CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年03月25日

宇都宮市市民活動助成金交付団体紹介(9)ともしびプロジェクト宇都宮

3月25日(木)

宇都宮市では、市内で活動している市民活動、ボランティア団体の皆さんを支援する「宇都宮市民活動助成」を行っています。平成15年にスタートし、200団体ほどの活動団体に助成交付がありました。

 障がい者・高齢者・母子等福祉事業や、自然環境保護、リサイクル、文化・芸術の振興等、宇都宮市のまちづくりにつながる市民発の様々な事業が実施されてきました。

 このコーナーでは、令和2年度の助成金交付団体の皆様を順次ご紹介し、宇都宮市内で行われている、まちづくり活動の様子をお伝えしていきます。

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

第9回目は、「ともしびプロジェクト宇都宮」です。
以前、オンラインイベント「リメンバー3.11」の様子を他のスタッフが紹介していましたが、今回はオンラインで行われた現場バージョン「ココロツナガル3.11」のサプライズともしびの様子を紹介します。

IMG_1739.JPG


最初に、東北芸術工科大学の学生で、宮城県南三陸町志津川出身の高橋知暉さんが震災当時のことや津波にのまれ今も行方が分かっていない父親のこと、震災のことを忘れるかのようにのめりこんだ野球のこと、そして大学を卒業した後の目標についてオンラインで話してくださいました。

この様子は手話通訳も行われました。

高橋さんは、震災当時小学5年生で、学校にいたので津波にのまれることなく無事でしたが、当時南三陸町防災対策庁舎に勤めていたお父さんが、南三陸町を襲った大津波に巻き込まれ、今も行方が分からないといいます。

ココロツナガル12.JPG


お父さんが教えてくれた野球が心の支えとなり、震災のことは忘れて無我夢中で練習に励んでいたそうですが、高校の時試合中にケガをし、野球は断念することとなってしまったそうです。

大学は山形県にある東北芸術工科大学に進学し、環境デザインなどについて学んでいるそうで、卒業後いつかは南三陸の復興に関わることができたらと考えているそうです。

そして、今伝えたいこととして、「今回の話はあくまで僕自身のこと」「今でも苦しんでいる人がいる」ということだと話してくれました。

ココロツナガル15.JPG


高橋さんの話が終わってからトークセッションが行われ、宇都宮大学地域デザイン学部の学生と、宇都宮大学大学院の学生とのトークセッションが行われ、それぞれ震災当時のこと、その時にどう思ったかなど同世代同士だからこそのトークセッションをしていました。

トークセッション.JPG


トークセッションの途中からキャンドルの火を点けはじめ、「2011.3.11〜みらいへ つなぐ つながる 2021.3.11うつのみや」という文字が現れ、トークセッション後はその場にいた皆さんと一緒になってキャンドルの火を見ていました。

IMG_1789.JPG


・・・・・・・

今回のイベントに参加してみて、震災とはどういういうものだったかを忘れてはいけないなと思いました。(個人的にはいろいろあった時なので忘れたい気持ちもありますが)
次世代にどういう形でつないでいくのか、防災に関してもう一度しっかり考える機会にもなりました。

日本は災害が多い国。いつ何が起きてもおかしくはありません。
この機会に皆さんも災害が起きたときどこに避難するかもう一度家族でしっかり話し合ってみてください。

そして、今回で令和2年度宇都宮市市民活動助成金交付団体の紹介は終わりです。
知らなかった団体さんともつながりを持つことができ、またその活動を知ることができたので大変ではありましたが担当してよかったと思います。
令和3年度も紹介の担当をさせていただく予定なので、どんな団体さんと出会うことができるかとても楽しみにしています。

最後まで見ていただきありがとうございました!


(記事作成:T)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック