CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年02月15日

宇都宮市市民活動助成事業説明会 インタビュー特別版について

2021年02月15日(月)

宇都宮市市民活動助成事業説明会 インタビュー特別版

先月センター主催で開催予定であった「宇都宮市市民活動助成事業説明会」ですが、緊急事態宣言を受けて、プログラムの一部を動画で配信することになりました。今回は今年度交付団体である一般社団法人ルークスの代表をされている福原さんにご協力いただき、団体紹介や助成事業申請について、団体運営について聞かせていただきました。

【宇都宮市市民活動助成事業とは…】
宇都宮市では、ボランティア団体やNPO法人などの活動を活発にし、市民の公益的な非営利活動に財政的な助成を行うため、「市民活動助成基金」を設置しています。

この基金は、市民・団体・企業などの皆様による寄付金を積み立てるとともに、市でも寄付金と同額を基金に支出する「マッチングギフト方式」を採用した市民の皆様の力を借りた助成金です。平成15年度にスタートし、昨年度までの17年間で延べ196団体にご利用いただきました。


※一般公開:2021年3月31日(水)まで、以降は限定公開となります。

【一般社団法人ルークスとは】
小学校教育において自立性や創造性を培う機会が必要と考え、2019年9月団体設立。子どもたちが自由にソフトウェア・ハードウェアの様々な技術を遊びながら学べる「アソビワークショップ」(小学生対象)を開催。

やりたい事を実現する計画や手段を自ら考え、大人はそのサポートに徹することで、子どものポテンシャルを発揮できる環境づくりを大切にしています。2020年度宇都宮市助成金交付団体。

≪参考URL≫
一般社団法人ルークス ホームページ
一般社団法人ルークス Twitter​

【交付団体への取材記事】
まちぴあブログ カテゴリー:宇都宮市市民活動助成金

2021年02月11日

「宇都宮市地域活動ガイドライン」が更新&公開されました

2021年2月11日(木・祝)

 2月7日をもって解除された国の緊急事態宣言。8日以降は、栃木県及び宇都宮市の緊急事態宣言が継続される形で、感染防止対策に一層注意しながら、様々な分野における営業再開や、医療など体勢の強化などいろいろな努力が図られています。

 宇都宮市の緊急事態宣言は2月21日(日)となっております。少しでも円滑かつ、安心した日常活動を取り戻すためにも、一つ一つ進んでいきましょう。

 さて。この度、宇都宮市(みんなでまちづくり課)より、自治会等の地域団体が安心して活動を再開するために、留意すべき感染防止対策や活動種別ごとの実施判断の目安としていただくため、

「宇都宮市地域活動ガイドライン」

地域活動ガイド.jpg


 更新版(1月29日付)を提供いただきました。

 ボランティア等地域での活動主催、参加する際に参考にして頂き、今後の地域活動をより安心して活発に活動する際の手引きとしてもらえればと思います。

 会議や集会など、やっぱり人と人が交流し、交流するからこその感動や、やりがいは実際の現地での活動に勝るものはないでしょう。緊急事態宣言が実質続く中において、中々従来の活動スタイルを模索することは難しいかもしれませんが、

 飲食提供の際に注意すべきこと、集客をする際に注意すべきことなど、準備をしていく中でどうしても見落としてしまったり、不安に思うことを消化しながら、来るべき時に備えることは、とても重要です。

 これからの地域活動を行う上で、こちらを参照いただきながら、慌てずに準備をして頂き。また開催時にお客様や参加者から質問があった際にもスムーズに対応できる一助になれば幸いと思います。

 どうぞ、ご参照下さい。

(事務局:O)

2021年02月06日

第4回クリーン&ウオーク 参加者募集のお知らせ

2021年2月6日(土)

 新型コロナウイルスのニュースが連日報道されていますが、皆様お元気でいらっしゃいますか?国、県、市の緊急事態宣言ありなしに関わらず、宣言解除と同時にウイルスがなくなるわけでもないということは、皆さんご存じのことかと思います。

 栃木県内においても、2月21日までよくよく注意すべき期間が延長されました。これからは、冬から春に季節が変わり、暖かくなる日の方が少しずつ増えていく季節ですが、季節の変化に上手く合わせて体調を管理していくことは相変わらず大切と思います。

 そんなことで、すっかり恒例になりました清掃&運動の「クリーン&ウオーク」。

第4回クリウオ.jpg


 まちぴあ周辺の地域で、1時間程度のウオーキング(お散歩)をしながら、防寒も兼ねての軍手と小さなゴミ袋で、落ちているゴミを拾う企画です。以下に詳細を記載しますので、関心のある方はご参加下さい。

 屋外での個別的な活動となりますが、宣言期間中ということもあり、ご参加の場合には必ず事前にご連絡下さい。

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

冬季ボランティア体験プログラム
第4回クリーン&ウオーク 参加者募集

■日 時:2021年2月20日(土)10:00〜12:00
      ※実働1時間程度を予定しています。12:00には完全終了。

■集合場所:宇都宮市まちづくりセンター

■活動地域:駅東公園とその周辺
       ※コースは決めません。
        公園内や外周など歩きたいところのゴミを回収しましょう。
        集まったゴミは、まちぴあで回収し処理します。

■参加費:無 料

■持ち物:動きやすい服装、軍手・飲物(任意)

■定 員:10名程度

■その他
・密防止の人数把握のため、事前に申し込みをお願いします。
・軍手、ゴミ拾い用ミニポリ袋は、まちぴあで準備します。
 マイ軍手などの持参も歓迎です。
・雨天の場合は中止です。個別に連絡はしませんので無理なく各自で判断下さい。
 時間になったら開始しますので、ご了承下さい。

「宇都宮市まちづくり応援事業」でも発信しております。パソコンやスマホで応援事業に登録し、このボランティアに参加申込みした場合には、当日ポイントを付与できます。(18歳以上の市民が対象)ぜひ、ご利用ください。

【問合先】
 ・宇都宮市まちづくりセンター(担当:小倉)
   TEL:028-661-2778

(事務局:O)

2021年02月05日

宣言期間終了後のまちぴあ利用について

2021年2月5日(金)

 2月に入り、栃木県を含む地域に発出されていた、新型コロナウイルス感染症拡大防止に関する緊急事態宣言について、2月7日で栃木県が対象地域から解除されるとの報道がありました。

 しかしながら、宇都宮市を含め栃木県内における医療体制のひっ迫は依然続いていることから、緊急事態宣言と同様の感染防止体勢を維持しつつ、飲食等の事業者の皆様への自粛時間が一部緩和される等の変更に伴い、

kinnkyuuzitaisenngen0208-21.JPG


 まちぴあ利用についても一部変更がありましたので、お知らせ致します。

【参 考】
 ・宇都宮市ホームページ(宇都宮市新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言)

★2月8日〜21日の期間中における、
        まちぴあ利用について★


1)期間中における、新規の予約、ミーテイングルームでの会合等研修室利用はできません。
2)期間中における予約済の研修室利用については、定員50%削減、換気、消毒等、
  防止対策を十分に行い使用して下さい。
3)夜9:00以降(21:00〜21:30)の研修室利用については、お控え下さい。
4)印刷機、ロッカー等の使用が可能ですが、感染症対策を十分にしてご利用下さい。
  書類整理等作業のために、まちぴあ内のスペースを利用することはできますが、
  長時間利用することはお控え下さい。

 ・・・以上です。

 記事内文章および、リンクした市ホームページにもある通り、国の緊急事態宣言対象地域からは解除されたものの、医療体制のひっ迫等、油断できない状況には変わりはありません。

 基本的には、緊急事態宣言の期間中同様、不要不急の外出自粛は続くものと受け止めて頂き、外出を含めた、まちぴあ利用の際には、感染防止の対応を十分にしてご利用下さい。

 なかなか厳しい期間が続きますが、施設利用に関しては休館状態から少し改善されたことを嬉しく思います。その一方で、感染再拡大となってしまっては悲しい状態が再来することになってしまいますので、引き続き、皆様のご配慮・ご協力を賜りつつ、運営していければと思います。

 一日でも早く、感染症を気にしないで、まちぴあをご活用頂けるようになるためにも、宜しくご承知おき下さい。

(事務局:O)