CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年06月13日

コロナに負けるな!団体紹介(39)〜マザーズガーデンあすなろ

2021年6月13日(日)

まちぴあ登録団体
「マザーズガーデン〜子どもワクワク教室あすなろ」

は、子どもと大人が一緒になって学びあえるワークショップや体験イベントを行っている教育系活動団体です。学習や学び体験を通して、家庭教育の楽しさと重要性を伝えておられます。

 自然、科学、芸術、歴史などなど、会員の皆さんが不思議に思った事柄や、SDGsなど昨今話題になっていることなど、自由かつ楽しく。しっかりと学べる場を定期的につくり、宇都宮市内を中心に活動されています。

 今年度は、「花王ハートポケット倶楽部助成」を取得された「あそなろ」さん。

 助成金申請については、まちぴあでも熱心にご相談を持ち掛けて下さりました。取り組みたい事業が共感を呼び、無事に助成対象となったことは、まちぴあとしてもとても嬉しいニュースでした。

年度事業として計画された新しいワークショップは、「性からライフデザインを考える」と題した、命と身体そしてパートナーシップを考えていく学習会です。

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

初回となるこの日は、

「おうちから性教育をはじめませんか?」

 ということで、性教育の必要性や開始時期、親ができることを考えてみることを目的にした講話と参加者同士の意見交換会の2部構成で行われ、15名の参加者がありました。

P6130014.JPG


 まずは、年齢様々な子ども達や家族間の著作を出版・監修されている、栃木さおり氏を講師に迎え、自身が電話相談等の子ども支援に携わることで見えてきた、性にまつわる子ども達や親の悩みの傾向についてや、性教育については後進国とも言われる日本と、外国の教育事情についてなどを、短い時間の中で簡潔にお話し頂きました。

 また、新型コロナウイルスの感染拡大やそれに伴う昨今の日常生活の変化がもたらす影響など、参加者それぞれのこれまでの経験を振り返りつつ、子どもが性に関心をもった世代や、思春期で心配になる世代など、

P6130009.JPG


 各々の家庭環境をイメージしながら、自分事として性に関することが考えていく時間を過ごしていきました。

 個人的な感想ではありますが、講話の中でキーになったと思うのは「言葉の力」というワードです。子どもからだけではないですが、自分以外からの問いに対して、冷静に相手のことを考えながら対応するためには、

「ちゃんと話(す)せる力」

 が必要であるということです。今回はシリーズ講座の入門的講座であったと思われますが、「性」について改めて考えてみるということ自体に慣れていないと感じながら、そこで感じた疑問をまとめるという作業だけでも、中々困難さを実感してしまいました。

 思ったこと、考えたこと、見たこと、感じたことを言葉にし、話相手にも理解してもらいながら、話されていることも理解しながら言葉をつなげていく。そこには教育というものの重要性があるということを改めて考えさせてもらった機会となりました。

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

 身近なところから「性」について考えるこの講座は、7月にも、まちぴあで開催を予定されているそうです。

 7月3日に予定されている次回講座は、女性のみの参加募集となりますが、「向き合う不安とどう付き合うか」「女性の体の変化」をテーマに実施される予定です。

(事務局:O)

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック