CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年12月28日

年末年始休館のお知らせ

2019年12月28日(土)

 平成から移り変わった新生の「令和元年」も、いよいよ押し迫ってきましたね。

 宇都宮市まちづくりセンター「まちぴあ」も、本日28日が今年の仕事納めとなっております。

 毎年のことではありますが、12月29日〜2020年1月3日の期間において、年末年始の休館日となりますので、宜しくご承知おきくださいませ。

年末挨拶.JPG


 令和元年は、本当にいろいろありました。予定通りに行えなかった事業もあったり、それどころだはない事態があったり。そして、未だに大変な状態が続いていたりと、すんなりと年末なだとのほほんとできない気分でもありますが、

 新年はすぐそこまでやってきています。

 2020年(令和2年)をよりよく過ごすためにも、ちょっと一息。皆様もよい年末&年始をお過ごし頂ければと存じます。

 そんなことで、本年は大変お世話になりました。来年も、間違いなく色々とお世話になってしまうのでありましょうが、まちぴあスタッフ一同、努力して参りますので、今後とも変わらぬご高配を賜れればと思います。

(記事投稿:小倉)

2019年11月19日

うつのみや暮らし復興支援センター 開設のお知らせ

2019年11月19日(火)

うつのみや暮らし復興支援センター 開設のお知らせ

 台風19号により栃木県内各地で大きな被害が出ています。宇都宮市でも600世帯以上に浸水被害が発生しました。10月16日から宇都宮市社会福祉協議会による災害ボランティアセンターが開設されましたが、家屋復旧が先約となり、河川敷など、どうしても復旧が遅れてしまう箇所があります。

20191104.jpg
田川クリーンアップ大作戦の様子

 そこで宇都宮市まちづくりセンターの管理運営を行う「NPO法人宇都宮まちづくり市民工房」を含めた複数のNPO、団体で「田川クリーンアップ大作戦」を実施、田川周辺のフェンスに絡まった枯草、遊歩道に蓄積した泥砂の除去を行ってきました。

 被災者にとって、一日も早く日常の暮らしを取り戻せるよう、活動範囲を拡大するため宇都宮市社会福祉協議会災害ボランティアセンターとの連携のもと、『うつのみや暮らし復興支援センター』を立ち上げました。

20191116.jpeg
側溝泥出しの様子

 現在は、田川サテライト(千波町、東塙田、今泉町など東地域)での泥出し活動やサロン活動(毎週火曜日)を実施。また、大谷サテライトでは地域組織の協力を頂き、ニーズ調査を行っています。

 開催日時や活動状況については、専用HPや各SNSをご覧ください。
ホームページ ◇Facebook ◇Twitter

 うつのみや暮らし復興支援センターを構成する、各団体は従来行っている事業と並行して復興支援活動を実施しています。団体間で日程調整、役割分担を行い運営しておりますが現状週3〜4日しか活動できておりません。そこで泥出し活動の主体やサロンの運営などを主体的に担って下さる団体の募集を行っております。

ご相談・ご質問含め、興味のある方・団体は問合せお待ちしております。

【うつのみや暮らし復興支援センター連携団体】
NPO法人トチギ環境未来基地
NPO法人とちぎユースサポータ―ズネットワーク
公益財団法人とちぎYMCA
NPO法人リスマイリー
昭和子ども食堂
ボランティアグループまなびば

 備考:本日実施した側溝泥出しの様子がとちテレ19日18時と21時頃に放送されます。活動の様子は各SNS等でも発信しておりますが、関心のある方はご覧ください。

2019年11月18日

2019年度「まちぴあオフィス」入居団体募集のお知らせ

2019年11月18日(月)

2019年度「まちぴあオフィス」入居団体募集のお知らせ

 宇都宮市のまちづくり活動の拠点「宇都宮市まちづくりセンター“まちぴあ”」に設けられている、NPOなどの非営利活動団体の皆さんが利用できる「オフィス」(貸し事務所)の入居団体募集のお知らせです。

 “まちぴあ”では、地域で市民活動やボランティアなどのまちづくり活動に取り組んでいる団体の皆さんを対象に、団体の組織運営の自立や活動の活性化を支援するための事務用スペースとして、「オフィス」を設置し、その入居団体を募集しています。

office.JPG
オフィスの様子 現在の入居団体一覧

「団体の活動拠点を設けたい」「事業をもっと拡げていきたい」・・・などの想いをオフィスで実現してみませんか?以下に詳細を記載しますので、興味関心のある地域での非営利活動に取り組んでいる皆さんは、ぜひともお申込み下さい。

◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆
募集情報の詳細
◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆

1)オフィス募集概要

☆チラシ(PDF)

☆オフィス募集要領

2)オフィス申請書
☆PDF(出力、手書き用)

☆ワードデータ(パソコンで記入、出力)

☆記入例(PDF)

●募集区画: 8区画(1団体1区画を原則とします。)

●使用期間: 新規団体3年,入居実績あり2年
※年度途中で入居した場合の取扱いについては、使用期間が6ヶ月以上となる場合、1年間とみなします。

●募集期間: 2019年10月1日(火)〜11月30日(土)

●スケジュール:
@12月上旬 第1次審査(書類審査)
A中旬 第2次審査(ヒアリング)
※日時については締切り後応募団体の皆様にご連絡いたします。
B12月下旬 審査結果通知
C1月中旬 入居団体説明会
D4月1日〜 使用開始

●申込方法:
期日内に、直接「まちぴあ事務局」に提出して下さい。
郵送やメールでの受付は行いませんので、ご了承下さい。

【問合先】宇都宮市まちづくりセンター“まちぴあ”
(〒321-0954 宇都宮市元今泉5-9-7)
TEL: 028-661-2778 FAX: 028-689-2731
メール: info@u-machipia.org

2019年11月12日

令和元年度台風19号の被害に関わる活動支援助成まとめ

2019年11月12日(火)

令和元年度台風19号の被害に関わる活動支援緊急助成まとめ

とちぎコミュニティ基金
「がんばろう栃木募金活動支援助成金」 応募締切:11/30(土)
fighttochigi.JPG

趣旨: 台風第19号による被害は甚大です。とちぎコミュニティ基金では、被災地の災害救援活動を行うボランティアや、NPOなどを応援するために、寄付の募集を行い、集まった金額を元に活動支援助成金を行います。

【対象となる事業】
(1)対象事業 下記の活動などに対して、助成します。
・栃木県内の災害復旧(片付け、ボラセンサポート、炊き出し、足湯など)に取り組む活動
・栃木県内の災害復興(農地支援、居場所支援、お茶会、保育や託児、在宅避難者支援、地域福祉、コミュニティ形成、被災者のしごとづくりなど)に取り組む活動
・ボランティアを県内外から集める仕組みをつくり、コーディネートの活動
・物資マッチングや情報発信、ネットワークづくりなどに取り組む活動
(2)対象となる経費
・人件費を含む活動に必要な経費
*人件費は助成額の4割を上限とする。なお、営利組織の場合の人件費は対象になりません。

【助成期間】第1回 2019年10月20日〜2020年3月31日
*今回は災害発生後からを助成期間とします。すでに実施済みの活動への資金充当も可能です。

【助成金額】第1回 助成総額 50万円 (1団体10〜20万円×最大5団体)
*今後も集まった募金額に応じて、継続して募集を行います。

【報告・成果】指定の様式による報告書をご提出していただきます。また、チラシや成果物などもありましたら、あわせてご提出をお願いします。

【応募】
(1)応募資格:栃木県内で対象事業を行うボランティアグループ、NPO、社会福祉施設、学校、住民組織等(非営利、営利、法人格の有無を問わないが、個人での申請は不可)
(2)応募方法:指定の応募申請書に必要事項を記入の上、郵送かメールでお送り下さい。
(3)助成金の使途の書き方について:
@項目→ 人件費、旅費交通費、印刷費、消耗品費、謝金 *営利組織の場合の人件費は対象になりません。
A内訳→ 具体的な算出根拠を記入 例:ブルーシート3枚×1,500円=4,500円)
(4)応募締め切り:2019年11月30日(土) *郵便の場合、消印有効
(5)選考方法と選考基準
・書類及び必要に応じてヒアリングにより、「がんばろう栃木!募金」選考委員会で決定します。

(選考基準)
・波及効果があり、ほかの地域や後続団体のモデルとなる先駆的な取り組みであるか。
・被災地や被災者のニーズを反映して、必要とされる取り組みであるか。
・一般の人に開かれ、参加できる取り組みであるか。
・助成金の使途が適切であるか。

【選考までの流れ】
・第1回募集期間・・・11月15日〜11月30日
・審査、結果通知・・・12月中旬
・助成金の振込 ・・・12月下旬〜1月上旬
・助成期間   ・・・10月20日〜2020年3月31日
・活動報告の期限・・・2020年4月30日(予定)
・活動報告会  ・・・2020年夏ごろ(予定)

●応募方法: とちぎコミュニティ基金 がんばろう栃木募金活動支援助成金ページより申込用紙を出力し、郵送もしくはメールにて送信してください。

【問合先】とちぎコミュニティ基金(認定NPO法人 とちぎボランティアネットワーク内)
住 所: 宇都宮市塙田2-5-1共生ビル3F
TEL: 028-622-0021 FAX: 028-623-6036 メール: info@tochicomi.org

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー 

日本財団「令和元年台風19号等の被害に関わる活動支援」募集 応募締切:11/12(火)

【対象団体】 NPO 法人等(ボランティア団体含む)非営利活動を行う団体で、次のいずれかの項目に該当する団体
・災害支援に実績(過去3回以上、1回当たり1カ月以上)のあるNPO等、当該被災地に拠点のあるNPO等
(台風19号における災害救助法が適用された以下の都県並びに千葉県。具体的には、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県並びに千葉県(台風15号))

【対象期間】2019年10月12日(土)〜2020年3月31日(火)まで

【対象事業】
・専門的な支援を行うNPO等の活動(水害復旧、家屋の修繕作業に係る技能を有する分野など)
・特別なニーズ(障害者・高齢者・乳幼児・外国人などの要配慮者)に対する専門性を活かした活動
・当該被災地に拠点を置き、地域に根ざした支援を行う活動

【対象経費】
移動交通費、宿泊費、重機・資機材リース費、その他支援活動に必要な直接経費

【支援金】1事業あたり上限100万円 補助率100%

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー 

赤い羽根
令和元年台風19号に伴う災害ボランティア・NPO 活動サポート募金 応募締切:11/25(月)

【対象団体】
台風19 号に伴う災害で、令和元年10月12日以降に、被災された方々への救援・復旧のための支援活動を行うボランティアグループ、特定非営利活動法人(以下、NPO法人)、社会福祉法人、学校法人、公益法人、一般社団法人等であって、次の要件にあてはまる非営利団体。

【対象活動】
台風 19 号に伴う災害で被災された方々を支援するボランティア活動等全般とします。令和元年 10 月 12 日以降の活動を対象とし、助成決定時には活動を開始していることを要件とします。既に終了した活動であってもさかのぼって応募することも可能です。

【対象プログラム】台風 19 号に伴う災害で被災された方々を支援するボランティア活動等全般とします。
≪短期活動≫
◆活動日数:30 日以内の活動
◆応募額:50 万円以内

【プログラム種別】第1回助成事業では、以下の内容の活動を対象とします。
@緊急救援活動: 災害発生直後の混乱から、被災者が避難先を確保し、復旧作業の基盤が整うまでの時期に行われる緊急救援的な活動。
A生活支援活動: 住家被害のあった被災者が、家屋を補修しながら日常生活へと移行し、地域では障がい、疾病、コミュニケーションなど特別なニーズがある方々に対する支援活動が進められる時期に行われる活動。

【助成対象費用】台風19号に伴う災害で被災された方々を支援するボランティア活動にかかわる次の費用で、他の団体等から助成を受けていない費用を対象とします。ただし、他の団体等から助成を受けていても、経費の明確な区分が行われることを条件に応募を可能とします。対象費用は@活動に要する費用、A拠点設置費、B旅費です。

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー 

公益財団法人ベネッセこども基金
令和元年台風19号で被災した子どもの学びや育ちの支援活動助成 応募締切:12/18(水)

【対象災害】災害救助法の適用があるなど特定地域で深刻な被害があり、かつ子どもへの影響が大きいと判断した以下の都県(岩手、宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、長野、静岡)

【対象事業】日本国内の災害により被災した子どもの学びや育ちに寄与する活動。災害によって、生活上の困難を抱える子どもや被災によるストレスや学習困難などを抱える子どもに対する支援をテーマとします。

【対象団体】
・上記助成テーマで活動を行っている非営利団体(特定非営利活動法人(NPO)、財団法人、社団法人、社会福祉法人など)※法人格が無くても申請可能
・「助成決定後の義務・条件」に同意いただける団体

【助成金額】 1件あたりの助成額50万円程度

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー 

一般社団法人パチンコ・パチスロ社会貢献機構 助成事業 応募締切:12/13(金)

災害復興コミュニティ支援
地震・水害・台風などの大規模災害等で被災された方々が、安定した生活を取り戻すことを願う

【助成額】助成限度額1件250万円

【対象事業】地震、水害、台風などの大規模災害を対象とする。事業内容として期待しているものは、次のような事業です。
・地域の人々と共に取り組むコミュニティの復興・再生・活性化
・被災者の生きがいを支援するコミュニティの復興・再生・活性化
・被災した子どもたちを元気にするコミュニティの復興・再生・活性化
・その他被災者を支援するコミュニティ復興・再生・活性化

【対象団体】助成の対象とする団体は、以下の団体に限ります。
・民間の非営利組織であること(法人格の有無や種類を問いません)
・日本国内に事務所・連絡先があること
・政治、宗教活動を目的とせず、また反社会的勢力とは一切関わりがないこと
・金融機関に申請団体名義の口座があること

                          以上、5つの助成金情報を発信します。

2019年11月11日

2019年度花王・ハートポケット倶楽部地域助成(栃木地区)募集のお知らせ

2019年11月11日(月)

平成30年度花王・ハートポケット倶楽部地域助成(栃木地区)募集のお知らせ

1120-kaoheart.jpg 1120-kaoheart2.jpg
※クリックすると拡大します。

 花王鰍ナは社員有志による社会貢献寄付プログラム「ハートポケット倶楽部」を組織し、全国・地域のNPOを社員と企業で応援しています。 今年は、栃木事業場のハートポケット倶楽部が、栃木県全域の全ての分野で活動するNPOや市民活動団体から、「心温まる活動」 「地域で必要とされる活動」を対象に助成します。

●助成内容
・助成総額: 49万円 ・助成団体数: 6団体
・助成金額 ・メイン助成:20万円=1団体、10万円=2団体 ・サブ助成:3万円=3団体
・1次選考(書類審査)を通過した団体のうち、2次選考にもれた3団体にサブ助成として各3万円

●助成の概要
◎応募受付開始 ………10月20日
◎応募用紙提出締切……11月20日 必着
◎一次選考(書類選考)…12月中旬:
とちぎコミュニティファンド運営委員会により、二次選考の6団体を選出。

◎二次選考(投票選考)…1月中旬:花王ハートポケット倶楽部に参加している社員に応募申請書を公開し、投票で採択団体を決定します。

◎贈呈式・レセプション…3月:メイン助成とサブ助成の採択団体においでいただき、贈呈式・レセプションを行います。会場等は追って連絡します。

◎活動報告………助成金を使った様子を所定の書式で簡潔にご報告ください。

●応募団体の条件:@営利を目的とせず、公益的・社会的な活動をすでに1年以上継続的に行っている栃木県内のNPO・市民活動団体・ボランティア団体(法人格の有無は問わない)A昨年度「メイン助成」を受けた団体でないこと(1年お休みのあとの応募は可)。

●応募方法: 前出の条件を満たす団体のうち、以下のような選考基準で選考を行います。 (1)「心あたたまる栃木にするための思いや役割」について所定の申請書に書き、応募してください。(2)先駆的であり、地域で必要とされ、一般の人に開かれ・参加できる活動であること (3)花王・ハートポケット倶楽部に参加する社員により、高い支持を得た団体。

※なお、応募団体の皆さんの思いを栃木・全国のみなさんにお伝えしたいので、「心あたたまる栃木にするための思いや役割」については、とちコミのホームページで紹介しようと考えています。この点ご了承ください。

●問合せ&申込み: 最寄りの地域窓口へどうぞ!!
認定NPO法人とちぎボランティアネットワーク(とちぎコミュニティ基金事務局)
〒320-0027 宇都宮市塙田2-5-10共生ビル1階
電 話: 028-622-0021 FAX: 028-623-6036 Eメール: info@tochicomi.org

とちぎボランティアNPOセンターぽ・ぽ・ら
(とちぎ協働デザインリーグ)〒320-0032 宇都宮市昭和2-2-7
電話:028-623-3455 FAX:028-623-3465
Eメール:popola@tochigi-vnpo.net

■宇都宮市まちづくりセンターまちぴあ(NPO法人宇都宮まちづくり市民工房
〒321-0954 宇都宮市元今泉5-9-7 
電 話: 028-661-2778 FAX:028-689-2731 Eメール: info@u-machipia.org

真岡市市民活動推進センター コラボーレもおか(NPO法人ま・わ・た)
〒321-4507 真岡市石島893-15 真岡市二宮コミュニティセンター内
電 話: 0285-81-5522 FAX:0285-81-5558  Eメール: collabo@trad.ocn.ne.jp

かぬま市民活動広場ふらっと
〒322-0054 鹿沼市下横町1302 まちなか交流プラザ1F
電 話: 0289-60-2212 FAX:0289-60-2213 Eメール: kanuma-flat@nifty.com

とちぎ市民活動推進センターくらら
〒328-0043 栃木市境町19-3(駅前庁舎1F)
電 話: 0282-20-7131 FAX:0282-20-7132 Eメール: kurara-tochigi@cc9.ne.jp

2019年10月18日

栃木県内災害支援情報を追加&災害ボラセンMAPを更新

災害VC設置市町(1018).png

台風19号に関する県内の各機関の災害支援対応について、まちぴあHP内の特設ページでお知らせしています。

令和元年 台風19号 県内災害支援情報
県内の県内災害ボランティアセンターの動き、被災市町の公式アカウント、義援金・支援金募集情報などをまとめました。特に、「災害支援をしているNPO・グループ」の情報を大幅に追加しました。



また、県内でボランティア活動をしようと考えている方向けのページを新たに開設しました。

被災地支援を考えている皆さまへ

こちらで、昨日のブログで掲載した「栃木県内災害ボランティアセンター設置市町MAP」の更新版PDFがダウンロード出来ます。

@市町名をクリックすると、各災害ボランティアセンターHPへ
A地図マークをクリックすると各災害ボランティアセンターのGoogleマップへ
B駐車マークをクリックするとボランティア用駐車場のGoogleマップへ

それぞれリンクされています。
その他、水害ボランティア活動を行う際の予備知識サイトの一覧を掲載しました。


今回は2015年の水害のときよりも被災地域が広範囲となり、各地でまだまだボランティアが必要とされています。また、災害支援は時と共にどんどん状況が変わっていきます。
(県内の災害ボランティアセンターでもニーズが収束し閉設が決まった地域、また逆にニーズが増加してボランティア要件を県内在住者から県外まで拡大した地域もあり、差があります)

ぜひ、最新の情報を確認の上、多くの方にボランティアに関わって頂けたらと思います。

2019年10月17日

栃木県内災害ボランティアセンター一覧MAP作成しました!

ここ、2〜3日まちぴあ事務所内のイントラネットに不具合があり、HPの更新が通常より遅れております。大変申し訳ございません。

台風19号による県内の災害対応も刻一刻と変化しており、被害の大きかった各市町で災害ボランティアセンターが設置されました。
ただ数も多く、どの市町で設置されているか分かりにくかったので、マップを作成してみました。
ファイルはPDFです。
地図上の赤色の市町名をクリックすると、各災害ボランティアセンターのHP情報に移動出来るようリンクされています。

試作ですので最小限の情報しかありませんが、ご活用下さい。

・栃木県内災害ボランティアセンター設置市町一覧MAP
災害VC設置市町.pdf
※10月18日現在の改良版PDFにアップし直しました

2019年10月13日

「まちぴあまつり2019」中止のお知らせ

2019年10月13日(日)

 10月12日から本日未明にかけて、年間降水量の半分とも言われた雨が降った台風19号の影響を受け、宇都宮市内でも複数の被害がでました。

 天候の予報では開催を計画しておりましたが、宇都宮市及び栃木県内各所で甚大な被害があったこともあり、

 10月14日(月・祝)に開催予定としておりました

「まちぴあまつり」は、中止

とさせていただきました。

 まつり参加者及び来場を予定下さっていた皆様については、急な予定変更をお知らせすることとなり、大変ご迷惑をおかけすることと思いますが、何とぞご理解ご協力をお願い致します。

 被災された方々には心からお見舞い申しあげます。

 1日でも早い日常が戻ることをお祈りいたします。

(記事投稿:小倉)

2019年10月10日

やりますよ!「まちぴあまつり2019」 

2019年10月10日(木)

 さぁ、今週末っていうか週明けの3連休最後となる月曜日ってのがミソだったようですね。

tenki.JPG


 猛烈といわれている台風19号が接近中の昨今でございますが、開催自体が危ぶまれていた「まちぴあまつり2019」!!!

 ※開催いたします!!!!!
 ※この時開催という事でしたが中止となりました。


 戦々恐々で天気予報とにらめっこしていた今週ですが、10月14日は通過の方向みたいなので、開催の方向で準備を継続していきます。

★★★ ★★★ ★★★ ★★★
【まちぴあまつり2019 出展団体等紹介まとめ】

maturi2019-1.jpg


maturi2019.jpg


 ★1弾♪〜屋外駐車場出展団体:その1〜5
 ★2弾♪〜屋外北側駐車場出展団体:その6〜11
 ★3弾♪〜屋外南側駐車場出展団体:その12〜15
 ★4段♪〜屋内出展団体:その16〜21

★★★ ★★★ ★★★ ★★★

 ・・・本番の10月14日までもう少しとなったわけですが、注意すべきは本番よりも会場設営など前日とさらに直撃が予想される10月12日(土)ですね。

 10月13日の事前準備(テント設営、テーブルなどの機材配置)につきましては、台風の影響を考慮しながらできる範囲で安全を考慮しながら実施していく予定です。

 主に室内を中心に当日の10月14日に、出展者の皆さんにもご助成いただく形で、できるところまでの準備を進めて参ります。

 13日の時点で、まちぴあに物品を搬入される団体さんは特に、その時の天候の良しあしを各自考慮し、安全第一での行動をお願い致します。また、例年のようなテント設営等の準備が不十分であることは想像できますので、

 出展者の皆様につきましては、10月14日(日)朝(※団体集合時間は8:00)から、バタバタすると思われますことから、ぜひぜひ、ご協力とお願い致します。

 そんなことで、まつりについてはホッとしましたが、それもこれも台風さんの影響をなるべく受けないように、皆さんそれぞれで善処して頂いた末の話と思います。

 ほんと、無理はしないで。まずは皆さんの身の回り、ご家庭を堅固にして頂き、みんな笑顔で10月14日を迎えられればと思っておりますので、宜しくお願いいたします!!

(記事投稿:小倉)

2019年10月08日

2019年度「まちぴあオフィス」入居団体募集のお知らせ

2019年10月08日(火)
2019年度「まちぴあオフィス」入居団体募集のお知らせ

 宇都宮市のまちづくり活動の拠点「宇都宮市まちづくりセンター“まちぴあ”」に設けられている、NPOなどの非営利活動団体の皆さんが利用できる「オフィス」(貸し事務所)の入居団体募集のお知らせです。

 “まちぴあ”では、地域で市民活動やボランティアなどのまちづくり活動に取り組んでいる団体の皆さんを対象に、団体の組織運営の自立や活動の活性化を支援するための事務用スペースとして、「オフィス」を設置し、その入居団体を募集しています。

office.JPG
オフィスの様子 現在の入居団体一覧

「団体の活動拠点を設けたい」「事業をもっと拡げていきたい」・・・などの想いをオフィスで実現してみませんか?以下に詳細を記載しますので、興味関心のある地域での非営利活動に取り組んでいる皆さんは、ぜひともお申込み下さい。

◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆
募集情報の詳細
◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆

1)オフィス募集概要

☆チラシ(PDF)

☆オフィス募集要領

2)オフィス申請書
☆PDF(出力、手書き用)

☆ワードデータ(パソコンで記入、出力)

☆記入例(PDF)

●募集区画: 8区画(1団体1区画を原則とします。)

●使用期間: 新規団体3年,入居実績あり2年
※年度途中で入居した場合の取扱いについては、使用期間が6ヶ月以上となる場合、1年間とみなします。

●募集期間: 2019年10月1日(火)〜11月30日(土)

●スケジュール:
@12月上旬 第1次審査(書類審査)
A中旬 第2次審査(ヒアリング)
※日時については締切り後応募団体の皆様にご連絡いたします。
B12月下旬 審査結果通知
C1月中旬 入居団体説明会
D4月1日〜 使用開始

●申込方法:
期日内に、直接「まちぴあ事務局」に提出して下さい。
郵送やメールでの受付は行いませんので、ご了承下さい。

【問合先】宇都宮市まちづくりセンター“まちぴあ”
(〒321-0954 宇都宮市元今泉5-9-7)
TEL: 028-661-2778 FAX: 028-689-2731
メール: info@u-machipia.org