• もっと見る

2022年05月25日

フェスタmy宇都宮2022〜バルーン募金のご報告

2022年5月25日(水)

 5月23日(日)に、宇都宮市城址公園他市内中心部各所を会場に、宇都宮市民の祭典

「フェスタmy宇都宮2022」

 が、3年ぶりに開催されました。

 まちづくりセンター「まちぴあ」では、フェスタへの参加を希望下さった登録団体の皆様とともに「まちぴあひろば」を展開し、出展団体の一つとしても微力ながら協力させていただきました。

IMG_2853.JPG


 感染症の心配が以前続きつつも、感染対策等にご協力頂きながら、こうした規模の大きな参集型イベントが実施でき、かつ来場者・出展者の皆様が楽しい時間を過ごせたことについて改めて感謝いたします。

 さて、登録団体の皆様がご参加下さった「まちぴあひろば」の様子については、後日改めて、団体さん達の活動紹介も兼ねてレポート記事を更新しますので、ご期待の上お待ちください。

 ・・・先立ちましては、まずはフェスタmy宇都宮における、まちぴあの様子についてご報告させて頂きますね。

 まちぴあでは、例年会場でのセンターやボランティア活動周知のためのチラシ等を配布する広報活動に加え、毎度お馴染み(といっても3年ぶりですが)のバルーンアートのプレゼントをさせて頂きました。

P5220020.JPG


 これまたいつものことですが、バルーンアートを無料配布すると他で販売等されている皆さんにご迷惑がかかることや、際限なくリクエスト頂いても断れないとお互いのためにならないこともあり、100円の募金を頂いています。

 今回もこのスタイルで取り組みさせて頂きまして、その結果、9,000円の募金をお預かりさせていただきました。まことにありがたいことです。

(※ちなみに、会場内で割れたバルーンの修理は無料でした)

 ざっと計算して90名。修理も含めると100名以上の子ども達にバルーンをプレゼントできたとの集計結果となりまして。今、振り返りながら記事を更新している「作ってた人」としては感無量でございます。

 そんな皆様からのお気持ちである募金については、5月24日に宇都宮市役所内(本庁1階受付)に設置されている「ウクライナ人道危機救援金」に募金させて頂きました。

P5240024.JPG


 作っていた人なりに頑張ってはいましたが、それでも長々と列に並んで下さった皆様のおかげと思いますとともに、体力の限界により作ってあげられなかった皆様については、ごめんなさいでした。

 改めて御礼申し上げますとともに、もらって下さった皆様、募金協力下さった皆様に、厚く御礼申し上げます。

(記事投稿:O)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック