CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年05月22日

コロナに負けるな!団体紹介(6)〜一般社団法人とちぎ市民協働研究会〜

2020年5月22日(金)

全国的にも緊急事態宣言の解除が施され、徐々に日々の生活が変わろうとしています。しかし、感染者が完全に消えたかというとやはりまだ微量ながらも一定数は存在しています。栃木県も、以前より外出がしやすくはなりましたが新たに感染者が出るなど、油断はできない状況です。

しかし、だからといっても社会は動き始めています。特にこれまでずっと休校だった各学校は、分散登校から始まり徐々に学校再開へ向け動こうとしています。

今回の「コロナに負けるな!団体紹介」では、学校の再開に関連して、「一般社団法人とちぎ市民協働研究会」(以下:とちぎ市民協働研究会)を紹介し、その中でも「高校魅力化」について取り上げます。

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

【団体名】
一般社団法人とちぎ市民協働研究会

〇団体の概要
地域社会の課題解決に必要な要素として、地域住民との協働が挙げられます。とちぎ市民協働研究会は行政と地域住民との協働を促進し、豊かな地域社会の形成を目指し活動しています。詳しい団体の概要はまちぴあが発刊している情報誌まちぴあの2020年1月1日に発行されたNo.32の冬号でも特集されています。

今回は、近年とちぎ市民協働研究会が熱を入れている「高校魅力化」に対する取り組みを特集していきます。


〇「高校魅力化」について
高校魅力化とは、地域の高校、また地域そのものの魅力を上げその地域の担い手を育成する環境を整えつつ、地域へのU・Iターンを増加させようとするプロジェクトを指します。地域、高校の魅力が上がることで若年層の流出の減少、または流入→後継者や担い手の増加→「まち」の文化の継承や産業の発展→地域、高校の魅力増加という好循環を生むことが目的です。

この高校魅力化の動きは、島根県の隠岐島前高校から12年前に始まりました。(注1)まだプロジェクトが始まって日が浅いにも関わらず、地域外流出の減少など明確に成果が表れています。担い手不足、地域の人口減少などの地域課題の解決策として高校魅力化に着目されている現状にあります。地方の消滅問題が囁かれている今、栃木県も例外ではありません。

〇とちぎ市民協働研究会の動き
とちぎ市民協働研究会高校の魅力化に関する動きはいくつか行われています。

・栃木県高等学校地域連携・協働実践事例集
まず栃木県高等学校地域連携・協働実践事例集の作成です。

P5190005.JPG


栃木県内で高校生の「まちづくり」の参加が増加していることを受け、各学校による地域との協働・連携をピックアップしまとめた冊子です。全58校+広域的な活動事例3つの計61項目を、非常にシンプルでわかりやすくまとめています。よって、これからどう「まちづくり」に参加するか思案している高校にとってモデルケースになるといえます。また、地域との協働を考える際の研究資料としても優秀です。高校魅力化を考える際、地域との連携は切り離せません。高校と地域を結びつける際の参考資料として本冊子は適しているといえます。

・那須高校魅力化プロジェクト
もう一つが栃木県立那須高等学校に密着する那須高校魅力化プロジェクトです。
那須高校魅力化プロジェクトは、那須町との連携により那須高校に魅力化コーディネーターを配置し、地域のイベントや公民館や社会福祉協議会の活動などに参加して高校魅力化を実際に進めていこうとするプロジェクトでした。しかし、活動初期の段階でコロナの影響で大幅に軌道修正が必要となりました。

元々最初にいろいろなイベントなどに参加し、そこからどう動くかを考える予定でしたが、コロナによりイベント自体が消えてしまう、また高校がそもそも開いていないなど完全に出鼻を挫かれた形になりました。更にこれからの動きに関しても、3密を避けることが対人の基本となるため、新しい人との接し方・つながり方を模索する必要が生まれました。

那須高校魅力化プロジェクトは、コロナによって大きく軌道修正が必要となりました。しかし、栃木県内で高校魅力化を行う際のモデルケースとなりえます。また、ICTの活用も視野に入れており、多方面からのアプローチが可能です。コロナ騒動が収束し、ある程度の社会活動が可能になってからの活動に期待したい所です。


〇まとめ
高校魅力化は、地域社会の活性に繋がります。担い手不足や地域の消滅などの課題解決にも役立つことが見込まれ、これからの地域課題を考えるうえで重要なポイントになりえます。しかし、栃木県内ではまだまだ普及していない現状にあります。とちぎ市民協働研究会は、栃木県内で高校魅力化を行う際のコーディネーターとして期待がかかります。


【連絡先】
一般社団法人とちぎ市民協働研究会
TEL:090-2993-2052

※参考リンク先※
 注1 外部サイト:隠岐島前教育魅力化プロジェクト

(更新:事務局S)

第52回釜川コケ落とし大作戦 募集締切のお知らせ

2020年5月22日(金)

 いつもお世話になっております!

 さて、コロナの影響を受けながらも日々、少しずつですが動き出そうとしている宇都宮市。これからも色々あるかと思いますけども、そんな皆さんの歩調に合わせて、まちぴあも歩みを続けていきたいところです。

 そんなことで、前月の4月からスタートした「釜川コケ落とし大作戦」ですけども。年度スタートの前回は、残念ながら外出自粛中となってしまい、調査とお知らせを兼ねた情報発信に留まるという状況になりました。

 そして、外出緩和の期間となった5月23日の第52回の釜川コケ落とし大作戦ですが。

 何と、今度は雨らしい!ということで。

0523.JPG


 何とも悔しい状態になっております。そもそものところ、やはり自粛緩和となっている市内もまだまだ徐行運転の様相が見受けられます。

 事前申込者も、本日現在でないということになっております。

 はい、そんなことですので、皆様無理をしてはいけません。

 正式な申込はありませんでしたけども、本日何本かの実施確認のお電話も頂きました。そして、不安定な天候が続いておりまして。降水確率だけで判断できないという昨今でありますものですから。

 明日の釜川清掃は、自由参加とさせて頂きます。

 事務局は、道具をそろえ、出来そうであればやる姿勢は整えておきますが。参加(予定?)の皆様は、くれぐれも無理のないように、行動して下さいませ。

 天候さながら、不安定なお知らせとなって大変恐縮ですが、コロナ状況と緩和の現状を顧みると、ある意味において「やっているよ」ということを知ってもらい、また、「これからも出来るから、また参加してね」と見せていくことも大切かと思っています。

 そんなことで、皆様の賢明なご判断のもと、無理なく実施していこうと思いますので、ご協力のほどをよろしくお願い致します。

(事務局O)

市内でがんばる市民活動団体の皆さんを応援します!「宇都宮市市民活動応援助成金」募集開始のお知らせ

2020年5月22日(金)

 栃木県内では、感染症防止対策によって外出自粛の緩和がすすめられるいます。コロナウイルスとのある種の共存を模索しながら、経済活動や学校など様々な面での再開が試みられておりますが、まだまだ困難な状況が続いております。

 この状況については、ボランティアや社会貢献といった活動に取り組む市内の市民活動団体も同様であり、新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、活動の実施方法を変更する中で、減少や縮小という判断をせざるを得ない団体も多いことと思います。

 宇都宮市(主管:みんなでまちづくり課)が、5月20日からスタートさせた「市民活動団体応援助成金」は、感染症の影響に負けないように市民活動団体への支援、市民主体のまちづくり活動の維持を目的にした助成金です。

 以下のお知らせ記事に加え、実際の申請は、リンク先(応援助成金の部分をクリック)にある提出書類をダウンロード、出力して頂くか、まちぴあ等でも配架している申請書類にご記入の上、郵送にてお申込み下さい。

 該当するとお考えの団体の皆様は、ぜひご検討下さい。

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

「宇都宮市市民活動団体応援助成金」
  〜市内でがんばる市民活動団体の皆さんを応援します!


【制度の概要】
◆交付の条件
 新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年1月〜12月のいずれかの月の収入(前年度決算において、会費等毎年の収入や継続的な事業収入の年間収入が5万円以上の団体)が、前年度比で20%以上減少していること。
 収入の減少については、2020年において、前年と比較して収入の減少率が最も大きい該当月を「対象月」とし、この対象月における収入の減少割合によって助成金額が異なります。

ouenzyosei.jpg


 ※法人格を有する団体は、「企業等応援助成金」にて助成を行っています。
  宜しければ、ご参照ください。

◆対象となる市民活動団体
(※以下の要件のすべてに該当する団体が対象となります)

@公益的な活動を行っている団体
・規約や会則を持ち,継続的に公益的な活動が行われ、今後も継続を予定している。
   (※申請時点において、設立後1年未満の団体は対象になりません)
・原則5名以上で構成されている。
・宇都宮市内で活動している。
・活動内容が,特定非営利活動促進法の20分野に該当する活動を行っている。
  ※確認下さい!「20分野」の内容一覧はこちらを参照下さい。
     
A設立目的や組織性が確認できる団体
・規約や会則などにより,団体の設立目的,事業などが定められていること。

B決算書や月別の収支状況の資料等で該当することが確認できる団体
 活動に必要な収入(年間5万円以上)が、新型コロナ感染症の影響により,2020年1〜12月のいずれかの月の収入において,前年同月比で20%以上減少していることが確認できること。

◆助成内容
 前年度と比較した収入減少割合
  @20%〜50%未満 → 5万円
  A50%以上     → 10万円
   ※申請受付は、当日消印有効とします。

◆注意点等
 ・1団体につき、市の助成金への申請は1回限りとします。
 ・政治的活動及び宗教的活動を行っている団体は対象になりません。
 ・提出については、「提出先」まで、郵送でお願いします。感染拡大防止にご協力下さい。
 ・詳しい申請方法については、リンク先のリーフレットや募集要項、Q&Aを事前にご確認下さい。

【提出先】
 〒320−8540
  宇都宮市旭1丁目1番5号 宇都宮市役所10階
  市民まちづくり部 みんなでまちづくり課

rareru.JPG


 ※封筒貼り付け用のラベル(写真データ)を作成しました。
  出力して、ご活用頂けると幸いです。


【問合先】
 ・宇都宮市みんなでまちづくり課
   TEL:028−632−2287
       028−632−2288(平日9:00〜17:00対応)

(更新:事務局 小倉)