CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年01月22日

あそび初め2021 今年は分散&プレゼント作戦で実施中♪

2021年1月22日(金)

 政府の新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言を受け、栃木県がはじめた緊急事態措置は2週目にはいりました。営業時間短縮や自粛要請の効果が出始めるとされる2週間が経過し、日々の感染者数も少しずつ減少がみられる模様です。

 宇都宮市に立地している、まちぴあも他の公共施設と同様に、緊急事態宣言前に受け付けた研修室等利用予約のうち、どうしても変更や延期が困難なものを除いては、原則休止となっております。

 利用者をはじめとした皆さんのご利用を心待ちにしているスタッフの立場からしますと、何ともいえない日々が続いておりますが、皆さんも日常生活のあらゆる場面で努力なさっている成果が出始めていると思い直し、日々を過ごしております。

 2月7日までが自粛期間となっていますが、その期間中にばっちり合ってしまったのが今年の「あそび初め」です(通算:9回目)。

 例年ですと、地元・今泉南自治会の皆さんや近隣の小学校、幼稚園、保育園の子ども達がたくさん遊びにきて、シニア世代を中心とした団体の皆さんと、昔遊びやお餅つきなどを楽しんでいるところでした。

 感染症拡大の心配は昨年からありましたので、早々に従来のイベント形式を変更し、年末には「自宅で遊ぶ、あそび初め」をテーマに、工作が得な4団体(影絵光、今南サロン、こっころ、ハッピースマイル)と協力し、

「エコけん玉」(紙コップとペットボトルキャップでできたけん玉)
「ぶんぶんゴマ」(紐で回して、円形のコマの色が変わるコマ)

P1180001.JPG


 を作成しました。お餅つきに劣らず人気の駄菓子屋さんの代わりとして、駄菓子の詰め合わせを添えて福袋が完成。

 緊急事態による外出自粛が予測されたので、プレゼントのお届を先週の時点で行いました。近隣の園児の子ども達や、自治会にお届けし、久しぶりに子ども達の元気な声と笑顔をもらうことができました。

DSC01609.JPG


 まちぴあのお近くにお住まいのご家庭からは、お家で遊んでくれている写真を届けて頂き、感無量です。

IMG_20210117_152015.jpg


 直接会える、遊べるイベントがなくなってしまったことは、代替え企画を行ったところで中々埋められないところですが、この困難な中でできる限りのことをさせてもらったという気持ちになれました。

 また、福袋作成に関わって下さった団体の皆様をはじめ、プレゼントを喜んでくれた皆さんに改めて御礼を申し上げます。

 さて、1月24日はあそび初めのイベント当日ですが、緊急事態宣言もあり、そもそもがもぬけの殻状態になっております。そんなイベントが出来なくなった当日ではありますが、宣言前のタイミングで、登録団体「ルークス」さん(児童を対象にしたプログラミング教育を行っている団体)が、会場を活用して、教室に参加する小学生児童が考案した「宝探しゲーム」をすることとなっていました。

自粛要請がなければ、お餅つきの代わりとして小学校等に広報する予定でしたが、そちらは中止とし、ルークスの関係者及び連絡の取りあえる範囲での実施と変更しました。

 一連の試行錯誤が、次のお正月が気持ちよく迎えられるための祈願となればと願いを込めて、できる範囲で無理なく過ごして参ります。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック