CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年10月02日

情報誌まちぴあ(NO.39:秋号)発行です!

2021年10月02日(土)

情報誌まちぴあ(NO.39:秋号)発行です!

 さて、3か月に1回の季刊誌として発行している、宇都宮まちづくりセンターの情報誌「まちぴあ」の最新号(夏号)を発行しました!当センターの情報誌は、まちぴあに登録下さっている活動団体の皆さんや、市内において興味深い活動をされている皆さんに、まちぴあスタッフが取材をさせてもらい作成しています。

machipia_aki_web_1.jpg
※詳細は『情報誌まちぴあ PDFデータ』から。

 特集はセンター登録団体:NPO法人キーデザインが行うフリースクール「ミズタマリ」の取り組みと居場所づくりに込めた思いについてお伺いしました。

 10月1日〜不登校に悩む親が、気軽に相談できる無料LINE相談窓口「お母さんのほけんしつ」のクラウドファンディングにも挑戦されています。

 また、特集以外にも、ほっとねっと:DRF宇都宮、コレクション:消火栓ホースリメイクバッグ、話題人:栗坪マチ子さん、関心空間:モバイルクリニックなどが掲載しています。

 『まちぴあHP情報誌ページバックナンバー』では過去の情報誌をご覧になれますので、ぜひご参照下さい。情報誌については、まちぴあ館内はもちろん、宇都宮市役所をはじめ、市内各地の市民活動・生涯学習センターなどでも配布しております。ぜひご覧ください。

講演会「障がい福祉と支援とは」 開催のお知らせ

2021年10月2日(土)

 登録団体、「特定非営利活動法人障がい者の一人暮らしを考える会」さんは、栃木市を中心とし、県内における障がい者の自立や生活支援、障がい者福祉についての啓もうや理解促進を目的に活動されている法人です。

 この度、10月31日に、「障がい者福祉と支援とは」をテーマに、変更されてた(また、されていく)福祉支援制度によって、支援側の事業者や当事者がどう変わるのかなど、障がい者福祉の現状と今後を考える講演会を開催します。

★「とちぎ県民だより」にも掲載されました!
  → 掲載紙面PDF(10月号@県政インフォメーション)

 以下に、講演会の詳細及び、当日の会場設営等ボランティア募集情報を掲載します。関心のある皆様のご来場、ご協力をお待ちしています。

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

講演会「障がい者福祉と支援とは」概要

20211031-tou-shougaihukushito-shientoha.jpg


【講演会開催にあたって】
 制度が変わっていく中、利用者に対する支援は、それって誰のための支援?支援の意味?事業所が独自で決められるもんじゃない、支援って本来の意味ってなんだろう?

 昨今、障がい者の福祉サービスは充実してきましたが、その背景には当事者(障がい者)と健常者とのデモや啓発運動により法律が変わっていった経緯があります。

 しかし、法律の変化による現場の職員の支援が多数の事業者はマニュアル化に感じます。福祉サービス利用者にとっては、逆に利用しにくくなっているのが現状です。私たちは支援の意味を一緒に考え、まず栃木県から変えていきませんか?

【プログラム】
 ・13:00〜 ミニスポーツ開催 みんなで遊ぼう
 ・13:30〜 開会

  第1部 Speaker 菊池月香氏による講演
      『障がい福祉と支援とは』令和3年に計画の改正後どう変わったか?

      講 師:菊池 月香氏
           (社会福祉法人 同愛会光輝舎施設長)

― 休 憩 ー

  第2部 まとめ・意見交換会

 ・15:00〜閉会

【参加費】無 料

【定 員】80名

【会 場】わかくさアリーナにて開催

【その他お知らせ】
 ・土足厳禁になります。
 ・スリッパ等のご持参にご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

設営&会場片付けボランティアの募集について

【日 時】
 ・令和3年10月31日(日)(雨天決行)
    8:45〜18:00まで(準備、片づけがある為)

【場 所】
 ・わかくさアリーナ(とちぎ福祉プラザ敷地内の体育館)

【内 容】
 ・会場設営・来場者対応・片付け等
   (体育館のシート引き・販椅子並べ・様々な補助)

【募集人数】
 ・若干名

【協力時間について】
 ・ボランティア参加時間については、午前中のみ、午後のみなどでも可能です。
  無理のない範囲でご協力下さい。事前にお知らせ頂けると幸いです。

【募集締切】
 ・2021年10月8日

【問合先】
 とちぎの障がい福祉を明るくする 実行委員会  
  ((特非) 障がい者の一人暮らしを考える会事務局内)

 ※リンク先は、今回の講演会開催にあたっての代表者(川俣さん)の
  メッセージ動画になります。ご参考下さい。

  代表者TEL:090−7701−3130(川俣)
  メール:kappa1@cc9.ne.jp

【その他】
 ・事務局として、参加・ボランティアの調整をされている法人代表さんは、
  障がい当事者の方です。電話対応も可能ですが、聞き取り辛い部分もあるので、
  心配な方はメールなど文字ツールでの連絡をお願いします。

(記事掲載:O)

2022年度「まちぴあオフィス」入居団体募集のお知らせ

2021年10月2日(土)

2022年度「まちぴあオフィス」入居団体募集のお知らせ

 宇都宮市のまちづくり活動の拠点「宇都宮市まちづくりセンター“まちぴあ”」に設けられている、NPOなどの非営利活動団体の皆さんが利用できる「オフィス」(貸し事務所)の入居団体募集のお知らせです。

 “まちぴあ”では、地域で市民活動やボランティアなどのまちづくり活動に取り組んでいる団体の皆さんを対象に、団体の組織運営の自立や活動の活性化を支援するための事務用スペースとして、「オフィス」を設置し、その入居団体を募集しています。

office.JPG

オフィスの様子 現在の入居団体一覧

「団体の活動拠点を設けたい」「事業をもっと拡げていきたい」・・・などの想いをオフィスで実現してみませんか?以下に詳細を記載しますので、興味関心のある地域での非営利活動に取り組んでいる皆さんは、ぜひともお申込み下さい。

◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆
募集情報の詳細
◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆

1)オフィス募集概要
☆チラシ(PDF)

☆オフィス募集要領

2)オフィス申請書
☆PDF(出力、手書き用)

☆ワードデータ(パソコンで記入、出力)

☆記入例(PDF)

●募集区画: 2区画(1団体1区画を原則とします。)

●使用期間: 新規団体3年,入居実績あり2年

●募集期間: 2021年10月1日(金)〜11月30日(火)

●スケジュール:
@12月上旬 第1次審査(書類審査) A中旬 第2次審査(ヒアリング)
※日時については締切り後応募団体の皆様にご連絡いたします。
B12月下旬 審査結果通知 C1月中旬 入居団体説明会
D4月1日〜 使用開始

●申込方法:
期日内に、直接「まちぴあ事務局」に提出して下さい。
郵送やメールでの受付は行いませんので、ご了承下さい。

【問合先】宇都宮市まちづくりセンター“まちぴあ”
(〒321-0954 宇都宮市元今泉5-9-7)
TEL: 028-661-2778 FAX: 028-689-2731
メール: info@u-machipia.org

まちぴあ研修室調整会議(2022年1月〜3月分) 実施報告

2021年10月2日(土)
 
 本日、定期的にセンターの研修室を利用している登録団体の皆さんが、研修室の予約を受け付ける「研修室調整会議」を行いました。

 新型コロナウイルス感染防止対策を兼ねた会議実施の形態となり、過密、対面をなるべく避ける意味合いで受付スタイルの変更もおなじみになりました。10月1日をもって、全国的な緊急事態宣言は解除されましたが、しばらくは継続していこうと思います。

 今回は、2022年1月〜3月分の利用予約を整えました。

PA020003.JPG


 今回の会議には、登録の42団体から申請がありました。コロナウイルス感染防止の観点から、事務局で希望予定を確定させていただき、申請内容の確認等を、各団体で来館時間をずらして行っていただく方式に変更していますが、

 当日に直接団体さん同士で交渉しあうことがなくなった調整方法では、希望重複の場合には、人数や実施内容に基づいて、事務局が適宜、利用を割り振って活用いただくようにさせてもらっています。

 使用変更をせざるを得ない団体さんもありましたが、確認の際に事務局からご説明させて頂き、皆様には快く応じて頂けました。また、今回の会議から参加された新規団体の皆さんも複数ありましたが、まちぴあ流の調整会議をご理解いただきながら、参加下さいました。

 今回も、まことにありがとうございました。

 さて、そんなことで次回の調整会議は、2022年1月8日(土)に行います。

 事前申込(エントリー)は、12月1日〜25日となっています。

 次回は、新年1月の開始となります。一時沈静化の様相を見せているコロナ感染症ですが、皆様と年が変わっても安心してお会いできることを楽しみにしておりますので、ケガや事故で大変なことにならないように。

 お互いに気を付けて過ごして参りましょう。

(事務局:O)