CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年07月21日

令和3年度宇都宮市市民活動助成金交付団体紹介(1)福祉劇団やすらぎ

2021年7月21日(水)

宇都宮市では、市内で活動している市民活動、ボランティア団体の皆さんを支援する「宇都宮市民活動助成」を行っています。平成15年にスタートし、200団体ほどの活動団体に助成交付がありました。

 障がい者・高齢者・母子等福祉事業や、自然環境保護、リサイクル、文化・芸術の振興等、宇都宮市のまちづくりにつながる市民発の様々な事業が実施されてきました。

 令和3年度は、15団体が交付を受け年度内の活動を行っています。このコーナーでは助成金交付団体の皆様を順次ご紹介し、宇都宮市内で行われている、まちづくり活動の様子をお伝えしていきます。


今年度も昨年度同様に他県生まれ他県育ちのスタッフTが担当させていただきます。
よろしくお願いします。

★★★★★★

今年度最初にご紹介するのは「福祉劇団やすらぎ」です。

この団体は、主に老人ホームやデイサービスなどの高齢者施設を訪問して演芸を披露している団体です。
昨年度は、コロナ禍で高齢者施設での公演ができないなど活動に制限があったそうですが、そのような中でも高齢者の皆さんに少しでも楽しんでもらおうと過去の公演をまとめたDVD「施設応援DVDコロナに負けるな!」を作成し、高齢者施設に配布を行ったそうです。
これがとても好評だったようで、今年度第2弾・第3弾の製作と合わせて、収束後を見据えて稽古も行っているとのことなので、今回は7月7日に行われた稽古の様子をご紹介します。

IMG_1904.JPG
        「皆さんが着ていたお着物、とても素敵でした!」

この日は代表の長島さんを含めて7名が稽古を行いました。
楽曲は高齢者施設に入所されている方々が昔聴いていたという歌謡曲をメインに練習されています。
笠を使った踊りなどそれぞれ音楽を流しながら練習し、中には殺陣がある曲があり、熱血指導が入るなど皆さん積極的に練習されていました。

IMG_1916.JPG
      「代表の長島さんによる熱血指導中。腰の入れ方がとても難しそうでした」

実際に殺陣で使われる刀(もちろん模造刀)を持たせていただきましたが、重かったです。「これで軽いほうだよ」と言われた時にはびっくりしました。
笠もそれなりに重さがあるとのことで、「あれを扱えるのはすごいのよー」と団体の方が言っていたのが印象的でした。

IMG_1926.JPG
     「これがその笠。見た感じでは重いというのは分からなかったです。」

IMG_1946.JPG
      「中には2人で踊るものも。息が合わないとバラバラに見えてしまうことも」

・・・・・・・・

今回取材をさせていただいて、福祉劇団というものがあることをあまりよく知らなかったので、お邪魔させていただいて知ることができたのはよかったです。
入る前はとても緊張していましたが、団体の皆さんが優しく迎えてくださり、本当に嬉しかったです。
コロナが収束し、高齢者施設に入所されている皆さんの前で披露できる日が早く来て欲しいなと思った1日でした。
福祉劇団やすらぎの皆さん本当にありがとうございました。

(記事投稿:T)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック