CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2022年01月30日

令和3年度第4回「クリーン&ウオーク」参加者募集♪

2022年1月30日(日)

 少しずつですが、お日様がいらっしゃる時間も長くなってきた気がしています。まだまだ、寒い日が続きますが、着実に春に向けて季節は進んでいることを実感する、温かな日中も増えている昨今でございますね。

 一方で、新型コロナウイルス感染拡大も続いており、体調面を含め何かと心配なことも相変わらず多いところです。

 昨年同時期からコロナ下での運動不足解消と地域美化の「きっかけ」をつくることを目的にした「クリーン&ウオーク」の2月活動予定を更新しましたので、関心のある皆さんは、ぜひ、ご一読、ご参加をご検討下さい。

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

冬季ボランティア体験プログラム(通算:第8回)
令和3年度第4回「クリーン&ウオーク」

kuriuo220212.jpg


■日 時:2022年2月12日(土)10:00〜12:00
      ※実働1時間程度を予定しています。12:00には完全終了。

■集合場所:宇都宮市まちづくりセンター「まちぴあ」

■活動地域:駅東公園とその周辺
       ※コースは決めません。ご自由に散策下さい。
        公園内や外周など歩きたいところのゴミを回収しましょう。
        集まったゴミは、まちぴあで回収し処理します。

■参加費:無 料

■持ち物:動きやすい服装、軍手・飲物(任意)

■定 員:10名程度

■その他
・密防止の人数把握のため、事前に申し込みをお願いします。
・軍手、ゴミ拾い用ミニポリ袋は、まちぴあで準備します。
 マイ軍手などの持参も歓迎です。
・雨天の場合は中止です。個別に連絡はしませんので無理なく各自で判断下さい。
 時間になったら開始しますので、ご了承下さい。

【申込方法】
・電話、メール、Google formまたは下記「宇都宮市まちづくり活動応援事業」より
 お申込み下さい。

「宇都宮市まちづくり活動応援事業」でも発信しております。
 パソコンやスマホで応援事業に登録し、このボランティアに参加申込みした場合には、
 当日ポイントを付与できます。(18歳以上の市民が対象)ぜひ、ご利用ください。

【問合先】
 ・宇都宮市まちづくりセンター(担当:小倉)
   TEL:028-661-2778
   mail: info@u-machipia.org

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

※ 追 伸 ※
 ・感染症拡大期間中での参加募集となります。
  あくまで、ご自身の体調管理を第一に参加をご検討下さい。
 ・申込後、当日少しでも体調不良を感じた場合には、連絡しなくてもいいですので
  お休み下さい。
 ・今プログラムは、市内企業及び市役所からゴミ袋等の備品提供を頂いています。
  そのため、主催回に参加できなくても、各自参加できる時にボランティア可能です。
  ボランティア体験の必要がある学生の皆さんなど、近しいお友達とともに別途ご相談
  を受付られますので、ご安心下さい。
 ・必要とする学生さん対象ですが、「活動証明書」を発行できます。
  まちぴあオリジナルの感謝状的な証明ですが、希望される場合には申し出て下さい。

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

(記事投稿:O)

2022年01月29日

令和3年度宇都宮市市民活動助成金交付団体紹介(10)TABUWATA(タブワタ)

1月29日(土)

宇都宮市では、市内で活動している市民活動、ボランティア団体の皆さんを支援する「宇都宮市民活動助成」を行っています。平成15年にスタートし、200団体ほどの活動団体に助成交付がありました。

 障がい者・高齢者・母子等福祉事業や、自然環境保護、リサイクル、文化・芸術の振興等、宇都宮市のまちづくりにつながる市民発の様々な事業が実施されてきました。

 令和3年度は、15団体が交付を受け年度内の活動を行っています。このコーナーでは助成金交付団体の皆様を順次ご紹介し、宇都宮市内で行われている、まちづくり活動の様子をお伝えしていきます。

★★★★★★
今回ご紹介するのは「TABUWATA(タブワタ)」です。

この団体は、日本人・外国人関係なく、多様な人々が暮らしやすい地域社会を作っていくことを目的に令和3年3月に設立されました。
団体名の由来は、「多文化共生に興味あるんです、私」の略であり、様々な人が自分事として一緒に釣り組んで欲しいという思いが込められています。
今回は、12月26日に行われた「やさしい日本語で話してみよう」という冊子の読書会を取材してきたのでその時の様子を紹介します。

この日の読書会に参加したのはメンバー3人とオンライン参加の方1人で合わせて4人。
日常生活のなかで外国人の方と話をするときのコミュニケーション方法の一つである「やさしい日本語」で話すポイントなどについて、冊子を読みながら対応を学んでいました。

IMG_2552.JPG


冊子の内容は、登場人物の会話をもとにより分かりやすい日本語での会話を考えるというものでしたが、読んでいく中で気になった部分は、「どういう言い回しがいいのかな」「こういう言い回しだったら分かりやすいかな?」など話し合いながら進めていました。

IMG_2574.JPG
       「冊子内のやさしい日本語バージョンのページ。下の方にはワンポイントアドバイスも」

・・・・・・・

日本に住む外国人が増えてきた昨今。
普段私たちが話している日本語ではわからない外国人の方が多く、その中でトラブルにもなりえるのが現状です。
私自身、同じアパートに住む外国人と、文化の違いからうまくいかず、困ってしまった経験がありました。
その方はすでに引っ越されていますが、「伝え方の問題だったのかもしれないな。もう少しわかりやすい言葉で話した方がよかったのかもしれないな。」と考えました。
もしまた外国人の方が引っ越して来たら今回学んだ伝え方を実践してみようと思います。

TABUWATAの皆さん、急な取材を快く受け入れてくださり本当にありがとうございました。

(記事投稿:T)

2022年01月26日

まん延防止等重点処置適用に伴うお願い(1月27日〜2月20日まで)

2022年1月26日(水)

 1月27日より、栃木県内においては新型コロナウイルス感染防止のための「まん延防止等重点処置」の対応がとられるのを受けて、本日時点における情報を更新いたします。

korokibu.jpg


 感染状況如何によっては、まちぴあをはじめとした施設利用に関する事項等、お知らせが追加される場合も想定できますので、適宜リンク先の栃木県ホームページ等情報の収集をお願いいたします。

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

感染症対策に伴う貸館等対応について
(期間:2022年1月27日〜2月20日)

korona0220jpg.jpg


【市民の皆様へのお願い】
 ・都道府県間の移動は極力控えましょう。
 ・混雑した場所、感染リスクの高い場所への外出、移動は自粛しましょう。
 ・感染対策が徹底されていない飲食店等の利用は控えましょう。
 ・要請している営業時間以降も営業している、飲食店にみだり出入りしない。
 ・会食は2時間以内、5人以上での利用を控えましょう。

【事業者の皆様へのお願い】
 ・飲食店等の営業時間短縮にご協力下さい。
 ・飲食店等では、同一グループ・同一テーブル4人以内で利用しましょう。
   → 従業員への検査推奨や指先消毒設備の設置、施設内換気、アクリル板設置など
     まん延を防止するために必要な処置を実施して下さい。
 ・テレワーク、時差出勤など、人との接触機会を減らした取組を継続下さい。
 ・事業継続計画(BCP)の策定及び点検、見直しをお願いします。
 ・業種ごとの感染拡大予防ガイドラインの徹底をお願いします。

【その他】
 この対応は、2月20日(日)までを期間としたお知らせです。
 引き続き、大声や歓声を出す団体の利用は部屋の定員より50%までとなります。
 感染状況の如何によっては、再度対応が変更する場合もありますので、予めご了承下さい。

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

※参 考※
 栃木県ホームページ
 (※コロナウイルス感染症に関するページ)

 ※ページ情報は随時更新されていきますので、宇都宮市からの情報と合わせて参照下さい。

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

(記事投稿:O)

2022年01月23日

ふくわらいで福笑い?〜「あそび初め2022」実施しました♪

2022年1月23日(日)

 まちぴあのお正月イベント「あそび初め」は、登録団体や地域の皆さんと一堂に会し、昔あそびやお餅つきなど、日本ならではの「お正月」を感じる体験を通して、大いに楽しむ交流事業です。

 今年で10年回目を迎え、回を重ねるごとに様々な協力を頂き、盛大の一途をまい進していましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、昨年は手作りおもちゃの配布にとどまる等、苦心の時が続いております。

 そんな中、2022年のあそび初めは、企画始めた当初(秋口)は、大人気の餅つきなども復活できそうと準備を進めていましたが、年末〜年明けの期間における急展開によって、飲食や体験メニューの中止・変更を余儀なくなりました。

 昨年の配布のみのイベント遂行の結果、やはり小さな規模でもいいから交流する場を残したいと考案して臨んだのが今年の「あそび初め」となりました。

★★★★★   ★★★★★   ★★★★★

 そんなことで、思いついたのが「ふくわらい」。通常おかめさんのお顔などを作るゲームですが、1月下旬のタイミングですので。節分にも使えるようにと、

「鬼のお面にもなるふくわらい」

P1220007.JPG


 を作ってみました。通常ですと、一つの大きなふくわらいをみんなで交換に使いますけども。今回は工作キッドのように一人一人が作れるように40セットほど準備しまして。遊びに来て下さる皆さんをお待ちしていました。

 まちぴあには、日ごろ研修室を使って下さっている子育てサークルのご家族が遊びに来てくださいまして。未就園児〜小学校低学年の子ども達が結構楽しんで遊んでくれました。

「ふくわらいって何?」

P1220008.JPG


 みたいな衝撃の質問も頂きながら、目隠しして顔を作るパズルゲームだよ的なアドバイスをしたりしながら遊んでもらいました。

P1220010.JPG


 ちょっとした工作にもなるように、目の部分は、お兄ちゃん・お姉ちゃんや大人の皆さんと協力して切り貼りしてもらタイプにしたのも良かったのか、中々熱心にチャレンジしてくれて。

 キッドを作り変えて、オリジナル鬼を作る子もあったり。盛り上がってくれました。

P1220013.JPG


 目隠しのタオルを使いまわすのも何だったので。「目をつぶってやろう」と。ふくわらいをしてみたら、

「あっ、この子薄目あいてるーーーー!!」

 とかなんとか、良い意味でのケンカもしつつの展開があったりして。

P1220015.JPG


(なのに出来上がりは何故か、目が逆です)

 とても楽しんでくれました。ちょうど、子ども達が大好きなバルーンもあったので。バルーンも作ってみんなで記念写真。子ども達ノリノリでしたね♪

P1220021.JPG


 そんなことで。それなりの盛り上がりもありましたけども。まだまだ日中の時間はあったので、その足で清掃ボランティアでもお世話になっている、駅東公園にもお邪魔してきました。

 こちらでは、月1回の清掃ボランティア「クリーン&ウオーク」に併せて、バルーンアートの練習もしたりしていたこともあったので。イベント気分を残すためにも、バルーンを配布。それに合わせて、お家で作ってもらうように、ふくわらいも差し上げることができまして。

 用意した40セットを配布しきることができました。

「今年の節分に使わせてもらいます」
「楽しかったです」

P1230006.JPG


 と、お子さんだけなく、ご一緒だったご家族の皆さんからお声掛け頂いたのがとても印象的でございまして。この地域に立地している、まちぴあとして、少しなりとも皆さんの気晴らしになれたかなと思える今年の「あそび初め」となりました♪

(記事投稿:O)

2022年01月21日

まちぴあ主催「宇都宮市市民活動助成事業 個別相談会」開催のお知らせ

2022年1月21日(金) 

まちぴあ主催「宇都宮市市民活動助成事業 個別相談会」開催のお知らせ

宇都宮市市民活動助成事業をご存じですか。3月からの募集開始に先立ち、本助成事業の概要をご説明する機会を2月24日まで随時対応します。今年度助成を受けた団体のインタビュー動画なども見ていただけます。来年度の活動原資としてぜひご検討下さい。
※1月25日実施予定でした「助成事業説明会」の代わりになります。

市助成金個別相談会220125.jpg 市助成金個別相談会220125_2.jpg
※クリックすると拡大します。

◇日 時: 1月25日以降〜2月24日まで随時対応
相談会希望の方は、センターまでご連絡ください。
日時など調整し対応させていただきます。

◇場 所: 宇都宮市まちづくりセンター「まちぴあ」(オンライン可)

【申込方法】 相談会希望の方は、センターまでご連絡ください。日時など調整し対応させていただきます。申込みフォームからでもお待ちしております。

◇参加費: 無料

≪プログラム≫
・『「宇都宮市市民活動助成事業」説明』
・『助成金交付団体へのインタビュー(動画視聴)』
 〜活動紹介と助成金申請について〜 事例紹介団体:DRF宇都宮

◇宇都宮市市民活動助成事業とは・・・
宇都宮市では、ボランティア団体やNPO法人などの活動を活発にし、市民の公益的な非営利活動に財政的な助成を行うため、「市民活動助成基金」を設置しています。 この基金は、市民・団体・企業などの皆様による寄付金を積み立てるとともに、市でも寄付金と同額を基金に支出する「マッチングギフト方式」を採用した市民の皆様の力を借りた助成金です。平成15年度にスタートし、昨年度までの18年間で延べ211団体にご利用いただきました。

◇DRF宇都宮・・・
地域防災意識の啓蒙と醸成を目的にした講習会や体験会を行いつつ、災害発生時のコーディネートを担える団体になることを目標に掲げ、活動を開始しました。2021年度宇都宮市助成金交付団体。

【参考URL】
コロナに負けるな!団体紹介:DRF宇都宮
まちぴあ情報誌 2021秋号 ほっとねっとにて紹介

【問合せ・申込み】宇都宮市まちづくりセンターまちぴあ
TEL: 028-661-2778  FAX: 028-689-2731
MAIL: info@u-machipia.org

2022年01月19日

「まちづくり活動応援事業活用講座」実施方法変更のお知らせ

2022年1月19日(水)

 新型コロナウイルス再拡大を受けて、まちぴあにおける実施予定の講座に関するお知らせをいたします。

 2022年1月21日(金)に予定していました、

「まちづくり活動応援事業活用講座」

tyuusikokuti.JPG


 につきましては、感染症拡大の傾向を鑑み現地参集を中止することと致しました。

 この講座は、ご登録頂いた宇都宮市が自治会・市民活動団体など市内で活動しているボランティア等活動団体の皆様のボランティア募集情報を掲載し、活動参加を希望する市民の皆さんに周知するためのウェブ活用による、ボランティアマッチングシステムです。

 感染症の影響により参集を中止することとさせていただきましたが、ブログ上での活用法等情報発信に加え、興味関心のあるボランティア等活動団体の皆様からの、

 ・利用方法
 ・登録方法   などなど

 のご相談については、個別に対応して参りますので、またの情報発信をご期待頂ければ幸いです。

(記事投稿:O)

感染症対策に伴う貸館等対応について(1月19日〜31日まで)

2022年1月19日(水)

 年末年始を経て、新たな変異株の影響が急激に広まっています。栃木県及び宇都宮市内における、新型コロナウイルス感染症拡大防止に関するお知らせがありました。

korokibu.jpg


 1月19日現在のところ、まちぴあを含めた市内貸館施設等に利用制限などの対応は通達されていませんが、拡大傾向にあることは間違いないため、換気・消毒・マスク着用等の基本的な感染防止対策の再度徹底をお願い致します。

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

感染症対策に伴う貸館等対応について
(期間:2022年1月19日〜31日)

kibuna.JPG


【市民の皆様へのお願い】
 ・都道府県間の移動は極力控えましょう。
 ・混雑した場所、感染リスクの高い場所への外出、移動は自粛しましょう。
 ・感染対策が徹底されていない飲食店等の利用は控えましょう。
 ・会食は2時間以内、5人以上での利用を控えましょう。

【事業者の皆様へのお願い】
 ・テレワーク、時差出勤など、人との接触機会を減らした取組を継続下さい。
 ・事業継続計画(BCP)の策定及び点検、見直しをお願いします。
 ・飲食店については、アクリル板設置及び、座席間隔(1m)の確保をお願いします。
 ・食事中以外のマスク着用の奨励をお願いします。

【その他】
 この対応は、1月31日(月)までを期間としたお知らせです。
 感染状況の如何によっては、再度対応が変更する場合もありますので、予めご了承下さい。

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

※参 考※
 栃木県ホームページ
 (※コロナウイルス感染症に関するページ)

 ※ページ情報は随時更新されていきますので、宇都宮市からの情報と合わせて参照下さい。

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

(記事投稿:O)

2022年01月15日

第7回クリーン&ウオーク 実施報告

2022年1月15日(土)

 まちぴあの冬季ボランティア体験プログラム「クリーン&ウオーク」は、お散歩のついでに、せっかく空いている手にゴミ袋(小さめ)を持って、ちょっとした地域美化活動をしてみませんか?という体験活動です。

 各地で大雪も降っている冬真っ盛りな新年1月ではありますが、「捨てない文化を育むための拾うプチボランティア」に、今回も8名の皆さんがご参加下さいました。

P1150008.JPG


 今回も。まずは参加下さった皆様に「ありがとう」ですね。オミクロン株の猛威も着々と広まっているところではありますが、運動習慣と感染対策の意識づけも兼ねて、皆さんとても元気に散策を開始してくださいました。

P1150011.JPG


 皆さんのお供をさせてもらっているスタッフは、今回まちぴあお隣の駅東公園の外周をぐるりとまわり。プールの駐車場スペースなど少し入った箇所のゴミも拾ってみようと歩いてみました。

P1150012.JPG


 大通りだけでなく、ちょっと奥まった脇道なんかには、その場に捨てたわけではないでしょうが、風などで転がってきたのか。ところどころにゴミを発見しまして。回収しながら歩いていきました。

 10:00スタートで最長12:00終了のスケジュールですが、皆さん今回は特に熱心に散策された模様でした。1時間を目安にゴール地点の駅東公園内で分別コーナーを設けてお待ちしていましたが、1時間以上散策された皆さんばかりでして。

 令和4年初の活動に相応しい熱心なクリーン&ウオークとなり。一人で歩いただけでは、小ゴミ袋半分くらいでしたが、8名の皆さんが各地それぞれに思うままに歩いてもらったことで、結果的には45リットルの袋一つ分になりましたね。

P1150016.JPG


 ゴール地点では、燃えるゴミ・空き缶・ペットボトルに分別してしもらいまして。予定していたお昼前のタイミングで皆さん戻ってきてくださいました♪

 中・高校の学生さんたちや会社員の方など今回も幅広い皆さんがご参加下さいまして。とても充実したボランティア時間となったのではないでしょうか?

 大変寒い中でしたけども。お疲れさまでした。

 終了後の体調管理には、ぜひご注意頂いて。またのご参加を待ちしております!!

 さて。次回の活動予定ですが、2月12日(土)を予定しています。感染症の影響が1月末から2月にかけて不透明なこともありますので、後日、改めて募集情報を投稿いたします。

 また、たまには、まちぴあ周辺以外もいいかなぁ〜とも考えておりまして。内容が固まり次第お知らせしますので、今ブログや「まちづくり応援事業」の募集ページを参照下さい!

2022年01月11日

まちぴあ主催「宇都宮市市民活動助成事業説明会」開催のお知らせ

2021年01月11日(火)

まちぴあ主催
「宇都宮市市民活動助成事業説明会」開催のお知らせ

 宇都宮市市民活動助成事業をご存じですか。3月からの募集開始に先立ち、本助成事業の概要をご説明すると共に、実際に助成金の交付を受けた団体をお招きしてお話をうかがいます。 来年度の活動原資としてぜひご検討下さい。

20220125-shiminkatudojyosei.JPG

◇日 時 1月25日(火) 18:30〜20:00

◇場 所 宇都宮市まちづくりセンター「まちぴあ」 研修室AB

◇参加費: 無料  ◇定 員: 10名(10団体)

≪プログラム≫
『「宇都宮市市民活動助成事業」説明(30分)』
 宇都宮市みんなでまちづくり課
    
『助成金交付団体へのインタビュー(15分)』
 〜活動紹介と助成金申請について〜
 事例紹介団体:DRF宇都宮

『閉会、アンケート回収、質疑応答(30分)』
 宇都宮市まちづくりセンター

◇宇都宮市市民活動助成事業とは・・・
 宇都宮市では、ボランティア団体やNPO法人などの活動を活発にし、市民の公益的な非営利活動に財政的な助成を行うため、「市民活動助成基金」を設置しています。この基金は、市民・団体・企業などの皆様による寄付金を積み立てるとともに、市でも寄付金と同額を基金に支出する「マッチングギフト方式」を採用した市民の皆様の力を借りた助成金です。平成15年度にスタートし、昨年度までの18年間で延べ211団体にご利用いただきました。

◇DRF宇都宮・・・
 自衛官として1年以上の勤務経験があり退職後、民間で働きながら、定められた期間訓練に参加し、災害等の有事発生の際の要請に応じて活動をする「即応予備自衛官」の皆さんを中心として立ち上げられた団体です。地域防災意識の啓蒙と醸成を目的にした講習会や体験会を行いつつ、災害発生時のコーディネートを担える団体になることを目標に掲げ、活動を開始しました。2021年度宇都宮市助成金交付団体。

【参考URL】
コロナに負けるな!団体紹介:DRF宇都宮
まちぴあ情報誌 2021秋号 ほっとねっとにて紹介

【問合せ・申込み】
宇都宮市まちづくりセンターまちぴあ
TEL: 028-661-2778
FAX: 028-689-2731
MAIL: info@u-machipia.org

2022年01月08日

まちぴあ研修室調整会議(2022年4月〜6月分) 実施報告

2022年1月8日(土)
 
 本日、定期的にセンターの研修室を利用している登録団体の皆さんが、研修室の予約を受け付ける「研修室調整会議」を行いました。

 新型コロナウイルス感染防止対策を兼ねた会議実施の形態となり、過密、対面をなるべく避ける意味合いで受付スタイルの変更もおなじみになりました。年始休暇明けの現在、変異種の猛威が明らかになりつつありますが、

 基本的予防等を続けながら、お互いに気づかいあって参りましょう。

 今回は、2022年4月〜6月分の利用予約を整えました。

P1080004.JPG


 今回の会議には、登録の39団体から申請がありました。コロナウイルス感染防止の観点から、事務局で希望予定を確定させていただき、申請内容の確認等を、各団体で来館時間をずらして行っていただく方式に変更していますが、

 当日に直接団体さん同士で交渉しあうことがなくなった調整方法では、希望重複の場合には、人数や実施内容に基づいて、事務局が適宜、利用を割り振って活用いただくようにさせてもらっています。

 使用変更をせざるを得ない団体さんもありましたが、確認の際に事務局からご説明させて頂き、皆様には快く応じて頂けました。また、今回の会議から参加された新規団体の皆さんも複数ありましたが、まちぴあ流の調整会議をご理解いただきながら、参加下さいました。

 互いに示し合ったわけでもないのに、2名くらいずつで各団体が来所下さるので、書類作成に併せて換気等の感染対策も十分に行いながら運営することができまして。

 今回も、まことにありがとうございました。

 さて、そんなことで次回の調整会議は、2022年4月9日(土)に行います。

 事前申込(エントリー)は、3月1日〜25日となっています。

 変異種の影響により急速に先行きに不安感も漂っておりますが、「お互いに気遣って」をなだらかに続けていくことで、この波を乗り越えて参りましょう。今後とも引き続き、皆様の活動をご支援できるよう、まちぴあも頑張って参りますので、

 なにとぞ、よろしくお願い致します!

(事務局:O)