• もっと見る

2022年12月06日

徳次郎石研究会主催「高遠石工と下野の世界」開催のお知らせ

2022年12月6日(火)

2022年宇都宮市市民活動助成対象事業
徳次郎石研究会主催「高遠石工と下野の世界」開催のお知らせ

江戸時代、高遠藩では、領内の農家で二男以降に生まれた男子に農業の傍ら農閑期を中心に「旅稼ぎ石工」が奨励されていた。
その数は領内だけでも数百人に達し全国各地の出張先で石仏や石塔、石橋、鳥居、石垣など様々なものを作った。
徳次郎石は、特に高遠石工の影響を受けて街道文化として開花したとの説もあり、文献や現地の調査を行った。その中で、宇都宮・古賀志の《北條家家伝》では高遠からの系譜により屋号を『石屋』として古賀志石を昭和10年代まで継承していた事実を池田正雄氏によって明らかにされていた。又、これまで栃木県立博物館等により研究紀要が出されている。
特に今回ゲストとして、長野県伊那市高遠の『高遠石工研究センター』より熊谷友幸氏をお呼びし、元栃木県立博物館柏村祐司氏の記録、徳次郎石研究会の調査の現状報告を講演会として開催します。


チラシ=徳次郎石研究会の講演会のお知らせ.jpg


  ※クリックすると拡大します。


〇日時:12月18日(日)9:30〜11:30

〇会場:宇都宮市文化会館第一会議室
   栃木県宇都宮市明保野町7-66

〇定員:100名

〇参加費:無料(事前の予約を電話かメールでお願いします)


【テーマ】
◇「高遠石工の世界」高遠石工研究センター事務局長熊谷友幸(カメラマン・映画監督)
◇「下野の高遠石工」元栃木県立博物館柏村祐司
◇「当会の高遠石工の調査報告」徳次郎石研究会中川博夫・池田貞夫


【過去の徳次郎石研究会の活動の様子】
2022年度
2021年度
2020年度


【お申込み・お問合わせ】
徳次郎石研究会
TEL:080-3460-6569(中川)
メール:centralriver1972@wa2.so-net.jp
TEL:080-5060-6665(池田)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック