CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年02月17日

市民活動助成事業交付団体共催 語り場「リメンバー3.11vol.3」取材報告

2021年02月17日(水)

宇都宮市市民活動助成事業交付団体:ともしびプロジェクト宇都宮支部
UP宇大生プロジェクト共催事業 語り場「リメンバー3.11vol.3」取材報告

先日11日、宇都宮市市民活動助成事業交付団体であるともしびプロジェクト宇都宮支部UP宇大生プロジェクト共催事業によるオンライン講演会「リメンバー3.11 vol.3〜3.11を学びに変える」がYouTubeを通して開催され、事前に申込みをしていた栃木県内外の約100名が視聴していました。今回の配信は後日アーカイブとして配信予定となっております。

「リメンバー3.11vol.3」 参加した大学生メンバーの感想(Facebookより)

20210211-tomoshibiproject.jpg
YouTubeを使ったオンライン講演会

東日本大震災から10年になる前に、改めて当日の事を講師である佐藤敏郎さんから『小さな命の意味を考える』(手話通訳あり)についてお話していただきました。

佐藤敏郎さんは、宮城教育大学卒業後、中学校の国語科教諭として宮城県内の中学校に勤務(2002年から3年間は女川町生涯学習課勤務)。2015年3月退職。震災後は女川中学校、矢本第二中学校で防災担当主幹教諭、宮城県の防災教育副読本の編集委員も歴任。

震災で当時大川小学校6年生の次女を亡くし、2013年末に「小さな命の意味を考える会」を立ち上げ、現在は、全国の学校、地方自治体、企業、団体等で講演活動を行っています。2015年からは、震災時小学生だった高校生が若者とディスカッションを行う企画「あの日を語ろう、未来を語ろう」を各地で展開されています。

20210211-tomoshibiproject2.jpg
佐藤敏郎さんによるお話

VOICES 元教諭の大川小遺族が向き合い続ける「あの日」 東日本大震災8年(動画あり) 

 当時勤めていた中学校での俳句プロジェクトから始まった「女川町いのちの石碑プロジェクト」のお話から、石巻市立大川小学校周辺を襲った8mを超える津波。「救えた命」、「救ってほしかった命」、「救いたかった命」、「救えなかった命」、先生の命と子どもの命をムダにしてほしくない。と沢山の言葉でお話していただきました。

 救う条件は時間・情報・手段ではなく、『念のため』ギアを上げて「判断・行動」すること、防災は平時で「もしもはいつもの中にある」、災間(平時)にどれだけ種をまけるか、大川小学校を案内した時には「大川小学校は“未来を拓く”場所」と言ってもらいたいと佐藤さん。意味についてはそれぞれで考えてもらいたいともお話されていました。

 今回約1時間半の中で、さまざまなお話を聞かせていただきましたが、子どもたちや学校の先生を襲った8mの津波について恐怖も感じましたが、子どもたちや先生が当時どのような気持ちで流されたかということを考えると、3.11からの学び・教訓を、しっかりと未来に残していかないといけないとも思い、また、他人事ではなく、いつどこで起こるか分からない災害についてしっかりと『自分事』として考えなくてはと思いました。

【参考URL】
「リメンバー3.11vol.2」の様子(Facebookより)
vol.2武山 ひかる氏が所属する東松島市学生語り部によるクラウドファンディング

第6回まちぴあ勉強会「パワーポイントの活用」参加者募集

2021年2月17日(水)

 去る2月12日開催した、第5回まちぴあ勉強会。

 地域で行われる様々な市民主体の活動である「まちづくり」にまつわる、基礎・とっかかりを学ぶ小規模講座です。

 年度末のこの時期は、次年度へ向けての準備も兼ねて春先から募集が開始される「宇都宮市市民活動助成金」の取得を具体的な学習の目的とし、助成金審査会で関門の一つとなる

「プレゼンテーション審査」

 を乗り切るためのワンポイントアドバイスをテーマに開催しています。前回は「審査会の環境に慣れよう」ということで、いきなり実技。制限時間を設定した中で、団体の活動紹介を体験して頂きました。

「どんどん、失敗しましょうね♪」

 そう言えるのも、見渡すくらいしか参加者がいない小規模であるからこそ。そうは言っても疑似体験がスタートすると室内の空気が緊張したのも分かりますし、色々な意味で意義深い企画にできたと思っております。

 さて。今回の第6回勉強会は、孤独な闘いを支える強い味方。「パワーポイント資料」の作成について、アドバイスできるものをお伝えしつつ、皆さんと一緒に考え学んでいこうと思っています。

 以下に詳細を記載しますので、関心のある方はご参加下さい。ちなみに、この勉強会は宇都宮市市民活動助成の取得を目標にしてしていますが、「人前で話す必要がある」「別の助成プログラムで発表の必要がある」など、プレゼンの必要があるないし関心があるという方であれば、どなたでもご参加OKです。

 お気軽にお申込み下さい。

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

第6回まちぴあ勉強会
「パワーポイントの活用」

benkyoukai06.jpg


 今回の勉強会では、プレゼン等発表の際に、心強い味方となる「パワーポイント資料」の作成について学びます。限られた時間でなるべく正確かつ、ワクワク感を持ってもらえるようなプレゼンにするための基礎を学びます。

【主な内容(予定)】
 ・プレゼン資料の作成について(そもそも論)
 ・分かりやすい資料とは
 ・会場での準備で困らないために   等
  ※時間が余った場合には、前回に引き続きプレゼンの練習も行います。

【日 時】
 ・2021年3月5日(金)18:00〜19:30

【会 場】
 ・宇都宮市まちづくりセンター 研修室AB

【定 員】
 ・5名程度

【持ち物】
 ・筆記用具など
 ・作ったデータがすでにある場合などは、持参頂いても結構です。
  (参加者で閲覧して、参考にしちゃいましょう)

【その他】
 新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言が継続または強化され、研修室が使用できない場合には、当日使用予定の資料を今ブログで掲載し、開催の代替えとさせていただきます。また、参加時には、感染防止対策の観点から事前申込をお願い致します。

 勉強会参加の際は、マスクの着用や消毒への協力をお願いします。寒い時期ですが、実施中に換気も行いますので、予めご了解とご準備をお願いします。

【連絡先】
 ・宇都宮市まちづくりセンター「まちぴあ」
   TEL:028−661−2778(担当:小倉)