CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年03月01日

「第15回あなたの人生を聴かせてください」開催報告

2020年3月1日(日)

「第15回あなたの人生を聴かせてください」開催報告

 先月20日(木)、宇都宮市まちづくりセンター主催、第15回「あなたの人生を聴かせてください」を2階研修室ABで開催しました。「あなたの〜」は、まちぴあ登録団体をはじめとした、宇都宮市内で魅力的な活動を行っている団体のリーダーさんなど個人にスポットを当てたミニ講話企画です。

15jinsei.jpg

 今回講師に公益法人とちぎYMCA総主事・介護支援専門員の塩澤達俊氏をお迎えしました。日頃から子育てや国際系のボランティアをしておられる方々を中心に22名がお話を聴きに集まりました。

 YMCAはイギリスが発祥で若者同士の助け合いが目的でできた非営利の団体で、現在は世界中にあり、宇都宮では幼稚園・保育園から高齢者支援まで多岐にわたる分野で行政機関や地域と連携しながら福祉活動を行っています。

15jinsei2.jpg

 塩澤氏は、講演中でも担当の高齢者の急な異変に対応できるよう24時間体制で、常に携帯電話を肌身離さず持っているそうで、「すみません。緊急の場合があるので途中携帯が鳴ったらお許しください」というお詫びから始まるほどの多忙な方です。

 さまざまな活動に精力的にかかわっておられる塩澤氏ですが、“宇都宮の子どもの貧困をなくそう“を目的に立ち上げた”子どもSUNSUNプロジェクト“に特に力を入れておられます。清原地域の社会的課題を発見し調べて、住民の人・力・資金を結集し助け合いの街づくりを進めており、現在地元自治会などの協力のもと“きよはらこども食堂・みんなの食堂”を開設しています。みなさんもできる範囲で結構ですので互助の精神で力を貸してくださいとのことでした。

15jinsei3.JPG

 また、塩澤氏ご本人はというと「ほかの人を助けるのは得意なんですが、自分が助けてくださいという発信をするのは苦手なんですよ」、「助けられ上手のなることも大切ですよ」と話してくれました。

 そして、当日参加者へ性格診断用のエコグラムをプレゼントしてくれました。この心理分析により自分を知って円滑な人間関係を築けるよう努力しましょうというメッセージを頂いたのだと思います。

(記事作成:M)