CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年03月14日

まち活活用応援サポート@東日本盲導犬協会

2021年3月14日(日)

 宇都宮市まちづくり活動応援事業

 は、パソコンやスマホ使ってボランティアの募集や活動希望をやり取りできる、情報発信ツールです。令和元年11月にスタートし、今年度中に実施された活動事例集が先日、宇都宮市ホームページで公開されました。

 ★ 令和2年度 まちづくり活動応援事例集 ★

zireisyuu.JPG


 市内で活動されている団体の皆様や、18歳以上の市民の方でボランティア活動に参加してみたいとお考えの方は、事業本体のホームページに合わせて、ぜひ、ご参考になさって下さい。

★★★  ★★★  ★★★

 ボランティアを募集したい活動団体と、活動を希望する市民双方の登録が必要になりますが、難しいことはありません。

 そうは言っても、スマホやパソコンの扱いにそもそも不安があるという方のために、まちぴあでも「何でも相談室」を開設し、登録までのサポートをさせて頂いています。

 去る3月12日にも、応援事業の登録についてサポートを受けたいとのことで、事業を主管されている、宇都宮市みんなでまちづくり課さんに同行し、「東日本盲導犬協会」さんにお邪魔させていただきました。

P3120014.JPG


 団体の情報登録を実際にやって頂きながら、画面の見方や更新方法など一連をお伝えしました。システムを活用するにあたって、まずは登録が第一歩ですから、こうしたサポートさせて頂くことで、使い方に慣れて頂ければ幸いです。

 まちづくり応援事業のメリットは、募集する団体側は、その時その時の募集情報だけでなく、年間計画のように、定期的に募集をかけたい情報をまとめて公開できることです。

 活動者側のメリットとしては、参加するごとにポイントが付与されるという点。せっかく提供頂いたボランティアの気持ちと活動を形にして残しことに加え、年度末にはグッズ等と交換できる他、

 寄付を求めている登録団体へ寄付することができる。という点です。

 実際の活動だけでなく、寄付という形でも応援したいNPO法人や宇都宮市のまちづくりのために頑張っておられる団体を応援することのできるシステムですので、ぜひ、多くの皆さんのご活用をお願い致します。

★★★  ★★★  ★★★

 ちなみに、今回の東盲導犬協会さんのように、事務所をお持ちの団体さんについては、日時調整の上直接お邪魔することも可能ですし、代表さんの自宅が拠点という場合には、まちぴあにご来所頂いてもOKです。

 その場で登録手続きをサポートさせて頂きますので、お気軽にご相談下さい。


【まちぴあ まち活相談室:担当】
  1)小倉
  2)小松

(事務局:O)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック