CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年01月28日

『小さな命の意味を考える』語り場「リメンバー3.11vol.3」開催のお知らせ

2021年1月28日(木)

令和2年度宇都宮市市民活動助成事業 
交付団体「ともしびプロジェクト宇都宮支部」共催

東日本大震災からまもなく10年
(オンライン講演会)『小さな命の意味を考える』手話通訳あり
語り場「リメンバー3.11vol.3」 3.11を学びに変える

20210211-tiisanainochi.jpg 20210211-tiisanainochi-2.jpg
※クリックすると拡大します。

◇日  時: 2月11日(木・祝)13:30〜15:00   申込期限:2月7日

◇実施方法: オンライン(YouTubeでの生配信)

講 師: 佐藤 敏郎さん(スマートサプライビジョン特別講師)
1963年、宮城県石巻市生まれ。宮城教育大学卒業後、中学校の国語科教諭として宮城県内の中学校に勤務(2002年から3年間は女川町生涯学習課勤務)。2015年3月退職。震災後は女川中学校、矢本第二中学校で防災担当主幹教諭、宮城県の防災教育副読本の編集委員も歴任。

震災で当時大川小学校6年次女を亡くす。2013年末に「小さな命の意味を考える会」を立ち上げ、現在は、全国の学校、地方自治体、企業、団体等で講演活動を行う。2015年からは、震災時小学生だった高校生が若者とディスカッションを行う企画「あの日を語ろう、未来を語ろう」を各地で展開。2016年「16歳の語り部」(ポプラ社)を刊行、「平成29年度児童福祉文化賞推薦作品」を受賞。

◇参加費: 無料

◇共 催: ともしびプロジェクト宇都宮支部、UP(宇大生プロジェクト)

◇申込方法: 参加方法:事前申込制(詳しくはチラシデータをご覧ください。)前日までに、YouTubeの視聴URLをお送りします。
公式LINEアカウントの「友達追加」をしていただいた方には特典として視聴URLをお送りします。(参加は自由です)

【申込み・問合せ】
「LINE」、「Facebook」「Twitter」、「メール」のいずれかでお願いします。 
メール: tomoshibi.u@gmail.com
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック