CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年10月02日

講演会「障がい福祉と支援とは」 開催のお知らせ

2021年10月2日(土)

 登録団体、「特定非営利活動法人障がい者の一人暮らしを考える会」さんは、栃木市を中心とし、県内における障がい者の自立や生活支援、障がい者福祉についての啓もうや理解促進を目的に活動されている法人です。

 この度、10月31日に、「障がい者福祉と支援とは」をテーマに、変更されてた(また、されていく)福祉支援制度によって、支援側の事業者や当事者がどう変わるのかなど、障がい者福祉の現状と今後を考える講演会を開催します。

★「とちぎ県民だより」にも掲載されました!
  → 掲載紙面PDF(10月号@県政インフォメーション)

 以下に、講演会の詳細及び、当日の会場設営等ボランティア募集情報を掲載します。関心のある皆様のご来場、ご協力をお待ちしています。

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

講演会「障がい者福祉と支援とは」概要

20211031-tou-shougaihukushito-shientoha.jpg


【講演会開催にあたって】
 制度が変わっていく中、利用者に対する支援は、それって誰のための支援?支援の意味?事業所が独自で決められるもんじゃない、支援って本来の意味ってなんだろう?

 昨今、障がい者の福祉サービスは充実してきましたが、その背景には当事者(障がい者)と健常者とのデモや啓発運動により法律が変わっていった経緯があります。

 しかし、法律の変化による現場の職員の支援が多数の事業者はマニュアル化に感じます。福祉サービス利用者にとっては、逆に利用しにくくなっているのが現状です。私たちは支援の意味を一緒に考え、まず栃木県から変えていきませんか?

【プログラム】
 ・13:00〜 ミニスポーツ開催 みんなで遊ぼう
 ・13:30〜 開会

  第1部 Speaker 菊池月香氏による講演
      『障がい福祉と支援とは』令和3年に計画の改正後どう変わったか?

      講 師:菊池 月香氏
           (社会福祉法人 同愛会光輝舎施設長)

― 休 憩 ー

  第2部 まとめ・意見交換会

 ・15:00〜閉会

【参加費】無 料

【定 員】80名

【会 場】わかくさアリーナにて開催

【その他お知らせ】
 ・土足厳禁になります。
 ・スリッパ等のご持参にご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

設営&会場片付けボランティアの募集について

【日 時】
 ・令和3年10月31日(日)(雨天決行)
    8:45〜18:00まで(準備、片づけがある為)

【場 所】
 ・わかくさアリーナ(とちぎ福祉プラザ敷地内の体育館)

【内 容】
 ・会場設営・来場者対応・片付け等
   (体育館のシート引き・販椅子並べ・様々な補助)

【募集人数】
 ・若干名

【協力時間について】
 ・ボランティア参加時間については、午前中のみ、午後のみなどでも可能です。
  無理のない範囲でご協力下さい。事前にお知らせ頂けると幸いです。

【募集締切】
 ・2021年10月8日

【問合先】
 とちぎの障がい福祉を明るくする 実行委員会  
  ((特非) 障がい者の一人暮らしを考える会事務局内)

 ※リンク先は、今回の講演会開催にあたっての代表者(川俣さん)の
  メッセージ動画になります。ご参考下さい。

  代表者TEL:090−7701−3130(川俣)
  メール:kappa1@cc9.ne.jp

【その他】
 ・事務局として、参加・ボランティアの調整をされている法人代表さんは、
  障がい当事者の方です。電話対応も可能ですが、聞き取り辛い部分もあるので、
  心配な方はメールなど文字ツールでの連絡をお願いします。

(記事掲載:O)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック