• もっと見る

2024年06月22日

令和6年度第3回「コケ落とし&クリーンウオーク」実施報告

2024年6月22日(土)

 ボランティア体験プログラム「コケ落とし&クリーンウオーク」は、宇都宮市中心部を流れる河川・釜川の清掃ボランティアとして、2006年からスタートし、平成を突き抜けて令和の現在も、相変わらずやっている体験事業です。

 今回(令和6年度3回目:通算78回目)は、このブログやホームページを見て申し込んで下さった皆様に加え、近隣の旭中学校の生徒さんたちも、たくさんご参加下さいました。

P6220011.JPG


 小学生〜高校生の皆さん(旭中、作新学院、横川東小などなど)に加え、事業者(若者サポートステーション)の皆さんなど、29名の参加があり、大いに賑々しく実施することができました!!

 もちろん今回も用意したデッキブラシは足りませんので、いい感じにごみ拾い部隊と、河川清掃に分かれ、活動スタート。

 約8割の皆さんが初参加でしたけども、2割の経験者さんたちが、デッキブラシかトングかをスッと決めて移動をすると、流れに乗って皆さん順次散会していきまして。

P6220016.JPG


 作業をはじめると(これまでの努力も相まって)どんどん川底がキレイになっていきました。今回は、15名ほど(途中で随時チェンジあり)が河川に入って下さったので、お馴染みの「じゃぶじゃぶ池」とその一つ上流部分と、さらに一つ下流部分の3か所を順番に清掃することが叶いまして。

P6220013.JPG


 特に、幾分水量が多く、かつ川面が広くなる下流部分は、前年度まで入れない状態だったこともあり、つい先ごろから清掃を再開させたばかりですけども。今回は、そっちまで清掃の手を伸ばすことができ(下流部分の清掃は2回目です)、

 積年の汚れを多少は払しょくできたのではなかろうかという状態にもってくることができました。

P6220018.JPG


 河川清掃はそんなこんなで約45分ほど続きまして。その間、商店街や河川沿道など周辺地域のごみ拾いをしに行って下さった皆さんも、着々と戻ってこられました。

 中には、交代して両方体験下さる方や、河川内のゴミを丁寧に回収して下さる皆さんなど、暑い中でしたが、とても活発かつ自発的に活動下さいました。

P6220012.JPG


 回収されたゴミは、季節柄か、カン・ビン類の飲み物系のゴミが多く、中にはこんな感じの危険な状態になったものもありました。(河川内から回収)

 河川組の皆さんには「事前に素足では入いるのダメ」と伝えていた要因を、改めてみることとなり。「ねっ」と、共感を得るいい機会にはなりましたが、危ないものは危ないわけで、気持ちを改めるゴミ回収となりました。

 安全・安心の面でも、今回の清掃で回収できてよかったとしておきした。

P6220019.JPG


 そんな危険なコも含め、ごみ拾い組の皆さんたちと順次分別作業をして、みっちり1時間。今回は、非常に内容の濃い清掃ができたと自信をもって言えます。

 ボランティアの皆様、大変感謝です!!!

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

 さて次回は、7月20日(土)に予定しています。

 募集記事を、改めて更新しますので、またのご参加をお待ちしております♪

 次回は、毎年恒例になった「とちぎYMCA」さんとのコラボ活動として、期間中、宇都宮市内にホームステイしているアメリカ人高校生の皆さんも参加する、清掃ボランティア回となっています。

 せっかくなので、デッキブラシはメインに使ってもらおうと考えておりますもので、一般参加の皆さんたちは、ごみ拾いでご参加が主となると思われます。

 それでも宜しければ。ぜひ!次回のコケ落としもご参加下さいませ♪

 今活動は、「宇都宮市まちづくり活動応援事業」のページを介しても参加者募集を行っています。スマホやパソコンで登録するこちらのページを経由してご参加の皆様には、活動ポイントを付与させて頂けますので、ぜひ、ご活用下さい。

(事務局:O)