CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年12月11日

心ポカポカ♪学生さんたちのボランティア体験物語

2021年12月11日(土)

 12月に入って急に冬めいてきましたね。天気のよい日が続くのはいいかもしれませんが、乾燥もあり寒さもありのコロナさんもありの年末ですから、服装ももちろん、なるべく暖かい状態を保ちつつ身体に気を付けていきましょうね。

 さて、この季節になると、中学生・高校生くらいの学生の皆さんや保護者さんから

「何かボランティアありませんか?」

 という問い合わせを頂くことがしばしばあります。これはコロナ前からあったことですが、月に1回程度の体験会を催すことはあっても、そういったお問合せを頂く場合には日時が合わず、さらにはかなりな切迫感もあることは感じられるのですが、イベントその他の実施も少ない季節でもあり、マッチングに苦慮することがよくありました。

 暖かい季節を中心に夏休み時期にはボランティア体験のプログラムも稼働している時期なので、なるべく早い段階で体験することをおススメするのが精いっぱいであると同時に、正直「今までサボっていたからでは?」という疑念もあったりしました。

 そんなことで、今年もこの時期を迎えたわけですけども。先日、まちぴあ主催の事業に参加してくれた中学生さんから、

「部活や学校の行事に参加していると、この時期くらいにしかボランティアをしたくてもできないんですけど、どうすればいいですか?」

 というご質問を頂きました。

 このご質問を頂いて、確かにそうだ!となりまして。急遽(いまさらだとも思いますが、すいません)考えを変えるに至るという出来事がありました。

 さらには、コロナ禍による影響で普段であれば各学校に依頼されていた各地域地元の自治会等の活動もやりにくくなったことで、受け入れ先がさらに減少しているという課題も浮き彫りになってきました。

PC110022.JPG


 そんな折、今ブログでも紹介させて頂いた、JT(日本たばこ産業株式会社)宇都宮第一支店様からの清掃道具寄贈があり。まちぴあでは、ウオーキングをメインにした初心者向けゴミ拾いボランティア「クリーン&ウオーク」を展開していたことも功奏し、

「じゃあ、やりたい時にボランティア(ゴミ拾い)してみようか?」

 ということになりました。

 その実働が12月に入り始まりました。「いつでもボランティア」的な名称もつけようかと思った(考え中です)のですが、昭和のメロドラマの雨天時の彼女さんのように唐突に来られたら、それなりに迷惑になるため、

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

・事前にボランティア希望を連絡(電話)して、日取りを決めよう。
・ボランティアをすることをちゃんと親御さんに言ってこよう。
・一人だと罰的な空気になるので、お友達(家族も可)とこよう。

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

 という感じのルールを説明させてもらった上で、ご参加頂くことにしました。

 そんなこんなで、12月4日。

 この日は、市内中学校に通う生徒さん2名と親御さん1名が、まちぴあ周辺のクリーンウオークをしてくれました。せっかくなのでボランティアに関するちょっとした講話(センター長担当)をさせてもらい、

PC040004.JPG


 その上で、ゴミ拾いスタート。約1時間の清掃活動をやってくれました。主に駅東公園の周辺を清掃してきてくれたそうです。

 まちぴあでは、希望される学生の皆さんに、感謝状の意味合いを込めた活動証明書を独自に差し上げておりますが、

PC110021.JPG


 活動後しばらくして、参加された皆さんから逆に感謝のお手紙を頂きまして。心ポカポカポイント1ですね。こちらとしては、当たり前のことをいつもの通りにやっただけなので。

 感動しちゃいました♪

 ・・・・続いて、12月11日は、同じく市内中学校に通う男子生徒の皆さんが清掃活動をしてくれました。約束通り、連絡をくれた男子生徒さんがお友達に声がけして、3名+親御さん1名で参加してくれまして。

 これ、ポカポカポイント2ですね。声がけをしてくれた生徒さんは、まちぴあの場所を知っていたので、駅からお友達を迎えに行ってくれたそうで。

 もう、サイコーですね。始まる前から感涙ものです。

PC110029.JPG


 彼らは、まちぴあから鬼怒通りに出て、より大きく外周を歩いて清掃活動をしてきてくれたようで、店舗の多い地域の清掃を存分にしてくれました。活動後には、分別をしてもらい、手洗い・消毒もしてバッチリ終了。

 この日も晴天でしたが、それに負けないくらいの青春(あおはる)オーラを感じさせてもらっちゃいました。

PC110002.JPG


 いやー。良かったね。ボランティア参加ありがとうございました!

 講話と言っては何ですが、この11日の回もゴミ拾いする前に少しお話しをさせてもらいました。個人的なボランティアという行為についてですけども、やっぱり何のボランティアをするにしても、譲れないのは、

「相手をハッピーにさせること」

 だと思うということをお伝えさせてもらいました。寒い中でマスク付で話したので、メガネが曇って彼らの顔は途中で見えなくなってましたけど。清掃すること自体も大切だけど、一番は

「今日、ここにお友達と一緒に来てくれたこと」

 だと。お話しさせてもらいました。誘いに乗ってやってみるかと思ってくれたお友達も含め、「実際に参加する」という行動そのものをしてくれたこと自体がね。ボランティアそのもので。実際、一人ではありますが、参加者の皆さんを受け入れさせてもらった主催者は、

 とてもハッピーに、心ポカポカになりました。

 メガネ曇って見えませんでしたけども。その想いは伝わってくれたであろうと確信めいたものを感じているところです。

 そんなことで、ボランティア参加についてお困りの方は★★★の部分をご理解の上、ぜひともご相談下さい。ゴミ拾い体験のみですが、よろしければ対応できますので。お気軽に、まちぴあまでご連絡下さいませ♪

(記事投稿:O)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック