• もっと見る

2024年06月04日

「赤い羽根おうえんプロジェクト」参加団体募集のお知らせ

2024年6月4日(火)

「赤い羽根おうえんプロジェクト」参加団体募集のお知らせ

「赤い羽根おうえんプロジェクト」とは福祉に係る社会課題・地域課題の解決や改善に取り組むNPO法人や社会福祉法人、任意団体等が、プロジェクトの参加団体として県共同募金会と連携しながら、主体的に共同募金運動を展開し、共感と応援と寄付を募る共同募金運動です。活動資金と支援の輪の広がりを、福祉に係る諸課題解決に活かしたい団体からの申請を募集しています。

20240628-akaihaneouen.JPG


寄付者が赤い羽根共同募金を通じて、福祉に係る社会課題・地域課題を解決するための活動の中から、特に応援したい活動を選んで寄付し、その寄付額がその団体への配分額に直接反映される使途選択募金の取り組みです。

福祉に係る社会課題・地域課題の解決に取り組む団体にとっては、本プロジェクトに参加することで、単に共同募金の配分金によって活動の財源を得るだけではなく、赤い羽根共同募金という信頼のしくみを活用し、募金活動を通じて社会課題・福祉課題や自団体の活動についての広報・啓発を行いながら、共感と応援と寄付を募る取り組みとなります。

【参加団体の要件等】
(1)参加団体の数:申請のあった団体の運営状況、活動内容等を審査し、概ね 10団体程度を参加団体として決定します。
(2)参加団体の要件 下記の要件を満たした団体を対象とします。
@主に栃木県内で活動する民間の非営利団体であること(法人格の有無は問わない)。
A3名以上で構成され、団体としての活動実績が1年以上であること。
B組織の運営に関する規則(会則、定款等)があり、事業内容、会計情報等を公開できること。また、団体名義の金融機関預金口座を開設していること。
C政治活動、宗教活動を目的とした団体でないこと。
D共同募金運動を通して、課題解決の必要性や当該団体の活動を広く住民に伝え、寄附者からの信頼に十分に応えうる組織体制を持つこと。また、他の共同募金配分について申請を行う団体であっても、申請事業の重複がなければ、 本プロジェクト への参加を申請する ことができます。

【配分対象とする主な活動分野】配分対象とする活動分野は、福祉に係る社会課題、地域課題とし、公的な制度では解決できない様々な課題の解決に取り組む活動とします。
(1)ニート・引きこもり等に対する支援活動
(2)虐待防止活動、虐待を受けている人への保護活動
(3)障害者の地域移行を支援する活動
(4)子どもの貧困対策となる活動
(5)自殺予防活動
(6)難病者への支援活動
(7)犯罪被害者家族等への支援活動
(8)地域に暮らす外国人に対する支援活動
(9)子育てに悩む家庭への支援活動
(10)生活課題を抱える高齢者等への支援活動
(11)その他、福祉に係る社会課題、地域課題の解決に取り組む活動

【使途選択募金】
・1万円〜5万円未満:「使途選択募金寄附額 」 +2万円
・5万円〜40万円未満:「使途選択募金寄附額」×1.5
・40万円以上:「使途選択募金寄附額」+20万円

【配分対象となる経費】
原則として、申請のあった活動の実施、目標達成に必要な経費とし、管理運営に係る経費及び人件費は対象となりません。また、配分決定額に応じ、改めて事業の計画書等を提出していただきます。なお、配分対象とする経費は申請の翌年度の4月月1日に遡及して適用することができます。また、配分金の使途に関しては、事業活動終了後1ヶ月以内に報告書を提出していただきます。

「赤い羽根おうえんプロジェクト」スケジュール
※ファンドレイジングの基本的な考え方を確認しながら、準備を進めていきます。
・申請期限:6月28(金)17時まで
・参加団体の審査・決定(7月から8月)
・募金運動に向けた準備期間(9月〜12月)
・募金運動実施(1月〜3月)
・申請事業の実施(4月〜1年間)

【応募・問合せ】社会福祉法人栃木県共同募金会 
担当:池田(日本ファンドレイジング協会 認定ファンドレイザー)
〒320-8508 栃木県宇都宮市若草1-10-6 とちぎ福祉プラザ内
TEL: 028-622-6694  FAX: 028-625-9643
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック