CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年06月10日

対話型ワークショップ「性からライフデザインを考える」開催のお知らせ

2021年6月10日(木)

2021年 花王ハートポケット倶楽部助成対象事業
登録団体:マザーズガーデン 子どもワクワク教室「あすなろ」

対話型ワークショップ「性からライフデザインを考える」開催のお知らせ
〜いのち・からだからパートナーシップまで〜

20210613-0703-mothersgarden.jpg
※クリックすると拡大します。

おうちから性教育をはじめませんか?
さがしてみよう、きっとここで出会えるよ、自分の「根っこ」

◇場 所: 宇都宮市まちづくりセンター まちぴあ

◇6月13日(日)9:30〜11:30(男女問わず)
テーマ:そもそも必要?いつから始める?親ができること

◇7月3日(土)9:30〜11:30(女性のみ)
テーマ:向き合う不安とどう付き合うか、女性の体の変化

【講 師】栃木さおり(フリーエディター/心理カウンセラー)
「おうち性教育はじめます 一番やさしい!防犯、SEX、命の伝え方」、「恋愛で一番大切な“性”のはなし」の監修、出版

〇定 員: 25名  〇参加費:500円  〇後 援: チャイルドラインとちぎ

〇申込方法: お名前、連絡先(電話番号、メールアドレス)、性別を明記のうえ、メールアドレス宛にご連絡ください。

※出来るだけ皆様の疑問、悩みに沿った内容にしたいと思っております。疑問、悩み、知りたいことなどございましたら、メールにお書き添えください。
※駐車場に限りがございますので、最寄りの方は徒歩、公共交通機関等でお越しください。
※検温、マスク着用等、感染症対策にご協力をお願い致します。

【問合せ・申込先】
マザーズガーデン 子どもワクワク教室「あすなろ」
メール: mothers.garden.asunaro@gmail.com

たかはら子ども未来基金「学生インターン助成」団体・学生募集のお知らせ

2021年6月10日(木)

とちぎコミュニティ基金
たかはら子ども未来基金「学生インターン助成」団体・学生募集のお知らせ

 たかはら子ども未来基金とは、子どもや若者の未来を応援する目的で、2017年に矢板市在住の夫妻が設立した基金です。現在、家庭の経済的困窮が要因となり、子どもや若者の「未来への可能性」を奪う様々な不利が生じています。

2021-takaharakodomokikin_ページ_1.jpg 2021-takaharakodomokikin_ページ_2.jpg

 境遇や生育環境に関わらず、全ての子どもや若者が等しく人生を拓く機会を得られるように「たかはら子ども未来基金」を創設され、特に栃木県北地域の子どもや若者を支えていくことを目指します。

【対象となる団体】
@ 子どもの食事と居場所を支える活動 をする団体
例)こども食堂の運営支援、新規設立支援。
A 子どもの学習を支える活動をする団体
例)無料学習支援、学びなおしの支援。学用品の物資支援など。
B 子どもの体験を支える活動をする団体
例)自然体験や文化体験などの子どもの心の成長を支える活動を支援。
C 若者の社会参加や就労プログラム、生活を支える活動をする団体
例)若者の居場所づくりや就労訓練プログラムを支える活動を支援。困窮学生支援。
D その他、子どもや若者の未来をつくる活動を支える団体
例)環境分野の団体で、子どもへの自然体験活動を行っている団体、
  国際協力分野の団体だが、若者の国際交流活動を行っている団体など。

【2021年度の助成事業】
@学生インターン助成は、若者とNPOや市民活動団体が共に成長できる仕組みを作ることを目的としています。 学生が一定期間、NPOや市民活動団体にスタッフ見習いとして研修すること(=インターンシップ)の活動を応援します。

 学生に一定期間、奨励金を渡し活動することによって、若者の積極的な参加を促し、若者世代の継続的な応援者を増やすことを目標とします。学生の中には奨学金の事情やアルバイトのために、ボランティア活動ができない学生がおり、そのような学生を応援する目的で設立されました。また、今年度は学生を受け入れることで、日常業務のサポートだけではなく、既に既存の事業の発展や新規の事業の立ち上げを行える団体に助成します。

【応募団体の条件】
・営利を目的とせず、公益的・社会的な活動をすでに1年以上継続的に行っている栃木県内のNPO・市民活動団体・ボランティア団体(法人格の有無は問わない)
・県南をのぞく、栃木県内全域を対象とし、特に県北の活動団体を優先して助成します。
・対象となる市町: 矢板市、塩谷町、高根沢町、さくら市、大田原市、那須塩原市、那須町、那須烏山市、宇都宮市、上三川町、壬生町、日光市、鹿沼市、芳賀町、市貝町、益子町、茂木町、真岡市
(該当する地域に事務所がある団体か、地域で活動している団体に助成する)

【選考基準 】
前出の条件を満たす団体の中から、以下の選考基準で選考いたします。
1. 子どもや若者の未来の可能性を本気で応援したい団体
2. 地域で必要とされ、一般の人に開かれて参加できる活動であること
3. 助成を受けることで、活動の基盤を強化できる団体であること
4.学生のインターンシップを受け入れる体制が整っている団体であること
5.インターンシップの学生と一緒に、既存の事業の発展や新規の事業の立ち上げを行える団体であること。

学生のインターンシップ(研修)受け入れを希望する団体と、NPO活動に関心の高い学生をマッチングします。

【学生インターン部門 】*今年度は短期間の活動となり、8〜2月の12日以上。
・団体の必要な業務、ボランティア活動を行っていただきます。
・学生インターン生は、1団体につき、1人または2人までを助成します。
・団体からの推薦者となる学生がいる場合は、その学生を優先します。

・(団体にとって)学生のインターン生を受け入れることで、活動に新たな視点が持てるほか、新しい年齢層の参加を増やしたり、未来の担い手を育てたりできるなど、活動を発展させることが期待できます。団体の内容をインターン生、さらにその友人に深く伝えることができます。
・(学生にとって)市民活動に参加できる機会が少ない学生が、スタッフの視点で関わることで、活動の背景や課題などを深く学ぶことができます。また、他の団体でインターンシップを行う学生と切磋琢磨しながら活動に取り組めます。

《助成額》
・助成額:学生に 60,000 円をお渡しし、団体に 40,000 円をお渡しします。
・助成総額:900,000 円(最大でインターン生9人分と団体9団体分)
*1団体に2人のインターン生を受け入れていただくこともあります。

≪期 間≫【学生インターン部門 】
・団体の申込み: 6月14日(月)必着
・学生の申込み: 7月12日(月)必着

【問合せ・提出先】とちぎコミュニティ基金
(認定NPO法人とちぎボランティアネットワーク内)
担当:宮坂・矢野 〒320-0027 宇都宮市塙田2-5-10 共生ビル3階
TEL: 028-622-0021 FAX: 028-623-6036 メール: info@tochicomi.org