• もっと見る

2024年04月19日

令和6年度宇都宮市民憲章推進協議会・定期総会 参加報告

2024年4月19日(金)

 本日、まちぴあも構成団体のひとつとして参画している「宇都宮市民憲章推進協議会」の定期総会が、宇都宮市役所14階会議室にて行われました。

 「市民憲章推進協議会」は、市内で活動している地域貢献団体や、地域組織、商工会議所、ボランティアグループ、青少年団体などさまざまな活動団体が構成団体となり組織されているもので、愚弟的には、市民憲章にうたわれた

「明るく、楽しく、美しく、心ふれあうまちづくり」

P4190004.JPG


 を実現すべく定められた市民憲章の理念を体現するために、市民参加型のイベント「フェスタmy宇都宮」や、市のまちづくりに貢献した個人・団体を表彰する式典「宇都宮市民の日・記念の集い」、市内を歩きながら街の魅力を再発見するとともに健康づくりにもつなげる「宇都宮ウオーキングフェスタ」などの事業を展開しています。

 今回の総会では、昨年度実施された各事業の報告及び決算報告と、4月以降の来年度に予定している事業計画及び報告について報告が行われました。

 この内、5月19日に宇都宮城址公園他市内中心部を会場に行われる「フェスタmy宇都宮2024」については、エリアを担当するなどの事業実施にむけて協力していきます。

 特に今年のフェスタmy宇都宮では、当センターが担当する「まちぴあひろば」に、12団体の登録団体の皆さんとともに、昨年にもましてイベントを盛上げていこうと計画しています。

 この他、10月6日に計画されている「宇都宮ウオーキングフェスタ」においては、今年で30回目を数える節目の年となります。

 今年は、LRT沿線を含めた、東地域でのウオーキングが計画されているそうです。

 まちぴあ登録団体の「宇都宮市ウオーキング協会」の皆さんも協力されている、健康づくりイベントですので、団体の皆さんとの協働を促進しながら、今年度も宇都宮市のまちづくりに貢献していこうと思います。

 5月のフェスタ、10月のウオーキングフェスタをはじめ、宇都宮市民の皆様と、今年も「明るく、楽しく、美しい」まちづくりを実践し、よりよい宇都宮を創って参りましょう♪

(事務局:O)

2024年04月06日

まちぴあ研修室調整会議(2024年7月〜9月分) 実施報告

2024年4月6日(土)
 
 本日、定期的にセンターの研修室を利用している登録団体の皆さんの研修室利用予約を受け付ける「研修室調整会議」を行いました。

 今回は、2024年7月〜9月分の利用予約を整えました。昨年度2月(今年の2月)の設備工事も終わり、今回の調整会議から通常運転の3か月分予約で実施できました。

P4060001.JPG


 今回の調整会議には、登録の41団体から申請がありました。今回は、まちぴあと同じく年度替わりの皆さんも多い季節なのか、いつもの月よりも申請団体数が控えめだったこともあり、調整作業自体は幾分スムーズな感じでしたが、

 人気の時間や曜日は変わらずという感じでもあり、そんな部分はいつものように、事務局からの提案と予定変更の検討を各団体の皆様にしていただいて、無事に整えることができました。

 参加団体の皆様、毎回ご協力ありがとうございます!!

 ・・・さてさて。次回の調整会議はといいますと、7月6日(土)に開催を予定しています。

 利用希望をお伺いする「事前エントリー」の受付は、6月1日〜25日となります。次回は、恐らく熱い最中での調整会議となりますので、体調に気を付けて。引き続きよろしくお願いいたします。

(事務局:O)

2024年04月01日

情報誌まちぴあ(NO.49:春号)発行です!

2024年4月1日(月)

情報誌まちぴあ(NO.49:春号)発行です!

 3か月に1回の季刊誌として発行している、宇都宮まちづくりセンターの情報誌「まちぴあ」の最新号(春号)を発行しました!当センターの情報誌は、まちぴあに登録下さっている活動団体の皆さんや、市内において興味深い活動をされている皆さんに、まちぴあスタッフが取材をさせてもらい作成しています。

jyohoshi49.jpg


※詳細は『情報誌まちぴあ PDFデータ』から。

 特集は、ひとりで悩んでいませんか?とちぎセルフヘルプ情報支援センターメンバーによる「セルフヘルプグループ座談会」。同じ悩みや問題を抱えた人たちが集まり、互いに自分の話をすることで思いを分かち合う「セルフヘルプグループ」。そんなグループの存在を必要としている人に届けたいと、長らくボランティアで支える活動を続けている3名による座談会です。

 また、特集以外にも、宮っこ支援センター SAKURa 〜オープンで安心な"宮っこ"の居場所〜、コレクション「ライトライン栃木 レザーミニがま口」、話題人:堀中里香さん(かたづけこびと代表)〜整理収納×防災備蓄のアドバイザー〜、関心空間:「ヒビコレ文化教室」〜気軽に通える 街なかの学びの場〜、他登録団体紹介やまちづくりリレーコラムなどが掲載しています。

 『まちぴあHP情報誌ページバックナンバー』では過去の情報誌をご覧になれますので、ぜひご参照下さい。情報誌については、まちぴあ館内はもちろん、宇都宮市役所をはじめ、市内各地の市民活動・生涯学習センターなどでも配布しております。ぜひご覧ください。

2024年03月02日

まちぴあひろば2024運営会議 報告

2024年3月2日(土)

 宇都宮市民憲章を具現化し、心豊かな宇都宮市を創造することを期する日として「市民の日」が制定されました。

 5月19日に開催が予定されている「フェスタmy宇都宮2024」は、この市民の日を記念し、市民憲章にある「明るく、楽しく、美しいまちづくり」を推進するために、様々な立場の宇都宮市民が自由な発想で事業に参加し、工夫を凝らしながらまちづくりや郷土愛、コミュニティ意識を醸成することを目的に実施されます。

 まちぴあでは、例年「まちぴあひろば」と題した、まちぴあ登録の市内活動団体の皆さんが出展するエリアの運営を行っています。今年も11団体の皆さんが参加を申請下さり、日々の活動PRとともに各種物品販売や工作など、来場者の皆さんとの交流を計画されているも模様です。

IMG_5082.JPG


 この日は、申請団体の皆さんと出展箇所である、宇都宮城址公園内のレイアウトを確認する等の「運営会議」を行いました。

 今年はじめ参加される皆さん(3団体)に加え、以前参加経験のある皆さんを含め8団体がご参加下さり、出展位置をきめて頂きました。

 ↓ 図にある、ローマ数字の11団体(+まちぴあが当日は加わります)です。


 今後は、所管課(みんなでまちづくり課)から、出展に必要な書類が申請団体に送付され、イベント当日に向かっていくこととなります。不安に思うことがあれば適宜、ご案内いたしますので、各自個別に、まちぴあまでご連絡いただければと思います。

 引き続きご協力をお願い致します。


★まちぴあひろば問合先★
  宇都宮市まちづくりセンター「まちぴあ」
    TEL:028-661-2778(担当:小倉)

(事務局:O)

2024年01月06日

まちぴあ研修室調整会議(2024年1月〜6月分) 実施報告

2024年1月6日(土)
 
 本日、定期的にセンターの研修室を利用している登録団体の皆さんの研修室利用予約を受け付ける「研修室調整会議」を行いました。

 今回は、2024年1月〜6月分の利用予約を整えました。

 まちぴあでは、2月中に施設2階(研修室AB、貸しオフィス)のエアコン設備の更新工事が予定されております。本来であれば、昨年10月に予定していた調整会議を実施するところですが、昨年10月時点では、工事の期間や規模が想定できていなかったため、

P1060004.JPG


 今回変則的に、2回分(6か月分)まとめての調整となりました。

 この点については、特に1月〜3月の予約期間についてはタイミングが近くなってしまい、参加者募集など利用団体の皆様に大変ご不便をおかけしたかと思いますが、ご了解・ご配慮を頂き、今回の調整会議に臨むことができました。

 あらためて、感謝申し上げます。

 さて、今回の調整会議には、登録の43団体から申請がありました。

 年末年始休館をはさむとともに、新年早々いろいろある世情の中、団体の皆様については、各団体のメンバーさんたちも含め、ご来所頂き、無事に予約調整をまとめることができました。

 まことにありがとうございました。

 ・・・さてさて。次回の調整会議はといいますと、4月6日(土)に開催を予定しています。

 利用希望をお伺いする「事前エントリー」の受付は、3月1日〜25日となります。事業年度をまたぐこともあり、会議開催日については、あくまで【予定】とさせていただきますが、3月のエントリー受付開始までには、確定日をお知らせできると思いますので、

 引き続きよろしくお願いいたします。

(事務局:O)

2024年01月04日

情報誌まちぴあ(NO.48:冬号)発行です!

2024年1月4日(木)

情報誌まちぴあ(NO.48:冬号)発行です!

 さて、3か月に1回の季刊誌として発行している、宇都宮まちづくりセンターの情報誌「まちぴあ」の最新号(冬号)を発行しました!当センターの情報誌は、まちぴあに登録下さっている活動団体の皆さんや、市内において興味深い活動をされている皆さんに、まちぴあスタッフが取材をさせてもらい作成しています。

2023huyujyohoshi.jpg

※詳細は『情報誌まちぴあ PDFデータ』から。

 特集は、自分らしさを生き生きと表現!宇都宮の市民ミュージカル 「ファンファンミュージカル」。自主公演や福祉施設での慰問公演や小学校の読み聞かせ、イベントの参加などの活動をされています。

 また、特集以外にも、NPO法人フェムテック支援協議会 〜女性が安心して輝ける社会づくり〜、
コレクション「蒲生神社合格セット」、話題人:亀井 貴弘さん(SOMEONE’S店主)〜靴を大切にする心を育むワークショップ〜、関心空間:「ごりらのらっぱ」プロジェクト〜こどもとおとなのてつがくカフェ〜、他登録団体紹介やまちづくりリレーコラムなどが掲載しています。

 『まちぴあHP情報誌ページバックナンバー』では過去の情報誌をご覧になれますので、ぜひご参照下さい。情報誌については、まちぴあ館内はもちろん、宇都宮市役所をはじめ、市内各地の市民活動・生涯学習センターなどでも配布しております。ぜひご覧ください。

2023年11月01日

連携イベント「東生涯学習センター文化祭2023」

2023年11月1日(水)

 行楽の秋、食欲の秋と魅力的な催しが目白押しの秋ですね。去る、10月28日・29日は、日ごろ各種事業で連携させていただいている、宇都宮市東生涯学習センターさんの「文化祭」が行われました。

DSC_0921.JPG


 ※今季、宇都宮市内の各生涯学習センター等の「文化祭」日程です。
  ご参考までに!!

 コロナ禍を経て、久しぶりの再会となった今年の東生涯学習センターさんの文化祭では、自分達のセンターに登録されている活動団体さんに加え、自治会等地域の皆さんや、まちぴあのような市民活動・まちづくり系の団体の皆さんにも参加・協力してもらいたいとの提案を頂き、

 今年から実行委員会にまちぴあスタッフもお邪魔させて頂いたり、出展・参加をまちぴあ登録団体の皆さんに呼びかけるなど、連携して取り組むこととなりました。

DSC_0860.JPG


 そんなことで、今年の東生涯学習センター文化祭には、ステージ出演、作品展示、販売、体験などいろいろな出し物がある中で、のべ30団体ほどが出展する中、まちぴあ登録及び関連のある皆さんが、6団体ご参加下さり、一緒に文化祭を盛り上げました。

DSC_1025.JPG


 まちぴあが会場の賑やかしも兼ねて出展したのは、10月28日でした。文化祭初日となったこの日は、早朝(スタート前)から雨天・雷雨という悪天候ではありましたけども、午後には小康状態となって、たくさんの市民の皆さんが遊びに来て下さいました。

 文化祭らしい、生涯学習団体の皆さんが制作された絵画や写真などの芸出作品の展示や、健康、文化を楽しむための音楽やダンス、舞踊のステージ発表、イベントではお馴染みの飲食コーナーや、小物等手作り品の販売ブースなどが軒を連ねた他、

DSC_0909.JPG


 まちぴあと同業種でもある県の支援センター「ぽぽら」さん達の「エコバックづくり教室」のように体験ワークショップなども各研修室を会場に行われるなど、子どもからお年寄りまで多くの皆さんが楽しめる文化祭になったこと思います。

DSC_0933.JPG


 ちなみに、まちぴあが当日担当した賑やかし(バルーンアートの配布)については、それなりに子ども達に楽しんでもらえたと思います。今回のイベントでも、作ってもらったバルーンをもって会場内を子ども達が歩いていると、自然に文化祭会場に皆さんを誘う効果もあったようで、お役にはあったのかなぁと思うところです。

 もともと、東生涯学習センターさんの中でスタートした、まちぴあ(当時はサポセンって言ってました)からしますと、何だか懐かしい気持ちにもさせてもらえた今年の文化祭。

 せっかく?LRTも開通し、盛り上がっている東地域にある関連する市センター同士として、今後も、いろいろと連携させて頂いて、少しでも東地域の振興に寄与したいと、改めて思えた機会となりました。

(事務局:O)

2023年10月17日

活動再開支援事業@横川地区子どもとふれあう会「コスモスまつり」2023

2023年10月17日(火)

 コロナ禍を経た今日、宇都宮市内でも地域や行政、事業者の皆様主催による各種イベントが盛んに行われています。特にこの10月、秋は、イベントたけなわの季節でもありますね。

 大小さまざまな催事が各地を彩っております。

 まちぴあでは、昨年から登録団体や地域活動団体の皆様を主な対象に、団体主体のイベントを一緒に盛り上げる「活動再開支援事業」に取り組んでいます。

 単純に現地にお邪魔したスタッフが皆さんの輪に混ざってお手伝いさせてもらうことはもちろん、今回のブログのように、雰囲気を伝える記事掲載や事前告知などの情報発信に加え、

 ボランティア・まちづくりといった社会貢献活動の支援センターであることから、中高生などの学生さんをはじめ、希望下さるボランティア参加者の皆様の頑張りをカタチに残す「活動証明書」の発行をさせてもらっています。

★★★★★   ★★★★★   ★★★★★

 さて。そんな「再開支援事業」ですが、10月15日(日)に、登録団体「横川地区子どもとふれあう会」さんから協力の打診を頂きました。

「横川地区子どもとふれあう会」さんは、子ども達の青少年育成を目的に、横川地区に住む全ての住民の皆さんが参加できる交流イベントや、河川沿いのコスモス定植やごみ拾いなどの地域美化活動を行っている団体さんです。
 地域の小学校・中学校などの教育機関とも連携し、横川地区の子ども達が地元でボランティアできる機会を提供しています。20年以上にわたり活動されています。

 10月15日に行われた「コスモス祭り」は、年度初めに、地域を流れる江川沿いに定植したコスモスが咲き誇る季節に行われる地域交流イベントです。

 秋らしい晴天もとで、行われれば、江川近くの特設会場(ふるだて橋の付近)にて、地域美化活動に関わってきた皆さんと、住民の皆さんたちによる、和気あいあいとした交流イベントが行われる予定でありましたが・・・。

PA150001.JPG


 当日は残念ながら、一日雨。

 残念ですが会場を地域の公民館(下栗一丁目公民館)に会場を移して行われました。

 この季節の雨は一気に冷たくなりますが、雨にも負けず地域の皆さんが朝から公民館に集合し、イベントの準備をしておられましたね。そこに、続々と集合してきてくれたのが、横川中学校の生徒の皆さん。1〜3年生、17名の生徒さん達が、設営からサポートに入ってお手伝いをしてくれました。

 すでに、主催側の皆さんで熱気に溢れていたわけですが、屋外イベントでの雨天は天敵です。ご近所の皆さんではあっても「どのくらいきてくれるか〜〜」というのは、かなり不安な中でのスタートなりました。

 ・・・しかし! 9:30のイベント開始前後になると、ご家族連れの皆さんをはじめたくさんの方々が遊びにきてくれました(50組100名以上)。

「こんなに来るとは思わなかった(汗)」

 と、開始早々びっくりしちゃっていた地域の皆さんでしたが、ここは中学生たち。遊びたい盛りの子ども達を上手に誘導しながら、模擬店や、レクリエーション(輪投げ、バルーンアート)を楽しむなど、大いに活躍してくれていました。

PA150017.JPG


 まちぴあがイベントに絡むと、ほぼ必須のバルーンアートも、中学生さんたちに膨らまし方や基本的な作り方を覚えてもらって。「剣」「ハート」といった作品をプレゼントしたり、やってみたい子たちとワイワイガチャガチャ遊びながら作ってもらって。

 大変な賑わいを創出してくれました。

PA150075.JPG


 晴天時であれば、グラウンドゴルフなどもっとたくさんのレクリエーションが予定されていたそうですが、それでも大賑わいになりました。その場を盛り上げてくれた地域の皆様や、中学生ボランティアの皆さんのおかげですね♪

★★★★★   ★★★★★   ★★★★★

 ・・・そんなことで、お昼まで大いに賑わった「コスモス祭り」。子ども達だけでなく、親御さんをはじめとした大人の皆さんも大変楽しそうにしておりましたので。

 雨に完勝!!ってところだと思われます。

 ふれあう会の皆様、横川中学校の皆様。大変お疲れさまでした。

 まちぴあでは、中学生(17名)の皆様へ、謹んで活動証明書を作らせて頂きましたので、近日中に中学校へお持ちしたいと思っております。今回は、活動するだけでなく、ちょっとしたお話しの時間も設けて頂いたことで、ボランティアの意義的な小話もさせてもらえました。

 今回のような「誰かを笑顔にして、自分が楽しい活動がボランティア」というようなことを話した程度ですけども。お話しにも真剣に向き合って下さった若い世代の皆さんを知れたことが、今回の取り組みの大きな収穫でした。

(事務局:O)
 

2023年10月03日

2024年度「まちぴあオフィス」入居団体募集のお知らせ

2023年10月3日(火)

2024年度「まちぴあオフィス」入居団体募集のお知らせ

 宇都宮市のまちづくり活動の拠点「宇都宮市まちづくりセンター“まちぴあ”」に設けられている、NPOなどの非営利活動団体の皆さんが利用できる「オフィス」(貸し事務所)の入居団体募集のお知らせです。

 “まちぴあ”では、地域で市民活動やボランティアなどのまちづくり活動に取り組んでいる団体の皆さんを対象に、団体の組織運営の自立や活動の活性化を支援するための事務用スペースとして、「オフィス」を設置し、その入居団体を募集しています。

office.JPG
オフィスの様子 現在の入居団体一覧

「団体の活動拠点を設けたい」「事業をもっと拡げていきたい」・・・などの想いをオフィスで実現してみませんか?以下に詳細を記載しますので、興味関心のある地域での非営利活動に取り組んでいる皆さんは、ぜひともお申込み下さい。

◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆
募集情報の詳細
◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆

1)オフィス募集概要
☆チラシ(PDF)

☆オフィス募集要領

2)オフィス申請書
☆PDF(出力、手書き用)

☆ワードデータ(パソコンで記入、出力)

☆記入例(PDF)

●募集区画: 3区画(1団体1区画を原則とします。)

●使用期間: 新規団体3年,入居実績あり2年

●募集期間: 2023年10月1日(日)〜11月30日(木)

●スケジュール:
@12月上旬 第1次審査(書類審査) A中旬 第2次審査(ヒアリング)
※日時については締切り後応募団体の皆様にご連絡いたします。
B12月下旬 審査結果通知 C1月中旬 入居団体説明会
D4月1日〜 使用開始

●申込方法:
期日内に、直接「まちぴあ事務局」に提出して下さい。
郵送やメールでの受付は行いませんので、ご了承下さい。

【問合先】宇都宮市まちづくりセンター“まちぴあ”
(〒321-0954 宇都宮市元今泉5-9-7)
TEL: 028-661-2778 FAX: 028-689-2731
メール: info@u-machipia.org

2023年10月02日

情報誌まちぴあ(NO.47:秋号)発行です!

2023年10月2日(月)

情報誌まちぴあ(NO.47:秋号)発行です!

 さて、3か月に1回の季刊誌として発行している、宇都宮まちづくりセンターの情報誌「まちぴあ」の最新号(秋号)を発行しました!当センターの情報誌は、まちぴあに登録下さっている活動団体の皆さんや、市内において興味深い活動をされている皆さんに、まちぴあスタッフが取材をさせてもらい作成しています。

2023akijyohoshi.JPG
※詳細は『情報誌まちぴあ PDFデータ』から。

 特集は、【いつもの街の路地裏へ ちいさな古書店を訪ねて。】「かまがわ文庫」と「ツキイチトショカン」を2015年から5年間ほど企画運営。2020年11月に「igno...book plus」をオープン。古書販売、アーティストとのコラボイベント、ギャラリー、自主企画展なども手掛ける。

 また、特集以外にも、宇都宮大学障がい児支援サークルNOBA〜No barrier 障がいのない社会へ〜、コレクション:上野文具「Tochigi INKレモン牛乳イエロー」、話題人:野上有子さん(登録団体:日本指圧愛好会代表)、関心空間:陽東書林、他登録団体紹介やまちづくりリレーコラムなどが掲載しています。

 『まちぴあHP情報誌ページバックナンバー』では過去の情報誌をご覧になれますので、ぜひご参照下さい。情報誌については、まちぴあ館内はもちろん、宇都宮市役所をはじめ、市内各地の市民活動・生涯学習センターなどでも配布しております。ぜひご覧ください。