• もっと見る

2023年01月22日

「シェアリングサービスの実証実験」がスタートしました

2023年1月19日(木)

「シェアリングサービスの実証実験」がスタートしました

 2023年1月10日から、宇都宮駅西口周辺から東武宇都宮駅周辺のエリアにおいて電動アシスト自転車・電動キックボードのシェアリングサービスの実証実験が開始されました。

LUUP1.JPG LUUP2.JPG
※クリックすると拡大します。

 この実証実験は、『大学生によるまちづくり提案2021』で発表された、大学生の「超小型モビリティで進化する【ちょい乗り】都市宇都宮」という提案が採用され、宇都宮市で取り組まれているものです。

 中心市街地における移動手段を増やし、状況に応じて移動手段を選択できる便利な移動環境の構築に向け、街なかでの移動手段としての有効性の検証や、既存レンタサイクル事業との比較・検証を行うとともに、今後、活用の幅が広がる電動キックボードの安全な利用環境の検証を行うため、実証実験を実施しています。電動キックボードは、電動かつ小型なため、自動車に比べて移動に伴うCO₂排出量が大きく削減されている点が現在注目されており、既に東京や大阪などでサービスが展開されています。

IMG_5077.JPG IMG_5078.JPG

 今回導入された「LUUP」は、国内最大電動のキックボードシェアサービスで、利用予約や決済もLUUPのアプリで行うことができます。現在、宇都宮駅西口ロータリーや西口市営駐輪場前にはこのように設置されています。この機会にぜひ、体験されてみてはいかがでしょうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック