPG
 「ソーシャルファームとちぎ」さんは、宇都宮市長岡の里山を受け皿に、障がいを持つ方への場、生産・収穫・販売とつながる就労の場づくりを手段として、地域の里山保全とコミュニティづくり、次世代の農業の担い手づくりを育成する取り組みをされています。  そんな「ソーシャルファーム」さんからのプレゼントで、まちぴあや福島などでも笑顔がつながっていますというちょっとしたニュースをお伝えしました! 【参考URL】  ・宇都宮市まちづくりセンター”まちぴあ”  ・一般社団法人ソーシャルファームとちぎ    (※農場:ソーシャルファーム長岡のHP)

まちぴあまつり2012〜そのA〜

2012年9月17日(月) 引き続きまちぴあまつり2012 元気いっぱいワイワイまつりの様子を紹介していきますぴかぴか(新しい) まちぴあまつり〜その@〜でブースの様子を紹介したので、今回はステージ発表と子ども広場の様子を紹介しようと思いますexclamation ステージ側から撮った客席の様子です。本当にたくさんの方がいらっしゃってくださいました。
DSC07698.JPG
かわいいステージ発表かわいい 宮ままブラスさん 皆さんお子さんがいらっしゃるママさんたちで結成されたブラスバンドです。子どもでも聞いて楽しめる曲を演奏してくださり楽しい時間を過ごすことができました。
DSC07695.JPG
うめばやし保育園さん 園児の皆さんが歌とよさこいを披露してくださいました。元気いっぱいでとてもかわいかったです。
DSC07705.JPG
フラママーズさん ママ&子どもたちのフラダンスサークルです。観客の皆さん参加のフラダンスもあり、見るだけでなく実際に体を動かして楽しむことができました。
DSC07725.JPG
西原子どもお囃子会さん 子どもお囃子を実践して下さいました。迫力のある演奏でした。
DSC_0112.JPG
宇都宮アート&スポーツ専門学校さん 総勢約80名で創るステージは圧巻!「八木舞士」のほかに、トランポリンショーは技が決まるたびに拍手喝さい!
DSC07750.JPG
かわいい子ども広場かわいい とち木゛の会さん 幼児が遊べる竹幼馬の体験と竹幼馬づくりが行われていました。
DSC_0089.JPG
NPO法人サンカルチャークラブさん スラックインなどのスポーツ体験ができました。多くの子どもたちが楽しんでいました
DSC_0056.JPG
宇都宮市まちづくりセンター“まちぴあ” まちぴあでもスーパーボールキャッチと題して、ゲームを行いました。小さな子どもから小学生くらいの子どもまで本当にたくさんの皆さんが楽しんでくださいました。
DSC_0052.JPG
スーパーボールキャッチの他にウシさんとオオカミさんによるバルーンアートも行われていました。オオカミさんの前に長蛇の列!
DSC_0040.JPG
まちぴあのゲームコーナーでは東日本大震災震災支援「ふぁいと福島」募金も行っていたのですが、まちぴあまつりで3108円の寄付をお預かりしました。ありがとうございましたexclamation×2 最後に参加してくださった皆さんと一緒に風船でハートをつくり記念撮影。
DSC_0158.JPG
今年度のまちぴあまつりは、参加団体さんやボランティアの皆さんの力を借りて無事に終えることができました。当日までは、本当に開催できるのか不安になることもありましたが、終えてみると本当に多くの方々の協力を得て開催することができ、ほっとしていると同時に感謝の気持ちでいっぱいです。 また、団体さんの活動や個性豊かな出し物を見る中で、新たな発見や勉強になったことも多く、「団体を知る」「団体を知ってもらう」という意味でも大きな成果があったのではないかと感じました。 今回の反省や団体さんの意見をとり入れ、来年、再来年…とまちぴあまつりが進化しながら続いていけばいいなあと思います。

まちぴあまつり2012

9月17日(月) 先日9月15日(土)に オリオンスクエアでまちぴあまつり2012 元気いっぱいワイワイまつり が開催されましたぴかぴか(新しい) 今年のまちぴあまつりは宇都宮市市民活動サポートセンターから名称が変わって初めてのおまつりで、団体さんは参加してくださるか、来場してくださる方はいらっしゃるか不安でしたが、ブース出店16団体、ステージ発表5団体、来場者数約800人とたくさんの方が参加して下さいました。 暑い中皆さんありがとうございましたるんるん
DSC_0101.JPG
宇都宮市市長のあいさつからはじまりました。
DSC_0016.JPG
ミヤリーも遊びにきてくださいましたよ黒ハート
DSC_0067.JPG
まちぴあまつり2012の様子を少し紹介したいと思います。 かわいいブースの様子かわいい まちなかせかいネットさん フリーマーケットやアイスコーヒーの販売、フェアトレード商品の販売を行っていました。フェアトレードのマップなどもおいてあり、宇都宮市内にも多くのフェアトレード商品販売店があるのだなと発見!今月末(9月30日@バンバ広場)におこなわれるフェアトレードまつりにも足を運びたくなりました。
DSC07680.JPG
とちぎボランティアネットワークさん やきそばなどの販売をおこなっていました。私も食べましたが美味しかったです。
DSC_0044.JPG
日本熊森協会 栃木県支部さん 古本の販売や、パネル展示などをおこなっていらっしゃいました。 クマもりは「熊守り」ではなく熊が安心してすめる森保全の象徴的表現なんだそうです。
DSC_0041.JPG
SMBCコンシューマーファイナンス(株)プロミス宇都宮お客様サービスプラザさん お金に関するクイズや10円磨きゲームをおこなっていらっしゃいました。10円磨きゲームでは、お財布の中の小銭全てがぴかぴかの子も…… お金を磨く中で発見もあったようでとても賑わっていました。
DSC07715.JPG
一般社団法人ソーシャルファームさん 農産物やジャムなどの販売や、パネル展示を行っていらっしゃいました。 ソーシャルファームのヤギさんも来てくださいましたよ。
DSC07694.JPG
ぞうり・アミさん、 布ぞうりなどを販売していらっしゃっいました。ぞうりづくり教室も開催していらっしゃいました。皆さん真剣です。
DSC_0055.JPG
クラブ・ナルク栃木 とちの実会さん、 生活用品や農産物などの販売をおこなっていらっしゃいました。
DSC07682.JPG
ほかにも、 天然水やビールの販売を行っていらっしゃったインターナショナルアウトドアクラブ四季さん、 ケバブなど中東・アジア系料理を販売していらっしゃったNPO栃木タイムズさん、 健康チェック・健康相談を行っていらっしゃった栃木健康管理士会さん、 ストラップなどかわいい手作り品を販売していらっしゃった交流ハウス・亀の島さん、 認知症相談コーナーなどをしていらっしゃった認知症の人と家族の会栃木県支部さん、 カンボジア製品などを販売していらっしゃったカンボジアっこ支援の会さん、 などがブース出店をしてくださいました。 次は、子ども広場やステージ発表の様子を紹介したいと思います。 まちぴあまつり2012〜そのA〜へ続くexclamation×2

宮チャレ最終日〜市役所&市社会福祉協議会への訪問

2012年9月8日(金)  今週の月曜日から、”まちぴあ”で受入ている市内中学生の職場体験「宮っこチャレンジ」。本日はその最終日となりました。  本日は、“まちぴあ”と同じように「ボランティア」などの地域における活動を支援している相談窓口、センターなどを訪問しました。
DSCF2447.JPG
 まず、お邪魔したのは、「宇都宮市社会福祉協議会ボランティアセンター」さん。“まちぴあ”でも回収活動を行っているエコキャップをお持ちしながら、センター職員のYさんに、社会福祉協議会ボランティアセンターさんが行っている、ボランティア活動の支援や、講座などをご説明いただきました。
DSCF2448.JPG
 宮チャレ生も学校で回収を行っている「エコキャップ回収活動」については、キャップ回収を含めた”収集ボランティア”(モノを集め寄付する活動)についてのお話なども詳しくしていただきました。  つづいて、“まちぴあ”の日々の活動についても深くお世話になっている宇都宮市市役所・みんなでまちづくり課さんにもお邪魔しまして。市役所における公共サービスについてや、課の事業についてなどを分かりやすくご説明いただきました。
DSCF2452.JPG
 職場体験ですので、見学させて頂いた際には、名刺交換(ご挨拶)の実習もさせていただきまして。こうした一つ一つのことも中学生のお2人には貴重な体験になったと思います。
DSCF2454.JPG
 最後に見学したのは、来週末の“まちぴあまつり”の会場になる「オリオンスクエア」さんです。前日に仕上げてもらったオリジナル看板が、会場のどのあたりに設置されるかなど・・・、お二人に作っていただいた「成果」が活躍する現場を見てもらいました。  こんな感じで、他センターの見学などは終了でございまして。1週間のまちぴあでの職場体験も終わりとなります。後日、生徒さんからの感想もあるとは思いますが、看板を作ってくれたり、団体さんの取材をしてくれたりと大活躍のお2人でした。  対応したセンターの方がいうもの不思議なものですが、大変お世話になりまして。体験生Yさん、Tさんの今後の何らかの学びに役立つ幸いだなと思います。「宮っこチャレンジ」体験お疲れ様でした。また、ボランティア活動などで、遊びに来てくれることを楽しみにしています! 【参考URL】  ・宇都宮市まちづくりセンター”まちぴあ”  ・宇都宮市社会福祉協議会ボランティアセンター (記事投稿:O)

“まちぴあまつり”の看板づくり〜宮チャレ生の力作!

2012年9月6日(木)  宇都宮市内の中学生たちの職場体験事業「宮っこチャレンジ」で、“まちぴあ”にやってきている、泉が丘中学校2年のYさんとTさん。
DSCF2432.JPG
 4日目の本日は、来週の9月15日(土)に本番を迎える“まちぴあまつり2012”の準備をお手伝いいただきました。お手伝いというか、やっていただいたのは、お祭り会場で掲示する広報用の看板作製です。  会場となる、宇都宮市内中心商店街・オリオン通りの中にある広場「オリオンスクエア」のおまつり入口に、イベント開催中をお知らせする看板を1枚ずつ作ってもらいました。
DSCF2439.JPG
 聞くところによると美術部でもあるというYさんは、かなりな腕前でございまして。事前に絵コンテ的な下書きも作って作成となりました。
DSCF2438.JPG
 一方、あまり絵は描かないと謙遜のTさんでしたが、宇都宮のマスコット“ミヤリーちゃん”をふんだんにあしらった看板デザインを考案して下さいまして。下書きから色塗りまで殆んどお任せで作ってもらいました。  双方とも特徴のあるオリジナル看板でして、広報効果絶大な雰囲気が満々です。そんなことで、一週間の職場体験も明日が最終日となります。明日は、“まちぴあ”と同じようなボランティア活動の相談窓口や、宇都宮市役所を見学する予定です。
DSCF2442.JPG
 最後までドタバタしそうですが、中学生たちの学びになるようにまちぴあスタッフもいろいろとお相手させてもらいますから、明日一日よろしくお願いします。 【参考URL】  ・宇都宮市まちづくりセンター”まちぴあ” (記事投稿:O)

「まちぴあまつり2012」参加団体説明会 報告

2012年8月19日(日)  本日、今年9月15日(土)に、宇都宮市中心商店街オリオン通りにある「オリオンスクエア」を会場に実施を計画している、宇都宮市のまちづくり団体の祭典 “まちぴあまつり2012”  の参加団体説明会を行いました。  このイベントでは、市内で活動しているボランティア・市民活動・社会貢献活動などのまちづくり活動に取り組んでいる団体・グループを対象に実施するイベントで、今回のおまつりには、25団体ほどの団体の皆さんが、  日々の活動発表や物品・飲食販売、工作・体験などそれぞれの特色を活かした出し物でもって、市民の皆さんと楽しいひと時を過ごしつつ、交流します。
DSCF2057.JPG
 本日の説明会では、イベント内のメインの一つ「ブース出店」をされる団体さん13団体の内、8団体の皆さんがご参加下さいまして。当日のタイムスケジュールや注意点の確認、出展場所の決定などを行いました。  各団体の皆さまには、もれなく広報用のチラシもお渡ししまして。みんなでイベントを盛り上げて下さるようにお話することもできまして。もう少しに迫ったイベント開催にむけて、さらなる準備をする鋭気をやしないました。  開催は9月15日。当日の晴れを祈りつつ、皆さんと一緒にイベントを成功させたいと思います。 【参考URL】  ・宇都宮市まちづくりセンター”まちぴあ”    → http://u-machipia.org/ (記事投稿:O)

まちぴあまつり2012 〜 元気いっぱいワイワイまつり 開催!

2012年8月7日(火)  2012年9月15日に開催を予定している、『まちぴあまつり』は、今年4月に移転・新規オープンした『宇都宮市まちづくりセンター”まちぴあ”』が主催するイベントです。  このイベントには、“まちぴあ”にまちづくり団体登録されている、ボランティア・市民活動・社会貢献活動に取り組む企業・地縁組織など、宇都宮市や地域をよりよくしようと様々な活動を行っている、『まちづくり団体』の皆さんが一堂に会し、  自分たちの活動を広く市民の皆さんにPRしたり、交流したり、ステージやブースでもって発表を行うおまつりです。“まちぴあ”になって初のこのイベントには、  会場内に設けられたブース(テント)にて、活動PRとともに、体験型催しや飲食・物品販売を行う団体が14団体、会場内のフラットなスペースで、工作やスポーツ体験、ゲームコーナーなどを展開される団体が3団体、  会場内のステージにて、音楽演奏やパフォーマンスを行って下さる団体が4団体(8月7日現在)と、総勢21団体の、宇都宮市内を拠点に地域の社会貢献に取り組んでいるまちづくり活動団体の皆さんがご参加になります。
img115.jpg
 この度、イベントの広報用チラシも完成しまして、イベントの実施に向けて本格的に動き出しました。よりおまつりを盛り上げる工夫を凝らしながら、子どもたちを中心に家族みんなで楽しめるイベントにしようと思っておりますので、  9月15日の開催当日には、ぜひとも、会場となります「オリオンスクエア」に遊びに来てください! 【参考URL】  ・宇都宮市まちづくりセンター”まちぴあ”  ・オリオンスクエア (記事投稿:O)

第1回まちぴあまつり運営委員会 実施報告

2012年7月28日(土)  7月26日(木)、宇都宮市まちづくりセンター”まちぴあ”の登録団体の皆さん参加いただき、実施される「まちぴあまつり2012」の運営委員会(第1回)を行いました。  ”まちぴあ”移転後、初めてとなる「まちぴあまつり」には、飲食や物品販売、まちづくり団体の活動PRを行うブース出店が13団体あり、来場された子どもさんなどとゲームや体験を通して楽しい交流を行う団体3団体の計16団体が出店予定です。
DSCF1557.JPG
 この日行われた運営委員会では、出店される団体の皆さんの中から、ご協力を打診し、申し込んでくださった「運営委員」の方々、4名(4団体)の皆さんとともに、イベントの参加団体募集から現在にいたるまでの経過報告と、  作成している広報用チラシの配布方法、会場設営に関することなどを話あいました。「運営委員」皆さんには、おまつり開催から終了までの間、様々なサポートやアドバイスをお願いしながら、まちぴあスタッフとともにイベントを運営していただきます。  9月15日(土)開催予定の“まちぴあ”も、皆さまとの協力のもと、少しずつ形が出来上がってまいりました。副題にあるように「元気いっぱい」のおまつりを皆さんとともに作っていこうと思います。 【参考URL】  ・宇都宮市まちづくりセンター”まちぴあ” (記事投稿:O)

まちぴあまつり2012 参加団体の進捗(7月11日現在)

2012年7月11日(水)  宇都宮市まちづくりセンター”まちぴあ”が主催して開催を予定しております、「まちぴあまつり2012」(9月15日(土)実施)の出店申込み状況をお知らせ致します。  7月11日(水)現在、まちぴあ登録団体の皆さまの内、会場内に設置されたテントにて、団体の活動発表や飲食・物品などの販売を行える「ブース出店」が定員一杯となりました。  従って、今後の「ブース出店」に関しましては、キャンセル待ちでの申込みとさせて頂きますので、ご了承ください。  また、工作やちょっとした子ども向けのスポーツ体験やゲーム企画などを実施できる「子ども広場」の募集も引き続き行っております。以下に本日現在での申込み状況も記載しておきますので、ご確認下さい。 ★まちぴあまつり2012参加申込み状況★             (※2012年7月11日 現在)  @ブース出店・・・・13団体募集≪先 着≫            → 13団体申込みあり 満員御礼!  A子ども広場・・・・3団体募集≪先 着≫            → 1団体申込みあり 残り2団体  ・・・以上です。「まちぴあまつり2012」の参加団体受付については、7月21日(土)まで行います。登録団体の皆さんにつきましては、ぜひ、参加検討していただいて、各団体の活動を市民の皆さんに広く発信し、交流を深める場としてご活用いただけると幸いです。 【参考URL】  ・宇都宮市まちづくりセンター”まちぴあ” (記事投稿:O)

「まちぴあまつり2012」ブース出店者 申込み状況の進捗(7月9日現在)

2012年7月9日(月)  宇都宮市まちづくりセンター”まちぴあ”が主催して開催を予定しております、「まちぴあまつり2012」(9月15日(土)実施)の出店申込み状況をお知らせ致します。  7月9日(月)現在、まちぴあ登録団体の皆さまの内、会場内に設置されたテントにて、団体の活動発表や飲食・物品などの販売を行える「ブース出店」に1団体キャンセルがありました。  現在であればキャンセル待ちではなく、受け付けることができますので、参加検討中の”まちぴあ登録団体”の皆さんはお早めにご検討の上お申し込み下さい。  また、工作やちょっとした子ども向けのスポーツ体験やゲーム企画などを実施できる「子ども広場」の募集も引き続き行っております。以下に本日現在での申込み状況も記載しておきますので、ご確認下さい。 ★まちぴあまつり2012参加申込み状況★             (※2012年7月9日 現在)  @ブース出店・・・・13団体募集≪先 着≫             → 12団体申込みあり 残り1団体  A子ども広場・・・・3団体募集≪先 着≫             → 1団体申込みあり 残り2団体  ・・・以上です。「まちぴあまつり2012」の参加団体受付については、7月21日(土)まで行います。登録団体の皆さんにつきましては、ぜひ、参加検討していただいて、各団体の活動を市民の皆さんに広く発信し、交流を深める場としてご活用いただけると幸いです。 【参考URL】  ・宇都宮市まちづくりセンター”まちぴあ”  ・オリオンスクエア (まちぴあまつり会場の参考) (記事投稿:O)

まちぴあまつり2012 参加団体募集の進捗について

2012年7月6日(金)  “まちぴあ”の前身である“さぽせん”の時代には、年に1回行っていたお祭りがございます。“さぽせん”時代には、  「さぽせんまつり」と題し、センターに登録いただいている市民活動団体・ボランティアグループの皆さんにご出店いただき、団体の活動PRやフリーマーケット、演芸活動をされている皆さんには、ステージ出演や参加型の体験コーナーなどを行っていただき、  自分たちの活動を宇都宮市民の皆さんに広くPRし、交流するイベントを実施しておりました。  “さぽせん”から“まちぴあ”に移行した今年は、「まちぴあまつり」と題し、登録団体の皆さんを参加対象に同様のイベントを計画しております。去る7月1日よりブース出店希望の募集要項を登録団体の皆さんに送付して、募集を募っております。  募集団体は、会場内に設置されたブース(テント)で、活動紹介・PR、物品・飲食、フリマなどをやってみたい団体さんを13団体と、  工作、スポーツ体験などの参加型の出し物をしたい団体の方々が出店できる「子ども広場」、3団体の、  計16団体を募集しております。  募集開始後約1週間が経過した本日現在で、ブース出店希望の団体13団体の申込みがありました。従って、今後は、キャンセル待ちでの募集のみ受付となりますますので、ご了承ください。  また、「こども広場」は、現在2団体の申込みがあり、残り1団体の枠が残っている状態となっております。定員に達した場合には、こちらもキャンセル待ちとなりますので、併せてご了承ください。  取り急ぎ、ご連絡をさせていただきました。ちなみに、この“まちぴあまつり”については随時「まちぴあブログ」でも触れていきますので、併せてそちらもご参照下さい。 -------------------------------------------------------- 【参考URL】  ・宇都宮市まちづくりセンター”まちぴあ”    → http://u-machipia.org/  ・オリオンスクエア ホームページ(まちぴあまつり実施会場の参考)    → http://www.orion-square.com/

2021年10月10日

「クリーン&ウオーク特別回」実施報告

2021年10月10日(日)  本日、お知らせしておりました、まちぴあ主催のボランティア体験プログラム「クリーン&ウオーク特別回」を実施しました。  本来ですと、10月10日のこの日は、まちぴあで実施している年に一度の交流イベント「まちぴあまつり」の開催予定日であったのですが、緊急事態宣言が明けたとはいえ、解除後すぐのタイミングであることと、直前まで施設利用や参集が難しく、  皆さんに協力いただいての準備もできなかったため、今年も思うように実施できない悲しい..
posted by まちぴあ at 15:24

2021年09月26日

戻ってきました!?「まちぴあクリーンウオーク」参加者募集

2021年9月26日(日)  多少の増減はあるものの、コロナウイルス感染状況も減少傾向が続いていますね。先日も9月30日以降の方針が議論されたとのニュースもあり。  相変わらず、何かと気遣いをせざるを得ない期間が続くと思われますが、これまで得た感染注意の気持ちと対策を保ちつつ。なるべく元気に過ごして参りましょう。  さて。きたる10月は、まちぴあ(だけではありませんが)でも「まちぴあまつり」をはじめ、イベントやらが賑わしい季節となります。しかしながら、準備期..
posted by まちぴあ at 10:12

2021年01月31日

コロナに負けるな!団体紹介(34)〜絆翔H・Y(ばんとえいちわい)

2021年1月31日(日)  新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う非常実態宣言が発出して3週間ほどが経過したのでしょうか。栃木県も含めた対象地域の状況は、楽観視はできませんけども、少しずつ減少傾向もみられるようになってきました。  感染防止に注意を払うことで、気ままに過ごし辛いことはありますが、必要な外出の際には自分以外の皆さんのことを踏まえて慎重に行動することがある種の習慣化になるなど、他への配慮・考慮を意識するようになったという意味では、悪いことばかりでもない..
posted by まちぴあ at 15:01

2021年01月24日

あそび初め2021〜実施:ルークス「アソビワークショップ」

2021年1月24日(日)  新型コロナウイルス感染拡大の影響により、一番影響を受けたのはお正月そのものだったかもしれませんね。まちぴあでは、例年、スタッフさんが持ってきて下さる門松を玄関に飾り、新年の雰囲気を演出しつつ、
P1240008.JPG
 成人式が終わった20日前後の少し落ち着いたタイミングで、「あそび初め」を実施し、新年の元気と活気を登録団体、地域、ボランティアの皆様と交流することで培い、気持ちを新たにするという感じで過ごしてきました。  その意味において、どー..
posted by まちぴあ at 14:57

2020年10月18日

まちぴあぷちまつり報告(4)〜学生達の活躍〜

2020年10月18日(日) まちぴあぷちまつり報告(4)〜学生達の活躍〜  これまで全体の振り返り黄ぶなちゃん復活当日の各場所の動画まとめを掲載してきました。今回の報告part4(ラスト)ではまちぴあぷちまつりのプログラムに協力してくれた学生達の活躍について報告します。  例年センターでは学生達が気軽にボランティアに関われるように団体と交流をする「学生ボランティア交流会」と地域の催事に学生が参加する「コミュニティボランティア」の2つを行っております。そ..
posted by まちぴあ at 10:50

2020年10月12日

できました♪「まちぴあぷちまつり」♪♪

2020年10月12日(月)  新型コロナ感染症拡大の影響を受け、企画や関係者についても分散などの工夫を凝らしての実施を目指していた、 「まちぴあぷちまつり」  が、10月11日(日)に、まちぴあ全館内を会場に開催できました。離島など台風災害があった地域もありますので、単純に良かったとすることはできませんが、心配された台風の影響も少なく。  無事に楽しい時間を過ごせたことを改めて感謝したいところです。  さて。おまつりのレポート第1弾を更新いたし..
posted by まちぴあ at 09:29

2020年10月08日

「まちぴあぷちまつり」は、屋内のみでの実施となります。

2020年10月8日(水)  コロナ下における開催となった今年の「まちぴあまつり」。  本来であれば、登録団体を中心とした、日頃まちぴあをご利用下さっている皆さんが一堂に会し、年に一回の交流と親睦、情報交換を含めた集いとして賑々しく開催しているところでございますが、新しい生活習慣を取り入れ、工夫を凝らしての開催を目指すべく、 「まちぴあぷちまつり」
putimaturi.jpg
 と題して、今年は、まちぴあ事業の関連でボランティア協力を希望下さっている高校生はじめの若い皆さ..
posted by まちぴあ at 17:42

2020年09月29日

令和2年度第1回「まちぴあ(ぷち)まつり実行委員会」(兼 第2回役員会)実施報告

2020年9月28日(火)  例年、登録団体の皆様や様々な世代の地域の皆様との交流と親睦を目的にした「まちぴあまつり」を、イベントに関わる参加団体や、まちぴあで組織している登録団体を中心とした利用者協議会が協力して行っていますが、  今年は、新型コロナウイルスの影響により、多世代の不特定多数の皆さんに集まって頂くという、従来の醍醐味が発揮できない状況が続いております。  そんな中ではありますが、「だからやらなくていいじゃないか」となってしまうと、コロナ下での..
posted by まちぴあ at 16:01

2020年09月29日

コロナに負けるな!団体紹介(23)〜栃木県健康管理士会

2020年9月28日(火)  新型コロナウイルスの感染拡大とその防止のための対策は、私たちの日常生活に様々な影響を及ぼしています。特に個人個人の健康・体調面については、従来の生活習慣を変化させることで、  いろいろな部分での「ちょっといつもと違う」が重なってくることで、少なからずストレスを感じることも多いでしょう。また、溜まったストレスを吐き出す方法も、少し違うことで、中々自分のスタイルを見つけるのに苦労されている方もあるかもしれません。  さて、今回ご紹介..
posted by まちぴあ at 15:36

2020年09月02日

今年は「ぷちまつり」を開催します!

2020年9月2日(水)  9月に入り、暑い時間帯もありますが、か雨も多くなり、さすがに気温も少し落ちつた感がありますね。  その分、台風の影響が心配される季節になったということで、今年の秋は新型コロナウイルス感染拡大の問題に加え、何かを気を付けないといけない事柄が多そうですが、何とか9月、10月そして年末へとすすんでいきたいところです。  さて。例年この初秋の季節になりますと、利用者協議会の皆さんをはじめとした登録団体の皆様にもご協力・ご出展頂き「まちぴあ..
posted by まちぴあ at 15:57

2020年08月29日

コロナに負けるな!団体紹介(20)〜 遊布の会

2020年8月29日(土)  ・・・残暑ってこんなに暑かったっけ??と思うほど、暑い日がまだまだ続いている昨今ですね。コロナウイルス感染防止の対策はもちろんですが、熱中症にも注意して・・・と、いろいろなものとの共存が必要になっているなと思うところです。 「残」という意味であれば、食品のロスを少なくし、循環型社会や福祉、子ども達の生活支援へとつなぐフードバンク活動のように、この暑さも何かに活かせないものかと切に思ってしまいます。  さて。更新者は少し暑さやらに..
posted by まちぴあ at 16:50

2020年05月30日

令和2年度まちぴあ利用者協議会全体会議 実施方法変更のお知らせ

2020年5月30日(土)  コロナの感染状況が日々変化している一方で、外出緩和等コロナとともに過ごす生活スタイルが試みられるなど、今後に向けた取り組みが進んでおります。  季節も初夏から梅雨時期へと移ろうとしております。6月からは栃木県内の小学校をはじめとした教育機関が再開される予定でいるなど、さらに生活環境が変わっていくと思われます。  気候の変化も含め、変わっていく環境に伴走するだけでも、日々知らず知らずの内に疲れをためてしまうかもしれません。無理をせ..
posted by まちぴあ at 09:15

2020年05月16日

コロナに負けるな!団体紹介(5)〜NPO法人デックタイグループ

2020年5月16日(土)  栃木県内における各業種における営業再開等、コロナウィルス感染防止に配慮しつつの動きが進んでおります。日々、進展していく環境の中で、焦らずに油断せず、少しずつ前進していきたいところですね。  さて。今回の「コロナに負けるな!団体紹介」では、在日タイ人の皆さんを支援している、登録団体でもあり、まちぴあオフィス入居団体でもある 「NPO法人デックタイグループ」の皆さんをご紹介させて頂きます。  デックタイグループさんにつきまして..
posted by まちぴあ at 19:17

2020年01月28日

新春恒例!「あそび初め2020」実施報告(1)

2020年1月28日(火)  1月26日(日)に、今年で8回目となる、まちぴあ主催の世代間交流イベント「あそび初め」が、まちぴあの施設内外全てを使って行われました。  この時期恒例!といっていいでしょう!!  お正月の雰囲気を残しつつ、シニア世代をはじめとした登録団体の皆さんが、ふくわらい、カルタ、竹馬、けん玉などの昔遊びのホスト役となって、地域の子どもたちやそのご家族の皆さんと一緒に楽しみます。  特に今年は、昨年秋に予定した「まちぴあまつり」や子ど..
posted by まちぴあ at 11:38

2019年12月13日

大掃除後の交流会にて

2019年12月13日(金) 「元気な人が集まると、まわりの人にも元気が伝わる」  そんな想いを新たにさせてくれた交流会が、12月13日の日中に行われた、まちぴあ大掃除に後に行いました。  この交流会には、18名の皆さんが集まって下さり、和気あいあいとお話を楽しんだり、情報交換をして下さいました。  今年は台風の影響もあり、雨もあり。10月以降のまちぴあ催事にも大きな影響がありました。「まちぴあまつり」をはじめ、地元・今泉自治会及び子ども会連合会とのコ..
posted by まちぴあ at 20:30

2019年10月29日

ブロンズ世代から始めるアクティブライフ「タイを知ろう」開催報告

IMG_0542-1.jpg
2019年10月26日(土)、まちぴあセカンドライフ応援講座の第6回、「在日タイ人&タイ通が教える衣・食・住アレコレ『タイを知ろう』」を開催しました。 この企画は定年退職間近・退職されたばかりの方などを「ブロンズ世代」と題し、第2の人生についてのビジョンを考えてもらう機会とします。 今年度のテーマは、『微笑みの国』タイ。 まちぴあ貸しオフィス入居団体「NPO法人デックタイグループ」全面協力のもと、理事長ラタナポン タナノン氏を始め、グループの方に講師をお願い..
posted by まちぴあ at 17:57

2019年10月15日

まつり中止奮闘記〜皆さんに支えられていることを再確認

2019年10月15日(火)  連休中に栃木県を含めた関東及び東北や長野県などに甚大な被害をもたらした台風19号。  宇都宮市内でもJR宇都宮駅西口の田川沿いおよびその周辺の地域や、大谷地域において河川越水等による水害被害が徐々に明らかになっております。  現在、まちぴあでも災害ボランティアセンターの立ち上げを検討している宇都宮市社会福祉協議会をはじめ、県内各地の災害ボランティア及びセンターの情報を、まちぴあホームページでまとめておりますので、ボランティア活..
posted by まちぴあ at 12:55

2019年10月13日

「まちぴあまつり2019」中止のお知らせ

2019年10月13日(日)  10月12日から本日未明にかけて、年間降水量の半分とも言われた雨が降った台風19号の影響を受け、宇都宮市内でも複数の被害がでました。  天候の予報では開催を計画しておりましたが、宇都宮市及び栃木県内各所で甚大な被害があったこともあり、  10月14日(月・祝)に開催予定としておりました 「まちぴあまつり」は、中止 とさせていただきました。  まつり参加者及び来場を予定下さっていた皆様については、急な予定変更を..
posted by まちぴあ at 09:10

2019年10月10日

やりますよ!「まちぴあまつり2019」 

2019年10月10日(木)  さぁ、今週末っていうか週明けの3連休最後となる月曜日ってのがミソだったようですね。
tenki.JPG
 猛烈といわれている台風19号が接近中の昨今でございますが、開催自体が危ぶまれていた「まちぴあまつり2019」!!!  ※開催いたします!!!!!  ※この時開催という事でしたが中止となりました。  戦々恐々で天気予報とにらめっこしていた今週ですが、10月14日は通過の方向みたいなので、開催の方向で準備を継続していきます。..
posted by まちぴあ at 16:12

2019年10月07日

「まちぴあまつり2019」参加団体のご紹介〜第4弾♪

2019年10月7日(月)  今年もやります!まちぴあまつり!!  第3弾に引き続き、もう一回の更新です♪♪  習慣天気予報では、14日月曜日は、一過のため晴れとなっておりますことから、気を取り直し。「まちぴあまつり2019」に出展予定の参加団体の皆様をご紹介を致します!  今回は、まちぴあ施設内に展開を予定している6団体の方々をご紹介します!  ※例によって、紹介文中の写真は事務局が撮影した、昨年のまちぴあまつり他、   団体さんが出展された..
posted by まちぴあ at 20:21

2019年10月07日

「まちぴあまつり2019」参加団体のご紹介 第3弾♪

2019年10月7日(月)  今年もやります!まちぴあまつり!!  朝のニュースを見た瞬間に氷つきましたけども・・・・。台風!!
taihu.JPG
 週末もさることながら、開催が予定されている10月14日の予報については、現段階では詳細ない状態でありますが、非常に不安にさせる台風の登場に戦々恐々しております。  習慣天気予報では、14日月曜日は、一過のため晴れとなっておりますことから、気を取り直し。「まちぴあまつり2019」に出展予定の参加団体の皆様をご紹介を致..
posted by まちぴあ at 16:57

2019年09月29日

「まちぴあまつり2019」参加団体のご紹介 第2弾♪

2019年9月29日(日)  今年もやります!まちぴあまつり!!  2019年の開催日、10月14日(月・祝)が日々待ち遠しくなってきているところですけども、前回更新に引き続き、「まちぴあまつり2019」に出展予定の参加団体の皆様をご紹介させて頂きましょう♪  今回は、まちぴあ屋外駐車場に出展予定の皆さんの内、6団体の方々をご紹介します!  ※例によって、紹介文中の写真は事務局が撮影した、昨年のまちぴあまつり他、   団体さんが出展されたイベントでの..
posted by まちぴあ at 10:24

2019年09月27日

「まちぴあまつり2019」参加団体のご紹介 第1弾♪

2019年9月27日(金)  開催まで約2週間あまりとなってきました、今年の「まちぴあまつり」。令和元年。2019年のまちぴあまつりにご参加下さる団体の皆さんをご紹介する記事をこれから少しずつ更新していこうと思っております。  すでにチラシやホームページではお知らせさせて頂いていますが、少しでも多くの皆様に、まつりに遊びにきて頂き、活動団体の皆様と有意義な時間を過ごしてもらえればという一念のもと、わずかではありますが、「まちぴあまつり2019」にご参加下さる皆さん..
posted by まちぴあ at 14:51

2019年09月17日

ご協力ありがとうございます! ハロウィン工作@まちぴあまつり2019〜材料募集終了できました!!

2019年9月17日(火)  10月14日(月・祝)に行われる「まちぴあまつり」。 「まちぴあ」は市内で活動しているボランティア・市民活動・CSRといった、まちづくり活動に関わる団体や個人の方の活動拠点です。  拠点である「まちぴあ」を会場に実施して、行っている年に一度の交流イベントが「まちぴあまつり」です。今年が6度目の開催となります。  さて、今年も20以上の活動団体の皆さんが集い、日々の活動紹介や日頃の特技を生かしての各種コーナーを展開下さるわけ..
posted by まちぴあ at 14:57

2019年09月15日

まちぴあまつり2019参加団体説明会 実施報告

2019年9月15日(日)  9月15日、開催まで約一か月ほどとなりました、まちぴあ登録団体が一堂に会すイベント「まちぴあまつり2019」の参加団体説明を行いました。  まちぴあ敷地内で恒例の開催となった「まちぴあまつり2018」には、屋外にて販売などのブース出展をして下さる11団体と、館内1階に4団体に、2階研修室の体験コーナーに2団体の皆さんがご出展下さる予定です。  昨年に引き続き、まちぴあ南側駐車場のスペースを使って、学生を中心した活動団体「自然教室..
posted by まちぴあ at 16:07

2019年09月06日

まちぴあインターン体験記(2) ぞうりアミさんの教室に参加♪

2019年9月6日(金)  9月2日〜6日の期間にかけて、まちぴあにてインターン研修をして下さっている大学生Kさん。9月5日の話題になりますが、この日は登録団体「ぞうり・アミ」の皆さんが、まちぴあ研修室を会場に開催している、 「やさしい布ぞうり教室」  に参加してみました。大学生Kさんは、日本語もペラペラで日本語の文章も書ける留学生さんということもありまして、今回の教室参加を体験してもらうことにしました。  外国の方にとって日本の有名なキーワードに「も..
posted by まちぴあ at 20:21

2019年08月27日

第2回まちぴあまつり2019実行委員会 実施報告

2019年8月27日(火)  毎年恒例の「まちぴあまつり」を開催すべく、6月末に第一回目となる実行委員会を開催しました。そこから時間が過ぎるは早いもので、8月お盆明けには、出展希望団体の皆さんからのエントリーが取りまとめられ、  8月26日、第2回目となる実行委員会を開催しました。  今回の実行委員会には、実行委員のメンバーの皆さんに加え、屋外に出展予定の団体の皆さん12団体14名が集まって下さりました。  今年は、昨年「わかもの企画」で協力出展下さっ..
posted by まちぴあ at 20:55

2019年06月26日

令和元年度第1回「まちぴあまつり2019実行委員会」 実施報告

2019年6月26日(水)  今年もこの季節がやって参りましたね!  今年10月14日(月・祝)に開催を計画している「まちぴあまつり2019」の第1回実行委員会を行いました。  まちぴあまつりの実行委員会は、利用者協議会の役員団体を勤めて下さっている10団体の皆さんと、過日開催された「まちぴあ利用者協議会」にて、実行委員に参加希望を下さった登録団体のの方々で組織しています。
IMG_9868.JPG
 初回の実行委員会は、役員団体に加え、3団体5名が集まり開催することが..
posted by まちぴあ at 20:16

2019年06月09日

令和元年度まちぴあ利用者協議会全体会議 実施報告

2018年6月9日(日)  6月8日、まちぴあを会場に、「令和元年まちぴあ利用者協議会全体会議」を開催しました。  年度4月1日現在でのまちぴあ団体登録数は、178団体(6月1日現在:209団体)であり、これら登録団体の皆さんが一堂に会す場として行っているのが、利用者協議会全体会議です。
DSC08055.JPG
 今年の全体会議には、事前に頂いていた116件の委任に加え、19団体21名の皆さんが集まって下さり、行うことができました。  議事では、団体の活動に参加してい..
posted by まちぴあ at 13:13

2019年02月01日

あそび初め2019開催レポート(4)〜館内1階編〜

2019年2月1日(金)  1月20日に晴天・盛況のもと開催された「あそび初め」。  今年も大盛況となったイベントを支えて下さった出展者・協力者の皆さんの活躍の様子をレポートしていきましょう♪  今回は、1階の様子です!  1階では、生け花体験、お手玉、かるた、福笑い、万華鏡づくりの各コーナーが行われました。  まず、生け花体験を行ってくれたのは「MOAインターナショナル栃木」の皆さんです。  MOAさんは、日本の文化・芸術教育に関する活動..
posted by まちぴあ at 18:47

2018年10月29日

第4回まちぴあまつり2018実行委員会(振り返り) 実施報告

2018年10月29日(月)  10月29日、今月8日(月・祝)に開催した「まちぴあまつり2018」の振り返りを兼ねた実行委員会(第4回:最終回/平成30年度第3回利用者協議会役員会)を実施しました。  会議には、役員団体を含めまつりの実行委員として関わって下さった6団体8名が集まって下さいました。
DSC07931.JPG
 今年のまちぴあまつりは、登録団体22団体が参加し、まちぴあ利用者の皆さんや地域住民方々、近隣小学校の皆さんなど約420名が来場し、盛大に行うことができ..
posted by まちぴあ at 19:29

2018年10月17日

まちぴあまつり2018 開催レポート(5)

2018年10月17日(水)  10月8日(月・祝)に、まちぴあ登録団体の皆さんと協力し、盛大に行った「まちぴあまつり2018」。最終回の更新となる今回は、まちぴあ館内にご出展下さった皆さんをご紹介します。  館内には、丁度時期もののハロウィンをモチーフにした、カボチャ柄の袋が隠してあったりして。その中には、お菓子が入っていました。このアイデアも担当スタッフと前日お手伝い下さった出展団体のボランティアさんたちによって、手作りしてもらったものです。
DSC06887.JPG
 ..
posted by まちぴあ at 13:31

2018年10月16日

まちぴあまつり2018 開催レポート(4)

2018年10月16日(火)  10月8日(月・祝)に、まちぴあ登録団体の皆さんと協力し、盛大に行った「まちぴあまつり2018」。今回は、開催レポート第四弾として、まちぴあ施設屋外、北側駐車場に設置したステージにご出演下さった皆さんをご紹介します。  改めて、「まちぴあまつり2018」には、まちぴあ登録団体の中から出展希望を下さった21団体の皆さんがご参加下さいました。その参加団体の有志の皆さんと、まちぴあまつりをはじめとした主催事業について、アドバイスや意見交換..
posted by まちぴあ at 12:56

2018年10月16日

まちぴあまつり2018 開催レポート(3)

2018年10月16日(火)  10月8日(月・祝)に、まちぴあ登録団体の皆さんと協力し、盛大に行った「まちぴあまつり2018」。今回は、開催レポート第二弾として、まちぴあ施設屋外、北側駐車場にご出展下さった、活動団体の皆さんの続きをご紹介します。  まちぴあまつり2018には、レポート(2)でご紹介した国際交流やリサイクル活動団体の他にも6団体がご出展されました。 【学びの映像舎】  学びの映像舎さんは、宇都宮市を中心に地域で行われている行事や各種団体が..
posted by まちぴあ at 12:45

2018年10月14日

まちぴあまつり2018 開催レポート(2)

2018年10月14日(日)  10月8日(月・祝)に、まちぴあ登録団体の皆さんと協力し、盛大に行った「まちぴあまつり2018」。今回は、開催レポート第二弾として、まちぴあ施設屋外、北側駐車場にご出展下さった、活動団体の皆さんをご紹介します。
DSC07317.JPG
【まちなかせかいネット&シャプラ二ールとちぎ架け橋の会】  宇都宮市内を中心に、栃木県内の国際交流・協力の団体と連携しながら、国際協力事業を長年にわたり行っている団体です。前回の学生団体「KAKEHASEEDs」の..
posted by まちぴあ at 10:51

2018年10月13日

第45回釜川コケ落とし大作戦 実施報告

2018年10月13日(土)  10月13日、4月〜10月までの約半年に渡り、月に1回開催しているボランティア体験プログラム「釜川コケ落とし大作戦」を実施しました。今年度第7回(通算45回目)となる河川清掃活動を行いました。  清掃活動に携わる主催者も参加者もありがたいと思う、釜川清掃日和こと「くもり」でもあり、暑かった頃と比べると秋の気配が一気に強まった昨今らしい気温で、肌寒さも心配しておりましたが、そんなこともなく無事に行うことができました。
DSC07462.JPG
 ..
posted by まちぴあ at 16:28

2018年10月11日

「まちぴあまつり2018」開催レポート(1)

2018年10月11日(木)  今年も「まちぴあまつり」の季節がやってきました!  10月8日(月・祝)に行われた今年のまちぴあまつりは、台風の進路が非常に心配された開催日でしたが、暑くもなく寒くもない最高のコンディションの中実施することができました。
DSC07320.JPG
 今年のまつりには、まちぴあ登録団体の中から22団体が出展して下さいました。子育て、高齢者福祉、国際協力、外国人支援、環境保護、文化芸術と今年も特色ある活動を日々行っている団体の皆様が一堂に会し、 ..
posted by まちぴあ at 17:07

2018年10月06日

2018年10月度「まちぴあ研修室調整会議」実施報告

2018年10月6日(土)  更新記事としては、3ヶ月に一度のまちぴあ研修室の利用希望を調整する「調整会議」の実施報告がメインでございますが、それよりも何よりも、来る10月8日(月・祝)に迫りました、 「まちぴあまつり2018」  の開催について、改めて宣言いたします。台風の影響で戦々恐々だった開催の有無ですが、これから台風に備えねばならない地域の方々には申し訳ないことではありますが、栃木県を含めた関東に直撃することはないらしいとのことでもありますので、 ..
posted by まちぴあ at 16:12

2018年10月03日

参加団体の皆様へ!「まちぴあまつり2018」開催有無の連絡について

2018年10月3日(水)  先ほど、更新させていただきました「まちぴあまつり2018」。  実施は10月8日(月・祝)と、もう少し寝れば・・・の段階に入っております。準備も着々としておりますがしかし!  南(南東?)からやってくる台風。気になって仕方がありません。Yahoo!の週間天気によりますと、10月3日夕方現在、栃木県を含めた関東地方は晴れ/曇り。
tennki-1.JPG
 気温も天気もいい感じなのですが、ネットニュースを散見するに、「急激な方向変化」「急速な..
posted by まちぴあ at 18:26

2018年10月03日

「まちぴあまつり2018〜であう・きづく・つながる〜」開催のお知らせ

2018年10月3日(水) まちぴあまつり2018〜であう・きづく・つながる〜  「まちぴあ」は市内で活動しているボランティア・市内活動・CSR活動(社会貢献に取り組む企業の活動)・自治会・協議会といった地域における、まちづくり活動に関わる団体や個人の方の活動拠点です。 拠点である「まちぴあ」を会場に実施して、今年が5度目の開催となります。 machipiamaturi.jpg machipiamaturi2.jpg ※クリックすると拡大します。 宇都宮市内を中心に、各地域で活躍される様々な分野の活動団体が集います。 イベ..
posted by まちぴあ at 15:00

2018年09月17日

「まちぴあまつり2018参加団体説明会」実施報告

2018年9月17日(月・祝)  9月16日、開催まで約3週間ほどとなりました、まちぴあ登録団体が一堂に会すイベント「まちぴあまつり2018」の参加団体説明を行いました。  まちぴあ敷地内で恒例の開催となった「まちぴあまつり2018」には、屋外にて販売などのブース出展をして下さる11団体と、館内1階に4団体に、2階研修室の体験コーナーに2団体の皆さんがご出展下さいます。
DSC06634.JPG
 今年は、まちぴあ南側駐車場のスペースを使って、学生を中心した活動団体「自然教室..
posted by まちぴあ at 12:02

2018年09月04日

宇都宮ピアノ研究会主催「ティーサロンコンサート2018」 取材報告

2018年9月4日(火)  去る9月2日(日)に、まちぴあ登録団体でもあり、まちぴあで開催する「まちぴあまつり」をはじめとした事業に関って下さっている、NPO法人宇都宮ピアノ研究会さん主催による、音楽コンサートが、栃木県総合文化センター音楽練習室を会場に行われました。 「ティーサロンコンサート」  は、生の楽器演奏による音楽の素晴らしさをもっと身近に感じてもらおうと、ピアノ研究会の皆さんが、初秋と12月ごろの年2回行っているサロンコンサート活動です。今回の実..
posted by まちぴあ at 19:49

2018年08月28日

第2回まちぴあまつり2018実行委員会 実施報告

2018年8月28日(火)  毎年恒例の「まちぴあまつり」を開催すべく、6月末に第一回目となる実行委員会を開催しました。そこから時間が過ぎるは早いもので、8月お盆明けには、出展希望団体の皆さんからのエントリーが取りまとめられ、  去る8月27日、第2回目となる実行委員会を開催することができました。  今回の実行委員会には、実行委員のメンバーの皆さんに加え、屋外に出展予定の団体の皆さん19団体中、9団体13名が集まって下さり、行ないました。
DSC06460.JPG
 飲..
posted by まちぴあ at 20:18

2018年06月27日

第1回まちぴあまつり2018実行委員会 実施報告

2018年6月27日(水)  毎年恒例になりました、「まちぴあまつり」ですが、今年も10月の開催に向けて、実行委員会がスタートしました。去る、6月25日(月)に、「まちぴあまつり2018」の第1回実行委員会を行いました。  今年は、毎年お借りしている駐車場の関係もあって、10月8日(月・祝)の開催となることがきまり、今回の実行委員会では、参加を呼びかける募集要項の検討を行いました。  会議には、まちぴあ利用者協議会の皆様をはじめとした実行委員団体の皆さんが、..
posted by まちぴあ at 17:43

2018年06月14日

KAKEHASEEDS(カケハシーズ)「フェスタmy宇都宮」取材報告

2018年06月14日(木) KAKEHASEEDS(カケハシーズ)「フェスタmy宇都宮」取材報告  先日20日、宇都宮城址公園を中心に「フェスタmy宇都宮2018」〜ときめいて今!この街が好き〜が開催され、まちぴあもまちぴあひろばとして登録15団体の皆さまと共に活動を行いました。 kakehaseed.jpg 「KAKEHASEEDS」のフェアトレード商品 その中でとちぎYMCA&タラと世界を考える会、宇都宮大学の国際協力サークル「リソースネットワーク」と共に活動を行ったのが..
posted by まちぴあ at 14:15

2018年06月09日

平成30年度まちぴあ利用者協議会全体会議 実施報告

2018年6月9日(土)  6月9日、まちぴあを会場に、「平成30年度まちぴあ利用者協議会全体会議」を開催しました。  平成30年度4月1日現在でのまちぴあ団体登録数は、204団体(5月31日では、218団体)であり、これら登録団体の皆さんが一堂に会す場として行っているのが、利用者協議会全体会議です。
IMGP5819.JPG
 今年の全体会議には、事前に頂いていた105件の委任に加え、12団体14名の皆さんが集まって下さり、行うことができました。議事では、団体の活動に参加し..
posted by まちぴあ at 17:12

2018年04月08日

NPO法人宇都宮ピアノ研究会主催「第29回スプリングコンサート」開催のお知らせ

2018年04月08日(日) NPO法人宇都宮ピアノ研究会主催 「第29回スプリングコンサート」開催のお知らせ 0414spring.jpg ※クリックすると拡大します。 ●日 時: 2018年04月14日(土)13:30開演〜16:30終演予定(13:00開場) ●会 場: 栃木県総合文化センター サブホール(栃木県宇都宮市本町​1-8) 【参考URL】 ・第28回スプリングコンサート 取材報告まちぴあまつり2017実施レポート 宇都宮ピアノ研究会 ..
posted by まちぴあ at 13:41

2018年03月30日

来年度開催「学生ボランティア体験プログラム説明会」参加団体紹介

2018年03月30日(金) 「学生ボランティア体験プログラム説明会」参加団体紹介  まちぴあが来年度から行う「学生ボランティア体験プログラム」を行うにあたり、初めにご協力していただく7団体のご紹介をさせていただきます。 学生ボランティア体験プログラムとは高校生、大学生、専門学生、短期大学生を対象に今まで経験したことのないことに挑戦・体験するプログラムです。  2018年6月30日(土)10:00〜12:00、宇都宮市まちづくりセンターを会場に団体と参加者が..
posted by まちぴあ at 16:02

2018年03月19日

協力事業「四つ葉お楽しみ会2018」 取材報告

2018年3月19日(月)  3月18日(日)に、とちぎ健康の森・講堂を会場に、シルバー大学OB&OGで組織されているのクラブと、クラブの皆さんが行っているダンスの指導やボランティア活動などで出会った、子ども達のグループが共演する、 「四つ葉お楽しみ会2018」  が行われました。  4回目の今回は、まちぴあ登録団体でもある「共楽マジッククラブ」をはじめ、「ハーモニカ虹」「アフリカンダンスOB会」といったシルバー大学出の皆さんに加え、
IMGP5282.JPG
 ..
posted by まちぴあ at 15:25

2017年12月12日

平成29年度第3回まちぴあ利用者協議会役員会 実施報告

2017年12月12日(火)  本日、平成29年度第3回目(通算18回目)となる、まちぴあ利用者協議会・役員会を開催しました。  利用者協議会は、まちぴあオフィス入居団体や研修室を利用されている登録団体の皆さんで構成され、役員会には、その内参画を了解下さった10団体が集まり、まちぴあの運営や企画づくりなどに提案、検討を頂いている組織です。  今回は、平成29年最後のタイミングで開催された会議ということもあり、協議会の皆様にも多大のご協力を頂いた「まちぴあまつ..
posted by まちぴあ at 19:20

2017年11月06日

第4回まちぴあまつり実行委員会(まつりの振り返り) 実施しました

2017年11月6日(月)  毎年恒例の「まちぴあまつり」を10月9日に無事実施して、本日第4回目となる実行委員会を開催しました。  今回は、まつりに参加した皆さんや団体の皆さんへ向けて実施したアンケートの集計結果をもとに、振り返りを行ないました。  今回の実行委員会には、実行委員のメンバーの皆さん3団体5名が参加下さいました。
IMG_8571.JPG
 今年のまちぴあまつりは、結果的に雨の多かった10月にしては天気の良いタイミングで行なうことができ、まちぴあ周辺3つ..
posted by まちぴあ at 20:44

2017年10月18日

まちぴあまつり2017 実施レポート(4)

2017年10月18日(水)  10月9日(月・祝)に開催された、今年の「まちぴあまつり2017」。参加いただいた団体の皆さんをご紹介するこの記事も、第4弾の最終回となりました。  最後の更新は、まちぴあ館内2階にて、デモンストレーションと工作などの交流企画をあわせた「たいけんひろば」を開催し、3団体の皆さんが出演下さいました! 19)絆翔〜H・Y〜(ばんとえいちわい)  二人組みのよさこいユニットで、宇都宮市をはじめ県内や県外でもよさこいを披露して、様々..
posted by まちぴあ at 13:27

2017年10月17日

まちぴあまつり2017 実施レポート(3)

 2017年10月17日(火)  前回レポート(2)に引き続き、「まちぴあまつり2017」に参加下さった、団体の皆様をご紹介して参りましょう!  まつりでは、まちぴあの施設内にある各研修室を会場に、21団体中、4つの団体の皆さんが、それぞれの活動を活かした出し物で、来場された地域の皆さんと交流を楽しんでくれました。特に館内出展の皆さんは、工作やプチ料理教室など、体験できる出し物をメインに出展してくれました。
IMG_8433.JPG
15)NPO法人宇都宮ピアノ研究会  ク..
posted by まちぴあ at 16:42

2017年10月14日

まちぴあまつり2017 実施レポート(2)

2017年10月14日(土)  10月9日(月・祝)に、当センターにて「まちぴあまつり2017」が開催されました。『まちぴあまつり2017』実施レポート(2)に引き続き実施レポート2を更新します!
IMG_8396.JPG
 今回は、屋外出展7団体の様子をご紹介いたしましょう。 8)カンボジアっ子支援の会  女性中心の国際交流系ボランティア団体として発足し、長年に渡ってカンボジアの発展支援を続けています。ピアニカなどの楽器や文房具などを宇都宮市民の皆さんに呼びかけ回収・修理..
posted by まちぴあ at 19:42

2017年10月13日

まちぴあまつり2017 実施レポート(1)

2017年10月13日(金)  10月9日(金)当センターにて「まちぴあまつり2017」が開催されました。  今年のまちぴあまつりでは登録団体である屋外14団体、屋内7団体の計21団体による出展・活動発表が行われ、地域や近隣小学校の子ども達をはじめ、約350人の方々が来場しました。
CIMG2107.JPG
 まずは、まつり開会をつげるセレモニーが行われ、出展団体の皆さんも勢ぞろいの中、利用者協議会・まつり実行委員会の会長団体もつとめて頂いている「デックタイグループ」さんが高..
posted by まちぴあ at 15:45

2017年10月06日

あぜみち×ヘルスフードマイスター協会「ベジベジキッチン」開催のお知らせ

2017年10月06日(金) あぜみち×ヘルスフードマイスター協会「ベジベジキッチン」開催のお知らせ 私の養生は肺を補うこと〜旬の食材、温かい食事、のどをいたわる料理〜 ≪まちぴあ貸しオフィス団体:ヘルスフードマイスター協会について≫ ※10月9日(月・祝)まちぴあまつり参加 食と健康に関する様々なことを社会普及させることを目的としています。食と健康に関する講座、セミナーの開催、マイスターの講師派遣、食育サポート、アドバイス等の活動を行っています。 healthfood.jpg ..
posted by まちぴあ at 16:05

2017年10月04日

まちぴあまつり2017〜ボランティア・まちづくりとであう・きづく・つながる〜開催のお知らせ

2017年10月04日(水) まちぴあまつり2017〜ボランティア・まちづくりとであう・きづく・つながる〜開催のお知らせ  「まちぴあ」は市内で活動しているボランティア・市内活動・CSR活動(社会貢献に取り組む企業の活動)・自治会・協議会といった地域における、まちづくり活動に関わる団体や個人の方の活動拠点です。 拠点である「まちぴあ」を会場に実施して、今年が4度目の開催となります。  20171009-machipiamaturi.jpg 20171009-machipiamaturi2.jpg ※クリックすると拡大します。 宇都宮市内を中心に、各地域で活躍..
posted by まちぴあ at 18:15

2017年10月03日

『まちぴあまつり飾り作りワークショップ』実施報告・まつり当日特別企画

2017年10月03日(火) 『まちぴあまつり飾り作りワークショップ』実施報告・まつり当日特別企画  『まちぴあ飾り作りワークショップ』とは10月9日(月・祝)10:00〜14:00に予定されている「まちぴあまつり2017」に向けて館内飾り作りを行うものです。 登録団体:「手仕事サークル“いろいろ"」さんには相談を、「織炎灯」さんには子どもが使う「無地のフラックガーランド(三角の旗)」の作成手伝いをしていただきました。 50枚のフラッグガーランド作成し9/10〜..
posted by まちぴあ at 16:25

2017年10月02日

第3回まちぴあまつり2017実行委員会 実施報告

2017年10月2日(月)  毎年恒例の「まちぴあまつり」を開催すべく、本日第3回目となる実行委員会を開催しました。前回の実行委員会から、9月末の参加団体説明会を経て、今回が実施前の最終打合せとなりました。  今回の実行委員会には、実行委員のメンバーの皆さん3団体7名が参加下さいました。  今回の会議は開催前の最終会議ということで、これまでの過程において参加団体の皆様と色々と調整させていただいたおかげもあり、前日・当日のスケジュールなどを確認したほか、火気や..
posted by まちぴあ at 20:23

2017年09月26日

ピアノ研究会主催「ティーサロンコンサート2017秋」取材報告

2017年9月26日(火)  9月24日(日)、登録団体「NPO法人宇都宮ピアノ研究会」さんが主催する、年2回のコンサート企画「ティーサロンコンサート」が、栃木県総合文化センター・リハーサル室を会場に行われました。  クラシック音楽を中心に、ピアノや室内楽系の生演奏を通して、県内の音楽文化醸成に関わる活動を行っている研究会の皆さんが、「気軽に聞きに来られるコンサート」を目指して定期的に開催している企画が今回のコンサートです。  今回は、「歌 その心をもとめて..
posted by まちぴあ at 19:56

2017年09月23日

まちぴあまつり2017参加団体説明会 実施報告

2017年9月23日(土)  本日、開催まで約2週間ほどとなりました、まちぴあ登録団体が一堂に会すイベント「まちぴあまつり2017」の参加団体説明を行いました。  昨年に引き続き、敷地内での開催を予定している「まちぴあまつり2017」には、屋外にて販売などのブース出展をして下さる14団体と、館内1階に4団体に、2階研修室の体験コーナーに、ご出演いただく3団体の皆さんがご出展下さいます。  今年は、北側駐車場スペースの出展スペースを拡充し、過日、8月28日に行..
posted by まちぴあ at 16:49

2017年09月09日

まちぴあまつりに向けた「飾り作りワークショップ(子ども向け)」開催のお知らせ

2017年09月09日(土) 宇都宮市まちづくりセンター主催 まちぴあまつりに向けた「飾り作りワークショップ(子ども向け)」 2017飾りワーク.jpg ※クリックすると拡大します。 今年のまちぴあまつりもオリジナルガーランド(旗)を作るよ!! ガーランドはまちぴあまつり(10/9)施設内に貼るから探してみてね♪ 【参考URL】 昨年「飾り作りワークショップ」の様子 machipiagarland.JPG ※昨年はこのようなオリジナルガーランドを作り飾りました。 【日 時】 ※要申込み(作業:30分..
posted by まちぴあ at 13:10

2017年08月29日

第2回まちぴあまつり2017実行委員会 実施報告

2017年8月29日(火)  毎年恒例の「まちぴあまつり」を開催すべく、6月末に第一回目となる実行委員会を開催しました。そこから時間が過ぎるは早いもので、8月お盆明けには、出展希望団体の皆さんからのエントリーが取りまとめられ、  去る8月28日、第二回目となる実行委員会を開催することができました。  今回の実行委員会には、実行委員のメンバーの皆さんに加え、屋外に出展予定の団体の皆さんも加わって下さり、12名で行ないました。
IMGP3822.JPG
 飲食出展など施設の..
posted by まちぴあ at 20:37

2017年06月27日

第1回まちぴあまつり2017実行委員会 実施報告

2017年6月27日(火)  毎年恒例になりました、「まちぴあまつり」ですが、今年も10月の開催に向けて、実行委員会がスタートしました。去る、6月26日(月)に、「まちぴあまつり2017」の第1回実行委員会を行いました。  今年は、毎年お借りしている駐車場の関係もあって、10月9日(月・祝)の開催となることがきまり、今回の実行委員会では、参加を呼びかける募集要項の検討を行いました。
IMGP3287.JPG
 会議には、まちぴあ利用者協議会の皆様をはじめとした実行委員団体の皆..
posted by まちぴあ at 20:17

2017年06月11日

平成29年度まちぴあ利用者協議会全体会議 実施報告

2017年6月11日(日)  6月10日(土)、まちぴあを会場に、「平成28年度まちぴあ利用者協議会・全体会議」を開催しました。  利用者協議会は、まちぴあの利用を希望する団体が登録時に加入して頂いている組織で、「まちぴあまつり」をはじめとした主催事業へのサポートや、利用促進に関する事柄をスタッフと一緒に取り組んで下さっています。  2013年にスタートした利用者協議会も今年で5年目に入りました。これまでも利用希望が年々増えている研修室の円滑な使用についてご..
posted by まちぴあ at 13:18

2017年03月24日

平成28年度まちぴあオフィス入居団体事業報告会 実施報告

2017年03月24日(金) 平成28年度まちぴあオフィス入居団体事業報告会 実施報告  先日22日宇都宮市まちづくりセンターまちぴあ主催「平成28年度まちぴあオフィス入居団体事業報告会」が行われました。オフィス選考委員、宇都宮市みんなでまちづくり課の職員の方々、オフィス9団体(1団体欠席)20人にご参加いただきました。 officehoukoku.JPG オフィス入居団体事業報告会の様子  “まちぴあ”では、地域で市民活動やボランティアなどのまちづくり活動に取り組んでいる団体の皆さ..
posted by まちぴあ at 19:57

2017年03月20日

「第10回社会貢献活動支援助成活動報告会」取材報告

2017年03月20日(月・祝) 「第10回社会貢献活動支援助成活動報告会」取材報告  先日18日(土)宇都宮大学峰キャンパス大学会館多目的ホールにて(公社)栃木県経済同友会“第10回社会貢献活動支援助成活動報告会”が行われました。 昨年第10回社会貢献活動支援助成第二次プレゼンテーションから一年が経ち助成を受けた団体の助成金の使途・成果を含めた活動報告が行われました。 20170318-keizaidoyukai.JPG 開会の挨拶の様子 会場には交付を受けた15団体と審査員・観覧者の計50名ほどが..
posted by まちぴあ at 13:04

2017年03月09日

まちぴあ利用者協議会役員会(通算:15回目) 実施報告

2017年3月9日(木)  3月6日(月)に、3ヶ月に1回のペースで開催している、「まちぴあ利用者協議会役員会」を行いました。今回で通算15回目の会議となりました。  今回の役員会に参加下さったのは、4団体7名で、新年度を控えて年度内最後の役員会となり、年末から開始している団体更新や6月に予定している全体会議の進捗状況などについて情報交換を行ったほか、  5月21日(日)に開催が控えている「フェスタmy宇都宮2017」において、まちぴあ登録団体の皆さんが出展..
posted by まちぴあ at 19:32

2017年03月03日

「オリスクひなまつり」登録団体:宮つく参加取材報告・次回参加予定のお知らせ

2017年03月03日(金) 宇都宮・高校生まちづくりプロジェクト「宮つく」参加 「オリスクひなまつり」取材報告・次回参加予定のお知らせ  先日26日(日)オリオンスクエア会場で行われた「オリスクひなまつり」にまちぴあ登録団体である宇都宮・高校生まちづくりプロジェクト「宮つく」が参加し取材を行いました。 「宮つく」では高校生ならではの視点で、宇都宮が抱える課題を発見し、高校生によるまちづくり活動(イベント開催・出展)を行い、宇都宮市を盛り上げる活動を行っています..
posted by まちぴあ at 14:00

2017年01月09日

「子ども&大人のための健康リフレッシュサークル」開催のお知らせ

2017年01月09日(月・祝) ポリリズムSmilefitこっころ 育児中のママ 子連れ参加大歓迎 『子ども&大人のための健康リフレッシュサークル』開催のお知らせ 20170110-0330-kodomootona.jpg ※クリックすると拡大します。 ≪プログラム≫ 『ベビーセラピー(ベビーマッサージ)&親子エアロビクス』 →生後1ヶ月の赤ちゃんから参加OK!ママも体型戻しに汗を流そう! ●日にち: 2/7(火),3/27(月)  ●時 間: 10:30〜11:30 ●参加費: ベビーセラピー5..
posted by まちぴあ at 15:31

2016年12月20日

「ティーサロン・コンサート≪クリスマス・コンサート≫」開催のお知らせ

2016年12月20日(火) NPO法人宇都宮ピアノ研究会 『ティーサロン・コンサート≪クリスマス・コンサート≫』 20161225-piano.jpg ※クリックすると拡大します。 ●日 時: 2016年12月25日(日) 午後2:00開演(午後1:30開場) ●会 場: 栃木県総合文化センター 3階「音楽練習室」 ≪Program≫ 『クリスマスメドレー』 連弾 『アヴェヴェルムコルプス』他 混声合唱 『ヴァイオリンソナタ Op.1-No.13』 ヘンデル作曲 『1..
posted by まちぴあ at 13:06

2016年12月18日

ピアノ研究会@マクドナルドハウスとちぎ「オープンハウスコンサート」参加レポート

2016年12月18日(日)  去る12月10日(土)、下野市自治医科大学前にある「マクドナルドハウスとちぎ」において開催された「オープンハウス」に、まちぴあ登録団体であり、利用者協議会役員団体も勤めて下さっている「NPO法人宇都宮ピアノ研究会」の皆さんが、参加されました。  その際の様子をご報告いただいたので、ブログでもご紹介いたします! ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★  難病などの病気と闘う子どもをもつ家族が、病院から近く、安価に宿泊できる..
posted by まちぴあ at 14:40

2016年12月06日

平成28年度第3回まちぴあ利用者協議会役員会 実施報告

 2016年12月6日(火)  12月5日(月)に、3ヶ月に1回のペースで開催している、「まちぴあ利用者協議会役員会」を行いました。今回で通算14回目の会議となりました。  10月に開催した、まちぴあまつりを無事終了し、実行委員会も兼ねて開催する形式でない通常版の会議となりましたが、師走の忙しい中、6名の皆さんと意見交換を行うことができました。
DSC05540.JPG
 今回の会議では、年末から年始、年度末にかけて団体登録の更新や、年度内の活動報告書の提出の御願いなど、団体..
posted by まちぴあ at 20:39

2016年11月20日

登録団体協働企画「健康ストレッチ教室」 実施報告

2016年11月20日(日)  去る11月17日(土)、まちぴあ登録団体の「NPOせせらぎ」さんと、企業組織としてご登録下さっている「テンプスタッフ宇都宮オフィス」の皆さんが、協働した企画をご報告下さいました。  NPOせせらぎさんは、花粉症や腰痛、肩こりといった症状を和らげる健康法をアドバイスしたり、実際に体験してもらうことを通して、市民の健康づくりに寄与する活動を行っている団体です。まちぴあ利用者協議会の役員団体も勤めて頂くなど、センター利用だけでなく様々な面..
posted by まちぴあ at 14:24

2016年11月19日

「第28回MOA美術館栃木児童作品展表彰式」取材報告

2016年11月19日(日) 「第28回MOA美術館栃木児童作品展表彰式」取材報告 moajidou.JPG 開会の様子  本日まちぴあ登録団体MOAインターナショナル栃木も関わる「第28回MOA美術館栃木児童作品展表彰式」が行われました。 会場となった栃木県総合文化センターサブホールには賞に選ばれお子さんたちと保護者350名程度の方々が来場されていました。 moajidou2.JPG NPO法人ピアノ研究会による演奏  表彰式開会後、同じくまちぴあ登録団体NPO法人宇都宮ピアノ研究会による..
posted by まちぴあ at 17:19

2016年11月09日

登録団体:テンプスタッフさんからの物品寄贈

2016年11月9日(水)  10月16日に、たくさんの団体の皆様や来場者の皆様の協力を得て行なうことができた「まちぴあまつり2016」において、  今年はじめてご出展下さった、テンプスタッフキャリアコンサルティング(株)宇都宮オフィスの皆様から、物品寄贈を頂きました。  テンプスタッフ宇都宮オフィスの皆さんは、市からの委託事業を通じて生活保護などの方々へ向けて再就職プログラムを業務として行なっておられます。まちぴあには、企業としてご登録いただき、まちぴあが..
posted by まちぴあ at 16:43

2016年11月04日

第4回実行委員会〜まちぴあまつり2016反省会 実施報告

2016年11月4日(金)  去る11月1日(火)、10月16日に無事開催することができた「まちぴあまつり2016」の反省会を行いました。  今回の会議には実行委員会の団体5団体6名(スタッフ3名:計9名)が集まりました。  今年のまちぴあまつりは、広報も兼ねた「飾りづくりワークショップ」(まつりに飾る旗などの創作教室)など材料や作成について、まちぴあ利用団体の皆さんに声をかけさせてもらい、多くの協力を得ながらできたことや、 IMGP1087.JPG  これまでまつりに..
posted by まちぴあ at 17:18

2016年10月20日

『まちぴあまつり2016』実施レポートpart3

2016年10月20日(木) 『まちぴあまつり2016』実施レポート part3  2016年10月16日(日)当センターにて「まちぴあまつり2016」が開催されました。 『まちぴあまつり2016』実施レポートpart1実施レポートpart2part2に引き続き実施レポートpart3を更新します。 maturi201610.JPG NPO法人仕事と子育て両立支援センターの様子 【NPO法人仕事と子育て両立支援センター】 年度報告書  会員制ベビーシッター、ハウスキーパー、ベビー..
posted by まちぴあ at 11:16

2016年10月19日

『まちぴあまつり2016』実施レポート part2

2016年10月19日(水) 『まちぴあまつり2016』実施レポート part2  2016年10月16日(日)当センターにて「まちぴあまつり2016」が開催されました。 『まちぴあまつり2016』実施レポート part1に引き続き実施レポート2を更新します。 maturi2016-1.JPG 遊布の会の様子 【遊布の会】  リサイクル布を活用した作品の作成やイベント、バザーなどでの作成品の販売(※販売益は福祉施設などへ寄付しています。)などの活動をされている遊布の会。今回リサイ..
posted by まちぴあ at 13:52

2016年10月18日

まちぴあまつり2016実施レポート part1

2016年10月18日(火) 『まちぴあまつり2016』実施レポート part1 IMG_7287.JPG 開会式の様子  2016年10月16日(日)当センターにて「まちぴあまつり2016」が開催されました。 今年のまちぴあまつりでは登録団体である屋外14団体、屋内4団体、ステージ6団体の計24団体による出展・活動発表が行われ約300人の方々が来場されました。 始めに行われた開会セレモニーでは出展・活動発表団体の皆様にもご参加いただき快晴の中、『まちぴあまつり2016』がスター..
posted by まちぴあ at 14:26

2016年10月15日

『まちぴあまつり当日パンフレット・前日準備と飾り付け作業』

2016年10月15日(土) 『まちぴあまつり当日パンフレット・前日準備と飾り付け作業』 001.JPG まちぴあまつり前日準備後の様子  本日行われた『まちぴあまつり前日準備』ではまちぴあ駐車場に全14張のテントを設置する作業をまちぴあスタッフとテント出展団体の方々を含めた約10人程度で活動を行いました。 『まちぴあまつり飾り付け作業』ではまちぴあスタッフと出展団体の方々を含めた計5人で活動を行いました。館外の様子は明日お楽しみに。  また『まちぴあまつり201..
posted by まちぴあ at 19:23

2016年10月10日

『まちぴあまつり2016』開催のお知らせ&団体紹介

2016年10月10日(月・祝) 主催:まちぴあまつり2016実行委員会・宇都宮市 『まちぴあまつり2016』〜であう・きづく・つながる〜 20161016-machipiamaturi.jpg ※クリックすると拡大します。  「まちぴあ」は市内で活動しているボランティア・市内活動・CSR活動(社会貢献に取り組む企業の活動)・自治会・協議会といった地域における、まちづくり活動に関わる団体や個人の方の活動拠点です。 拠点である「まちぴあ」を会場に実施して、今年が3度目の開催となります。 宇都宮市内を中心に、..
posted by まちぴあ at 13:25

2016年10月07日

『第4回まちぴあまつり飾り作りワークショップ』実施報告

2016年10月07日(金) 『第4回まちぴあまつり飾り作りワークショップ』実施報告 kazari-1.JPG 10/2飾り作りワークショップの様子  第4回目『まちぴあ飾り作りワークショップ』が行われ、登録団体『影絵光』『英語絵本ワークショップ』とスタッフ1名の計5名で活動を行いました。おどり旗に付ける輪部分の作成やフラッグガーラントを作りました。  『まちぴあ飾り作りワークショップ』とは10月16日(日)に予定されている『まちぴあまつり2016』に向けて飾り作り(館内..
posted by まちぴあ at 16:45

2016年09月23日

ウシさんのバルーン教室@まちぴあまつり2016!〜ハロウィンバルーンを作ろう♪参加者募集

2016年9月23日(金)  過日9月17日に参加団体説明会を行い、登録団体や個人ボランティアの方など、多くの皆さんにご協力を頂きながら行っている、ガーラントづくりワークショップなど、来月10月16日(日)に迫った、 「まちぴあまつり2016」  の準備が着々とすすんでおります。その、まちぴあまつりの中で、一昨年は子ども達と妖怪体操を踊り完全燃焼し、昨年は館内で風船プレゼントをして日々の活動の成果を見せた、バルーン活動屋さんこと「ウシ」。  今年は、も..
posted by まちぴあ at 19:54

2016年09月22日

『第3回まちぴあまつり飾り作りワークショップ』実施報告

2016年9月22日(木) 『第3回まちぴあまつり飾り作りワークショップ』実施報告  先日18日まちぴあ情報展示室にて第3回目『まちぴあ飾り作りワークショップ』が行われ、登録団体『影絵光』からボランティア3名とスタッフ1名の計4名で活動を行いました。 『まちぴあ飾り作りワークショップ』とは10月16日(日)に予定されている『まちぴあまつり2016』に向けて飾り作り(館内・屋外)を行うものです。 DSC04970.JPG 飾り作りワークショップの様子  大人の方には布と糸と針..
posted by まちぴあ at 16:16

2016年09月17日

まちぴあまつり2016「参加団体説明会」 実施報告

2016年9月16日(土)  本日、開催まで一か月となりました、まちぴあ登録団体が一堂に会すイベント「まちぴあまつり2016」の参加団体説明を行いました。  昨年に引き続き、敷地内での開催を予定している「まちぴあまつり2016」には、屋外にて販売などのブース出展をして下さる14団体と、館内1階の会場で体験などのコーナーを展開下さる4団体に、
IMGP0507.JPG
 2階研修室のミニステージにご出演いただく6団体の皆さんがご出展下さいます。  今年は、「もっと多くの団..
posted by まちぴあ at 17:14

2016年09月07日

『第2回まちぴあまつり飾り作りワークショップ』実施報告

2016年9月7日(水) 『第2回まちぴあまつり飾り作りワークショップ』実施報告 201609041.JPG 飾り作りワークショップの様子  先日4日まちぴあ情報展示室にて第2回目『まちぴあ飾り作りワークショップ』が行われ、ボランティア7名とスタッフ1名の計8名で活動を行いました。 『まちぴあ飾り作りワークショップ』とは10月16日(日)に予定されている『まちぴあまつり2016』に向けて飾り作り(館内・屋外)を行うものです。 201609042.JPG 子ども用フラックガーランド作成    大人..
posted by まちぴあ at 20:46

2016年09月07日

NPO法人宇都宮ピアノ研究会『舘野泉ピアノ・リサイタル』開催のお知らせ

2016年9月7日(水) NPO法人宇都宮ピアノ研究会『舘野泉ピアノ・リサイタル』 〜奇跡のピアニスト 左手が織りなす命の音楽〜 20160914-piano.jpg ※クリックすると拡大します。 20160914-piano2.jpg ※クリックするとお拡大します。 ●日 時: 2016年9月14日(水)開演19:00(開場18:30) ●場 所: 栃木県総合文化センター メインホール(宇都宮市本町1-8) 奇跡のピアニスト: 舘野 泉 ≪プロフィール≫  1963年東京生まれ。 1960年..
posted by まちぴあ at 14:03

2016年08月30日

宇都宮ピアノ研究会主催「ティーサロンコンサート2016」 取材協力

2016年8月30日(火)  去る8月28日(日)に、まちぴあ登録団体でもあり、まちぴあで開催する「まちぴあまつり」をはじめとした事業に関って下さっている、NPO法人宇都宮ピアノ研究会さん主催による、音楽コンサートが、栃木県総合文化センター音楽練習室を会場に行われました。 「ティーサロンコンサート2016」  は、生の楽器演奏による音楽の素晴らしさをもっと身近に感じてもらおうと、ピアノ研究会の皆さんが、夏ごろと12月ごろの年間2回行っている主催コンサート活動..
posted by まちぴあ at 12:50

2016年08月29日

『まちぴあまつり2016 第2回実行委員会』報告

2016年8月29日(月) 『まちぴあまつり2016 第2回実行委員会』報告 DSC04877.JPG まちぴあまつり2016 第2回実行委員会の様子  今年10月16日(日)に開催を計画している「まちぴあまつり」2016年度実行委員会の第2回を本日行いました。 まちぴあスタッフ2名とみんなでまちづくり課1名、実行委員会である10団体の皆様の計13名が参加しました。 今年の実行委員会は、イベント開催までのアイデアや検討などを、主催であるまちぴあ事務局とともに行っています。 ..
posted by まちぴあ at 21:04

2016年08月25日

第48回まちぴあオフィス意見交換会 実施報告

2016年8月25日(木)   昨日の8月24日、当センター2階の「貸オフィス」を利用されている団体の皆様にお集まりいただき、今年度第5回目(通算:48回目)のオフィス意見交換会を開催いたしました。  「貸オフィス」は、熱心に活動をされている市民活動団体さんの発展と自立を支援する当センターの事業です。今年度からは、これまで継続で利用してくださっている団体の皆さんも含め、審査で選ばれた11団体の方々に、ご入居・ご利用をいただいています。
IMGP0240.JPG
 今回は「TN..
posted by まちぴあ at 16:17

2016年08月23日

『まちぴあまつり飾り作りワークショップ』実施報告

2016年8月23日(火) 『まちぴあまつり飾り作りワークショップ』実施報告  本年度から始まった『まちぴあまつり飾り作りワークショップ』。 先日21日に初回となる第1回目まちぴあ情報展示室にて行われ、スタッフ1名とボランティアでの活動となりました。  10月16日(日)に予定されている『まちぴあまつり』に向けて飾り作りを行うものです。 大人の方には布と糸と針を使って「フラックガーランド(三角の旗)」を行い、小さいお子さんには手形や好きな絵を「無地のフラック..
posted by まちぴあ at 16:53

2016年08月11日

『まちぴあまつり飾り作りワークショップ』開催のお知らせ

2016年8月11日(木) ボランティア体験プログラム 『まちぴあまつり飾り作りワークショップ』開催のお知らせ 20160821-kazariworkshop.jpg ※クリックすると拡大します。 ボランティア体験プログラム『まちぴあまつり飾り作り体験ワークショップ』は今年初めてとなる取り組みです。これまで前日準備として行ってきた飾り作り・飾り付けの作業を2ヶ月前から沢山の方の協力のもと行おうというものです。 kazari.JPG 昨年のまちぴあまつり ガーラントを張りました。  布や紙を使って飾りを作り、作った..
posted by まちぴあ at 11:12

2016年07月21日

第47回まちぴあオフィス意見交換会 実施報告

2016年7月21日(木)  昨日の7月20日、当センター2階の「貸オフィス」を利用されている団体の皆様にお集まりいただき、今年度第4回目(通算:47回目)のオフィス意見交換会を開催いたしました。  「貸オフィス」は、熱心に活動をされている市民活動団体さんの発展と自立を支援する当センターの事業です。今年度からは、これまで継続で利用してくださっている団体の皆さんも含め、審査で選ばれた11団体の方々に、ご入居・ご利用をいただいています。  今回は「TNJ在日タイ..
posted by まちぴあ at 09:35

2016年06月28日

第1回まちぴあまつり2016実行委員会 報告

 2016年6月28日(火)  今年もこの季節がやって参りました!  今年10月16日(日)に開催を計画している「まちぴあまつり」の2016年度実行委員会の第1回を昨日行いました。  まちぴあまつりの実行委員会は、利用者協議会の役員団体を勤めて下さっている10団体の皆さんと、過日開催された「まちぴあ利用者協議会」にて、実行委員に参加希望を下さった登録団体のの方々で組織しています。  今年の実行委員会は、役員団体に加え4団体が参加くださることとなり、イベ..
posted by まちぴあ at 14:30

2016年06月22日

第46回まちぴあオフィス意見交換会 実施報告

2016年6月22日(水)  本日、当センター2階の「貸オフィス」を利用されている団体の皆様にお集まりいただき、今年度第3回目(通算:46回目)のオフィス意見交換会を開催いたしました。  「貸オフィス」は、熱心に活動をされている市民活動団体さんの発展と自立を支援する当センターの事業です。今年度からは、これまで継続で利用してくださっている団体の皆さんも含め、審査で選ばれた11団体の方々に、ご入居・ご利用をいただいています。
DSCF5241.jpg
 今回は「TNJ在日タイ人ネ..
posted by まちぴあ at 20:44

2016年06月12日

平成28年度まちぴあ利用者協議会・全体会議 実施報告

2016年6月12日(日)  6月11日(土)に、まちぴあを会場に、「平成28年度まちぴあ利用者協議会・全体会議」を開催しました。  平成28年度4月1日現在でのまちぴあ団体登録数は、216団体(5月31日では、234団体)であり、これら登録団体の皆さんが一堂に会す場として行っているのが、利用者協議会です。
DSC04405.JPG
 今年の全体会議には、事前に頂いていた85件の委任に加え、25団体37名の皆さんが集まって下さり、行うことができました。議事では、昨年度からセン..
posted by まちぴあ at 11:14

2016年06月06日

平成28年度第1回まちぴあ利用者協議会役員会 実施報告

2016年6月6日(月)  6月3日(金)に、3ヶ月に1回のペースで開催している、「まちぴあ利用者協議会役員会」を行いました。今年度第1回(通算12回目)の会議となりました。  会議には役員6団体:9名が参加くださいました。  今回は、6月11日に開催を予定している「まちぴあ利用者協議会・全体会議」の進捗状況と、6月末くらいから例年スタートする「まちぴあまつり実行委員会」のスケジュールなどについて役員団体の皆さんと情報共有を行ないました。
DSCF5132.JPG
 全..
posted by まちぴあ at 11:54

2016年05月18日

フェスタmy宇都宮2016「まちぴあひろば」実施報告その2

2016年05月18日(水) フェスタmy宇都宮2016「まちぴあひろば」実施報告その2  昨日5月15日(日)に宇都宮城址公園を中心とした会場にて『フェスタmy宇都宮2016』が開催されました。 第29回目となる『フェスタmy宇都宮』は各種団体や企業が、日頃の活動や練習の成果を発表するとともに、来場者のみなさんとコミュニケーションを深め、宇都宮の素晴らしさを認識・再発見する場として、多くの市民の参加により実施されています。 ☆フェスタmy宇都2016「まち..
posted by まちぴあ at 13:45

2016年04月30日

宇都宮ピアノ研究会主催「第27回スプリングコンサート」取材報告

2016年4月30日(土)  今年も、まちぴあの登録団体でもある「NPO法人宇都宮ピアノ研究会」さん主催による、「スプリングコンサート」が、4月29日に栃木県総合文化センター・サブホールにて行われました。
DSCF4587.JPG
 今回で27回目になるこのコンサートは、法人化するずっと以前より、ピアノ研究会さんたちが自らの発表の場として定期的に入場無料で開催しているものです。
DSCF4489.JPG
 会場には200名以上のお客様が集まった様子でした。  受付ロビーには、平成27年度..
posted by まちぴあ at 09:28

2016年04月14日

平成27年度宇都宮市市民活動助成金交付団体・事業発表会 報告

2016年4月14日(木) 『平成27年度宇都宮市市民活動助成金交付団体・事業発表会』報告  去る、4月9日、平成27年度に「宇都宮市市民活動助成金」の交付を受け、市内を中心にさまざまな活動をされた、まちづくり団体の皆さんによる、平成27年度一年間の活動発表会が、宇都宮市の14階大会議室にて行われました。 「宇都宮市市民活動助成金」まちぴあブログ 宇都宮市市民活動助成金 取材ブログ一覧  は、活動発足間もない団体が応募できる「スタート支援コース」..
posted by まちぴあ at 17:54

2016年03月18日

平成27年度まちぴあオフィス入居団体事業報告会 実施報告

2016年3月18日(金) 本日3月18日(金)、宇都宮市まちづくりセンターまちぴあにて、 「平成27年度まちぴあオフィス入居団体事業報告会」が行われました。 office2016.JPG オフィス入居団体事業報告会の様子  “まちぴあ”では、地域で市民活動やボランティアなどのまちづくり活動に取り組んでいる団体の皆さんを対象に、団体の組織運営の自立や活動の活性化を支援するための事務用スペースとして、「オフィス」を設置しております。27年度は11団体(うち1団体は昨年6月に新事務所移..
posted by まちぴあ at 21:01

2015年12月09日

まちぴあ利用者協議会役員会(通算:第10回) 実施報告

 2015年12月9日(水)  本日、3ヶ月に1回のペースで開催している、「まちぴあ利用者協議会役員会」を行いました。今回で通算10回目の会議となりました。  10月に開催した、まちぴあまつりを無事終了し、実行委員会も兼ねて開催する形式でない通常版の会議となりましたが、師走の忙しい中、7名の皆さんと意見交換を行うことができました。
DSCF3063.JPG
 今回の会議では、年末から年始、年度末にかけて団体登録の更新や、年度内の活動報告書の提出の御願いなど、団体の皆さんにご協..
posted by まちぴあ at 20:22

2015年12月07日

『ティーサロン・コンサート≪クリスマス・コンサート≫』開催のお知らせ

2015年12月07日(月) 『ティーサロン・コンサート≪クリスマス・コンサート≫』 20151220-pianotea.jpg ●日 時: 2015年12月20日(日) 午後2:00開演(午後1:30開場) ●会 場: 栃木県総合文化センター 3階「音楽練習室」 ≪Program≫ 『くるみ割り人形』 チャイコフスキー作曲 『岩の上の羊飼い』 シューペルト作曲 『ババールの冒険』 ピエール・ヴェロンヌ作曲 『無言歌集』より メンデルスゾーン作曲 『ヴァイオリンソナタ第4番』 ..
posted by まちぴあ at 13:34

2015年11月12日

「まちぴあまつり2015反省会」実施報告

2015年11月12日(木)  去る、11月10日(火)に、10月18日で初のセンター敷地内での開催となり、賑々しく行うことができた「まちぴあまつり2015」の反省会を行いました。  会議には、イベントの中心でもある「まちぴあ利用者協議会」の皆さんをはじめ、まつり実施のために設置した「実行委員会」や出展者の皆さん、8名がご参加下さり行うことができました。  イベント開催の基本線としては、「センターの所在地を知ってもらう」ことも含め、このまちぴあ敷地内でもって..
posted by まちぴあ at 19:01

2015年11月02日

『子どもと接するひとのLGBT基礎講座』開催のお知らせ

2015年11月02日(月) S‐PEC講演会のご案内 『子どもと接するひとのLGBT基礎講座』 20151107-s-pec-lgbt.jpg 今回で10回目となります講演会。講師に遠藤まめたさんをお迎えします。 現在の日本における「LGBTと教育」の概要についてお話していただきます。 LGBTとは…レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー(性同一性障害)の 頭文字を取ったもので、性的マイノリティの総称として使われているもののひとつです。 ●講 師: 遠藤 まめた氏 ≪..
posted by まちぴあ at 16:13

2015年10月28日

『平成27年度貸しオフィス前期報告書』

2015年10月28日(水) 『平成27年度貸しオフィス前期報告書』 blog-office.jpg New平成28年度「まちぴあオフィス」入居団体募集(11月30日(月)募集締切) ・宇都宮市まちづくりセンター 貸しオフィス “まちぴあ”では、地域で市民活動やボランティアなどのまちづくり活動に取り組んでいる団体の皆さんを対象に、団体の組織運営の自立や活動の活性化を支援するための事務用スペースとして、「オフィス」を設置し、その入居団体を募集しています。 ★【NPO法人KHJとち..
posted by まちぴあ at 17:58

2015年10月22日

まちぴあまつり2015 実施レポートpart3

2015年10月22日(木) まちぴあまつり2015 実施レポートpart3  10月18日(日)に開催された『まちぴあまつり2015』 今回はまちぴあまつり2015 実施レポートpart2に引き続き、屋内・ステージ団体の紹介と当日の様子を更新いたします。  屋内3団体及びステージ5団体です。 blog-maturi101817.JPG (影絵光 上演中) 【屋内:研修室C】 blog-maturi101818.JPG影絵光】 平成26年度団体活動紹介  影絵の上演・製作の活動をまちぴあ等で行い、市内各地の施設等で公演..
posted by まちぴあ at 13:17

2015年10月21日

第39回かおる会(貸オフィス意見交換会)実施報告

2015年10月21日(水)  本日10月21日(水)、当センター2階の「貸オフィス」を利用されている団体の皆様にお集まりいただき、今年度第7回目のかおる会(貸オフィス意見交換会)を開催いたしました。  「貸オフィス」は、熱心に活動をされている市民活動団体さんの発展と自立を支援する当センターの事業です。審査で選ばれた10団体の方々に、現在ご入居・ご利用をいただいています。 DSC03496blog.jpg  今回は4団体(ヘルスフードマイスター協会デックタイグループ仕事と子育て両..
posted by まちぴあ at 20:58

2015年10月21日

まちぴあまつり2015 実施レポートpart2

2015年10月21日(水) まちぴあまつり2015 実施レポートpart2  10月18日(日)に開催された『まちぴあまつり2015』 今回はまちぴあまつり2015 実施レポートpart1に引き続き、屋外・屋内団体の紹介と当日の様子を更新いたします。  屋外7団体の紹介と屋内1団体です。 blog-maturi10189.JPG (技術士会による紙ヘリコプター作成) blog-maturi101810.JPG 貸しオフィス団体:【一般社団法人ヘルスフードマイスター協会】  健康づくりを目的に食と健康に関するイベントや講座..
posted by まちぴあ at 16:08

2015年10月20日

まちぴあまつり2015 実施レポート part1

2015年10月20日(火) 『まちぴあまつり2015』実施レポート part1 blog-maturi1018.JPG  2015年10月18日(日)当センターにて「まちぴあまつり2015」が開催されました。 10:00〜15:00の間、300人程の方々が来場されました。  開会に先立ち行われたセレモニーには、出展団体の皆様にもご参加いただき快晴の中、『まちぴあまつり2015』がスタートしました。   今回のまちぴあまつりでは屋外12団体、屋内4団体、ステージ5団体の計21団体が出展・発表..
posted by まちぴあ at 18:22

2015年10月18日

『まちぴあまつり2015』当日準備

2015年10月18日(日) 昨日まちぴあまつりの前日準備が行なわれテントや机イスの準備、他 館内・館外の飾り付けがおこなわれました。 IMG_4521mini.jpg 館内・館外を含めた21の団体さんが盛り上げます。 まつりでの活動等につきましては まちぴあブログ団体紹介にて掲載されております。 そして本日10時〜15時、 「まちぴあまつり2015」開催となります。 スタッフ一同皆さまの来館お待ちしております。 ★駐車場★臨時駐車場として 宇都宮白楊高校の駐車場を..
posted by まちぴあ at 08:38

2015年10月13日

宇都宮ピアノ研究会「ティーサロンコンサート2015秋」主催報告

2015年10月13日(火)  去る10月12日(月・祝)、まちぴあの登録団体であり、平成27年度宇都宮市市民活動助成事業として事業を行っている「NPO法人宇都宮ピアノ研究会」主催の、  ティーサロンコンサート
DSCF2471.JPG
 が、栃木県総合文化センター・リハーサル室を会場に開催されました。 「宇都宮ピアノ研究会」さんは、県内で活動しているピアノ講師やその生徒、音楽を愛するメンバーで構成された市民グループで、これまでに25年以上にわたり、年1回のピアノコンサ..
posted by まちぴあ at 12:35

2015年10月12日

Smilefit『ピラティスde女子力アップ』

2015年10月12日(月・祝) Smilefit『ピラティスde女子力アップ』 blog-smilefit.jpg 以前まちぴあブログ取材報告をさせていただきました。 Smilefit主催による『“Pilates & Aroma”』。 この度、チラシが届きましたので、広報させていただきます。 ピラティスってなに? 独自の呼吸法を用いて、主に体幹の深層部を鍛える運動です。 ピラティス初心者でも大丈夫。 行ったらきっと続けたくなります。 楽しみながら育児にも負けないからだ作り♪ 肩..
posted by まちぴあ at 15:59

2015年09月28日

『まちぴあまつり2015』団体紹介

2015年09月28日(月) 『まちぴあまつり2015』団体紹介 ついに来月開催される『まちぴあまつり2015』26日に行なった参加団体説明会も行い、後は前日準備及び当日開催のみとなりました。 今回は団体紹介として全21団体の方々の紹介を行ないます。 今回も『であう』『きづく』『つながる』をテーマに開催いたします。 blog-machipiamaturi20151018.jpg ■日 時: 2015年10月18日(日)10:00〜15:00 ■会 場: 宇都宮市まちづくりセンター まちぴあ (宇都宮市..
posted by まちぴあ at 12:48

2015年09月27日

宇都宮市市民活動助成事業『ティ​ー・サロン・コンサート《コーラ​ス》』開催のお知らせ

2015年09月27日(日) 宇都宮市市民活動助成事業 『ティ​ー・サロン・コンサート《コーラ​ス》』 blog-teasalon1012.jpg ●日 時: 2015年10月12日(月・休​)午後2:00開演(午後1:3​0開場) ●場 所: 栃木県総合文化センター 地下2階「リハーサル室」(宇都​宮市本町1−8) ◆Program: 【第一部】 ・混声合唱のための組曲『大志の​歌』〜森の校歌祭 安野 光雄:作詞 / 森ミドリ:作曲 ・みんなで歌いましょう『大きな​古時計..
posted by まちぴあ at 12:13

2015年09月26日

まちぴあまつり2015「参加団体説明会」 実施報告

2015年9月26日(土)  本日、開催まで一か月となりました、まちぴあ登録団体が一堂に会すイベント「まちぴあまつり2015」の参加団体説明を行いました。  昨年に引き続き、敷地内での開催を予定している「まちぴあまつり2015」には、屋外にて販売などのブース出展をして下さる12団体と、館内1階の会場で体験などのコーナーを展開下さる4団体に、
DSCF2199.JPG
 2階研修室のミニステージにご出演いただく5団体の皆さんがご出展下さいます。  今年は、これまで使ってい..
posted by まちぴあ at 19:13

2015年09月17日

第38回オフィス意見交換会&インターン感想 報告

2015年09月17日(木) 第38回オフィス意見交換会 報告 blog-38office.JPG 昨日の9月16日(水)、当センター2階の「貸しオフィス」を利用されている団体の皆様にお集まりいただき、第38回オフィス意見交換会を開催いたしました。「貸しオフィス」は、熱心に活動されている市民団体さんの発展と自立を支援する当センターの事業です。現在、審査で選ばれた10団体の方々に、ご入居・ご利用いただいています。 今回の意見交換会には、「ヘルスフードマイスター協会」「デックタイグループ」「栃..
posted by まちぴあ at 18:57

2015年09月17日

『Smilefit“Pilates & Aroma”』取材報告&インターン感想

2015年 9月17日(金) 『Smilefit“Pilates & Aroma”』取材報告&インターン感想 blog-smilefit01.JPG 前回9