CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年11月09日

「とちぎハイスクールフェスティバル2019」取材報告

2019年11月09日(土)

「とちぎハイスクールフェスティバル2019」取材報告

 去る9月21日、オリオンスクエアにてとちぎハイスクールフェスティバル実行委員会主催による「とちぎハイスクールフェスティバル2019」が開催されました。今年で3回目を迎えるこのイベントは県内の高校や学生団体がアイデア商品を自分達で考え、当日ブースで販売し購入された方々に味・見た目・販売力の1つ5点満点で投票してもらい、また審査員による審査も行いアイデア賞と優勝を決めます。

 今回のイベント取材は学生ボランティア交流会に参加してくれていた高校生2名が写真撮影及び取材をしてくれました。

≪5校によるパフォーマンス≫
highfes.JPG
文星芸術大学附属高等学校 和太鼓部によるパフォーマンス

 会場では飲食出店だけではなく、文星芸術大学附属高等学校和太鼓部による和太鼓演奏、足利女子高等学校ダンス部によるパフォーマンス、矢板東高等学校書道部によるパフォーマンス、宇都宮高等学校演劇部による即興演劇、宇都宮工業高等学校音楽部による演奏などが行われました。

≪学校・学生団体による飲食販売≫
highfes2.JPG
栃木県立宇都宮北高等学校の学生が考案した商品

 @宇都宮北高等学校:もっちり米粉の焼きドーナツ、A学生団体ゆめのき:ナタdeここinさいだーorてぃー、B第一学院高等学校 宇都宮キャンパス:かんぴょう入りスープやきそば、C栃木県立真岡北陵高等学校:かきのパウンドケーキ(食品科学研究部)、D栃木県立茂木高等学校:こめこぼーる、EKTCあおぞら高等学院 宇都宮キャンパス:あげみみスティック、ふる〜つぽんちが各ブースで販売されていました。また、今回はアイデア商品以外にも宇都宮工業高等学校によるアイデアロボット展示・操作体験なども行われておりました。

≪出展PR時間≫
highfes3.jpg
各ブースの代表者らによる出展PR時間

 それぞれブース代表者達がステージに上がり、商品について、工夫した所、作ろうと思った理由など説明しました。審査員3名からも質問が行われ、代表者が答えていきました。

highfes5.jpg
表彰式の様子

 11:00〜14:45にかけて行われた投票と審査員による審査でアイデア賞と優勝が決まります。今回アイデア賞に第一学院高等学校 宇都宮キャンパスによるかんぴょう入りスープやきそば、優勝に栃木県立真岡北陵高等学校によるかきのパウンドケーキ(食品科学研究部)が選ばれました。

 3回目の取り組みとなった「とちぎハイスクールフェスティバル2019」。運営側であるとちぎハイスクールフェスティバル実行委員会は大学生が中心となって活動に関わっており各飲食出店ブースの手伝いやメインステージでのMCを行っていました。

 企画運営を行うことは前準備から当日の動き方等についてしっかりと考える必要があり、何度もミーティング等を行ったそうです。また参加している学生もどのようなアイデア商品を作りたいか、メンバーで考え、試作品を作りといった準備は大変なこと。1人1人が開催に向けて活動してきたという事はとてもいい経験になったかと思います。参加した学生、運営側、取材を行った学生の皆さんお疲れ様でした。

(文章作成:小松)