CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年09月02日

今年は「ぷちまつり」を開催します!

2020年9月2日(水)

 9月に入り、暑い時間帯もありますが、か雨も多くなり、さすがに気温も少し落ちつた感がありますね。

 その分、台風の影響が心配される季節になったということで、今年の秋は新型コロナウイルス感染拡大の問題に加え、何かを気を付けないといけない事柄が多そうですが、何とか9月、10月そして年末へとすすんでいきたいところです。

 さて。例年この初秋の季節になりますと、利用者協議会の皆さんをはじめとした登録団体の皆様にもご協力・ご出展頂き「まちぴあまつり」を開催しています。

 ・・・が、今年は感染症のこともあり、「多世代の皆さんが集まって」「飲食も含めた楽しいおまつり」という、当たり前のイベントの姿を実現することが困難となりました。そもそも、できるのかどうなのかも不透明な時間があり、

 関心のある皆様からは、どうなったとのお声も頂戴しているところでございます。こんな小さな催事を楽しみにして下さっているということは、とてもありがたいことです。

 そんなお声に完璧に答えるわけではありませんが、今年の「まちぴあまつり」のお知らせを致します。

 感染症の問題が発生してから、新しい生活習慣が提唱され、新習慣にもとづきながら、皆さんの日常生活が取り戻されている最中でありますが、各団体の皆さんにお話しを聞いても、気持ちの面でも世情的にもなかなか足並みがが揃わない実情があるそうです。

 そんな折でもありますので、今年のまつりは、前向きにとらえた縮小版として

「まちぴあぷちまつり」

putimaturi.jpg


 を企画しました。今年は、特に臨機応変な対応と、3密防止などイベントに関わる面々にしっかりとした連絡事項を徹底しないといけないこともあり、まちぴあ事務局を中心に開催を計画しています。

 イベントの内容としては、小学校低学年くらいまでの子ども達を対象にした、工作遊びのイベントです。施設内外の広いスペースで存分に遊んでもらえるように考えています。

 季節柄もありますので、ハロウィンをモチーフにし、子ども達の相手をしてくれるのは、当センターで行っている「ボランティア体験プログラム」に参加下さっている高校生など若い世代の皆さんです。

 従来の多世代交流とはいきませんが、子ども達と学生達がわずかな時間であっても、遊びあえる空間を作ろう。それが、今年の「ぷちまつり」となります。

 そんなことで、当日は、少し限られたイベントになってしまいますが、シニア世代をはじめとした団体の皆さんのお力もぜひ協力頂きたいのです。

 ハロウィンと同じく、工作の素材にした「新聞紙」。チャンバラあそびや的あて、大きな工作など新聞紙を存分に使って盛大に催したいと思っているのですが、ここで難問。

P9020002.JPG


 材料となる新聞紙をたくさん欲しいのです。そんなことで、まちぴあ利用者及び登録団体の皆様には、ぜひともこの材料・新聞紙回収にご協力下さい。皆さんのご協力を得て、地域の子ども達がより楽しく遊べる場を一緒に作って頂けたらと思います。

 また、今回の「ぷちまつり」は、規模的には縮小しますが、複数の分散型企画も考案中です。こちらは世代を問わず、当日以外にまちぴあに来所しただけで関われる内容を予定しています。近日中にこちらの分散型企画も随時お知らせしていきますので、

 今年の「まちぴあまつり」もよろしくお願い致します!

(事務局:O)