• もっと見る

2024年01月25日

『想い紡ぐ3.11〜大切な人の未来のために〜』参加者募集のお知らせ

2024年1月25日(木)

『想い紡ぐ3.11〜大切な人の未来のために〜』参加者募集のお知らせ

 私たちみんなにある「ふるさと(故郷)」。ふるさとには、家や家族、学校、友達、思いでなど“当たり前の日常生活”がたくさん散りばめられています。

 東日本大震災は、その“当たり前”を一瞬で奪った一方で、経験と教訓を残しました。2011年3月11日からまもなく13年・・・記憶の風化を防ぎ、大切な人の未来のために私たち一人ひとりの想いを紡いでいきませんか?ゲストスピーカーに、請戸小学校卒業生の横山和佳奈さんをお迎えして開催します。

S__220094471.jpg S__220094472.jpg

〇日 時:2月4日(日)13:00〜16:00

〇場 所:宇都宮大学峰キャンパス・UUプラザ
[駐車場]宇都宮大学峰キャンパスの駐車場をご利用ください。

≪プログラム≫
横山和佳奈さん×栃木県内在住・出身の学生
@絵本で伝える3.11『請戸小学校物語 大平山を超えて』
A講演会『請戸で起きたこと』
Bトークセッション「想い紡ぐ3.11〜あの日から未来へ、私たちに出来ること〜』

ゲストスピーカー:
横山和佳奈さん(福島県浪江町・請戸小学校卒業生)
小学校年生で被災し、海の近くにあった家や学校が津波で流された。自身を含め児童全員が無事に避難できた経験を語る一方、最愛の家族を津波で亡くした。原発事故の影響で捜索ができず、ご遺体との対面さえ叶わなかった悔しさと悲しみや、「避難の情報が出たらすぐに逃げる」という教訓を伝える。

〇募集人数:先着50名
親子での参加大歓迎 ※託児はありません

〇参加費:無料  〇その他:手話通訳あり。

【参加申込】@Googleフォーム もしくは Aメールにて。
メール:tomoshibi.u311@gmail.com
※申込なし 当日参加可能

〇共催:ともしびプロジェクト宇都宮支部/UP(宇大生プロジェクト)/栃木避難者母の会/宇都宮大学地域デザイン科学部 地域デザインセンター地域防災部門/一般社団法人とちぎ市民協働研究会/バンビー二とよさと/日々輝学園高等学校 宇都宮キャンパス(調整中)

〇後援:下野新聞社(申請中)/とちぎYMCA

【問合せ】 ともしびプロジェクト宇都宮支部SNSからお願いします。
この事業は、R5年1月〜3月に皆さんから「赤い羽根おうえんプロジェクト」を通じてお寄せいただいた寄附金の一部を活用させていただいて開催します。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック