CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年08月08日

第55回釜川コケ落とし大作戦 実施報告

2020年8月8日(土)

 ボランティア体験プログラム「釜川コケ落とし大作戦」は、宇都宮市のオリオン通りをはじめ中心部を流れる河川・釜川の清掃ボランティアとして、2006年から実施している活動です。

 親水スペースとしてゾーニングされている「じゃぶじゃぶ池」とその周辺50メートルほどの水量の少ない区間を清掃しています。

 雨天に加え、今年はコロナという黄金ルーキーが登場したことにより、いつにも増して戦々恐々の状態ではありますが、「新しい生活様式」に則した皆様の意識向上と、協力したいという想いによって、今年度第4回目(通算55回)を無事に行うことができました!

★★★ ★★★ ★★★ ★★★

 過日、お知らせさせて頂いた通り、本日の釜川コケ落とし大作戦は、清掃後に周辺地域及び商店街の皆様と、中心市街地の活性化事業等に取り組んでいる、NPO法人宇都宮まちづくり推進機構さんが主催する「鮎のつかみ取り」イベントが行われる予定でしたが、

 ここ最近の感染症拡大の状況を受けて、残念ながら中止となりました。

 まことに残念なことではありますが、コケ落とし大作戦としては、前回7月25日が少数での実施ということもあり、限られた夏休み期間中にあって、ボランティア参加を希望下さった高校生さんなど皆さんのこともあり、予定通り実施する運びとなりました。

 そんなことで、当日の8月8日は。

 梅雨明けから一転の猛暑が続く中での久しぶりの「曇天」でございまして。釜川活動者としては、晴天よりもありがたい天候の中で実施することができました。

P8080011.JPG


 今回の活動には、市内の高校や専門学校に通う学生の皆さん19名が集まって下さいました。

 きれいになった河川で、思いっきり子ども達が遊ぶという情景を見てもらうことは叶いませんでしたが、お子さん2名のご家族の参加もあって、とても賑やかしいボランティア活動をすることができました。

 気温は高く、油断はできませんでしたが、それでもここ最近の猛暑の中では過ごしやすい環境下だった今回。参加者の皆さんは、ちゃんとマスク装備のコロナ下での活動準備万端で参加下さいましたし、

P8080018.JPG


 男の子たちの参加も多かったので、前回清掃し始めた、上流部分の清掃も念入りにすることができました。最近は集中豪雨も少なく、つい先日、沿道の植え込みを含めた河川周辺の清掃もあったことで、水の量も少なく、とても活動しやすかったです。

P8080030.JPG


 約20名のボランティアというと、やっといつもの釜川の様相となりまして、活動はきっちり1時間!少し汗ばみ、川底の黒い石もしっかりと見えるくらいに綺麗になったところで、無事に終了をなりました。

P8080038.JPG


 今回の活動では、まちぴあにインターン中の大学生Yくんも奮闘下さいましたし、魚が流れなかった代わり(にはならないですが)に、子ども達へのちょっとしたアトラクションもあって。

 そんなことも含め、例年とはかなり違いますが、ちょっと特別感のある清掃活動を行うことができました。

 ご参加下さった皆様、大変ありがとうございました。ちなみに次回のコケ落とし大作戦は、9月19日(土)の開催を予定しています。

 またのご参加をお待ちしておりますので、宜しくお願い致します♪

(事務局:O)