• もっと見る

2024年05月04日

宇都宮大学地域デザインセンター「地域防災シンポジウム2023」参加報告

2024年5月4日(土)

宇都宮大学地域デザインセンター「地域防災シンポジウム2023」参加報告

 昨年12月1日、宇都宮大学主催 宇都宮大学地域デザインセンター 地域防災シンポジウム2023「防災士・地域防災実践者の組織化とリカレント教育〜栃木県内の"被災後の実践"から探る〜」(宇都宮大学 地域デザインセンター 実施報告)が、宇都宮駅東口交流拠点施設ライトキューブにて行われ、行政、自治会関係者、防災組織関係者、関心を持つ方や学生など200名以上が参加していました。

1.JPG

 初めに、「地域防災の推進に向けた宇都宮大学の取組」として地域デザイン科学部長の藤原氏と地域防災部門長の石井氏による説明。「栃木県における防災・危機管理の取組」として栃木県危機管理防災局の竹澤氏、県土整備部の日原氏による報告が行われました。

 次に、「防災士・地域防災実践者による実践報告」として、「おやま防災」「防災士ママくらぶさくら」の実践について話を伺いました。

2.JPG

 おやま防災は、小山市社会福祉協議会と小山市市民活動センターおやま〜るの協働事業で、小山市で活動している災害ボランティアのネットワーク組織です。災害支援に興味・関心のある市民が、災害支援の“いま”とつながることのできる場を作られています。想いや活動についてお話していただきました。

 市民団体 防災士ママくらぶさくらは、さくら市での活動をメインに子育て世代・女性の視点で、子どもや家族向けに防災に関する学びの場づくりを行っています。市内イベントや学校での出前講座への参加。非常時に使えるペットボトルランタンやミニライトを作る「防災工作」など行っており、どのようなものなのか説明していただきました。

3.jpg 4.JPG

 今回のシンポジウムでは栃木県内で地域防災に取り組む関係者が一堂に会する「共創de地域防災フェス」も行われており、センター登録団体「TABUWATA」の皆さんのブースも展開されておりました。

 ミヤラジで毎週日曜日17:00〜、多言語ラジオ(ネパール語、タイ語、中国語) 番組、普段の取り組み(にほんごカフェや清掃活動)、防災に関する取り組みなどポスター展示や交流にて伝えられていました。

 第2部では、TABUWATAさんを含む出展されている団体によるショートスピーチ。栃木県内の足利大学、国際医療福祉大学、作新学院大学・女子短期大学部、宇都宮大学の学長らによる「栃木県の大学等による防災・減災活動連絡調整会議」覚書調印式などが行われました。

5.JPG

 第3部では、防災士会の方々からの話題提供の後。発表団体、ブース出展団体、参加者らが車座になって「地域防災力UP」についてのグループディスカッションが行われました。防災士の課題と今後の取り組み、地域防災の推進に必要なこと、避難所内の環境整備、地域と企業の連携、外国人との連携、文化の違い等に対する理解、やさしい日本語の活用などさまざまな意見交換が行われたようです。

 シンポジウム内でもお話されていましたが、平時からの連携やネットワークの重要性を感じる機会にもなりました。また、「防災×〇〇」で考えると子育てや障がいなど、誰しも関わる所だと思います。いつどこで起こるか分からない災害に対して、ひとり一人が考えていく必要があると思いました。

【参考URL】まちぴあブログ
宇都宮大学地域デザインセンター「地域防災部門」設立記念シンポジウム 参加報告

(記事投稿:K)

2024年04月29日

第34回スプリングコンサート 取材報告

2024年4月29日(月)

 春といえば特定非営利活動法人宇都宮ピアノ研究会さんが主催されている「スプリングコンサート」が例年行われています。

P4210018.JPG


 今年で34回目を迎えるコンサートが、4月21日(日)に栃木県総合文化センター・サブホールで行われました。

「スプリングコンサート」

 は、ピアノ講師や音楽を使って様々な活動やお仕事をされている、法人会員の皆さんがピアノ演奏の場を自分たちで設け、技術の維持向上を目的に開催されています。こうした自分たちの技術向上の場を無料で一般に公開し、

P4210022.JPG


 ピアノの生演奏を気軽に楽しめる場として、長年にわたり続けられているコンサートなのです。コロナや天候などいろいろな面で心配がつきなかったですが、会場の栃木県文化センターサブホールには、100名ほどの皆さんがお集まりくださり、約2時間にわたり奏されたピアノ演奏を楽しみました。

P4210029.JPG


 モーツアァルト、ラヴェル、ショパンなどの楽曲を、16名の演奏者の皆さんが奏されていきました。心にしみるクラシックの名曲の中にも、広い世代に聞き馴染みのある楽曲もちりばめられており、まさしく春を思わせてくれるコンサートだったように思います。

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

 さて。最後に、まことに勝手ではありますが、まちぴあ的に宇都宮ピアノ研究会さんのお知らせをさせて頂きましょう。

 研究会さんでは、毎月2周目・日曜日(13:00〜15:00)に「音楽談話室」を、まちぴあを会場に実施されています。ピアノ講師等の経験をもった会員の皆さんが、コンサートの開き方や演奏・音楽に関するお悩みをお聞きする会となっています。

 コンサート事業の他にも、相談や体験会など音楽に浸しむ機会を、色々な方法で創っている、ピアノ研究会さんの活動を、ぜひ今後も応援して下さいませ♪

(事務局:O)

2024年04月16日

イベント取材 キラキラママサークル「チャレンジラボin道の駅はが」

2024年4月16日(火)

 過日、まちぴあブログ等でも周知させていただきました、登録団体「キラキラママサークル」さん主催の交流イベント、

P4140025.JPG


チャレンジラボin道の駅はが

 が、4月14日(日)道の駅はがを会場に行われました。

 この企画は、日ごろ子育て中のご家族を対象に、様々な内容の体験教室や子育てサロンなどの活動を行っている「キラキラママサークル」さんが実施した交流イベントです。

P4140022.JPG


 お仕事体験をテーマに、県内各地の事業者さんや、手作り作家活動などをされている「プロ」の大人たちと協力して、各ブースで企画された様々な「お仕事体験」を楽しむイベントです。今回は、小学生たちによる「お店屋さん」も登場し、

P4140017.JPG


 ゲームや工作などの体験を、おにいちゃんおねえちゃんたちが準備し、ホスト役になって、小さいお子さん達と遊ぶコーナーも設けられました。

 行楽日和であったこともあり、大変たくさんのご家族、子ども達が会場に遊びに来てくださいまして、賑やかに、楽しく、また、体験一つ一つが子ども達の学びにもなった一日となりました♪

(事務局:O)

2024年04月05日

令和6年度「宇都宮市民の日つどい」取材報告

2024年4月5日(金)

「市民の日」は、宇都宮市民憲章を具現し、心豊かなやすらぎある郷土・宇都宮を創造し、市民として連帯感を醸成するとともに、我がまち意識を高揚するために、市政施行90周年の節目の年である昭和61年の4月1日に定められた記念日です。

IMG_5274.JPG


 去る4月1日に、オリオンスクエアを会場に令和6年度の式典「記念のつどい」が開催されました。

 集いでは、市民主体のまちづくりの促進に寄与する活動をされている方々を表彰する、宇都宮市民憲章表彰贈呈式が行われ、スポーツ、文化、芸術などの各種大会・コンクール等で輝かしい成績を残された個人・団体の皆さんや、寄付や社会貢献活動など、宇都宮市に貢献された市民の皆さんに、市政功労表彰・うつのみや市民賞などが表彰・贈呈されました。

 まちぴあに関連する部分については、登録団体でもある

 ・「特定非営利活動法人古賀志山を守ろう会」
 ・「横川地区子どもとふれあう会」

 の2団体が受賞を受けられました。

 「古賀志山を守る会」さんは、宇都宮市の貴重な自然資源である古賀志山の環境整備、啓もう事業を行っている活動法人です。登山を始めとした山中散策時の事故を減らすための案内板の設置や登山ルートの点検、安全に楽しむための啓もう活動を10年に渡り実施されています。

 「横川地区子どもとふれあう会」さんは、横川地区に住む住民がよりよく横川地区で過ごして行けるように、季節に併せての地域美化活動や各種交流イベントの開催を通して、障がいの有無や国籍の違いなどなく生活できる地域環境づくりに寄与する活動をされています。

IMG_5272.JPG


 会場では、団体の活動を紹介するパネルも設置され、表彰を受けるに併せて、多くの市民の皆さんが紹介内容をご覧になっていました。

 2団体ともに、10年以上の活動歴があり、その間、感染症の影響をはじめ様々な課題もある中で、創意工夫をしながら団体を運営し、多くの会員や地域住民の皆さんとの絆を育みながら事業を発展・継続されてきたことが賞されました。

 会場には、

 まちぴあという支援センターを利用頂いている側の立場ではありますが、皆さんの受賞はとても誇らしく。また、非常に微力ではありますが、こうした活動団体の皆さんのお力に、今後も少しでもなれればと思うところです。

IMG_5297.JPG


 「古賀志山を守ろう会」さん、「横川地区子どもとふれあう会」さん、今回の受賞大変おめでとうございました!!

(事務局:O)

2024年02月20日

宇都宮子ども劇場「集まれ!雷都忍者たち」取材報告

2024年2月20日(火)

 特定非営利活動法人宇都宮子ども劇場さんは、高校生くらいまでの子ども達とその家族を対象にした、様々な遊び体験をする事業を行っている活動法人です。

 演劇や人形劇などの鑑賞会や、季節に合わせた屋外キャンプ、市内で行われる各種イベントに出展しての体験ワークショップなど、様々な遊びの中で「いっぱいのすごい」に出会えるプログラムを企画・実施しています。

P2180003.JPG


 令和5年度は、宇都宮市市民活動助成金の交付も受け活動を展開し、まちぴあでもイベント準備も兼ねた工作ワークショップを実施して下さいました。そんな、一連の活動が実を結ぶ今期目玉の事業、

「集まれ!雷都忍者たち」

 が、去る2月18日に、オリオンスクエア及び江野町商店街を舞台に開催されました。

P2180013.JPG


 この事業は、子ども達の情操教育等を目的とした各種プログラムを提唱している「アフタフ・バーバン」がはじめ、事業の内容や面白さを知った全国各地の活動団体が、法人から実施方法を学び行っている、街中で行う体験型ワークショップです。

 忍者として参加する子ども達だけでなく、子ども忍者の師匠役である大人たちに加え、街中散策をすることに協力してくれる周辺住民、店舗の皆さんの協力と理解があって出来上がる、非常に奥深いプログラムなのです。

 そんな忍者イベント本番のこの日、会場である、オリオンスクエアには30名の子ども忍者たちが集まり、子ども達に忍術(? ワークショップの遊び方や注意事項)を、大人忍者さん達がさずけるところから始まって、

P2180017.JPG


 子ども・大人忍者たちがそれぞれに、商店街の中に隠された「ひじゅつ」(キーワード)を探す探検に移っていきました。忍者の恰好をして、忍者になりきって、人通りの多い商店街およびお店に本当に飛び出て探し物をする体験は、参加全世代にとって、特別な体験になったことと思います。

 探し物をする忍者修行を、いろんな意味でドキドキしながら。また、見守ってくれる商店街や周りの皆さんとの交流をしながら体験した後は、

P2180025.JPG


 大人 VS 子ども

 に分かれての「ちゃんばら合戦」が行われ、とてつもなく盛り上がりました!!

P2180029.JPG


 背丈とパワーがある大人たちに、分身してんじゃね?くらいのスピードで襲い掛かる子ども達。ルールとして「足首を狙う」というものがあるために、子ども達の動きはさらに俊敏さを増した感じがあり、結果は推して知るべしですが。。。大人たちも善戦していましたね♪

 こりゃ、すごい!!

 まさしく、宇都宮子ども劇場さんが伝えたい、「子ども」が感じられる感動のすごさと「子ども」をきっかけに、大人たちが感じられる感動の両方を実感できた、ステキなイベントだったと思います。

(事務局:小倉)

2023年12月12日

宇都宮ピアノ研究会「ティーサロンコンサート・クリスマス2023」取材報告

2023年12月12日(火)

PC100012.JPG


 12月10日に、まちぴあ登録団体でもある、特定非営利活動法人宇都宮ピアノ研究会さん主催による「ティーサロンコンサート」が、栃木県文化センター・リハーサル室を会場に催されました。

 宇都宮市を中心に県内に音楽文化醸成を目指して活動している、ピアノ研究会さんでは、例年数回のコンサート事業を行っており、演奏合間の休憩時間にティータイムを設け、喫茶を楽しみながら、気軽にピアノなどの生演奏に触れる機会を作ることを目的に行っているのが、このティーサロンコンサートです。

PC100003.JPG


 会場には、開演前から70名ほどの皆さんが集まり、ピアノ研究会の会員の皆さんによる、クラシックを中心としたクリスマス曲のメドレーや、ショパン、モーツァルトなどの聞き覚えのある楽曲たちが、15曲以上演奏されました。

PC100011.JPG


 ソロ演奏、連弾、ヴァイオリンとの合奏など、市民の皆さんに生演奏を届けたいとこの日にむけて取り組んでこられた会員の皆さんの情熱的な演奏がありました。

PC100009.JPG


 休憩時の喫茶タイムには、音楽活動と福祉活動のコラボを目的に、会場にお招きされた「栃木補助犬協会」さんの活動PRの時間が設けられ、盲導犬・介助犬といった障がいのある方に寄り添う存在を応援、啓もうする活動を知ってもらう機会も設けられました。

 コロナ禍を経て、昨年から感染症対策等、様々な工夫を凝らし、今年また本格的にコンサート事業を通常通り再開した、宇都宮ピアノ研究会の皆さん。

 音楽と人が出会うコンサートという交流の場に、違う分野で活動されている皆さんとの出会いも生み出す場として実施されたことに、敬意を表します。

 不思議と暖かい日が多く、12月と思えない気候であったりする今年ですが、季節を彩る音楽と出会いが、特別なクリスマスだと思わせてくれました。

(記事投稿:O)

2023年11月18日

ときめき大人の教養講座「かがやき塾」第一回参加報告

2023年11月18日(土)

ときめき大人の教養講座「かがやき塾」第一回参加報告

 先日15日、宇都宮市教育委員会「人材かがやきセンター」主催講座 ときめき大人の教養講座「かがやき塾」が宇都宮市中央生涯学習センター 5階 人材かがやきセンター研修室にて行われ、第1回目となる「多文化共生」に参加しました。

kagayaki.JPG

 初めに、宇都宮市国際交流プラザ 多文化共生推進課職員である鈴木 友樹氏より「多文化共生を目指して〜増加する外国人、その文化を学び、お互いを理解し合おう〜」が行われました。

 宇都宮市における外国人住民(国内・県内・市内の人数推移や国籍など)の現状、多文化共生についての説明、宇都宮市多文化共生推進課が取り組む事業やこれから未来(プラン策定など)についてお話をしていただきました。

 そこから、外国人住民と接する上で、やさしい日本語を活用してもらいたいと生まれた背景、ポイント、「申請書。お問合せ先。ご記入ください。更新する」などをやさしい日本語にするとしたらどうするか。といった投げかけがありました。

kagayaki2.JPG

 次に、帝京大学留学生の皆さんとのワークショップが実施されました。今回参加された一般の皆さんが5つのグループに分かれ、実際に日本語で話してみようというプログラムでした。皆さん日本語がとても分かりやすく、尚且つしっかりしており、中には卒業後も日本で仕事したいといった思いを話してくれる方もいました。まちぴあでも、過去やさしい日本語の勉強会を実施しましたが、やはり実際に話してみるということはとても大切であると感じました。

 実際、普段の生活だと、街行く外国人住民の方と話したことがない方もいるかと思いますが、プログラムの最後に講師を務めた鈴木さんから「話せば人となりが分かり、そこからコミュニケーションや支え合いが始まっていくのではないか、誰もが住んでも住み良い街になっていけばと思う。」という言葉の通りだと感じました。講師の皆さま、企画開催された皆さまありがとうございました。

(記事投稿:小松)

2023年11月11日

活動再開支援事業(第3回)〜 簗瀬地区「霜月祭2023」 報告

2023年11月11日(土)

 まちぴあでは、感染症の影響で休止してしまった自治会等地域活動の再開に向けての支援について注力して取り組んでいます。

「ボランティア体験事業」などを通じて、地域と若者が出会い、活動する場を作ってきた経験を活かしつつ、「支援」というよりも、今現時点においても何かと頑張る地域の皆さんのお役に立てないかと、昨年度から取り組みはじめました。

PB110008.JPG


 11月11日は、簗瀬地区民児協(民生委員児童委員協議会)さんからのご相談に応じ、この日行われた「霜月祭」(@簗瀬小学校)でのレクリエーション実施を応援に行きました。

 ※簗瀬地区民児協 さんの夏の活動風景です。参照下さい。

 コロナ前に実施していた飲食提供に変わる出し物として、民児協の皆さんに習得してもらったのが、まちぴあの地域交流系イベントでも大変重宝しているバルーンアートです。
 リンクしたように、民児協さんは、霜月祭を本番と想定し、夏時期に学童で行った子ども達との交流会でも、工作の準備・サポートを実際にやってもらい、子ども達との交流 を実際に体験して頂きました。

 そんなことで、かなり前からバルーンアートを使った交流について、民児協メンバーの皆さんがそれぞれに練習して、このお祭りに臨んで下さいました。

 ・・・さて。令和5年度の霜月祭会場にお邪魔しますと、10時開始前から、メンバーの皆さんがどんどんストックバルーンの準備をしていました。

PB110007.JPG


 昨年大変好評で、午前中で在庫がなくなったとのことで。今年は500本(昨年は300本+α)の風船を用意したそうです。膨らます人、風船を作る人と役割分担して手際よく準備を進めていきます。大量の風船が出来てくると、子ども達も続々と集まってきて、今年も期待が膨らんでいましたね。

PB110006.JPG


 今回は、なるべく多くの子ども達に風船で遊んでもらうために、「剣」「ステッキ」(丸風船付)の2品に作品を限定し、準備しながら、少し作り方を復習しつつ。お祭りに開始に備えていきました。

「今回は、なるべく子ども達に作ってもらおう」

 ということを合言葉に、みんなで意思統一をしまして、迎えたスタート10時。

PB110013.JPG


 わーっと集まった子たちに「作ってあげる」よりも、一緒に作るスタイルでバルーンコーナーがスタートしまして。子ども達は、自分の好きなカラーのバルーンを選んだり、創作の一部を一緒につくったりして、和気あいあいと過ごしていきました。

 小さいお子さんには、適宜つくってあげたりもしながら、こうして工作遊びを一緒にやっていくと、子ども達が考えたり、おっかなびっくりやってくれたりするもので、その分材料の消費を抑えつつ、時間も稼げる上に、チャレンジした子たちは「自分で作れた!」と思ってくれたりするので、なお良いということを、

PB110011.JPG


 子ども達と民児協メンバーの皆さんたちに実体験してもらいながら、今回は時間いっぱい(お昼まで)子ども達のお相手をすることができました。

 昨年、今年の夏、そしてこの秋のお祭りと、継続してお付き合いさせてもらっている簗瀬地区民児協さん。継続して、団体さんたちの活動を拝見させてもらっていると、回を増すごとに、メンバーの皆さんが、より積極的に子ども達とバルーン遊びをしてくれるようになったと感じます。

 準備を頑張る、呼び込みをする、工作を手伝う、作ってあげる・・・と、バルーンアート一つとっても様々な交流や役割を見出すことができると思います。さらには、自分達だけが頑張るだけでなく、対象としている子ども達にも役割を残すことで、材料の削減や、交流時間の長持ちなど、一見、手抜きと思われることが、工夫になっている場合があるなど。。

 実際に気づいてもらった点があったのではないかと思います。

 バルーンアートに限らず、今回(これまで)の体験を、地域での交流等活動に活かして頂けると嬉しいと思えた、今年の霜月祭となりました。

(事務局:O)

2023年11月10日

「とちぎコープフェスタ2023」出展報告

2023年11月10日(金)

 去る、11月4日。まちぴあにほど近い、マロニエプラザを会場に、「とちぎコープ生活協同組合」さん主催による

399047632_3545049012412937_4684765768152169277.jpg


「とちぎコープフェスタ」

 が行われ、まちぴあもブース出展して参りました。

 とちぎコープさんとは、被災地支援のボランティア活動や、県内NPO法人の助成事業などを通じて、ご縁があり。コロナ禍を経て再開されることとなった今回のイベントにお誘い頂きました。

 イベントは、食品等の県内関連企業の皆さん(55団体出展)による試食・販売のイベントでしたが、まちぴあだけでなく、栃木県などの公共セクターの皆さんや、フードバンクうつのみや、東日本盲導犬協会などの活動団体の皆さんをはじめ、共同募金会など、県内のボランティア・社会貢献活動を支える団体の皆さんも12団体が出展されておりました。

PB040005.JPG


 まちぴあも、こうした社会貢献活動に属するコーナーにブース出展させてもらい、センターの紹介やボランティア活動の募集情報などをお知らせするとともに、来場された、たくさんの市民の皆さんとの交流を楽しみました。

398732440_3545048855746286_9128998634838693784_n.jpg


 写真でも十分に雰囲気が伝わると思いますが、この日は、8,000人ほどの来場があったそうで、コープさんの想定を上回る盛況ぶりだったそうです。

 コープさんをはじめ、県内で活躍されている事業者の皆様も、助成制度や社員の皆様によるボランティア活動など、様々なところでご助力頂いている、ありがたいパートナーですので、そんな事業者の皆さんと振興を深め、お役に立てたことは、大変嬉しいことでした。

(事務局:O)

2023年11月04日

キラキラママ主催「おしごとラボ@道の駅はが」取材報告

2023年11月4日(土)

 11月3日に、まちぴあ登録団体「キラキラママサークル」さん主催による、子ども達を対象に、仕事体験をテーマにしたイベントが、道の駅はが を会場に催されました。

PB030011.JPG


 キラキラママサークルさんは、子育て中のご家族とそのお子さんたちが、子どもも親も一緒に楽しめるプログラムを、会と関係のある様々な立場の団体の皆さんたちと協力して企画・運営している活動団体です。

 ここ近年は、子ども達の職業体験をテーマにした

「キッズ おしごとラボ」

PB030016.JPG


 という取り組みを行っており、今回で2回目だそうです。このイベントは、幼児から小学生くらいの子ども達が、様々な分野で活躍している「プロ」の皆さんたちと、工作、実技、実演などのワークショップを通じて交流し、

 ただ単純にワークショップを楽しむだけでなく、その仕事を選んだ理由や、楽しさ、大変さなどをお話ししながら交流を深めつつ、体験していくというイベントだそうです。

PB030019.JPG


 パティシエ、プログラマー、アナウンサー、クリエイター、自動車販売、歯医者などなど15ほどの事業者、企業といったプロの皆さんが先生役となり、体験ブースを構え、会場に来場した子ども達がぞれぞれのブースで体験していきました。

PB030021.JPG


 ご褒美も兼ねた、スタンプラリーにもなっていて、楽しみながら5〜7くらいの職業をそれぞれに体験していきました。150名くらいの体験があったようですね♪

「しょうらいのゆめ」として、〇〇になりたい! と、自分が目指している職業を体験できた子もあるでしょうし、体験している様子をみて興味を持ち、はじめて知った「おしごと」もあったことと思います。

 受け入れて下さったプロの皆さんは、子ども達の果敢で、工夫をこらしたチャレンジを見逃さず、「上手だね」「ここをもうちょっと工夫してみよう」と、子ども達を応援する声がたくさん聴かれました♪

 文化の日にふさわしい、素敵なイベントでした!

 キラキラママサークルの皆さん、参加・ご協力された皆さん、大変お疲れ様でした!!

(事務局:O)