CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年10月09日

「ギネス世界記録Ⓡに挑戦!うつのみや百人一首市民大会」ボランティア募集のお知らせ

2019年10月09日(水)

「ギネス世界記録Ⓡに挑戦!うつのみや百人一首市民大会」ボランティア募集のお知らせ

毎年、宇都宮市体育館で実施されている「うつのみや百人一首市民大会」にて、カルタを同時に行った最大人数(750人程)というギネス記録に挑む予定です。百人一首が根付く文化的な街としての魅力をPRするための大会を支えるボランティアを募集しています。

ボランティアスタッフの募集.jpg
※クリックすると拡大します。

ボランティア活動内容:いずれも簡単な業務です。
ギネス世界登録に関わる特別なボランティア是非ご参加ください!

●日 時: 10月27日 7:00〜10:30頃 (12時頃からの認定式は任意参加)

●場 所: ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)

・監視員 挑戦者が挑戦をきちんと行っているかを確認する役割
・証人 主に挑戦する人数をカウントする役割と全体の記録達成を見届ける役割
・その他の作業 交通整備、場内案内、会場設備、受付など

●謝 礼: 商品券2000円

●募集人数: 30名ほど

●その他: 昼食・飲み物はこちらで用意します。

【ボランティア参加受付・お問合せ先】
株式会社ブランド総合研究所 担当:長崎
(宇都宮ブランド推進協議会 ギネス世界記録挑戦事務局)
 
TEL: 03-3539-3011  メール: yukai@tiiki.jp

第5回「宮ハロ」 開催・ボランティア募集のお知らせ

2019年10月09日(水)

第5回 「宮ハロ」開催・ボランティア募集のお知らせ

オリオン通り商店街で開かれるハロウィンイベント、協力店舗がお菓子を配ります。仮装して、たくさんお菓子を集めましょう!※第一次募集は終了しました。第二次募集の応募は10月14日から可能です。

PDF096.jpg PDF097.jpg
※クリックすると拡大します。

●第二次募集定員: 先着500名 ※当日受付なし、WEBより事前受付が必要です

●日 時: 10月27日(日)11:00〜17:00 (受付時間11:00〜13:00)

●場 所:  オリオン通りイベント広場

●対象者: 小学生以下 ※小学校3年生以下は保護者同伴

●参加費: 無料

◇今年から仮装コンテストを初開催します!30組限定、年齢制限なし、どなたでも参加できます。豪華賞品も準備していますので、気合の入った仮装をお待ちしております。参加する全組に参加賞もあります! ※WEBより事前受付が必要ですが、当日も若干名の受付あります。

●時 間: 14:30〜17:00 (受付時間: 13:00〜14:00) 

●場 所: イベント広場特設会場 

●参加費:  1組 1000円 

●申込開始日: 10月5日〜 ※申込多数の場合は抽選になります。

◇特別飲食店ブースではどのお店もハロウィンにちなんだメニューを準備しており、どなたでもお買い求めいただけます♪

◇ボランティア募集も併せて行っております。
PDF095.jpg

「宮ハロ」を通して子供たちに楽しんでもらいながら、オリオン通りの良さや楽しさ中心市街地とのつながりを保護者の方も一緒になって感じてもらおうと考えております。このイベントをより多くの方たちと楽しんでもらうためにボランティアを募集しています。

●日 時: 10月27日(日)9:00〜18:30(予定) (受付開始 8:00〜)

当日は更衣室もあるので、ハロウィンの仮装で子ども達を笑顔にするイベントをつくりあげましょう!ご興味のある方は第5回宮ハロHPにアクセスしていただくか、連絡先までお問合せ下さい。
※10月23日に市内中心地にてボランティア事前説明会を行います。

【参考URL】
宮ハロ Twitter
宮ハロ Facebook

【申込み・問合せ】
宮ハロ実行委員会事務局
TEL:028-638-4030 メール:info@miyahallo.com

2019年10月08日

「学生×地域づくり」実践事例発表会&活動体験 開催のお知らせ

2019年10月08日(水)

街って、自分で面白くできるんだ!
「学生×地域づくり」実践事例発表会&活動体験

「まち(地域)づくり活動」ってワクワク、ドキドキがいっぱいだって知っていますか?なぜなら、まちづくりとは、 仲間づくりであり、笑顔づくりでもあるから。「実践事例発表会」では、そんな「まちづくり」の達人をゲストに、その楽しさの秘訣を探っていきます。

20191020-tou-gakusei-chiikidukuri_ページ_1.jpg 20191020-tou-gakusei-chiikidukuri_ページ_2.jpg
※クリックすると拡大します。

●日 時: 10月20日(日)13:00〜16:30予定 

●会 場: 栃木県庁 東館4階 講堂(宇都宮市塙田1丁目1−20)

【基調講演】
「那須に新たなスペクタクルを」
・那須どうぶつ王国総支配人 鈴木 和也 氏
青森県生まれ。東京のホテルチェーンに入社して 4 年後、那須の自然に魅せられて移住。「那須どうぶつ王国」の立ち上げに携わる。地域に根ざした動物園を目ざし、2010 年には地元農家や飲食店と協力し、「那須の内弁当」を開発。2011 年には、サイクルイベント「那須高原ロングライド」を初開催。現在は、那須の有志で 2012年に立ち上げた那須の地域密着型プロサイクルロードレースチーム「那須ブラーゼン」の広報マネージャーも務める。

【地域づくりに取り組む学生団体等】
高校生団体 農と共に 代表 阿久津清尚 氏
農家の生産支援作業を行なっています。現役農業高校生で運営し、田植え作業における苗出しや田植機のオペレーターなどの依頼や、畔の除草などをメンバー内で分担して行っています。また、若い世代に農業の楽しさを知ってもらうためにイベントを行っています。

・大学生団体: 未来創造ネットワーク白鷗
ボランティア活動の実践と地域の活性化を目的として2009年に設立された学生団体です。自主企画の実施、行政・企業・市民団体との協働によるイベントやセミナーへの参画、一般学生への啓発や参加勧誘などを実践的に行っています。

株式会社アグクル 代表取締役 小泉 泰英 氏
アグクルは 2018 年 5 月に宇都宮大学農学部に在籍していた小泉泰英が設立しました。現在は、子どものいる家庭向 けの発酵調味料「おりぜ」や苦手な人でも飲める甘酒「ありがとう」を販売しています。ミッションは、世界中の腸内を発酵食で元気にし、そんな全ての事業が次の世代の人に感謝される事業になることです。

地域おこし協力隊 矢板地域おこし協力隊  高橋 潔 氏
矢板市出身。5年前に東京で起業、翌年に矢板市との2拠点生活が始まる。農業をベースとした地域の仕事づくりをチャレンジ。矢板ふるさと支援センターのセンター長として地域課題解決に向けたプロデュースやコーディネートを行っています。

●対 象: 高校生 、大学生/専門学生

●参加費: 無料

●申込方法: 専用申込フォームへ

【その他】
●主  催: 栃木県 とちぎ地域づくり担い手育成事業
●運営協力: NPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク

【申込み・問合せ】
NPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク
〒320-0808 栃木県宇都宮市宮園町8−2 松島ビル
メール: https//www.totigi-ysn.net

2019年度「まちぴあオフィス」入居団体募集のお知らせ

2019年10月08日(火)
2019年度「まちぴあオフィス」入居団体募集のお知らせ

 宇都宮市のまちづくり活動の拠点「宇都宮市まちづくりセンター“まちぴあ”」に設けられている、NPOなどの非営利活動団体の皆さんが利用できる「オフィス」(貸し事務所)の入居団体募集のお知らせです。

 “まちぴあ”では、地域で市民活動やボランティアなどのまちづくり活動に取り組んでいる団体の皆さんを対象に、団体の組織運営の自立や活動の活性化を支援するための事務用スペースとして、「オフィス」を設置し、その入居団体を募集しています。

office.JPG
オフィスの様子 現在の入居団体一覧

「団体の活動拠点を設けたい」「事業をもっと拡げていきたい」・・・などの想いをオフィスで実現してみませんか?以下に詳細を記載しますので、興味関心のある地域での非営利活動に取り組んでいる皆さんは、ぜひともお申込み下さい。

◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆
募集情報の詳細
◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆

1)オフィス募集概要

☆チラシ(PDF)

☆オフィス募集要領

2)オフィス申請書
☆PDF(出力、手書き用)

☆ワードデータ(パソコンで記入、出力)

☆記入例(PDF)

●募集区画: 8区画(1団体1区画を原則とします。)

●使用期間: 新規団体3年,入居実績あり2年
※年度途中で入居した場合の取扱いについては、使用期間が6ヶ月以上となる場合、1年間とみなします。

●募集期間: 2019年10月1日(火)〜11月30日(土)

●スケジュール:
@12月上旬 第1次審査(書類審査)
A中旬 第2次審査(ヒアリング)
※日時については締切り後応募団体の皆様にご連絡いたします。
B12月下旬 審査結果通知
C1月中旬 入居団体説明会
D4月1日〜 使用開始

●申込方法:
期日内に、直接「まちぴあ事務局」に提出して下さい。
郵送やメールでの受付は行いませんので、ご了承下さい。

【問合先】宇都宮市まちづくりセンター“まちぴあ”
(〒321-0954 宇都宮市元今泉5-9-7)
TEL: 028-661-2778 FAX: 028-689-2731
メール: info@u-machipia.org

2019年10月07日

「まちぴあまつり2019」参加団体のご紹介〜第4弾♪

2019年10月7日(月)

 今年もやります!まちぴあまつり!!

 第3弾に引き続き、もう一回の更新です♪♪

 習慣天気予報では、14日月曜日は、一過のため晴れとなっておりますことから、気を取り直し。「まちぴあまつり2019」に出展予定の参加団体の皆様をご紹介を致します!

 今回は、まちぴあ施設内に展開を予定している6団体の方々をご紹介します!

 ※例によって、紹介文中の写真は事務局が撮影した、昨年のまちぴあまつり他、
  団体さんが出展されたイベントでの様子です。参考までに!
 ※団体さんに振ってある番号は、前回からの続きとなります。

★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★

(16)子育て応援サークル「こっころ」
 子育て中のママや親子の心から安心できて楽しめる居場所づくりを提供する団体です。0歳から小学生のお子さんや親子を対象にして活動をしています。

kokoro.jpg


 当初から現在に至るまで、育児サークルに参加しづらい方(転勤・人見知り・高齢ママなど)に居場所を提供したい想いを持ち、誰でも参加できる子育てサークルを目指しています。まつりでは子供向け工作やミニおはなし会を実施予定です。

(17)MOAインターナショナル栃木
 全国的にも有名な美術館をもっている全国組織の栃木支部です。県内の子ども達を対象にした、絵画作品展の開催や、高齢者をはじめとした市民を対象に健康によい食生活の大切さを伝える教室を開催している社会貢献活動をしている団体です。
 まちぴあまつりでは健康に良し、味良しのコンニャク手作り体験と一輪刺し工作をします。

(18)(特非)カラーコミュニケーションネットワーク北関東支部
 心のストレス軽減に効果のある「色彩」の特徴を生かし、楽しく簡単にケア出来る方法や情報を提供し、色彩の持つ心理的効用を地域社会に役立てることを目的としているNPO法人の支部団体です。
 色彩を取り入れた生活で人と人をつなぐ活動として本まつりで、パステルアート体験会と、色を使った癒しのワークショップを準備しています。

(19)(特非)宇都宮ピアノ研究会
 市内でピアノ講師などをつとめておられる演奏者の方々などを中心に組織されたNPO法人です。栃木県民をはじめとするすべての人々に対し、地域に根差したコンサート事業を中心に音楽活動を行い、市内公共施設や高齢者施設からの依頼に応じた訪問演奏活動を行っています。

DSC07156.JPG


 こういった音楽に関する普及啓発を行い、人々の日々の充実と活性化を図り、県民文化の向上を目的とします。本まつりでは音楽相談室として、音楽に関する相談会を開き、またピアノ野外演奏を披露します。

(20)学びの映像舎
 映像はあらゆる手段で多様な人に伝えることができ、人々への影響が大きく、生き方や国の在り方までも変える力を持っています。
 そんな映像の世界を活動の柱にし、「学びを映像で、映像から学ぶ」をキャッチフレーズに活動している団体です。具体的に学びをテーマにした映像の企画・上映それに伴うイベント開催などをしています。まちぴあまつりでは海外事情に、目を向けて考えるきっかけとなるアフリカの教育支援を題材にしたビデオ上映をします。

(21)ハッピースマイル
 シルバー大学の同級生からなるマジックを始めとした演芸ボランティア団体で、宇都宮市を中心に保育園や小学校やデイサービスや特別養護老人ホームを訪問して活動している地域のボランティア活動団体です。

DSC06941.JPG


 まちぴあまつりでは不思議がいっぱいマジックの実演や、児童を対象にした楽しいマジック工作、民話語りの披露を予定しています。 

★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★

 ・・・次回更新が最終回となります。次回は、屋内会場に参加予定の6団体をご紹介します。

 ちなみに、恐怖の大王こと台風情報につきましては、開催の有無を10月10日をめどに判断することと致します。天祐もあいまったご連絡ができることを祈りつつ、開催直前の準備にまい進していきます!!


【更新した「まちぴあまつり2019」出展者紹介記事】
 ★1弾♪〜屋外駐車場出展団体:その1〜5
 ★2弾♪〜屋外北側駐車場出展団体:その6〜11
 ★3弾♪〜屋外南側駐車場出展団体:その16〜21

(記事投稿:小倉、本文作成:インターンKさん)

「まちぴあまつり2019」参加団体のご紹介 第3弾♪

2019年10月7日(月)

 今年もやります!まちぴあまつり!!

 朝のニュースを見た瞬間に氷つきましたけども・・・・。台風!!

taihu.JPG


 週末もさることながら、開催が予定されている10月14日の予報については、現段階では詳細ない状態でありますが、非常に不安にさせる台風の登場に戦々恐々しております。

 習慣天気予報では、14日月曜日は、一過のため晴れとなっておりますことから、気を取り直し。「まちぴあまつり2019」に出展予定の参加団体の皆様をご紹介を致します!

 今回は、まちぴあ屋外・南側駐車場に展開を予定している「わかもの企画」のスペースから4団体の方々をご紹介します!

 ※例によって、紹介文中の写真は事務局が撮影した、昨年のまちぴあまつり他、
  団体さんが出展されたイベントでの様子です。参考までに!
 ※団体さんに振ってある番号は、前回からの続きとなります。

★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★

(12)自然教室ネイチャーフレンド
 宇都宮大学の学生さんや社会人の方々が組織している、自然と人とのつながりを大切に思う環境教育団体です。自然体験活動やレクリエーション活動を通して、子どもたちが自然に親しむ「キッカケ」をつくることを目的とした環境教育・野外教育活動を行いっています。

DSC07150.JPG


 その中で仲間と協力しながら、幅広い世代間交流を通して学校以外のこどもたちの大きな学びの機会となっています。今年のまちぴあまつりでも木材をつかった工作、自然をテーマにしたレクレーションゲームを実施予定です。

(13)KAKEHASEEDs
 宇都宮大学の学生サークルとしても活動している「カケハシーズ」さん。主にネパールとバングラディッシュの手工芸品を販売し、適正な価格で売り上げを現地に渡すことにより途上国の人々の生活水準向上に貢献するフェアトレードを国際協力の一環として、推進する活動をしている学生団体です。

DSC06949.JPG


 今回まつりでは、途上国産のおしゃれでかわいい手工芸品と豊富なフリマ商品販売に加えて、国際交流をテーマにした、子どもたちが遊びながら外国を学べる楽しいゲームを準備して下さっているそうです!

 ・・・昨年からスタートした「特別企画」は、学生など若い世代を中心とした活動団体の皆さんにご出展頂き、来場の多い子ども達を主なターゲットに、団体さんの活動を活かした体験など交流企画をそれぞれに行って頂くものです。

 上記2団体の活躍があり、昨年は非常な盛り上がりを見せてくれまして。今年も継続!となった次第です。ネイチャーフレンドさん、カケハシーズさんも前回に引き続き出展下さる上に、今年のニューフェイスとして、こちらの団体さんが出展を予定下さっています。

(14)しめ飾りからサスティナビリティを考える会
 宇都宮大学の地域デザイン科学部と宇都宮南高校の学生から構成された団体です。近年しめ飾りはプラスチック製のものが多いため、環境にやさしい材料を使ったしめ飾りを広めるプロジェクトに取り組んでいます。
 まちぴあまつりは、エコしめ飾り作成のワークショップの初陣となります。環境にやさしい材料をつかった素敵な自分だけのオリジナルしめ飾りを一緒につくるましょう♪

(15)うつのみや大道芸フェスティバル実行委員会
「子ども達の記憶に残るまちづくり」をコンセプトに身近に芸術が感じられる場の提供を通じ、地域の活性化そして回遊性の向上を図る地域社会に貢献する団体です。
 月1回程度、市内の市民センター等を会場に大道芸教室を開き、宇都宮市内で大道芸のイベントを開催しています。「うつのみや大道芸フェスティバル」は、オリオン通りなど市内中心部の各所で3月中旬に行われています。
 今年初めてまちぴあまつりに参加し、本まつりでは子ども達が楽しめる、バルーン実演、体験を行う予定です。

★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★

 ・・・次回更新が最終回となります。次回は、屋内会場に参加予定の6団体をご紹介します。

 ちなみに、恐怖の大王こと台風情報につきましては、開催の有無を10月10日をめどに判断することと致します。天祐もあいまったご連絡ができることを祈りつつ、開催直前の準備にまい進していきます!!


【更新した「まちぴあまつり2019」出展者紹介記事】
 ★1弾♪〜屋外駐車場出展団体:その1〜5
 ★2弾♪〜屋外駐車場出展団体:その6〜11

(記事投稿:小倉、本文作成:インターンKさん)

2019年10月05日

まちぴあ研修室調整会議(2020年1月〜3月分)実施報告

2019年10月5日(土)

まちぴあ研修室調整会議(2020年1月〜3月分)実施報告
 
本日、定期的にセンターの研修室を利用している登録団体の皆さんが研修室の予約を受け付ける「研修室調整会議」として2020年1月〜3月分の利用予約を整えました。令和2年となる予約ということもあり季節の流れが速く感じますね。

20191005-tyoseikaigi0103.JPG
本日調整会議の様子

 今回の会議には、登録51団体55名が参加しました。利用団体数が多くなり、利用希望が重複したところが多いため、団体同士で話し合い、譲り合いながらお部屋を使っていただくことになっています。

 事前にエントリーシート提出の際に利用人数などを聞いていたこともあり、こちらから団体さんに提案するということもありました。ご協力のおかげで今回の会議も無事に終了できました。ありがとうございます。

 さて、次回の調整会議は、2020年1月11日(土)に行います。研修室の利用希望を先に調整しておく、「事前エントリーシート(2020年4月〜6月分)」の配布開始は、2019年12月1日(日)からとなっています。受付の締切は、12月28日(土)までとさせていただきます。

 時期がきましたら、改めてセンター内に掲示いたしますので、研修室利用の団体の皆様は、提出忘れ、会議参加忘れのないようにご注意下さい。

 以前から調整会議当日に次回調整会議のお知らせ、まちぴあからのお知らせ(今後のイベント予定含め)をホワイトボードに記入しております。アナウンスの効果からか情報を各自で「メモ」していただいており、大変嬉しく感じます。そんなことでお集まりいただいた、団体の皆さま。本日はありがとうございました。次回会議も、ご協力のほどを宜しくお願いします。

(記事投稿:小松)