• もっと見る

2022年09月20日

とちぎ市民活動推進センターくらら主催「Youth Action Meeting2022」参加報告

IMG_0039-13.jpg


2022年8月20日(土)、栃木市のキョクトウとちぎ蔵の街楽習館大交流室にて、とちぎ市民活動推進センターくらら主催による「Youth Action Meeting2022〜高校生たちの探究と地域活動の発表会&交流会」が開催されました。

この企画はSDGsを中心に、高校生が自らの取り組みについて発表を行う場として初めて開催され、栃木市内の高校生、栃木市在住の高校生ら10名と、関係者5名の計15名が参加しました。
この発表会の様子をまちぴあスタッフ1名が視察してきました。

IMG_0040-14.jpg


まずは大波センター長から、SDGsの課題の中でも自身が活動者として実践している分野に関する食品ロスや地球温暖化について解説がありました。


続いては高校生3組が自分たちの研究・探究活動の成果を発表しました。
IMG_0026-2.jpg

1組目は栃木農業高等学校。農業環境部の皆さんが令和元年度から取り組んでいるホウキモロコシ生産の取り組みについて紹介。

ホウキモロコシは、栃木市の伝統工芸品「都賀の座敷箒」の原材料で、箒職人は2名、生産農家も2件のみと存続の危機にあります。
IMG_0024-12.jpg

安定した生産のための土壌改良実験や、「とちぎ高校生蔵部」と共同で実施した耕作地フィールドワーク、小学校への出前授業や地域ワークショップなどの報告がありました。
IMG_0059-11.jpg

この発表会終了後には、座敷箒の実演も披露してくれました。

2組目は埼玉県の高校に通う、栃木市在住の高校生。
IMG_0028-3.jpg

小学校の頃から自由研究などで渡良瀬遊水地の水質について調査していて、高校の探究活動では琵琶湖との比較調査を行ったそうです。琵琶湖のある滋賀県では「マザーレイクゴールズ(MLGs)」という地域版SDGsを策定しており、8つのゴールを設定した渡良瀬遊水地版SDGsの提案がありました。
IMG_0029-4.jpg

また、「びわこフォーラム」のような大規模フォーラムを渡良瀬遊水地でも実現したいという目標を語ってくれました。

3組目は栃木翔南高等学校。3名の生徒がSDGsの中から、それぞれ総合的な探究の時間で取り組んだ、「飢餓をゼロにする」「竹害と竹の活用」「世界の教育格差」について発表しました。
IMG_0030-5.jpg
IMG_0032-6.jpg
IMG_0033-7.jpg

皆さん、探究のテーマは栄養士や国際支援など将来の夢と結び付けて設定したそうです。


後半は高校生のグループワーク。2班に分かれて、それぞれの発表について印象に残ったことや地域課題について話し合いました。
IMG_0037-7.jpg

給食を通じての食育の視点、駅前に交通機関の待合を兼ねた高校生の居場所が欲しいといった要望、電子マネーやスマホ決済の利便と相対する地域の小規模商店存続などといった話題が上がりました。
IMG_0042-8.jpg
IMG_0045-9.jpg


単に課題解決だけではなくその先の未来を描くこと、発信と共有の重要性を振り返り、終了となりました。
IMG_0049-10.jpg


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

高校では2022年から探究学習科目「総合的な探究の時間」が本格的に開始されました。新時代を生きる生徒たちに必要な課題解決能力と主体的な学びを身に付けさせるもので、「目の前の課題を様々な方法で調査・理解し、自分の力で考える」ことを狙いとしています。

アシスタントスタッフとして参加していた大学生も「自分たちが高校生の頃はこんなにしっかり人前で話すとか、考えを述べることが出来なかったので凄い」と驚いていました。
大学生と高校生、たった数年の年齢差でも教育による違いが大きく表れています。

SDGsに関しても、よく問題課題を調べています。
但し、「自分たちが出来ること」について考えようとすると、思考が止まったり、トーンダウンすることが印象的でした。

SDGsは国連サミットで採択された国際目標ということもあり、グローバルに語られることが多く、17のゴール・169のターゲットばかりが注目されがちですが、本質は「持続可能」な目標です。ローカル(地域)で継続的に実施できることを見つけ、自分たちでは出来ないことを他のチームと協働することで補完し、課題解決に導いていく。そのための指針が17のゴール・169のターゲットです。

一人で17のゴール・169のターゲットすべて取り組むのは難しいので、一つのテーマについて詳しく調べ、それらを共有して新しい試みを考える今回の発表会のような場は今後もっと必要とされるかもしれません。

そして、持続可能なローカル(地域)を考えた際、10年後、20年後の地域を支えるのは、今「学生」と呼ばれる若者たちです。将来の地域存続を担ってもらえるかどうかは、小中高生時代における地域との関わり=地域への愛着度が大きいのではないのでしょうか。
地域から人材を流出させない、一度離れても地域にまた戻ってきてもらうためにも、学校だけでなく地域全体で子どもを育てる意識が大人側に必要とされていると感じました。

栃木市でUターンによる新規事業者・新規活動者が増加しているのは、地域で人材を育てる・受け入れる風土が他市よりも醸成されているからかもしれません。

高校の枠を越えて学び・考え合う今回の発表会の試み、宇都宮市を始め他市にも拡がっていくといいなと思います。

(記事投稿:鈴木)

【参考URL】
とちぎ市民活動推進センターくららHP
栃木市高校生合同文化祭HP(とちぎ高校生蔵部)
山々と星々(パーラートチギ)Facebook
タグ:高校生 SDGs
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック