CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年05月22日

第59回釜川コケ落とし大作戦 実施報告

2021年5月22日(土)

 ボランティア体験プログラム「釜川コケ落とし大作戦」は、宇都宮市のオリオン通りをはじめ中心部を流れる河川・釜川の清掃ボランティアとして、2006年から実施している活動です。

 釜川は、都市部を流れる一定区間から二層河川(川の下に川が流れている)となっている、全国的にも珍しいとされる治水方法がとられている河川です。その昔は、ちょっとした大雨で市内各所の氾濫の原因にもなっていたという、暴れ川としても地元の皆様にはなじみがあるそうですが、河川改修後は、そんな様相もなくなりました。

 一方で、人工河川(イメージ的は、すごく大きな用水路)であるために、定期的な清掃が必要であり、市でも定期的な清掃が施されていますが、市内を流れる身近な自然に親しみ、愛着を育むことを目的に、清掃活動を行っています。

 そんなことで、5月22日。大都市部を始め全国では緊急事態宣言が再発令されるなど、まだまだ予断を許されない現状が続いています。

 が、屋外清掃の活動日としては、喫緊の心配はコロナよりも雨。前日夕方時点での予報では午前中曇天の昼から晴れるとの予報だったので安心していましたが、早いと言われる梅雨っぽさが漂う気候でもあることから、

 事前に無理して参加しないようにと皆さんにはお伝えした上での活動となりました。

 ・・・結果的には、

P5220016.JPG


「もう、梅雨に入ったでいいんじゃないかな(泣)」

 という霧雨やまずの状態となっておりました。せっかく準備もしているし、連絡したと言ってもボランティア参加に燃える皆さんがお集まりだったら、主催者として痛恨の極みとなりますから。そこは、謹んで活動現場でお待ちすることとしました。

 待っていますと、

「いけそうなので来ました」
「川の水でどうせ濡れるから来ました」

 と、雨にも負けない皆さんが予想に反して駆けつけて下さって。あぁ、良かった心折れないでというところでしたね。前回も参加下さった日々輝学園さん、先生が教えてくれたとのことで来てくださった文星付属高校の生徒さん達に加え、ご家族で2組の参加もあるなど、12名お集まりいただくことができまして。

P5220003.JPG


 雨にも、コロナにも負ける気がしない清掃ボランティアとなりましたね。

 ・・・とはいっても雨。コロナ以前に体調を崩すのもどうかということで、本日は河川内での清掃を諦め、釜川沿いのプロムナードや周辺商店街のゴミ拾いをすることとしまして。

P5220010.JPG


 時間も約30分。市内を散策しながら、ゴミ拾いをみんなで行いました。

P5220012.JPG


 見た目にはゴミの少ない感じでありましたが、植え込みの中には、まぁ色々とありまして。拾える範囲、拾った後の処分できる範囲で回収し、散会となりました。

P5220014.JPG


 小・中・高と子ども達の参加がとても多かった今回。梅雨だコロナだとありますが、こうして皆さんと交流することの楽しさを改めて感じ、また、皆さんから元気をもらったところです。

 参加下さった皆様、まことにありがとうございました。短い時間でも濡れるのは禁物ですからね。しっかりと休んで下さいませ。

 そんなことで、次回の釜川コケ落とし大作戦は、6月26日(土)の予定です。

 本来ならば梅雨本番なのかもしれませんが、入りが早い分出も早くしてほしいと願いつつ。できることならば、より夏らしくなって、良い意味での「水遊び」感覚でご参加下頂きたいところでございますけども。

 それは、集まった時のお楽しみですね。今活動は、「宇都宮市まちづくり活動応援事業」のページを介しても参加者募集を行っています。スマホやパソコンで登録するこちらのページを経由してご参加の皆様には、活動ポイントを付与させて頂けますので、ぜひ、ご活用下さい。

 そんなことで、次回の釜川コケ落とし大作戦も、いろいろ負けないで実施致します♪

(事務局:O)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック